検索 - みる会図書館

全データから 28564件見つかりました。
高校数学でわかるフーリエ変換 : フーリエ級数からラプラス変換まで

複素形式への拡張 虚数の導入 5 4 複素数を座標に表示する方法 5 6 オイラーの公式 58 複素指数関数の微分 6 0 波を表すのに便利な虚数 6 1 波動関数 66 1 8 世紀を代表する数学者、オイラー 6 9 複素形式への変換 7 3 周期の拡張ーー 2 から 2 もへ 77 フーリエ級数と量子力学 80 53 フーリエ変換への拡張 フーリエ級数からフーリエ変換へ 84 フーリエ級数の係数を求める 85 方形波の間隔が広がった場合 8 8 方形波と方形波の間隔がさらに大きい場合 9 1 83

世界 2016年08月号

岩波書店 / 新刊 ◎高校までの数学を基礎に解析学を確実に理解する アラケロプ幾何 = 。 てで 97 甲 4 占 9730 甲一 <LO 判・本体 6400 円 いの 森脇淳 ( 全 6 巻 ) 一 っす 現代数論幾何の重要なアイデアを詳説。ラング・ボゴモ 解析入門 にま ロフ予想という最先端の話題までを示す。 容し 判 内た 松坂和夫 微積分の入門から始めて、線形代数、複素関数論、さら す作 —「 Fe 目 at の夢と類体論 ま製 には微分形式やルべーグ積分などの現代的なテーマにい 数ー論 たるまで、一貫した構想の下にゆうゆうと説き進む。大 で後 加藤和也・黒川信重・斎藤毅 ん文 学レベルの解析学をじっくり理解するのに最適。 組注 数の世界は奥深く豊かである。近代数論の始祖フェルマ りこ の仕事を紹介し、現代の数論の初歩を解説する。 数 / 数列と級数 / 関数の極限と連続性 / 取た 978 ー 4 占 973R597 <LO 判・本体 6000 円 にま 微分法 / 各種の初等関数 刊 始 978 ・ 4 占 973R5 一ー 4 本体 3600 円 復すい 関数の近似、テイラーの定理 / 積分法 / 積 一ソフトウェア工学の基礎 2 分の計算 / 関数列と関数級数 / れ次元空間 ) 異承く 乍 978 ー 4 占 973045 よ <LD 判・本体 4200 円 イが了日玉井哲雄 978 ー 4 占 973R52 ー一本体 3200 円 製見こ 信頼性の高いソフトウェアをいかに開発、保守していく て外を月のか , ・わかりやすい例をもとに解説する。 集合論初歩 / 距離空間の位相 / やと 7 3 連続写像の空間 / 多変数の関数 を 装る 新日本古典文学大系 978 ・ 4 占 973R53 ・ 8 本体 3600 円 ごが要 ( んど 線形写像 / 行列式 / 逆写像定理と陰関数定 宝物集閑居友 ドせほ ンま間 理 / 固有値と 2 次形式 / フ 1 リエ展開 マり週 978 ー 4697304 、 5 本体 3000 円 デわ 4 比良山古人霊託 ン変 ~ 小泉弘・山田昭全・小島孝之・木下資一校注 複素数の関数 / 複素積分 / オと 2 は一木ゞに 6 仏教の概説書として広く受容されて軍記物にも影響を与 複素解析の続き 978 ・ 4 占 973R55 ・ 2 本体 3000 円 でルで えた「宝物集』のほか、中世の仏教説話集三篇を収録。 店ナま 書ジけ 978 ー 4 占 9730458 ー 3 <LD 判・本体 9500 円 重積分 / 重積分の変数変換 / 波リ届 6 微分形式とその積分 / ルべ 1 グ積分 岩オお 978 、 4 占 9730456 ・ 9 本体 3800 円 6 月「新刊案内」幻頁「応用数理の遊歩道」 ( 岩波オンデマンドブックス ) を「並製カバー」とご案内いたしましたが、 カバー無しの造本となります。謹んで訂正いたします。 2

いまに生きる古代ギリシア

第 1 回 オリンヒックーー神にささげる祭典とギリシア人意識の形成 近代と古代のオリンピック 早いもので、来年はオリンピックの年、今回の開催地は中国の北京です。前回、二〇〇四 年の開催地はギリシア共和国の首都アテネでしたが、それは二度目のアテネ・オリンピック でした。近代オリンピックが最初にアテネで開催されたのは一八九六年のことで、それは記 念すべき第一回大会でした。近代オリンピック大会は古代のオリンピックの復興という名目 で始められ、最初の開催地はギリシアの首都アテネとされたのですが、古代のオリンピック は、ペロポネソス半島西部エリス地方にあるオリンピアで四年に一度開催される運動競技会 で、神にささげる祭典の一環として行われました。これにちなみ、現在でもオリンピックの 聖火は大会ごとに、このオリンピアの遺跡にあるヘラ神殿の前で採火され、その地から開催 地までの長い長い距離の聖火リレーが始められるのです。 現在のオリンピックの場合、開催地は複数の国が立候補し、国際オリンピック委員会 (— (0) 委員の投票で決定されていますが、古代オリンピックはいま述べたように、聖地オリ

アメリカの中学教科書で英語を学ぶ

Prehistoric Life 、先史時代の生活 複藻 ( も ) , 藻類 [ 9 司 ロ algae は ld3i : ] アンモナイト《古生代の軟体動物 , 渦巻き ロ ammonite [émonåit] 状の化石が発見されている》 両生類 amphibian [æmffbion] ロ 2 足動物 ( 人間や鳥 ) ロ biped [båiped] カンブリア紀 ロ Cambrian Period [kémbnon pfanod] 肉食動物 carnivore [ k : / : 月 ロ 新生代 Cenozoic Period ロ [si : noz6uik pfariod] ロ cold-blooded [k6uId-bIAdid] 冷血の 白亜紀 ロ Cretaceous Period [kritéifos pfariod] ロ dinosaur [ d 凾 nosö : 月 恐竜 浸食 erosion [ir6uson] ロ 外骨格《節足動物などの体表にあって身体 ロ exoskeleton [éksouskélitan] を支える殻や甲》 gene [d3f:n] 遺伝子 ロ ( 鳥の ) 砂嚢 ( のう ) gizz a rd [gfzord] ロ [ 記号 ] lr 》 イリジウム《金属元素 , ロ iridium [irfdiom] ジュラ己 Jurassic Period ロ [dsuarésik pfanod] 化石 ロ fossil [ S21 ] ロ Mesozoic Era [mezoz6uik faro] 中生代 ロ PaIeozoic Era [påleoz6uik faro] 古生代 プリカンブリアン紀 Precambrian Period ロ [pri:kémbrion pfariod] 捕食動物《他種の生物を捕食する生物》 predator [ prédo ね月 ロ 堆積岩 ロ sedimentary rock [sédoméntari råk] 畳紀 Triassic Period ロ [traiésik pfariod] 脊椎骨 ロ vertebra [ vå : れ obro ] 温血の ロ warm-blooded 歴 史 数 学 国語表現 理 科 課外授業 331

PHP 1 (はじめてのPHPプログラミング)

4-1 演算子 場合もあります。細かい条件分岐の場合は、三項演算子が便利ですが、プログラ ムの大きな流れを記述する場合は、制御構文を利用します。 複合演算子 複合演算子は代入演算子に関して利用することができる演算子です。「加算し て変数に代入」、「除算して変数に代入」などの一連の動作を短い記述で済ませ られます。以下のような演算子が利用可能です。 表 0-9 複合演算子 演算子 $a ☆ = $b $a ト $b KEYWORD ・複合演算子 ・ビット演算子 ・ 2 進数 説明 意味 加算して代入 減算して代入 $a = $a ☆ $b 乗算して代入 除算して代入 余りを代入 ビット積を代入 ビット和を代入 ビットの排他的論理和を代入 左シフトの結果を代入 右シフトの結果を代入 結合した文字列を代入 ビット演算子 ビット演算子はコンピュータにおける 2 進数のビット値を操作する演算子に なります ( 注④ -6 ) 。ビット演算とは 2 進数で表現された数の各桁を操作するため の特殊な演算です。次のようなものがあります。 2 進数については第 3 章のコラム を参照してください。 表 0-10 ビット演算子 説明 演算子 意味 ビット積 and ビット和 排他的論理和 XO r 否定 not 左ビットシフト 左シフト 右ビットシフト 右シフト 注④ -6 く >

BASIC800で書ける! 理系英文 (サイエンス・アイ新書)

BAS に 800 の発想法 ~ 基礎編 ~ 第 0 章 すずめ君、召図 C 砌 0 の発想でこの原文の和文和訳を考えて みなさい 1 はい、先生。ええと、「重量面において改善されている = 軽量 化」だから、これはどちらかを省略できる重複表現ですね。それな ら「軽量化 = より軽い」とすれば″ g ん・ 1 語で十分ですね ! いいぞ、すずめ君、その調子だ 同じように「強度面において改善されている」は・ 0 〃 g 夜・ 1 語で 表現できますね。ええと、あと 1 カ所はどこだろう・・ ほっほ、最後はちょっとむずかしかったかのう。「旧モテルシリー ズと比較して = 現在より古いモテルよりも」と発想するのが正解 じゃ。「シリーズ」は名詞の複数形 - s で代用できるぞ [ BAS に 800 英文例 ] This new product is lighter and stronger than its older models. 軽くなった 事実 BASIC800 の発想法 0 比較級をじようずに活用する 重量を改善 する行為 107

高校数学でわかるフーリエ変換 : フーリエ級数からラプラス変換まで

なめらかな関数 145 54 熱力学の第二法則 ノコギリ波 相似性 想像上の数 -44 っ 0 【た行】 高いエネルキ、一分解能 たたみ込み積分 ダラン一く一ノレ タルターリヤ 単位階段関数 単一方形パルス タンジェント 超関数 直交性 直交性の関係 定係数微積分方程式 デイラック デイラック方程式 テイラー展開 ディリクレ デービー デルタ関数 電気系 電磁波 電磁波のパルス 点対称 電波 電離層 123 【は行】 150 ハイゼンベルクの不確定性関係 177 122 55 波数 66 167 波長分割多重伝送 126 84 , 96 波動関数 66 , 80 104 波動方程式 65 134 搬送波 118 23 , 27 , 37 24 半値全幅 106 , 115 ヒ工ログリフ 29 188 光のノヾノレス 113 131 光ファイバー 113 137 非常に高速の現象 123 58 42 微分のフーリエ変換 149 ファラデー 99 178 フェルミ・デイラック分布 137 131 , 168 65 複素共役 57 , 60 複素形式のフーリエ級数 ( 周期 113 , 207 2 ん ) 113 17 複素形式のフーリエ級数 ( 周期 2 ) 207 複素指数関数 207 , 208 複素指数関数の積分 トランスフォームリミット 121 複素指数関数の微分 複素数 複素数の極座標表示 複素平面 12 , 28 80 一 8 0 -0- -4- -0- ハ 0 戸 0 っ 0 LO LO 【な行】 ナポレオン 230

PHP 1 (はじめてのPHPプログラミング)

7 32 第 5 章定数と配列 第 5 章定数と配列 配列とは 学 ・配列とは複数のデータをまとめて名前を付けたもの ・データは配列名と「キー」で特定される ・キーは 0 から始まる数字で、添字、インデックスともいわれる ・配列の作成には array 命令を使う ・配列のそれぞれのデータを「要素」という ・配列の各要素には $ 配列名 [ キー ] でアクセスする ・ PHP の配列は異なるデータ型の要素も格納できる ・各要素は変数と同じように利用できる ・キーを指定することで作成済みの配列への代入ができる ・配列には $ 配列名 [ ] = 値で要素を加えられる ・配列は演算子を用いることで結合や比較が可能 ・配列の結合を行うとキーの重複する要素は消えてしまう 配列の作成 配列へのアクセス データの代入 要素の追加 配列の演算子 KEYWORD 配列・・・複数のデータをまとめて変数名を与えたもの キー・・・添え字またはインデックスともいう。配列の中のデータを特定する

アメリカの中学教科書で英語を学ぶ

歴史 【 Post - Quiz の日本語訳】 最適だと思う答を選びなさい。 ) への理解というのは、広範イメージを与えてくれる ( 出所からの知識をつなき合わせることではじめて得られるのです。 c. 歴史、全 a. 神話、全 b. 伝説、単一の 2 . 放射性炭素年代測定法は、なぜ、事物の年代を測定するのにそれほど効果的なのか。 なぜなら ( a. 埋蔵物はちょうどよい速度で崩壊する b. 放射能を帯びた炭素は非常にゆっくりとした速度で崩壊する c. 考古学者は、通常、注意深い発掘作業を行う 3 . それほど古くない昔に、地元の地域で何が起こったかは、どのようにしてつきとめるこ とができるか。 ( ) によって。 b. 地元の博物館を訪ねること a. 年輪を調べること c. 石器時代の遺物を発掘すること 4 . ロゼッタ石の発見によって、なせ複雑な象形文字の意味が解読されることとなったのか。 ) で書かれた同じ内容の碑文を含んでいたから。 ロゼッタ石が、 ( b. 象形 ( 聖刻 ) 文字とローマ文字 a. 象形 ( 聖刻 ) 文字とギリシア文字 c. ローマ文字とエジプト文字 * 正確に言うと、ナポレオンのエジプト遠征のおり、 1799 年 7 月にナイルの河口の町ロゼッ タ近くで発見されたロゼッタ石の碑文には、上段がヒ工ログリフ ( 聖刻文字 ) 、中段がデモテ イ ( 民衆文字 ) 、下段がギリシア文字で、同一の内容《祭祀団がプトレマイオス 5 世を称えた 布告》が記されている。ギリシア語は新約聖書原典と同じコイネー期のものであり、古代工 ジプトの聖刻文字解読の手掛かりとなった。少年時代から言語学的天才であり、エジプト学 の父と言われるフランスの学者シャンボリオン (Jean Francois Champollion, 1790 ~ 1832 ) がその解読に成功した。 1801 年にフランスはイギリスに敗北したため、アレクサン ドリア協定によって他の重要な古代エジプトの遺物と共にこの石もイギリスに引き渡され、 大英博物館に運ばれ ( 1802 年 ) 、公開された。 数 学 ) 範囲にわたる 1 国語表現 理 科 課外授業 25

PHP 1 (はじめてのPHPプログラミング)

-2 ” 7 90 第 7 章関数 学習のポイント 関数の基礎知識 ー連のプログラムの処理をまとめたものを「関数」という ・関数は「引数」を処理して、「戻り値」を戻す ( 省略も可能 ) ・複数の引数をとることがあるが、戻り値は 1 つだけである 戻り値・・・関数から戻る値 引数・・・呼び出し時に、関数に与える値 関数・・・一連の処理に名前を付けて呼び出せるようにしたもの KEYWORD 可変引数と可変関数 参照渡し 関数の作成 関数の呼び出し ・関数名を変数に代入し、変数を関数のように使うこともできる ( 可変関数 ) ・引数の情報は func ー get ー args 関数でも参照できる ・引数の数は関数の定義時には定まらない ・参照渡しは関数の呼び出し時にも指定できる を用いる ・変数を関数に渡したい場合は変数名に & ( アンバサンド ) を加えて「参照渡し」 渡される ( 値渡し ) ・関数の実行時、引数に変数を利用しても、変数の中の値だけが関数に引き る ・引数が無かった場合の値 ( デフォルト引数 ) をあらかじめ定めることができ ・関数の作成には function 文を用いる ・括弧の中に引数を指定できる ・関数の呼び出しには関数名の後ろに括弧を用いる