検索 - みる会図書館

全データから 210148件ヒットしました。

複数の「古代」


複 数 の 活 代 」 神 野 志 隆 光 講 談 社 現 代 新 書 1914

複数の「古代」


複 数 の 活 代 」 神 野 志 隆 光 講 談 社 現 代 新 書 1914

女帝の古代史


表 埋 葬 状 況 期 時 品 よ り シ ャ ー マ ン ( 祭 司 ) 的 な 女 性 首 長 の 存 在 も 確 認 ぞ き る の て あ る ワ 3 ^. O 4- ・ 1 亠 数 古 墳 時 代 の 女 性 首 長 複 % % 、 . C - つ け 右 の よ う な 状 況 は 古 墳 時 代 に も み ら れ る の だ ろ う か 。 こ の 時 代 の 男 れ 全 体 的 傾 向 を 知 る た め に 、 田 中 良 之 氏 が 整 理 さ れ た ( 田 中 『 古 墳 時 代 % % 親 族 構 造 の 研 究 し 古 墳 時 代 前 半 期 ( 三 世 紀 末 か ら 五 世 紀 後 半 ま て ) と 後 半 っ 0 -8 一 女 生 & 期 ( 五 世 紀 後 半 か ら 七 世 紀 初 め ま て ) に お け る 、 被 葬 者 の 性 別 比 率 を み 葬 3 2 て み よ う ( 表 3 ) 。 体 単 % % こ こ て の 単 体 埋 葬 と は 、 一 古 墳 に 一 主 体 が 埋 葬 さ れ た も の と 、 同 一 墳 丘 に 複 数 が 埋 葬 さ れ る な か て 主 体 と し て 区 別 て き る も の と を 合 計 し た も の て あ る 。 ま た 複 数 埋 葬 と は 、 一 古 墳 に 複 数 が 埋 葬 さ れ た 期 期 も の と 、 同 一 墳 丘 に 複 数 が 埋 葬 さ れ た も の と を 合 計 し た も の て あ 半 半 目 / ィ ー る 代 代 時 時 こ の 表 に よ り 、 古 墳 時 代 て は 女 性 が 主 体 と し て 埋 葬 さ れ る の が 必 墳 墳 古 古 ず し も 特 殊 て は な く 、 一 般 的 て あ っ た こ と が 了 解 て き る だ ろ う 。 と 性 女 55 男 王 ・ 女 王 の 共 同 統 治 一 一 四 、 五 世 紀

複数の「古代」


歴 史 研 究 は 、 た と え ば 、 発 掘 さ れ た 遺 跡 ・ 遺 物 を 『 日 本 書 紀 』 の 記 載 に 結 び 付 け て 見 る と い う や り か た て 、 現 在 も な さ れ て い る 。 た だ 、 遺 跡 と 一 致 す る よ う に 見 え る こ と が あ っ た と し て 、 そ れ が 『 日 本 書 紀 』 の 本 質 な の て は な い 。 テ キ ス ト の 理 解 は 、 現 実 に 帰 さ れ る べ き も の て は な く 、 あ く ま て テ キ ス ト の 語 る 「 古 代 」 と し て 見 る べ き も の て あ る 。 八 世 紀 初 に お い て 、 天 皇 の 世 界 の 正 統 性 の 確 認 の た め に 、 純 話 的 物 一 品 を 含 む ふ た つ の テ キ ス ト は 成 っ た 。 そ の 天 皇 の 世 界 の 物 語 は 、 端 的 に 、 古 代 の 「 古 代 」 、 す な わ ち 、 古 代 国 家 が も と め た 「 古 代 」 と い - フ こ と が て き る 現 実 と の か か わ り は 、 八 世 紀 に お い て も っ た そ の テ キ ス ト の 意 味 と し て 間 わ れ う る と し て も 、 七 世 紀 以 前 の 古 代 そ の も の に お い て 間 わ れ う る も の て は な い 。 文 字 を め ぐ る 物 語 か .. ら 、 テ キ ス ト の つ く る 、 異 な っ た 「 古 、 」 界 と し て 見 る こ と が も と め ら れ 、 そ の 複 数 第 を 見 る こ と に 導 か れ る の て あ る 。 こ の 視 点 は 、 〈 複 数 の 「 古 代 」 〉 と い う の が ふ さ わ し い と 考 え る 。 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 に つ い て 、 複 数 の 「 古 代 」 と い う 視 点 か ら 、 そ れ ぞ れ の つ く る 「 古 代 」 と し て と ら え 、 そ こ か ら ひ ら か れ て く る も の を 見 て ゆ き た い 。 27 第 一 章 文 字 を め ぐ る 「 古 事 記 」 「 日 本 書 紀 」 の 物 語

複数の「古代」


神 仏 習 合 と い わ れ る 神 話 の 変 奏 と も ひ と つ の 間 題 と し て 見 る べ き て あ る ( 参 照 、 神 野 志 隆 光 『 古 事 記 と 日 本 書 紀 「 天 皇 神 話 」 の 歴 史 』 講 談 社 現 代 新 書 、 一 九 九 九 年 ) 。 さ ら に 、 近 世 に お い て は 、 そ う し た 仏 教 的 世 界 観 か ら 離 れ て 、 固 有 の 言 語 文 化 と あ っ た も の と し て み ず か ら を 見 る と い う こ と を 、 問 わ ね ば な ら な い て あ ろ う 。 そ の 、 近 世 の 「 古 代 」 の 延 長 上 に 、 わ た し た ち の 「 古 代 」 を 見 る べ き て あ ろ う 。 し 」 い A フ . 一 」 し 」 歴 史 の な か て 変 奏 さ れ つ づ け る 「 古 代 」 と し て 見 な け れ ば な る ま い 。 複 数 は 、 古 代 の 「 古 代 」 の 卩 題 ( 引 こ と ど ま ら す 、 時 代 時 代 に あ っ た 「 古 代 」 と い う こ と も こ め て 、 の て あ る 。 こ う し た 問 題 を 、 複 数 の 「 古 代 」 と い う 視 座 は ひ ら く の て あ る 。 2 2 3 お わ り に

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


古 代 神 の 末

複数の「古代」


古 代 の テ キ ス ト に お い て 成 り 立 つ 「 古 代 」 ( 古 代 の 「 古 代 」 ) に つ い て 見 て き た 。 そ れ は 、 ひ と っ て な く 多 様 な 「 古 代 」 構 築 て あ っ た 。 『 古 事 記 』 と 『 日 本 書 紀 』 は 異 な る 「 古 代 」 を つ く る そ れ と は 別 な も の が あ り 、 『 万 葉 集 』 も 、 ま た 、 別 な 「 歴 史 」 を つ く る も の と し て 、 見 る べ き て あ る 。 そ れ を 、 複 数 の 「 古 代 」 と し て と ら え た 。 「 記 紀 批 判 」 と い っ て 、 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 を 批 判 的 に 操 作 し て 、 古 代 史 の 真 実 を 追 究 し よ う と し た り 、 あ る い は 、 仏 法 伝 来 を 五 五 二 年 と す る 『 日 本 書 紀 』 と 、 五 三 八 年 と い う 『 元 興 寺 縁 起 』 『 法 王 帝 説 』 と 、 ど ち ら が 正 し い か と い っ て 、 史 実 に せ ま ろ - フ と し た り す る な ら ば 、 古 代 の 人 々 が み ず か ら の 「 古 代 」 を も と め 、 つ く ろ う と し た 、 多 様 な い と な み を お し つ ぶ し て 、 ひ と つ の も の に お し こ め て し ま う こ と に な り か ね な い 。 古 代 の 「 古 代 」 の 多 様 さ を 見 る こ と は 、 そ の い と な み の 豊 か さ を 見 る こ と て あ る と と も に 、 わ た し た ち の も っ て い る 「 古 代 」 を 問 い 直 す こ と に な る 。 た と え ば 、 教 科 書 な ど に よ っ て 、 わ た し た ち の 知 る か た ち の 「 聖 徳 太 子 」 は 、 古 代 の 「 古 代 」 の 変 奏 の 結 果 と し て 、 い ま あ る と い う も の に ほ か な ら な い 。 近 代 の 歴 史 研 究 は 、 お わ り に 2 2 0

複数の「古代」


こ の 複 数 の 「 古 代 」 と い う 立 場 に つ い て 、 そ れ は 、 あ く ま て 、 テ キ ス ト の 問 題 と し て い う の だ と 、 な お 補 足 し て 述 べ て お き た い 。 古 代 そ の も の の 複 数 性 、 あ る い は 、 非 一 元 性 を 説 く 論 議 が あ る か ら て あ る 。 「 地 域 国 家 論 」 と 「 多 元 的 古 代 」 論 た と え ば 、 そ の ひ と つ は 、 門 脇 禎 二 の 「 地 域 国 家 論 」 て あ る 。 簡 単 に い え ば 、 そ れ は 、 四 世 紀 後 半 ー 六 世 紀 の 日 本 列 島 に は 、 幾 つ か の 地 域 国 家 が 併 立 し 、 そ れ ら の 交 渉 ・ 競 合 の 結 果 と し て 六 世 紀 末 か ら 七 世 紀 に 統 一 国 家 は 形 成 さ れ た の て は な い か 、 と い う 考 え 方 を す る の て あ る 。 ( 門 脇 禎 一 一 「 記 紀 と 地 域 国 家 」 『 国 文 学 』 学 燈 社 、 二 九 巻 一 一 号 、 一 九 八 四 年 ) 4 テ キ ス ト の 「 古 代 」

複数の「古代」


の 「 古 代 」 に つ い て い え ば 、 そ れ は 、 古 代 ( 八 世 紀 初 ) に お い て 自 分 た ち の 「 古 代 」 と し て 語 る も の な の ぞ あ る 。 そ の 「 古 代 」 に ど う 向 か い 合 う か 。 歴 史 叙 述 は 、 ど れ に つ い て も ま 、 歴 史 の 現 そ - フ て あ 一 る よ - フ に 、 批 判 的 に 見 な け れ ば な ら な い と い う こ と は 当 然 だ が 、 い 実 に 向 か う た め の 文 献 批 判 の 必 要 を し 、 、 た い の て は な い 。 こ と ん ば 「 記 紀 批 判 」 と い っ , て 、 ふ た つ の テ キ ス ト の 目 、 を 判 的 に 見 る と い っ て も 、 ひ と っ 止 史 一 帚 し て と ら え る こ と に 対 し て 、 違 - フ 目 を ち た い の て あ る 。 要 す る に 、 『 古 事 記 』 と 『 日 本 日 紀 』 の 「 古 代 」 を 、 八 世 紀 の ・ し ・ ど 、 め ・ た ・ ' ・ 「 古 代 」 ・ ! て あ り 、 そ れ ぞ れ 別 な 「 古 代 」 を 語 る も の と し て 見 よ う と い う こ と て あ る 。 両 者 の あ い だ の 違 し を 、 ひ と つ の 「 古 代 」 と い う 点 か ら 見 る と き 、 八 世 紀 に お い て 、 み す か ら の 「 古 、 」 を 語 ろ う と し た テ キ ス ト の 意 味 は 見 失 わ れ て し ま う て あ ろ う 。 違 い が あ る の は 、 違 う 「 古 代 」 語 ろ う す る も の だ か ら だ と と ら え よ う 。 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 に 見 る の は 、 そ れ ぞ れ し の テ キ ス ト が つ く ろ う と し た 「 古 代 」 て な く て は な ら な い 。 ひ と っ て は な い 「 古 代 」 、 す 8 な わ ち 、 複 数 の 「 古 代 」 が そ こ に あ る 。 そ れ は 、 い う ま て も な く 、 歴 史 の 現 実 と は 別 な 次 元 に あ る 。 わ か り や す く す る た め に 、

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


129 古 代 神 の 末 裔