検索 - みる会図書館

全データから 40082件見つかりました。
1. NHKヒミツのちからんど : からだ・アート・音楽のちから

、 3 面 20 挈 視野を広げよう こんどは、視野を広げるトレーニングだよ。 広い視野で見ることによって、相手の動きを的確に読み取ることができるんた。 視線を一点に集中させて、まわりをぼんやり見る感覚でやってみよう。 相手と . 向かい合う 000 前 D を集中させよう 0000 ー 2 相手のあごの下あたりに視線を集中しよう。 相手の人と自分が向かい合う位置に立とう。 手を出して ・もらう ココ ! 相手の人に、上下左右など、いろいろなところに手を出してもらい、その手 相手の手が動いても、自分の視線は動かさない にタッチしよう。 ようにしよう。 視線は動かさずにタッチする スビードアップする 40

2. 諸星大二郎特選集 3 遠い世界

、見線をこめて 彼は恨みかまししネめてしナ , ただただ私 0 目を見 0 ムの目か 家の中から / / こちらを / こらんでし - / 男の目と 合った 谷底に家か ' / / / 肖えたあとも 一 / 一の視線は 残った 彼ら、 死んでからも その視線たけ、 山に残すのに / 達いない 巡、国 0 ら [ 第一朝

3. 図説 ロンドン 都市と建築の歴史

一れ ト町 亠こ宀ー ション・ロクーによるチ ' 、すごツ第録な スウィック・ハウスと庭 園の彫版 ( 1736 年 ) 配置計画図と視線の変イヒ によって得られる風景の 様子が描かれている。ま さに神の視線と人間の視 線との饗宴。 、第・ , " 1 物第 チズウィック・ハウス イギリス風景庭園部分 風景庭園の必須要素である 神殿、橋、池が配置されて いる。

4. 気の科学

目で見ることはできない光 こたつの赤外線を見て、 赤外線は赤い色をして いると思っている人も 多いが、赤外線は目に は見えない。 ( 0 。 ) かしこうせん 可視光線 n = 10 億分の 1 つまり、 1 nm= 0. OOOOOI mm 赤苫 紫し 外紫藍青緑黄橙赤外 線芫 線え ナノメートル 380 400 430 490 550 590 640 800 (nm) [ 波長 ] 0 0 赤外線は、可視光線のなかでもっとも波長の長い赤の光よりも波長が でんじは 長く、マイクロ波より波長の短い電磁波である。 ◎ ◎ えんせきがいせん ガ、。カ 遠赤外線は、人や ポカ ものを暖めるため の技術に大いに応 用されている。 遠赤外線放出の衣料品 セラミックヒーター 59

5. グラフィックアクション 第1号

△クルスクの戦い「ツイタ デレ作戦」を始めるに当た って , ドイツ空軍は東部戦 線でできるだけ多くの可動 第一線機をかき集めた。 A ・ ケッセルリンク空軍大将も , / 、インケル HeI Ⅱで前線を を視察した。 < ケッセルリンク空車大将 が前線視察する。第一次 大戦で敗れたドイツが , ひ そかに空車を再建し始めた 頃からの指導者の一人であ る。背後に並ぶのは , ユン カース Ju52 3 発輪送機。

6. コミック ボーア&ハイゼンベルク

何な だな まくよ たいへんな 発見をした のかもしれない ハウリ 聞いてくれ / この げんみつや 厳密屋が ろんば 論破して やろう たとえば 電子を観察するとして かしこうせん 可視光線では つご , フか悪いから はらよう 波長が短いガンマ線を 使 , フことにす・る 6 ほ , フ いま頭の中で 一つの実験を 思いついたんた 可視光線は電磁波の一種て、、波長は 0.4 ~ 0.7 ミクロン ( て、、ガンマ線は 0.03 オングストローム ( A ) 。 14 = 10 ー 6m 、 IA = 10 ー 10m 。 114

7. クラウン仏和辞典 第3版

radio- 1 1 74 radiumthérapie fe 「 merla ~ ラジオを消す . nouvelles de は ~ ラジオのニュース . ・放送局 .- t 「 ava Ⅲ e 「äla ~ 放送局で働いて いる . 0 無線電信 (=radiotélégraphie); 無線電 話 (= 「 adiotéléphonie). ・〔名詞の後に置き形容詞的 0 無線の〔による , を備えた〕 . —infrast 「 ucture ~ d'un a 0P0 空港の地上無電施設 . rétablirla liaison ~ avecla base 基地との無線連絡を回復する . 0 レントゲン写真 ( 術 ) (=radiographie); レント ゲン透視 , X 線検査 (=radioscopie). —La ~ ne montre aucune fracture. レントゲンではどこ にも骨折は見えない . Les ~ 5 sont bonnes. レン トゲンでは異常がない . Faites-vous faire une ~ des poumons. 胸 ( 肺 ) のレントゲンを撮ってもらいな さい . salle de ~ レントゲン室 . passer ~ Cpasse 「 une—] レントゲンを撮ってもらう , x 線検 査〔透視〕を受ける . ー radio 男①無線電文 , 無線電報 (=ra- diogramme). —envoyer un cun mes- sage ~ ] 無線で打電する . ②無線士 ( = ra- dionavigant). -ー~ ・ de bO 「 d d ・ un avion 飛 行機の無線士 . ~ amateur ハム , アマチュア無 線 . radio- [radjo] 「放射」 , 「無線 ( を備えた ) 」 , 「ラジオの」 , 「レントゲンによる」の意 . radio(-)actiflve) [radjoaktif, -i:v] 形放射 性の , 放射能のある . ー p ん ies Cretombées] radio(-)actives 放射能雨〔放射性降下物〕 . déchets - ~ 5 d ・ un réacteu 「 atomique . 原・子・ 炉の放射性廃棄物 . radio(-)activité [radjoaktivite] 園放射能 . radio(-)alignement [radjoalinmå], ra- diobalisage [radjobaliza:3] 男ラジオビーコ ン〔無線標識〕による航路指示 . rad i o(-)astron om i e [radj oastronomi] 女ー 電波天文学 . radiocarbone [radjokarbon] 男放射性炭 素 . radiocommunication [radjokomynika- sj5] 図無線通信 . radiodiagnostic [radjodjagnostik] 男レン トゲン診断 radiodiffuser [radgodifyze] 囮 ( ラジオで ) 放 送する . ー ~ une conférence 講演を放送する . concertradiodiffuséラジオ・コンサート . radiodiffusion [radjodifyzj5] 園 ( ラジオの ) 放送 Cradio と略す ).—Office de ~ - télévision franqaise フランス方攵送協会〔 1974 年の改革によって解体した . O. R. T. F. と略す 1 station de ・ ~ ・方幻去 . 局 . émission de ・ ~ ・ラジオ の放送 . programmes de ~ 放送番組 . chaines de ~ ラジオ放送の ( 放送局別 ) 周波数 ・前 , ラジオのチャンネル . 無線電報 , 電文 Cradio と略す 1 radiogramme [radjogram] 團無線電文 , 無線の . —ondes ~ 5 電波 . radioélectrique [radjoelektrik] 形電波の , 通信 , 電波技術 . radioélectricité [radjoelektrisite] 図無線 radiographie [radjografi] 図レントゲン写真 ( 術 ) cradio と略す 1 radiographier [radjografje] 囮レントゲン撮 影する . ー ~ un malade 患者の X 線写真を撮 る . se faire ~ X 線写真を撮ってもらう ( = passer radio). radioguidage [radjogida:s] 男無線誘導 . ー ~ d'une fusée ロケットの無線誘導 . radioguider [radjogide] 他無線誘導する . ー ~ un avion 飛行機を無線誘導する . radio-isotope [radjoizotop] 男放射性同 位元素 ( = isotope 「 adioactif). radiologie [radj0103i] 図放射線学 , 放射線 医学 . radiologique [radj0103ik] 厖放射線学の . radiologiste [radj0103ist], radiologue [radjolog] 名放射線専門医 ; 放射線学者 , 放射線技師 . radionavigant [radjonavigd] 男航空無線 士 cradio と略す 1 radionavigation [radjonavigasj5] 園無 線〔電波〕航行〔飛行〕法 . radiophare [radjofa:r] 男ラジオビーコン , 無線 標識 . radiophonie [radjofoni] 図無線電話 , ラジオ 放送 . radiophonique [radjofonik] 形ラジオ放送 の . —programmes ~ 5 放送番組 . radioreportage [radjorporta:3] 男 ( ラジオ の ) 現地報道番組 , ラジオ・ルポルタージェ , 実況ルボ . ー ~ en direct 実況放送 . rad i 0 「 epo 「 te 「 [radjorporte:r] 罔 ( ラジオの ) 現地報道員 , 放送記者 , 実況放送者 . radioscopie [radjoskopi] レントゲン透視 ( 法 ) , X 線検査 Cradio または scopie と略す 1 —passer äla ~ 透視を受ける . faire une ~ de l'estomac 胃の透視をする . radiosondage [radjosödæ.3] 男ラジオゾンデ による上層気象観測 . radiosonde [radjos5:d] 園ラジオゾンデ . radio(-)taxi [radjotaksi] 男無線タクシー radiotélégraphie [radjotelegrafi] 園無線 電信 . radiotéléphonie [radjotelefoni] 園無線 電話 . radiotélescope [radjotelesk 叩 ] 男電波望 遠鏡 . radiotéléspectateudtrice) [radjotele- spektatæ:r, -tris] 名ーラジオ・テレビ視聴者 . radiotélévisé(e) [radjotelevize] ラジオと テレビの両方で伝えられた , ラジオ・テレビ放送による . —conférence ラジオ・テレビ言降 ~ 寅 . radiothérapie [radjoterapi] 図 X 線〔放射 線〕療法 . radis [radi] 男① ラディッシュ , 一十日大 根 ( ん ) , 赤蕪 ( 絵 ). ( = 黒大根 ( 表皮が黒い ). ②〔俗』びた一文〔否定 文で 1 ー n ' avoi 「 pas un ~ びた一文ない . → SOLJ. radium [radjom] 男《化学》ラジウム . radiumthérapie [radjomterapi]@ ラジウム

8. 気の科学

X 線とガンマ線 太陽光のなかでも透過力の大きい X 線とガンマ線を利用した技術。 地球のすべての 生き物の生命を支 えている太陽だが、 そのエネルギーが 強すぎると、生き物 に害が及ぶ。 煢外線 可視光 0 でん 太陽光には、このような電 しは 磁波が含まれている。 とうかりよく 対象物の変形や変質を、破壊 することなく調べる非破壊検査。 びようそう 人体の病巣を探 るレントゲン撮影。 65

9. 漢語林 改定版

①みる ( 視 ) 。 2 のぞく。う る。職務に従事する。〇 : ・とみる。 : と考える。「重大視」 4 3 △シ図 si △ベキ覓 ( 6627 ) の俗字。↓前項。 かがう。ぬすみみる。 「敵視」 2 のっとる。模範とする。 3 なわえる。みくらべる。見 9 4 カクおぼえる・ 引形声。見 + 司。音符の司は、神意をうかがうの意 ④しめす。教える。 ~ 。指 ~ 早。 味。見を付し、ろががう・みるの意味を表す。 団試さます・さめる 客のり・み ①うかがう鸞。のぞ 日カク園」 uéこ 0 冐〔脈〕は同字。 3 △テンき chän く。ぬすみみる。 2 みる 形声。見 + 示。音符の示は、ゆ ロコウ ( カウ ) ・キョウ ( ケウ ) 」一 50 見 カク 骨小 びさすの意味。一点に視線を集中 甲 形声。見 + 占。音符の占は点に通じ、小 させて見るの意味を表す。 文 筆順 宀畳覚 マ達視・監視・仇視繧ウ・仰視・凝視・軽視・検視・虎視沁・ さな場所の意味。わすかなすき間から相手に 気づかれないように見るの意味を表す。 坐視ャ座視・疾視・嫉視・斜視・重視・熟視・巡視・①おぼえる響。⑦知る。「味覚」④気づく。感づく。「発 正視・注視・直視・諦視・敵視・度外視・透視・同一覚」「自覚」 2 さとる。道理を知る。迷い発」ける。また、そ【覘《調】様子をさぐる。調は、うかがう意。 の道理。会一り。また、そのさとりを開いた人。「正覚ウ」「先【覘候】①さぐり見る。②敵の様子を探る。 覯視・白眼視・蔑視っ・俯視々無視・黙視・乱視 覚」 3 さとす。亠デ」らせる。教え導く。②あらわす。明らかに【覘望】芻うかがいのぞむ。伺望。 【視界】ⅱ視野。 する。ニ①さめるい。六ます。目がさめる。目をす。 2 う 3 日チョウ ( テウ ) t 0 覡【視覚 ( 覺 ) 】物を見る目の感覚。五感の一つ。 △ロチョウ ( テウ ) 霧 観【視学 ( 學 ) 】①学事を視察すること。天子は仲春などにつつ。現実。国①おぼえる。記憶する。 2 おぼえ。⑦見 日①みる ( 見 ) 。 2 まみえる。周代、三年に一度諸侯が 国学に行幸し学事を視察した後、釈奠・養老の礼を記憶。④信任。 集まって天子におめにかかった儀式。ニながめる ( 眺 ) 。遠く 行った。②地方の学務を監督し、秀才等の試験をつかさ客乗一あきら・ただし・よし 覘どったこと。③国」、道・府・県に属し、学事の視察指日本語ではニの意味のときも「カク」と読み、日と区を見る。 ーしよ、。 形声。見 + 兆朝。音符の兆は、左右に割れ ロ幻オも 文 覗導に当たった役人。今の指導主事。 文 るの意味。諸侯の多くが集まり、左右に分か 形声。見 + ( 學 ) 。音符の學、まなぶ 視【視事ア事を始 0 。実際に政務り行っ。「と。 受 れて天子にお目にかかるの意味を表す。 の意味。学んではっきり見えるの意味から、さ篆丿 【視察】ア実情を見とンけること。実地について調べるこ 日①ベキ・〇ミヤク当 mi 覚【視《而不レ見】視線はその方に向いていても、心がとる・目ざめる・はっきりあらわれるの意味を表す。 ニ①・ハク・〇ミヤク mö 覓他に孝らわれておれば、その物がよく目にはいらない。〔大学〕マ円覚・感覚・嗅覚麩ウ・幻覚・後覚・才覚・錯覚・視覚・見 自覚・正覚・触覚・先覚・前後不覚・大覚・知覚・聴覚・日ニ①ながしめに見る。 2 ひそかに見る。そっと見る。 、聴而不レ聞。 心不レ在レ焉ば 覓 形声。見 + 辰@。音符の底は、水がながれる 直覚・発覚・不覚・本覚・味覚 【視線ン物を見」きの目の方向。目の向き。 の意味。ながし目に見るの意味を表す。 の【視息】ルク見ることと、息をすること。転じて、この世に生き【覚王】ほとけ。仏陀を。覚皇。 ①ケキ・〇ギャク当 xi 「験。【覚海】仏教の別称。海は、その教えの深く広いことのた 永らえること。 物ゲキ 具覡】 一【視聴 ( 聽 ) 】をウ①見るこ」聞くこと。②目と耳。③経とえ。 【視野①視力のと 4 、範囲。②国その人の考えや知識【覚剣 ( 劍 ) 】」りの力。」りの力は、剣のつに邪執みこ。かんなき。神明に仕えて吉凶を占う男子。女子のとき は巫フという。 を破ることができるのでいう。 L の及ぶ広さ。 【視養】′いたわりやしなう。 会意。巫 + 見。巫は、みこの意味。見は、神 ①もとめるいと ( 求 ) 。【覚悟ク①」る。あやまちゃ迷いかめる。②国⑦あ文 7 ①ベキ 当 mi 意をうかがい見るの意味。男みこの意味を表 さがす。 2 ながしめ。きらめる。観念する。④決心して用意する。⑦記憶する。 6 ミヤク 画具覓了 L す。 L 色目。Ⅱ靦知っている。 剳〔覽〕は俗字。 △①セイ jing 6 ジョウ ( ジャウ ) 覯】 引形声。見 + 〔 ( 底 ) @。音符の底は、水が分れながれ【覚。寤】①眠りか「め 0 。②査」る。覚悟。 るの意味。ながしめで見るの意味を表し、転じて、もとめる【覚者】①一屋りを開いた人。ひじり。②ほとけ。仏陀①めす ( 召 ) 。①よそおう。化粧する。 3 」やか。静か。 ブッ 0 うるわしい。なまめかしい。 部の意味を表す。 文 曻形声。見 + 靑@。音符の靑は、請に通じ、ま 見【覓挙 ( 擧 ) 】採用されるために運動する。ってをたよ 0 て【覚。醒】①目な品る。また、目をさます。②今までの ねくの意味。招いてあう、めすの意味を表す。 非をさとる。迷いがさめる。 採用してもらお , マ」すること。 セイ . セイ 化粧して美しくか Q 。覯装。覯 ソウショウ 【覯粧・覯△妝】 2 シ視ま 25 ) の旧字体。↓九実ページ。 【覓句】【、詩人がよい詩を作ろうと苦心して句をさがし求 飾。 冖めること。見一 【覓索】たずねもとめる。

10. 気の科学

遠赤外線の効用 せきがいをん 赤外線の 2 分類 赤外線 マ イ ク ロ 波 1000 (pm) 0 えんせきがいせん 遠赤外線 きんせきがいせん 近赤外線 可ゕ 視し 光 線第 [ 波長 ] 0 マイクロメートル 1 OOO ( い m ) = 1 m m 3 0.77 分子 波長の短い遠赤外線は、 物質に当たると物質に吸収 00 00 〇 される。すると物質の分子 、 00 〇 ) ー が振動し、熱を放出する。 ー①遠赤外線照射装置 暖める、保温することを目乾燥を目的と医療を目的と したもの 的にしたもの したもの 遠赤外線の用途は ?