言 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩
472件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

人だに、今はと背きはべる時は、いともの、い細くおばえはべりしものを、世を一前途のある若盛りの年齢では。 一一最後まで出家生活を通せるか。 こめたる盛りにては、つひにいかがとなん見たまへはべる」と、親がりて言ふ。三妹尼が、浮舟のいる奥の方に。 四思いやりのないなさりよう。 語 . なさけ 物入りても、妹尼「情なし。なほ、いささかにても聞こえたまへ。 かかる御住五山里住いでは、ちょっとした つまらぬことでも、人の情けに応 源まひは、すずろなることも、あはれ知るこそ世の常のことなれ」など、こしらずるのが当然というもの、の意。 六何のとりえもない者。 へても言へど、浮舟「人にもの聞こゆらん方も知らず、何ごとも言ふかひなくセすげない態度で。 ^ さあどうか。なんと情けない。 まらうと こころ ふ のみこそ」と、 いとつれなくて臥したまへり。客人は、中将「いづら。あな心九秋になったらとの約束は。妹 尼の引歌 ( ↓前ハー注一九 ) の下の句の 「秋と契れる人ぞ・ : 」の「人」を、自 憂。秋を契れるは、すかしたまふにこそありけれ」など、恨みつつ、 分のことととりなして訴える。 をギ ) はら 一 0 「松虫」「待っ」の掛詞。「荻 中将松虫の声をたづねて来つれどもまた荻原の露にまどひぬ 原」は暗に浮舟をさす。待ってい 妹尼「あないとほし。これをだに」と責むれば、さやうに世づいたらむこと言てくれると思って訪ねたのに、つ れないお方のために涙に濡れた意。 ひ出でんもいと心憂く、また言ひそめては、かやうのをりをりに責められむも、 = せめてこの返事なりと。 三以下、浮舟の心に即した叙述。 むつかしうおばゆれば、答へをだにしたまはねば、あまり言ふかひなく思ひあ一三一度返歌したら。過往の酷烈 な体験を根拠に固く心を閉ざす。 一四出家前は、当世風に気のきい へり。尼君、はやうは、、 しまめきたる人にそありけるなごりなるべし、 た人、その名残からだろう。 かりごろも 一五「来たる」「着たる」の掛詞。 妹尼「秋の野の露わけきたる狩衣むぐらしげれる宿にかこつな 秋の野を踏み分けて露に濡れたの むぐら に、この葎の宿のせいだとは言っ となん、わづらはしがりきこえたまふめる」と言ふを、内にも、なほ、 一五

2. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

じつらん」と一言ふ。かかることこそはありけれとをかしくて、何人ならむ、げ宅中将の目ざとさをからかう。 天以下、中将の心に即した叙述。 にいとをかしかりつと、ほのかなりつるを、なかなか思ひ出づ。こまかに問へ意外な所に意外な美女が、の思い 一九ちらとかいま見た相手だけに、 かえって印象が鮮明。 ど、そのままにも言はず、少将の尼「おのづから聞こしめしてん」とのみ言へば、 ニ 0 帰京を促す言葉。一七〇ハー一 うちつけに問ひ尋ねむもさまあしき心地して、供人「雨もやみぬ。日も暮れぬ四行・前ハー一一行に続く雨の様子。 時間の経過をも巧みに語りこめる。 べし」と言ふにそそのかされて、出でたまふ。 ニ一前出の女郎花。↓一六九ハー。 一三「ここにしも何にほふらむ女 をみなへし 前近き女郎花を折りて、中将「何にほふらん」と口ずさびて、独りごち立て郎花人のもの言ひさがにくき世 に」 ( 拾遺・雑秋僧正遍照 ) 。女郎 と・か り。「人のもの言ひを、さすがに思し咎むるこそ」など、古代の人どもはもの花は女を象徴する歌語。尼たちの 中にあんなに美しい女が、の気持。 めでをしあへり。妹尼「いときょげに、あらまほしくもねびまさりたまひにけ = 三人のロの端をやはり気にかけ るとは奥ゆかしい、と中将の深慮 るかな。同じくは、昔のやうにても見たてまつらばや」とて、「藤中納言の御をほめる。引歌の下の句による。 ニ四古風な尼君たち。 ニ七 あたりには、絶えず通ひたまふやうなれど、心もとどめたまはず、親の殿がち一宝中将は現在、この人の姫君の ニ ^ もとに婿として通っている。中納 - : ンっう 習になんものしたまふとこそ言ふなれ」と尼君ものたまひて、妹尼「心憂く、も言は従三位相当。素姓は不明。 ニ六夫婦仲の絶えない程度に。 ニ九 のをのみ思し隔てたるなむいとつらき。今は、なほ、さるべきなめりと思しな毛中将の両親の邸にいることが うわさ 手 多いと、世間では噂している意。 いっとせむとせ 三 0 して、はればれしくもてなしたまへ。この五六年、時の間も忘れず、恋しくか = 〈以下、浮舟にむかっての言葉。 00 ニ九これも宿縁だと考えて。 のち 三 0 亡き娘のこと。 なしと思ひつる人の上も、かく見たてまつりて後よりは、こよなく思ひ忘れに ニ六 一九 ニ 0 ニ四 なにびと ニ五 とう

3. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

源氏物語囲 、とおばっかなくてやあらむ。な一そうかといって、真相をつき はべらむを」と聞こゅ。匂宮「さりとては、し とめずにはいられぬ、とする。 ニ時方は前にも「とかく言ひ構 ほ、とかくさるべきさまに構へて、例の、心知れる侍従などにあひて、い力な へて」 ( 浮舟七八ハー ) 宇治を訪ねた。 こと あない 三時方と侍従は親しい ( ↓浮舟 ることをかく言ふそと案内せよ。下衆はひが言も言ふなり」とのたまへば、し 四九ハー ) 。「案内すーは、尋ねる意。 けしき 四身軽な者。時方をさす。 とほしき御気色もかたじけなくて、タっ方行く。 五↓八八ハー二行。 四 六難儀な山越えの道中に、粗末 かやすき人は、とく行き着きぬ。雨すこし降りやみたれど、わりなき道に、 な身なりで。下人を装って、匂宮 の家来とは気づかせぬ用意。 やつれて下衆のさまにて来たれば、人多く立ち騒ぎて、「今宵、やがて、をさ セ死者をすぐに火葬埋葬するの せうそこ は身分低い者に限られるという。 めたてまつるなり」など言ふを聞く心地も、あさましくおばゅ。右近に消自 5 し 死への不審を招きかねない。 たれども、えあはず、右近「ただ今ものおばえず、起き上がらん心地もせでな ^ それにしても、おいでになる のは今宵限りだろうに、の意。浮 む。さるは、今宵ばかりこそは、かくも立ち寄りたまはめ、え聞こえぬこと」舟が死ねば交渉もなくなるとする。 九事情も分らぬままでは。 と言はせたり。時方「さりとて、かくおばっかなくてはいかが帰り参りはべら一 0 せめてもうお一方、侍従に。 = 浮舟ご自身も思いがけぬ状態 せち で。突然の死だとする。 む。いま一ところだに」と切に言ひたれば、侍従そあひたりける。侍従「いと 一ニ動転がおさまった後日に詳細 あさましく、思しもあへぬさまにて亡せたまひにたれば、いみじと = = ロふにも飽をと約束する点が右近とは異なる。 一三浮舟の日ごろの物思い たれ かず、夢のやうにて、誰も誰もまどひはべるよしを申させたまへ。すこしも心一四先夜、匂宮を、浮舟に逢えぬ まま帰らせたことに、浮舟が恐縮 したとする。↓浮舟八一ハー。 地のどめはべりてなむ、日ごろももの思したりつるさま、一夜いと心苦しと思 五 ゅ こよひ七 ひとよ 六

4. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

ひじり の御、いは、聖といふ中にも、あまり隈なくものしたまへば、まさに残いては聞一四すぐれた修行者という中でも、 のち あまりにも修行一徹のお方だから、 かろがろ こえたまひてんや。後に隠れあらじ。なのめに軽々しき御ほどにもおはしまさ薫にすべてを話しただろう。 いいかげんな軽々しい身分で ず」など、言ひ騒ぎて、「世に知らず、い強くおはしますこそ」と、みな言ひあない。薫の重々しい威勢をいう。 一六侍女たちの、浮舟批判の言葉。 ひさし はせて、母屋の際に几帳たてて入れたり。 宅母屋と廂の際に几帳を設ける。 一八 小君を廂に入れるための準備。 この子も、さは聞きつれど、幼ければ、ふと言ひ寄らんもつつましけれど、 一 ^ 姉の浮舟がここにいると。薫 から事情を知らされたらしい おほむ 小君「またはべる御文、 いかで奉らん。僧都の御しるべは、たしかなるを、か一九唐突にこちらから親しく言葉 をかけるのも気恥ずかしいが ふしめ くおばっかなくはべるこそ」と、伏目にて言へば、妹尼「そそゃ。あなうつく = 0 もう一通あるお手紙。薫から の浮舟あての手紙を預っている。 し」など言ひて、妹尼「御文御覧ずべき人は、ここにものせさせたまふめり。 三僧都のお導きは確かなのに。 けそう 姉の浮舟に間違いない、の気持。 顕証の人なん、いかなることにかと心得がたくはべるを、なほのたまはせよ。 一三私ども傍観者は。「顕証の人」 は第三者の意。 ニ三薫が信頼なさるわけもあろう。 幼き御ほどなれど、かかる御しるべに頼みきこえたまふやうもあらん」など一言 ニ四私を疎まれて、はっきりしな ニ四 い扱いをなさるのでは。 橋へど、小君「思し隔てて、おばおばしくもてなさせたまふには、何ごとをか聞 一宝私のことを他人のように。 浮 こえはべらむ。疎く思しなりにければ、聞こゅべきこともはべらず。ただ、こ ニ六直接に手渡せ、の意。 毛以下、浮舟に言う言葉。 の御文を、人づてならで奉れとてはべりつる、いかで奉らん」と言へば、妹尼 夭こんな強情を張らないで。 ニ九人の情けを受けつけぬ浮舟の ニ九 「いとことわりなり。なほ、いとかくうたてなおはせそ。さすがにむくつけき かたくなさを気味悪いとまで言う。 ニセ ニ 0 もやきはきちゃう ニ八 一九

5. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

61 浮舟 さを 棹さしはづして落ち入りはべりにける。すべていたづらになる人多かる水には宅宇治川の水音に入水を思う。 ふびん 一 ^ 薫が不憫と思われるのも当然。 一九命を落す人の多い川。『花鳥 べり」と、人々も言ひあへり。君は、「さてもわが身行く方も知らずなりなば、 余情』は『日本書紀』仁徳紀の、大 たれ 誰も誰も、あへなくいみじとしばしこそ思うたまはめ、ながらへて人笑へにう山守皇子の水死の話を掲げる。 ニ 0 入水してわが身が行方知れず きこともあらむよ、、 になったら。以下、「思ひの絶え 。しつかそのもの思ひの絶えむとする」と思ひかくるには、 むとする」まで、死以外にわが道 障りどころもあるまじく、さはやかによろづ思ひなさるれど、 , っち返しいと悲がないとする論理。以後これを繰 り返し思う占だ注意。 ニ一母君や、匂宮・薫なども。 し。親のよろづに思ひ言ふありさまを、寝たるやうにてつくづくと思ひ乱る。 一三前述から逆接で反転し、生き や めのと ニ四 のり なやましげにて痩せたまへるを、乳母にも言ひて、さるべき御祈疇などせさ長らえて世間の物笑いになる事件 でも起ったら、と醜く最悪の事態 まつりはらへ みたらしがはみそぎ せたまへ、祭、祓などもすべきゃうなど言ふ。御手洗川に禊せまほしげなるを、を想起。ここも「人笑へ」とある。 ニ三死ぬのに何の支障もなさそう。 ニ七 かくも知らでよろづに言ひ騒ぐ。母君「人少ななめり。よくさるべからむあたニ四母君は。 一宝「祭、祓」は陰陽道で行う。 * ) うじみ りを尋ねて。今参りはとどめたまへ。やむごとなき御仲らひは、正身こそ何ごニ六神に鎮められたい恋の悩みな のに。↓朝顔団七三ハー注一一五の歌。 ともおいらかに思さめ、よからぬ仲となりぬるあたりは、わづらはしきことも毛女房が不足。京に移るため。 天新参者は宇治に残せ、の意。 ニ九女二の宮を念頭に、女房たち ありぬべし。隠しひそめて、さる心したまへ」など、思ひいたらぬことなく言 の反目が騒ぎを起しがちと注意。 三 0 出産の近い少将の妻。 ひおきて、母君「かしこにわづらひはべる人も、おばっかなし」とて帰るを、 三一二度と母に会えないのではな いか。自らの死を念頭に置く。 いともの思はしく、よろづ心細ければ、また逢ひ見でもこそともかくもなれと 三 0 ニ九 ニ六 一九 へ

6. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

1 = ロ けふけふあ 今日今日と我が待っ君は石川の貝に交じりてありといはすやも 真木柱 3 一夭 ( 四 0 五 ) 蜻蛉二七 ( 四三五 ) ことならば思はずとやは言ひはてぬなぞ世の中の玉だすきなる 今日過ぎば死なましものを夢にてもいづこをはかと君が問はまし 末摘花孟 ( 三六 0 浮舟囮公一 ( 四三四 ) 琴の音に峰の松風かよふらしいづれのをより調べそめけむ 物今日だにも初音きかせよ鶯の音せぬ里はあるかひもなし 賢木一哭 ( 三会 ) ・松風団一一 0 ( 四一 0 ) ・ 初音団一九七 ( 四三 0 ) 常夏 3 四 = ( 三九 0 ・橋姫一 = 三 ( 四七九 ) ・手習 2 一八一 ( 四三九 ) 源 今日のみと春を思はぬときだにも立っことやすき花のかげかは 琴の音を聞き知る人のありければ今そたち出でて緒をもすぐべき 若菜上六四 ( 四 00 ) ・若菜下圈一 = = ( 四 0 四 ) 末摘花一四 ( 三六八 ) この殿はむべもむべも富みけり三枝のあはれ三枝のは れ三枝の三つば四つばの中に殿づくりせりや殿づくりせり ここにしも何にほふらむ女郎花人のもの言ひさがにくき世に や初音団一一 0 一 l( 四三一 ) ・竹河 3 五五 ( 四七四 ) ・同七七 ( 四七六 ) ・早蕨一一六 ( 三六七 ) 手習一七三 ( 四三 0 木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は来にけり 九重のうちだに明き月影に荒れたる宿を思ひやるかな タ顔田一一九 ( 四四六 ) ・須磨 3 四 0 ( 三五五 ) ・若菜下一公一 ( 四 00 桐壺田 = 八 ( 四三九 ) 恋しきも心づからのわざなれば置きどころなくもてそわづらふ 心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花 朝顔団八一一 ( 四一一 0 ) タ顔田一一三 ( 四四五 ) 恋しきを何につけてか慰めむ夢だに見えず寝る夜なければ 心から浮きたる舟に乗りそめて一日も波に濡れぬ日そなき 帚木田八七 ( 四四三 ) 早蕨一一三 ( 三六六 ) 恋しくは来ても見よかしちはやぶる神のいさむる道ならなくに 心には下行く水のわきかへり言はで思ふぞ言ふにまされる 浮舟一一一 ( 四一一五 ) 末摘花一一六 ( 三六 0 ・ 恋しくは来てもみよかし人づてにいはせの森の呼子鳥かも 横笛六五 ( 三九一 ) ・東屋一天 ( 三八 0 ) ・浮舟囮四一 ( 四一一六 ) 早蕨 3 一五 ( 三六四 ) 、いには千重に思へど人に言はぬわが恋妻を見むよしもがな 恋しさの限りだにある世なりせば年へてものは思はざらまし タ霧第一一一一 ( 三九六 ) 横笛六四 ( 三九一 ) ・宿木 3 九三 ( 三七四 ) 試みに他の月をもみてしがなわが宿からのあはれなるかと 恋しともまだ見ぬ人の言ひ難み心にもののむつかしきかな 鈴虫第八八 ( 三九三 ) 明石 3 八 0 ( 三六 0 ) こち 東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな 恋ひ死なば誰が名は立たじ世の中の常なきものと言ひはなすとも ここのヘ こ

7. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

いかなることをのたまはせむ」と言へど、かばかりにしそめつるを、言ひ乱る一 ^ 出家の儀式が進行しはじめた 一九 のを、周囲でとやかく言って当人 そうづいさ さまた るてんさんがいちゅう の気持を迷わせるのも不都合と。 もものしと思ひて、僧都諫めたまへば、寄りてもえ妨げず。僧都「流転三界中」 一九剃髪の儀に唱える偈。「三界 など言ふにも、断ちはててしものをと思ひ出づるも、さすがなりけり。御髪もノ中ヲ流転シ、恩愛ハ断ッコト能 ハザレドモ、恩ヲ棄テテ無為ニ入 レ、、真実ニ恩ニ報ュルナリ」 ( 諸 削ぎわづらひて、阿闍梨「のどやかに、尼君たちしてなほさせたまへ」と言ふ。 経要集・法苑珠林 ) 。 かたち ニ 0 右の偈を聞いた浮舟が、かっ 額は僧都そ削ぎたまふ。僧都「かかる御容貌やっしたまひて、悔いたまふな」 て入水を決意したことを思う。 など、尊きことども説き聞かせたまふ。とみにせさすべくもなく、みな言ひ知 = 一さすがに悲しいのだった。 一三額髪。授戒の師の僧都が削ぐ。 らせたまへることを、うれしくもしつるかなと、これのみそ生けるしるしありニ三剃髪の後、師僧は三帰の功徳 を説き、十善戒を授ける。三帰は ておばえたまひける。 仏・法・僧への帰依。十善戒は不 ちゅうとう 殺生・不偸盗・不淫欲・不妄語・ よる おと みな人々出でしづまりぬ。夜の風の音に、この人々は、「心細き御住まひも不沽酒・不説四衆過・不自讃毀 しんに 他・不慳貪・不瞋恚・不誹謗三宝。 しばしのことぞ、いまいとめでたくなりたまひなんと、頼みきこえつる御身を、ニ四すぐに許してもらえそうもな 皆が思いとどまるように一一 = ロっ 習かくしなさせたまひて、残り多かる御世の末を、いかにせさせたまはんとするた出家を。以下、浮舟の心に即す。 一宝僧都一行。 ニ六すばらしい良縁があるはすと。 ぞ。老い衰へたる人だに、今は限りと思ひはてられて、いと悲しきわざにはべ 手 毛浮舟の心中。 ニセ る」と言ひ知らすれど、なほ、ただ今は、心やすくうれし。世に経べきものと 0 浮舟がついに出家。世俗からの 脱出こそ自らを生かす方途と信ず る彼女の第二の人生が始る。 は思ひかけずなりぬるこそはいとめでたきことなれと、胸のあきたる心地した ニ 0 ニ四 けんどん げ

8. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

63 浮舟 まう 三↓〔一一 0 〕。 は参るそ」と問ふ。使「私にとぶらふべき人のもとに参で来るなり」と言ふ。 一三薫からの使者と匂宮からの使 えん 随身「私の人にや艶なる文はさし取らする。けしきあるまうとかな。もの隠し者が、鉢合せをしたらしい 一四薫の使者。 一 ^ かう 一五鉢合せをした相手が、大内記 はなぞ」と言ふ。使「まことは、この守の君の、御文女房に奉りたまふ」と言 の家で時々会う下男だったので。 ことたが 大内記は式部少輔を兼任 ( 四五ハー ) 。 へば、言違ひつつあやしと思へど、ここにて定めいはむも異ゃうなべければ、 一六目下を呼ぶ二人称。おまえ。 宅恋人のもとに自分で恋文を届 おのおの参りぬ。 ける人はいるものか、の意。 わらは 天主人の国守。時方をさす。六 かどかどしき者にて、供にある童を、随身「この男にさりげなくて目つけよ。 五ハーに、時方は出雲権守とある。 さいものたいふ しきぶのせふ 一九前後が違って、不審に思うが。 左衛門大夫の家にや入る」と見せければ、童「宮に参りて、式部少輔になむ、 ニ 0 薫の随身は頭の働く男で。 御文はとらせはべりつる」と言ふ。さまで尋ねむものとも劣りの下衆は思はず、ニ一時方のこと。使者の言う「こ の守の君・ : 」を確認すべく尾行。 とねり 事の心をも深う知らざりければ、舎人の人に見あらはされにけんそ口惜しきや。 = = 匂宮邸。「式部少輔」は大内記。 これで事態が明らかとなった。 なほし ニ六 殿に参りて、今出でたまはんとするほどに、御文奉らす。直衣にて、六条院に、 = 三薫の随身。れつきとした舎人、 の気持で、「劣りの下衆」に照応。 きさい 后の宮の出でさせたまへるころなれば、参りたまふなりければ、ことごとしくニ四情けない話。語り手の評言。 一宝主人の薫のもとに。 ごぜん ニ六六条院に明石の中宮が里下り。 御前などあまたもなし。御文参らする人に、随身「あやしきことのはべりつる、 毛姉弟同士の気楽な訪問ゆえ。 見たまへ定めむとて、今までさぶらひつる」と言ふをほの聞きたまひて、歩み夭手紙を薫に取り次ぐ者に ニ九重大な内容だけに、取次の耳 ニ九 に入ってはならぬとはばかった。 出でたまふままに、薫「何ごとそ」と問ひたまふ。この人の聞かむもつつまし ニ五 ニ八 をのこ こと ニ四 あ

9. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

かばかしう聞かず、なほ、尽きせずあさましうはかなければ、忌の残りも少な宅八の宮に親交した当初を回顧。 一 ^ 愛憐執着に迷い心を濁らせた。 くなりぬ、過ぐしてと思ひつれど、しづめあへずものしつるなり。、、 し力なる、い当初の心づもりとは異なる結末。 一九仏が懲らしめようとしたとす る。九九ハー一〇行にも同様の叙述。 地にてか、はかなくなりたまひにし」と問ひたまふに、尼君なども、けしきは ニ 0 浮舟の死にいたるまでの経緯。 たが ニ一その忌中期間を過してから。 見てければ、つひに聞きあはせたまはんを、なかなか隠しても、事違ひて聞こ 一三以下、右近の心中。薫に親し い弁の尼に真相を知られている限 えんに、そこなはれぬべし、あやしきことの筋にこそ、そらごとも思ひめぐら り、いずれは薫の耳に入るだろう。 けしき うそ しつつならひしか、かくまめやかなる御気色にさし向かひきこえては、かねてなまじの隠しだてでかえって嘘の 証言のつじつまが合わなくなる。 と言はむかく一一一一口はむとまうけし一言葉をも忘れ、わづらはし , つおばえければ、あニ三宮との秘密の情事に関しては、 作り言を考えて言い続けてきたが。 りしさまのことどもを聞こえつ。 ニ四誠実な薫を前に嘘をつけない。 ニ五浮舟の入水のことなど。 ニ七 あさましう、思しかけぬ筋なるに、ものもとばかりのたまはず。「さらにあニ六普通では入水など考えっかな 意外というほかない驚き。 ニ ^ らじとおばゆるかな。なべての人の思ひ言ふことをも、こよなく言少なにお毛とても信じがたい。薫の心中。 夭以下、浮舟の性格を顧みて、 入水など想像もできないとする。 。いかでかさるおどろおどろしきことは思ひたつべきぞ。 蛉ほどかなりし人ま、 ニ九匂宮が隠し住まわせているの かなるさまに、 ではないか、とも疑っていよう。 この人々、もてなして言ふにかあらむ」と、御心も乱れまさり 蜻 三 0 匂宮の悲嘆ぶりや、この山荘 三 0 たまへど、宮も思し嘆きたる気色いとしるし、ここのありさまも、しかつれなの女房らの態度から、疑いを否定。 三一知らぬふりをよそおった態度 はおのずと分るものだから。 しづくりたらむけはひはおのづから見えぬべきを、かくおはしましたるにつけ ニ六 ニ四 ニ九

10. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

一なるほどあの時も憎らしい女 を譏るなめり。げに憎き者ありきかしと思し出づるも、夢の心地そする。 ; 、た。二条院で浮舟に出会った 折のこと。↓東屋〔 = 巴。 かたはらいたきまでうちとけたることどもを言ひて、右近「宮の上こそ、 語 ニ中の君。 物 とめでたき御幸ひなれ。右の大殿の、さばかりめでたき御勢ひにて、いかめし三右大臣、タ霧。 氏 四大騒ぎで婿扱いなさるが。 のち む うののしりたまふなれど、若君生まれたまひて後は、こよなくそおはしますな五中の君が匂宮第一子の母とし て重視される。↓宿木 3 一一二ハー 六 る。かかるさかしら人どものおはせで、御心のどかにかしこうもてなしておは六出しやばり者。乳母をさす。 中の君の周辺にそうした者がいな いのを幸いだとする。 しますにこそはあめれ」と言ふ。女房「殿だに、まめやかに思ひきこえたまふ セ落ち着いた気持で、賢明に。 こと変らずは、劣りきこえたまふべきことかは」と言ふを、君すこし起き上が ^ せめて薫なりと、真実浮舟を。 九中の君の幸運に。 一 0 もしも何の縁もない人になら。 りて、浮舟「いと聞きにくきこと。よその人にこそ、劣らじともいかにとも思 浮舟の唯一の頼もしい人、中の君 はめ、かの御事なかけても言ひそ。漏り聞こゆるやうもあらば、かたはらいたの心証を害したくない。 = 中の君とどの程度の親族か。 浮舟の言う「よその人・ : 」への反応。 からむ」など言ふ。 三以下、「いとをかしき」まで、 「何ばかりの親族にかはあらむ。いとよくも似通ひたるけはひかな」と思ひく匂宮の心中に即す。 一三中の君は抜群。 らぶるに、心恥づかしげにてあてなるところは、かれはいとこよなし、これは、一四浮舟。 一五顔だちの一つ一つが。 ただ、らうたげにこまかなるところそいとをかしき。よろしう、なりあはぬと一六普通程度の、不十分なところ を見つけたところで。 ひと ころを見つけたらむにてだに、さばかりゆかしと思ししめたる人を、それと見宅逢いたいと思い続けてきた女。 しぞく 一七