検索 - みる会図書館

全データから 209670件ヒットしました。

論理学がわかる事典


C 0 n t e n t s 論 理 学 が わ か る 事 典

論理学がわかる事典


C 0 n t e n t s 論 理 学 が わ か る 事 典

論理学をつくる


目 次 9.5 同 一 性 記 号 を 含 む 自 然 演 繹 246 シ ン タ ク ス の 視 点 か ら 論 理 学 の ゴ ー ル に 迫 る 第 10 章 10.1 公 理 系 と い う 発 想 248 10.2 シ ン タ ク ス と セ マ ン テ ィ ク ス 260 10.3 命 題 論 理 の 公 理 系 の 完 全 性 証 明 265 第 Ⅲ 部 の ま と め 第 Ⅳ 部 論 理 学 は こ こ か ら 先 が 面 白 い ! 進 ん だ 話 題 の ロ ー ド マ ッ プ 第 11 章 め く る め く 非 古 典 論 理 の 世 界 に よ う こ そ ! 11.1 11.2 11.3 11.4 古 典 論 理 は 神 の 論 理 で あ る 2 値 原 理 と 排 中 律 の い か が わ し さ 多 値 論 理 284 直 観 主 義 論 理 292 古 典 論 理 の 拡 張 と し て の 様 相 論 理 3 。 4 281 第 12 章 古 典 論 理 に も ま だ 学 ぶ こ と が た く さ ん 残 っ て い る 12.1 12.2 12.3 12.4 12.5 完 全 武 装 し た 述 語 論 理 の 言 語 FOL 319 AFOL の 完 全 性 と そ こ か ら 得 ら れ る い く つ か の 結 果 322 第 2 階 の 論 理 338 モ デ ル 同 士 の 同 型 性 332 第 1 階 の 理 論 329 第 Ⅳ 部 の ま と め C. A. 付 ブ ッ ク ガ イ ド 422 B . 練 習 問 題 解 答 366 A little bit of mathematics 248 ・ 349 ・ 345 ・ 319 280 ・ 277 350

量子力学 Ⅰ[物理入門コース 5]


熱 運 動 の 古 典 論 室 温 に お け る マ ク ロ な 物 体 の 熱 的 性 質 は , 原 子 や 分 子 の 運 動 が 古 典 力 学 に し た が う と し て 説 明 で き る が , 極 低 温 で は 古 典 論 と 実 験 の 不 一 致 が は っ き り 現 わ れ る . こ の こ と を 理 解 す る と 同 時 に , 古 典 力 学 の 正 準 運 動 方 程 式 を こ の 章 で 学 ぶ .

論理学をつくる


第 Ⅳ 部 論 理 学 は こ こ か ら 先 が 面 白 い ! 284 進 ん だ 話 題 の ロ ー ド マ ッ プ ダ ヴ ィ ッ ド の よ う に , 数 の 世 界 と い う の が 我 々 が 計 算 し た り 証 明 し た り す る 営 み と は 独 立 に 存 在 し て い て , そ の 世 界 の な か で は , 数 学 的 な 事 実 は 我 々 が そ れ を 知 る こ と が で き る か ど う か に か か わ ら ず す で に 決 ま っ て い る と 考 え る 立 場 を 数 学 的 プ ラ ト ニ ズ ム と 言 う 。 一 方 , こ れ に 批 判 的 な 態 度 を と っ て い る ヤ ン の よ う に , 我 々 に つ く る こ と の で き る 数 学 的 対 象 だ け が 存 在 す る と 考 え る 立 場 を 構 成 主 義 (constructivism) と い う 。 現 に 行 わ れ て い る 数 学 は ど う も 数 学 的 プ ラ ト ニ ズ ム と し つ く り く る よ う だ 。 神 の 論 理 学 か ら 人 間 の 論 理 学 へ 以 上 2 つ の 会 話 を 見 て 気 づ か さ れ る の は , 古 典 論 理 は ず い ぶ ん 理 想 化 さ れ て い る な あ と い う こ と だ 。 古 典 論 理 は , 時 間 を 越 え ち ゃ っ て , 宇 宙 の 全 歴 史 を ま る で 年 表 を 見 る よ う に 一 覧 で き , も の 忘 れ も 絶 対 に な く , 無 限 の 仕 事 も 完 了 で き , ど ん な 命 題 の 真 偽 も 知 り う る 神 様 の 視 点 に 立 っ た こ う し た 神 様 の よ う な 絶 対 者 の 視 点 が も っ 明 晰 さ が 反 論 理 学 な の で あ る 。 古 典 論 理 の 美 し さ は , 映 し た も の に 他 な ら な い 。 し か し , こ の よ う な 人 間 か ら か け 離 れ た 論 理 で は な く , も う 少 し 有 限 的 な 人 間 の 立 場 に 立 っ た 人 間 く さ い 論 理 学 が あ っ て も よ い だ ろ う 。 そ こ で , 次 に 排 中 律 を 古 典 論 理 か ら 取 り 除 い て 新 し い 論 理 学 を つ く り だ す こ と を 試 み て み よ う 。 11.2 多 値 論 理 11.2.1 ウ カ シ エ ヴ ィ ッ ツ の 古 典 論 理 批 判 と 3 値 論 理 論 理 か ら 排 中 律 を と り の ぞ く と 言 っ て も , ど う や っ た ら よ い の だ ろ う ? セ マ ン テ ィ ク ス の 視 点 か ら 考 え る と , 排 中 律 が ト ー ト ロ ジ ー に な る の は 2 値 原 理 に 責 任 が あ る の だ か ら , そ れ を や め た ら ど う か , と い う こ と に な る 。 つ ま り , 論 理 式 は つ ね に 真 ・ 偽 い ず れ か の 真 理 値 を と る と 考 え る の で は な く , 真 で も 偽 で も な い 値 を と る と 考 え て も よ い と す る わ け だ 。 1920 年 代 に ポ ー ラ ン ド の 代 表 的 な 論 理 学 者 ウ カ シ エ ヴ ィ ッ ツ (Lukasiewicz) は , 先 ほ ど の ア リ ス さ ん と 同 様 の 理 由 で 2 値 原 理 を 斥 け , 「 真 」 で も 「 偽 」 で も な い 第 3 の 真 理 値 「 可 能 」 を も っ た 3 値 論 理 学 (three- valued logic) を 作 り 上 げ た 。 こ う し て 様 々 な 多 値 論 理 (many-valued logics) 体 系 の 研 究 が ス タ ー ト し た 。 論 理 結 合 子 の 定 義 と 3 値 ト ー ト ロ ジ ー ウ カ シ エ ヴ ィ ッ ツ は 真 ( 1 ) , 偽 ( 0 ) , 可 能 ( 0.5 ) の 3 つ の 真 理 値 を も つ 論 理 を つ く っ た 。 そ → と は そ れ ぞ れ 次 の ( a ) ( b ) の よ う に 定 義 さ れ る 。 れ に よ る と ,

半導体の話―物性と応用―


『 古 典 的 物 理 学 』 と よ ば れ る 学 間 領 域 が あ る 。 こ れ は 今 は 姿 を 消 し て し ま っ た 古 い 物 理 学 と い う 事 で は な く 、 条 件 に よ っ て は 、 今 日 も 充 分 に 正 し く 使 い 得 る 知 識 で あ る 。 ニ = 1 ト ン カ 学 が 日 常 的 な 工 学 を 充 分 に 正 し く 支 え て お り 、 電 気 工 学 で は マ ッ ク ス ウ = ル の 電 磁 気 学 が 今 以 て 正 し く 活 用 さ れ て い る 事 は 誰 で も 知 っ て い る 。 し か し 、 こ れ ら は や は り 古 典 物 理 学 の 中 に 入 る 。 そ の 古 典 物 理 学 は 、 原 子 の 内 部 の 現 象 や 半 導 体 の 様 に 原 子 が 規 則 正 し く 並 ん だ 結 品 体 の 中 で の 電 子 の ふ る ま い を 記 述 し た り 、 予 測 し た り す る 事 に つ い て は 無 力 だ っ た の で あ る 。 と は 言 う も の の 、 こ れ も 全 く 無 力 だ っ た わ け で は な い 。 例 え ば 古 典 的 な 電 子 の 理 論 、 す な わ ち 、 古 典 物 理 学 の 法 則 を も と に し た 電 子 論 で 、 半 導 体 の 電 気 伝 導 の 特 色 を し ら べ て み る と 、 あ る 程 度 の と こ ろ ま で 理 解 す る 事 は 不 可 能 で は な い 。 た だ 、 い く つ か 大 変 重 要 な と こ ろ で 、 ど う し て も 経 験 的 な 事 実 の 説 明 が う ま く 行 か な く な っ て く る 事 が 判 っ た の で あ る 。 話 例 え ば 、 半 導 体 と 絶 縁 体 と で 、 何 故 こ れ 程 大 き な 抵 抗 率 の 違 い が 出 て く る の か 、 そ れ は 、 そ 対 の れ そ れ の 如 何 な る 本 性 に 根 ざ し て い る も の な の か 、 そ う い う と こ ろ が 、 古 典 電 子 論 か ら で は ど 学 う し て も 辻 つ ま が 合 わ な い 。 こ う い う 困 難 を 解 き 明 か す 可 能 性 は 一 九 〇 〇 年 代 に 入 っ て そ ろ そ ろ 芽 ぶ い て 来 た 。 そ れ は 原 学 理 子 や 分 子 の 中 の 電 子 が 起 こ す 現 象 を し ら べ て い る う ち に 、 新 し い 物 理 学 、 す な わ ち 、 量 子 物 理 学 が 生 ま れ は じ め た か ら で あ る 。 例 え ば 水 素 の 原 子 か ら 出 る 光 は 、 太 陽 光 線 の 様 に 、 い ろ い ろ の 波 長 の 光 を 連 続 的 に あ わ せ 持

論理学がわかる事典


倫 理 が わ か る 事 典 鷲 田 小 彌 太 定 価 本 体 1300 円 ( 税 別 ) 図 解 す る 思 考 法 定 価 本 体 1300 円 ( 税 別 ) 論 理 的 に 考 え る 方 法 定 価 本 体 1600 円 ( 税 別 ) 民 俗 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1600 円 ( 税 別 ) 教 育 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1500 円 ( 税 別 ) 社 会 学 が わ か る 事 典 定 価 本 体 1700 円 ( 税 別 ) 新 谷 尚 紀 田 中 智 志 森 下 伸 也 西 村 克 己 小 野 田 博 ー 下 記 の 価 格 は 消 費 税 抜 き の 金 額 で す 。 哲 学 ・ 倫 理 学 の 歴 史 を 振 り 返 り な が ら 、 現 代 の 諸 テ ー マ に 取 り 組 み 、 く だ け た ロ 調 で 語 る 入 門 書 の 決 定 版 ! 「 何 が 善 く て 、 何 が 悪 い の か 」 が わ か る 。 読 め ば 読 む ほ ど 倫 理 学 が 見 え て く る 。 社 会 学 の 基 本 理 論 を わ か り や す く 解 説 。 さ ら に 、 宗 教 、 犯 罪 、 結 婚 、 孤 独 、 お 笑 い ま で 現 代 の 森 羅 万 象 を 縦 横 無 尽 に 論 じ 、 社 会 学 の 歴 史 も 紹 介 。 楽 し く 読 め て 、 独 自 の も の の 見 方 が 身 に つ く 一 冊 。 教 育 ・ 子 ど も ・ 家 庭 ・ 教 育 学 を め ぐ る 歴 史 と 現 在 を と ら え る 。 理 論 と 道 徳 、 学 級 、 学 校 建 築 、 制 服 、 性 教 育 、 サ プ カ ル チ ャ 、 い じ め 、 人 格 障 害 、 矯 正 教 育 、 学 歴 社 会 な ど 、 さ ま ざ ま な テ ー マ が 満 載 。 な せ 敷 居 の ヘ り を 踏 ん で は い け な い の か 、 霊 柩 車 を 見 た ら 親 指 を 隠 す の は な ぜ か 日 本 の 暮 ら し に 今 も な お 生 き 続 け て い る 、 日 本 人 の 習 慣 ・ 習 俗 の 素 朴 な 疑 問 を 解 説 。 雑 学 と し て 使 え る ネ タ が 豊 富 。 論 理 的 に 考 え て 行 動 し て い る つ も り で も 、 実 際 は そ う で な い こ と が 多 い も の 。 い っ た い 、 ど う す れ ば い い の か 。 結 論 と し て の 主 張 を 明 言 し 、 正 し い 根 拠 を 相 手 に わ か り や す く 示 す ノ ウ ハ ウ を 紹 介 す る 。 図 を 描 き な が ら 考 え る と 、 問 題 の 全 体 像 や 相 互 関 係 を 的 確 に つ か む こ と が で き 、 情 報 整 理 や 問 題 解 決 が ス ピ ー ド ア ッ プ す る 。 情 報 を 頭 の 中 で 整 理 し て 図 に 変 換 す る プ ロ セ ス を て い ね い に 解 説 す る 。 定 価 変 更 の 場 合 は ご 了 承 く だ さ い 。

論理学をつくる


304 第 Ⅳ 部 論 理 学 は こ こ か ら 先 が 面 白 い ! 練 習 問 題 91 進 ん だ 話 題 の ロ ー ド マ ッ プ ( 1 ) 排 中 律 Pv P は 直 観 主 義 的 に 妥 当 で な い こ と を 証 明 せ よ 。 ( 2 ) P → 一 が 直 観 主 義 的 に 妥 当 で あ る こ と を 証 明 せ よ 。 こ の あ と の 展 開 は ? 直 観 主 義 論 理 の 公 理 系 ( 自 然 演 繹 N の と セ マ ン テ ィ ク ス を 導 入 し た 。 べ き こ と と し て は 次 の よ う な 2 つ の 課 題 が 思 い 浮 か ぶ 。 こ の あ と に す ぐ に や る ( 1 ) 直 観 主 義 論 理 の 完 全 性 証 明 : 直 観 主 義 論 理 に 関 し て も , NJ の theorem の 集 合 と 直 観 主 義 的 に 妥 当 な 式 の 集 合 と が 一 致 し , さ ら に , 「 論 理 式 の 集 合 か ら C へ の N 」 に お け る deduction が あ る 論 理 式 C が 論 理 式 の 集 合 か ら 直 観 主 義 的 ・ 意 味 論 的 に 帰 結 す る 」 と い う 完 全 性 が 成 り 立 つ だ ろ う か ? こ れ は 成 り 立 っ こ と が 証 明 で き る 。 と い う よ り , ク リ プ キ は 完 全 性 を 証 明 す る た め に 直 観 主 義 論 理 に セ マ ン テ ィ ク ス を 与 え た の だ っ た 。 完 全 性 が 証 明 で き れ ば , ど ん な に が ん ば っ て 工 夫 し て も 排 中 律 は NJ で 決 し て provable で な い と い う こ と の 厳 密 な 証 明 が で き る 。 排 中 律 は 直 観 主 義 的 に 妥 当 で な い か ら ( こ の こ と は す で に 練 習 問 題 91 ( 1 ) で 示 し た ) , そ れ は NJ の theorem で は な い 。 ( 2 ) 直 観 主 義 論 理 の 決 定 手 続 き : 古 典 命 題 論 理 に は タ ブ ロ ー と い う 機 械 的 な 決 定 手 続 き が あ っ た 。 直 観 主 義 命 題 論 理 に も 同 じ よ う に , 任 意 の 論 理 式 が 直 観 主 義 的 に 妥 当 で あ る か な い か を 有 限 の ス テ ッ プ で 教 え て く れ る よ う な ア ル ゴ リ ズ ム が あ る 。 認 識 史 分 析 と い う 名 前 の 方 法 で , タ ブ ロ ー と 同 様 非 常 に わ か り や す い 。 興 味 の あ る 読 者 は , 野 矢 茂 樹 [ 1994 ] や 大 出 晃 [ 1991 ] を 見 て み よ う 。 11. 4 11.4.1 古 典 論 理 の 拡 張 と し て の 様 相 論 理 古 典 論 理 へ の 代 替 案 か 古 典 論 理 の 拡 張 か 古 典 論 理 に は た く さ ん の 公 理 系 が あ る 。 し か し , APL に せ よ N D に せ よ , そ こ か ら theorem と し て 出 て く る 論 理 式 の 範 囲 は 全 く 同 じ , と い う わ け で 両 方 と も 1 つ の 同 じ 古 典 論 理 の 公 理 系 で あ る 。 そ こ で , 論 理 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ を , provable な 式 の 集 ま り と 同 一 視 し て み た ら ど う か 。 こ の 集 ま り が 同 じ で あ れ ば , ど の よ う な 仕 方 で 公 理 化 さ れ て い て も 同 じ 論 理 と み な す こ と に す る の だ 。 こ の 意 味 で APL と N D は 見 か け は 異 な る が 同 じ 論 理 の 体 系 と い う こ と に な る 。 一 方 , こ れ ま で に 非 古 典 論 理 の 代 表 と し て 扱 っ て き た 直 観 主 義 論 理 は , 古 典 論 理 で 論 理 的 真 理 と さ れ て い た も の の う ち い く つ か が 論 理 的 真 理 と み な さ れ な い と い う 特 徴 が あ っ た 。 排 中 律 が そ の 代 表 だ 。 そ し て 実 際 に , 古 典 論 理 ND の theorem の 範 囲 と , 直 観 主 義 論 理 NJ の theorem の 範 囲 と は 食 い 違 っ て い る ( 後 者 は 前 者 の 一 部 に す ぎ な い ) 。 だ か ら , 直 観 主 義 論 理 と 古 典 論 理 は 異

論理学をつくる


第 1 章 What is THIS Thing called Logic . 1.1 1.1.1 論 理 と は 何 か ? そ し て 論 理 学 は 何 を す る の か ど の よ う に ス タ ー ト を 切 る か か 実 は 難 し い 論 理 学 っ て ど う い う 分 野 な の か 。 こ の 問 い に , 「 そ れ は 論 理 と は 何 か を 研 究 す る 学 問 だ よ 」 と 答 え た と し よ う 。 ン ? こ の 答 え 方 っ て 万 能 じ ゃ な い ? 生 物 学 っ て 何 を す る の ? 生 物 を 研 究 す る ん だ よ 。 ・ ・ 万 能 だ と い う こ と は , 何 も 答 え て い な い 証 拠 で あ る 。 と こ ろ が , 「 そ う で し た そ う で し た 。 論 理 学 を 始 め る 前 に , ま ず 論 理 と は 何 か を は っ き り さ せ て お か な い と ね 」 と い う 具 合 に コ ト が 進 む か と い う と , そ う で も な い 。 ま ず は じ め に 生 命 と は 何 か を 明 確 に し て お か な い と 生 物 学 の 授 業 が ス タ ー ト し な い , と い う の で は タ イ へ ン に 困 る 。 な ぜ な ら 生 物 学 に と っ て 生 命 と は 何 か を 明 確 に す る と い う の は 究 極 目 標 で あ っ て 出 発 点 で は な い か ら だ 。 そ れ に , 生 物 学 が 進 展 す れ ば す る ほ ど 生 物 と 無 生 物 の 境 界 は ば や け て く る と い う 事 情 も あ る 。 ウ イ ル ス は ど う だ ろ う 。 狂 牛 病 の 病 原 体 と し て 世 間 を 騒 が せ た プ リ オ ン っ て の は た だ の タ ン パ ク 質 だ け れ ど , あ れ は 生 物 な の か ? 同 じ こ と は 論 理 学 に も 言 え る 。 論 理 と は 何 か と い う 問 い に 対 し て , あ ら か じ め 100 % 納 得 の い く 厳 密 な 答 え を 出 し て お く こ と は で き な い 。 な ぜ な ら そ れ は ま だ 誰 に も わ か っ て い な い の だ か ら 。 む し ろ , そ う い う 問 い を 発 す る こ と の セ ン ス の 悪 さ に 気 づ い て ほ し い 。 そ れ で も , バ ラ タ ナ ゴ や ク ス ノ キ が 典 型 的 な 生 物 で あ っ て , 生 物 学 が こ れ ら を 扱 わ な い こ と は あ り え な い , と い う の と 同 じ 意 味 で , 典 型 的 に 「 論 理 的 」 と 呼 べ る よ う な 現 象 を 指 摘 す る こ と は で き る か も し れ な い 。 論 理 学 の 出 発 点 は そ れ で 十 分 だ 。 で は , 典 型 的 に 論 理 的 と 言 っ て よ い 現 象 っ て 何 だ ろ う 。 と こ ろ が , こ れ に つ い て 考 え て み て も ま だ ま だ ば ん や り し て い る の だ か ら 困 る 。 な ぜ な ら ば , 論 理 的 に 考 え る と い っ た こ と は あ ま り に あ り ふ れ て い る 上 に , 我 々 は ふ だ ん , お お む ね 論 理 的 に 物 事 を 処 理 し て し ま っ て い る 。 だ か ら , 論 理 と い う こ と が 改 め て 意 識 や 話 題 に 上 る こ と は た い へ ん に 少 な い 。 そ こ で , こ と が 論 理 的 に み て 順 調 に 進 ん で い な い 状 態 , 「 お い お い 論 理 的 に 考 え て く れ よ 」 と 言 い た く な る よ う な 状 態 の 典 型 例 , つ ま り 論 理 的 で な い も の の 典 型 を 考 察 す る こ と か ら , 論 理 と は 何 か を 裏 側 か ら 透 か し て 見 る こ と に し よ う 。

論理学をつくる


280 第 11 章 め く る め く 非 古 典 論 理 の 世 界 に よ う こ そ ! 我 々 が こ こ ま で 展 開 し て き た 論 理 学 は 古 典 論 理 学 (classicallogic) と 呼 ば れ て い る 。 と は い え , そ れ は 昔 の 論 理 学 と い う 意 味 で は な い 。 CD 屋 さ ん の ク ラ シ ッ ク 音 楽 の 棚 に ジ ョ ン ・ ケ ー ジ と か ス テ ィ ー ヴ ・ ラ イ ヒ と い っ た 現 代 音 楽 の CD が 並 ん で い る 。 そ れ と 同 様 に , ク ラ シ カ ル ・ ロ ジ ッ ク の 「 ク ラ シ カ ル 」 は 「 基 本 的 」 と か 「 標 準 的 」 と い っ た 意 味 で あ っ て , 「 昔 の も の 」 と い う 含 み は な い 。 実 際 , 古 典 論 理 が 一 応 の 完 成 を み た の は フ レ ー ゲ の 『 概 念 記 法 』 と い う 著 作 だ っ た 。 こ れ が 書 か れ た の は 1879 年 だ か ら , 「 古 典 」 論 理 の 歴 史 は ま だ 100 年 ち ょ っ と な の だ 。 こ れ は 論 理 学 全 体 の 歴 史 か ら 見 れ ば つ い 最 近 と 言 っ て よ い 。 古 典 論 理 学 の 生 ま れ た 頃 の 姿 を ど う し て も 見 て み た い と い う 人 は , フ レ ー ゲ [ 1999 司 や ホ ワ イ ト ヘ ッ ド / ラ ッ セ ル [ 1988 ] な ど を 通 じ て , 直 接 フ レ ー ゲ や ラ ッ セ ル の 著 作 に あ た る と よ い 。 ま た , 飯 田 隆 [ 1987 ] も と て も 参 考 に な 古 典 論 理 が 標 準 的 と さ れ る の は な ぜ か 。 そ れ は 基 礎 的 で 美 し い 体 系 に な る よ う に 理 想 化 が ほ ど こ さ れ て い る か ら だ 。 例 え ば , ( 1 ) 古 典 論 理 学 で は , 真 理 関 数 的 で な い 結 合 子 は 扱 わ な い 。 結 合 子 は ど れ も 真 理 表 で 定 義 で き る よ う な も の に か ぎ ら れ て い た 。 ( 2 ) 古 典 論 理 学 は , 2 値 原 理 を 採 用 し て い た 。 あ ら ゆ る ( 閉 ) 論 理 式 は 必 ず 真 か 偽 の い ず れ か の 真 理 値 を も つ も の と さ れ た 。 こ の 章 で は こ う し た 理 想 化 に ち ょ っ と ま っ た を か け て み る 。 そ の 結 果 わ か る こ と は , 論 理 は ひ と つ で は な い と い う こ と だ 。 古 典 論 理 と は あ る 意 味 で 両 立 し な い い ろ い ろ な 論 理 が 考 え ら れ る こ う し た 論 理 学 は 非 古 典 論 理 学 (non-classicallogics) と 総 称 さ れ る 。 た く さ ん あ る の で 複 数 幵 に な っ て い る 。 論 理 は 1 つ で は な か っ た と い う わ け だ 。 20 世 紀 の 論 理 学 の 活 況 は こ う し た 様 々 な 非 古 典 論 理 体 系 が 研 究 さ れ る よ う に な っ た こ と に 一 因 が あ る 。 そ の う ち の 代 表 的 な も の を い く つ か 見 て い こ う 。 。 彡 ノ