検索 - みる会図書館

全データから 212245件ヒットしました。

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


キ ー ハ ー ソ ン を 味 方 に つ け る 技 術 議 員 秘 書 た け が 知 っ て い る ダ イ ヤ モ ン ド 社

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


第 3 章 「 な る ほ ど ! 」 と 思 わ す 唸 る キ ー バ ー ソ ン を 味 方 に つ け る 技 術 れ が 思 い 込 み と い う も の で す 。 勝 手 な 憶 測 で イ メ 1 ジ を 膨 ら ま せ て い く わ け で す か ら 、 最 初 に い い 印 象 が 与 え ら れ れ ば そ の イ メ ー ジ は 加 速 度 的 に 高 ま っ て い き ま す 。 私 の 知 人 の 議 員 秘 書 は 、 に 自 分 の 姿 を 撮 影 し て 常 に 、 立 ち 居 振 る 舞 い や 話 し 方 を チ ェ ッ ク し て い ま し た 。 最 初 の 印 象 こ そ 大 切 に し て く だ さ い 。

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


第 3 章 「 な る ほ ど ! 」 と 思 わ ず 唸 る ー ソ ン を 味 方 に つ け る 技 術

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


第 2 章 相 手 の 懐 に 飛 び 込 む 議 員 秘 書 の 5 つ の 秘 訣 人 脈 づ く り の 達 人 人 脈 と は 誰 を 知 っ て い る か で は な く 、 誰 に 知 ら れ て い る か が 重 要 2 言 い 訳 は し な い 責 任 を 負 う 最 大 の メ リ ッ ト は 、 相 手 に 「 恩 」 を 売 れ る こ と 3 仕 事 を 依 頼 さ れ た ら 、 120 % の 回 答 を 三 つ は 考 え る と に か く 目 の 前 の 仕 事 に 集 中 す る 。 そ れ が で き な け れ ば 中 長 期 の 仕 事 な ど で き な い 4 接 待 は 受 け な い 人 に つ け 入 れ ら れ る よ う な 隙 を 見 せ て は い け な い 5 言 葉 の 重 み を 理 解 し て い る 不 用 意 な 発 言 は 命 取 り に な る 第 3 章 「 な る ほ ど ! 」 と 思 わ す 唸 る キ ー バ ー ソ ン を 味 方 に つ け る 技 術

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


1 そ も そ も 議 員 秘 書 っ て 、 ど ん な 人 ? 絶 対 に 不 可 欠 な 「 忠 誠 心 」 議 員 秘 書 の 仕 事 は 、 表 に 出 て 目 立 つ も の で は あ り ま せ ん 。 裏 方 に 徹 し て 議 員 を サ ポ 1 ト す る の が 役 割 で す 。 公 設 秘 書 、 私 設 秘 書 に か か わ ら ず 、 議 員 の 出 世 ・ 成 功 の た め に 秘 書 稼 業 に 勤 し む こ と に な り ま す 。 議 員 秘 書 の 仕 事 は 、 一 見 特 殊 に 見 え る か も し れ ま せ ん が 、 必 要 と さ れ る 能 力 や 考 え 方 、 仕 事 の や り が い な ど は 、 一 般 企 業 に 勤 め て い る 人 と さ ほ ど 変 わ ら な い よ う に 思 い ま す 。 た と え ば 企 業 に は 、 売 上 目 標 や 利 益 目 標 な ど の 経 営 目 標 が 存 在 し ま す 。 議 員 事 務 所 に と っ て の 経 営 目 標 は 「 当 選 を 重 ね る 」 こ と で す 。 そ の た め に 、 議 員 秘 書 は 議 員 を ト ー タ ル で サ ポ ー ト し て マ ネ ジ メ ン ト を す る 存 在 で な く て は い け ま せ ん 。 事 務 所 に よ っ て 方 針 が 異 な り ま す か ら 、 議 員 Ⅱ 「 絶 対 君 主 」 の よ う な 事

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


な り ま す 。 そ し て 議 員 秘 書 に と っ て は 、 国 会 議 員 の 落 選 は 、 所 属 し て い た 会 社 が 倒 産 す る こ と と 同 じ で す 。 あ る 日 突 然 、 「 明 日 か ら こ な く て い い よ 」 と 言 わ れ る 世 界 な の で す 。 そ ん な シ ビ ア な 雇 用 関 係 の な か で 、 議 員 秘 書 が 最 優 先 で 守 る べ き も の は 雇 い 主 で あ る 議 員 本 人 と な り ま す 。 だ か ら こ そ 、 議 員 秘 書 は 強 い 処 世 術 が 自 然 と 身 に つ く の で す 。 そ の 処 世 術 と は 、 キ ー ー ソ ン を 味 方 に つ け る ー ー ー す ば り 「 人 た ら し ー で す 。 国 家 の 中 枢 を 担 う 政 治 家 を 、 日 々 、 従 い 守 り 、 と き に は こ っ そ り コ ン ト ロ 1 ル し な が ら 議 員 秘 書 は こ の ス キ ル に 磨 き を か け て い ま す 。 本 書 で は 、 こ れ を 肯 定 的 な ス キ ル と し て 紹 介 し て い こ う と 考 え て い ま す 。 上 司 も 部 下 も 顧 客 も 満 足 さ せ 、 自 分 の た め に も な る ス キ ル に つ い て 、 ビ ジ ネ ス パ 1 ソ ン の み な さ ま に も わ か り や す い 事 例 を 交 え な が ら 解 説 を し て い き ま す 。 読 者 の み な さ ま が 、 こ の ス キ ル を 駆 使 し て す ば ら し い 人 生 を 送 ら れ る こ と を 心 か ら お 祈 り し て い ま す 。 本 書 で お 話 し す る こ と が 、 日 々 奮 闘 さ れ て い る み な さ ん の 一 助 と な れ ば 幸 い で す 。

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


は な い で し よ う 。 新 聞 に 名 前 が 出 る よ う な 政 治 家 に し て も 、 知 ら れ て い る の は 行 動 の ご く 一 部 。 ほ と ん ど の 部 分 は べ ー ル に 包 ま れ て い ま す し 、 そ も そ も 興 味 が な い と い う 人 も 多 い か も し れ ま せ ん 。 ド ラ マ や 小 説 の ワ ン シ ー ン で 見 か け る よ う な 、 高 級 料 亭 で 美 味 し い も の を 食 べ な が ら 密 談 を し て い る と い っ た イ メ 1 ジ が お ほ ろ げ に 浮 か ぶ く ら い の も の で し よ 、 つ か そ し て 、 議 員 秘 書 の 仕 事 と な る と 、 政 治 家 以 上 に よ く わ か ら な い か も し れ ま せ ん 。 私 は か っ て 、 い わ ゆ る 年 体 制 下 の 自 民 党 で 国 会 議 員 秘 書 を し て い ま し た 。 そ ん な 経 歴 を 新 し く 知 り 合 っ た 方 々 に 話 す と 、 「 議 員 秘 書 っ て 、 い ろ い ろ と た い へ ん だ っ た で し よ う 」 と 言 わ れ ま す 。 政 治 家 が ス キ ャ ン ダ ル を 引 き 起 こ し た と き に 放 つ 「 私 は 存 じ ま せ ん 。 す べ て 秘 書 に 任 せ て お り ま し た 」 と い っ た セ リ フ を 思 い 起 こ し 、 そ ん な ふ う に 思 わ れ る よ う で す 。 国 会 議 員 は 、 終 身 雇 用 で は あ り ま せ ん 。 数 年 に 一 度 、 選 挙 の 洗 礼 を 受 け る こ と に な り ま す 。 国 会 議 員 に と っ て 、 何 か ス キ ャ ン ダ ル が 起 き る と 、 そ れ は 自 ら の 落 選 を 意 味 す る こ と に

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


炎 天 下 で 櫓 を 組 み 立 て る 作 業 は な か な か た い へ ん な も の で す が 、 秘 書 は 、 仕 事 の 一 つ と 割 り 切 っ て 黙 々 と そ の 作 業 を こ な し ま す 。 永 田 町 に お い て 、 秘 書 の 仕 事 や 位 置 づ け は 、 所 属 す る 政 党 や 議 員 ご と に 大 き く 異 な り ま す 。 当 然 、 勤 務 形 態 や 給 与 も 多 種 多 様 で す 。 秘 書 に 求 め ら れ る 素 養 も さ ま ざ ま で す が 、 絶 対 に 不 可 欠 な の は 「 忠 誠 心 」 で す 。 議 員 の 黒 子 と な っ て 働 き 、 政 治 に 集 中 で き る 環 境 を つ く る こ と に 力 を 注 ぐ た め の べ ー ス と な る の が 忠 誠 心 で す 。 秘 書 は 、 議 員 が 繁 栄 す る と き も 袞 亡 す る と き も 、 運 命 を と も に す る 運 命 共 同 体 で あ る こ と を 忘 れ て は い け ま せ ん 。 ひ と 口 に 「 秘 書 」 と い っ て も 、 企 業 の 役 員 秘 書 な ど の 採 用 は 派 遣 や 公 募 に よ る も の が 少 な く あ り ま せ ん が 、 議 員 秘 書 の 場 合 は 、 そ の 多 く が 後 援 会 や 信 頼 で き る 筋 か ら の 縁 故 採 用 で す 。 そ の 理 由 の 一 つ は 、 扱 う 情 報 の 機 密 性 の 高 さ 。 こ の 点 を 守 る た め に 、 信 頼 で き る 人 物 か ど う か は 最 も 大 切 な ポ イ ン ト で す 。 も う 一 つ の 理 由 は 、 議 員 本 人 と の 相 性 の よ さ が 必 要 だ か ら で す 。 心 か ら 敬 服 で き る か で き な い か が 、 業 務 遂 行 に 大 き な 影 響 を 及 ば し ま す 。 議 員 秘 書 に は 、 公 設 秘 書 、 私 設 秘 書 の 2 種 類 が あ り ま す 。 や ぐ ら

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


第 1 章 議 員 秘 書 こ そ 、 「 人 た ら し 」 の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル で あ る 地 元 入 り し た 際 の 宿 泊 費 も 自 腹 の 場 合 が 少 な く あ り ま せ ん 。 残 業 も 多 く 、 し か も 自 腹 を 切 ら な け れ ば い け な い 議 員 秘 書 と い う 仕 事 。 と に か く 、 ラ ク な も の で は あ り ま せ ん 。 国 会 議 員 を 支 え る 秘 書 は 、 そ の 議 員 が ど ん な ビ ジ ョ ン を 描 き 、 実 現 に 向 け 活 動 し て い る か を 代 弁 す る 大 事 な 広 報 担 当 の 役 割 も 兼 ね て い ま す 。 質 問 づ く り や 法 律 の 素 案 づ く り な ど は 秘 書 が 担 っ て い る こ と が 多 い よ う で す 。 こ れ は 議 員 本 人 の 関 心 事 は ポ ス ト や 次 の 選 挙 で あ る た め 、 政 策 づ く り を 真 剣 に 行 な っ て い る 議 員 は 少 な く 、 政 策 づ く り が 後 手 に 回 っ て し ま う こ と が あ る か ら で す 。 そ れ だ け 秘 書 が 携 わ る 仕 事 の 重 要 性 は 高 ま っ て い る の で す 。 日 常 的 に 秘 書 た ち に は 選 挙 区 内 の 担 当 地 域 が 割 り 振 ら れ て い て 、 担 当 地 域 の 票 の 取 り ま と め や 、 団 体 か ら の 推 薦 状 の 取 り 方 、 そ の 方 法 に つ い て は 一 任 さ れ て い ま す 。 一 任 、 つ ま り 、 担 当 地 域 の 全 責 任 を 負 っ て い る と い う こ と で す 。 重 要 な ミ ッ シ ョ ン は 議 員 の 当 選 で す が 、 い ま は 支 持 率 の 伸 び や 各 地 域 で の 得 票 数 な ど が 詳 細 に わ か る た め 、 仕 事 の 成 果 に つ い て も 精 査 さ れ る 場 合 が あ り ま す 。

議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術


第 3 章 「 な る ほ ど ! 」 と 思 わ す 唸 る キ ー バ ー ソ ン を 味 方 に つ け る 技 術 普 段 は 使 わ な い よ う な 難 し い 単 語 が 並 ん で い ま す か ら 、 そ の 部 分 に 引 っ 張 ら れ て 全 体 が 難 し く 感 じ て し ま 、 つ の で す 。 議 員 秘 書 は 日 々 の 活 動 の な か で 、 多 く の 有 権 者 と 接 す る 機 会 が あ り ま す 。 議 員 が 不 在 の 場 合 に は 、 有 権 者 が 国 政 の 行 方 や 、 議 員 の 方 向 性 な ど に つ い て 説 明 を 求 め て く る よ う な 場 合 が 少 な く あ り ま せ ん 。 議 員 秘 書 は 黒 子 の 存 在 で す か ら 自 ら の 意 思 で 政 策 を 述 べ る こ と は し ま せ ん が 、 「 先 生 の 方 向 性 は ど う な ん で す か 」 「 今 後 の 法 案 の 行 方 は ど う な る の で す か 」 と 聞 か れ れ ば 、 答 え な い わ け に は い き ま せ ん 。 さ す が に 、 有 権 者 に 対 し て 「 慚 愧 に 堪 え ま せ ん 」 「 虚 心 坦 懐 に 取 り 組 み ま す ー 「 粛 々 と 進 め ま す 」 と い う お 役 所 言 葉 は 使 い ま せ ん が 、 そ れ で も 確 約 を す る よ う な 話 は 絶 対 に し ま せ ん 。 「 代 議 士 は い つ も 、 国 益 の た め 国 民 の た め に 命 が け で 働 く と 言 っ て い ま す ー 「 党 で 発 表 し て い る 政 策 と 一 致 で す か ら 。 ま っ た く 方 向 性 は プ レ て い ま せ ん 」 な ど 、 自 分 の 意 思 を 持 っ こ と な く 、 一 言 葉 の 使 い 方 に 気 を つ け な が ら 発 言 を す る の で す 。 こ れ ら の こ と を 会 社 に 置 き 換 え て み ま し よ う 。 ざ ん き