検索 - みる会図書館

全データから 98951件ヒットしました。

贅沢入門


贅 沢 入 門 目 次

贅沢入門


贅 沢 入 門 目 次

贅沢入門


れ が 通 常 の 「 遊 び 」 と は 違 っ た 語 感 で 使 わ れ て い る こ と に 既 に お 気 づ き だ と 思 い ま す 。 「 贅 沢 入 門 と い う タ イ ト ル は 私 が 提 案 し ま し た 。 こ の 本 は 私 が 編 集 の リ ー ダ ー と な っ て い る ウ エ ブ マ ガ ジ ン 『 — 0 』 で の 連 載 「 福 田 和 也 の 『 目 』 ー を 、 テ 1 マ 別 に 再 編 集 し た も の で す (http: 、 、 、 、 」 ustice. i-mediatv. co. ぎ 、 、 ポ 1 タ ル サ イ ト 提 供 は 株 式 会 社 ア イ ミ デ ィ ア ) 。 「 贅 沢 ー と い う 言 葉 を 使 っ た ら ど う だ ろ う と 思 っ た の は 、 連 載 が 始 ま っ て 第 六 回 目 の 「 落 語 の 愉 し み を 読 ん だ と き で し た 。 「 立 川 談 志 や 文 楽 を お 供 に し て 、 街 を 歩 く な ん て い う の は 、 本 当 に 贅 沢 で す ー と い う 一 文 を 読 ん だ と き 、 も と も と は 何 で も 自 由 に 書 い て も ら う と い う 企 画 だ っ た の で す が 、 「 こ の 連 載 の テ 1 マ は 、 贅 沢 へ と 収 斂 し そ う だ な 」 と 思 い ま し た 。 そ の 予 感 を 訂 正 す る 必 要 を 感 じ た こ と は 、 そ の 後 一 度 も あ り ま せ ん で し た 。 本 書 の タ イ ト ル に 贅 沢 と い う 一 言 葉 を 使 う こ と は 、 や は り び っ た り だ っ た と 思 い ま す 。 あ ら た ま っ て 贅 沢 の 説 明 な ど し て い な い に も か か わ ら ず 、 こ の 本 に は 有 る べ き 贅 沢 の 姿 が 、 極 め て 雄 弁 に 溢 れ て い る か ら で す 。 す な わ ち 、 贅 沢 と は 、 た ん に 高 い お 金 を 使 う こ と で は な い 。 「 価 値 観 」 を は っ き り 定 め 本 書 を 推 薦 し ま す 227

るるぶ軽井沢 '12


定 番 香 り 高 い コ ー ヒ ー で 非 甘 党 も ト リ コ ! ? 世 界 の お 茶 専 門 店 竹 風 堂 ア ト リ エ ・ ド ・ フ ロ マ ー ジ ュ 杉 養 蜂 園 軽 井 沢 店 軽 井 沢 ロ ー タ リ ー 店 軽 井 沢 チ ー ズ ス イ ー ツ の 店 山 P ℃ 軽 井 沢 店 23 第 訂 諳 : ま 、 : 計 ・ ミ カ ド 珈 琲 の ・ モ カ ソ フ ト 。 自 家 製 の プ ル ー ベ ・ リ ー 100 % ジ ュ ー ス を 使 っ た 無 着 色 ・ 無 否 料 の ソ フ ト 。 プ ル ー ベ リ ー の さ わ や か な 酸 味 と 香 り が ロ 中 に 広 が る 。 一 旧 軽 井 沢 煎 り と な 苦 れ で 焙 煎 味 ら が ば ン で 深 風 ま の 喜 イ 社 た の こ も も ト ヒ カ 邯 イ 0 一 り 。 な 一 つ 4 コ 香 い 手 そ は ら り か あ た 信 店 自 , 気 ル 人 フ SAWAYA CAFÉ の カ レ ー ベ リ ー ソ フ ト ク リ ー ム ミ カ ド コ ー ヒ ー 軽 井 沢 旧 道 店 の 300 円 ソ フ ト ク リ ー ム で ひ ん や り し ま し ょ ー ハ チ ミ ツ が や さ し い 甘 さ を プ ラ ス 300 円 高 級 茶 葉 が 香 る 上 品 な 味 わ い 320 円 杉 養 蜂 園 軽 井 沢 店 の ソ フ ト ク リ ー ム 京 都 の 上 質 , い ま ・ な 宇 治 抹 茶 を 贅 沢 に 練 リ こ ん た 一 品 。 甘 さ 控 え め で 濃 い 抹 茶 の 味 - ! .3 を 堪 能 で き る 。 大 第 : 人 は も ち ろ ん 子 ど も に も 人 気 と か 。 世 界 の お 茶 専 門 店 LUPICIA 軽 井 沢 店 の 全 国 展 開 す る ハ チ ミ ・ ツ 専 門 店 の 自 信 作 。 ハ チ ミ ツ の 否 り と コ グ 砂 糖 と は ま た 違 う 自 然 な 甘 さ で ヤ ミ ッ キ に な り そ う ! ー ソ フ ト ク リ ー ム 変 わ り ・ す ぎ よ う ほ う え ん カ わ て ん ・ あ と り え ・ ど ・ ふ ろ ま ー じ か る い ざ わ ず す ・ の み せ ・ せ か し 、 の お ち や せ ん も ん て ん る び し あ か る し 、 ざ わ て ん か る い ざ わ ろ ー た り 一 て ん 00267-4 ト 4033 00267-42-3950 00267-42-6389 00267-4 ト 3084 四 付 録 ① 裏 B5 / 付 録 ② P5C1 四 付 録 ① 裏 C2 / 付 録 ② P7D3 四 付 録 ① 裏 B2 / 付 録 ② P7C3 四 付 録 ① 裏 B5 / 付 録 ② P5C1 小 布 施 栗 菓 子 の 老 舗 。 創 業 以 来 、 「 栗 生 チ ー ズ ケ ー キ 420 円 な ど 、 浅 間 山 麓 紅 茶 、 緑 茶 、 ハ ー ブ テ ィ ー な ど 世 界 各 熊 本 に 本 社 を 持 つ 創 業 40 余 年 の ハ お こ わ 」 1 人 前 651 円 ~ 、 栗 粒 あ ん 「 ど の 工 房 で 手 作 り す る チ ー ズ を 使 っ た ス チ ミ ッ 専 門 店 。 ハ チ ミ ツ が 入 っ た 巨 地 の 茶 葉 を 扱 う 。 サ ン ド イ ッ チ 320 円 や ら 焼 山 」 189 円 が 名 物 。 峰 や ユ ズ の ジ ュ ー ス は 210 円 。 パ ス タ 78 円 な ど 軽 食 も あ り 。 ィ ー ツ が 並 ぶ 。 0 軽 井 沢 町 軽 井 沢 12 ・ バ ス 停 旧 軽 井 0 軽 井 沢 町 軽 井 沢 6 ・ バ ス 停 旧 軽 井 0 軽 井 沢 町 軽 井 沢 601-1 チ ャ ー チ ス ト リ 0 軽 井 沢 町 軽 井 沢 2-1 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら す ぐ 朝 9 ~ 18 時 ( 8 月 は ~ 20 時 ) の 無 休 沢 か ら 徒 歩 6 分 ~ 18 日 無 イ 木 0 な し 沢 か ら 徒 歩 1 5 分 の 10 時 30 分 ~ 17 時 ( 季 節 に ー ト 軽 井 沢 1 階 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 3 分 朝 10 ~ 18 時 ( 季 節 に よ り 変 動 あ り ) 0 不 定 よ り 変 動 あ り ) の 不 定 休 0 な し 休 ( 7 ~ 10 月 は 無 休 ) 0 な し data

贅沢入門


る こ と で あ る 。 そ し て 必 要 が あ れ ば 、 そ の 価 値 に 応 じ た 金 銭 を 使 う こ と で あ る 、 と い う こ と で す 。 価 値 観 が 伴 っ た と き 遊 び は 、 贅 沢 へ と 昇 華 さ れ る の で す 。 と 、 言 葉 に し て し ま う と 野 暮 な の で 、 福 田 さ ん は 説 明 を 上 品 に 避 け て い ま す が 、 プ ロ の 書 き 手 で な い 私 な ら ば 、 説 明 書 き を し て し ま う 凡 庸 さ を 許 さ れ る 立 場 で し よ う 。 批 評 家 の 仕 事 は 、 価 値 を 示 す こ と で す 。 な ら ば 本 書 の 随 所 に 、 価 値 に つ い て 蒙 を 啓 か さ れ る 視 点 が ち り ば め ら れ て い る の は 、 ご く 自 然 な こ と で す 。 ち ょ う ど 連 載 開 始 か ら 一 年 間 が 経 っ た の で 、 本 に し た い 、 つ い て は タ イ ト ル は 「 贅 沢 入 門 」 で ど う だ ろ う と メ 1 ル を 送 っ た と こ ろ 、 思 い が け ず 央 諾 を 得 て 、 そ の タ イ ト ル で 発 刊 す る こ と に な り ま し た 。 通 常 は 、 「 い や 、 こ の タ イ ト ル で 」 と 修 正 が 入 り 、 そ ち ら で 決 ま る の が パ タ ー ン だ っ た の で す が さ て 、 私 は 連 載 の あ い だ 、 極 め て 便 利 な ガ イ ド と し て こ の コ ラ ム を 利 用 し て き ま し た 。 実 際 に 自 分 で 同 じ 場 所 に 行 っ た り 、 同 じ こ と を や っ た り し て み た の で す 。 と い う よ り も 、 要 す る に 便 利 な 虎 の 巻 が 欲 し く て こ の 連 載 を 続 け て い た と い う の が 本 音 の と こ ろ で す 。 お か げ で 極 め て 効 率 的 に 贅 沢 を 堪 能 す る こ と が で き ま し た 。 福 田 さ ん が こ こ に 書 い て い 228

あわわ 2016年 8月号


[ 贅 沢 プ レ ミ ア ム コ ー ス ( 2 時 間 飲 み 放 題 付 き ) ] ( 5 , 500 円 ) 。 阿 波 牛 な ど の 地 物 食 材 や 季 節 の 特 選 食 材 を 使 用 し た 当 店 ー 押 し コ ー ス ! 趣 向 を 凝 ら し た 個 室 が 大 小 全 17 室 ! 徳 島 の 食 材 を 使 用 し た 料 理 は 、 ア ラ カ ル ト か ら フ ル コ ー ス ま で 幅 広 く 取 り 揃 え る 。 落 ち 着 い た 和 風 の 部 屋 、 贅 沢 な 雰 囲 気 の Ⅵ 円 レ ー ム 、 80 名 入 れ る / ヾ ー テ ィ ー 会 場 な ど 、 さ ま ざ ま な シ ー ン に 対 応 。 阿 波 牛 や 太 刀 魚 な ど の 地 物 食 材 や 、 季 節 の 特 選 食 材 を 使 用 し た [ 贅 沢 プ レ ミ ア ム コ ー ス ] 、 阿 波 牛 の ロ ッ ク ス テ ー キ を メ イ ン と し た [ 贅 沢 プ レ ミ ア ム 『 極 み 』 コ ー ス ] は こ の 夏 の オ ス ス メ 。 ー め ん 処 ま ご こ ろ ー ■ ロ TlTf 上 / [ 贅 沢 プ レ ミ ア ム 『 極 み 』 コ ー ス ( 2 時 間 飲 み 放 題 付 ) ] ( 6.500 円 ) 。 ワ ン ラ ン ク 上 の ス ペ シ ャ ル コ ー ス 。 下 / 囲 炉 裏 の 間 は 、 喧 騒 か ら 離 れ た 特 別 空 間 。 予 約 時 に 「 阿 波 お ど り ガ イ ド を 見 た 」 と 伝 え れ ば 、 両 コ ー ス ( 飲 み 放 題 付 き ) が と も に 500 円 引 き に 県 庁 A 組 屋 町 セ プ ン ア ク テ ィ 21 秋 郷 里 ア ー ク ビ ル tel.088-653-6789 ・ 徳 島 市 栄 町 1 -10 ( 福 徳 ビ ル 2F) ・ 阿 波 牛 ロ ッ ク ス テ ー キ 950 円 ・ 営 / 1 8 : 00 ~ 24 : 00 ・ 徳 島 産 太 刀 魚 の 炙 り 刺 し 930 円 ( 金 、 土 曜 、 祝 前 日 は 翌 1 時 ま で ) ・ 鳴 門 金 時 の 春 巻 き 600 円 ・ 休 / 不 定 休 ・ 席 / 200 席 ・ P/ な し ・ カ ー ド / 使 用 可 ・ 喫 煙 可 お す す め 書 前 店 園 ・ シ ダ ッ ク ス 徳 島 駅 か ら 歩 い て 15 分 ・ 平 均 予 算 ( 1 名 ) ・ 5 , 000 円 ~ ラ ・ 電 ー 上 / 『 空 と ぶ か ら あ げ 』 は 、 お 笑 い 芸 人 TKO ・ 木 下 の オ カ ン が プ ロ デ ュ ー ス す る か ら あ げ 店 。 塩 ダ レ で 下 味 を つ け 、 栄 養 豊 富 な 米 油 で 調 理 。 ひ と ロ 食 べ れ ば 、 ロ 内 に 旨 味 が 広 が る 。 か ら あ げ は 店 内 で 販 売 中 。 下 / 屋 根 に 飾 ら れ た 大 き な 提 灯 が 目 印 。 那 賀 川 橋 [ ざ る う ど ん ] ( 650 円 ) 、 [ と リ マ ヨ 丼 ] ( 540 円 ) 、 [ 手 羽 中 ] ( 5 本 300 円 ) 。 ど れ も ボ リ ュ ー ム た っ ぷ リ 。 帰 っ て き た 絶 品 う と ん ! か ら あ け も 味 わ っ て 惜 し ま れ な が ら 閉 店 し た 阿 南 の 名 店 『 ま ご こ ろ 』 が 再 オ ー プ ン ! 先 代 か ら 引 き 継 い た 味 を も と に 、 さ ら に コ シ を 強 め た 麺 は 、 う ど ん の 美 味 し さ を よ り 味 わ う こ と が で き る と 評 判 。 一 緒 に 楽 し み た い の が [ と り マ ヨ 丼 ] と い っ た か ら あ げ メ ニ ュ ー 。 じ つ は こ ち ら 、 『 フ ジ グ ラ ン 阿 南 店 』 や 『 バ チ ン コ 123 』 の 駐 車 場 に 出 店 す る 『 空 と ぶ か ら あ げ 徳 島 』 が 運 営 。 一 度 で ニ 度 美 味 し い う ど ん 店 へ GO ! PR PAGE teL0884-24-3335 ・ 阿 南 市 宝 田 町 今 市 中 新 開 8-1 ・ 営 / 1 1 : 00 ~ 19 : 00 ( 20 : 00 ま で 延 長 可 能 ) ・ 休 / 月 曜 ・ 席 / 72 席 ・ P / 25 台 ・ カ ー ド / 使 用 不 可 ・ 禁 煙 お す す め 富 岡 西 高 ま ご こ ろ ・ . 高 南 業 ・ 肉 う と ん 700 円 ・ き つ ね う ど ん 550 円 ・ 手 羽 元 150 円 ヾ ェ ル モ 県 道 4 阿 南 駅 か ら 車 で 10 分 ・ 平 均 予 算 ( 1 名 ) ・ 1 ,OOO 円 ~ 32 ( 068 )

るるぶ群馬 '14 関東①


旧 軽 銀 座 邏 江 戸 時 代 に 旅 人 が 行 き 交 っ た 旧 中 山 道 の 一 部 。 明 治 以 降 は 別 荘 地 と し て 発 展 し 、 外 国 人 避 暑 客 の た め の 商 店 街 と し て に ぎ わ っ ー た 今 で も 新 旧 さ ま ざ ま な 店 が 立 ち 並 ぶ 。 旧 軽 銀 座 通 り っ て ど ん な ト コ ロ ? 軽 井 沢 一 に ぎ や か な 商 店 街 名 物 グ さ が し 別 荘 族 に 愛 さ れ る 老 舗 か ら 最 新 の シ ョ ッ プ ま で 400 軒 も の 店 が 集 ま る 一 旧 軽 銀 座 通 り 。 食 べ 歩 き し た り 、 み や げ を 探 し た り し な が ら 散 策 を 楽 し も う ) ・ じ や む こ ば や し 2 レ ヾ ー ブ ド て 昭 和 24 年 ( 1949 ) に 青 果 店 と し て ス タ ー ト し 、 亡 命 し た ロ シ ア 人 か ら 教 わ っ た 叝 ム ャ 製 法 で ジ ャ ム を 作 る 。 地 元 産 の 花 豆 や キ 軽 井 沢 こ ば や し ム ー ム ノ コ を 使 っ た 総 菜 も 揃 う 。 の 0 長 野 県 軽 井 沢 町 軽 井 沢 710 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 10 分 の 10 ~ 18 時 ( 夏 期 は 延 長 ) ・ プ ジ ャ ム の 水 ・ ( 祝 日 は 営 業 、 夏 期 は 無 休 ) 0 な し 285g630 円 浅 間 高 原 産 の ル バ ー ブ を 使 0 た フ ル ー テ ィ な ジ ャ ム 。 す 0 き り と し た 酸 味 が 特 徴 ・ か る い ざ わ マ ヨ シ 不 動 蓄 ー ジ ャ ム こ ば や し 0267-42-2622 MAP P47 ( 5 0267-42-1424 MAP P47B4 軽 井 沢 芳 光 本 店 信 州 産 の 新 鮮 な 果 物 や 野 菜 を 使 っ た ジ ャ ム や デ リ 、 デ ィ ッ プ な ど の オ リ ジ ナ ル 商 品 を 販 売 す る 。 季 節 ご と に 登 場 す る 新 商 品 に も 注 目 た 。 0 長 野 県 軽 井 沢 町 軽 井 沢 628 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 朝 9 ~ 18 時 ( 季 節 変 動 あ り ) 0 不 定 休 0 な し お 瑞 い 々 を 果 軽 井 沢 の 名 門 、 万 平 ホ テ ル で べ 凝 物 ー カ リ ー チ ー フ を 務 め た 初 代 が 縮 の 昭 和 26 年 ( 1951 ) に 開 業 。 な が ら の 製 法 で 作 る 約 80 種 類 の バ ン が 店 頭 に ス ラ リ と 並 ぶ 。 0 長 野 県 軽 井 沢 町 軽 井 沢 618 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 朝 8 ~ 17 日 休 ( 冬 期 は ) 0 な し こ ん な と こ 3 バ ン ロ ー ル ・ 3 円 卵 と 牛 乳 を た っ ぷ り 使 用 。 や さ し い 味 わ い で 幅 広 い 年 齢 層 に 人 気 の 一 品 の 。 ン プ レ ー ン ヨ ー グ ル ト ア イ ス ク リ ー ム を お い し く い た た く ・ 明 治 時 代 に 宣 教 師 が 広 め た 歴 史 あ る 避 暑 地 ・ 高 原 ら し い カ フ ェ や レ ス ト ラ ン が 充 実 ・ ア ウ ト レ ッ ト で シ ョ ッ ビ ン グ が 楽 し め る ・ ふ ら ん す べ ー か り 一 フ ラ ン ス ペ - カ リ - 0267-42-2155 MAP P47B4 ノ 付 録 ② P9 軽 井 沢 観 光 案 内 所 ( 軽 井 沢 駅 内 ) : 観 光 会 館 広 域 マ ッ プ フ ラ ン ス パ ン 305 円 表 面 は パ リ ッ と 、 中 は も っ ち り と 焼 き 上 げ た 店 の 看 板 商 品 。 ハ ー フ は 168 円 門 谷 0267-42-2491 谷 0267-42-5538 ロ 合 先 フ ル ー ッ ソ ー ス 556 円 果 肉 と 果 汁 が た っ ぷ り 入 っ た 贅 沢 な ソ ー ス 。 一 番 人 気 は フ ル ー ツ ミ ッ ク ス ク イ ッ ク ! ア ク セ ス チ ャ ー ト バ ス 電 車 旧 軽 銀 座 通 り 定 番 ン プ ト ク リ ー ム 0 ・ み か ど こ 一 ひ ー か る い さ わ き ゅ う ど う て ん ミ カ ド コ ー ヒ ー 軽 井 沢 旧 道 店 れ 0267-42-2453 MAP P47B5 ・ さ わ か ふ え SAWAYA CAFE 駅 長 野 新 幹 線 京 井 東 約 1 時 間 1 分 軽 辻 池 西 武 矗 ハ 内 殳 り な ど 駅 沢 里 の 沢 約 4 分 井 を 笠 沢 泉 4 駅 矧 関 越 道 5 上 信 越 道 氷 0 00 軽 約 2 軽 練 約 0267-42-8412 MAP P47A5 ロ 軽 ~ 老 舗 ジ ャ ム 店 、 沢 屋 の 姉 妹 店 1950 年 代 に 軽 井 シ 。 井 沢 で 人 気 を 集 め た ロ シ ア 料 王 鋸 の 味 を 、 忠 実 に 再 ア 尺 現 し た ヒ 。 ロ シ キ が 看 板 メ ニ ュ ー た 。 粤 伝 0 き 3 18 話 ( 量 節 変 ら あ り ) 無 休 6 な し 旧 軽 井 沢 の 280 円 ビ ロ シ キ キ 粗 挽 き の 肉 や ゆ で 卵 な ど 、 具 が ぎ っ し り 。 本 場 ロ シ ア 昭 和 23 年 ( 1948 ) 創 業 の コ ー ヒ ー ロ ー ス タ ー の 直 営 店 。 名 物 の モ カ ソ フ ト を 求 め て 、 繁 忙 期 は 店 頭 に 行 列 が で き る 。 カ フ ェ も 併 設 。 0 長 野 県 軽 井 沢 町 軽 井 沢 786-2 ・ バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 3 分 の 10 ~ 17 時 ( 季 節 変 動 あ り ) の 不 定 休 ( 夏 期 は 無 休 、 要 問 合 せ ) 0 な し 1

贅沢入門


初 出 年 月 日 ( 特 に 表 記 の な い も の は す べ て 2001 年 ) 寿 司 と 天 ぶ ら と 日 本 橋 ・ 京 都 の 食 ・ ・ フ ラ ン ス 料 理 の 再 興 ・ ・ ワ イ ン の 愉 し み ・ 入 門 ・ 私 に と っ て の イ タ リ ア 料 理 ・ ・ 中 華 料 理 の 話 ・ 落 語 の 愉 し み ・ ・ N ゲ ー ジ ・ ・ 奥 志 賀 ス キ ー の 贅 沢 ・ ・ 娘 と 観 る 映 画 ・ プ ル ー ト レ イ ン ・ ・ デ ザ イ ン 家 具 と 若 者 文 化 ・ ・ 散 歩 で 発 想 ・ 漢 籍 の 素 養 ・ 大 学 を 考 え る パ ソ コ ン の 自 由 と 憂 鬱 ・ ・ 「 地 ひ ら く 」 ・ ・ 現 代 恋 愛 考 ・ ・ ナ ポ リ が 日 本 に 問 う こ と 京 都 の 街 、 二 一 世 紀 へ の 宿 題 ・ 地 方 都 市 & 高 知 ・ ホ テ ル と 日 本 式 の 「 埋 没 」 香 港 の 斜 陽 と 魅 力 ・ カ ー ナ ビ の あ る ヴ ァ ケ ー シ ョ ン ・ ・ な ぜ 私 た ち は 奈 良 に 行 か な い の か ・ ( 7 月 13 日 ) ・ ( 4 月 27 日 ) ・ ・ ・ ( 3 月 30 日 ) ・ ( 6 月 1 日 ) ・ ・ ・ ( 11 月 2 日 ) ・ ・ ・ ( 11 月 16 日 ) ・ ・ ・ ( 2 月 16 日 ) ・ ( 3 月 2 日 ) ・ ・ ( 4 月 13 日 ) ・ ・ ・ ( 7 月 27 日 ) ・ ・ ・ ( 8 月 10 日 ) ・ ( 9 月 7 日 ) ・ ・ ( 5 月 22 日 ) ・ ・ ・ ( 6 月 15 日 ) ・ ・ ・ ( 20g 年 12 月 15 日 ) ・ ・ ・ ( 6 月 29 日 ) ・ ・ ( 9 月 21 日 ) ・ ・ ( 10 月 5 日 ) ・ ・ ( 208 年 11 月 17 日 ) ・ ・ ( 2000 年 12 月 29 日 ) ・ ・ ( 1 月 19 日 ) ・ ・ ( 2 月 2 日 ) ・ ・ ( 3 月 16 日 ) ・ ・ ・ ( 8 月 24 日 ) ・ ・ ( 10 月 19 日 )

現代日本の文学 28 舟橋 聖一 集


「 む ろ ん 、 な い 。 ・ テ モ に 関 心 を も っ た ら 、 僕 の 信 条 は 崩 れ 去 る 。 デ モ を 虚 偽 と 見 る と こ ろ に 、 自 分 の 夢 を 生 み 出 す の さ ご ろ も だ か ら : : : 人 間 の 幸 福 は 、 贅 沢 が 出 来 る と こ ろ に あ る 。 僕 英 子 が そ の 日 、 図 書 館 で 、 な ぜ 「 狭 衣 物 語 」 を 読 ん だ か ぶ ん き に は 、 全 学 連 の 人 た ち の い う 、 危 機 感 が な い ン で す 」 と い う と 、 文 亀 三 年 九 月 、 三 条 西 実 隆 が 、 「 狭 衣 物 語 」 に ち ょ っ と む ろ ま ら だ い と す ま し て 云 う の で 、 英 子 は 一 寸 、 お ど ろ い た 。 取 材 し て 自 作 し た 「 狭 衣 の 能 」 が 、 室 町 第 で 、 観 世 小 次 郎 「 た と え ば 西 欧 の 音 楽 な ん て 、 贅 沢 の 中 か ら だ け 出 て き た 信 光 に よ っ て 演 じ ら れ 、 彼 も と く に 招 か れ て 観 能 し た と き も の で し よ う 。 贅 沢 を 否 定 す れ ば 、 あ あ い う 音 楽 は 聴 け な の ノ ー ト を 取 っ た の で 、 原 典 を 一 読 し て お く 必 要 が あ っ た か ら だ 。 文 亀 三 年 と い え ば 、 一 五 〇 三 年 で あ る 。 英 子 が そ 「 で は 、 楽 器 な ん か も 、 贅 沢 な も の で な く っ ち や ア 駄 目 な ん な 古 い 時 代 に 焦 点 を 合 わ そ う と す る の は 、 明 日 に 迫 る 国 ふ う じ ん か っ の ? ニ ッ ポ ン 製 で は な く っ て 、 た と え ば イ タ リ ヤ の も の 会 請 願 デ モ の 風 塵 の 外 に 出 よ う と し て 、 意 識 的 に 心 中 の 葛 と か ー ー 」 藤 か ら 逃 け る た め で あ っ た ろ う 。 そ の 晩 、 お そ く な っ て 、 「 む ろ ん 、 そ う で す : : : 片 森 さ ん の 顔 を 美 し い と 認 識 す る 布 原 タ マ が 帰 っ て き た 。 こ う ふ ん ン だ っ て 、 こ れ は 贅 沢 を 認 め る と こ ろ か ら 生 れ て く る も の 彼 女 は 明 ら か に 亢 奮 し き っ て い る 風 だ っ た 。 で す よ 。 贅 沢 の わ か ら ぬ 者 に 、 あ な た の 美 は わ か ら な い ー 「 警 官 隊 は 五 千 人 ほ ど 出 動 す る そ う だ か ら 、 負 傷 者 も 相 当 「 と ん で も な い 、 私 な ん て ー ー 」 出 る だ ろ う と 思 う の 」 「 い や 、 片 森 さ ん の よ う な 美 し い 人 と 、 世 に も 驚 く よ う な 布 原 は 、 入 浴 時 間 が 切 れ 、 も う 入 れ な い か ら と い っ て 、 贅 沢 な 旅 行 が し て み た い : ・ : 理 想 だ な ア : : : そ の た め に 洗 面 器 に 水 を 汲 ん で き て 、 冷 水 摩 擦 を や り 出 し な が ら 、 英 も 、 デ モ な ん か に 行 か な い で 下 さ い よ 。 頼 み ま す よ 」 子 に 話 し か け た 。 イ と 、 彼 は 手 を 合 わ せ た 。 こ ん な 学 生 と っ き 合 っ て 、 珈 琲 「 そ れ で ど う な の : : : 片 森 さ ん は ? 」 ル を 呑 ん だ り し た の は 、 英 子 に も は じ め て の 経 験 だ っ た 。 要 「 お タ マ 。 カ ン ニ ン し て 」 ネ す る に 、 全 学 連 ば か り 見 て い る と 、 み な 政 治 的 学 生 に 見 え 「 仕 方 が な い わ 。 無 理 に つ て わ け に も い か な い か ら : : : で て く る け れ ど 、 同 じ 大 学 の 中 に も 、 師 井 の よ う な 保 守 派 も も 、 残 念 だ な ア , い れ ば 、 織 野 の よ う な 贅 沢 派 も い る の で あ っ た 。 英 子 は そ 段 々 に 布 原 は 、 ス ラ ッ ク ス も ぬ い で 、 パ ン テ ィ 一 つ だ っ れ を 知 ら な さ す ぎ た と 反 省 し た 。 く こ 0

まっぷる 秋田 角館・乳頭温泉郷 田沢湖・白神山地 '15 (まっぷるマガジン)


0 編 を 沢 沢 の 立 ち 寄 り ス ポ ッ ト 川 原 毛 地 獄 火 山 活 動 で 生 ま れ た 不 思 議 な 景 色 青 森 の 恐 山 、 富 山 の 立 山 と 並 ぶ 、 日 本 の 三 大 霊 地 の ひ と つ 。 山 全 体 が 山 肌 を 露 出 し 、 あ ち こ ち か ら 硫 黄 や 水 蒸 気 が 噴 き 出 し て い る 。 ( 湯 沢 市 ま る ご と 売 る 課 ) 見 学 自 由 ( 11 月 上 旬 ~ 5 月 上 旬 は 道 路 閉 鎖 ) 250 ・ 台 所 湯 沢 市 高 松 川 原 毛 、 、 」 R 湯 沢 駅 か ら 車 で 45 分 荒 京 と し た 風 景 が 広 が る 佐 藤 養 助 総 本 店 ー 一 , 稲 庭 う ど ん と い で 湯 の 里 角 門 外 不 出 の 技 に よ る こ た わ り の 味 て え こ 湯 し 手 ・ - 」 2 る の 沢 が 延 な 代 こ 製 市 特 べ わ ど 心 門 地 稲 に 長 し 、 歴 史 を 誇 る 稲 庭 う ど ん の 老 舗 で 、 門 配 外 区 庭 よ 助 し 不 で 一 る 外 不 出 、 一 子 相 伝 の 技 と 伝 統 を 受 け 継 い に た 出 、 強 で い る 。 ツ ル リ と し た 喉 ご し と コ シ の 強 O お み や げ に 最 適 な 伝 稲 だ 佐 ん い し 、 味 わ い は 稲 庭 う ど ん な ら で は の も の 。 稲 庭 干 饂 飩 の , ッ ク ー 冬 庭 つ 帋 コ お 徳 用 850g1575 円 れ 佐 兵 O と 田 乳 0183-43-2911 。 沢 頭 △ 藤 、 篦 0 1 1 : 00 ~ 1 7 : 00 ( 販 売 は 9 : 00 ~ 湖 温 見 学 は 9 : 00 ~ 16 : 00 ) 無 休 目 吉 子 よ 以 ル 目 せ い ろ 750 円 、 ニ 味 せ い ろ 850 大 郷 左 相 つ 上 リ 円 、 ニ 味 天 せ い ろ 1550 円 250 至 ェ 伝 て 前 と 台 所 湯 沢 市 稲 庭 町 稲 庭 80 」 R 湯 沢 駅 か ら 車 で 20 分 い に 技 現 た ー よ が つ 在 喉 。 っ 絶 た の ご 一 0 工 場 見 学 や う ど ん 作 り も 体 験 で き る 男 秋 鹿 田 山 座 敷 で ゆ っ た り 味 わ う 、 稲 庭 う ど ん の コ ー ス 料 理 秋 田 名 物 の ひ と つ 、 稲 庭 う ど ん や 、 ' 800 年 の 歴 史 を も っ 川 連 漆 器 で 知 ら れ る 。 そ の 名 の と お り 温 泉 も 豊 富 で い 小 安 峡 温 泉 な ど 多 彩 な 温 泉 が 旅 情 を 盛 り 上 げ る 。 日 本 三 大 う ど ん päge MAP 33 付 録 P. 8 ト 4 501-0599 0 的 e 稲 庭 う ど ん 処 佐 藤 養 助 養 心 館 八 幡 平 十 和 田 湖 蔵 座 敷 と 3 つ の 個 室 で 贅 沢 に 食 事 が 楽 し め る 。 う ど ん 点 心 や 季 節 こ と の 創 作 料 理 な ど を 、 一 ゆ っ く り と 味 わ い た い 。 完 全 予 約 制 。 0183-72-41 〃 1 1 : 00 ~ 15 ! ℃ 0 、 1 7 : 00 ~ 22 : 00 月 曜 懐 石 コ ー ス ( 昼 ) 2100 円 ~ 、 ( 夜 ) 3 1 5 0 円 ~ 210 台 所 湯 沢 市 古 館 町 3-7 ′ - 、 手 の 」 R 湯 沢 駅 か ら 車 で 一 、 、 、 す ぐ 佐 助 総 本 店 。 ィ , ゎ ◆ = 味 ・ 0 、 信 段 ) 000 円 0 カ ツ オ の た し が 利 い た 醤 油 つ ゆ と 、 風 味 豊 か な ゴ マ 味 噌 つ ゆ の 両 方 が 味 わ え る 湯 沢 市 川 連 漆 器 伝 統 工 芸 館 西 馬 音 内 盆 踊 り に ぎ や か な 囃 子 と 優 雅 な 舞 秋 田 を 代 表 す る 伝 統 工 芸 に 触 れ る 鎌 倉 時 代 に 誕 生 し 、 明 治 の 技 術 開 発 を 経 て 庶 民 日 本 三 大 盆 踊 り の ひ と つ 。 美 し い 端 縫 し 、 衣 装 や 生 活 に 定 着 し た 川 連 漆 器 の 歴 史 を 紹 介 し た り 、 藍 染 め の 浴 衣 に 、 鳥 追 い 笠 ま た は 黒 し 、 彦 三 頭 巾 作 品 を 展 示 ・ 販 売 す る 。 沈 金 や 蒔 絵 の 実 演 を 見 る を か ぶ っ た 踊 り 手 が 、 約 300m の 通 り を 埋 め る 。 こ と が で き 、 希 望 す れ ば 体 験 も で き る 。 野 性 的 な 囃 子 と 優 美 な 舞 が 、 独 特 の 雰 囲 気 。 MAP 寸 録 213 ( -6 pa - 0 稲 庭 松 花 堂 弁 当 1575 円 ~ 0183-73-2 ⅱ 1 ( 湯 沢 市 ま る ご と 売 る 課 ) MAP 、 録 P.. 8 ・ ロ ア ク セ ス 横 手 沢 問 し 哈 わ せ イ 0183-42-2410 9 : 00 ~ 17 : 00 無 休 目 入 館 / 0183-62-2111 無 料 、 沈 金 ・ 蒔 絵 体 験 1000 円 ~ 230 台 所 湯 沢 市 ( 羽 後 町 観 光 物 産 協 会 ) 川 連 町 大 館 中 野 142-1 」 R 湯 沢 駅 か ら 羽 後 交 通 バ 8 月 1 6 ~ 1 8 日 、 ス 小 安 温 泉 行 き 19 : 30 ~ 23 : 00 ( 最 終 で 20 分 、 稲 川 中 日 は ~ 23 : 30 ) 学 校 前 下 車 、 徒 21700 台 新 羽 後 歩 7 分 町 西 馬 音 内 本 町 通 り 周 辺 」 R 湯 沢 駅 か ら 車 で 15 分 四 付 録 3 D ・ 6 5 -0183 四 付 録 P. 13 ( -6 独 特 の ミ ス テ リ ア ス な 雰 囲 気 か 観 客 な ) て を 見 て 、 触 れ て 、 、 : , 、 を 魅 了 す る 購 入 で き る 103 四 付 録 P. 8 ト 5 500-0182 page 95