検索 - みる会図書館

全データから 212146件ヒットしました。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


5 分 後 に 意 外 な 黠 末 0 赤 い 悪 夢 Gakken

小説推理 2017年1月号


悪 夢 に け る 橋

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


5 分 後 に 意 外 黠 耒 ・ 赤 い 悪 夢 20 日 年 に 月 日 20 ワ 年 3 月 24 日 第 一 刷 発 行 第 ワ 刷 発 行 発 行 人 編 集 人 編 集 長 発 行 所 印 刷 所 DTP 装 丁 イ ラ ス ト 編 集 ・ 構 成 編 集 協 力 ・ お 客 様 へ 金 谷 敏 博 川 畑 勝 目 黒 哲 也 株 式 会 社 学 研 プ ラ ス 〒 ト 84 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 新 後 閑 小 酒 井 祥 悟 (Siun) LISI 桃 戸 ハ ル 高 木 直 子 木 野 整 ー に の 本 に 関 す る 各 種 お 問 い 合 わ せ 先 】 く 電 話 の 場 合 〉 〇 編 集 内 容 に つ い て は 003 ー 643 同 580 ( 編 集 部 直 通 ) 〇 在 庫 ・ 不 良 品 ( 乱 丁 ・ 落 丁 な ど ) に つ い て は 003-643 ト Ⅱ 97 ( 販 売 部 直 通 ) く 文 書 の 場 合 〉 〒 図 ト 84 旧 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 学 研 お 客 様 セ ン タ ー 「 5 分 後 に 意 外 な 結 末 ① ー 係 〇 こ の 本 以 外 の 学 研 商 品 に 関 す る お 問 い 合 わ せ は 下 記 ま で 003 ー 643 同 002 ( 学 研 お 客 様 セ ン タ ー ) ISBN 978 ー 4 ー 05-203895 ー 2 NDC913 円 8P 18.7cm 本 書 の 無 断 転 載 、 複 製 、 複 写 ( コ ビ ー ) 、 翻 訳 を 禁 じ ま す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 の 利 用 で あ っ て も 、 著 作 権 法 上 、 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 複 写 ( コ ピ ー ) を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 日 本 複 製 権 セ ン タ ー http:〃www.jrrc.0「.jp/ E-maiI:[email protected] 003 ー 340 ト 2382 囿 く 日 本 複 製 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 学 研 の 書 籍 ・ 雑 誌 に つ い て の 新 刊 情 報 ・ 詳 細 情 報 は 、 下 記 を ご 覧 く だ さ い 。 学 研 出 版 サ イ ト http:〃 hon. gakken.jp/

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


羽 月 は ど こ か わ か ら な い 赤 い 場 所 に い た 。 き り 赤 い 霧 で 辺 り は 見 え な い 。 足 を 踏 み だ そ う に も 、 そ の 先 に 何 が あ る の か も わ か ら ず に は 無 理 あ か む ら さ き 立 ち 尽 く し て い る と 、 霧 が 左 右 に 退 く よ う に 晴 れ た 。 爛 れ た 肉 の よ う な 暗 い 赤 紫 色 の 闇 が 広 が っ て い る 。 羽 月 は と っ ぜ ん 、 こ こ が ど こ か を 知 っ た 。 ( あ の 夢 だ ! ) 繰 り 返 し 見 る 悪 夢 の 中 に い る 。 立 っ て い る 地 面 も 、 遠 く に 見 え る お 堂 の よ う な 建 物 も 、 す べ て こ の イ ヤ な 色 に 塗 り つ ぶ さ れ た 場 所 。 ( あ あ 、 あ あ : : : ) 気 付 い た 途 端 に 。 膝 が 震 え は じ め た 。 ま た 始 ま る 。 あ れ が 始 ま る ー づ き 三 密 の 影 ひ そ か ひ ぎ た だ ー や み

ゲンロン3 脱戦後日本美術


た 、 ご し 、 そ れ を 誰 も 証 明 す る こ と は で き な い 。 証 明 す る こ と が で き な い 悪 魔 の 証 明 。 ま っ た く 意 味 の な い 体 験 。 「 驚 か れ ま し た か 」 「 な に が 」 「 経 過 し た 時 間 の 短 さ に 」 「 い や 、 知 っ て い た 」 リ ム ジ ン の 後 部 座 席 で 、 霧 島 は 前 方 に 顔 を 向 け た ま ま 、 ち ら り と 視 線 だ け を 動 か し て こ ち ら を 見 た 。 赤 い 髪 が タ 日 に 照 ら さ れ て さ ら に 赤 く 染 ま っ て い る 。 「 い っ か ら 、 で す か 」 「 最 初 か ら 知 っ て い た よ 」 「 嘘 で す ね 」 「 あ あ 、 嘘 だ 」 そ の 驚 き す ら ぼ く の 退 こ の ク ソ の よ う に 長 い 悪 夢 が た っ た 分 だ っ た こ と に 驚 き を 禁 じ 得 な い が 、 屈 の 前 で は マ ッ チ 一 本 の 明 か り 程 度 の も の だ 。 数 秒 の 燃 焼 。 や が て す ぐ に 灰 に な る 感 情 。 そ れ か ど う し た と い う ん だ ? こ 「 タ イ ム ト ラ ベ ル を し て い よ う が し て い ま い が 、 ど っ ち で も い し の ぼ く の 体 験 が 分 だ っ た ? だ か ら ど う し た と い う ん だ 」 す ぐ に 退 屈 に 襲 わ れ 、 ぼ く は 外 を 見 る 。 壁 が 、 夕 日 を 受 け て 真 っ 赤 に 染 ま っ て い た 。 車 窓 か ら 見 え る フ レ ー ム 建 築 の コ ン ク リ ー ト 灰 色 の 牛 乳 パ ッ ク が 並 ん だ よ う な 景 色 は 、 ま る で レ ゴ で 作 ら れ た 町 だ ど こ の 国 で も な い 、 新 し い 風 景 。 き り し ま 霧 島 時 彫 家 の 優 秀 な メ イ ド 。 右 目 が 義 眼 。 海 猫 沢 め ろ ん 52 7 デ ィ ス ク ロ ニ ア の 鳩 時 計 午 後 の 部 Ⅲ

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


リ エ ン カ は 通 い 慣 れ た 学 園 へ の 道 を 歩 み つ つ 、 今 朝 の レ ン バ ル ト の 様 子 を 思 い 出 し て い た 。 い つ の 頃 か ら か 、 あ の 赤 黒 い 悪 夢 が レ ン バ ル ト が 見 る そ れ だ と 気 づ い て い た ー ー 否 、 本 当 に 確 信 し た の は 三 年 前 の こ と だ 。 こ く え ん お お リ エ ン カ も 見 た あ の 悪 夢 ー ー 人 々 の 悲 鳴 と 絶 叫 と 絶 望 の み が 支 配 す る あ の 黒 焔 が 覆 い 尽 く す 世 界 。 や ど そ れ を 胸 に 宿 し て い る の が 他 な ら ぬ レ ン バ ル ト で あ る こ と を 、 彼 女 は 直 感 と し か 呼 び よ う の な い 感 覚 で 察 知 し た 。 な せ 、 レ ン バ ル ト が そ ん な 夢 を 見 る の か は 知 ら な い 。 け れ ど 、 夢 の な か の 人 々 の 悲 鳴 も 苦 痛 も 本 物 で : : : そ れ ら の せ い で 彼 が こ の 上 な く 苦 し ん で い る こ と は 理 解 で き た 。 苦 し ん で な ど ほ し く な い

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


ん 、 生 駒 の 出 て い っ た あ と は 、 彼 女 一 人 き り だ 。 な ぜ あ の 人 と 同 じ 香 り が あ る の か と 問 う て も 、 答 え が 出 る わ け が な か っ た 。 羽 月 は 口 元 を き つ く 結 ん だ 。 あ の 悪 夢 の 後 遺 症 だ ろ う か 、 ひ ど く よ く な い こ と の 起 こ り そ う な 予 感 だ け が あ る 。 ふ ′ 」 う ふ い に そ っ と し て 、 羽 月 は 自 分 の 肩 を 抱 い た 。 妙 な 符 合 が あ っ た 。 ト シ ャ の 死 亡 報 道 の 時 、 つ じ し た あ ん な 辻 下 杏 奈 は 何 て 叫 ん で い た ? 『 だ っ て ト シ ャ は 浮 気 し て た の ! 』 う そ 『 俺 そ ん な の 使 っ て な い な ん て 、 嘘 つ い て 「 香 水 を 変 え た 」 と 責 め た 杏 奈 。 「 変 え て い な い 」 と 嘘 を つ い た ト シ ャ 。 嘘 、 で は な い の か も し れ な い 。 ( だ っ て 、 今 、 現 に あ た し が 。 あ っ ) 赤 い 夢 ー 羽 月 に 触 れ よ う と し て い た あ の 霧 は 、 あ の 男 の 纏 っ て い た も の に 似 て い た 。 の ( 似 て い る ? う う ん 、 そ の も の か も 知 れ な い く ち び る か 影 混 乱 し て 、 羽 月 は 唇 を 噛 ん だ 。 死 ぬ 前 に 変 わ っ た ト シ ャ の 香 水 、 あ の 男 、 赤 い 霧 の 夢 。 人 自 分 に 残 る 、 こ の 香 り 。 ま さ か 。 羽 月 は 突 き 当 た っ た 予 測 に 凍 り つ い た 。 ま と

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


ま い に ち じ ん ち ょ う に ゆ う し よ じ よ う お も む き 百 首 の 歌 の 中 に 、 「 毎 日 晨 朝 入 諸 定 」 の 趣 を 式 子 内 親 王 し ゅ じ よ う ば ん の う 。 静 か な 暁 ご と に 見 わ た す と 、 衆 生 の 、 ま だ 煩 悩 に と ざ さ 集 四 れ て 、 深 い 夜 の 迷 い の 夢 か ら 覚 め な い で い る こ と が 悲 し 和 い こ と だ 。 さ い ど ぜ ん じ よ う じ ぞ う ば さ っ 古 毎 朝 禅 定 に 入 り 、 衆 生 済 度 を 念 じ て い る 地 蔵 菩 薩 の 心 新 に な っ て の 作 。 「 ま だ 深 き 夜 の 夢 」 に 、 作 者 の 夢 も 重 な っ て 、 哀 感 を 深 く し て い る 。 し ゅ じ ゅ し ょ あ く し ゅ ほ っ し ん ふ も ん ば ん 『 発 心 和 歌 集 』 の 歌 。 「 普 門 品 」 の 「 種 々 諸 悪 趣 」 選 子 内 親 王 か ん ぜ お ん 観 世 音 菩 薩 に お 目 に か か る こ と を 、 ど こ で と お 約 束 す る つ ら こ と が で き よ う か 。 辛 い 身 は 、 悪 趣 の う ち の ど こ へ 行 こ う と す る の か 、 そ の 方 向 を 知 ら な い の で 。 あ く 1 、 う 悪 業 を 重 ね て 、 「 普 門 品 」 に 説 く 諸 悪 趣 の ど こ に 行 く の か わ か ら な い 身 の 嘆 き を 、 観 世 音 菩 薩 に 訴 え た 作 。 観 世 音 菩 薩 に 対 す る 、 恋 情 に 通 じ る 親 し み が 、 哀 感 を 1971 に じ ま せ て い る 。 ご ひ や く で し ば ん 「 五 百 弟 子 品 」 の 趣 を 僧 都 源 信 玉 を か け た 衣 の 裏 を 返 し て 見 て 、 は じ め て 、 自 分 の 愚 か で あ っ た 心 を 知 っ た こ と だ 。 「 五 百 弟 子 品 」 の 、 衣 の 裏 の 珠 の 寓 話 に あ る 、 男 の 心 か ん け い で の 作 。 男 の 心 に な り き り 、 端 的 ・ 簡 勁 に 道 破 し て 、 迫 力 が あ る 。 ゆ い ま よ う じ ゅ う ゆ し し ん に よ む 『 維 摩 経 』 の 「 十 喩 」 の 中 に 、 「 此 身 如 夢 」 と い っ て い る 趣 を 赤 染 衛 門 3 夢 が 夢 で あ る の か 、 現 実 が 夢 で あ る の か と 、 区 別 が わ か ら な い こ と よ 。 い っ た い 、 ど の よ う な 世 に 覚 め よ う と す る の で あ ろ う か 。 む げ ん 人 間 の 身 は 夢 幻 の よ う だ と 見 る 仏 教 思 想 を 、 作 者 の 実 感 と し て い た 、 内 面 的 強 烈 さ が 響 き 出 て い る 。 1972 た ま

小説推理 2016年 12月号


Ⅲ M び ※ *d\lDU 105 悪 夢 に 架 け る 橋

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


ひ や く し ゅ の う た ま い に ち じ ん て う に ふ し ょ ぢ ゃ う し よ く し な い し ん わ う 一 「 毎 日 晨 朝 ニ 諸 定 ニ 入 ル 」 。 地 蔵 菩 薩 の 式 子 内 親 王 百 首 歌 の 中 に 、 毎 日 晨 朝 入 諸 定 の 心 を え ん み や う 四 こ と を 説 い た 『 延 命 地 蔵 経 』 の 句 。 「 晨 朝 」 よ あ か っ き 1 れ ギ 工 4 う ・ ぜ ん じ よ う は 、 朝 の 勤 行 。 「 諸 定 ニ 入 ル は 、 禅 定 に 入 る 静 か な る 暁 ご と に 見 わ た せ ば ま だ 深 き 夜 の 夢 ぞ 悲 し き 意 で 、 精 神 を 統 一 し 静 寂 の 境 に 入 る こ と 。 一 寛 弘 九 年 ( 一 0 一 一 D 八 月 、 選 子 内 親 王 が 諸 せ ん し な い し ん わ う ふ も ん ば ん し ゅ じ ゅ し ょ あ く し ゅ ほ っ し ん わ か し ふ 経 文 を 題 と し て 詠 ん だ 釈 教 歌 五 十 五 首 か 発 心 和 歌 集 の 歌 。 普 門 品 、 種 々 諸 悪 趣 選 子 内 親 王 ら 成 る 家 集 。 ニ 『 法 華 経 』 二 十 八 品 中 の 第 二 ち ぎ か た か ん ぜ お ん 逢 ふ こ と を い づ く に て と か 契 る べ き 憂 き 身 の ゆ か ん 方 を 知 ら 十 五 。 観 泄 音 菩 薩 が 、 衆 生 の 諸 難 を 救 い 、 あ ま ね く 教 化 す る こ と を 説 い て あ る 。 三 「 種 々 あ く ′ 一 う ノ 諸 悪 趣 」 。 「 悪 趣 」 は 、 悪 業 の 結 果 、 死 後 に ね ば 行 か な け れ ば な ら な い 苦 悩 の 世 界 。 地 獄 道 ・ ち く し よ う 餓 飢 道 ・ 畜 生 道 な ど 。 四 観 世 音 菩 薩 に 逢 う こ と 。 五 こ こ で は 、 悪 業 を 重 ね て い る 身 。 一 ↓ 一 空 一 の 注 一 。 ニ 「 五 百 弟 子 受 記 品 」 の ほ よ ′ 2 し ゅ 中 に 、 貧 し い 男 が 、 親 友 の 家 で 宝 珠 を 衣 の 裏 に 縫 い つ け て も ら っ て い た こ と を 知 ら ず 、 他 国 に 衣 食 を 求 め 歩 い て 苦 し ん で い た が 、 の ち に ふ た た び そ の 親 友 に 逢 い 、 宝 珠 の こ と を ぐ う わ ぶ っ し よ う 歌 知 ら さ れ て 歓 喜 し た 、 と い う 寓 話 で 、 仏 性 を ゆ い ま ぎ ゃ う じ ふ ゅ し し ん に よ む あ か ぞ め も ん 教 授 け ら れ な が ら 、 無 知 の た め に 仏 道 を 悟 ら な 釈 赤 染 衛 門 維 摩 経 十 喩 の 中 に 、 此 身 如 夢 と い へ る 心 を い 者 が 、 釈 迦 の 教 化 に よ っ て 救 わ れ る こ と を 十 た ま 第 夢 や 夢 う つ つ や 夢 と 分 か ぬ か な い か な る 世 に か 覚 め ん と す ら 教 え て い 説 「 衣 の 裏 の 珠 」 の た と え 。 一 『 維 摩 経 』 に あ る 、 人 の 身 の は か な さ を 巻 た と え た 十 の た と え 。 ニ 「 コ ノ 身 ハ 夢 ノ ん ゴ ト シ 」 。 『 赤 染 衛 門 集 』 の 詞 書 は 「 ま ば ろ し の ′ と し 」 。 そ う づ げ ん し ん ご ひ や く で し ば ん 五 百 弟 子 品 の 心 を 僧 都 源 信 こ ろ も う ら 玉 か け し 衣 の 裏 を 返 し て ぞ お ろ か な り け る 心 を ば 知 る 1971 た ま 四 あ わ み