検索 - みる会図書館

検索対象: ゲンロン3 脱戦後日本美術

ゲンロン3 脱戦後日本美術から 367件ヒットしました。

ゲンロン3 脱戦後日本美術


た 、 ご し 、 そ れ を 誰 も 証 明 す る こ と は で き な い 。 証 明 す る こ と が で き な い 悪 魔 の 証 明 。 ま っ た く 意 味 の な い 体 験 。 「 驚 か れ ま し た か 」 「 な に が 」 「 経 過 し た 時 間 の 短 さ に 」 「 い や 、 知 っ て い た 」 リ ム ジ ン の 後 部 座 席 で 、 霧 島 は 前 方 に 顔 を 向 け た ま ま 、 ち ら り と 視 線 だ け を 動 か し て こ ち ら を 見 た 。 赤 い 髪 が タ 日 に 照 ら さ れ て さ ら に 赤 く 染 ま っ て い る 。 「 い っ か ら 、 で す か 」 「 最 初 か ら 知 っ て い た よ 」 「 嘘 で す ね 」 「 あ あ 、 嘘 だ 」 そ の 驚 き す ら ぼ く の 退 こ の ク ソ の よ う に 長 い 悪 夢 が た っ た 分 だ っ た こ と に 驚 き を 禁 じ 得 な い が 、 屈 の 前 で は マ ッ チ 一 本 の 明 か り 程 度 の も の だ 。 数 秒 の 燃 焼 。 や が て す ぐ に 灰 に な る 感 情 。 そ れ か ど う し た と い う ん だ ? こ 「 タ イ ム ト ラ ベ ル を し て い よ う が し て い ま い が 、 ど っ ち で も い し の ぼ く の 体 験 が 分 だ っ た ? だ か ら ど う し た と い う ん だ 」 す ぐ に 退 屈 に 襲 わ れ 、 ぼ く は 外 を 見 る 。 壁 が 、 夕 日 を 受 け て 真 っ 赤 に 染 ま っ て い た 。 車 窓 か ら 見 え る フ レ ー ム 建 築 の コ ン ク リ ー ト 灰 色 の 牛 乳 パ ッ ク が 並 ん だ よ う な 景 色 は 、 ま る で レ ゴ で 作 ら れ た 町 だ ど こ の 国 で も な い 、 新 し い 風 景 。 き り し ま 霧 島 時 彫 家 の 優 秀 な メ イ ド 。 右 目 が 義 眼 。 海 猫 沢 め ろ ん 52 7 デ ィ ス ク ロ ニ ア の 鳩 時 計 午 後 の 部 Ⅲ

ゲンロン3 脱戦後日本美術


外 は も う 陽 が 落 ち て 暗 く な っ て い た 。 と ぼ と ぼ と 家 路 を た ど り な が ら ぼ く は 考 え る 。 結 局 、 ば く が あ の カ ク リ ョ か ら こ っ ち へ 持 ち 帰 れ た 情 報 は 少 な い 。 頭 の 片 隅 に な に か 大 切 な こ と の 断 片 が 大 量 に つ め 込 ま れ て い る よ う な 気 が す る が 、 そ れ が 取 り 出 せ 思 い 出 せ る の は 、 最 後 に 深 憂 に 聞 い た 言 葉 ー ー 幽 々 夏 は 妹 を 助 け ら れ な か っ た こ と と 、 を 殺 し た し と し て 、 幽 々 夏 が 殺 し た と は 一 体 い J - つ い , っ 一 」 し 」 。 妹 よ い 、 ト ラ ウ マ を 抱 え て い る ー ー あ れ は 一 体 、 何 者 だ ? わ か ら な い 。 謎 は 深 ま る ば か り だ 。 一 体 な ん な ん だ 、 こ れ は 。 ば く の 意 識 が 混 乱 し て い る こ と に 苛 立 ち を 禁 じ 得 な い 。 意 識 ー ー こ の 幻 影 に 振 り 回 さ れ る こ と こ そ が 人 類 の 愚 行 の 根 源 。 存 在 が 時 間 に 先 行 し て い る の か 、 そ れ と も 時 間 の な か に 存 在 が あ る の か ど ち ら に せ よ 、 意 識 は つ じ つ ま 合 わ せ の た め に 、 あ と で 創 り だ さ れ る も の に す ぎ な い 。 振 り 返 っ て み る と そ こ に い る の は カ テ リ ナ ー チ ェ だ 。 気 の せ い か 今 : : : 包 帯 男 の 声 が し た よ う な 気 が し た 。 幽 々 夏 の 双 子 の 妹 時 彫 幽 美 々 子 供 の 頃 、 デ イ ザ ☆ ス タ ー に 拉 致 監 禁 の 末 、 殺 さ れ て い る ゲ ン ロ ン 3 5 5 6

ゲンロン3 脱戦後日本美術


現 実 の 底 を 潜 り 抜 け 、 時 代 と 場 所 を 変 え る こ と に よ っ て 転 位 し 、 先 の 姿 を 描 く こ と が で き る か も し れ な い 「 転 位 の 美 術 史 」 は 、 内 側 か ら の 視 点 が 見 失 っ て し ま っ た か も 民 衆 美 術 と い う か た ち で 生 き 延 び て い る の だ と し た ら ど う だ ろ う か 。 そ し て さ ら に 今 度 は 、 八 〇 年 代 の 民 衆 美 術 が も う 一 度 現 し れ な い も の を 、 思 わ ぬ 場 所 か ら 発 見 し 、 別 々 の 場 所 の 、 別 々 実 の 下 に 潜 り 、 こ れ か ら の 日 本 美 術 の な か で 転 位 し 得 る と 想 像 の 風 景 を 重 ね 合 わ せ る 。 そ し て 、 私 た ち を 「 悪 い 場 所 」 と し て し て み た ら ど う だ ろ う か 。 そ こ で は 、 こ れ ま で の 戦 後 日 本 美 術 の 戦 後 日 本 美 術 史 か ら 外 へ と 連 れ 出 す の で あ る 。 ① 史 で は つ い に 見 る こ と の な か っ た 、 ル ポ ル タ ー ジ ュ 絵 画 の そ の 書 房 新 社 、 ニ 〇 一 五 年 、 八 三 ー 八 四 頁 。 四 七 〇 頁 。 ☆ 1 "A 「 t Ma 「 ketAnalysis: Why ls Gutai Membe 「 Kazuo Shi 「 aga's Ma 「 ket soa 「 ing?" a 「 tnet News, Octobe 「 ☆ 6 岡 本 太 郎 「 韓 国 発 見 」 、 平 井 敏 晴 著 、 岡 本 敏 子 監 修 ☆ 加 同 書 、 八 七 頁 。 弱 い つ な が り 』 幻 冬 舎 、 ニ 〇 一 四 年 、 『 岡 本 太 郎 が 愛 し た 韓 国 』 河 出 書 房 新 社 、 ニ 〇 〇 四 年 、 ☆ Ⅱ 東 浩 紀 『 7. 2016. https://news.a 「 tnet.com/ma 「 ket/a 「 t- 五 ニ ー 五 四 頁 。 ma 「 ket-analysis-why-is-gutai-member-kazuo- ☆ 7 岡 本 太 郎 「 対 極 ー ー ー 芸 術 の 『 現 代 』 を 超 え る 」 ☆ 貶 赤 瀬 川 原 平 、 山 下 裕 ニ 「 体 当 た り の 啓 蒙 ー ー ー 日 本 美 shi 「 agas-ma 「 ketーS0aュngー112691 術 応 援 団 、 岡 本 太 郎 を 語 る 」 『 夢 ム ツ 四 七 五 ー 四 七 六 頁 。 ☆ 2 「 前 衛 美 術 『 具 体 』 に 脚 光 」 日 本 経 済 新 聞 、 ク 文 藝 別 冊 岡 本 太 郎 』 河 出 書 房 新 社 、 一 一 〇 〇 三 年 、 ニ 〇 一 四 年 九 月 ニ 七 日 付 。 http://www.nikkei.com/ ☆ 8 精 神 分 析 用 語 で あ る 「 転 移 ( 「 ansfe 「 ence 」 で は な ニ 四 頁 。 a 「 t 一 c 一 e/DGXLAS 一 工 19 工 01 ー Z10C14A9962M00Z く 「 転 位 ( 「 ans て os 三 on 」 を 用 い る の は 、 主 体 と 主 体 が 関 係 す る こ と で 起 こ る 「 感 情 転 移 」 で は な く 、 ☆ 昭 沈 光 鉉 「 19455 現 在 、 民 衆 美 術 の 観 点 か ら み た ☆ 3 "Gutai: Splendid Playg 「 ound," Solomon R. も う 一 つ の 韓 国 現 代 美 術 史 」 『 民 衆 の 鼓 動 ー 韓 国 美 異 な る 場 所 に 類 似 す る テ ー マ や 表 現 が 見 出 さ れ た り 、 Guggenheim Museum, Feb 「 ua 「 Y 15 ・ May 2013. 術 の リ ア リ ズ ム 1945 ・ 2005 』 韓 国 国 立 現 代 美 術 館 あ る テ ー マ や 表 現 が 場 所 を 変 え る こ と に よ っ て 変 化 http://web.guggenheim.0 「 g/exhibitions/gutai/ ほ か 、 ニ 〇 〇 七 年 、 ニ 〇 頁 。 し つ つ も 維 持 さ れ た り す る よ う な 、 複 数 の 異 な る 場 ☆ 4 "TOKYO 1955 ー 1979 A New Avant-Ga 「 de," The ル ポ ル 所 の 関 係 に よ っ て 生 ま れ る 「 転 位 」 に 焦 点 を 当 て た ☆ 安 部 公 房 「 新 し い リ ア リ ズ ム の た め に Museum of Mode 「 n Art, New Yo 「 下 Novembe 「 1 タ ー ジ ュ の 意 義 」 『 安 部 公 房 全 集 3 1951.5 ー 1953.9 』 い か ら で あ る 。 2012 爿 eb 「 ua 「 y 2 2013. http://www.moma.0 「 g/ 新 潮 社 、 一 九 九 七 年 、 ニ 五 〇 頁 。 ☆ 9 椹 木 野 衣 「 美 術 と 放 射 ・ 能 ー ー ー 『 Don't Follow the calenda 「 /exhibitions/1225?locaIe=ja Wind 』 展 の 旗 が 立 っ 位 置 」 『 Don'tFollowtheWind ☆ 桂 川 寛 『 廃 墟 の 前 衛 回 想 の 戦 後 美 術 』 一 葉 社 、 ☆ 5 岡 本 太 郎 「 対 極 ー ー 芸 術 の 『 現 代 』 を 超 え る 」 、 山 ニ 〇 〇 四 年 、 一 ニ 三 頁 。 展 覧 会 公 式 カ タ ロ グ 2015 』 ChimtPom 、 椹 木 下 裕 ニ 、 椹 木 野 衣 、 平 野 暁 臣 編 『 対 極 と 爆 発 岡 野 衣 、 Don't FoIIow the Wind 実 行 委 員 会 編 、 河 出 ☆ 同 書 、 五 三 頁 。 本 太 郎 の 宇 宙 1 』 ち く ま 学 芸 文 庫 、 二 〇 一 一 年 、 ゲ ン ロ ン 3 146

ゲンロン3 脱戦後日本美術


自 由 意 志 な ど な い 、 と い う の は 今 ど き 小 学 校 の 教 科 書 に す ら 書 か れ て い る 。 だ が 、 な ぜ 自 由 意 志 が あ る よ う に 思 え る の か 、 と い う 疑 問 の 答 え に 関 し て は い ま だ 意 見 の 一 致 を み な い 。 そ れ は そ う だ ろ う 。 そ ん な も の は 人 の 都 合 の た め に 創 り だ さ れ た わ け で 人 類 が 勝 手 に 見 て い る 幻 影 だ か ら だ 。 し か し 、 た 。 こ の 幻 影 だ け が 単 体 で 存 在 す る こ と が で き た な ら 。 . ; ロ オ け に な れ た と し た ら 、 存 在 も 時 間 も 超 え る こ と か で き る た ろ う か こ れ は 、 魂 の 領 域 だ 宗 教 だ け が 語 り う る こ と の で き た 場 所 に 、 ぼ く ら は 今 、 テ ク ノ ロ ジ ー を 手 に し て 立 っ て い る 。 だ が し か し 、 ぼ く が 望 む の は 人 類 の 救 済 で は な い 。 全 人 類 の 滅 亡 で あ り 、 破 滅 で あ り 、 虐 殺 で あ り 、 殺 戮 で あ り 、 偉 大 な る 邪 悪 だ ば く は 暗 闇 を 散 歩 し な が ら う っ と り と 夢 想 す る 世 界 が 壊 れ て い く 様 を 。 す べ て が 善 も 悪 も な い 、 絶 対 の 無 に 向 か っ て い く 様 子 を 。 ポ ロ ア パ ー ト の 階 段 を 上 り 、 絶 対 無 を 創 り だ す 予 定 で あ る と こ ろ の 部 屋 の ド ア を 開 け た 時 、 違 和 感 を 覚 え た 。 ポ ロ ア パ ー ト の ド ア が 新 し く な っ て い る 。 確 か 、 こ れ は 霧 島 た ち に 壊 さ れ た は ず だ が 。 中 を そ っ と う か か う と 、 部 屋 に 誰 か い る 気 配 が し た 。 ・ : 不 法 侵 人 か 。 玄 関 に 転 が っ て い る 先 の 尖 っ た ビ ニ ー ル 傘 を 手 に し て 、 ぼ く は 足 音 を 立 て な い よ う に そ っ と 自 分 の 5 5 7 デ ィ ス ク ロ ニ ア の 鳩 時 計 午 後 の 部 Ⅲ 海 猫 沢 め ろ ん

ゲンロン3 脱戦後日本美術


印 象 を 放 っ て い た 人 物 と し て 、 安 部 公 房 と に 引 っ ぱ る こ と で 見 え て く る シ フ ト チ ェ ン 埴 谷 雄 高 が い ま す 。 安 部 公 房 は 満 洲 、 埴 谷 ジ と い う の は た い へ ん 重 要 で す ね 。 そ も そ も 戦 後 日 本 美 術 史 の 「 外 地 」 か ら 雄 高 は 台 湾 と 、 日 本 の 外 、 す な わ ち 「 外 地 」 初 期 の 安 部 の ま わ り に は 夜 の 会 や 世 紀 の 会 黒 瀬 長 い 討 議 も 終 わ り に 近 づ い て き ま し の 記 憶 を 抱 え て い る 。 ふ る さ と を 失 っ て し を は じ め 美 術 家 が た い へ ん 多 か っ た わ け だ た 。 と り あ え ず は 「 戦 後 美 術 」 の 枠 組 み ま っ た ひ と た ち で す 。 戦 後 の 前 衛 と い う の し 、 事 実 安 部 自 身 、 本 格 的 な 油 画 も 描 い て い は 、 結 局 は 、 あ る 種 の 外 部 か ら 帰 還 せ ざ る を 乗 り 越 え る あ る い は 拡 張 す る 概 念 と し る 。 し か も 非 常 に 抽 象 的 な も の で す 。 素 粒 て 、 椹 木 さ ん か ら 「 野 ざ ら し の 美 術 」 と い を え な か っ た ひ と た ち に よ っ て つ く ら れ た 子 物 理 学 出 身 の 美 術 批 評 家 で あ っ た 中 原 佑 う キ ー ワ ー ド が 出 さ れ 、 イ サ ム ・ ノ グ チ や の で は な い で し よ う か 。 そ し て そ う い っ た 介 も 安 部 公 房 の 信 奉 者 で し た 。 赤 瀬 川 原 平 の 名 前 が 挙 が っ た 。 そ こ に つ け 外 部 か ら の 帰 還 者 た ち の 存 在 は 、 戦 前 と 戦 安 藤 安 部 公 房 は 写 真 も 自 ら 撮 っ て い て 、 加 え る か た ち で 、 イ サ ム と 仏 教 の 関 係 や 日 後 の 境 目 を 探 る う え で も き わ め て 重 要 で す 。 そ れ が 作 品 を 構 成 す る 重 要 な 一 部 分 と な っ 比 野 克 彦 に 代 表 さ れ る 「 ポ ス ト モ ダ ン 文 人 埴 谷 雄 高 に し ろ 、 安 部 公 房 に し ろ 、 な ぜ て い ま す 。 テ ク ノ ロ ジ ー 全 般 に も 強 い 関 心 画 」 の 動 き へ の 言 及 が あ っ た と い う か た ち こ こ ま で 抽 象 的 な 作 品 を 書 く の だ ろ う か を 持 っ て い ま し た 。 そ こ か ら 、 黒 瀬 さ ん が で し ょ - っ カ 、 。 ぼ く と し て は も う す こ し 戦 後 と い う ぐ ら い 抽 象 的 な 文 学 作 品 、 コ ン セ 挙 げ ら れ た ル ポ ル タ ー ジ ュ 絵 画 の 運 動 と も 美 術 の 前 衛 運 動 の 功 罪 や 可 能 性 に つ い て 語 プ チ ュ ア ル な 文 学 作 品 を 書 き 続 け て い ま す 。 近 い 位 置 に あ っ た 記 録 芸 術 へ の 関 心 も 生 ま り た か っ た の で す が 、 そ ち ら に は 話 が 広 が し か し そ の コ ン セ プ チ ュ ア ル な 部 分 は 、 彼 れ て き た よ う に 思 え ま す 。 ま た 、 純 文 学 の り ま せ ん で し た ね 。 ら の 非 常 に 生 々 し い 、 具 体 的 な 故 郷 喪 失 感 作 家 と し て は 、 唯 一 、 「 科 学 」 ( サ イ エ ン ス ) 安 藤 今 日 は 美 術 の 話 と い う こ と で 呼 ば れ の よ う な も の と 融 合 し て も い ま す 。 こ の 点 と 「 思 弁 」 ( ス ベ キ ュ レ イ テ ィ ヴ ) を 兼 ね 備 て い ま す が 、 わ た し の 本 業 は 文 芸 批 評 で す 。 は 、 戦 後 美 術 を 考 え る う え で も な ん ら か の え た 小 説 ( フ ィ ク シ ョ ン ) 、 真 の 意 味 で の そ こ で 最 後 に 文 学 に つ い て 補 足 さ せ て く だ 重 要 な ポ イ ン ト に な る の で は な い で し よ う を 書 き 上 げ る こ と が で き た 点 も 重 要 で す 。 か 。 黒 瀬 さ ん の 構 想 は 、 む し ろ こ う い う 補 三 島 由 紀 夫 は そ れ ほ ど う ま く を 書 く こ い ま 黒 瀬 さ ん が 「 前 衛 」 と お っ し ゃ い ま 助 線 の 引 き 方 を し た ほ う が 語 り や す い の で と が で き な か っ た 。 し た が 、 前 衛 の 時 代 と い う 。 へ き 一 九 五 〇 年 は な い で す か 。 黒 瀬 安 部 公 房 が 「 外 地 」 か ら 来 た 作 家 で 代 に お い て 、 文 学 の 領 域 で ひ と き わ 強 烈 な 椹 木 安 部 公 房 を 戦 後 美 術 の 枠 組 み の な か あ る と い う 話 は 、 フ ェ ノ ロ サ に 触 れ た こ の 会 田 誠 + 安 藤 礼 二 + 椹 木 野 衣 + 黒 瀬 陽 平 1 0 5 野 ざ ら し と 外 地

ゲンロン3 脱戦後日本美術


こ の 写 真 に は 、 六 月 の 日 差 し に よ っ て 得 ら れ た 写 真 の 深 度 、 士 と 変 わ ら な く な る か ら だ 。 し た が っ て 、 共 産 ゲ リ ラ の イ メ ー 軍 人 た ち が ポ ー ズ を 取 る こ と が で き る だ け の 時 間 的 な 余 裕 、 瞬 ジ の 部 分 を も う 一 度 写 真 に 貼 り 付 け て 元 に 戻 し て み る と 、 屍 体 間 を 捕 捉 す る プ ロ の 写 真 家 の 能 力 が 結 合 し て 作 り 上 げ ら れ た 自 は 「 唯 一 無 二 の 」 戦 利 品 と い う よ り 、 形 は ど う あ れ 、 む し ろ ト 然 主 義 が あ る 。 そ の た め 、 私 た ち は こ の 事 件 が 起 き た の が 六 〇 ロ フ ィ ー に 近 い 。 私 た ち が 見 て い る の は 悪 い 軍 人 た ち の 残 酷 さ 年 代 末 で あ る と い う 事 実 を な か な か 信 じ ら れ な い 。 写 真 か ら は で は な く 、 「 実 際 に 」 悪 い と こ ろ も あ っ て 、 優 し い と こ ろ も あ る 、 軍 人 た ち の 体 臭 が 感 じ ら れ 、 喊 声 と 笑 い 声 が 聞 こ え て く る 。 緊 結 局 は 青 春 の 純 真 さ を 隠 し き れ な い 若 い 軍 人 た ち だ か ら だ 。 ス 張 と 恐 怖 の 時 間 は 終 わ り 、 特 別 進 級 や 褒 賞 休 暇 が 得 ら れ る だ ろ 。 ハ イ の イ メ ー ジ の 引 き 算 と 足 し 算 を も う 一 度 合 算 す る と 、 ス パ う と い う 期 待 が 、 彼 ら の ポ ー ズ と 顔 か ら 泉 の よ う に 湧 き 出 て く イ の 屍 体 は 若 い 軍 人 の 純 真 さ と エ ネ ル ギ ー を 際 立 た せ 、 そ の 瞬 る 。 こ の 軍 人 た ち が 、 現 在 で は 五 〇 歳 近 い 父 の 世 代 で あ る と 「 知 、 写 真 を 見 る 観 客 は あ る 二 元 論 の 罠 に は ま っ て し ま う 。 る 」 こ と は で き る が 、 い っ た い 誰 が 彼 ら を 父 の 世 代 と し て 見 る こ こ に お い て 、 分 断 の 歴 史 は も は や 具 体 的 な 歴 史 で は な く 、 こ と が で き る だ ろ う か 。 写 真 の な か の 彼 ら は 、 老 い て 皺 の あ る 生 死 や 善 悪 を 象 徴 す る 抽 象 的 か っ 宗 教 的 な イ メ ー ジ に 跳 躍 す る 。 現 在 の 彼 ら 自 身 よ り 、 キ フ ァ ン 君 、 チ ョ ン ソ ク 君 、 ジ ュ ン 君 と 無 数 の リ ア ル な 情 報 を 備 え た 写 真 の 細 部 が 、 そ の 写 真 を 解 釈 し い っ た 、 同 じ よ う な 経 歴 を 持 つ 、 現 在 の 「 私 の 友 人 た ち 」 に 似 よ う と す る 努 力 を 一 気 に 超 え て 、 も は や 冷 戦 だ ろ う が な ん だ ろ て い る だ ろ う 。 こ の 最 初 の 衝 撃 は 、 通 常 の 保 存 状 態 の よ い 写 真 う が 、 生 と 死 に 対 す る 根 本 的 な 欲 望 の 地 層 を 曲 げ る ひ と つ の 張 の よ う に 、 す で に 時 間 が 経 過 し て い る と い う 事 実 と 、 時 間 を 停 力 と な る 。 意 識 は 、 写 真 が 与 え る 衝 撃 か ら の 防 御 に 失 敗 し 、 写 泊 さ せ て い る 写 真 の 現 実 と の 衝 突 が 、 な め ら か に 縫 い 合 わ さ れ 真 は 、 意 識 の 境 界 を く ぐ り 抜 け 、 沈 ん で い る 潜 在 的 記 憶 を 傷 付 て い る こ と に 起 因 す る 。 こ れ は 「 ミ イ ラ 」 と 表 現 さ れ る こ と の け 、 変 質 さ せ 、 毎 度 の 新 し い 体 験 を フ ィ ル タ リ ン グ し て 受 け 人 あ る 、 よ く 知 ら れ た 写 真 の 存 在 論 的 問 題 で あ る 。 れ て 、 他 の 記 憶 を 宿 主 に し て 異 な る 記 憶 を 繁 殖 さ せ る 。 そ し て 、 大 脳 と い う 、 記 憶 の 「 中 央 電 話 局 」 ( ア ン リ ・ ベ ル ク ソ ン ) に 混 共 産 ゲ リ ラ の 屍 体 を 切 り 取 っ て し ま え ば 、 こ の 写 真 に す ご い 線 を も た ら し 、 雑 音 を 挟 み 、 時 に 通 信 を 途 絶 さ せ る 怪 電 話 と な る 。 と 言 え る と こ ろ は あ ま り な い こ の 写 真 か ら 屍 体 を 取 り 除 い た 外 傷 の 後 遺 症 は 記 憶 の 無 秩 序 を 生 み 出 す 。 記 憶 の 回 路 が 一 時 瞬 間 、 軍 人 た ち は サ ッ カ ー の 試 合 に 勝 っ た 元 気 旺 盛 な 普 通 の 兵 的 な 故 障 を 起 こ し つ つ 、 同 じ 精 神 的 イ メ ー ジ を 反 復 生 産 す る の 06 7 鏡 と 沼 、 分 断 表 象 の メ デ ィ ア と 芸 術 バ ク ・ チ ャ ン キ ョ ン

ゲンロン3 脱戦後日本美術


田 島 が 伊 波 普 猷 に 対 し て 『 お も ろ さ う し 』 の 研 究 資 料 一 て 関 心 を 持 っ 知 識 人 に ほ ぼ 共 通 し て 言 え る こ と は 、 関 心 を 持 っ 式 を 託 し た の は 一 九 〇 三 年 だ が 、 柳 田 は 伊 波 と 出 会 う 前 に 、 段 階 で 、 多 か れ 少 な か れ 道 を 踏 み 外 し て い る と い う 点 だ ろ う 。 一 九 〇 七 年 前 後 か ら 琉 球 に 関 す る 文 献 を 読 み 始 め て い た と い う 。 ア カ デ ミ ズ ム に お け る エ リ ー ト で あ っ た 鎌 倉 で あ れ 、 エ リ ー ト パ ジ ル ・ ホ ー ル ・ チ ェ ン パ レ ン が 『 琉 球 語 の 文 法 と 辞 典 』 を 刊 コ ー ス か ら 降 り る こ と で 民 俗 学 を 始 め た 柳 田 で あ れ 折 ロ で あ れ 、 行 し た の が 一 八 九 五 年 、 東 京 帝 大 で の チ ェ イ ハ レ ン の 弟 子 で あ あ る い は 、 学 者 と い う よ り も コ ン セ プ ト メ ー カ ー と 呼 ん だ ほ う う え だ か す と し る 上 田 萬 年 が 、 日 本 語 に つ い て の 近 代 的 な 言 語 学 的 分 析 に 着 手 が よ さ そ う な 柳 宗 悦 で あ っ て も 、 い ず れ に せ よ 近 代 主 義 的 合 理 し 始 め た の が 一 九 〇 〇 年 頃 で あ る 。 チ ェ ン パ レ ン が 注 目 し た の の 観 念 か ら 、 か な り 逸 脱 し て い る ( そ れ も ま た 、 近 代 の 一 様 態 で は 、 ア イ ヌ 語 や 琉 球 語 で あ っ た が 、 彼 が そ の よ う な 地 理 的 周 縁 あ る に せ よ ) よ う に 思 う の は 、 私 だ け で あ ろ う か 。 彼 ら の 残 し の 言 語 体 系 に 着 目 す る こ と の 意 味 は 、 「 日 本 語 」 が 多 様 な 開 か た 仕 事 は 、 そ の 罪 の 部 分 も 含 め て 巨 大 で あ る 。 よ り つ と む れ を し て い る こ と を 科 学 的 に 把 握 す る こ と に あ り 、 ロ 承 文 学 に 環 境 学 者 の 伊 從 勉 は 、 柳 田 や 折 ロ の 仕 事 を 念 頭 に 置 き な が 基 礎 づ け ら れ た 日 本 民 俗 学 の 誕 生 と 、 そ れ に 触 発 さ れ て の 伊 波 ら 、 沖 縄 の 祭 祀 に 、 日 本 の 原 始 宗 教 や 古 神 道 の 起 源 を 求 め る よ を 創 始 者 と す る 沖 縄 学 の 出 発 が 、 連 鎖 的 に 展 開 さ れ た の は 故 な う な 観 点 に 対 し 、 一 八 七 九 年 の 琉 球 処 分 か ら 、 ま だ 半 世 紀 も 経 き こ と で は な い 。 そ れ を 裏 づ け る か の よ う に 、 柳 田 の 『 海 南 小 記 』 過 し て い な い に も か か わ ら ず 、 そ こ に 琉 球 王 国 の 祭 祀 体 制 が 残 に お け る 自 序 文 の 末 尾 に 、 チ ェ イ ハ レ ン へ の 献 辞 が 記 さ れ て い 存 し た も の と 、 な ぜ 認 め る こ と が で き な か っ た の か と 批 判 的 に る 。 折 口 が 自 ら の 師 と し て 考 え て い た 金 沢 庄 三 郎 も ま た 、 ( そ 間 う て い る 。 伊 從 は 琉 球 の 祭 祀 が 、 近 世 琉 球 の 王 政 に お い て 制 れ が た と え 植 民 地 併 合 の た め の 都 合 の い い 理 屈 だ っ た と し て も ) 朝 度 化 さ れ て い っ た と い う 通 時 的 立 場 を と る た め 、 そ の よ う な 批 鮮 語 を は じ め 、 比 較 言 語 的 な ア プ ロ ー チ を 行 う 一 一 一 一 口 語 学 者 で あ っ 判 を 提 起 す る の は も っ と も で あ り 、 伊 從 は さ ら に 、 柳 田 が 訪 沖 よ り も 後 の 『 蝸 牛 考 』 に お い て 明 確 に 記 し た 、 方 言 に 典 型 的 と た こ と は 、 想 起 し て お い た ほ う が い い だ ろ う 。 こ の よ う な 議 論 を 進 め て い る の は 、 以 上 に 確 認 し て き た よ う さ れ る 周 圏 論 を そ の 基 底 に み る 。 加 え て 、 日 本 に お い て も 琉 球 な 、 沖 縄 の 美 術 工 芸 品 に 対 す る 研 究 の 黎 明 、 民 俗 学 者 の 沖 縄 へ に お い て も 、 語 ら れ 始 め て 長 い 歴 史 を 持 つ 「 日 琉 同 祖 論 」 ( 伊 の 接 触 、 沖 縄 学 の 第 一 世 代 を 形 成 す る 人 々 の 動 向 を も っ て 、 「 沖 從 は こ れ と 等 号 で 結 ば れ る 用 語 と し て 、 比 較 的 中 庸 な 概 念 で は あ れ 、 縄 の 美 術 」 に 代 え る と 言 い た い わ け で は 無 論 な い 。 沖 縄 に 対 し 「 南 島 論 」 を 示 し て い る ) が 、 当 時 自 明 の も の と し て 機 能 し て い 一 九 四 五 年 以 前 の 「 沖 縄 美 術 」 ? 土 屋 誠 - 1 5 7

ゲンロン3 脱戦後日本美術


と な っ た 。 モ ダ ニ ズ ム と は 、 美 術 に お け る モ ダ ニ テ ィ の さ ら な る 進 化 形 で あ り 、 美 術 は 、 そ れ 自 体 に 固 有 の 実 践 と 価 値 と は 何 か と い う こ と を 強 く 自 覚 す る よ う に な っ て い た ー ー ー ・ モ ダ ニ ズ ム 〔 中 国 に お い て グ ロ ー に は 複 数 の 非 連 続 的 な 時 間 と 空 間 が 同 時 に 存 在 し 、 視 点 が 複 数 パ リ ゼ ー シ ョ ン は 、 自 国 が 世 界 シ ス テ ム に 飲 み あ り 、 た と え ば 名 目 上 の も の で あ る 主 題 を 、 あ る 時 は 物 語 の 内 込 ま れ て し ま う と い う 恐 怖 と 同 時 に 、 そ う し た 吸 収 の 動 き に 介 人 ・ 抵 容 、 あ る 時 は 技 法 の 効 果 、 ま た あ る 時 は 美 術 上 の 意 図 と い う よ 抗 し た い と い う 欲 求 を も 分 節 し て い た 。 〕 こ う し た 二 重 分 節 は 、 美 う に 、 従 来 よ り も 柔 軟 に 移 し 替 え る 能 力 が あ っ た 。 術 を め ぐ る 議 論 の 中 に は あ ま り 浮 上 し て こ な か っ た 。 し か し 、 こ れ に よ っ て 、 「 起 源 と 想 定 さ れ る 場 所 と の あ る 特 別 な イ デ 一 九 九 〇 年 代 後 半 か ら 、 中 央 に 対 抗 す る 地 方 の 近 代 化 、 そ し て グ ロ オ ロ ギ ー 的 結 合 を 保 ち つ つ も 、 そ れ 以 外 の 点 で は 徹 底 的 に デ ィ ー パ リ ゼ ー シ ョ ン の 進 行 過 程 へ の 独 自 の か た ち で の 参 ア ス ポ ラ 化 し た 集 合 性 」 と し て の 「 脱 ロ ー カ ル 化 し た ト ラ ン ス 加 、 ま た そ う し た 進 行 過 程 が 中 国 の 地 方 、 と く に 四 川 省 か ら 再 ネ ー シ ョ ン 」 〔 ☆ 2 〕 が 誕 生 す る 素 地 が 整 っ た 〔 ☆ 1 〕 。 こ れ は つ ま り 、 分 配 さ れ て い く 際 の パ タ ー ン が 、 か な り 議 論 さ れ る よ う に な っ ヴ ォ ル フ ガ ン グ ・ ヴ ェ ル シ ュ 〔 ☆ 2 〕 の 言 い 回 し を 借 り て 、 次 の て い る 。 王 林 〔 ☆ 3 〕 の 、 時 に 大 胆 で 時 に 地 方 至 上 主 義 的 な 記 述 よ う に 述 べ る こ と と 同 義 で あ る か も し れ な い 。 あ る 特 定 の 条 件 は そ れ を よ く 表 し て い た 〔 ☆ 4 〕 。 彼 は 海 外 で 展 示 さ れ る 〔 中 国 〕 下 で は 、 そ し て 特 定 の 行 為 者 た ち ー ー 美 術 家 や そ の 媒 介 者 も 含 美 術 が 西 洋 に よ っ て 選 択 さ れ て い る こ と に 、 表 立 っ て 不 満 を 示 め て に と っ て は 、 文 化 と は 常 に 「 ト ラ ン ス カ ル チ ャ ー 」 な し た 。 ま た 、 彼 は 一 九 九 〇 年 代 の 中 国 美 術 を 〔 グ ロ ー も の だ っ た の で あ り 、 「 ト ラ ン ス カ ル チ ャ ー の ア イ デ ン テ ィ テ ィ シ ョ ン に 対 す る 〕 政 治 的 な 反 乱 と 解 釈 す る こ と に 同 意 し た 。 王 は 世 界 市 民 的 な 一 面 を 持 つ が 、 同 時 に ロ ー カ ル な 帰 属 を も 持 林 の 見 方 で は 、 〔 中 国 で は 〕 同 時 代 に 発 生 し た 複 数 の 過 程 が 、 海 つ 。 ト ラ ン ス カ ル チ ャ ー に 生 き る 人 々 は そ の 両 面 を 結 び つ け る 」 外 で は 逐 次 的 な 段 階 と し て 解 釈 さ れ て し ま っ て い た 。 つ ま り 、 〔 ☆ 3 〕 の だ 。 二 九 九 〇 年 代 、 中 国 の 人 々 は 、 前 近 代 、 モ ダ ニ ズ ム 、 ポ ス ト モ ダ ニ ズ ム が 同 時 に 存 在 す る 文 化 環 境 で 暮 ら し て い た 」 〔 ☆ 5 〕 の だ 。 こ れ ゆ え に 中 国 美 術 は 反 乱 の 性 質 を も つ に 至 っ た と い う の が 王 林 の 考 え だ っ た 。 中 国 2 1 5 グ ロ ー バ リ ズ ム に お け る 内 発 的 な も の と 外 発 的 な も の の 接 触 面 ジ ョ ン ・ ク ラ ー ク

ゲンロン3 脱戦後日本美術


意 味 で 、 よ か れ あ し か れ 重 要 な 分 岐 点 な ん 世 界 中 の ビ ル ポ ー ド に 設 置 し て 、 強 力 な 的 な 価 値 を 持 っ て し ま っ た 。 じ ゃ な い か 無 形 の メ ッ セ ー ジ を 発 信 し た 。 そ の オ ノ ・ 黒 瀬 関 根 伸 夫 は 、 野 外 彫 刻 を そ の 後 ほ と 椹 木 戦 後 と い う 文 脈 で い う と 、 高 度 経 済 ヨ ー コ は イ サ ム ・ ノ グ チ と 同 じ よ う に み ず ん ど 受 注 生 産 の よ う な か た ち で つ く っ て い き ま す よ ね 。 あ れ は 功 罪 が あ る と 思 う ん で 成 長 期 に 急 激 に 需 要 を 伸 ば し た 鉄 鋼 業 と の か ら の ア イ デ ン テ ィ テ ィ の 危 機 に 晒 さ れ な が ら イ ン ス ト ラ ク シ ョ ン と い - つ ま っ た く 新 す け ど 、 し か し 野 外 彫 刻 そ の も の は 重 要 だ つ な が り も 強 い で し よ う 。 と 思 う ん で す 。 野 外 彫 刻 運 動 は 一 九 六 〇 年 黒 瀬 そ の と お り で す 。 宇 部 の 野 外 彫 刻 祭 し い ア ー ト の 形 態 に 辿 り 着 く 。 そ こ に は ア メ リ カ で 出 会 っ た 禅 の 影 響 が あ っ た わ け で 、 は 、 街 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ と 結 び つ く か た 代 に 、 つ ま り 日 本 各 地 で 九 州 派 な ど を は じ め と す る 前 衛 運 動 が 群 雄 割 拠 し て い た 時 代 ち で 問 題 意 識 が 明 確 で す 。 と こ ろ が 、 最 初 そ の 彼 女 が 一 九 六 二 年 に 来 日 し 「 ジ ョ ン ・ に 生 ま れ て い て 、 そ れ ら 地 方 的 前 衛 の 流 れ は 造 船 や 鉄 鋼 の 町 で な に が で き る か と い う ケ ー ジ ・ シ ョ ッ ク 」 ( 吉 田 秀 和 ) を 引 き 起 こ こ と で や っ て い た の に 、 徐 々 に そ う い う サ し た ケ ー ジ に つ き っ き り で ア テ ン ド し た の を 汲 む も の で も あ る 。 も 興 味 深 い こ と で す 。 そ こ に は 安 藤 さ ん の た と え ば ば く の 手 一 兀 に あ る 『 現 代 日 本 の イ ト ・ ス ペ シ フ ィ シ テ ィ を 失 っ て い っ た 。 野 外 彫 刻 』 〔 ☆ 昭 〕 と い う 本 の な か で は 、 日 そ し て 、 ど の 町 、 ど の 駅 前 で も 成 立 す る 、 指 摘 さ れ た 鈴 木 大 拙 の 影 響 が 地 球 を 何 周 も 本 で の 野 外 彫 刻 運 動 の 先 駆 け と し て 、 山 口 も の 派 的 な 彫 刻 に な っ て い き 、 い ま で は そ し な が ら ね じ れ て 反 映 さ れ て い る 。 ジ ョ ン & ヨ ー コ の 「 WAR IS OVER 」 は い ま で も 県 宇 部 市 の 彫 刻 祭 が 紹 介 さ れ て い ま す 。 こ ち ら が 野 外 彫 刻 の 代 表 に な っ て し ま っ た 。 れ は も と も と 、 五 〇 年 代 の 公 害 問 題 や 女 性 椹 木 そ ん な な か で も 宮 脇 愛 子 の 《 う つ ろ な ん か に ま で 受 け 継 が れ て い る わ け で す が 、 大 拙 の 「 N Z 」 が そ こ ま の 権 利 運 動 な ど に 対 応 す る か た ち で 出 て き ひ 》 な ん か は お も し ろ い 側 面 を 持 っ て い た た 、 「 人 々 の 心 と 身 体 の 健 康 を 取 り 戻 す 」 と 思 い ま す 。 あ れ は 水 盆 の 上 に 刺 さ れ た ワ で 届 い て い る と も い え る ( 笑 ) 。 あ れ は 欧 イ ヤ ー で で き て い て 、 定 ま っ た フ ォ ル ム を 米 な ん か の デ モ と 比 べ た ら 、 政 治 的 に は ほ た め の 町 内 美 化 活 動 の よ う な も の だ っ た ら し い 。 そ れ が の ち に 美 術 評 論 家 の 土 方 定 一 持 た ず 、 そ れ こ そ っ ね に 「 う つ ろ っ て 」 そ と ん ど 無 為 の 行 動 で し よ う 。 こ に あ り 続 け る 。 ま た パ フ リ ッ ク ・ ア ー ト の ロ 添 え を 受 け 、 野 外 彫 刻 を つ く る い ま の へ タ ウ マ と ア ー ル ・ プ リ ュ ッ ト で は や は り 女 性 の オ ノ ・ ヨ ー コ が 六 〇 年 代 形 態 に 変 わ っ て い っ た 。 こ れ は 現 在 の コ ミ ュ ニ テ ィ ア ー ト や 芸 術 祭 の 問 題 を 先 取 り の 末 に ジ ョ ン ・ レ ノ ン と 「 WARISOVER IF YOU WANT IT 」 と い う メ ッ セ ー ジ を 会 田 特 異 点 、 正 式 な 歴 史 の 記 述 か ら 外 さ し て い る し 、 前 衛 と も 接 続 し て い る と い う 会 田 誠 + 安 藤 礼 ニ + 椹 木 野 衣 + 黒 瀬 陽 平 1 0 1 野 ざ ら し と 外 地

ゲンロン3 脱戦後日本美術


ぼ く が 生 き て き た こ の 町 は 、 あ る 企 業 が 買 い 取 っ て 、 別 の 国 に な っ た 。 国 が 企 業 に 町 を 売 る 。 ま さ に 売 国 奴 と い う 一 言 葉 通 り の 行 為 に も か か わ ら ず 、 国 民 た ち か ら の 反 発 は 少 な く 、 ネ ッ ト 上 で 自 称 愛 国 者 の ラ ウ ド マ イ ノ リ テ ィ が 炎 上 を 煽 れ ど も 、 一 ヶ 月 も す れ ば 他 の ネ タ に 流 さ れ て 消 え た 。 そ の 程 度 の 話 題 だ す べ て が そ の 程 度 の 話 題 。 こ の 町 が 放 射 能 に 侵 さ れ た 悪 い 場 所 だ っ た か ら な の か 。 あ る い は 、 正 当 な 対 価 が 支 払 わ れ た か ら な の か 2 010 年 に 企 業 に 売 り 飛 ば さ れ た ラ ト ビ ア の 町 の 値 段 は 、 確 か 16 0 万 ラ ツ ツ 2 億 8 千 万 だ っ た 。 ち ょ っ と し た 金 持 ち な ら 買 え て し ま う 、 東 京 の 豪 邸 程 度 の 値 段 。 ぼ く は こ の お も ち ゃ み た い な 町 で 育 っ た 。 8 年 代 の ニ ュ ー タ ウ ン が 年 か け て オ ー ル ド タ ウ ン に な り 、 デ ベ ロ ッ パ ー が 再 起 を 夢 見 て ゴ ー ル ド タ ウ ン を 生 み 出 そ う と し 、 あ え な く ゴ ー ス ト タ ウ ン 化 す る 。 そ ん な 東 北 の 地 方 都 市 の 負 の 遺 産 の 上 に 、 ー こ キ 、 め ル 、 ら ・ 幻 影 を 投 影 し て み せ る フ ァ ン ト ム タ ウ ン 。 そ れ が こ の 町 。 時 巡 市 の す べ て は 幻 影 だ 。 幻 影 の 町 の な か で 、 幻 影 の 生 が 蠢 き 、 幻 影 が 消 え る 。 ぼ く ら の 生 の ど こ に 現 実 が あ る の だ ろ う 。 す べ て は 幻 だ 。 現 実 な ど ど う で も い し 「 鳥 彦 様 、 な に を 考 え て お ら れ る の で す か 」 「 な に も 。 た だ 、 退 屈 し て い る だ け 。 こ 真 っ 赤 な タ 日 に 染 め 上 げ ら れ 、 肉 の 内 部 の よ う な 様 相 を 呈 す る 車 内 に は 、 ど こ か で 嗅 い だ こ と の あ る 匂 い が し て い る 。 オ ゾ ン 臭 と 微 か な ミ ン ト の 混 じ っ た 、 ア ル ミ の よ う に メ タ リ ッ ク で 清 凉 感 の あ る と り ひ こ 白 鳥 鳥 彦 主 人 公 。 頭 に 鳥 小 屋 を か 小 っ て い る 。 小 説 家 で < ( 拡 張 現 実 ) シ ス テ ム 「 カ ク リ ョ レ ン ズ 」 で 見 ら れ る 世 界 「 カ ク リ ョ 」 の 作 家 で も あ る 。 虐 待 の ト ラ ウ マ で ホ ー ム セ ン タ ー が 苦 手 。 あ ら ゆ る こ と に 憎 悪 を 燃 や し 、 完 璧 に 間 違 っ た こ と を 愛 す る 歳 。 ゲ ン ロ ン 3 5 2 8