検索 - みる会図書館

検索対象: 人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)から 294件ヒットしました。

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


羽 月 は ど こ か わ か ら な い 赤 い 場 所 に い た 。 き り 赤 い 霧 で 辺 り は 見 え な い 。 足 を 踏 み だ そ う に も 、 そ の 先 に 何 が あ る の か も わ か ら ず に は 無 理 あ か む ら さ き 立 ち 尽 く し て い る と 、 霧 が 左 右 に 退 く よ う に 晴 れ た 。 爛 れ た 肉 の よ う な 暗 い 赤 紫 色 の 闇 が 広 が っ て い る 。 羽 月 は と っ ぜ ん 、 こ こ が ど こ か を 知 っ た 。 ( あ の 夢 だ ! ) 繰 り 返 し 見 る 悪 夢 の 中 に い る 。 立 っ て い る 地 面 も 、 遠 く に 見 え る お 堂 の よ う な 建 物 も 、 す べ て こ の イ ヤ な 色 に 塗 り つ ぶ さ れ た 場 所 。 ( あ あ 、 あ あ : : : ) 気 付 い た 途 端 に 。 膝 が 震 え は じ め た 。 ま た 始 ま る 。 あ れ が 始 ま る ー づ き 三 密 の 影 ひ そ か ひ ぎ た だ ー や み

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


ん 、 生 駒 の 出 て い っ た あ と は 、 彼 女 一 人 き り だ 。 な ぜ あ の 人 と 同 じ 香 り が あ る の か と 問 う て も 、 答 え が 出 る わ け が な か っ た 。 羽 月 は 口 元 を き つ く 結 ん だ 。 あ の 悪 夢 の 後 遺 症 だ ろ う か 、 ひ ど く よ く な い こ と の 起 こ り そ う な 予 感 だ け が あ る 。 ふ ′ 」 う ふ い に そ っ と し て 、 羽 月 は 自 分 の 肩 を 抱 い た 。 妙 な 符 合 が あ っ た 。 ト シ ャ の 死 亡 報 道 の 時 、 つ じ し た あ ん な 辻 下 杏 奈 は 何 て 叫 ん で い た ? 『 だ っ て ト シ ャ は 浮 気 し て た の ! 』 う そ 『 俺 そ ん な の 使 っ て な い な ん て 、 嘘 つ い て 「 香 水 を 変 え た 」 と 責 め た 杏 奈 。 「 変 え て い な い 」 と 嘘 を つ い た ト シ ャ 。 嘘 、 で は な い の か も し れ な い 。 ( だ っ て 、 今 、 現 に あ た し が 。 あ っ ) 赤 い 夢 ー 羽 月 に 触 れ よ う と し て い た あ の 霧 は 、 あ の 男 の 纏 っ て い た も の に 似 て い た 。 の ( 似 て い る ? う う ん 、 そ の も の か も 知 れ な い く ち び る か 影 混 乱 し て 、 羽 月 は 唇 を 噛 ん だ 。 死 ぬ 前 に 変 わ っ た ト シ ャ の 香 水 、 あ の 男 、 赤 い 霧 の 夢 。 人 自 分 に 残 る 、 こ の 香 り 。 ま さ か 。 羽 月 は 突 き 当 た っ た 予 測 に 凍 り つ い た 。 ま と

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


「 そ ん 時 は そ う で も な か っ た け ど 、 い ま 凄 か っ た 。 俺 、 叩 こ う か ど う し よ う か 迷 っ た も ん 」 「 起 こ し て く れ て も よ か っ た よ 」 そ の 方 が 、 あ の 夢 か ら 早 く 醒 め ら れ た 。 「 う ん : 。 で も な ん か 出 来 な か っ た 」 歯 切 れ の 悪 く な る 弟 に 、 羽 月 は ふ と 思 い つ い て 顔 を 赤 ら め た 。 助 け て と 、 あ の 人 を 呼 ん だ の を 覚 え て い る 。 「 も し か し て 、 へ ん な う わ ご と と か 、 言 っ て た ? 」 コ 一 = ロ っ て な い け ど 。 な ん か 払 い の け る み た い に し て た か ら 。 ー ー 近 づ い た ら 俺 ア ッ ヾ そ う だ っ た し 」 後 ろ 半 分 を 、 少 し 考 え る よ う に し て 生 駒 は 言 っ た 。 そ れ か ら 、 不 思 議 そ う に 首 を 傾 げ る 。 「 ま た 、 あ の 夢 だ ろ ? 」 「 う ん 」 弟 に は そ の 話 を し た こ と が あ る 。 不 吉 な 色 の 場 所 で 、 紫 の 触 手 に 駆 り 立 て ら れ る 夢 な の だ と 。 「 な ん で そ ん な に 繰 り 返 す ん だ ろ う 。 俺 、 お ん な じ 夢 見 る こ と っ て ほ と ん ど な い よ ? 」 く ど そ れ は 羽 月 の 方 が 訊 き た か っ た 。 も ち ろ ん 、 ほ か に も 幾 度 か 見 る 夢 は あ る 。 け れ ど こ れ の よ う に 、 物 心 つ い て か ら ず っ と 、 と い う も の は な い 。 か し

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


る 。 む ち 男 が 足 を 止 め た 。 呼 応 し た の か 、 知 ら な い 香 り を 羽 月 は 嗅 い だ 。 連 想 し た の は 鞭 だ 。 羽 月 の 首 を 絞 め る た め に あ る よ う な 、 猛 獣 使 い の 持 っ そ れ 。 影 「 え い く そ っ 」 あ ぶ ら あ せ 人 男 の 額 に 脂 汗 が 浮 い た 。 そ れ 以 上 、 近 づ け な い の か も し れ な い 。 羽 月 に は 明 確 な 理 由 は 知 り よ う も な か っ た 。 た だ 、 彼 の 足 を 止 め る こ と に 必 死 だ っ た 。 ま な う ら 目 裏 に 悪 夢 が 蘇 る 。 一 歩 一 歩 近 づ い て く る 男 と 、 あ の 夢 で 羽 月 に 触 れ よ う と し た 赤 い 影 が だ ぶ っ た 。 あ の 影 は 由 和 の 無 害 な も の だ っ た と い う け れ ど 、 目 の 前 の こ れ は 違 う 。 ( こ な い で ) 声 に 出 せ ず に 首 を 振 っ た 。 膝 が 震 え て 立 っ て い ら れ ず 、 そ の 場 に 腰 を 落 と し た 。 視 点 が 変 わ か え り 、 自 分 が 小 さ な 子 供 に 還 っ た 気 が し た 。 ( 殺 さ な い で ) ど こ か 遠 く で 、 子 供 の 声 が す る 。 泣 き 叫 ぶ 幼 い 少 女 。 殺 さ な い で ! 十 五 年 前 の 自 分 だ ろ う か 。 そ れ と も 、 繰 り 返 し 見 て 来 た 夢 の 中 で 、 泣 き つ づ け て き た 羽 月 夢 か う つ つ か 、 羽 月 に は わ か ら な く な り は じ め て い た 。 〈 香 気 〉 が 強 く 自 分 を 包 み 込 ん で い

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


羽 月 は 自 分 の か す れ た 声 を 耳 に し な が ら 、 布 団 を 突 き の け る よ う に し て 起 き 上 が っ た 。 夢 の の 中 だ け で な く 、 本 当 に 叫 ん で い た よ う だ 。 影 見 な れ た 部 屋 が 視 界 に 飛 び 込 ん で く る 。 羽 月 の 部 屋 だ 。 羽 月 の べ ッ ド で 、 羽 月 の 布 団 。 人 理 解 し て 、 ど っ と た め 息 を つ い た 。 前 の め り に 倒 れ る 。 ( 夢 か ら 、 醒 め ら れ た ん だ : : : ) 細 か い も の に 、 泣 き 喚 き た く な る 。 霧 が 、 ふ た た び 動 い た 。 近 づ い て く る 赤 い も の を 、 羽 月 は 夢 中 で 振 り 払 う 。 「 あ っ ち い っ て ! 行 っ て っ た ら ! 」 銀 の 爪 が 霧 を か す め る 。 赤 い も の が 乱 さ れ て 散 る 。 キ ク ン ↓ ャ : レ コ フ 、 刀 ・ カ 子 / 何 か が 、 人 差 し 旨 こ ー っ ひ と が た そ の 時 だ し ぬ け に 、 ま る で 彼 女 が 引 っ 張 り 起 こ し た か の よ う に 、 黒 い 人 形 が 目 の 前 に ふ ら り と 立 ち 上 が っ た 。 そ こ で 、 目 が 醒 め た 。 わ め っ こ 0 ふ と ん

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


226 返 し 、 羽 月 は あ の 夢 を 見 て き た の だ か ら 。 さ び ふ い に 昼 間 の 陽 気 な 遊 園 地 が 色 を 変 え た 気 が し た 。 羽 月 の 視 界 に 映 る 観 覧 車 は 錆 の 色 で 構 成 た だ さ れ 、 波 の よ う に う ね る 弧 が さ ま ざ ま な 色 で 塗 り わ け ら れ た 園 内 の 舗 装 も 、 あ の 夢 と 同 じ 爛 れ た 肉 色 の グ ラ デ ー シ ョ ン に 変 わ る 。 「 羽 月 さ ま っ 」 支 え よ う と す る か の よ う に 伸 ば さ れ る 由 和 の 手 に 、 羽 月 は か ぶ り を 振 っ た 。 : 彼 さ え も 、 夢 の っ ち け 中 の 一 員 の よ う に 土 気 色 の 肌 を し て い る 。 屍 鬼 の よ う に 。 「 逃 げ な い と 」 自 分 の 声 が 、 羽 月 の 中 で 切 実 に 響 い た 。 そ う 、 逃 げ な い と 。 逃 げ な い と ー こ の 夢 の 中 で 捕 ま れ ば 、 死 ん で し ま う の だ 。 赤 紫 の 闇 の 中 で 羽 月 は 息 絶 え る こ と に な る 。 「 逃 げ な い と ! 」 「 あ っ 」 走 り 出 し た 羽 月 は 、 男 の み じ か い 悲 鳴 を 聞 い た 。 そ れ が 馨 の も の な の か 由 和 の も の な の か は わ か ら な い 。 気 に か け て い る 時 で は な か っ た 。 羽 月 の 心 は た っ た ひ と こ と が 支 配 し て い る 。 『 殺 さ れ る 』 。 サ イ レ ン 幼 い 頃 か ら 見 て き た 夢 は 、 い っ か 来 る 現 実 へ の 警 鐘 だ っ た の か も し れ な い 。 お ま え は い っ か こ う や っ て 狩 ら れ る 。 殺 さ れ る 。 よ く そ れ を 覚 え て お く ん だ 。 そ の 時 逃 げ ら れ る よ う に 。 し き

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


( 夢 は 終 わ っ て : ・ 羽 月 は 門 の よ う な 場 所 に 行 き 当 た っ た 。 爛 れ た 色 の 、 け れ ど 質 感 は 古 い 木 の 扉 。 か か っ て い る 閂 は 、 ま る で 錆 び つ い て い る か の よ う に び く と も し な い 。 ( あ け て ! こ こ か ら 出 し て ! ) ど う し て 夢 は 終 わ ら な い の か 、 な ぜ 目 覚 め な い の か ー と う の ( 出 し て 、 助 け て ! 塔 埜 ! ) 金 切 り 声 で 、 羽 月 は 兄 を 呼 ん で い た 。 ( と う の 、 と う の ー ー ー 塔 埜 ! ) ふ い に 何 か が 肩 に 触 れ 、 羽 月 は 振 り 向 い て 扉 に 背 を 打 ち 付 け た 。 ( ヒ ッ ! ) ひ と が た 息 を 呑 む 音 が 大 き く 響 い た 。 ー ー 赤 い 人 形 , き り そ こ に あ る の は も や も や と し た 赤 い も の だ っ た 。 霧 の よ う な 細 か い も の が 集 ま っ て 、 形 を 取 っ て い る 。 そ れ が 塔 埜 で あ る は ず が な い ー 「 こ な い で ! さ わ ら な い で リ 羽 月 は 絶 叫 し た 。 こ れ 以 上 は さ が れ な い 。 「 向 こ う に 行 っ て ! あ っ ち に 行 っ て え っ ! 」 赤 い 霧 は 、 手 を 伸 ば し か け た 形 の ま ま 、 た め ら う か の よ う に 止 ま っ て い る 。 ふ わ ふ わ と 舞 う か ん ぬ き

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


馨 に 答 え る 由 和 の 声 は 、 羽 月 の 耳 に 最 後 ま で 聞 こ え な か っ た 。 そ の 瞬 間 、 羽 月 の 身 体 に 異 様 羽 月 の 〈 香 気 〉 が 吹 き 上 げ た , な も の が 触 れ た の だ ー ほ ろ ; ) う . 獣 の 咆 哮 の よ う な 彼 女 の 悲 鳴 に 、 園 内 の 人 々 が 何 事 か と 振 り 向 く 。 職 員 で あ る 清 掃 員 や ア ト ラ ク シ ョ ン の 運 転 ス タ ッ フ は 事 故 で も 起 き た の か と 反 射 的 に 身 構 え て い た 。 羽 月 に は そ れ ら に か ま っ て い る 余 裕 は な か っ た 。 ぬ め っ と し た 触 覚 の も の が 、 腕 に 、 足 に 無 か ら 数 に 絡 み つ い た の だ 。 皮 膚 の 内 側 に 鳥 肌 が 立 つ よ う な 感 触 に 、 吐 き 気 が こ み 上 げ た な ( 気 持 ち 悪 い 、 頭 の 中 を ざ ら ざ ら し た も の で 舐 め ら れ て い る み た い : が く ぜ ん 振 り 払 お う と 腕 を 見 て 愕 然 と し た 。 腕 に も 、 足 に も 感 触 は あ る の に 、 何 も つ い て い な い 。 「 シ シ ン つ ぶ や い た 羽 月 は び く ん 、 と 体 を 弓 な り に 反 ら せ た 。 頭 の 中 で 、 何 か と な に か が つ な が っ 8 み ( こ の 感 覚 は : の 影 あ の 夢 だ と 気 付 い た 羽 月 は 震 え 出 し た 。 あ の 不 吉 な 色 の 夢 。 走 っ て も 走 っ て も 追 い か け て く 人 る 、 羽 月 に 絡 み 付 い て 闇 の 中 へ 引 き ず り 込 も う と す る 触 手 の 夢 。 自 分 の 内 側 に 入 っ て こ よ う と す る そ れ の い や ら し さ を 、 間 違 え る は ず は な い 。 幾 度 も 、 繰 り か ら だ

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


に ら す 推 測 し て い る の だ ろ う 、 馨 が 由 和 を 睨 み 据 え て い る 。 通 話 を 終 え た ら 話 し て や る と 、 軽 く 指 先 で 合 図 し て 、 彼 は 言 っ た 。 「 辿 っ て や ろ う 。 気 に な る 女 が 一 人 い る 」 息 を 呑 ん だ き り 答 え な い 紫 子 に 、 こ ち ら 側 で 由 和 は 笑 ん だ 。 及 ぶ 限 り 考 え を め ぐ ら せ て い る の が 、 手 に 取 る よ う に わ か る 。 悪 い 申 し 出 で は な い は す だ 。 『 結 果 が ど う で あ れ 、 必 ず 告 げ る な ら 約 束 す る わ 。 こ 0 ち は 切 豺 ま 0 て る 。 そ う で な け れ ば 、 あ な た に 頼 ま な い 』 つ ぶ や 紫 子 は 疲 れ た よ う に 呟 い た 。 も し か し た ら 、 こ れ か ら 由 和 の し よ う と し て い る こ と に 感 づ い た の か も し れ な い 。 「 わ か っ た 。 結 果 は 追 っ て 連 絡 す る 」 し ん び よ う せ い 由 和 は 囁 く よ う に 言 っ て 、 通 話 を 打 ち 切 っ た 。 最 後 の セ リ フ に は 、 自 分 で も 信 憑 性 が な い な 夢 と 思 い な が ら 。 み 切 り 札 は 彼 の 手 の 中 に あ る と 言 っ て も い い は ず だ 。 ど こ の 誰 が 探 し 回 っ て い よ う と 、 現 在 彼 女 に も っ と も 近 づ い て い る の は 、 彼 だ ろ う 。 り ・ よ う ・ け ん 人 だ が 、 そ れ も 時 間 の 問 題 だ っ た 。 遅 か れ 早 か れ 、 猟 犬 た ち も あ の 少 女 に た ど り 着 く 。 「 辿 る っ て 、 桜 間 は 誰 を 追 わ せ よ う と し て る ん だ ? 」 の

人は影のみた夢―マリオネット・アポカリプス〈1〉 (コバルト文庫)


( ア ニ キ に ) 一 瞬 浮 か ん だ そ の 考 え を 、 生 駒 は わ す か な た め ら い と 共 に 振 り 捨 て た 。 ( 教 え る も の か ! ) あ ん な 奴 に 教 え る 必 要 は な い 。 羽 月 を 傷 つ け た い 放 題 に し て い る 塔 埜 を 生 駒 が 好 き に な れ る わ け が な か っ た 。 そ し て 教 え ら れ る 訳 も な か っ た 。 塔 埜 は 、 来 て い な い の だ か ら 。 学 校 を サ ポ っ た 。 ( ざ ま あ み ろ ) ば と う 帰 っ て 叱 ら れ れ ば い い と 底 意 地 悪 く 思 っ た 。 富 貴 子 に 罵 倒 さ れ れ ば い い 。 す べ て の 場 面 に お い て 、 羽 月 に 何 か あ れ ば 、 そ れ は 塔 埜 の 責 任 だ っ た 。 失 態 だ っ た 。 ほ く そ え ん だ 生 駒 は 校 外 へ 走 り 出 し な が ら 、 姉 を 無 事 に 連 れ 帰 る 自 分 の 姿 を 夢 想 す る 。 玄 関 に 誰 か 立 っ て い る 。 車 を 地 下 車 庫 に 入 れ 、 エ レ ベ ー タ ー で 七 階 に 上 が っ た 富 貴 子 は 、 人 影 を 認 め て わ ず か に 眉 を の ひ そ め た 。 は ま だ 若 い 女 だ 。 流 行 り の シ ン プ ル な 革 コ ー ト を 着 て 、 足 元 は プ ー ツ 。 セ ミ ロ ン グ の 髪 の 向 こ う に 、 白 い 貌 と 通 っ た 鼻 筋 の 先 が み え る 。 え し や く 気 配 に 気 付 い た 女 は 振 り か え っ た 。 か す か な 笑 み と 軽 い 会 釈 に 、 富 貴 子 は つ い 冷 た い 顔 を 作 や っ か お