検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡から 558件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


ま い に ち じ ん ち ょ う に ゆ う し よ じ よ う お も む き 百 首 の 歌 の 中 に 、 「 毎 日 晨 朝 入 諸 定 」 の 趣 を 式 子 内 親 王 し ゅ じ よ う ば ん の う 。 静 か な 暁 ご と に 見 わ た す と 、 衆 生 の 、 ま だ 煩 悩 に と ざ さ 集 四 れ て 、 深 い 夜 の 迷 い の 夢 か ら 覚 め な い で い る こ と が 悲 し 和 い こ と だ 。 さ い ど ぜ ん じ よ う じ ぞ う ば さ っ 古 毎 朝 禅 定 に 入 り 、 衆 生 済 度 を 念 じ て い る 地 蔵 菩 薩 の 心 新 に な っ て の 作 。 「 ま だ 深 き 夜 の 夢 」 に 、 作 者 の 夢 も 重 な っ て 、 哀 感 を 深 く し て い る 。 し ゅ じ ゅ し ょ あ く し ゅ ほ っ し ん ふ も ん ば ん 『 発 心 和 歌 集 』 の 歌 。 「 普 門 品 」 の 「 種 々 諸 悪 趣 」 選 子 内 親 王 か ん ぜ お ん 観 世 音 菩 薩 に お 目 に か か る こ と を 、 ど こ で と お 約 束 す る つ ら こ と が で き よ う か 。 辛 い 身 は 、 悪 趣 の う ち の ど こ へ 行 こ う と す る の か 、 そ の 方 向 を 知 ら な い の で 。 あ く 1 、 う 悪 業 を 重 ね て 、 「 普 門 品 」 に 説 く 諸 悪 趣 の ど こ に 行 く の か わ か ら な い 身 の 嘆 き を 、 観 世 音 菩 薩 に 訴 え た 作 。 観 世 音 菩 薩 に 対 す る 、 恋 情 に 通 じ る 親 し み が 、 哀 感 を 1971 に じ ま せ て い る 。 ご ひ や く で し ば ん 「 五 百 弟 子 品 」 の 趣 を 僧 都 源 信 玉 を か け た 衣 の 裏 を 返 し て 見 て 、 は じ め て 、 自 分 の 愚 か で あ っ た 心 を 知 っ た こ と だ 。 「 五 百 弟 子 品 」 の 、 衣 の 裏 の 珠 の 寓 話 に あ る 、 男 の 心 か ん け い で の 作 。 男 の 心 に な り き り 、 端 的 ・ 簡 勁 に 道 破 し て 、 迫 力 が あ る 。 ゆ い ま よ う じ ゅ う ゆ し し ん に よ む 『 維 摩 経 』 の 「 十 喩 」 の 中 に 、 「 此 身 如 夢 」 と い っ て い る 趣 を 赤 染 衛 門 3 夢 が 夢 で あ る の か 、 現 実 が 夢 で あ る の か と 、 区 別 が わ か ら な い こ と よ 。 い っ た い 、 ど の よ う な 世 に 覚 め よ う と す る の で あ ろ う か 。 む げ ん 人 間 の 身 は 夢 幻 の よ う だ と 見 る 仏 教 思 想 を 、 作 者 の 実 感 と し て い た 、 内 面 的 強 烈 さ が 響 き 出 て い る 。 1972 た ま

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


ひ や く し ゅ の う た ま い に ち じ ん て う に ふ し ょ ぢ ゃ う し よ く し な い し ん わ う 一 「 毎 日 晨 朝 ニ 諸 定 ニ 入 ル 」 。 地 蔵 菩 薩 の 式 子 内 親 王 百 首 歌 の 中 に 、 毎 日 晨 朝 入 諸 定 の 心 を え ん み や う 四 こ と を 説 い た 『 延 命 地 蔵 経 』 の 句 。 「 晨 朝 」 よ あ か っ き 1 れ ギ 工 4 う ・ ぜ ん じ よ う は 、 朝 の 勤 行 。 「 諸 定 ニ 入 ル は 、 禅 定 に 入 る 静 か な る 暁 ご と に 見 わ た せ ば ま だ 深 き 夜 の 夢 ぞ 悲 し き 意 で 、 精 神 を 統 一 し 静 寂 の 境 に 入 る こ と 。 一 寛 弘 九 年 ( 一 0 一 一 D 八 月 、 選 子 内 親 王 が 諸 せ ん し な い し ん わ う ふ も ん ば ん し ゅ じ ゅ し ょ あ く し ゅ ほ っ し ん わ か し ふ 経 文 を 題 と し て 詠 ん だ 釈 教 歌 五 十 五 首 か 発 心 和 歌 集 の 歌 。 普 門 品 、 種 々 諸 悪 趣 選 子 内 親 王 ら 成 る 家 集 。 ニ 『 法 華 経 』 二 十 八 品 中 の 第 二 ち ぎ か た か ん ぜ お ん 逢 ふ こ と を い づ く に て と か 契 る べ き 憂 き 身 の ゆ か ん 方 を 知 ら 十 五 。 観 泄 音 菩 薩 が 、 衆 生 の 諸 難 を 救 い 、 あ ま ね く 教 化 す る こ と を 説 い て あ る 。 三 「 種 々 あ く ′ 一 う ノ 諸 悪 趣 」 。 「 悪 趣 」 は 、 悪 業 の 結 果 、 死 後 に ね ば 行 か な け れ ば な ら な い 苦 悩 の 世 界 。 地 獄 道 ・ ち く し よ う 餓 飢 道 ・ 畜 生 道 な ど 。 四 観 世 音 菩 薩 に 逢 う こ と 。 五 こ こ で は 、 悪 業 を 重 ね て い る 身 。 一 ↓ 一 空 一 の 注 一 。 ニ 「 五 百 弟 子 受 記 品 」 の ほ よ ′ 2 し ゅ 中 に 、 貧 し い 男 が 、 親 友 の 家 で 宝 珠 を 衣 の 裏 に 縫 い つ け て も ら っ て い た こ と を 知 ら ず 、 他 国 に 衣 食 を 求 め 歩 い て 苦 し ん で い た が 、 の ち に ふ た た び そ の 親 友 に 逢 い 、 宝 珠 の こ と を ぐ う わ ぶ っ し よ う 歌 知 ら さ れ て 歓 喜 し た 、 と い う 寓 話 で 、 仏 性 を ゆ い ま ぎ ゃ う じ ふ ゅ し し ん に よ む あ か ぞ め も ん 教 授 け ら れ な が ら 、 無 知 の た め に 仏 道 を 悟 ら な 釈 赤 染 衛 門 維 摩 経 十 喩 の 中 に 、 此 身 如 夢 と い へ る 心 を い 者 が 、 釈 迦 の 教 化 に よ っ て 救 わ れ る こ と を 十 た ま 第 夢 や 夢 う つ つ や 夢 と 分 か ぬ か な い か な る 世 に か 覚 め ん と す ら 教 え て い 説 「 衣 の 裏 の 珠 」 の た と え 。 一 『 維 摩 経 』 に あ る 、 人 の 身 の は か な さ を 巻 た と え た 十 の た と え 。 ニ 「 コ ノ 身 ハ 夢 ノ ん ゴ ト シ 」 。 『 赤 染 衛 門 集 』 の 詞 書 は 「 ま ば ろ し の ′ と し 」 。 そ う づ げ ん し ん ご ひ や く で し ば ん 五 百 弟 子 品 の 心 を 僧 都 源 信 こ ろ も う ら 玉 か け し 衣 の 裏 を 返 し て ぞ お ろ か な り け る 心 を ば 知 る 1971 た ま 四 あ わ み

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


197 巻 第 十 五 恋 歌 五 1380 1377 1378 あ か ぞ め ゑ も ん 赤 染 衛 門 題 知 ら ず い か に 寝 て 見 え し な る ら ん う た た 寝 の 夢 よ り の ち は も の を こ そ 思 へ あ し や ま ぐ ち の お ほ き み ち ゅ う な ご ん や か も ち 山 口 女 王 中 納 言 家 持 に 遣 は し け る 蘆 べ よ り 満 ち く る 潮 の い や ま し に 思 ふ か 君 が 忘 れ か ね つ る よ 塩 竈 の 前 に 浮 き た る 浮 島 の 浮 き て 思 ひ の あ る 世 な り け り し ほ が ま お お と も の や か も ち 一 大 伴 家 持 。 ニ 第 一 ・ 二 句 は 、 「 い や ま し に の 有 意 の 序 詞 。 三 い よ い よ 。 0 『 万 葉 集 』 の 原 歌 は 、 第 四 句 を 、 「 念 歟 君 之 」 と 表 記 、 「 思 へ か 君 が 」 と 訓 じ て い る 。 「 思 へ か 」 は 、 「 君 へ ば か 」 と 同 じ で 、 思 う か ら か 、 の 意 。 0 『 古 今 六 帖 』 に は 、 作 者 を 山 口 女 王 と す る が 、 作 風 か ら 見 て 、 平 安 時 代 の 歌 人 の 作 と 考 え ら れ る 。 一 宮 城 県 塩 竈 市 。 松 島 湾 か ま ど 沿 岸 。 海 水 を 煮 て 塩 を 製 す る 竈 で あ る 「 塩 竈 」 を き か せ た 。 ニ 塩 竈 の 浦 に あ る 島 。 上 三 句 は 、 「 浮 き て 」 の 序 詞 。 三 「 思 ひ 」 の 「 ひ 」 に 「 火 」 を か け 、 「 塩 竈 」 の 縁 語 。 匹 男 女 の 仲 。 幸 参 煮 ・ 朝 な 朝 な 立 っ 川 霧 の 空 に の み 浮 き て 思 ひ の あ る 世 な り け り 」 ( 古 今 ・ 恋 一 読 人 し ら ず ) 。 本 歌 「 宵 々 に 枕 定 め む 方 も な し い か に 寝 し 夜 か 夢 に 見 え け む 」 ( 古 今 ・ 恋 一 読 人 さ ん ぎ た か む ら 参 議 篁 し ら ず ) 。 一 『 赤 染 衛 門 集 』 に は 、 詞 晝 ・ か か る こ と 聞 え て 、 す げ な う も て な さ れ て 、 も の か り ね う ち 解 け て 寝 ぬ も の ゆ ゑ に 夢 を 見 て も の 思 ひ ま さ る こ ろ に も 嘆 か し げ に て 女 」 。 = 仮 寝 で 見 え た 夢 。 男 と の 一 夜 の は か な い 逢 い を 暗 示 。 0 『 赤 染 衛 門 集 』 に 、 第 三 包 ・ 暁 の 」 。 あ る か な 一 心 が う ち 解 け て 寝 も し な い の に 。 ニ 恋 い 慕 う 女 の 夢 。 0 『 篁 集 』 の 歌 形 は 、 「 う ち 解 け ぬ も の ゆ ゑ 夢 を 見 て さ め て あ か ぬ 伊 勢 も の 思 ふ こ ろ に も あ る か な 」 。 と ね 、 つ き し ま 1377

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


山 口 女 王 中 納 言 家 持 に 詠 み 贈 っ た 歌 蘆 の 生 え て い る 岸 べ か ら 満 ち て く る 潮 の よ う に 、 し し よ 思 う の か 、 あ な た が 忘 れ ら れ な い で い ま す 。 集 第 四 句 が 、 原 歌 の 語 格 の 緊 張 を ゆ る め て は い る が 、 ひ 和 た ひ た と 高 ま る 恋 情 を 鮮 烈 に 生 動 さ せ て い る 序 詞 は 、 今 い か に も 『 万 葉 集 』 の 作 ら し い 古 新 し お が ま 8 火 の 絶 え な い 塩 竈 の 前 の 波 に 浮 い て い る 浮 島 で は な い の 1 で す が 、 心 が 落 ち 着 か な い で 、 思 い と い う 火 の 絶 え な い で い る 、 あ な た と の 仲 で あ る こ と で す 。 不 安 な 恋 情 に い る 心 を 訴 え た 作 。 『 古 今 集 』 に 下 句 の ま っ た く 同 じ 作 が あ り 、 声 調 軽 快 で あ る が 、 こ の 作 は 「 浮 き 」 の く り 返 し に も か か わ ら ず 重 い 赤 染 衛 門 題 知 ら す ど の よ う に 寝 て 、 あ な た と 逢 っ た 夢 が 見 え た の で し よ う か 。 う た た 寝 に 見 え た あ の 夢 か ら の ち は 、 ず っ と 、 も の 1377 1379 思 い を し て い る こ と で す 。 第 一 ・ 二 句 、 本 歌 に よ っ て い る 。 家 集 に よ る と 、 男 か ら 冷 淡 に あ し ら わ れ 、 男 と 過 し た 一 夜 を 夢 と 恨 む 心 を 訴 え た 作 だ が 、 本 歌 と 同 様 、 夢 の あ と の 嘆 き と し て 味 わ い た い 抒 情 で あ る 。 参 議 篁 。 心 が う ち 解 け て 寝 も し な い の に 、 恋 い 慕 う 女 の 夢 を 見 て 、 1 も の 思 い の く わ わ る こ の ご ろ で あ る こ と よ 。 恋 情 の 苦 し さ で う ち 解 け ら れ な い う た た 寝 に 、 女 に 逢 え た 夢 を 見 て 、 も の 思 い が さ ら に ま さ っ た と い う の で あ る 。 直 叙 的 詠 嘆 に 実 感 の 迫 力 が あ る 。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


393 巻 第 十 八 雑 歌 下 1769 か も の す ゑ や す 賀 茂 季 保 開 さ り と も と 頼 む 心 の ゆ く 末 も 思 へ ば 知 ら ぬ 世 に ま か す ら ん 1772 1770 一 辛 い な が ら も 。 ニ 住 む と 住 ん で い ら 読 人 し ら ず 題 知 ら ず れ る 世 に 。 三 故 郷 の 昔 の 夢 と し て 持 ち ふ る さ と 憂 き な が ら あ れ ば あ る 世 に 故 郷 の 夢 を う つ つ に 覚 ま し か ね つ づ け て い る 思 い 出 。 「 故 郷 」 の 「 ふ る 」 に 、 「 世 に 経 る ( 世 に 時 を 過 す ) 」 の 「 経 る 」 を か け た 。 四 今 の 現 実 の こ と と し て 覚 す こ と が で き な く て も て 、 ま あ 。 「 も 」 は 詠 嘆 の 助 詞 。 み な も と の も ろ み つ 源 師 光 の ち ょ 憂 き な が ら な ほ 惜 し ま る る 命 か な 後 の 世 と て も 頼 み な け れ ば あ ら き だ の な が の ぶ 荒 木 田 長 延 つ く づ く と 思 へ ば 安 き 世 の 中 を 心 と 嘆 く わ が 身 な り け り や す す ゑ ふ る さ と 一 そ れ に し て も こ の ま ま で は あ る ま い い く ら な ん で も こ の ま ま で は あ る ま い 希 望 を つ な ぐ 気 持 を 表 す 。 ニ 頼 み に す る 心 の 将 来 。 三 ど う な る の か わ か ら な い 世 。 0 『 師 光 集 』 の 詞 書 は 、 「 述 懐 十 首 の 中 に 」 。 一 や は り 。 ニ 死 後 に 生 れ 出 る 世 界 。 後 世 、 来 世 と も 。 三 頼 み に で き る あ て が な い の で 。 極 楽 に 必 ず 救 わ れ る と い う あ て が な い の で 、 と い う 意 。 一 安 ら か な 。 安 心 の で き る 。 ニ 自 分 の 1 心 か ら 。 自 分 の 心 の 持 ち ょ う か ら 。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


一 人 が わ た し を 忘 れ て し ま っ た な ら ば 。 ニ 生 き て い よ う か 、 生 き て は い ま 、 三 生 き て い な い こ と 。 死 ぬ こ と 。 7 一 自 分 か ら 、 遠 の く 人 。 ニ ど う し て 。 0 『 西 行 法 師 家 集 』 に 、 第 四 句 ・ 知 ら れ ず さ い ぎ ゃ う ほ ふ し 西 行 法 師 あ り し 」 。 一 あ の 人 が 、 約 束 を 固 め た の は 。 ニ こ を り の よ う に 、 わ た し を 忘 れ る で あ ろ う と 思 う と く な る 人 を な に と て 恨 む ら ん 知 ら れ す 知 ら ぬ 折 も あ り っ て の 情 愛 。 一 建 仁 元 年 ( 一 = 0 一 ) 三 月 二 十 九 日 、 後 鳥 羽 院 主 催 の 「 新 宮 撰 歌 合 」 。 ニ 一 度 逢 っ て み ち ち か 契 っ た の ち 逢 う こ と の な い 恋 。 三 源 通 親 。 四 ふ た り で 逢 っ た 夜 の こ と は 。 「 あ ひ 見 る 」 は 、 今 ぞ 知 る 思 ひ 出 で よ と 契 り し は 忘 れ ん と て の な さ け な り け り 男 女 関 係 を 結 ぶ 意 。 = 今 で は 昔 話 と な っ た 現 実 。 六 そ の 逢 っ た 時 の 約 束 の 言 葉 。 セ 「 と や 言 ふ 」 の 省 略 表 現 。 本 歌 ・ か き く ら す 心 の 闇 に ま ど ひ に き 夢 け ん に ん や よ ひ う た あ は せ あ ヒ テ ギ 一 ル あ ハ こ ひ っ ち み か ど の な い だ い じ ん よ ひ と う つ つ と は 世 人 定 め よ 」 ( 古 今 ・ 恋 三 在 建 仁 元 年 三 月 、 歌 合 に 、 遇 不 レ 逢 恋 の 心 を 土 御 門 内 大 臣 四 原 業 平 ) 。 一 理 性 を 失 い 、 乱 れ て 何 も か も わ む か し が た 歌 9 四 恋 四 あ ひ 見 し は 昔 語 り の う つ つ に て そ の か ね ご と を 夢 に な せ と や か ら な い 心 の 状 態 。 心 の 迷 い 。 こ こ で は 、 愛 四 情 ゆ え に 理 性 を 失 っ た 心 。 ニ 縁 。 関 係 の あ 十 る も の 。 「 と も 」 の 「 も 」 は 詠 嘆 の 助 詞 。 三 逢 第 巻 っ た こ と が は か な く て 、 夜 の 夢 だ と い う の で ご ん ち ゅ う な ご ん き ん つ ね 権 中 納 言 公 経 あ る 。 「 見 し 」 に 、 夢 を 見 た 意 と 、 逢 っ た 意 と を か け た 。 「 夢 」 は 「 闇 」 の 縁 語 。 ・ 新 宮 撰 歌 合 」 に は 、 結 包 ・ ・ た れ か 頼 ま ん 」 。 あ は れ な る 心 の 闇 の ゆ か り と も 見 し 夜 の 夢 を た れ か 定 め ん 1296 忘 れ な ば 生 け ら ん も の か と 思 ひ し に そ れ も か な は ぬ こ の 世 な や み ニ 六 さ だ よ 1296

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


和 泉 式 部 よ よ 恋 今 朝 は し も 嘆 き も す ら ん い た づ ら に 春 の 夜 ひ と 夜 夢 を だ に 卅 見 で 0 1176 よ 一 女 の 家 の 人 が 寝 静 ま る こ ろ 。 ニ た い 夏 の 夜 、 女 の も と に ま か り て 侍 り け る に 、 人 静 ま る ほ そ う 。 三 夏 の 夜 だ か ら 短 い の で あ る 。 あ ふ ぢ は ら の き ょ た だ ど 、 夜 い た う 更 け て 、 逢 ひ て 侍 り け れ ば 、 よ み け る 藤 原 清 正 四 更 け て い く の で 。 五 前 も っ て な ん と な く き ぬ ぎ め 辛 い 。 六 後 朝 の 別 れ を す る 暁 。 0 『 清 正 集 』 よ 四 あ か っ き に 、 結 包 ・ 暁 の 道 」 。 み じ か 夜 の 残 り す く な く 更 け ゆ け ば か ね て も の 憂 き 暁 の 空 か よ そ あ し た だ い な 1 」 ん き よ か げ 女 み こ に 通 ひ 初 め て 、 朝 に 遣 は し け る 大 納 言 清 蔭 あ ご こ ろ 明 く と い へ ば し づ 心 な き 春 の 夜 の 夢 と や 君 を 夜 の み は 見 ん も の が た り 三 月 の こ ろ 、 夜 も す が ら 物 語 し て 帰 り 侍 り け る 人 の 、 今 朝 は い と ど も の 思 は し き よ し 申 し 遣 は し た り け る に 題 知 ら ず や よ ひ 四 よ る あ か ぞ め ゑ も ん 赤 染 衛 門 づ み し き ぶ 一 い よ い よ 悩 ま し い と い う こ と 。 ニ む な し く 。 訪 れ て も む だ に 。 ◆ 『 和 泉 式 部 続 集 』 に 、 第 四 句 「 春 の 一 夜 の 」 。 一 皇 女 。 醍 醐 天 皇 の 皇 女 、 韶 子 内 親 王 。 ニ 夜 を 共 に し た 翌 朝 。 三 夜 が 明 け る と い う の で 。 四 落 ち 着 い た 心 。 0 「 お な じ お き よ か げ と ど ( 源 清 蔭 ) 、 か の 宮 ( 韶 子 内 親 王 ) を え た て み か ど ま つ り た ま ひ て 、 帝 の あ は せ た て ま つ り た ま へ り け れ ど 、 は じ め ご ろ 、 し の び て 夜 な 夜 な 通 ひ た ま ひ け る こ ろ 、 帰 り て 」 ( 大 和 物 語 十 1177

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


一 秘 め か ね て 。 ニ し つ か り と 堰 き と め て 。 「 か へ し 」 は 強 意 。 三 恋 を し て い る と い う 辛 い 評 判 を た て て く れ る な 。 「 う き 名 」 に 、 「 浮 名 」 と 「 憂 き 名 」 と を か け た 。 「 漏 ら す 」 は 「 涙 」 の 縁 語 。 か ね 一 治 承 三 年 ( 一 一 七 九 ) 十 月 十 八 日 に 、 藤 原 兼 ぎ ね 実 邸 で 催 さ れ た 「 右 大 臣 家 歌 合 」 。 こ の 作 - 一 う る い の 題 「 恋 」 。 ニ 涙 の 色 が 紅 涙 の 色 に な っ て い く こ と 。 逢 え な く て せ つ な い 悲 し み の 深 ま っ て い く こ と を 暗 示 。 三 ど の く ら い 深 い 色 に な る ま で 悲 し め と い う の か と 。 「 し ほ 」 は 、 「 入 」 で 、 染 め る 布 を 一 度 染 料 に ひ た す こ と を ひ と し ほ ひ や く し ゅ の う た の な か 百 首 歌 中 に 式 子 内 親 王 「 一 入 」 と い う の に よ る 。 「 幾 し ほ 」 は 「 色 」 の 縁 語 。 紅 に 涙 の 色 の な る 』 と 言 ふ は 常 の こ と に て こ そ 侍 れ ど 、 『 幾 し ほ ま で と 君 に 問 は 夢 に て も 見 ゆ ら ん も の を 嘆 き つ つ う ち 寝 る 宵 の 袖 の け し き は ば や 』 と 言 へ る 末 の 句 、 よ ろ し く 侍 る め り 」 ( 右 大 臣 家 歌 合 藤 原 俊 成 の 評 ) 。 一 正 治 二 年 ( 一 = (0) 、 後 鳥 羽 院 主 催 の 「 初 か た 度 百 首 」 。 ニ 袖 の よ う す 。 涙 に 濡 れ た 袖 語 ら ひ 侍 り け る 女 の 、 夢 に 見 え て 侍 り け れ ば 、 よ み 侍 を 暗 示 。 0 参 煮 ・ 思 ひ つ つ 寝 れ ば や 人 の 見 え ご と く だ い じ の さ だ い じ ん 歌 り け る 後 徳 大 寺 左 大 臣 つ ら む 夢 と 知 り せ ば 覚 め ざ ら ま し を 」 ( 古 今 ・ 恋 二 小 野 小 町 ) 。 さ ね さ だ 5 一 言 い か わ し て い た 女 。 ニ 藤 原 実 定 。 + ロ 覚 め て の ち 夢 な り け り と 思 ふ に も 逢 ふ は な ご り の 惜 し く や は 三 名 残 の 惜 し く な い こ と が あ ろ う か 。 0 参 考 「 命 に も ま さ り て 惜 し く あ る も の は 見 あ ら ぬ み 果 て ぬ 夢 の 覚 む る な り け り 」 ( 古 今 ・ 恋 二 壬 ぶ の た だ み ね 生 忠 岑 ) 。 1 124 皿 忍 び あ ま り 落 つ る 涙 を 堰 き か へ し お さ ふ る 袖 よ う き 名 漏 ら す な 1123 に ふ だ う さ き の く わ ん ば く だ い じ ゃ う だ い じ ん の い へ の う た あ は せ 入 道 前 関 白 太 政 大 臣 家 歌 合 に く れ な ゐ 紅 に 涙 の 色 の な り ゆ く を 幾 し ほ ま で と 君 に 問 は ば や せ あ ぬ よ ひ ニ だ う い ん ほ ふ し 道 因 法 師 し よ く し な い し ん わ う な も

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


本 歌 「 わ く ら ば に 問 ふ 人 あ ら ば 須 磨 の 浦 も ー レ ほ た に 藻 塩 垂 れ つ つ わ ぶ と 答 へ よ 」 ( 古 今 ・ 雑 下 在 原 行 平 ) 。 一 ↓ 一 六 = 0 の 注 一 。 ニ 暇 で 静 か な 生 活 。 ↓ 一 六 一 一 0 の 注 = 。 三 た ま さ か に 。 ま れ に 。 四 足 跡 。 人 の 訪 れ た 足 跡 。 あ か ぞ め ゑ も ん 一 都 か ら あ る 所 へ 行 っ た 道 で 。 ニ き こ 赤 染 衛 門 つ ら -0 り 。 三 嘆 き と い う 木 を 伐 っ て い る 。 辛 す な げ き 樵 る 身 は 山 な が ら 過 ぐ せ か し 憂 き 世 の 中 に な に 帰 る さ を 嘆 き な が ら 、 木 を 伐 。 て 生 き て い る 。 「 な げ ( 嘆 ) き 」 の 「 き 」 に 「 木 」 を か け た 。 四 辛 ら ん 一 奈 良 県 生 駒 郡 。 上 三 句 、 「 立 」 「 立 ち 」 -0 の 関 係 で 、 「 立 ち て 」 の 有 意 の 序 詞 。 「 秋 さ れ ば 」 は 、 「 狩 人 越 ゆ る 」 と 「 立 ち て も ゐ て ま ろ 題 知 ら ず 人 丸 も 」 以 下 と の 両 方 に 密 接 に は た ら い て い る 。 0 『 万 葉 集 』 の 原 歌 は 、 作 者 未 詳 、 第 二 包 ・ ・ 雁 か . り び と 飛 び 越 ゆ る 」 、 結 包 ・ 君 を し そ 思 ふ 」 。 『 柿 本 秋 さ れ ば 狩 人 越 ゆ る 立 田 山 立 ち て も ゐ て も も の を し ぞ 思 ふ 集 』 で は 、 結 句 「 君 を し ぞ 思 ふ 」 。 一 「 朝 倉 」 は 、 筑 前 、 現 在 の 福 岡 県 朝 倉 郡 キ 一 い め い あ ん ぐ う 中 朝 倉 町 。 斉 明 天 皇 の 西 征 の 時 、 行 宮 の 置 て ん ち て ん わ う の お ほ ん う た 歌 天 智 天 皇 御 歌 か れ た 所 。 そ の 時 、 作 者 は 、 母 帝 の 皇 太 子 と 七 し て 同 行 。 ニ 丸 木 ( 切 り 出 し た ま ま の 木 材 。 あ さ く ら き ま ろ ど の ま る た と の い 第 朝 倉 や 木 の 丸 殿 に わ れ を れ ば 名 の り を し つ つ ゆ く は た が 子 ぞ 丸 太 ) 造 り の 粗 末 な 御 殿 。 = 宿 直 の 役 人 が 、 自 分 の 名 を 言 い な が ら 通 る こ と 。 四 だ れ の 巻 子 。 「 子 」 は 愛 称 。 0 参 煮 ・ 朝 倉 や 木 の 丸 殿 に わ が を れ ば ( 本 ) わ が を れ ば 名 の り を か ぐ ら う た し つ つ ゆ く は た れ ( 末 ) 」 ( 神 楽 歌 ・ 朝 倉 ) 。 1684 わ く ら ば に 訪 は れ し 人 も 昔 に て そ れ よ り 庭 の 跡 は 絶 え に き あ も の へ ま か り け る 道 に 、 山 人 あ ま た 逢 へ り け る を 見 て と た っ た や ま や ま び と 四 ひ と た っ か り

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


伊 勢 8 1 春 の 夜 の 夢 に 、 い た と 見 え た の で 、 あ き ら め て し ま っ た 1 人 が 待 た れ る こ と だ 。 集 意 識 的 に は あ き ら め て し ま っ た 恋 人 が 夢 に 見 え て 、 意 和 識 の 底 の 恋 情 を 呼 び 覚 し た の で あ る 。 「 春 の 夜 の 夢 」 ゅ う え ん が 、 感 味 を 優 艶 に し て い る 。 古 新 盛 明 親 王 2 薄 情 な あ の 人 を 春 の 夜 の 夢 に 見 た 、 そ の 夢 の し る し と し あ ー て 逢 う 時 は 、 薄 情 さ が 変 ら な い で あ ろ う と も 、 夢 に 見 た 程 度 だ け で で も あ る な ら ば 頼 み に し よ う 。 ひ ど く 薄 情 な 恋 人 が 、 春 の 夜 の 夢 で は 、 そ れ ほ ど 薄 情 で は な く 見 え た 。 そ の 夢 に す が る 期 待 の 表 白 で あ る 。 恋 情 の 執 着 の 機 微 を う が っ て い る 。 1383 1384 女 御 徽 子 女 王 つ ら 寝 て 見 る 夢 で 、 現 実 の 辛 さ も 自 然 に 忘 れ ら れ て 、 心 が 慰 め ら れ る よ う な こ と は 、 は か な い こ と で す 。 み か ど 帝 に 久 し く 逢 え な い 現 実 の 苦 し み が 、 逢 え た は か な い 夢 一 つ で 慰 め ら れ た 、 そ う い う 身 の は か な さ を か み し じ よ じ よ う め て い る 悲 哀 が 、 高 雅 に 抒 情 さ れ て い る 。 春 の 夜 、 女 の も と に 行 っ て 、 翌 朝 詠 み 贈 っ た 歌 大 中 臣 能 宀 日 朝 臣 あ れ ほ ど ま で 眠 ら な い で 明 か し た 春 の 夜 に 、 ど う し て 見 え た 夢 な の で し よ う か う れ し く て 眠 れ ず に 明 か し た 昨 夜 の 逢 い が 夢 の よ う だ と い う 実 感 を 、 眠 れ な い の に 見 え た 夢 が 不 思 議 だ と 発 想 し て い る と こ ろ 、 心 の は ず み が 見 え る 。