検索 - みる会図書館

検索対象: 小説推理 2017年1月号

小説推理 2017年1月号から 401件ヒットしました。

小説推理 2017年1月号


悪 夢 に け る 橋

小説推理 2017年1月号


交 差 す る 夢 と 現 実 む あ く ( 最 終 回 ) 悪 夢 に 架 け る 橋 ・ あ ら す じ ・ 仲 田 浩 枝 は 、 夫 ・ 伴 治 、 小 学 一 年 生 の 娘 ・ 麻 紀 と 団 地 出 張 帰 り に 、 ま だ 十 代 の エ リ 子 と 出 会 う 。 彼 女 の 父 親 ・ 桐 山 哲 ニ に 暮 ら す 専 業 主 婦 。 最 近 、 現 実 と 見 ま が う よ う な 「 人 が 死 ぬ 悪 夢 」 は 、 同 棲 し て い た 安 達 弥 生 殺 害 の 容 疑 を か け ら れ て い た が 、 片 岡 を に う な さ れ て い る 。 浩 枝 が あ る 晩 、 目 撃 し た の は 殺 害 現 場 だ っ た 。 歩 道 橋 で 襲 っ た は ず み に 転 落 死 し た 。 そ こ に 弥 生 の 妹 で 、 大 学 に 勤 遊 園 地 ・ ラ ン ド で ジ ェ ッ ト コ ー ス タ ー の 点 検 を し て い る 池 田 が 同 め る 直 子 が 伴 治 た ち の 前 に 現 れ る 。 直 子 は 、 弥 生 を 殺 し た 犯 人 は 別 僚 の 古 山 の 頭 を ハ ン マ ー で 叩 き 、 ジ ェ ッ ト コ ー ス タ ー か ら 突 き 落 と の 人 間 だ と 踏 ん で お り 、 独 自 に 動 き 始 め る 。 片 岡 は 、 弥 生 と 関 係 を し た の だ 。 し か し 翌 朝 、 テ レ ビ ニ ュ ー ス で 悪 夢 が 現 実 だ っ た こ 持 っ て い た た め 、 直 子 た ち の 動 き に 焦 り 、 証 拠 を 消 そ う と 躍 起 に な と を 知 り 、 同 級 生 だ っ た 刑 事 ・ 片 岡 に 匿 名 で 池 田 の 犯 行 を 告 発 す る が る 。 一 方 、 伴 治 は エ ス テ サ ロ ン の 女 社 長 に 雇 わ れ 、 付 き 合 わ さ れ た 危 機 ( 承 前 ) 空 港 に 迎 え の 車 が 来 て い た 。 運 転 手 が ド ア を 開 け 、 江 戸 伸 代 は 乗 ろ う と し て 、 後 に 続 い て い た 仲 田 へ 振 り 返 る と 、 「 何 た っ た ら 、 一 度 お 宅 へ 帰 っ た ら ? 」 カ と 一 言 っ た 。 し か し : 「 は : 仲 田 も 、 伸 代 が 突 然 の 思 い 付 き で も の を 言 う の に 大 分 慣 れ て い た 。 ち ょ っ と 迷 っ た も の の 、 「 そ れ で は 、 そ う さ せ て い た だ き ま す 」 「 今 日 は ゆ っ く り で い い わ よ 」 と 、 伸 代 は 車 に 乗 り な が ら 、 「 夜 の パ ー テ ィ ま で に 出 社 す れ ば 井 上 あ き む Ⅱ 画 ろ う 赤 川 次 郎 あ か が わ じ 108

小説推理 2017年1月号


( 0 ( 0 NOOO 字 、 、 、 ス テ リ ー 原 稿 用 紙 五 枚 に 秘 め ら れ た 謎 2 蒼 井 上 鷹 赤 川 次 郎 悪 夢 に 架 け る 橋 交 差 す る 夢 と 現 実 ー 4 カ ラ ス の 記 憶 男 を 殺 し た の は : ・ 秋 吉 理 香 子 五 十 嵐 貴 久 コ ヨ ー テ の 眼 孤 高 の ス ナ イ バ ー が 狙 う 8 0 破 滅 の 王 魔 都 ・ 上 海 。 。 最 終 兵 器 。 を 巡 る 男 た ち の 暗 く て 熱 い 戦 い 上 田 早 タ 里 海 道 龍 一 朗 魔 縁 三 障 四 魔 抄 加 藤 段 蔵 無 頼 伝 ・ 悪 忍 Ⅲ 4 自 由 は 死 せ す 板 垣 退 助 、 そ の 破 天 荒 か っ 激 動 の 人 生 ! ワ 」 門 井 慶 喜 ト 杉 健 治 声 な き 叫 ひ 水 木 弁 護 士 シ リ ー ズ 感 動 の 長 篇 ミ ス テ リ 1 4 孤 軍 越 境 捜 査 6 鷺 沼 & 宮 野 が 新 た な 事 件 に 挑 む ( 0 笹 本 稜 平 婚 舌 探 偵 私 は 今 日 も さ が す 、 未 来 の 妻 を 。 大 門 剛 明 み つ め ゆ え に 、 警 官 は 見 護 る 武 本 & 潮 崎 シ リ ー ズ 第 四 弾 ー 日 明 恩 田 中 兆 「 す 劇 団 貶 歳 悩 め る 中 年 男 五 人 、 一 一 十 年 ぶ り に 劇 団 再 結 成 ー 十 津 川 警 部 仙 石 線 殺 人 事 件 西 村 京 太 郎 福 田 和 代 星 星 の 火 2 あ の 通 訳 捜 査 官 が 帰 。 て き た , ・ 藤 野 千 夜 編 集 ど も 集 ま れ ! 出 版 残 酷 物 語 藤 野 千 夜 、 自 伝 的 編 集 者 ス ト 1 リ ー 杣 木 麻 子 さ ら さ ら 流 る 別 れ た 男 か ら 流 出 し て し ま 。 た 写 真 ー 新 ・ 餓 狼 伝 格 闘 小 説 の 金 字 塔 ー 夢 枕 獏 士 ロ ガ 英 梨 十 三 階 の 女 公 安 秘 密 組 織 の 若 き 女 性 刑 事 と テ 。 リ ス ト の 戦 い 表 紙 デ ザ イ ン / bookw 訓 イ ラ ス ト レ ー シ ョ ン / 中 川 学 ロ ゴ イ ラ ス ト / 風 間 勇 人 目 次 デ ザ イ ン / 松 岡 史 恵 0 双 葉 社 20 ワ 禁 無 断 転 載 好 評 工 ッ セ イ & 評 論 井 崎 脩 五 郎 278 炉 辺 閑 話 芸 術 超 人 力 タ ロ グ 岡 本 奇 太 郎 280 ト ラ ベ ル ・ ミ ス テ リ ー 探 訪 佳 多 山 大 地 300 川 﨑 品 平 204 テ ノ ウ チ 、 ム ネ ノ ウ チ マ イ シ ー ク レ ッ ト ラ イ フ 木 皿 泉 313 岸 本 葉 子 314 買 お う か と う か 思 ひ 出 名 力 士 劇 場 武 田 葉 月 238 乃 南 ア サ 78 犬 棒 日 記 味 わ い 様 々 面 白 漫 画 古 道 具 市 へ 行 こ う 。 カ ッ ヤ マ ケ イ コ 309 鉞 火 KATANA メ イ キ ン グ か ま た き み こ 195 今 宵 は 誰 と ー 小 説 の 中 の 女 た ち 一 喜 国 雅 彦 147 岸 浩 史 370 夢 を 見 た す ぎ や ま チ ヒ ロ 254 純 金 言 劔 樹 人 340 敗 者 復 活 の う た 。 月 の の 北 上 次 郎 222 ミ ス テ リ ー 【 海 外 】 ミ ス テ リ ー 【 国 内 】 香 山 二 三 郎 224 森 下 一 仁 226 SF 東 雅 夫 228 幻 想 と 怪 奇 大 矢 博 子 59 ・ 107 ブ ッ ク レ ビ ュ ー 日 下 三 蔵 393 ブ ッ ク レ ビ ュ ー 細 谷 正 充 35.251 ブ ッ ク レ ビ ュ ー 門 賀 美 央 子 253 ブ ッ ク レ ビ ュ ー 第 39 回 「 小 説 推 理 新 人 賞 」 募 集 要 項 427 最 終 回 最 終 回 冊 巻 頭 言 逢 坂 剛 剛 爺 の 平 成 言 葉 と が め グ ラ ビ ア 中 田 浩 資 カ メ ラ 片 手 に ア ジ ア め し 逸 木 裕 第 30 回 パ ロ ( プ ー タ ン ) 私 の と っ て お き シ ネ マ 172 第 186 回 リ レ ー エ ッ セ イ

小説推理 2017年1月号


握 ら れ て い た 。 じ ゃ ね え か 。 こ こ で 雲 雀 が あ ん た を 癒 や す こ こ う す る つ も り も な か っ た さ 。 約 束 通 り に 頭 ー ー ー 術 が 解 け た 反 動 で 縄 を 引 か れ ち ゃ 、 た と に し た こ と ぐ ら い 覚 え て る だ ろ 。 そ れ よ り の 痛 み が 止 ま り 、 雲 雀 が 無 事 な ら ば 、 お い ら ま ら ね え か ら な 。 も 、 頭 の 痛 み は ど う だ ? に 文 句 は ね え よ 邪 見 羅 の 心 配 と は 裏 腹 に 、 段 蔵 は ま だ 虚 ろ 「 : : : あ あ 、 頭 の 痛 み か 。 ・ ・ : : 止 ま っ て る よ 「 ず い ぶ ん と 殊 勝 な 心 懸 け だ な 。 ま あ 、 よ か な 瞳 の ま ま 、 涎 を 垂 ら し て 宙 を 仰 い で い る 。 う だ な 」 ろ う 。 お か げ で 、 少 し は ま と も に 戻 っ た ぜ 。 完 全 に 夢 遊 の 状 態 だ っ た 。 「 血 走 っ て 真 っ 赤 だ っ た 左 眼 も 、 い く ぶ ん は 小 娘 、 い ち お う 礼 を 言 っ て お く ぜ 」 こ う し て み る と 、 雲 雀 の 術 か ら 醒 め る 良 く な っ て る ぜ 。 術 は 成 功 し た よ う だ な 」 段 蔵 は 首 を 回 し な が ら 邪 悪 な 笑 み を 浮 か べ る 。 ガ し ふ 時 が か か っ て る み て え だ な 。 「 : : : あ あ 、 そ う ら し い な 」 : き き ょ , っ 今 な ら 、 こ 奴 を 殺 れ る ん じ ゃ ね え か 。 段 蔵 は 邪 見 羅 が 擱 ん で い る 己 の 右 手 首 に 視 「 : ・ : ・ あ た い の お か げ じ ゃ な い : ふ と 、 そ ん な 考 え が 頭 を よ ぎ る 。 線 を 移 す 。 さ ん に 、 か ん し や し て 」 黙 っ て 一 一 人 の 会 話 を 聞 い て い た 雲 雀 が 、 か い や 、 い き な り 醒 め て 戦 い に な る と 厄 「 で 、 こ れ は 何 の 真 似 だ ? 」 介 だ 。 こ こ は 恩 を 売 っ て 貸 し に し と い た 方 が 「 え っ e: ・ : あ あ 、 こ れ は そ の : : : な ん 細 い 声 で 答 え る 。 よ さ そ う だ 。 だ 、 あ ん た が 術 か ら 醒 め る 時 に 倒 れ ね え か と 「 そ の 桔 梗 と や ら に つ い て 詳 し く 聞 か せ て も 「 お い 、 修 羅 の 檀 那 、 大 丈 夫 か 」 ら お う か 。 お ま え の 術 に か か っ て い る 間 、 ず 心 配 で 支 え て た ん だ よ ー 邪 見 羅 は 段 蔵 の 右 手 か ら 縄 の 端 を む し り 取 「 ふ ん 、 と い う こ と は 術 か ら 醒 め る ま で に 、 っ と 悪 夢 を 見 続 け て い た 。 そ の 意 味 を 教 え り 、 微 か に 揺 さ ぶ っ て み る 。 だ い ぶ 間 が あ っ た と い う こ と か 。 う ぬ に 手 首 ろ 」 「 お い 、 そ ろ そ ろ 戻 っ て こ い よ 」 を 取 ら れ る ぐ ら い だ か ら 、 こ の 小 娘 の 術 は 相 「 ち ょ っ と 待 っ て く れ 。 そ れ は お い ら の 役 目 そ の 声 に 導 か れ 、 虚 ろ だ っ た 段 蔵 の 瞳 に ゆ 》 当 に 深 い と い う こ と だ な 。 な に ゆ え 、 さ よ う だ 。 術 を か け て い る 間 は 雲 雀 も 朦 朧 と し て る つ く り 焦 点 が 戻 っ て き た 。 に 隙 だ ら け の 俺 を 殺 さ な か っ た ? か ら 、 話 は お い ら が す べ て わ か っ て る 。 そ う 「 : : : ん ん : : : こ こ は : : : ど こ だ ? 段 蔵 は す っ か り 一 兀 の 口 調 に 戻 っ て い た 。 段 蔵 が 邪 見 羅 の 顔 を 見 て 、 ほ け た よ う な 「 え 、 あ あ : 呟 き を 漏 ら す 。 邪 見 羅 は 離 し た 左 手 を 所 在 な げ に 振 る 。 「 お い お い 、 頼 む ぜ 、 檀 那 。 善 光 寺 の 空 き 寺 「 別 に 、 あ ん た を 殺 し た い 理 由 は ね え 。 ど う 惡 忍 加 藤 段 蔵 無 頼 伝 海 道 龍 一 朗 縁 庫 魔 文 葉 定 価 本 体 838 円 + 税 双 7

小説推理 2017年1月号


た ん だ 」 「 こ っ ち は 、 君 が つ け て い た 記 録 を も と に し こ の 一 割 が 税 金 の よ う な も の か 。 ず い ぶ ん 高 - 2 実 際 に 調 べ た の は 善 田 だ っ た 。 美 蘭 と 王 姫 た 、 金 の 出 入 り だ 。 君 は 美 蘭 と は 逆 に 、 マ メ 額 の 税 金 だ な ? 」 を 逮 捕 し て 終 り で は な い 。 本 当 は そ こ で 何 が に 帳 面 を つ け て い た な 。 顧 客 が 支 払 っ た 金 。 王 姫 が 一 瞬 、 表 情 を 変 え た の は 、 城 が 最 後 ど の よ う に 行 わ れ て い た の か 。 そ れ を 隅 々 ま 運 転 手 や 女 の 子 た ち の 取 り 分 。 水 道 光 熱 費 ま の 言 葉 を 通 訳 し た 時 の よ う だ っ た 。 「 し ま っ で 明 ら か に し て 、 悪 事 の 根 を 断 つ の だ と い う で つ け て る じ ゃ な い か 。 し か し 、 売 り 上 げ の た 」 と で も 言 い た げ な 、 惜 し そ う な 顔 つ き だ の が 、 善 田 の 持 論 だ 。 一 割 ほ ど が 、 使 途 不 明 の ま ま 消 え て い る 」 っ た 。 こ の 女 は 本 気 で 、 「 そ れ な ら 税 金 を 払 上 月 は 、 善 田 が 丁 寧 に 作 り あ げ た 書 類 を 、 王 姫 の 表 肩 が 、 だ ん だ ん 硬 く な っ て い く 。 っ て お け ば 良 か っ た 」 と で も 思 っ た の だ ろ う デ ス ク に ぼ ん と け た 。 善 田 が 突 き 止 め た の は 、 月 に 一 度 、 月 末 に か 。 お か し な 女 だ 。 「 美 蘭 は 、 金 銭 に つ い て は ど ん ぶ り 勘 定 だ つ な る と 消 え る 、 ま と ま っ た 金 額 の 使 途 不 明 金 中 国 人 の 犯 罪 者 は た い て い 饒 舌 で 、 取 調 室 た 。 帳 簿 も ろ く に つ け て な い 。 証 拠 を 残 さ な の 存 在 だ っ た 。 善 田 は 最 初 、 王 姫 が 自 分 の へ で あ る こ と な い こ と 喋 り ま く る の に 、 彼 女 は い た め か も し れ な い が 、 こ れ じ ゃ 、 儲 か っ て そ く り か 、 給 与 と し て 別 に 除 け て い る の か と 最 初 か ら 、 ほ ぼ 沈 黙 を 守 っ て い る 。 弁 護 士 の る の か ど う か も 、 よ く わ か ら な い 状 態 だ っ た 考 え た そ う だ 。 入 れ 知 恵 と い う わ け で も な い よ う だ 。 黙 っ て ん じ ゃ な い か 。 だ か ら 、 金 を 借 り な き ゃ い け 「 こ れ 、 何 の 金 か な ? い た ほ う が 得 だ と 考 え て い る の だ 。 な く な っ た り 、 そ の 借 金 を 返 せ な く な っ た り ・ 王 姫 は 答 え な い 。 こ れ 以 上 、 こ ち ら か ら 言 何 度 か 王 姫 を 取 り 調 べ て 感 じ た の は 、 こ の も し た ん だ ろ う な 」 え ば 、 彼 女 の 答 え を 誘 導 す る こ と に な る か も 女 は 損 得 勘 定 ば か り し て い る と い う こ と だ っ 抱 え て い る 女 た ち に 、 食 事 を 出 し た り 衣 服 し れ な い が 、 背 に 腹 は 替 え ら れ な い 。 た 。 腹 の 底 で 、 金 の 計 算 ば か り し て い る の を 整 え た り も し な け れ ば い け な い 。 予 想 外 に 「 こ れ 、 み か じ め 料 だ ろ 」 だ 。 美 蘭 の 時 は ど ん ぶ り 勘 定 だ っ た 売 春 組 織 出 費 が 大 き か っ た の か も し れ な い 。 王 姫 は 猫 の よ う な 吊 り 上 が り ぎ み の 目 で 、 の 運 営 も 、 彼 女 の 代 に な っ て か ら は 、 し つ か そ し て 、 お そ ら く 借 金 取 り に 脅 迫 さ れ て 、 デ ス ク の 一 点 を じ っ と 睨 ん で い る 。 り 帳 簿 ま で つ け て い る 。 彼 女 の 心 を 動 か し た 〈 赤 い 虎 〉 の 麻 薬 密 輸 入 の 仕 事 を 手 伝 い 、 捕 「 月 末 に 消 え る 、 売 り 上 げ の 一 割 に あ た る 現 い な ら 、 い か に 彼 女 が 損 を し て い る か 、 わ か ま っ た 。 そ う い う 意 味 で は 、 美 蘭 に は ま だ 可 金 だ 。 銀 行 に 振 り 込 ん だ り し な い の は 、 も ち ら せ る こ と だ 。 第 け が あ っ た 。 間 が 抜 け て い る と い う 意 味 で ろ ん 証 拠 を 残 さ な い た め だ よ な 。 君 ら は 税 金 「 美 蘭 は 、 一 フ ッ コ と い う 女 か ら 、 商 売 の や り も あ る が 。 も 払 っ て な い わ け だ し 。 ー ー ー あ あ 、 そ う か 。 方 を 教 わ っ た ん だ 。 聞 い た こ と く ら い あ る だ

小説推理 2017年1月号


け と い う 、 出 会 い の ま っ た く な い 場 所 に 。 潤 「 す ご い じ ゃ ん 。 お め で と う 」 「 入 試 担 当 広 報 部 長 」 子 は 時 々 、 自 分 た ち が 礼 香 と い う 美 女 を 、 母 と 同 じ よ う に 続 け た 。 「 や だ ー 、 そ ん な 会 社 み た い な こ と に な っ て 校 と い う や わ ら か い 牢 獄 に 閉 じ 込 め て い る よ す ぐ に は 感 情 が 湧 か な い 。 い や 、 あ り え な る わ け ? あ の 学 校 ー う な 気 が し て 後 ろ め た さ さ え 感 じ る 。 同 時 い だ ろ 、 い や 、 ま じ か 。 動 揺 し て 、 心 の 整 理 「 少 子 化 の 時 代 だ か ら ね 。 学 校 も 塾 や 保 護 者 に 、 彼 女 の 身 に 大 き な ド 一 フ マ が 起 こ り そ う も が っ か な い 。 に ア ピ ー ル し な い と な ら な い ん だ ろ う ね 」 な い こ と に 、 奇 妙 な 安 堵 も 抱 い て い る 。 「 急 す ぎ る ね 。 先 月 は 彼 氏 い な い 歴 Ⅱ 年 齢 だ 「 国 貞 、 昔 つ か ら 喋 り は う ま か っ た よ ね 。 授 さ て 十 五 分 後 、 パ ン ケ ー キ 屋 に 礼 香 は 現 れ っ た よ ね 、 礼 香 。 何 が 起 こ っ た の か 詳 し く 話 業 は た し か に 面 白 か っ た 」 こ 0 せ 」 「 え ー 。 わ た し 、 化 学 は 赤 点 だ っ た な あ 」 「 お つ 。 主 役 が 来 た 。 さ あ さ あ 、 礼 香 さ ん 、 み さ 緒 が 事 務 的 な 口 調 で 急 か し て い る の 「 今 、 偏 差 値 ど う な っ て ん の ー 座 っ て く だ さ れ 」 で 、 彼 女 に 倣 っ て 潤 子 も 身 を 乗 り 出 し 、 な ん 「 そ れ が ね ー 、 ワ タ シ た ち ん 時 よ か 、 か な り 職 場 で は こ ん な 話 し 方 は し な い の だ が 、 礼 と か ロ 角 を あ げ る 。 上 が っ と る ん で す よ 。 最 近 は 理 系 の 子 も 増 え 香 を 見 る と 、 つ い 女 子 校 時 代 の 名 残 が 出 て く 「 驚 か な い で ね : : : 、 と 言 っ て も 人 が 驚 く の て 、 お と と し 医 学 部 進 学 コ ー ス な ん て の を 作 る 。 を 止 め ら れ な い か ら こ ん な 前 置 き は 何 の 意 味 り ま し た ら 大 層 好 評 で , 「 ど う ぞ 、 ど う ぞ , と 、 椅 子 を ひ い て あ げ る も 成 さ な い ん だ が ね 」 礼 香 は ぶ つ ぶ つ 言 っ て 「 あ 、 そ れ 聞 い た 」 と 、 す と ん と 座 っ た 礼 香 の 様 子 が い つ も と 少 か ら 、 エ ヘ ラ エ ヘ ラ と 体 を 揺 ら し て 手 を 頭 に 「 医 学 部 進 学 コ ー ス と 英 語 特 進 コ ー ス で し く に さ だ し 違 っ た 。 や り 、 「 実 は 、 何 を 隠 そ う 、 国 貞 先 生 に 紹 介 よ ー 見 る 者 を 夢 中 に せ ず に は い ら れ な い 長 い ま し て も ら っ た ん で す よ 」 と 恥 ず か し そ う に 告 「 新 聞 に 載 っ て た ね 」 「 リ ケ ジ ョ と 帰 国 子 女 を ご っ そ り 抱 え 込 も う っ 毛 に 縁 ど ら れ た 、 か た ち ょ い 目 を ふ る え る げ た 。 「 国 貞 っ て 、 あ の 国 貞 ? ー は ら よ う に ま た た か せ 、 彼 女 は 、 前 置 き も な く あ 潤 子 た ち の 女 子 校 に 、 男 性 の 教 員 は 少 な か っ て 肚 で し て ー の Z ワ ー ド を 放 っ た 。 っ た 。 い る こ と は い た が 、 ロ マ ン ス グ レ ー と 「 な る ほ ど ー 」 「 ワ タ シ 、 結 婚 す る こ と に な っ た 」 禿 げ の 一 一 択 で 、 国 貞 は 後 者 だ っ た 。 な ん だ か ん だ 言 っ て も 、 中 高 の 話 を す る の 「 あ い つ 、 出 世 し て ナ ン ト カ 部 長 に な っ て ん は 楽 し い 。 潤 子 は 自 分 の 母 校 に 誇 り を も っ て み さ 緒 が 叫 ん だ の で 、 あ わ て て 潤 子 も 、 だ よ ね ? 」 い る 。 プ ロ テ ス タ ン ト 系 の あ の 女 子 校 は 、 そ 0 2

小説推理 2017年1月号


ろ う 。 美 蘭 が 商 売 し て い た 時 に は 、 君 ら に は 黙 っ て い て も 、 得 す る こ と は 何 も な い ん だ 。 ぶ り 脅 し に か か っ て い る は ず だ 。 庇 護 者 が い な か っ た 。 そ う だ ろ う ? だ か 君 が す べ て の 罪 を か ぶ る 結 果 に な る だ け で , 上 月 は も う 、 腕 組 み し て 椅 子 の 背 に も た ら 、 美 蘭 が 借 金 を 返 せ な か っ た 時 、 殴 ら れ た 城 の 通 訳 が 終 わ る の を じ っ と 待 つ 。 城 の 言 れ 、 黙 っ て 王 姫 が 落 ち る の を 待 て ば よ か っ り し た ん だ 。 だ が 、 美 蘭 の そ の 事 件 を き っ か 葉 は な か な か 終 わ ら な い 。 自 分 は こ ん な に 話 た 。 け に 、 君 ら に は ケ ッ 持 ち が で き た 。 そ う い う し た つ け 、 と 上 月 が 戸 惑 い 始 め る こ ろ 、 城 が こ と な ん だ ろ ? そ れ だ け じ ゃ な い 。 あ の 開 ち ら り と こ ち ら を 見 て ウ イ ン ク し た 。 「 ど う で し た か 」 と い う 十 代 の 女 の 子 た ち 、 ど こ で 見 つ け た ? ー ー ー あ あ 、 ま た 悪 い 癖 が 始 ま っ た 。 取 り 調 べ を 終 え て 刑 事 部 屋 に 戻 る と 、 善 田 君 が 見 つ け て き た ん じ ゃ な い ん だ ろ う ? 女 上 月 は 苦 笑 い し た 。 が 真 っ 先 に 飛 ん で き た 。 彼 が 調 べ た 王 姫 の 帳 の 子 を 誘 拐 同 然 に 連 れ て き て 供 給 す る 連 中 城 は い ま 、 通 訳 し て い る の で は な い 。 刑 事 簿 が 、 効 果 を 発 揮 し た か ど う か 、 知 り た い の が 、 い る ん じ ゃ な い の か に 戻 っ て 、 自 分 が 捜 査 を し て い る つ も り で 、 だ ろ う 。 事 件 の こ の 流 れ は 、 上 月 や 善 田 た ち に 城 を 王 姫 に 話 し か け て い る 。 上 月 も 、 そ れ を 止 め 「 王 姫 が 吐 き ま し た 。 善 田 さ ん の お 手 柄 で 加 え て 、 じ っ く り 大 筋 を 検 討 し て み た 。 こ の る つ も り は な い 。 通 訳 と し て は 良 く な い 癖 だ ス ト ー リ ー で 、 間 違 い は な さ そ う だ 。 そ の 証 が 、 そ ん な 仕 事 が で き て 、 成 果 を 出 せ る の は 拠 に 、 王 姫 の 目 に 、 か す か に 不 安 げ な 表 情 が 城 な ら で は だ 。 浮 か ん だ 。 王 姫 は ま だ 無 一 一 一 一 口 だ が 、 城 の 言 葉 に 真 剣 に 耳 「 君 に 言 っ て お き た い こ と が あ る 。 〈 赤 い 虎 〉 を 傾 け 始 め た の が わ か る 。 児 童 福 祉 法 第 三 十 は 、 も う じ き 解 体 さ れ る 」 四 条 、 第 一 項 第 六 号 の 違 反 。 つ ま り 、 児 童 に 上 月 は 城 に 素 早 く 目 く ば せ し た 。 城 が 、 大 淫 行 を さ せ た も の は 、 十 年 以 下 の 懲 役 も し く げ さ な く ら い 抑 揚 を つ け て 通 訳 す る 。 は 三 百 万 円 以 下 の 罰 金 、 ま た は こ の 両 方 が 科 上 月 は 、 デ ス ク 上 に 大 き く 身 を 乗 り 出 し せ ら れ る 。 彼 女 に は 、 売 春 防 止 法 違 反 の 容 疑 た 。 王 姫 の 目 を 近 く か ら じ っ と 見 つ め る 。 も か け ら れ て い て 、 両 方 合 わ せ る と 長 い 年 月 「 君 、 わ か っ て な い な 。 連 中 は も う 、 君 を 守 を 刑 務 所 の 中 で 過 ご さ な け れ ば な ら な く な れ な い 。 反 対 に 、 君 を 脅 す こ と も で き な い 。 る 。 そ れ は そ れ は 長 い ぞ と 、 今 ご ろ 城 は た っ 西 村 京 太 郎 ' 、 津 川 警 ロ 捜 査 行 殺 意 を 運 ふ リ ソ ト 特 急 十 津 川 警 部 霧 に 霞 む 火 口 湖 で 起 き た 1 5 秒 間 の 真 相 を 追 う ! ! 定 価 : 体 体 6 祐 円 、 税 297 星 星 の 火 2

小説推理 2017年1月号


ら い で い く の を 感 じ る 。 け れ ど 失 望 も し て い か せ る 。 興 奮 す る と 血 の 巡 り が 良 く な り 、 す 察 と い う 組 織 を 乱 す 厄 介 者 と 捉 え て い る 者 が た 。 同 じ 連 絡 要 員 な ら ば 、 合 同 本 部 で す る 方 ぐ に 顔 や 手 が 真 っ 赤 に な る 体 質 な の だ 。 た ほ と ん ど で 、 つ ま り は 好 ま し く 思 っ て い な が ス ト レ ス が な く て 良 か っ た か ら だ 。 そ れ で だ 、 そ う し な が ら 、 で も 、 な ぜ 私 が ? と 疑 も 「 は い 」 と 即 答 す る 。 捜 査 一 課 長 の 指 示 に 問 に も 思 っ て い た 。 対 し て 女 性 は 、 仕 事 も き ち ん と す る し 、 何 異 を 唱 え る と い う 選 択 肢 は な い 。 そ ん な 重 要 な 役 目 を 経 験 の 浅 い 自 分 に 任 せ よ り 女 性 へ の 配 慮 を 忘 れ ず 優 し い 。 し か も 面 「 そ れ と も う 一 つ 、 頼 み た い こ と が あ る 」 る だ ろ う か ? い や 、 面 識 が な い と か 、 侮 っ 白 く て 楽 し く 、 さ ら に は 格 好 良 い と 好 意 的 下 田 一 課 長 の ど こ か 申 し 訳 な さ そ う な 表 情 て 油 断 す る か ら ? 私 で 出 来 る の だ ろ う か ? だ 。 た だ し 、 事 務 職 を し て い れ ば と い う 条 件 に 、 緊 張 が ぶ り 返 す 。 こ れ っ て 、 期 待 さ れ て い る ? 付 き で だ 。 現 場 の 捜 査 員 に な る と 、 自 由 気 ま 「 映 像 確 認 班 に 行 く の は 一 人 で は な い ん だ 。 頭 の 中 を 疑 問 と 不 安 と 期 待 が 次 々 に 浮 か ん ま に 動 き 回 っ て 和 を 乱 す 。 こ と に 武 本 と い う 実 は あ と 一 一 名 い る 。 正 木 に は 、 新 宿 本 部 の 情 で 埋 め 尽 く し て い く 。 そ こ で 星 里 花 は 考 え る 所 轄 の 刑 事 と 一 緒 に な る と 始 末 に 悪 い 。 三 回 報 連 絡 だ け で な く 、 こ の 二 人 の 動 向 を 監 視 の を 止 め た 。 ま ず は 一 一 人 が 誰 な の か 知 る の が も 世 間 を 揺 る が す 大 事 件 に 関 わ り 、 事 態 の 収 し 、 報 告 し て 欲 し い 」 先 だ 。 な ん と か 心 を 落 ち 着 け て 、 「 そ の 二 名 拾 は つ い た も の の 、 そ の う ち 一 一 度 、 武 本 刑 事 不 思 議 な 指 小 に 、 さ す が に 星 里 花 は 眉 を 顰 と は ? と 訊 ね る 。 は 撃 た れ て 負 傷 し た 。 そ れ だ け で は な く 、 一 一 め た 。 合 同 捜 査 本 部 か ら 出 向 す る の な ら 、 そ 「 ー ー ー 刑 事 総 務 課 刑 事 企 画 第 一 係 の 潮 崎 警 視 度 目 は 人 に 向 け て 発 砲 ま で し た 。 の 二 人 は 本 庁 の 捜 査 一 課 員 の は ず で 、 つ ま り と 、 捜 査 一 一 課 知 能 犯 捜 査 第 一 係 の 宇 佐 見 巡 査 た だ 、 男 女 と も に 共 通 し て い る こ と が あ は 下 田 課 長 の 部 下 だ 。 な の に 監 視 報 告 を 求 め 部 長 だ 」 る 。 そ れ は 蔭 で の 呼 び 名 だ 。 警 視 庁 の 治 外 法 る 理 由 が 判 ら な い 。 そ の と き あ る 考 え が 頭 に 一 一 人 の 所 属 と 名 前 を 聞 い た 星 里 花 は 、 し ば 権 、 庁 内 で そ う い わ れ れ ば 、 そ れ は 潮 崎 の こ 浮 か ん だ 。 内 偵 だ 。 と だ と 誰 も が 知 っ て い る 。 し 呆 然 と 下 田 一 課 長 を 見 つ め て い た 。 だ が 、 そ の 一 一 人 に は 、 何 か 疑 わ し い 部 分 が あ る の 自 分 が 何 を 頼 ま れ た の か を 理 解 し て 、 盛 大 に 一 度 た け 庁 内 の エ レ ベ ー タ ー に 同 乗 し た こ と が あ る 。 感 じ が 良 く 、 モ テ る の だ ろ う な と だ ℃ だ か ら あ え て 今 回 、 本 庁 か ら 外 に 出 し 、 顔 を 顰 め た 。 自 由 な 行 動 を 取 り や す く し た 潮 崎 警 視 の 風 評 は 、 男 性 と 女 性 の 間 で は っ 思 っ た が 、 そ れ だ け だ 。 身 体 が 熱 く な る の を 感 じ て 、 星 里 花 は ぎ ゅ き り 分 か れ て い た 。 男 性 は 、 金 と 権 力 の あ る も う 一 人 の 宇 佐 見 巡 査 部 長 に つ い て は 風 評 っ と 手 を 握 り し め て な ん と か 気 持 ち を 落 ち 着 家 の 息 子 な の を 利 用 し て 自 由 に 行 動 す る 、 警 を 聞 く 前 に 面 識 が あ っ た 。 困 る 姿 を 見 て や ろ

小説推理 2017年1月号


い つ も 正 し い の さ 。 だ か ら 、 何 や っ た っ て い は 部 屋 の 外 に 出 た 。 も し 、 そ の が 帰 っ て い た え て い た 。 い ん だ べ ? ほ れ 、 打 て ば い い べ さ 。 そ り な ら 謝 り た か っ た 。 誤 解 を 解 き た か っ た 。 な れ ん は 、 か す か な 嗚 咽 を 聞 い た よ う な 気 が や 、 喜 六 だ っ て 悪 か っ た か も し れ ね え さ 。 だ に か 悪 い こ と を し た と い う わ け で は な い 。 そ し た 。 ど も 、 あ れ だ け 打 た れ れ ば 、 悔 し く て 死 に た れ で も 、 れ ん は 、 ま る で 罪 を 犯 し た 後 の よ う ま さ か 、 旦 那 様 が 泣 く な ん て 。 く な る べ さ 。 町 の 者 は み ん な 言 っ て る さ 、 喜 な 後 ろ め た さ に 苛 ま れ て い た 。 そ れ は 或 い は 憤 怒 の 呻 き だ っ た の か も し れ び ん し よ う 何 か に 引 か れ る よ う に 、 れ ん は 廊 下 を 進 ん な い し 、 或 い は 思 わ ず 漏 れ 出 た 憫 笑 だ っ た 六 は 旦 那 様 が 殺 し た つ で な ! 」 プ ラ キ ス ト ン は 絶 句 し た 。 濃 い 髭 に 覆 わ れ だ 。 の か も し れ な い が 、 プ ラ キ ス ト ン は 、 ま る で た 厳 め し い 顔 が み る み る 蒼 ざ め て い っ た 。 ま る で 道 し る べ で も た ど る よ う に 一 一 階 へ と 薄 明 に 怯 え る 哀 れ な 小 さ な 獣 の よ う に 、 な お 「 旦 那 様 は 鬼 だ ー 上 が っ た 。 そ し て 、 狭 く て 急 な 階 段 を 這 う よ も 震 え 続 け て い る の で あ っ た 。 プ ラ キ ス ト ン の 手 を 振 り 払 い 、 そ の は 駆 け う に の ぼ っ た 。 信 じ ら れ な い 思 い で 立 ち 尽 く し て い る と 、 だ し て い っ た 。 望 楼 の 薄 闇 の 中 に 、 プ ラ キ ス ト ン が い た 。 望 楼 の ガ ラ ス 窓 か ら 射 し 込 む 朝 日 が 突 然 、 茜 れ ん は 、 自 分 が ま る で 犬 の よ う に 主 人 の 気 に 染 ま っ た 。 配 を た ど っ た の だ と 、 よ う や く つ い た 。 プ ラ キ ス ト ン の 横 顔 も 、 ガ ラ ス の 瞳 も 、 怒 し み い る よ う な 気 配 を 感 じ て 目 を 覚 ま す け れ ど 、 れ ん は そ れ 以 上 、 プ ラ キ ス ト ン に り 狂 っ た 阿 修 羅 の よ う に 真 っ 赤 に 染 ま っ て 燃 と 、 ま だ 夜 明 け 前 た っ た 。 近 づ け な か っ た 。 昨 夜 の 怒 り の 形 相 や 獣 の に え て い た 。 そ の を 待 ち な が ら 、 れ ん は い っ し か 寝 入 っ お い が あ た か も ガ ラ ス の 壁 と な り 、 れ ん の 行 ガ ラ ス 窓 の 向 こ う に 、 血 の よ う な 赤 い 虹 が た よ う だ っ た 。 見 え た 。 く 手 を 阻 む の だ っ た 。 そ の は 帰 っ て い な か っ た 。 朝 日 が 一 条 、 東 の 空 か ら 射 し 込 ん だ 。 真 白 虹 が 。 窓 ガ ラ ス が ほ ん の り 容 を あ ら わ し て い た 。 き 光 が 蒼 い 影 を 落 と し 、 プ ラ キ ス ト ン に 容 を れ ん が 口 を 開 こ う と し た そ の 瞬 間 、 は く め い さ ら ば ア デ ュ ウ 、 ハ コ ダ デ ィ : 肌 に し み い る よ う な 気 配 は 薄 明 だ っ た の か 、 与 え た 。 プ ラ キ ス ト ン の 大 き な 肩 が 小 刻 み に 震 え て し ぼ り だ す よ う に 、 プ ラ キ ス ト ン が つ ぶ や そ れ と も 人 の 気 配 だ っ た の か 。 お そ の さ ん ? い た 。 す が る よ う に ガ ラ ス 窓 に つ い た 両 手 い た 。 お こ り 廊 下 に だ れ か が い た よ う な 気 が し て 、 れ ん も 、 床 を 踏 み し め る 両 足 も 、 瘧 の よ う に 震

小説推理 2017年1月号


く す る よ う 、 運 転 席 の 南 野 に 指 示 し た 。 柳 田 乗 る ニ カ ー プ の 女 。 を 軽 蔑 す る よ う に 言 っ た 。 は 顔 が に や け て い た 。 律 子 は こ う 結 つ け て い た 。 飲 み 物 を 必 ず " 母 は テ ロ 活 動 を す る 一 方 で 、 母 で あ ろ う と ″ 飲 み 物 を い つ も 少 し だ け 残 し て し ま う 癖 一 一 5 三 セ ン チ 残 す 、 と ー ー ー 。 し た と 思 う 。 中 東 に 逃 れ た 後 も 、 定 期 的 に 手 は 、 美 雪 の が う つ っ た ん だ ″ 〈 ミ ス O 〉 は や は り 、 白 河 美 雪 だ 。 紙 を 書 い て く れ た 。 逮 捕 さ れ て か ら は も っ と 白 河 が 唐 突 に 妻 の 美 雪 を 語 り 出 し た 。 ″ 彼 女 と は 、 恋 愛 関 係 の 末 結 婚 し た わ け で は 頻 繁 だ っ た 。 獄 中 自 殺 す る ま で そ れ は 続 い た 拠 点 車 両 内 に 緊 張 が 走 る 。 律 子 が 正 直 に 心 な い ん だ ″ よ 。 手 紙 は 全 て 公 安 が 検 閲 し た 後 に 、 自 宅 に 情 を 吐 露 し た と 白 河 が 感 じ た 結 果 な の か 。 白 河 の 告 白 が 続 く 。 届 け ら れ て い た は ず だ 。 公 安 の 資 料 に 残 っ て 驚 い て 椅 子 か ら 転 け 落 ち そ う に な っ た 三 部 ″ 婚 姻 関 係 に な っ て 戸 籍 を 変 え る た め ? ″ い る だ ろ う 。 君 は そ れ を 見 逃 し て い た よ う だ を 引 き 上 げ 「 静 か に ! 」 と 人 差 し 指 を 立 て ″ そ れ も 違 う 。 た だ 、 互 い に 強 い シ ン パ シ ー ね 。 捜 査 員 と し て 、 大 き な ミ ス だ ″ 白 河 は 挑 む よ う に 言 っ た 。 も は や 、 一 一 人 の て 、 ヘ ッ ド セ ッ ト か ら 流 れ る 音 声 に 集 中 す が あ っ た こ と は 事 実 だ ~ る 。 " 美 雪 さ ん は 、 あ な た の お 母 さ ん に 強 い 興 味 間 に つ い 数 分 前 ま で 横 た わ っ て い た 男 女 の 空 ″ 美 雪 は 子 供 の こ ろ 、 ひ ど く 貧 し か っ た 。 自 を 持 っ て い た み た い 動 販 売 機 で 缶 ジ ュ ー ス を 買 っ て も ら え る な ど ″ も う そ こ ま で 把 握 し て い た の か ″ 一 年 に 一 回 あ る か な い か 。 美 雪 は も っ た い な ″ 公 安 は な ん で も 知 っ て い る わ ″ く て 、 ほ ん の 少 し の 飲 み 残 し を 翌 日 の 楽 し み 沈 黙 の 後 、 白 河 は 言 っ た 。 ″ で も 、 結 局 な に も わ か ら な か っ た ん だ 。 彼 に 取 っ て お い た ら し い ん だ が 翌 朝 、 ゴ キ プ リ が 入 っ て い た の を 知 ら ず に 女 は 必 死 に 調 べ て く れ た ん だ が 口 に し て し ま っ た と 、 白 河 が 苦 笑 い し た 。 律 子 は 一 一 = ロ 葉 を 遮 っ た 。 " ト ラ ウ マ に な る わ ね 、 そ れ ″ ち ょ っ と 待 っ て 。 お 母 さ ん の な に を 調 べ よ 古 池 は イ ヤ ホ ン を 耳 に 押 し 当 て た ま ま 、 背 う と し て い た の ? ″ 後 の 書 類 の 山 を ひ っ く り 返 し た 。 律 子 が 分 析 ″ 公 安 は な ん で も 知 っ て い る ん じ ゃ な い の し た 0—< の 秘 撮 映 像 。 シ リ ア ・ ラ ッ カ の モ か ″ ス ク で 働 く 〈 ミ ス 〉 こ と 東 洋 の 革 命 家 を 名 白 河 は ま る で 、 画 面 の こ ち ら 側 に い る 古 池 畑 野 智 美 気 そ わ 時 彼 あ 持 し た が は る ち し 譬 同 が 々 は 、 級 動 彼 生 た 一 呼 を 犯 し た 人 間 ば 乂 ど う 生 き て い け ば よ い の か 。 会 し 気 鋭 の 作 家 が 間 い か け る 、 し た 少 年 犯 罪 の ゆ く え 。 定 価 : 本 体 1500 円 + 税 双 葉 社 99 十 三 階 の 女