検索 - みる会図書館

検索対象: 言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―から 220件ヒットしました。

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


リ エ ン カ は 通 い 慣 れ た 学 園 へ の 道 を 歩 み つ つ 、 今 朝 の レ ン バ ル ト の 様 子 を 思 い 出 し て い た 。 い つ の 頃 か ら か 、 あ の 赤 黒 い 悪 夢 が レ ン バ ル ト が 見 る そ れ だ と 気 づ い て い た ー ー 否 、 本 当 に 確 信 し た の は 三 年 前 の こ と だ 。 こ く え ん お お リ エ ン カ も 見 た あ の 悪 夢 ー ー 人 々 の 悲 鳴 と 絶 叫 と 絶 望 の み が 支 配 す る あ の 黒 焔 が 覆 い 尽 く す 世 界 。 や ど そ れ を 胸 に 宿 し て い る の が 他 な ら ぬ レ ン バ ル ト で あ る こ と を 、 彼 女 は 直 感 と し か 呼 び よ う の な い 感 覚 で 察 知 し た 。 な せ 、 レ ン バ ル ト が そ ん な 夢 を 見 る の か は 知 ら な い 。 け れ ど 、 夢 の な か の 人 々 の 悲 鳴 も 苦 痛 も 本 物 で : : : そ れ ら の せ い で 彼 が こ の 上 な く 苦 し ん で い る こ と は 理 解 で き た 。 苦 し ん で な ど ほ し く な い

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


162 そ れ は 信 じ が た い 光 景 だ っ た 。 突 然 空 中 か ら 出 現 し た 水 が 、 煌 弥 の 放 っ た 炎 を 打 ち 消 し た の だ 。 ど こ し か も 本 来 生 し る は ず の 大 量 の 水 蒸 気 は 発 生 せ ず 、 炎 が 消 え た 後 水 も ま た 何 処 か へ と 消 え た げ ん え い つ ぶ や こ れ は 幻 影 か 、 と 呟 い た の は い っ た い 誰 で あ っ た の か 。 て づ ま 「 : : : タ チ の 悪 い 手 妻 を 見 せ ら れ て い る よ う な 気 分 だ 。 こ れ は あ な た の 仕 業 か 、 言 の 葉 姫 ? 」 煌 弥 の 言 葉 に 、 言 の 葉 姫 で あ っ た 少 女 は ゆ っ く り と か ぶ り を 振 っ た 。 ま な ざ そ の 眼 差 し は 、 来 焔 に し が み つ い た ま ま の リ エ ン カ に 向 け ら れ て い る 。 『 わ た し 以 外 誰 も 知 ら な か っ た : : : こ れ が リ エ ン カ の 持 っ 力 だ 。 こ の 娘 は 他 者 の 夢 に 同 調 し 、 悪 夢 を 善 き も の に 変 え る こ と が で き る 。 わ た し は か っ て 、 こ の 身 に 宿 る 言 の 葉 の 強 す ぎ る 力 に 押 し つ ぶ さ れ そ う に な っ て い た と こ ろ を 赤 子 の こ の 娘 に 救 わ れ た 。 わ た し の 中 の 恐 ろ し い ば か り の 言 の 葉 を 、 こ の 娘 は 色 と り ど り の 美 し い 葉 に 変 え て 、 光 の 中 を 舞 わ せ た の だ よ 。 そ う し て わ た し に 言 の 葉 と い う も の が 、 本 来 と て も 美 し く か け が え の な い も の で あ る こ と を 教 え て く れ た の だ 。 言 う な れ ば 、 イ メ ー ジ を 具 現 す る 力 と で も 呼 ぶ べ き も の だ 』

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 伯 爵 と 妖 精 4 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 く 好 評 発 売 中 〉 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ て ト キ ト キ ・ " ! 薔 薇 色 の ハ ネ る 、 魔 都 に 誘 わ れ た 新 婚 旅 行 : 谷 瑞 恵 イ ラ ス ト / 高 星 麻 子 新 婚 旅 行 で フ ラ ン ス を 訪 れ た 2 人 。 貴 族 が 集 ま る こ の 地 で は 、 女 性 が 相 次 い で 夫 踪 す る 事 件 が 起 き て い た 。 新 婚 2 人 に 愛 の 試 練 が ・ ・ ・ ! ? あ い つ は 優 雅 な 大 悪 党 あ ま い 罠 に は 気 を つ け て プ ロ ボ ー ズ は お 手 や わ ら か に 女 神 に 捧 ぐ 鎖 魂 歌 恋 人 は 幽 曇 呪 い の ダ イ ヤ に 愛 を こ め て 取 り 換 え ら れ た プ リ ン セ ス 花 嫁 修 業 は 薔 薇 迷 宮 で ロ ン ド ン 橋 に 星 は 灯 る 駆 け 落 ち は 月 夜 を 待 っ て 涙 の 秘 密 を お し え て の 騎 士 に 願 う な ら は 誰 が た め に 聖 地 は 夢 み る 運 命 の 赤 い 糸 を 信 し ま す か ? ◆ 誓 い の キ ス を 夜 明 け ま で に 紳 士 淑 女 の た め の 愛 好 者 読 本 ◆ 物 ル 紳 士 の 射 止 め か た 教 え ま す す て き な 結 婚 式 の た め の 魔 法 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


『 呪 詛 』 を こ の 身 に か け ら れ る こ と に な る と も 知 ら す 。 か せ そ う 、 自 ら の 魂 ご と 枷 と 換 え る 言 の 葉 で 彼 女 は 来 烙 を 縛 り つ け た 。 『 お 前 が 滅 ほ し た 全 て の 人 間 の 魂 は 、 お 前 の 中 で 解 放 さ れ る そ の と き ま で 苦 し み を 訴 え か け る だ ろ う : : : そ し て わ た し は お 前 の 魂 そ の も の に 重 な り 、 人 間 が な に を ど う 感 し る の か を お 前 に 感 じ さ せ 続 け よ う 』 そ し て 彼 女 は 炎 に 身 を 投 し て 死 ん だ 。 あ の と き か ら 、 来 焔 の 心 は 安 ら ぐ こ と を 忘 れ た の だ 。 言 の 葉 姫 の 魂 に 添 わ れ た せ い か 、 本 来 必 要 と し な い 眠 り が 彼 を 襲 う よ う に な り 、 そ の 度 に 悪 夢 に 見 舞 わ れ る よ う に な っ た 。 ′ 」 う か 赤 黒 く 燃 え さ か る 劫 火 が 一 面 を 覆 い 尽 く す 世 界 ー ー ー 灼 か れ 苦 悶 の 声 を 上 げ 続 け る 人 間 た ち 。 あ お 最 初 は こ ん な も の で 罪 悪 感 で も 煽 る つ も り か と 鼻 で 笑 っ た も の だ っ た が ・ : : ・ 次 第 次 第 に 、 苛 立 ち が 募 っ て い っ た 。 あ る い は 、 そ れ こ そ が 言 の 葉 姫 の 狙 い だ っ た の か も し れ な い 。 ひ が ん 新 た な 命 と し て 生 ま れ 変 わ る こ と な く 、 彼 岸 へ と 旅 立 っ こ と も な く 、 言 の 葉 姫 の 魂 は 来 焔 に 寄 り 添 い 、 人 間 の 感 覚 を 、 感 情 を 、 絶 え す 伝 え 続 け た の だ 。 皮 膚 が 灼 か れ る 熱 と 痛 み ー ー 生 き な が ら 灼 き 尽 く さ れ る 恐 怖 と 絶 望 。

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


ら い え ん 煌 弥 の 操 る 炎 を 見 た 瞬 間 、 来 烙 の 脳 裏 に 広 が っ た の は 自 身 の 中 に 巣 く う 地 獄 の 光 景 だ っ た 。 え ん 無 残 に 焼 き 殺 さ れ な が ら 、 い ま だ 苦 し み に 囚 わ れ つ づ け る 人 間 た ち の 苦 痛 に 満 ち た 悲 鳴 と 怨 あ れ 、 が 目 の 前 で 現 実 に 繰 り 広 げ ら れ よ う と し て い る 「 や め ろ 、 や め て く れ 、 煌 弥 ! 」 や ど 彼 女 の 放 っ 炎 は 、 自 分 を 傷 つ け る こ と は な い だ ろ う が 、 内 に 宿 る 言 の 葉 姫 の 力 を 殺 ぎ 、 こ の 場 に 集 っ た 人 間 た ち を 灼 き 尽 く し て し ま う だ ろ う 。 七 年 間 苦 し め ら れ つ づ け た 悪 夢 の 再 来 ー ー ー 現 実 に 肉 と 油 の 灼 け る 臭 い が 充 満 す る 焦 土 が 新 た に 生 ま れ る 。 ノ そ れ は 駄 目 だ と 来 焔 は 田 5 っ た 。 め ん 夢 あ ん な こ と は 、 一 一 度 と ご 免 だ 。 水 の も た ら す 苦 痛 以 上 に 耐 え 難 い 。 縛 か ば と っ さ 呪 咄 嗟 に 来 焔 は 背 後 に い る 人 間 た ち を 庇 う た め の 結 界 を 敷 い た 。 煌 弥 の 実 力 を 思 え は 無 傷 で 守 ノ 葉 っ て や れ そ う に は な か っ た が 、 そ れ で も 骨 も 遺 さ す 一 瞬 で 焼 失 す る よ り は ま し だ ろ う 。 し か し 、 他 者 の た め の 結 界 を 優 先 し た た め に 、 我 が 身 へ の 対 処 が 一 瞬 遅 れ た 。 近 づ き つ つ あ じ ゅ ば く あ る 炎 に 、 来 焔 の 中 に 在 る 死 者 た ち が 恐 怖 の 悲 鳴 を あ げ 、 彼 の 肉 体 を 呪 縛 し た 。 さ こ う や 0 や と ら の こ が た に お そ

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


『 誰 か : : : 助 け て ! わ た し ま ) ) 、 ( し し カ ら 、 だ か ら 坊 や だ け は : ・ ・ : 誰 か ! 』 あ の 日 リ エ ン カ が 目 覚 め た 時 、 聞 こ え る の は 炎 の 爆 ぜ る 音 と 、 燃 え る 家 が 軋 み を 上 げ る そ れ だ け だ っ た 。 ど れ ほ ど 声 を 張 り あ げ て も 、 父 も 母 も 声 を 返 し て は く れ な か っ た 。 だ の に ・ ー ー ・ 今 夜 の こ の 夢 は 。 ・ し / し ・ 聞 こ え て く る : : : こ の 悲 鳴 は ・ す が 悲 鳴 は 続 き 、 縋 る よ う に 祈 る よ う な 声 が 交 し っ た 。 『 ・ : : ・ 姫 さ ま ー : 姫 さ ま ! お 救 い く だ さ い ! 』 あ ま り に 必 死 な 声 の 響 き に 思 わ ず 声 の し た ほ う を 振 り 向 い た リ エ ン カ は 、 そ の 声 の 主 の あ ま り に 凄 惨 な 姿 に ひ ゅ 、 と 喉 を 鳴 ら し た : : : 夢 の な か だ と い う の に だ 。 ろ う そ の 頭 部 も 含 め た 右 半 身 が 、 し ゆ く し ゆ く と 蝋 の よ う に 燃 え な が ら 融 け 落 ち て い た 。 左 半 身 に は 火 ぶ く れ が と こ ろ ど こ ろ に 見 え る 程 度 な だ け に 、 そ の 姿 は 異 様 の 一 語 に 尽 き る 。 あ り 得 な い ー い た ら 夢 魔 の 悪 戯 だ と 断 し 、 一 刻 も 早 く 正 常 な 夢 に 戻 り た い と リ エ ン カ は 思 っ た の だ け れ ど そ れ は か な わ な か っ た 。 夢 魔 の 悪 意 に 満 ち た 悪 戲 は な お も 続 い た の だ 。 ひ び の ど

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


一 言 ひ ゅ ん 、 ひ ゅ ん 、 ひ ゅ ん 風 を 切 る 音 が 耳 元 を 通 り 過 ぎ る 。 な ん だ 、 な に が 起 こ っ て る ん だ 卩 僕 は 起 き た ま ま 夢 を 見 て い る の か 卩 ど う 考 え て も こ れ が 現 実 と は 田 5 え な い 。 な に が ど う な っ て 自 分 は 空 中 を 移 動 し て い る と い う の か ー ー し か も 自 分 を 抱 え て い る の は ス タ ー リ ア だ 。 い や 、 そ も そ も な ぜ 彼 女 が 空 を 飛 べ る の か 。 小 さ な 少 女 に 襟 首 を 擱 ま れ て : 「 夢 だ : ~ 果 つ ぶ や の 呟 く 声 は し か し 風 に か き 消 さ れ て 、 自 分 の 発 し た 声 す ら 微 か に し か 聞 こ え な い こ と が 逆 に エ の ン ラ ン ド に そ れ が 現 実 で あ る こ と を 教 え た 。 ア 悪 夢 と し か 思 え な い と し て も 、 確 か に こ れ が 現 実 に 起 き て い る こ と な の だ と 。 い や 、 こ れ は も う 考 え た 。 考 え て な ぜ ス タ ー リ ア が : 期 し か し 、 ど 、 つ し て も わ か ら な い か す

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


い ら だ け れ ど 、 そ の た め に な に を す れ ば い い の か も わ か ら す 、 リ エ ン カ は す っ と 苛 立 ち を 抱 え 続 け て い た の だ 。 ・ : だ が 、 不 思 議 な 感 じ の す る 夢 の 中 そ の 苛 立 ち か ら 解 放 さ れ た の は 、 あ の 悪 夢 と は 違 う : お も ざ で 、 自 分 よ り 三 つ 四 つ 上 の 、 ど こ か 亡 き 母 に 似 た 面 差 し の 少 女 に 出 会 っ た お か げ だ 。 『 彼 を 苦 し み か ら 解 き 放 ち た い の な ら 、 南 の 井 戸 か ら 汲 ん だ 水 を 一 度 火 に か け た あ と に 冷 ま し て あ げ る こ と よ 』 少 女 が 誰 な の か 、 ま た な ぜ そ ん な こ と を 識 っ て い る の か ー ー 気 に は な っ た け れ ど 、 そ の と き は 日 に 日 に 元 気 が な く な る レ ン バ ル ト を ど う に か し た く て 彼 女 の 言 葉 に た だ 従 っ た 。 ふ っ と う ュ ー ラ イ カ の 南 の 外 れ の 井 戸 か ら 水 を 汲 み 、 そ れ を 一 度 沸 騰 さ せ て 冷 ま し た も の を 悪 夢 に 苦 し め ら れ た で あ ろ う 日 の 朝 、 レ ン バ ル ト に 差 し 出 し た の だ 。 お っ く う 扉 悪 夢 を 見 た 翌 日 、 い つ も 水 を 億 劫 そ う に 受 け 取 る 彼 が 、 そ の 朝 だ け は 少 し 違 っ た 様 子 を 見 せ 夢 ふ う し し ぶ 縛 呪 最 初 は い つ も と 同 じ く 、 渋 々 と い っ た 風 に リ エ ン カ の 差 し 出 し た 水 を 受 け 取 っ た の だ が 、 そ わ ん 葉 の 椀 に 口 を つ け も し な い で 、 は っ と 驚 い た よ う に 息 を 呑 ん だ の だ 。 ノ : ・ ! ・ こ れ は こ は く そ う ま う ど う し た の だ と 、 そ の 琥 珀 の 双 眸 が 問 い か け て い た 。 し の

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


164 あ あ 、 い つ も の 夢 だ 、 と リ エ ン カ は 思 っ た 。 か て し や く ね っ 一 面 の 焦 土 、 糧 も な い の に 燃 え 続 け る 黒 炎 ー ー 灼 熱 に 灼 か れ た 人 々 の 絶 え る こ と の な い 悲 鳴 う め と 咄 ・ 、 : レ ン バ ル ト を 苦 し ま せ る 悲 し い 悪 夢 。 い つ も い つ も 、 何 も で き す に 見 て い る こ と し か で き な い 自 分 が 情 け な く 悔 し か っ た 。 何 か で き れ ば い い の に と 、 す っ と 田 5 っ て い た 。 け れ ど 今 な ら こ の 夢 を 終 わ ら せ る こ と が で き る と 不 思 議 な 確 信 が あ る 。 リ エ ン カ は 広 が る 地 獄 を 正 面 か ら 見 つ め 、 そ う し て 生 ま れ 変 わ る 世 界 を 脳 裏 に 浮 か べ た 。 う る お 乾 き ひ び 割 れ た 大 地 : : : 潤 す 水 が あ れ は い い 。 リ エ ン カ は イ メ ー ジ す る ー ー こ ん こ ん と 湧 き 出 る 清 水 を 。 あ ふ そ れ は 泉 と な り 、 た ち ま ち 溢 れ て 川 の 流 れ を 作 っ た ー ー 彼 女 の 脳 裏 に 描 い た ま ま の 光 景 が 焦 リ エ ン カ の 起 こ し た 奇 跡 は 妺 を 案 じ る 姉 の 言 の 葉 に よ っ て 、 完 全 に 覆 い 隠 さ れ た 。 知 る の は 魔 性 ふ た り と 妖 女 の 魂 だ け だ っ た :

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝―


そ の 日 の こ と は 忘 れ ら れ な い 。 リ エ ン カ が 生 ま れ て か ら す っ と 包 ま れ て き た 幸 福 で 優 し い 時 間 が 突 然 断 ち 切 ら れ る よ う に 終 わ り を 告 げ た 、 あ の 日 。 冬 の 風 の 強 い 夜 だ っ た 。 息 苦 し さ と 異 様 な 熱 さ に 目 覚 め た リ エ ン カ が 目 に し た の は 、 一 面 の 火 の 海 だ っ た 。 お そ 扉 遠 い 王 都 を 襲 っ た 大 火 事 の こ と は 聞 い て い た 。 夢 冬 は 特 に 火 事 が 出 や す い 李 節 だ か ら と 、 街 の 皆 も 気 を つ け て い た は す : : : な の に 、 こ れ は い 呪 っ た い な ん と い う 悪 夢 だ ろ う 。 ノ 葉 「 父 さ ん : : : 母 さ ん : ノ 言 呼 び か け て も 燃 え さ か る 炎 の 向 こ 、 つ か ら 答 え る 声 は 聞 こ え な い 。 「 父 さ ん ! 母 さ ん ! 」