検索 - みる会図書館

検索対象: 赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)から 193件ヒットしました。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


5 分 後 に 意 外 な 黠 末 0 赤 い 悪 夢 Gakken

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


5 分 後 に 意 外 黠 耒 ・ 赤 い 悪 夢 20 日 年 に 月 日 20 ワ 年 3 月 24 日 第 一 刷 発 行 第 ワ 刷 発 行 発 行 人 編 集 人 編 集 長 発 行 所 印 刷 所 DTP 装 丁 イ ラ ス ト 編 集 ・ 構 成 編 集 協 力 ・ お 客 様 へ 金 谷 敏 博 川 畑 勝 目 黒 哲 也 株 式 会 社 学 研 プ ラ ス 〒 ト 84 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 新 後 閑 小 酒 井 祥 悟 (Siun) LISI 桃 戸 ハ ル 高 木 直 子 木 野 整 ー に の 本 に 関 す る 各 種 お 問 い 合 わ せ 先 】 く 電 話 の 場 合 〉 〇 編 集 内 容 に つ い て は 003 ー 643 同 580 ( 編 集 部 直 通 ) 〇 在 庫 ・ 不 良 品 ( 乱 丁 ・ 落 丁 な ど ) に つ い て は 003-643 ト Ⅱ 97 ( 販 売 部 直 通 ) く 文 書 の 場 合 〉 〒 図 ト 84 旧 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 学 研 お 客 様 セ ン タ ー 「 5 分 後 に 意 外 な 結 末 ① ー 係 〇 こ の 本 以 外 の 学 研 商 品 に 関 す る お 問 い 合 わ せ は 下 記 ま で 003 ー 643 同 002 ( 学 研 お 客 様 セ ン タ ー ) ISBN 978 ー 4 ー 05-203895 ー 2 NDC913 円 8P 18.7cm 本 書 の 無 断 転 載 、 複 製 、 複 写 ( コ ビ ー ) 、 翻 訳 を 禁 じ ま す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 の 利 用 で あ っ て も 、 著 作 権 法 上 、 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 複 写 ( コ ピ ー ) を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 日 本 複 製 権 セ ン タ ー http:〃www.jrrc.0「.jp/ E-maiI:[email protected] 003 ー 340 ト 2382 囿 く 日 本 複 製 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 学 研 の 書 籍 ・ 雑 誌 に つ い て の 新 刊 情 報 ・ 詳 細 情 報 は 、 下 記 を ご 覧 く だ さ い 。 学 研 出 版 サ イ ト http:〃 hon. gakken.jp/

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


人 生 最 悪 の 日 け っ こ ん サ ム は 、 今 年 歳 に な る 会 社 員 。 美 人 で 優 し い 性 格 の 女 性 と 結 婚 し 、 家 を 買 い 、 仕 事 も 順 調 で 、 平 凡 だ が 申 し 分 の な い 人 生 を 送 っ て い る 。 そ ん な 彼 に と っ て 一 番 の 宝 物 は 、 5 歳 に な っ た か わ い ば か り の 可 愛 い 息 子 だ 。 そ の 夜 、 サ ム が い つ も の よ う に 、 お や す み の キ ス を す る た め 息 子 の 部 屋 に 入 る と 、 息 子 は ひ ど く う な さ れ て い た 。 サ ム は 息 子 の 体 を ゆ す っ て 起 こ し た 。 「 ど う し た ん だ ? 」 息 子 は お び え た 様 子 で 答 え た 。 「 あ の ね 、 こ わ い 夢 を 見 た ん だ よ 」 「 ど ん な 夢 だ い ? お 化 け に で も 追 い か け ら れ た の か な ? 」 へ い ぼ ん ぶ ん 174

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


サ ム は 「 お じ い さ ん が 死 ぬ わ け な い だ ろ ? 大 丈 夫 だ か ら お や す み 」 と 言 い 聞 か せ 、 息 子 を 眠 ら せ た 。 し ん ぞ う 次 の 日 、 お じ い さ ん が 死 ん だ 。 心 臓 の 持 病 が 急 に 悪 化 し 、 帰 ら ぬ 人 と な っ た の だ 。 わ す ゅ め ぐ う ぜ ん 偶 然 が 続 い た だ け か も し れ な い 。 当 の 息 子 は 夢 の こ と な ど 忘 れ て し ま っ た の か 、 気 に す る 様 子 も な い よ う だ 。 し か し 、 サ ム は 、 息 子 の 予 知 夢 が だ ん だ ん と 気 に な り は じ め て き た 。 そ し て ま た ー 週 間 ほ ど し て 、 サ ム が お や す み の キ ス を し に 息 子 の 部 屋 に 行 く と 、 ま た ま た 息 子 が う な さ れ て い る 。 こ れ ま で よ り い っ そ う 激 し く 、 泣 き な が ら 叫 ん で い る 。 ゅ め ノ ノ カ 死 ん だ 夢 を 見 た ん だ 。 パ パ 死 な な い で ! 」 と 言 っ た 。 あ わ て て 起 こ す と 、 息 子 は 「 ヾ ヾ く サ ム は 落 ち 着 い て 、 「 ヾ パ は こ こ に い る だ ろ 。 夢 を 見 た ん だ よ 。 パ パ は ど こ に も 行 か な い 。 大 丈 夫 だ か ら お や す み 」 と 言 い 聞 か せ て 息 子 を 眠 ら せ た 。 を 、 よ れ ′ ふ し か し 息 子 の 部 屋 を 出 た と た ん 、 サ ム は 耐 え が た い 恐 怖 に 襲 わ れ た 。 ゅ め 息 子 は 予 知 夢 を 見 る 。 信 じ が た い こ と だ が 、 自 分 と 血 の つ な が り の あ る 人 の 死 に 関 す る 夢 を だ い じ よ う ぶ よ ち む よ ち む だ い じ よ う ぶ お そ さ け 176

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


悪 夢 の 続 き 気 に な っ た デ ビ ッ ト は 、 お そ る お そ る 棺 桶 の な か を の ぞ き こ み : : : す べ て を 理 解 し た 。 み ま ち が ュ リ の 花 に 埋 も れ る よ う に し て 、 そ こ に は 一 人 の 老 人 が 横 た わ っ て い た 。 見 間 違 え る は ず が 、 そ の 顔 を 見 て き た 。 そ れ は 自 分 の 顔 だ っ た 。 な い 。 弟 の ト ニ ー よ り も 長 い 間 死 ん だ の は ト ニ ー で は な く 、 デ ビ ッ ト 自 身 で あ っ た 。 か ん お け 原 案 【 欧 米 の 小 咄 翻 案 【 麻 希 一 樹 197

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


人 生 最 悪 の 日 「 あ ら 、 知 ら な か っ た ? 」 ま ゆ 妻 は 悲 し げ に 眉 を ひ そ め た 。 「 隣 の 家 の ご 主 人 が 急 に 亡 く な っ た の よ 」 ぎ も ん サ ム は 隣 の 家 の ご 主 人 の 顔 を 思 い 浮 か べ た 。 と 同 時 に 、 か っ て 頭 の 隅 に あ っ た 、 あ る 疑 問 が し か し ほ か の 誰 か に ふ く ら ん で き た 。 急 子 は 妻 に は 似 て い る が サ ム に は ち っ と も 似 て い な い 。 似 て い る よ う な 気 が し て い た 。 そ れ に 、 隣 の ご 主 人 は 、 息 子 の こ と を 自 分 の 子 ど も の よ う に か わ い 可 愛 が っ て く れ る 。 そ し て 息 子 が 夢 に 見 る の は 血 の つ な が っ た 人 だ け サ ム は あ る 結 論 に た ど り つ き 、 妻 に 向 か っ て こ う 言 っ た 。 「 ど う や ら 、 僕 に と っ て 人 生 最 悪 の 日 は 、 今 日 み た い だ よ 」 と な り と な り と な り 原 案 【 欧 米 の 小 咄 翻 案 】 桑 畑 絹 子 す み 179

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ち か ら 幸 福 論 ー 0 0 万 人 目 の お 客 様 箱 の ボ タ ン お ん が え ロ ポ ッ ト の 恩 返 し 人 生 最 悪 の 日 カ 無 ロ な ア ン 夫 人 あ く む 悪 夢 の 続 き 180 150 192 160 174 186 168 156 本 書 に は 、 オ リ ジ ナ ル 作 品 の ほ か 、 日 本 や 世 界 の 小 話 、 都 市 伝 説 や 、 名 作 小 説 、 古 典 落 語 な ど を 翻 案 し た 作 品 を 収 録 し て い ま す 。 ま た 、 名 作 小 説 は 、 原 典 を 忠 実 に 翻 訳 し た も の で は な く 、 短 い 時 間 で 読 み 切 れ る よ う に ア レ ン ジ を 加 え 、 翻 案 し た 内 容 に な っ て お り ま す 。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


人 生 最 悪 の 日 見 る よ う だ 。 今 日 の 夢 も 現 実 の も の に な る と し た ら 、 明 日 、 自 分 は 死 ぬ こ と に な る : サ ム は そ の 晩 、 お そ ろ し く て 眠 れ な か っ た 。 次 の 日 、 彼 は お び え な が ら ー 日 を 過 ご す こ と に な っ た 。 会 社 に 行 く の を や め て 、 自 宅 に 閉 じ こ も っ て い よ う と も 考 え た が 、 ど の よ う に 死 ぬ か わ か ら な い の で 、 自 宅 に い た と し て も 安 全 か ど う か わ か ら な い 。 車 で の 通 勤 を や め て 、 バ ス で 行 く こ と に し た 。 途 中 、 バ ス は 、 救 急 車 や バ ト カ ー が と ま る 事 故 現 場 の 横 を 通 り す ぎ た 。 何 台 も の 車 が 衝 突 事 故 を 起 こ し た ら し い 「 も し か す る と 、 車 で 通 勤 し て い た ら 、 こ の 事 故 に 巻 き こ ま れ て い た の か も し れ な い : ど く し よ く ち ゅ う ど く 昼 食 の 時 間 に な っ て も 、 食 中 毒 に な る か も し れ な い し 、 毒 が 入 っ て い る 可 能 性 も 否 定 で き な い の で 、 食 事 は し な か っ た 。 お 腹 は す い た が 、 さ す が に 飢 え 死 に す る こ と は な い だ ろ う 。 外 回 り は 理 由 を つ け て 断 り 、 な る べ く 人 に 会 わ な い よ う に し た 。 事 件 や 事 故 に 巻 き こ ま れ る か も し れ な い か ら だ 。 ば ん な か し よ う と つ じ こ ひ て い 177

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


命 エ ド ガ ー は 必 死 で 聞 い た け れ ど 、 老 婆 は 答 え な か っ た 。 エ ド ガ ー を 店 の 外 に 追 い 出 す と 、 老 け つ か い 婆 は 死 神 の 侵 入 を 防 ぐ た め の 結 界 を 張 る よ う に 、 重 た い カ ー テ ン を 彼 の 鼻 先 で ピ チ ッ と 閉 め て し ま っ た 。 追 い 出 さ れ た エ ド ガ ー は 、 つ き つ け ら れ た 「 死 神 」 の 意 味 を 教 え て も ら う こ と は で き な か っ た 。 し か し 、 自 分 の 身 に 何 か と ん で も な い 不 幸 が ま と わ り つ い て い る こ と だ け は 理 解 で き た 。 、 リ に 戻 っ た エ ド ガ ー の 生 活 は 一 変 し た 。 ー 週 間 後 、 ま ず シ ャ ン ゼ リ ゼ の よ う な 大 き な 通 り に は 行 か な く な っ た 。 暴 走 し た 車 が 自 分 に つ つ こ ん で き た り し た ら 大 変 だ か ら だ 。 反 対 に 細 い 路 地 を 通 る 時 は 、 い つ も 上 を 見 て 歩 く よ う に な っ た 。 誰 か が う つ か り 手 を す べ ら せ た せ い で 、 植 木 鉢 が 落 ち て き た り し た ら 大 変 だ か ら だ 。 さ ら に エ ド ガ ー は ベ ジ タ リ ア ン に な っ た 。 健 康 の た め だ け で は な い 。 外 で 買 っ て き た 食 べ 物 ど く に 毒 が 入 っ て い た ら い け な い か ら 、 自 分 が 食 べ る も の は 全 部 自 分 の 家 の 庭 で 育 て る よ う に な っ た の だ 。 夏 の 長 い バ カ ン ス の 間 だ っ て 、 モ ロ ッ コ は も ち ろ ん 、 山 や 海 に も 行 く こ と が な く な っ た 。 出 も ど ろ う ば う え き ば ち う そ う ろ う 063

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


悪 夢 の 続 き ビ ン グ の 端 に 置 か れ て い た ソ フ ァ ー に 身 を 沈 め る 。 そ う し て 、 ど れ ほ ど の 時 が 過 ぎ た だ ろ う か 。 ま る で こ の 世 の 終 わ り の よ う な 顔 を し た 家 族 が 、 目 の 前 で 立 ち 上 が っ た 。 「 つ ら い け れ ど 、 し か た な い わ 。 み ん な で 最 後 の お 別 れ を 言 い に 行 か な き や 」 「 そ う だ ね 、 マ マ 。 泣 い て ば か り い ち ゃ 、 安 心 し て 天 国 に 行 け な い も の ね 」 妻 の 言 葉 に 、 息 子 が う な ず く 。 落 ち こ ん で い た デ ビ ッ ト は 言 葉 も な く 、 歩 き だ し た ニ 人 の あ と に つ い て 行 っ た 。 彼 ら が 向 か っ た の は 、 自 分 や 弟 の 家 族 が ふ だ ん か ら 通 っ て い る 教 会 だ っ た 。 日 曜 礼 拝 で は い お も も ち ん つ う つ も ニ コ ニ コ 笑 顔 で 迎 え て く れ る 人 た ち が 、 今 日 は み ん な 沈 痛 な 面 持 ち で 、 下 を 向 い て い る 。 弟 の ト ニ ー は 人 当 た り が よ く 、 み ん な か ら 好 か れ て い た の だ か ら 当 然 だ 。 さ い だ ん 喪 服 を ま と っ た 教 会 の 人 た ち に う な が さ れ て 、 デ ビ ッ ト た ち 家 族 は 祭 壇 の 前 に 進 み 出 た 。 そ か ん お け こ に は 、 ま っ 白 な ユ リ で 飾 ら れ た 棺 桶 が 置 か れ て い た 。 そ の な か に は ト ニ ー が 横 た わ っ て い る の だ ろ う 。 わ ず か に 顔 の 一 部 が 見 え る 。 が 、 デ ビ ッ ト は 、 ト ニ ー に 別 れ を 告 げ る 気 に は な れ な か っ た 。 つ ま も ふ く む か か ざ し ず 195