検索 - みる会図書館

全データから 214211件ヒットしました。

走らせた王 -太宰治「走れメロス」よりー


走 ら せ た 王 太 宰 治 「 走 れ メ ロ ス 」 よ り 青 銭 兵 六

走らせた王 -太宰治「走れメロス」よりー


走 た 王 ー , 一 太 宰 治 毛 走 れ メ ロ ス 」 よ り 一

走らせた王 -太宰治「走れメロス」よりー


走 ら せ た 王 走 ら せ た 王 太 宰 治 「 走 れ メ ロ ス 」 よ り 発 行 日 : 2015 年 11 月 23 日 ( 初 版 ) 2016 年 1 1 月 23 日 ( 二 版 ) 著 者 : 青 銭 兵 六 発 行 : ~ ー POINT-ZERO POINT-ZERO オ フ ィ シ ャ ル Web サ イ ト 「 煉 ん 発 」 URL : http://wwwl.ttcn.ne.jp/ —rengakabe e-mail : [email protected] ・ JP Twitter : @Hyourock @ HYOÜROKU SEISEN2015 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 お 取 替 え 致 し ま す 。 Printed ⅲ J 叩 明 本 書 の 内 容 を 著 者 に 無 新 で 、 複 写 、 複 製 、 転 写 す る 事 を 禁 じ ま す 。

走らせた王 -太宰治「走れメロス」よりー


ま え が き に か え て 原 作 に 従 え ば 、 走 ら せ た の は 王 で は 無 い オ ニ ス を 主 人 公 と し て お り ま す 。 尚 、 メ ロ ス が 戻 っ て 来 る ま で の 、 王 、 デ ィ に し た 、 二 次 創 作 で す 。 本 作 は 、 太 宰 治 の 「 走 れ メ ロ ス 」 を 元 POINT-ZERO の 青 銭 兵 六 と 申 し ま す 。 は じ め ま し て 、 も し く は こ ん に ち は 。 の で す が 、 こ は タ イ ト ル を 対 に す る と 言 う 意 味 で あ る と 、 ご 容 赦 い た だ け れ ば 幸 い で す 。

小説トリッパー 2014年春季号


( 川 ) の 「 ( 生 れ て 、 す み ま せ ん ) ー な ん て 、 作 品 の 冒 頭 一 行 目 ど こ ろ か 、 タ イ ト ル の 横 に 張 り 付 け て あ る 。 ゼ ロ 行 目 で あ る 。 そ ん な に 焦 る こ と は な い じ ゃ な い か 、 と 思 わ れ る 読 者 も い る か も し れ な い 。 焦 っ て い る の で あ る 。 早 く 、 読 者 に 届 け な き ゃ な ら な い 。 そ う し な け れ ば 、 そ の 読 者 は 、 他 の 作 品 に 目 移 り し て し ま う か も し れ な い 。 だ か ら 、 太 宰 治 の 文 グ ル の 検 索 で 上 位 に 来 る 、 と い う や つ 。 お わ か り だ ろ う か 太 宰 治 は 、 そ ん な 時 代 が 来 る こ と を 見 越 し て い た の で は あ る ま い か 。 そ れ を 、 太 宰 治 自 身 は 「 サ 1 ビ ス ー と い う こ と ば で 呼 ん で い る 。 川 ) 「 ( 生 れ て 、 す み ま せ ん ) ー ( 「 二 十 世 紀 旗 手 」 ) ( Ⅱ ) 「 時 代 は 少 し も 変 ら な い と 思 う 。 一 種 の あ ほ ら し い 感 じ で あ る 」 ( 「 苦 悩 の 年 鑑 」 ) ( 肥 ) 「 僕 三 十 六 歳 ) は 、 女 を ひ と り 、 殺 し た 事 が あ る ん で す 。 実 に あ っ け な く 、 殺 し て し ま い ま し た 」 ( 「 女 類 」 ) ( ) 「 お わ か れ 致 し ま す 。 あ な た は 、 嘘 ば か り つ い て い ま し た 」 ( 「 き り ぎ り す 」 ) 章 は 、 い つ も フ ラ イ ン グ 気 味 な の で あ る 。 ほ ん と 、 つ は 、 テ レ ビ の 時 代 も 過 ぎ 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の 時 代 に 生 き る わ た し た ち こ そ 、 焦 っ て 、 焦 っ て 、 少 々 フ ラ イ ン グ し よ う と も 、 誰 よ り も 先 に 文 章 を 送 り 届 け な き ゃ な ら な い の か も し れ な い 。 そ う で す よ ね 、 太 宰 さ ん 。 「 走 れ 、 メ ロ ス ー で は な く さ て 、 太 宰 治 の 素 晴 ら し さ に つ い て は 、 お わ か り に な っ て い た だ け た か と 思 う 。 と は い え 、 こ こ で 、 「 太 宰 治 は 最 高 だ ! ー と か 「 そ れ に 比 べ て 、 い ま の 作 家 は : : : 」 と 嘆 い て い る ば か り で は 仕 方 な い 。 そ れ で も 、 わ た し た ち に は 、 文 学 が 必 要 で あ り 、 そ れ で こ そ の 、 「 新 し い 文 学 全 集 」 な の だ 。 そ う い う わ け で 、 こ こ で は 、 「 太 宰 治 ー の 作 品 を 収 め た い と 思 う 。 だ が 、 そ の ま ま 、 彼 の 小 説 を 収 め て は 、 芸 が な さ す ぎ る 。 と い う か 、 情 け な い 。 太 宰 治 は 、 も 、 つ 死 ん で し ま っ た の だ 。 あ と は 、 わ た し た ち が な ん と か す る し か な い の で あ る 。 す で に 、 そ の 例 は あ る 。 北 原 み の り さ ん が 、 な ん と 「 走 れ メ ロ ス 」 で は な く 、 「 走 ニ ら な い メ ロ 子 」 と い う 作 品 を 書 い て い る の だ 。 「 走 れ メ ロ ス 」 が ど の よ う な 作 品 か 、 説 明 の 必 要 は あ る ま 。 長 期 間 に わ た っ て 売 れ 続 け て い る ば か り か 、 教 科 書 に も 繰 り 返 し 、 収 め ら れ て き た 。 太 宰 治 の 作 品 の 中 に は 、 い 405 青 少 年 の た め の ツ ポ ン 文 学 全 集

るるぶ青森 弘前 奥入瀬 白神山地’12~’13 (国内シリーズ)


こ に 注 目 鬼 が 人 間 に 罰 を 与 え て い る 「 地 獄 絵 」 の 描 写 は 、 幼 い 太 宰 に と っ て 大 変 シ ← 靑 森 ヒ バ を せ い た く に 使 用 し た 建 物 は 国 の 重 要 文 化 財 大 正 時 代 の 木 造 建 築 の 家 。 和 室 の ほ か 洋 室 も あ る 太 宰 の 父 が 、 総 工 費 約 4 万 円 ( 現 在 の 価 格 で 約 7 ~ 8 億 円 ) で 建 て た と い う 入 母 屋 造 の 豪 邸 こ に 注 目 ふ る さ と 金 木 で 足 跡 を た ど る 小 説 『 故 郷 』 に は 、 こ の 部 屋 で 、 病 床 の 母 の 手 を 両 手 で 握 っ て 見 舞 う シ ー ン が 登 場 す る を 太 宰 治 疎 開 の 家 「 津 島 家 新 座 敷 」 ◎ た さ い お さ む そ か し 、 の い え 「 つ し ま け し ん さ し き 」 00173-52-3063 ( 白 川 ) ( 四 P65B2 23 作 品 が 執 筆 さ れ た 生 家 の 離 れ 宰 が 妻 と 子 供 を 連 れ て 疎 開 し た 家 。 当 時 は 生 家 の 斜 陽 館 裏 手 に あ っ た 。 昭 和 20 年 ( 1945 ) 7 月 か ら 約 1 年 4 カ 月 暮 ら し 、 『 バ ン ド ラ ろ ゆ の 匣 』 『 ト カ ト ン ト ン 』 な ど 23 作 品 が こ で 執 筆 さ れ た 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 317-9 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 入 館 500 円 ( シ ョ ッ プ は 無 料 ) の 9 ~ 17 時 の 不 定 休 04 台 ↓ 江 戸 時 代 中 期 の 掛 け 軸 と い わ れ る 地 獄 絵 4 0 ” を 産 ■ を た ざ い お さ む 太 宰 治 記 念 館 「 斜 陽 館 」 ◎ だ ざ い お さ む き ね ん か ん 「 し や よ う か ん 」 00173-53-2020 P65B2 明 治 40 年 ( 1907 ) に 建 て ら れ た 太 宰 の 生 家 、 ← 2 階 に あ る 洋 ↓ ~ 間 。 天 井 に は 豪 華 な シ ャ ン テ リ ア も ↓ 太 宰 が 愛 用 し た と い う ニ 重 廻 し の マ ン ト も 展 示 太 宰 は 金 木 を 、 小 説 『 津 軽 』 の 冒 頭 で 「 ど こ や ら 都 会 風 に ち ょ っ た 気 取 っ た 町 」 と 書 い て い る 。 今 も 金 木 に 残 る 太 宰 ゆ か り の 生 家 や 公 園 を 訪 れ 、 太 宰 作 品 の 原 点 に ふ れ て み た い 。 気 ~ 宰 は 建 立 の 2 年 後 に こ で 生 ま れ 、 青 森 中 学 に 進 学 す る ま で の 少 年 期 を 過 ご し た 。 現 在 、 蔵 を 利 用 し た 展 示 室 で は 、 初 版 本 や 原 稿 、 川 端 康 成 へ の 書 簡 な ど 約 600 点 を 収 蔵 し て い る 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 412-1 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 7 分 朝 入 館 500 円 の 8 時 30 分 ~ 18 時 ( 1 1 ~ 4 月 は 9 ~ 17 時 ) の 12 月 29 日 050 台 雲 祥 寺 太 宰 が 子 守 の た け と よ く 遊 ん だ 寺 ◎ う ん し よ う し 00173-53-2074 P65A2 こ に 注 目 園 内 に は 立 派 な 太 宰 治 文 学 碑 や 銅 像 が 立 ち 、 そ の 前 で 毎 年 6 月 1 9 日 に は 生 誕 祭 が 開 催 さ れ る 店 内 に は 当 時 の 切 符 売 り 場 や 手 荷 物 會 文 学 碑 に は 太 宰 が 芦 野 公 園 取 扱 所 の 看 板 な ど 好 き た っ た ヴ ェ ル レ も 掛 か り 、 レ ト ロ な ー ヌ の 詩 の 一 節 も ◎ あ し の こ う え ん 雰 囲 気 が い つ ば い 0 0173-35-21 ⅱ ( 五 所 川 原 市 商 工 観 光 課 ) P65A1 太 宰 が 幼 い こ ろ 遊 ん だ 公 園 軽 鉄 道 芦 野 公 園 駅 の 旧 駅 舎 木 の 北 方 、 芦 野 湖 岸 の 公 園 。 約 を 利 用 し た カ フ ェ 。 太 宰 が 80 万 耐 の 園 内 に は 約 2200 本 の 好 ん で よ く 飲 ん で い た と い う 味 を ノ 再 現 し た 、 昭 和 の 珈 琲 500 円 。 馬 桜 の 木 が あ り 、 毎 年 ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク に は 桜 祭 り を 開 催 。 芦 野 湖 に 架 か る 肉 を 使 っ た 激 馬 か な き カ レ ー サ ラ 全 長 265m の 芦 野 夢 の 浮 橋 な ど も あ る 。 ダ 付 き 680 円 な ど の 軽 食 も あ り 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 芦 野 ・ 津 軽 鉄 道 芦 野 公 園 駅 か ら 0 五 所 川 原 市 金 木 町 芦 野 84-171 ・ 津 軽 鉄 道 す ぐ 朝 の の 園 内 自 由 0 あ り 芦 野 公 園 駅 か ら す ぐ の 10 時 30 分 ~ 16 時 30 分 の 12 月 四 日 05 台 を ) 】 第 一 あ 技 わ 堂 に は 通 称 「 地 獄 絵 」 と い わ れ る 寺 宝 の 「 十 王 曼 荼 羅 」 が 掛 か る 。 小 説 『 思 ひ 出 』 に は 、 た け が 太 宰 に 道 徳 を 教 え る た め に 見 せ た と こ ろ 太 宰 か 泣 き 出 し た と い う 工 ビ ソ ー ド か 書 か れ て い る 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 433 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 7 分 0 の の ヨ ッ ク だ っ た よ う 境 内 自 由 ( 地 獄 絵 拝 観 は 無 料 。 法 事 な ど を 除 く 8 ~ 16 時 ) 0 な し こ に 注 目 4 生 誕 100 年 を 経 た 今 で も 共 感 を 集 め る 太 宰 治 っ て ど ん な 人 ? 明 治 年 ( 19 。 9 ) 、 津 軽 有 数 の 資 産 家 の 6 男 と し て 生 ま れ た 。 本 名 は 津 島 修 治 。 『 斜 陽 』 『 走 れ メ ロ ス 』 『 人 間 失 格 』 な ど 、 屈 折 し た 罪 悪 意 識 を 道 化 と 笑 い で つ つ ん だ 諸 作 品 を 発 た ・ 物 /.... 表 し た が 、 昭 和 年 ( 1948 ) に 東 年 公 ら 治 京 ・ 玉 川 上 水 で 愛 人 と 入 水 自 殺 、 2 芦 建 太 年 の 短 い 生 涯 を 閉 じ た 。 ん し っ 舎 て 駅 茶 喫 ① ′ 「 太 宰 が 常 連 っ - 弘 前 の 「 土 の 珈 琿 屋 万 茶 を 再 現 MAP ・ 蛉 手 回 し 式 電 、 話 機 な ど も 置 か れ て い る 64 ィ :

小説トリッパー 2014年春季号


も 、 次 々 に 仲 間 に 入 る よ う に 列 に 加 わ り 、 女 の 数 は ど ん ど ん ど ん ど ん 増 え て い っ た 。 声 は ま す ま す 大 き く な っ て い っ た 。 女 を 殺 す な 、 一 一 人 を 救 え 、 救 え ! な ん だ な ん だ 、 男 た ち は 騒 い だ 。 女 王 は 立 ち 上 が っ た 。 『 女 王 、 女 を 殺 す な ! 友 を 殺 す な ! 』 叫 び 声 が 近 づ い て く る 。 街 の 女 た ち が 初 め て 、 語 り 合 っ た の だ っ た 。 メ ロ 子 の 行 動 を 見 て 、 そ し て 見 て 見 ぬ ふ り を し て き た セ リ 1 ヌ の 悲 惨 を 振 り 返 り 、 話 し 合 っ た の だ っ た 。 誰 も が 知 っ て い た 。 セ リ ー ヌ が 夫 に 殴 ら れ 、 蹴 ら れ 、 何 度 も 死 ぬ 目 に あ っ て い た こ と を 。 あ る 晩 、 い つ も よ り 酷 く 殴 ら れ た セ リ 1 ヌ が 、 酔 っ 払 っ た 夫 を 刺 し た こ と を 。 誰 も が 皆 、 セ リ ー ヌ に 同 情 し て い た 。 で も 、 誰 も が 口 を 閉 じ 、 目 を 背 け 、 知 ら な い ふ り を し て い た 。 が 、 も う 黙 る こ と は な い の だ 。 一 人 で は な い か ら 、 怖 く は な い 。 た だ 、 女 は 手 を つ な げ ば よ い の だ 。 女 王 に 向 か っ て 、 世 間 に 向 か っ て 、 叫 べ ば よ い の だ 。 友 と し て 」 こ の 後 、 「 走 ら な い メ ロ 子 」 は 大 団 円 を 迎 え る の だ が 、 そ れ は 、 み な さ ん が 自 分 で 確 か め て く だ さ い 。 と に か く 、 原 さ ん は 、 女 ば か り の 「 走 れ メ ロ ス 」 : : : じ ゃ な く て 、 「 走 ら な い メ ロ 子 」 を 書 い た 。 こ こ で 、 厳 し く 批 判 さ れ て い る の は 、 男 た ち な の だ 。 あ る 意 味 で 、 男 の 友 情 を 男 の 視 点 で 描 い た 「 走 れ メ ロ ス 」 も ま た 、 批 判 の 対 象 と い え る の か も し れ な い そ ん な の あ り ? あ り 、 な の だ 。 な ぜ な ら 、 太 宰 治 も ま た 、 彼 の 多 く の 作 品 に お い て 、 原 作 を 、 そ の 原 型 を 留 め ぬ ほ ど に 、 変 え て し ま う 名 人 だ っ た の で あ る 。 だ と す る な ら 、 「 男 ー た ち の 世 界 観 を 批 判 す る 、 女 版 「 メ ロ ス ー の 誕 生 を 、 草 葉 の 陰 で 、 太 宰 治 も 喜 ん で い る の で は あ る ま い か さ て 、 二 十 一 世 紀 の 「 走 れ メ ロ ス 」 は 、 ど の よ う な も の な の だ ろ う 。 太 宰 治 が 書 き た か っ た の は 、 単 な る 友 情 の 物 語 で は あ る ま い 。 メ ロ ス は 、 不 正 を 憎 む 、 正 義 の 人 で あ る 。 み ん な が 、 「 空 気 」 に 流 さ れ て い る 時 、 た っ た ひ と り 、 「 そ れ は 違 う 」 と い う 人 で あ る 6 少 数 派 で あ る こ と に 誇 り を 持 つ 人 で あ る 。 こ の 世 界 の 真 実 を 知 り た い と 願 う 、 迷 惑 千 万 な や つ で あ る 。 そ の よ う な 人 間 は 、 み ん な 「 メ ロ ス 」 の 資 格 が あ る の で 集 全 は な い か 。 北 原 さ ん の よ う に 、 「 女 」 の 「 メ ロ ス 」 も い る だ ろ う 。 あ 文 ポ る い は 、 少 数 民 族 や 亡 命 を 余 儀 な く さ れ る 人 や パ ス ポ 1 ト を 持 た ぬ 人 び と の 側 に 立 つ 「 メ ロ ス 」 も い る だ ろ う 。 「 走 る の め メ ロ ス 」 、 「 走 ら ぬ メ ロ ス 」 、 「 眠 る メ ロ ス ー に 「 環 境 保 護 活 た の 動 に 勤 し む メ ロ ス 」 だ っ て い る か も し れ な い 年 わ た し は 、 わ た し の メ ロ ス を 書 い て み た い 。 そ し て 、 み ャ な さ ん も 、 ぜ ひ 、 み な さ ん の メ ロ ス を 書 い て み て く だ さ い

現代日本の文学 31 太宰 治 集


太 宰 治 集

現代日本の文学 31 太宰 治 集


目 次 太 宰 治 文 学 紀 行 デ ラ シ ネ の 夜 の 終 り に 出 正 義 と 微 笑 材 マ ネ ス ク ・ 走 れ メ ス ・ っ 富 嶽 百 景 五 木 寛 之 一

本の雑誌 12月号第40巻12号


〈 特 集 〉 太 宰 治 は 本 当 に 人 間 失 格 な の か ? 6 人 と ダ メ 人 間 作 家 コ ン テ ス ト ! ◎ 西 村 賢 太 坪 内 祐 三 人 間 失 格 と い え ば 太 宰 治 で す が 、 い や ん で す 。 僕 の 作 業 が 遅 い 上 に 、 収 録 作 を 差 文 庫 に 人 っ た け ど 、 ル バ ン で は 実 は 織 田 作 ゝ 、 は る か に 人 間 し 替 え て も ら う こ と に し た せ い で 之 助 を 撮 っ て た ん で す よ 。 そ れ を 見 た 太 宰 い や 太 宰 な ん て 目 じ ゃ な し し い る ぞ 、 坪 じ ゃ あ 、 ア ド ル ム 中 毒 で わ け の わ か ら が 俺 も 撮 っ て よ っ て 。 で も フ ラ ッ シ ュ が あ 失 格 だ っ た す ご い 作 家 が い つ ば ゝ な い 状 態 で 書 か れ た 名 作 と い う の は ? と い う あ た り を 語 っ て い た だ こ う と と 一 枚 分 し か な か っ た 。 そ れ で 一 か 八 か で 坪 そ れ だ っ た ら 、 ま ず は 田 中 英 光 で し ょ 西 そ れ を 人 れ た ん で す 。 あ と 、 太 宰 の 思 撮 っ た の が 、 あ の 名 シ ョ ッ ト 。 で 、 織 田 作 と 太 宰 は 撮 っ た あ と 、 続 い て 死 ん じ ゃ う で う 。 西 村 賢 太 編 集 の 角 川 文 庫 『 田 中 英 光 傑 い 出 を 書 い た の と 坪 太 宰 と い え ば 林 忠 彦 が ル バ ン で 撮 っ た し よ う 。 そ の あ と 田 中 英 光 を あ る 雑 誌 で 写 作 選 』 は も う す ぐ 出 る ん で し た つ け ? 西 一 ヶ 月 ず れ ち ゃ っ て 十 一 月 末 に な っ た 写 真 だ よ ね 。 『 文 士 の 時 代 』 が 去 年 、 中 公 す こ と に な っ た と き 、 田 中 英 光 は や つ ば り ・ 神 保 町 チ キ ン カ ッ 対 談 ☆ 昨 今 話 題 の 太 宰 治 だ が 、 本 当 に そ ん な に ダ メ 人 間 だ っ た の か と い う わ け で 、 西 村 賢 太 と 坪 内 祐 三 が 選 ぶ 太 宰 よ り も す ご い ダ メ 人 間 作 家 グ ラ ン プ リ か ら 、 小 谷 野 敦 の 太 宰 よ り 面 白 い 私 小 説 ガ イ ド 、 作 家 の 死 に 方 伝 説 に 中 原 昌 也 の 太 宰 嫌 い の 弁 ま で 、 無 頼 と ダ メ の 狭 間 に 迫 る 緊 急 特 集 だ あ ー 々 諸 メ に 6 ? を 曲 と ネ ・ ・ 一 " 、 ロ よ メ 耄 ロ ・ ぼ よ ッ