検索 - みる会図書館

検索対象: 世界の名著 2 大乗仏典

世界の名著 2 大乗仏典から 547件ヒットしました。

世界の名著 2 大乗仏典


さ ら に 、 す べ て は 地 獄 の よ う に (! ) 彼 ら 龕 守 ) は ( 地 獄 の 罪 人 と ) 同 じ よ う に は 、 そ の 苦 証 明 さ れ る 、 と 知 ら ね ば な ら な い 。 「 地 獄 の よ う に 」 と し み を 感 じ て い る の で は な い か ら 、 地 獄 に 属 す る 者 と い い う の は 、 諸 地 獄 に お け る よ う に と い う こ と で あ る 。 ど う わ け に は ゆ か な い 。 ま た 、 も し 互 い に 苦 し め あ う と す る な ら ば 、 こ れ ら は 地 獄 の 罪 人 で あ り 、 そ れ ら は 地 獄 の の よ う に 証 明 さ れ る の か と い う と 、 地 獄 の 守 衛 な ど を 見 、 ま た 彼 ら に よ っ て 悩 ま さ れ る 守 衛 で あ る と 区 別 す る こ と が で き な く な ろ う 。 ま た 、 両 者 が 形 と 大 き さ と 力 を 等 し く し て お り 、 ま た 互 い に 苦 し た と え ば 、 地 獄 で 地 獄 の 罪 人 た ち が 、 特 定 の 時 と 場 所 め あ う な ら ば 、 あ の よ う に ( 地 獄 の 罪 人 が 守 衛 を ) 恐 れ と に お い て 、 地 獄 の 守 衛 な ど を 見 る こ と が 認 め ら れ る よ る と い う こ と も あ る ま い 。 第 一 、 鉄 で で き た 大 地 が 燃 え か ら す う に で あ る 。 「 な ど 」 と い う 語 に よ っ て 、 大 や 烏 や 鉄 の 山 あ が っ て い る 際 の 、 焼 熱 の 苦 し み に 耐 え る こ と が で き な い よ う な ( 守 衛 ) た ち が 、 同 じ と こ ろ で 他 の 者 を ど う し 罪 人 に せ ま 。 て こ れ を ) が 行 0 た り き た り す る の を 見 る こ と も 含 意 さ れ る ー ー ー し か も 、 ひ と り だ け で な く す べ て の 者 て 苦 し め よ う か 。 ま た 、 地 獄 の 住 人 で な い の に 、 彼 ら が が 見 る の で あ る 。 ま た 、 地 獄 の 守 衛 な ど は 、 事 実 と し て ど う し て 実 際 に 地 獄 に 生 ま れ よ う か は 存 在 し な い の で あ る が 、 彼 ら ( 罪 人 た ち は 、 前 世 で 行 ( 反 論 ) 「 そ れ な ら 、 動 物 た ち が 天 上 界 に 生 ま れ る の は ど う し て な の か 。 ( そ れ が 認 め ら れ る 以 上 は ) 同 じ よ う な っ た ) 同 じ よ う な 自 分 た ち の 行 為 ( 業 ) の 余 力 が 成 熟 に 、 あ る 種 の 動 物 や 餓 鬼 な ど が 地 獄 の 守 衛 と し て 生 ま れ ( し て 、 悪 い 報 い を も た ら す こ と ) に よ っ て 、 こ れ ら の る こ と も 認 め ら れ よ う 」 守 衛 た ち に 迫 害 さ れ る こ と が 認 め ら れ る 。 こ の よ う に 、 ( 答 論 ) 動 物 た ち は 、 天 上 界 に 生 じ る よ う に は 地 獄 そ の 他 の 場 合 に も 、 空 間 的 、 時 間 的 限 定 な ど の 四 つ の 間 、 。 芝 ら よ 地 獄 に あ に 生 じ な い 。 餓 鬼 た ち も 生 じ な し 。 ・ 題 も 証 明 さ れ る の だ と 知 ら ね ば な ら な い 。 る 苦 を 感 受 し な い か ら 。 ( 五 ) ( 反 論 ) 「 ど う い う わ け 、 で 、 地 獄 の 守 衛 や 、 か の 大 や 烏 ( 1 ) 天 上 界 に 生 ま れ る 動 物 た ち は 、 そ の 環 境 の 与 え る 快 楽 が ( 実 在 す る ) 生 き も の で あ る と は 認 め ら れ な い の か 」 を 感 じ さ せ る に 至 る よ う な ( よ い ) 行 為 に よ っ て 、 そ こ ( 答 論 ) そ れ は 不 合 理 で あ る か ら で あ る 。 と い う の は 、 ご う 4 う 2

世界の名著 2 大乗仏典


( 三 ) ( 餓 鬼 と い う ) 状 態 に 陥 っ て い る の で 、 す べ て の 者 が 、 な り た っ と 続 く の で あ る 。 「 餓 鬼 の よ う に ー と い う の は 、 ( 膿 が あ り も し な い 河 を ) 膿 に 満 ち た 河 だ と 見 て し ま う 餓 鬼 た ち に と っ て の よ う に と い う こ と で あ る 。 ど の よ う の で あ っ て 、 ひ と り た け が 見 る の で は な い 。 ( 河 が ) 膿 に し て な り た っ か と い う と ( こ う で あ る ) 。 等 し く 、 に 満 ち て い る の と 同 じ よ う に 、 尿 や 汚 物 な ど で 満 ち て い の う が こ ん ぼ う み な 膿 河 な ど を 見 る と き 。 ( 三 た り 、 棍 棒 や 剣 を も っ た 守 衛 た ち に よ っ て 監 視 さ れ て い 第 新 「 膿 河 」 と は 、 た り す る の を ( す べ て の 餓 鬼 た ち は 見 る の だ ) と い う こ う み 膿 に 満 ち た 河 と も 、 ( 詩 頌 の 中 の ) 「 な ど ー と い う 語 で 含 意 さ れ て い る 。 の こ と で 、 こ の よ う に 、 対 象 が ( 外 界 に ) 実 在 し な く て も 、 表 象 と ( 7 半 ( 酥 油 つ ま り い う も の は ひ と り の 心 に か ぎ っ て 起 こ る の で は な い と い う こ と が 証 明 さ れ る の で あ る 。 び ん 満 ち た 瓶 の こ 効 用 を は た す の は 、 夢 の 中 の あ や ま ち の よ う に ( 四 草 と を 合 成 語 と 餓 し て ) 酥 瓶 と 証 明 さ れ る 、 と 知 ら ね ば な ら な い 。 夢 の 中 で 、 実 際 に 性 。 減 言 う よ う な も 交 す る こ と は な い の に 精 子 の 漏 出 と い う 形 の あ や ま ち が 、 物 の で あ る 。 と あ り う る よ う に 。 こ の よ う に 、 ま ず 、 ( 先 に 質 問 さ れ た ) 京 い う の は 、 餓 空 ド 的 司 、 、 時 間 的 限 定 を は じ め と す る 四 種 の 問 題 は 、 そ れ 獄 鬼 た ち は ( 前 そ れ の 比 喩 を と お し て 証 明 さ れ る の で あ る 。 の , 鬼 世 で 行 な っ た ( 1 ) サ ン ス ク リ ッ ト 文 写 本 に は 最 初 の 一 葉 は 欠 け て い て 、 レ ヴ ィ は そ 詩 こ 悪 い ) 行 為 の 部 分 を 本 、 漢 訳 か ら サ ン ス ク リ ッ ト に 還 訳 し た 。 と く に 、 「 こ れ ら ( の 表 象 ) が : : 」 の 箇 所 は 本 に 従 っ て 読 む 。 ( 業 ) の 結 果 と ( 2 ) サ ン ス ク リ ッ ト 本 は 「 蜂 」 で 、 渺 訳 諸 本 、 は 「 村 」 で あ る 。 し て 、 同 じ 4 引

世界の名著 2 大乗仏典


ラ ニ ー と 弁 才 と の 深 さ は 、 は か り し る こ と が で き な い 。 尽 と い う の は 、 無 為 に ( 減 尽 が な い こ と ) で あ る ( 一 一 ~ ア ー ナ ン ダ よ 、 お ま え は 菩 薩 の 行 な う こ と に つ い て は 、 ( 2 ) 参 照 ー ジ 注 ) 。 し か し 、 そ の 場 合 、 菩 薩 は 有 為 を 減 尽 さ せ ず 、 い 。 な ん と な れ ば 、 ヴ ィ マ ラ 無 為 の 中 に 自 ら を 固 着 さ せ な い 。 判 断 を く だ さ な い で よ ろ し そ の 中 で 、 有 為 を 滅 尽 さ せ な い と は 、 す な わ ち 、 大 慈 キ ー ル テ ィ が こ の 午 前 中 だ け で 見 せ た 神 変 は 、 神 通 力 を 得 た あ ら ゆ る 声 聞 や 独 覚 が 百 千 コ テ ィ の 劫 の 間 、 神 通 カ か ら 後 退 せ ず 、 大 悲 を 捨 て な い こ と で あ る 。 深 い 決 意 に 由 来 す る 一 切 知 の 心 を 忘 れ ず 、 人 々 を 成 熟 さ せ て あ き る や 神 変 力 を ふ る っ て も 、 及 び も っ か な い も の で あ る 」 し し よ う じ み や げ の 法 語 ・ ー ー 有 尽 と 無 尽 そ の と き 、 最 上 香 台 如 と こ ろ が な い 。 四 摂 事 ( 布 施 、 愛 語 、 利 行 、 同 埣 ) を 捨 て ず 、 来 の 仏 国 上 か ら き て い た 菩 薩 た ち は 、 す べ て 合 掌 し て 如 真 実 の 法 を 受 持 す る た め に は 、 身 命 も な げ う つ 。 善 を 行 え こ う な っ て は あ く こ と を し ら す 、 回 向 に 巧 み で あ り た い と 計 来 を 礼 拝 し 、 次 の よ う に 言 っ た 。 「 世 尊 よ 、 わ た く し ど も が ( 最 初 ) 、 こ の 仏 国 土 へ き た 画 す る 。 法 を 求 め て は 、 怠 る こ と が な く 、 法 を 説 い て は 、 と き に い だ い た 軽 蔑 の 念 を 、 い ま は 断 ち 切 り た い と 思 い 師 の 拳 ( も 四 五 ペ ー ジ 注 ( 5 ) 参 照 が な い 。 如 米 に 会 っ て 供 養 す り ん ね 、 tJ ト - う し ま す 。 な ・ せ か と い え ば 、 諸 仏 世 尊 の 境 涯 と 巧 妙 な 方 便 と る こ と に 努 力 し 、 わ ざ わ ざ ( 輪 廻 の 中 に ) 生 を と る の で に は 、 思 い も 及 ば ぬ も の が あ り ま す 。 い っ さ い の 衆 生 を あ る か ら 、 ( そ の 生 を ) 恐 れ る こ と が な い 。 盛 運 の と き 成 熟 さ せ る 目 的 の も と に 、 人 々 の ね が い に 応 じ て 、 国 土 に も 失 意 の と き に も 、 高 慢 に も な ら ず 卑 屈 に も な ら な い 。 は ( 異 な っ た ) 装 い を も っ て あ ら わ さ れ ま し た 。 世 尊 よ 、 無 学 の 者 を 軽 蔑 せ ず 、 学 者 に 対 し て は 師 で あ る よ う に 敬 わ れ わ れ は 一 切 妙 香 世 界 に 帰 り ま す が 、 そ の 後 も 世 尊 を 愛 す る 。 煩 営 の 盛 ん な 者 を 、 道 理 に 従 っ て 立 ち な お ら せ 思 い 起 こ す よ う に 、 何 か 法 の み や げ を お 与 え く だ さ い 」 る 。 閑 寂 を 喜 ぶ が 、 そ れ に 愛 着 は し な い 。 自 分 の 幸 福 に さ ん ま い め い そ う こ う た の ま れ て 、 世 尊 は 仰 せ ら れ た 。 「 良 家 の 子 よ 、 執 着 せ ず 、 他 人 の 幸 福 に は 愛 着 す る 。 禅 定 や 三 昧 や 瞑 想 わ 、 = 一 〇 七 べ ー ジ 有 尽 と 無 尽 と よ ば れ る 菩 薩 の 解 脱 が あ る 。 そ れ を 学 ぶ が に ( 味 着 せ す ) 、 そ れ ら が 無 Ⅲ 地 獄 ( ) で あ る か 摩 注 ( 3 ) 参 照 よ い 。 そ れ は ま た い か な る も の か 。 の よ う に み な す 。 ( 逆 に ) 生 死 輪 廻 を 、 遊 園 の よ う に ま も の を 乞 う 人 を 、 よ き 友 人 と し て 有 尽 と い う の は 、 有 為 が ( 減 尽 す る こ と ) で あ る 。 無 た 涅 槃 の よ う に 思 い ら い は い

世界の名著 2 大乗仏典


第 イ ト 第 に 生 じ 、 そ こ に 存 在 す る 快 楽 を 経 験 す る の で あ る 。 け れ る よ う に 見 え る 。 し か し 、 そ れ ら は 実 在 し な い の で は な ( 3 ) ど も 、 地 獄 の 守 衛 な ど は 、 こ の よ う に は 地 獄 の 苦 し み を い の た 」 な め は し な い 。 た か ら 、 動 物 に せ よ 餓 鬼 に せ よ ( 地 獄 ( 唯 識 派 の 答 論 ) も し 君 が 、 彼 ら ( 地 獄 の 罪 人 ) の ( 2 ) に ) 生 ま れ る こ と は あ り え な い 。 行 為 の 余 力 に よ っ て 、 地 獄 に 物 質 要 素 が 生 じ 、 ま た ( 反 論 ) 「 む し ろ 、 彼 ら 地 獄 の 住 人 た ち の 行 為 の 余 力 に こ の よ う に 変 化 す る と 認 め る な ら ば 、 何 ゆ え に そ れ よ っ て 、 特 殊 な 色 、 形 、 量 、 力 を 伴 っ た あ る 種 の 物 質 要 は 心 の 所 為 た と 認 め な い の か 。 ( 0 素 が 生 じ 、 そ れ が 地 獄 の 守 衛 と い う よ う な 名 称 を 得 る に 彼 ら の 行 為 ( の 余 力 ) に よ っ て 、 た だ 心 が そ の よ う に 至 る の だ と 言 お う 。 そ し て 、 こ の 諸 要 素 が 転 変 し て 、 手 転 変 す る の だ と 、 な ぜ 認 め な い の か 。 な ぜ こ と さ ら に 、 を 振 り あ げ る な ど の い ろ い ろ な 動 作 を し て い る よ う に 見 諸 物 質 要 素 な ど を 考 え 出 す の か 。 え 、 ( 地 獄 の 罪 人 に ) 恐 れ を い だ か せ る に 至 る の で あ る 。 さ ら に 、 く ん じ ゅ う ま た 、 羊 の よ 君 は 、 行 為 の 潜 在 余 力 ( 熏 習 ) と そ の 果 報 と が 別 々 . 後 う な 形 を し た の 場 所 に あ る と 考 え て い る 。 い か な る 理 山 に よ っ て 、 山 々 が 飛 ん で 潜 在 余 力 の あ る そ の 同 じ と こ ろ に ( 果 報 も あ る と ) 五 き た り 飛 び 去 ( 1 ) 説 一 切 有 部 の 学 者 た ち は 、 地 獄 の 守 衛 な ど を 実 在 す る 生 類 と 考 え / 獄 っ た り し 、 鉄 て い る 。 他 方 、 著 者 は 、 地 獄 も そ の 守 衛 や 住 人 も 、 外 界 の 実 在 と し て で な く 、 夢 の よ う な 、 心 の 表 と し て 考 え て い る 。 刺 樹 林 ( 3 館 ャ ー ル マ リ ー 樹 の ( 2 ) こ の 答 論 は 、 著 者 が か り に 説 一 切 有 部 の 立 場 に 立 っ て 説 明 し た も 識 物 林 で 、 と け が 地 獄 の で 、 唯 識 派 の 立 場 か ら の 答 論 で は な い 。 ( 3 ) こ の 反 論 は 経 量 部 の も の で あ る 。 彼 ら は 、 説 一 切 有 部 の よ う に 、 篇 詩 人 間 の 合 理 的 な 知 識 の 対 は す べ て 外 界 に 存 在 す る と す る 徹 底 し た そ の と げ が 上 実 在 論 者 で は な く 、 一 種 の 表 象 主 義 の 立 場 を と っ て い る が 、 し か し 、 ニ を 向 い た り 下 外 界 の 実 在 を 否 定 す る に は 至 っ て い な い 。 、 し わ ば 批 判 的 実 在 論 を 説 く も の で 、 そ の 立 場 は 有 部 と 唯 識 派 の 中 間 に 位 す る 。 を 向 い た り す -4

世界の名著 2 大乗仏典


し か も す べ て 欲 望 の 享 楽 と は は な れ て い る 。 怒 り の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も す べ て の 人 々 に 対 し て 怒 り が な い 。 七 如 来 の 家 系 愚 か さ の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も あ ら ゆ る 法 を 知 に よ っ て 洞 察 す る 心 を も っ て い る 。 に さ っ ん し よ く 菩 薩 の 道 そ の と き 、 マ ン ジ ュ シ リ ー が ヴ ィ マ ラ キ ー 吝 嗇 の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 身 命 を か え り み ず 、 ル テ ィ に 尋 ね た 。 「 良 家 の 子 よ 、 菩 薩 は ど の よ う に し て 内 外 の も の を 人 に 与 え る 。 戒 律 を 破 る 道 を 道 と し な が ら 、 ぶ つ だ 〒 だ ぎ よ う ( 1 ) 仏 陀 の 法 を 道 と し て 進 む こ と が で き る の で し よ う か 」 し か も わ ず か の あ や ま ち に も 恐 れ を い だ い て 、 頭 陀 行 の 答 え る 、 「 マ ン ジ = シ リ ー よ 、 道 で な い も の を 道 と す 徳 や 少 欲 知 足 に 身 を お く 。 害 意 を も っ て 怒 り 憤 る 道 を 道 る な ら ば 、 そ の と き 菩 薩 は 、 仏 陀 の 法 を 道 と し て 進 む と と し な が ら 、 し か も 究 極 に は 害 意 が な く 慈 愛 の 中 に い る 。 い う の で す ー 怠 惰 の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も た え ず 精 進 し て あ ら ゆ ぜ ん ご ん ま た 問 う 、 「 菩 薩 が 道 で な い も の を 道 と す る と は ど う る 善 根 を 追 求 す る こ と に 努 力 す る 。 感 覚 器 官 の 錯 乱 の 道 め い そ う い - っ こ レ J で 亠 9 ・ か を 道 と し な が ら 、 し か も 自 ら の 本 性 と し て 瞑 想 的 で あ り 、 む け ん ざ 、 ん じ よ う 答 え る 、 「 五 無 司 黽 ( 一 〇 七 ・ ↑ ジ 効 果 的 に 禅 定 の 中 に い る 。 悪 い 知 恵 の 道 を 道 と し な が ら 、 ド 注 ( 3 ) 参 照 ) の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 悪 意 、 害 心 、 遺 恨 が 起 こ ら な い 。 地 獄 の 道 を 道 と し か も 知 恵 の 。 ( ー ラ ミ タ ー の 道 に 従 い 、 世 間 的 と 超 世 間 し な が ら 、 し か も 煩 悩 の 塵 を す べ て は な れ て い る 。 動 物 的 と の 論 書 に 通 暁 し て い る 。 や み い つ わ り へ つ ら ( 畜 生 ) の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 無 知 の ま っ く ら な 闇 奸 詐 や 諂 い を な す 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 巧 み に 意 、 よ う ′ こ う 、 カ 子 / し ア ス ラ の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 慢 心 、 橋 傲 、 図 を 含 ん で 語 り 、 徹 底 し て 巧 み な 方 便 を 行 な う 。 慢 心 の 傲 慢 さ が な い 。 ャ 「 ( 己 の 世 界 へ の 道 を 道 と し な が ら 、 道 を 説 き な が ら 、 し か も ま た 、 世 間 全 体 に 対 す る 橋 と も し か も 福 徳 と 知 の 資 材 を す べ て 受 け 入 れ る 。 不 動 ()i の ) ( 1 ) 貪 欲 を 捨 て る た め の 修 行 を 、 と く に 頭 陀 行 と 言 い 、 人 の い な い 場 維 と 、 無 物 質 ( 無 色 界 ) の 道 を 道 と し な が ら 、 し か も 実 際 所 、 墓 場 や 樹 下 に 日 を 送 る こ と 、 食 を 乞 う こ と 、 一 日 一 食 で あ る こ ど ん よ く と 、 衣 服 は 三 種 に か ぎ る こ と な ど の 、 十 二 項 目 が あ げ ら れ て い る 。 に は そ の 道 に 陥 る こ と が な い 。 貪 欲 の 道 を 道 と し な が ら 、

世界の名著 2 大乗仏典


上 に も 、 有 心 の 者 の 上 に も ま た 、 と ( い う 意 味 で あ る こ と が ) 知 ら れ る 。 「 連 続 し て 絶 え る こ と の な い 」 も の と は 、 ( 次 々 に 現 在 に 生 起 し て き て は 過 去 に 去 っ て 行 く 絶 え 間 の な い ダ ル マ の ) 流 れ で あ る 。 「 浄 い あ る い は 浄 く な い , と は 、 善 な る あ る い は 悪 な る 、 と い う こ と で あ る 。 善 な る あ る い は 悪 な る も の で あ る 点 で は 、 取 得 ( = 」 三 ) の 流 れ も ま た 同 様 で あ る か ら 、 そ れ と 区 別 す る た め に 「 ( 四 つ の ) 元 素 に よ る ー と 言 わ れ た の で あ る 。 「 に よ る 」 と は 、 「 が 原 囚 で あ る 」 ( と い う 意 味 で あ る ) 、 と 『 大 注 ( 6 ) 釈 』 を 重 ん じ る 人 々 は 言 う 。 ( 四 元 素 が ) そ の 生 起 な ど の 原 囚 で あ る か ら で あ る 。 「 そ れ が す な わ ち 、 ( 外 面 に ) あ ら わ れ ぬ 行 為 」 と い う 中 の 、 「 す な わ ち 」 の 語 は 、 ( 次 に ) そ の 名 を あ げ る こ と を 示 す た め で あ る 。 そ れ 自 体 が 物 で あ り 、 ま た 作 用 で あ る 点 で は 、 ( 外 面 に ) あ ら わ れ る ( 行 為 ) と 同 様 で あ る け れ ど も 、 ( そ れ と は 異 な っ て ) 、 他 を し て ( 自 ら を ) 知 ら し め る こ と が な い か ら 、 「 ( 外 面 に ) あ ら わ れ ぬ ( 行 為 ) 」 な の で あ る 。 「 と 言 わ れ る ー と は 、 ( 『 大 注 釈 』 を 重 ん じ る ) 師 匠 た ち の こ と ば で あ る こ と を 示 す 。 要 す る に 、 ( 外 面 に ) あ ら わ れ ぬ ( 行 為 ) と は 、 ( 外 面 に ) あ ら わ れ る ( 行 為 ) や 精 神 集 中 ( の 修 練 ) に よ っ て 生 じ た 、 善 な る ま た は 悪 な る 物 で あ る 。 ( 1 ) parama ( 「 最 高 の 」 「 極 度 の 」 ) ・ anu ( 「 原 子 」 「 徴 粒 子 」 ) 。 ふ つ う に は 「 極 微 ( ご く み ) 」 と 漢 訳 さ れ る 。 物 を 極 限 ま で 分 析 し た 結 果 と し て の 、 空 間 的 ひ ろ が り の 最 小 の 単 位 。 す べ て の 物 ( た だ し 「 外 面 に あ ら わ れ ぬ 行 為 」 を 除 く ) は 、 こ の 極 限 微 粒 子 の 合 集 に よ っ て 形 成 さ れ る 。 一 方 ま た 、 す べ て の 物 ( た だ し 「 四 元 素 」 を 除 く ) は 、 四 元 素 に よ っ て 構 成 さ れ る 。 ( 2 ) 「 論 書 ( シ ャ ー ス ト ラ ) 」 と い う 一 般 的 な 呼 称 を 用 い て い る が 、 こ こ で は 『 ア ビ ダ ル マ の 類 目 』 ( 三 三 七 べ ー ジ 注 ( 1 ) 参 照 ) を さ す 。 ( 3 ) 全 宇 宙 を 三 つ の 領 域 に わ け る 。 ( 一 ) 欲 望 の 多 い 領 域 、 (ll) 物 質 性 の 領 域 、 ( 三 ) 非 物 質 性 の 領 域 で あ る 。 ( 一 ) は 地 下 の 世 界 ( 地 獄 ) 、 地 表 の 世 界 お よ び 天 界 の 最 低 次 の 領 域 で あ り 、 ( 一 l) は 天 界 の 中 位 の 領 域 で あ り 、 ( 三 ) は そ の 最 高 次 の 領 域 で あ る 。 こ の 三 領 域 は 宇 宙 論 的 に 考 え ら れ て い る ば か り で な く 、 精 神 的 に も 理 解 さ れ て い る 。 た と え ば 、 身 体 は ( 一 ) に あ っ て も 精 神 集 中 の 修 練 を 実 習 す る こ と に よ り 、 人 は 精 神 的 に (ll) や ( 三 ) に 至 る こ と が で き る 。 ( 4 ) 「 と 伝 承 さ れ て い る 」 と い う 句 は 、 ヴ ァ ス ・ ハ ン ド ウ が 、 説 一 切 有 部 の 正 統 説 に 対 し て 批 判 的 な 態 度 を 示 そ う と す る と き に 、 お く 句 で あ る 。 ( 5 ) 前 者 は ふ つ う 「 無 想 定 ( む そ う じ よ う ) 」 と 、 後 者 は ふ つ う 「 尽 定 ( め つ じ ん じ よ う ) 」 と 漢 訳 さ れ 、 二 つ 合 わ せ て 、 二 無 心 定 と も い う 。 前 者 は 、 無 想 天 と よ ば れ る 天 界 ( 本 ペ ー ジ 注 ( 3 ) に い う 「 物 質 性 の 領 域 」 の 一 部 ) に 生 ま れ る た め に 、 仏 教 者 以 外 の 人 が 実 修 す る も の 。 後 者 は 、 精 神 が 統 一 さ れ た や す ら か な 境 地 に 遊 ぶ た め に 、 仏 教 の 修 道 者 が 実 修 す る も の 。 い ず れ も 、 極 度 の 精 神 集 中 の 結 果 、 す べ て の 心 意 や 想 念 が 停 止 し て し ま う ( 一 一 ・ 四 二 ・ 、 四 三 析 分 ・ 参 照 ) 。 ( 6 ) く わ し く は 『 ア ビ ダ ル マ の 大 注 釈 』 (Abhidharma ・ mahävi ・ 在 bhä 、 漢 訳 『 阿 毘 達 磨 大 毘 婆 沙 論 』 ) と よ ば れ る 大 部 な 注 釈 書 。 そ れ を 重 ん じ る 人 々 ( ヴ ァ イ ・ ( ー シ カ 、 毘 婆 沙 師 ) が 、 説 一 切 有 部 の 正 統 派 と 考 え ら れ て い る 。

世界の名著 2 大乗仏典


伴 う ( 囚 ) 、 す べ て に 通 し る ( 囚 ) 、 応 報 ( の 困 ) と 名 で わ た く し た ち は 幸 福 だ 」 と 語 る よ う な も の で あ る 。 ( 反 論 。 ー ー ) も し 、 あ る ( ダ ル マ ) に ( 他 の ダ ル マ の 生 づ け ら れ る 六 種 が 因 で あ る と 認 め ら れ る 。 ( = ・ 咒 ) 起 を ) 妨 げ る 能 力 が な い な ら ば 、 ど う し て そ れ が 囚 と な そ の 中 で 、 る と い う こ と が あ る の か 。 た と え ば 、 涅 や ( ま だ 現 在 そ れ 自 身 以 外 が 、 あ ら し め る 囚 。 (= ・ 「 因 果 関 係 の 上 に あ る ダ ル 「 」 に と 0 て 、 そ れ 自 身 を 除 に ) 生 起 し て い な い ダ ル 「 に は 、 ( 他 の ) す べ て ( の ダ い た 他 の ダ ル 「 は す べ て 、 「 あ ら し め る 因 」 で あ る 。 そ ル こ の 生 起 を ( 妨 げ る 能 力 は な く ) 、 ま た 、 地 獄 の 人 の 生 起 に 対 し て 、 障 碍 と な ら な い か ら で あ る 。 ( 反 間 人 な ど に は 、 非 物 質 性 の 領 域 に お け る ( 五 つ の ) 群 ( の 、 。 ど う し て そ れ ら ) し か し 、 お よ そ 煩 悩 は 、 無 知 の 者 に は 生 起 す る で ダ ル こ の 生 起 を ( 妨 け る 能 力 は な ℃ あ ろ う が 、 知 あ る 者 に は 生 起 し な い か ら 、 知 は そ れ ら が 「 あ ら し め る 囚 」 と な る と い う こ と が あ る の か ) 。 ( 他 の ダ ル マ の 生 起 を ) 妨 げ え な い で あ ろ う こ と は 、 ( そ れ ( 煩 悩 ) が 生 起 す る た め の 障 碍 と な る で は な い か 。 ま た 、 ら が ) 現 に 存 在 し な い 場 合 で あ っ て も 、 存 在 し て い る 場 太 陽 の 光 は 、 星 を 見 る た め の ( 障 碍 と な る で は な い か 。 た か ら 、 知 は 熕 悩 の 、 太 陽 の 光 は 星 の 、 「 あ ら し め る 囚 」 合 と 同 様 で あ る 。 ( と す れ ば 、 そ れ ら が 他 の ダ ル 「 の 生 で は な い で は な い か ) 。 ど う し て そ れ 自 身 以 外 の す べ て 起 を 妨 げ な い か ら と い 0 て 、 そ の 「 あ ら し め る 囚 」 だ と の ダ ル 「 が 、 「 囚 果 関 係 の 上 に あ る ( ダ ル 「 ) 」 に と 0 て は 言 え な い で は な い か 。 ) 王 侯 が ( 圧 政 を し な い の は 、 た だ そ れ を ) な し え な い ( か ら 、 な さ ぬ に す ぎ な い よ う 「 あ ら し め る 囚 」 と な る の か 。 ( 答 え ー ー ー ・ ) 現 に ( あ る ダ な ) 場 合 で も 、 ( 村 人 た ち は ) 上 述 の よ う に う か ら 、 ル マ が ) 生 起 し よ う と し て い る と き 、 ( 他 の す べ て の ダ か の 比 喩 は そ の ま ま こ こ に も あ て は ま る 。 ル マ は 、 そ の ダ ル マ に 対 し て ) 障 碍 と は な ら な い 状 態 に ( 以 上 は 「 あ ら し め る 囚 」 に つ い て の ) 一 般 的 説 明 で あ あ る か ら で あ る と 知 る べ き で あ る 。 生 起 す る の を 妨 げ る の が 可 能 で あ る の に 、 妨 げ る こ と を し な い か ら 、 そ の か る 。 し か し 、 「 あ ら し め る 囚 、 の 中 で 、 力 す ぐ れ て い る ぎ り に お い て 、 因 で あ る こ と に な る で あ ろ う 。 ち ょ う ど 、 も の な ら ば 、 ( 他 の ダ ル 「 を ) 生 起 さ せ る こ と も で き る 。 圧 政 を し な い 王 侯 に つ い て 、 村 人 た ち が 「 殿 様 の お か け ち ょ う ど 、 視 覚 器 官 や 色 形 が 視 覚 と し て は た ら く 心 を 、 586

世界の名著 2 大乗仏典


『 自 分 は 執 着 を な く し 、 病 気 の 根 本 の 認 識 に 立 と う 』 と 等 性 と は ど う い う こ と か 。 我 の 平 等 性 を は じ め と し て 、 い う よ う に 、 我 に 執 着 す る 観 念 を 断 ち 、 法 の 観 念 を 生 し 涅 槃 の 平 等 性 に 至 る ま で を 言 い ま す 。 な ん と な れ ば 、 自 る べ き な の で す 。 つ ま り 、 こ の 身 体 は 多 く の 法 の 集 ま っ 我 も 涅 槃 も 、 両 者 と も に 空 だ か ら で す 。 こ の 両 者 が い か た も の で あ り 、 身 体 が 生 じ た 場 合 に も 、 実 は 法 が 生 じ る に 空 な の か 。 概 念 的 に 説 か れ た こ の 両 者 が 空 な の で あ り 、 の み で あ り 、 減 し た 場 合 に も 、 法 が 減 し た に ほ か な ら な そ れ ら は い ず れ も 実 体 と し て 完 成 し た も の で は あ り ま せ そ れ ら の 法 は 互 い に 感 受 し 知 覚 す る こ と は な く 、 そ ん 。 こ の よ う に 平 等 性 を 見 る と き 、 彼 は 病 気 と 空 性 と を れ ら の 法 が 生 し た と き に も 、 『 わ れ は 生 じ る 』 と は 考 え 別 の も の と は し ま せ ん ー ー ー 病 気 こ そ は 空 性 な の で す 。 な い し 、 減 す る と き に も 『 わ れ は 減 す 』 と は 考 え ま せ ん 。 か の ( 病 を ) 感 じ る と い う こ と も 、 感 受 な く し て ( 感 し か し 、 か の ( 病 に か か っ て い る 菩 薩 は ま た ) 、 法 の 受 す る の で あ る ) と 知 る べ き で す 。 し た が っ て 、 感 受 が 観 念 を 完 全 に 知 る た め に 、 次 の よ う に 考 え る べ き で す 。 な く な っ た こ と を 忸 り で あ る と 考 え て も な り ま せ ん 。 仏 『 わ た く し が 上 述 の よ う な 法 の 観 念 を も っ と す れ ば 、 こ 法 が 完 成 し た と き に は 、 ( 感 受 す る も の と 感 受 さ れ る も れ ま た 倒 錯 で あ っ て 、 倒 錯 は す な わ ち 大 病 に ほ か な ら ぬ 。 の と の ) 二 種 の 感 受 は 捨 て ら れ ま す 。 し か し 、 か と い っ そ の 病 を わ た く し は は な れ る べ き で あ り 、 病 を 断 っ た め て 、 ( 地 獄 な ど の ) 悪 趣 に 生 ま れ て い る 一 切 衆 生 に 対 し に 精 進 に 励 ま ね ば な ら な い 』 と 。 て 大 慈 悲 心 が 起 こ さ れ な い の で は あ り ま せ ん 。 こ れ ら の そ の 場 合 、 病 を 断 っ と は ど う い う こ と か 。 す な わ ち 、 衆 生 に 対 し て は 、 正 し く 心 を 洞 察 し て 病 気 を 除 く よ う に わ れ あ り と の 考 え 、 わ が も の な り と の 考 え を 断 っ こ と で し む け る べ き で す 。 し か し 、 彼 ら に お い て 、 い か な る 法 す 。 そ れ は ど う い う こ と か と い え ば 、 二 つ の こ と を は な ( 1 ) こ の 問 答 の 問 う 者 と 答 え る 者 は 、 漢 訳 に よ っ て よ 、 、 ー し ま の 場 合 と れ る こ と で す 。 二 つ の こ と を は な れ る と は ど う い う こ と 逆 に な っ て い る も の が あ る 。 か と い え ば 、 す な わ ち 内 に も 外 に も 動 き の な い こ と で す 。 ( 2 ) 「 心 の 洞 察 」 nidhyapti が 以 下 に お い て 話 題 の 中 心 と な る が 、 漢 摩 訳 は 「 調 伏 ー ( 心 の 抑 制 ) と 訳 し て い る 。 右 の サ ン ス ク リ ッ ト 語 に 維 内 に も 外 に も 動 き が 起 こ ら な い と は ど う い う こ と か 。 平 「 調 伏 」 の 意 味 が あ る の か 、 あ る い は 原 語 を niyama な ど と し て 等 性 に 立 つ か ら 、 そ こ に 動 き ゅ ら ぎ 出 る こ と が な い 。 平 考 え る べ き な の か よ く わ か ら な い 。 、 0

世界の名著 2 大乗仏典


通 じ て 、 い ず れ も 同 じ 命 あ る も の で あ る と 、 共 通 に 認 識 心 作 用 の 消 減 が 、 「 無 意 識 」 と 名 づ け ら れ る ( 別 個 な 一 ・ す る こ と は な い で あ ろ う 。 ま た 、 共 通 に 表 現 す る こ と も つ の ダ ル マ と し て の ) 存 在 で あ っ て 、 そ れ に よ っ て 未 来 ( な い で あ ろ う ) 。 ( 五 つ の ) 群 な ど を 認 識 し 、 表 現 す る 時 の 心 ・ 心 作 用 は し ば ら く せ き 止 め ら れ て 、 生 起 し え な こ と に つ い て も ( 同 様 に ) よ ろ し く ( 知 る べ き で あ る ) 。 、 。 河 の 水 を せ き 止 め る よ う な も の で あ る 。 そ し て 、 そ れ は ま っ た く 、 応 報 で あ る 。 ( 一 一 ・ 四 一 さ て 、 か の 「 無 意 識 」 ( ~ 一 と と は 何 か 。 無 意 識 と は 無 意 識 ( 者 の 天 ) に お け る 心 ・ 心 作 用 の 何 の 応 報 か 。 「 想 念 な き 精 神 集 中 、 の ( 応 報 ) で あ る 。 消 滅 。 0 一 ・ 四 一 ) 無 意 識 者 の 天 は い ず れ ( の 天 ) の 中 に あ る か 。 無 意 識 者 の 天 ()l 一 九 べ 町 ジ 注 ( 5 ) に ) に 生 ま れ た 者 の 心 ・ 広 果 天 の 中 に ( あ る ) 。 ( 一 一 ・ 四 一 z) ( 第 四 禅 天 の 中 の ) 広 果 と 名 づ け る 天 の 中 の あ る 場 所 に 無 意 識 者 た ち は い る 。 ち ょ う ど ( あ る 神 々 が 第 一 禅 天 の 上 の ) 中 間 禅 の 境 地 に い る よ う に で あ る 。 さ て 、 ( 先 に ) 「 二 つ の 精 神 集 中 」 と 言 わ れ た ( ~ 言 、 第 を ~ ~ 暠 ま 物 ′ 明 そ の 二 0 と は 何 か 。 「 想 念 な き 精 神 集 中 」 と 、 「 ( 心 の は ( 1 ) 地 下 の 世 界 と し て の 地 獄 、 地 上 の 世 界 と し て の 人 間 、 動 物 ( 畜 生 ) 、 餓 鬼 の 類 、 お よ び 天 界 の 五 つ を 言 う 。 ( 2 ) 四 種 の 生 ま れ 方 。 胎 生 ・ 卵 生 ・ 湿 生 ・ 化 生 。 湿 生 は 「 う じ 」 や 「 ・ ほ う ふ ら 」 の よ う な 生 ま れ 方 、 化 生 は 変 化 ( へ ん げ ) し て の 生 ま れ 方 。 析 ( 3 ) 古 代 イ ン ド の 社 会 階 層 。 ふ つ う に は 「 カ ー ス ト 」 の 名 で 知 ら れ て い る 。 司 祭 階 級 、 武 人 、 正 奴 隷 の 四 階 級 。 ( 4 ) 無 学 は 三 七 七 ペ ー ジ 注 ( 1 ) 参 照 。 有 学 は な お 学 ぶ べ き も の が あ る 者 の 意 。 「 道 に は い っ て 」 は い る け れ ど も 、 な お 「 阿 羅 漢 」 に は 至 っ て い な い ー ・ 一 。

世界の名著 2 大乗仏典


・ こ ん の 徳 の 流 れ は 尽 く し が た い 。 と よ ば れ 、 す な わ ち 、 こ れ ら の 菩 薩 の 名 は 等 観 く ) 等 不 等 観 ( い : 0 見 る ) 、 定 神 変 王 翁 せ 、 法 自 在 ( 琺 こ う " こ ん に て ) 、 法 幢 ( 翳 し た ) 、 光 幢 ( は た 、 し ) 光 厳 氛 雑 ) 、 黼 べ ん ほ う 厳 、 大 荘 厳 、 弁 峰 翁 、 宝 峰 、 宝 手 に 3 、 宝 印 手 じ よ う か し ゅ っ に を ) 、 常 挙 手 ( を ) 、 常 下 手 ( 延 喜 び の 王 の 、 や め る ) 天 王 ) 、 ) 、 常 喜 根 の ね に 覚 器 る ) 、 常 喜 王 ( 最 高 で あ る 願 に 立 0 て ( 彼 岸 に ) 到 達 せ る 、 無 屈 弁 ( を 成 い た 宝 の 燈 明 、 ) 勇 者 の 宝 、 宝 の 歓 喜 、 む し よ う じ よ う り よ ほ う き っ し よ う 宝 吉 祥 、 帝 網 朝 松 る の ) 、 光 網 あ ) 、 無 障 静 慮 父 象 昧 ) 、 物 ( ) 、 夏 ) 、 ( 雷 天 翁 導 げ ん じ ん べ ん お う 現 神 変 王 ( ) 、 峰 相 等 厳 ( 相 ~ 」 う そ う つ ね に 精 進 、 一 一 山 頂 を や 、 山 相 撃 王 ( ふ る エ 努 力 す る ) 香 象 、 大 香 象 砿 牛 ) 、 常 精 進 ( ん や く み よ う し よ う に ま れ つ き 、 車 こ と の な い 妙 恵 」 の あ る 不 捨 善 阨 ( 努 め て 休 む ) 、 知 ) 、 妙 生 「 し し れ ん し よ う そ う 観 じ て 自 、 蓮 華 勝 蔵 讐 翦 、 在 で あ る ) 蓮 華 厳 飾 ) 、 観 自 在 ( ま ん も う と く た い せ 、 ほ う じ よ う 大 き な 勢 、 浄 ら か な 宝 、 得 大 み ( 力 を 得 た 座 を 有 す る ) 梵 網 ( 網 有 す る 7 ) 、 宝 杖 ( し よ う ま き ん 勝 魔 ( 魔 の 行 為 に 、 0 飾 「 ) 、 珠 宝 葢 を 植 す 、 金 ク 】 、 も と ど り に 、 金 の あ る 髻 宝 石 を い っ ) 、 慈 氏 ( 弥 勒 法 の 王 子 で あ る 「 、 な ど の 三 万 二 千 の 菩 薩 た ち で あ る 。 む ゅ う ま た 、 ア シ ョ ー カ ( 無 憂 ) 世 界 の 四 大 州 か ら き た シ キ ン 梵 王 ( 持 髻 梵 王 ) 以 下 の 一 万 の ゾ ラ フ マ ー 神 が 、 世 尊 ( 1 ) 三 昧 は サ マ ー デ ィ の 音 訳 で 、 禅 定 の 一 種 。 ダ ー ラ ニ ー ( 陀 羅 尼 ) は 、 本 来 は 要 点 を 理 解 し 記 憶 す る こ と を 意 味 し た が 、 の ち に は 呪 文 の 意 味 に も 用 い ら れ る 。 弁 才 は 弁 説 に 関 し て 機 知 横 で あ る こ と 。 ダ ー ラ ニ ー と 弁 才 と は 菩 薩 の 重 要 な 資 格 と し て し ば し ば 並 び あ け ら れ る 。 ( 2 ) 禅 定 も 三 昧 も 、 の ち に 出 て く る 等 持 な ど も 、 だ い た い 似 た 概 念 で 、 心 を 平 静 に 保 つ こ と 、 注 意 が 集 中 さ れ て い る こ と 、 な ど の 意 味 。 meditation ( 瞑 想 ) や 、 trance ( 恍 惚 で あ る こ と ) な ど の 意 味 も あ る が 、 そ れ と ま っ た く 同 じ な の で は な い 。 ー ラ ミ タ ー ( 波 羅 蜜 多 ・ 到 彼 岸 ・ 度 ) は 古 来 、 「 彼 岸 に 到 達 し た 状 態 」 す な わ ち 、 修 行 の 完 成 と 理 解 さ れ て い る 。 ふ つ う に は 六 波 羅 蜜 、 こ こ で は 「 施 し 」 以 下 十 波 羅 蜜 が あ げ ら れ て い る 。 ( 4 ) 転 輪 王 ( 世 界 征 服 の 帝 王 ) が 、 戦 車 を 駟 使 す る こ と に な そ ら え て 、 仏 陀 の 説 法 を 、 法 輪 ( 法 車 ) を 転 じ る と い う 。 ( 5 ) 仏 陀 、 あ る い は 転 輸 王 の 身 体 に そ な わ る と い わ れ る 「 三 十 二 の 相 ( 主 た る 特 徴 ) 」 と 「 八 十 の 随 好 ( 付 随 的 な 特 徴 ) 」 の こ と 。 ( 6 ) 「 こ れ あ れ ば か れ あ り 、 こ れ 生 ず れ ば か れ 生 ず 」 と い っ た 表 現 を も っ て 、 世 界 の 相 対 性 を 説 く 原 理 を 縁 起 と 言 い 、 仏 教 の 根 本 的 理 念 と さ れ る 。 ( 7 ) 次 の 帝 王 と な る べ き 皇 太 子 に 対 す る 洗 礼 の 儀 式 。 こ こ で は 菩 薩 が や が て 仏 陀 と な る こ と に た と え る 。 ( 8 ) 以 上 の 十 力 、 四 無 畏 、 十 八 不 共 ( 仏 ) 法 そ の 他 が 、 い つ も 仏 陀 の 徳 と し て あ げ ら れ る 。 ( 9 ) 地 獄 ・ 餓 鬼 ・ 畜 生 ・ 阿 修 羅 な ど の 悪 い 生 存 の 状 態 。 神 や 人 間 の 善 趣 と 合 し て 、 六 趣 、 六 道 を 形 成 す る 。 阿 修 羅 を 除 く と 五 趣 、 五 道 と な る 。 ( 間 ) 以 下 の 菩 薩 名 は 、 玄 奘 の 漢 訳 に 相 当 す る も の は す べ て こ の 漢 訳 を 採 用 し 、 チ ベ ッ ト 訳 に よ っ て 知 ら れ る 意 味 を 補 足 注 釈 と し て ( ) 維 の 中 に 示 し た 。 漢 訳 と チ ベ ッ ト 訳 と は 、 完 全 に 一 致 し な い 場 合 も あ ( 3 )