検索 - みる会図書館

検索対象: 九州(楽楽 九州 1)

九州(楽楽 九州 1)から 233件ヒットしました。

九州(楽楽 九州 1)


蒐 右 圭 地 嶽 別 府 地 獄 の な か で も 最 灰 色 の 熱 泥 が ホ コ ボ コ 大 規 模 。 コ バ ル ト プ ル と 球 状 に 沸 騰 し て い る ー の 湯 を た た え た 池 は 、 様 子 が 坊 主 頭 に 似 て い 地 獄 と い う の が ふ さ わ る こ と と 地 名 か ら 「 鬼 石 し く な い ほ ど 美 し い 。 坊 主 地 獄 」 と よ は れ る の さ わ や か な 青 色 は 、 よ う に な っ た と い わ れ 硫 酸 鉄 が 溶 解 し て い る る 。 入 口 は 海 地 獄 の す 栽 培 。 ゆ で 玉 子 や 噴 気 た め と か 。 園 内 で は 、 温 ぐ 脇 。 施 設 内 に は 無 料 で 蒸 し た 地 獄 蒸 し 焼 き た 立 寄 り 温 泉 の 鬼 石 の 泉 熱 を 利 用 し て ア マ ゾ の 「 足 湯 」 が 設 け ら れ て プ リ ン が 名 物 だ 。 湯 も あ る ( 入 浴 68 円 ) 。 ン 地 方 原 産 の オ オ オ ニ い る 。 奥 に は 、 男 女 別 の ・ パ ス 停 海 地 獄 前 か ・ ハ ス 停 海 地 獄 前 か バ ス や 熱 帯 性 睡 蓮 を 内 湯 と 露 天 風 呂 を 備 え ら 徒 歩 1 分 0180 台 ら 徒 歩 1 分 040 台 物 地 嶽 DATA DATA 散 想 像 を 絶 す る 不 思 議 な 世 界 が 展 開 髴 別 府 地 獄 を 巡 る 別 府 観 光 の 代 表 的 な 存 在 と し て 知 ら れ る の が 「 別 府 地 獄 め ぐ り 」 。 自 然 に 高 温 の 温 泉 が 噴 き 出 し て い る ス ポ ッ ト で 、 組 合 加 盟 の 地 獄 は 8 つ 。 そ の う ち 6 つ は 鉄 輪 温 泉 街 に あ . る 。 こ こ で は 、 こ の 6 つ の 地 獄 を 巡 り な が ら 、 レ ト ロ な 町 並 / み が 続 く 鉄 輪 温 泉 街 を 散 策 。 併 せ て 、 個 性 的 な 2 つ の 温 泉 に も 立 寄 っ て み よ う 。 時 間 が あ ー 所 要 時 間 れ ば 、 さ ら に 足 を の ば し て 、 残 り の 円 39B -1 ・ 2 2 つ の 地 獄 も せ ひ 訪 ね た い 。 各 地 獄 で は 噴 気 を 利 用 し て ゆ で 玉 子 な ど を 作 っ て し 、 る △ ス タ ヨ 、 地 点 と ア ク セ ス ・ - ー 亠 隅 参 照 亀 の 井 / ヾ ス 地 ・ 地 石 ・ ・ 地 鉄 輪 方 面 行 き で 20 分 獄 第 彗 第 坊 第 彗 と 第 地 地 う ? 前 1 1 1 地 1 彗 1 彗 1 10 カ 分 ぐ 分 分 彗 . 分 分 分 分 . 分 0 分 本 分 別 府 地 獄 め ぐ り 谷 0977 ー 66 ー 1577 ( 別 府 地 獄 組 合 ) ( 8 地 獄 共 通 ) の 8 ~ 1 7 時 ・ 無 休 ・ 8 地 獄 共 通 観 覧 券 2000 円 お ん せ ん ひ め 魅 温 泉 沢 屋 大 正 11 年 ( 1922 ) の 創 店 頭 に 設 け ら れ た 地 獄 業 時 、 太 閤 秀 吉 フ ァ ン 釜 か ら 、 も う も う と 上 が の 先 代 が 「 千 成 び よ う る 湯 気 が 目 印 。 人 気 な た ん 」 に ち な ん で 命 名 の は 、 こ の 温 泉 の 蒸 気 し た の が 名 前 の 由 来 。 で 蒸 し た 湯 け む り 団 子 露 天 風 呂 や ヒ ノ キ 湯 に 5 串 78 円 。 注 文 を 受 け 加 え 、 打 た せ 湯 の 瀧 湯 、 て か ら 蒸 し 上 げ る の で ア ツ ア ツ だ 。 店 内 で は 砂 湯 、 む し 湯 、 足 湯 ・ 歩 大 分 の 郷 土 料 理 ・ だ ん 行 湯 な ど 、 多 彩 な 湯 が こ 汁 な ど も 味 わ え る 。 楽 し め る 。 ・ ハ ス 停 鉄 輪 か ら 徒 徒 歩 3 分 の 9 時 ~ 午 前 1 時 ・ ハ ス 停 鉄 輪 か ら 徒 歩 1 分 朝 8 時 30 分 ~ 18 時 ・ 不 定 休 朝 入 場 700 円 ( 18 ・ 無 木 0 な し 時 ~ は 550 円 ) 080 台 歩 2 分 050 台 約 3 時 間 」 R 別 府 駅 西 口 nomoton 俯 地 獄 組 合 谷 09 〃 -66-15 〃 リ 府 市 観 光 案 内 所 谷 0977-24-2838 蒐 通 地 嶽 別 名 「 ワ ニ 地 獄 」 。 大 正 12 年 ( 1923 ) 、 日 本 で 初 め て 温 泉 熱 を 利 用 し 、 ワ ニ 飼 育 を 始 め た 。 現 在 も ク ロ コ ダ イ ル 、 ア リ ゲ ー タ ー な ど 世 界 の ワ ニ 約 18 頭 を 飼 育 。 売 店 は ポ ル ネ オ 島 の 伝 統 的 家 屋 を 模 し た 建 物 。 噴 出 す る 熱 湯 は 無 色 透 明 だ が 、 池 に 落 ち る と 温 度 と 圧 力 の 低 下 で 青 白 く 色 が 変 化 。 施 設 内 に 温 泉 熱 を 利 用 し た 熱 帯 魚 館 が あ り 、 ア マ ゾ ン に 生 息 す る 人 食 魚 ピ ラ ニ ア や ピ ラ ル ク な ど 、 珍 し い 魚 が 見 ら れ る 。 DATA ・ バ ス 停 鉄 輪 か ら 徒 歩 3 分 055 台 DATA DATA 142

九州(楽楽 九州 1)


山 地 嶽 か 北 地 嶽 岩 山 の 間 な ど 、 山 の 至 古 く か ら 氏 神 の 竈 門 八 る と こ ろ か ら 噴 気 が モ 幡 宮 の 大 祭 の 際 、 こ の ウ モ ウ と 上 が っ て い る 地 獄 の 噴 気 で 御 供 飯 こ と か ら 、 こ の 名 前 が を 炊 い て い た こ と が 名 付 け ら れ た と い う 。 こ こ 前 の 由 来 。 泉 温 90 ℃ の で は 温 泉 熱 を 利 用 し て 温 泉 が 噴 気 と と も に 湧 カ バ や サ ル 、 フ ラ ミ ン 出 し て 形 作 ら れ た 湯 の 檻 の 前 に は 餌 プ ー ス が っ た " 地 獄 グ ル メ " が ゴ 、 ア フ リ カ ゾ ウ な ど 池 の 地 獄 が 1 丁 目 ~ 6 あ り 、 餌 を 18 円 で 販 充 実 。 足 湯 も 3 つ 設 け 約 20 種 の 動 物 を 飼 育 。 丁 目 ま で あ る 。 噴 気 で 売 し て い る 。 ら れ て い る 。 ち ょ っ と し た 動 物 王 国 蒸 し た ま ん じ ゅ う や 温 ・ バ ス 停 海 地 獄 前 か ・ ノ ヾ ス 停 海 地 獄 前 か に な っ て い る 。 動 物 の 泉 玉 子 、 ふ か し 芋 と い ら 徒 歩 1 分 070 台 ら 徒 歩 3 分 040 台 福 寺 卍 ー ー 卍 鶴 見 山 龍 地 獄 刊 温 泉 神 社 [)O 動 物 園 鬼 石 坊 地 の 、 輪 、 植 物 園 -- 、 あ み 堂 居 同 多 オ な み ノ や ま 、 熱 帯 地 獄 原 温 泉 , 9 ー 海 地 瑚 湯 沢 \ 2- い 国 鬼 石 の 湯 貸 間 旅 館 温 泉 、 , 。 , 00 、 0 陽 、 ( 福 岡 ・ 長 崎 方 面 高 速 パ ズ ) 9 : 、 ご 、 を 魴 き ホ ア ル 鉄 輪 ホ デ 風 月 主 主 地 獄 も 湯 の 宿 大 分 県 温 泉 . ・ 獄 / き 研 究 指 導 セ ン タ つ る か な 和 邸 山 水 館 鉄 輪 局 : : ラ 北 中 = を 一 旅 館 案 内 所 か ま ど 別 府 地 獄 を 巡 る DATA DATA 100E 0 熱 の 湯 0 0 国 道 10 ラ へ 、 た つ ま さ じ ご く 第 あ み 鮴 物 血 の ) 獄 と 龍 巻 地 獄 も 鉄 輪 乱 湯 、 巛 っ て 地 獄 を 制 覇 石 菖 と よ ば れ る 薬 草 を 鉄 輪 む し 湯 か ら バ ス 停 敷 き つ め た 小 さ な 石 室 鉄 輪 ( 鉄 輪 大 分 交 通 営 海 地 獄 一 帯 か ら 約 m 難 れ 、 隣 合 わ せ で 血 の 池 地 の 中 に 横 た わ り 、 80 ℃ 業 所 ) へ 向 か う 途 中 、 い と 麗 巻 地 獄 が あ る 。 い す れ も 鉄 輸 温 泉 街 の 北 方 に あ の 源 泉 の 蒸 気 で 体 を で ゆ 坂 沿 い に あ る 手 焼 り 、 問 合 せ ・ 時 間 ・ 休 み ・ 料 金 は 6 つ の 地 獄 と 共 通 だ 。 き せ ん べ い の 店 。 名 物 蒸 す 変 わ り 風 呂 。 い わ ・ / ヾ ス 停 鉄 輪 か ら 亀 の 井 パ ス 亀 川 方 面 行 き で 10 ゆ る 蒸 し 風 呂 ・ 和 製 サ の 湯 あ み せ ん べ い 1 袋 分 、 バ ス 停 血 の 池 地 獄 前 下 車 、 徒 歩 1 分 、 ま た R 亀 川 駅 か ら 亀 の 井 ハ ス 鉄 輪 行 き で 7 分 印 PI 39 C-I ウ ナ で 、 薬 草 の 香 り と 38 円 は 、 粉 に 温 泉 水 熱 気 が 、 体 を 芯 ま で 癒 を 練 り 込 ん だ 薄 焼 き せ い の 嶽 し て く れ る 。 起 源 は 鎌 ん べ い 。 さ っ く り と し た 倉 時 代 の 一 遍 上 人 の こ 歯 こ た え で 、 ユ ズ 味 噌 日 本 で 一 番 古 く 、 「 万 葉 知 に 「 赤 池 」 と 記 さ れ た 天 然 の 地 が 香 ば し い 。 ほ か に 、 豆 ろ ま で さ か の ほ る と か 。 獄 。 赤 い 熱 泥 カ 頭 出 し て 堆 積 乳 せ ん べ い や 生 姜 お せ す る た め 池 一 面 が 、 ま る で 血 ん な ど も あ る 。 の 色 の よ う に 赤 く 染 ま っ て い る 。 0150 台 い に 箞 地 嶽 別 府 市 の 天 然 記 念 物 に 指 定 谷 0977 ー 67 ー 3880 さ れ て い る 間 欠 泉 。 一 定 の 間 DATA ・ パ ス 停 鉄 輪 か ら 徒 隔 で 約 5 分 間 、 す さ ま じ い 勢 歩 5 分 朝 6 時 30 分 ~ 19 時 し 、 で 噴 出 す る 熱 湯 は 、 50m ほ 30 分 最 終 受 付 ・ 第 4 木 曜 谷 0977 ー 66 ー 0877 DATA と 噴 き 上 が る 力 が あ る 。 0 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) ・ 入 浴 ・ ハ ス 停 鉄 輪 か ら 徒 500 円 ( 貸 浴 衣 別 途 210 円 ) 歩 1 分 の 8 時 30 分 ~ 17 時 120 台 020 台 ・ 第 1 月 曜 0 な し ( 0 [ U M N か ん な わ せ き し よ う DATA

九州(楽楽 九州 1)


ユ ニ ー ク な 楽 し み も 満 載 の 大 規 品 泉 地 国 で も 最 大 級 の 温 泉 地 。 源 泉 の 数 が 288 カ ・ 『 伊 予 国 風 土 記 』 に 神 叫 、 伊 予 国 所 以 上 、 湧 出 す る 湯 量 は 1 日 に 12 万 608k2 で 少 彦 名 命 が 病 に 余 り ド ふ 。 歴 史 も 古 く 、 8 世 紀 の 初 め に 編 集 さ れ 倒 れ た 際 、 大 国 主 命 た 『 伊 予 国 風 土 記 』 や 『 豊 後 風 土 記 』 に 記 さ れ 、 弘 法 が 豊 後 水 道 の 海 底 に △ ( 上 ) 別 府 地 獄 の 大 師 も 訪 れ た と い わ れ る 。 江 戸 時 代 に も 温 泉 場 と し 長 い パ イ プ を 敷 き 、 ー っ ・ 白 池 地 獄 別 府 の 湯 を 道 後 へ 運 て 賑 わ っ た が 、 一 気 に 発 展 し た の は 掘 削 技 術 が 進 ( 下 ) 竹 瓦 温 泉 の 砂 ん で 湯 浴 み さ せ た と 湯 も 別 府 の 名 物 ん た 明 治 中 期 以 降 。 大 正 ~ 昭 和 に は 、 別 府 観 光 の 父 こ ろ 、 病 が 癒 え た と 記 あ ぶ ら や く ま は ち と さ れ る 油 屋 熊 八 が 、 卓 越 し た ア イ テ ィ ア さ れ て い る 。 と 行 動 力 で 、 別 府 温 泉 を 全 国 に 売 り 込 ん た ~ ・ 油 屋 熊 八 は 亀 の 井 旅 館 ( 現 在 の 亀 の 井 こ と で 知 ら れ る 。 現 在 も 別 府 に は 「 別 府 八 湯 」 ホ テ ル ) の 創 業 者 。 昭 に 代 表 さ れ る 温 泉 地 が 点 在 。 8 つ の 地 獄 を 回 和 初 期 に 全 国 初 の バ る 「 別 府 地 獄 め ぐ り 」 や 、 古 い 町 並 み な ど を ス ガ イ ド 付 き 観 光 バ 散 策 す る 「 別 府 八 湯 ウ ォ ー ク 」 、 さ ら に 独 特 の 「 砂 湯 」 な ど 、 ス を 別 府 に 走 ら せ た 1 り 、 富 士 山 の 山 頂 に こ こ な ら で は の ユ ニ ー ク な 楽 し み も 多 い 。 「 山 は 富 士 、 海 は 瀬 戸 内 、 湯 は 別 府 」 の 標 柱 を 立 て た り と 、 「 別 府 の 観 光 大 使 」 を 自 認 し た エ ピ ソ ー ド が 数 多 く 残 る 。 ・ 別 府 に は 、 著 名 人 の 足 跡 も 数 多 い 。 映 画 人 の チ ャ ー リ ー ・ チ ャ ッ プ リ ン や 劇 作 家 ・ 詩 人 の ポ ー ル ・ ク ロ ー デ ル な ど 、 外 国 人 も 多 数 訪 れ て い る 。 卩 f0 「 m ⅶ on 俯 市 ONSEN ツ ー リ ズ ム 部 観 光 ま ち づ く り 課 谷 0977-2 ト 1 Ⅲ リ 府 市 観 光 協 会 谷 09 〃 -24-2828 別 府 市 観 光 協 会 駅 案 内 所 谷 0977-24-2838 旅 ネ タ 円 1 1 D-3 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス - ・ 一 ~ 照 特 急 「 ソ ニ ッ ク 」 で 2 時 間 亀 の 井 ノ ヾ ス 別 府 行 き で 50 分 大 分 交 通 空 港 特 急 ノ ヾ ス 「 エ ア ラ イ ナ ー 」 で 48 分 」 R 鹿 児 島 本 線 ・ 日 豊 本 線 」 R 別 府 」 R 博 多 駅 IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIC 田 市 院 ま 前 バ ス タ ー ミ ナ ル 別 府 駅 前 大 分 空 港 別 府 駅 前 大 分 自 動 車 道 別 府 ℃ 」 R 別 府 3km 賑 や か な の は 別 府 温 泉 街 ー -- ー ( 円 和 参 か ん な わ 鉄 輪 温 泉 街 別 府 地 獄 め ぐ り 一 ・ -- 1- ( 円 42 参 時 主 な 見 ど こ ろ は 別 府 八 湯 ウ ォ ー ク , ・ 一 ー p ⅳ 参 照 コ コ ! 平 野 資 料 館 ー ー イ を 加 ① 大 分 香 り の 博 物 館 / ー ー ず 加 参 躱 ) 大 分 マ リ ー ン ル ス 水 「 た ま ご 」 一 一 一 参 照 高 崎 山 自 然 動 物 園 .. ′ -1- 円 鄲 参 照 近 鉄 ・ 別 府 ロ ー プ ウ ェ イ ′ ・ ー ず 加 第 ① 聴 潮 閣 高 橋 記 念 館 / -- 円 41 参 照 、 ぐ お い し い も 似 ま . ′ -1 円 参 照 別 府 と リ 天 ー ・ ・ - ・ ・ 1 黽 照 コ レ ! 豊 後 牛 ... ・ - ・ 円 引 参 照 / 、 一 - - 円 42 参 照 コ コ ! 旅 ワ サ 観 光 ハ ス で 地 獄 を 巡 る 」 R 別 府 駅 か ら 、 8 つ の 地 獄 を 巡 る 定 期 観 光 バ ス が 運 行 。 別 府 駅 発 8 時 45 分 ・ 10 時 ・ 11 時 45 分 ・ 13 時 ・ 14 時 40 分 の 1 日 5 便 。 所 要 2 時 間 30 分 。 料 金 368 円 ( 8 地 嶽 入 場 料 込 み ) 。 問 合 せ は 谷 0977 ー 23 ー 5170 ( 亀 の 井 バ ス 定 期 観 光 北 浜 バ ス セ ン タ ー ) へ 。

九州(楽楽 九州 1)


去 山 小 浜 ー 、 0 雲 雲 ス イ ス シ ャ レ ー 様 式 の 建 物 大 自 然 に 包 ま れ た 山 の 温 泉 と 海 の 温 泉 本 初 の 国 立 公 園 と し て 知 ら れ る 雲 谷 095773-3263 日 仙 は 、 高 原 の リ ゾ ー ト 地 。 春 の ツ ツ P97 B-2 ジ や 夏 の 新 緑 、 秋 の 紅 葉 や 冬 の 霧 氷 な ど 昭 和 10 年 ( 1935 ) 、 外 国 人 向 け リ ゾ ー ト ホ テ ル と し 四 季 の 移 ろ い を 肌 で 感 し る こ と が で き 、 古 て 開 業 。 吹 き 抜 け の 大 き な 階 段 や 磨 き あ け ら れ た 湯 ・ 新 湯 ・ 小 地 獄 の 3 つ の エ リ ア の 温 泉 が 柱 や 手 す り の 質 感 な ど 創 業 当 時 の ク ラ シ カ ル な 雰 囲 気 を 残 す 、 歴 史 的 に も 貴 重 な 建 物 。 人 気 。 ま た 小 浜 は 雲 仙 岳 を 背 景 に 、 波 穏 1 泊 朝 食 付 2 万 1900 円 ~ や か な 橘 湾 に 面 し た 海 辺 の 温 泉 地 で 、 街 中 に 湯 煙 り が 立 ち 上 り 、 昔 な が 朝 ノ ヾ ス 停 雲 仙 西 入 口 か ら 徒 歩 3 分 ( 214 : ( E11 : 44 室 / 内 湯 2 / 露 天 2 : ) 硫 黄 泉 30 台 ら の 温 泉 宿 が 軒 を 連 ね る 。 い fo け ℃ n 雲 仙 】 》 雲 仙 観 光 協 会 谷 0957-73-3434 き ゅ う し ゃ う 九 州 》 雲 仙 市 観 光 物 産 ま ち づ く り 推 進 課 谷 0957-38-3111 》 雲 仙 市 小 浜 総 合 支 所 産 業 建 設 課 谷 095774-2 ⅱ 1 ホ テ ル ン 」 、 浜 温 泉 観 光 協 会 谷 0957-74-2672 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス - ー イ ” の 県 営 / ヾ ス 雲 仙 の 隠 れ 家 的 洋 館 ホ テ ル 料 金 mtl DATA P73 D-5 和 の コ ー ス 料 理 カ わ え る 谷 095773-3234 レ ス ト ラ ン / ヾ P97 B-I ー も あ る 約 半 数 の 和 室 が レ ト ロ モ ダ ン な 洋 室 、 和 風 モ ダ ン ど う 回 る ? な 和 洋 室 と い う 、 和 と 洋 が 見 事 に マ ッ チ し た リ ゾ ー ト ホ テ ル 。 中 で も 、 雲 仙 地 獄 を 望 む 半 露 天 風 呂 雲 仙 温 泉 は 、 雲 仙 地 獄 や 原 生 沼 を 徒 歩 で 巡 る 。 1 周 約 2 時 間 。 大 自 然 を 満 喫 で き る 仁 田 峠 展 と テ ラ ス を 備 え た プ レ ミ ア ル ー ム は 贅 沢 。 望 所 へ は 「 雲 仙 お 山 の 情 報 館 」 か ら 乗 リ 合 い タ ク シ ー 1 泊 2 食 付 1 万 8000 円 ~ で 20 分 。 さ ら に 妙 見 岳 展 望 所 へ は ロ ー プ ウ ェ イ で 3 パ ス 停 雲 仙 お 山 の 情 報 館 か ら 徒 歩 1 分 俍 ) 15 : OO 分 。 小 浜 温 泉 は 中 心 街 を 歩 い て 散 策 し て も 1 時 間 あ ま DATA 611 : OO 97 室 / 内 湯 3 / 露 天 3 / 貸 切 1 仼 ・ 硫 黄 り の 小 さ な 温 泉 街 。 湯 煙 り の 中 を の ん び リ 歩 こ う 。 泉 040 台 雲 仙 地 獄 心 ゆ く ま で く つ ろ け る 上 質 の お も て な し 長 崎 駅 前 交 通 セ ン タ ー 長 崎 駅 前 交 通 セ ン タ ー 1 時 間 16 分 県 営 パ ス 1 時 間 40 分 料 金 ' 【 雲 仙 】 う ん せ ん し ご く 雲 仙 】 民 芸 の 宿 福 田 屋 荒 涼 と し た 景 谷 095773-3434 自 然 を の そ め 色 が 地 獄 を 連 谷 0957-73-2151 る 半 露 天 風 呂 ( 雲 仙 観 光 協 会 ) 想 さ せ る 付 き パ ノ ラ マ 円 7 B-I 円 7 A-2 ス イ ー ト も ぐ っ ぐ っ と 噴 煙 が 立 ち 上 る 雲 仙 地 獄 。 江 戸 時 代 に 露 天 風 呂 を は じ め 、 豊 富 な 風 呂 は す べ て 源 泉 掛 け は キ リ シ タ ン 殉 教 の 舞 台 と な っ た 場 所 で も あ り 、 流 し 。 そ れ そ れ に 趣 の 異 な る 貸 切 風 呂 も 4 つ あ り 、 キ リ シ タ ン 迫 害 の 歴 史 を 物 語 る 十 字 架 が 立 て ら プ ラ イ ベ ー ト 感 が し つ か り 守 ら れ て い る 。 館 内 の れ て い る 。 散 歩 道 の 途 中 に は 地 獄 の 蒸 気 で 蒸 し た 民 芸 茶 屋 「 カ 」 の 料 理 も 好 評 だ 。 名 物 ・ 温 泉 た ま こ ( 4 個 300 円 ) を 販 売 。 1 泊 2 食 付 1 万 1000 円 ~ パ ス 停 雲 仙 西 入 口 か ら す ぐ 引 5 : 8610 : 00 34 室 / 内 湯 2 / 露 天 2 / 貸 切 4 ] 硫 黄 泉 ( 新 O 台 無 凩 園 駐 車 場 利 用 40 台 ( 1 日 410 円 ) み ん け い も く も く と 立 ち 上 る 噴 煙 と 硫 黄 の 匂 い 和 モ ダ ン な 空 間 で 旅 の 疲 れ を 癒 す 料 金 ヾ ス 停 雲 仙 お 山 の 情 報 館 前 か ら す ぐ 朝 見 学 自 由 の DATA DATA

九州(楽楽 九州 1)


別 府 駅 を 起 点 に し た 場 合 、 駅 周 辺 は 徒 歩 で 回 れ る が 、 鉄 輪 温 泉 や 高 崎 山 自 然 動 ど う 回 る ? 物 園 な ど 、 そ の ほ か の 地 域 へ は バ ス を 利 用 。 」 R 別 府 駅 の 東 ロ と 西 口 の バ ス 停 発 の ほ か 、 別 府 北 浜 バ ス 停 発 の も の も あ る の で 注 意 。 ハ ス と 徒 歩 で 回 る 約 5 時 間 府 地 診 輪 , 月 → R の R R 第 R , 、 徒 。 穹 別 。 別 駅 殳 獄 品 ? 1 。 房 10 府 3 0 ~ 00 0000 0 、 00 分 周 分 獄 周 - 分 ぐ 分 分 分 分 90 前 30 印 2 ハ ス と 徒 歩 で 回 る 約 4 時 間 → → → 分 R 煎 " 野 歩 ス 、 府 2 等 8 、 ' 1 10 、 す 分 ぐ 分 分 日 | 分 分 分 ぐ ぐ 月 リ 創 府 八 湯 ウ ォ ー ク で 別 府 の 多 彩 な 魅 力 を 実 感 し よ う 府 八 湯 ( 別 府 ・ 鉄 輪 ・ 浜 脇 ・ 観 海 間 30 分 程 度 だ 。 「 竹 瓦 か い わ い 路 寺 ・ 明 礬 ・ 堀 田 ・ 柴 石 ・ 亀 月 l) を 、 地 裏 散 歩 」 は 毎 週 日 ・ 月 ・ 水 ・ 金 曜 地 元 住 民 の ホ ラ ン テ ィ ア ガ イ ド が の 10 時 に 」 R 別 府 駅 集 合 で 参 加 料 歩 き な が ら 案 内 す る の が 「 別 府 八 . 700 円 、 「 人 情 の 町 亀 川 湯 遊 散 策 」 湯 ウ ォ ー ク 」 。 湯 の 町 ・ 別 府 の 古 き ・ は 毎 月 第 1 日 曜 の 10 時 に 」 R 亀 川 よ き 時 代 の 名 残 を 巡 る 「 竹 瓦 か い ・ 駅 集 合 で 参 加 料 700 円 と い っ た よ わ い 路 地 裏 散 歩 」 や 、 流 し の は っ う に 、 ツ ア ー に よ っ て 開 催 さ れ る ち ゃ ん ・ ぶ ん ち ゃ ん の 演 奏 に の っ 曜 日 や 時 間 、 料 金 な ど は 異 な っ て ( 上 ) 「 竹 瓦 ・ 夜 の 路 て 歩 く 「 竹 瓦 ・ 夜 の 路 地 裏 散 歩 」 を い る 。 詳 し く は 電 話 で 問 合 せ る か - 地 裏 散 歩 」 は 、 第 2 ・ は じ め 、 「 浜 脇 温 泉 ・ セ ピ ア 色 散 歩 」 、 ホ ー ム ペ ー ジ で 確 認 を 。 4 金 曜 の 20 時 30 「 別 府 湾 ・ 海 の 散 歩 ( 要 予 約 ) 」 、 「 山 - 分 に 竹 瓦 温 泉 前 集 物 。 ー 驀 卩 合 、 歩 く の は 1 の 手 レ ト ロ 散 策 」 、 「 鉄 輪 温 泉 ・ 湯 谷 0977 ー 24 ー 2828 ( 別 府 市 観 光 協 会 / 土 ・ 日 曜 は 谷 0977 ー 2 程 度 で 所 要 約 1 時 け む り 散 歩 」 、 「 堀 田 湯 の 里 ・ 湯 け : 4 ー 2838 ) ・ 谷 0977 ー 23 ー 4748 ( 平 野 、 間 30 分 、 参 加 料 む り 散 策 」 、 「 人 情 の 町 亀 川 湯 遊 散 180 円 ( 左 ) 平 資 料 館 内 別 府 ハ 湯 ウ ォ ー ク 連 絡 協 議 策 」 な ど 、 多 彩 な 13 コ ー ス の 定 期 会 「 極 楽 組 合 」 ) ※ 開 催 の 曜 日 や 時 間 、 野 資 料 館 な ど の 施 開 催 ツ ア ー が 用 意 さ れ て い る 。 所 料 金 な ど は 要 問 合 せ 。 h 叩 : / / w 設 見 学 を 組 み 込 ん 要 時 間 は ほ と ん ど が 2 時 間 ~ 2 時 だ ツ ア ー も あ る bep 料 旧 ⅵ . j 可 Ⅳ ダ 電 ル 好 楽 ひ と り 言 ” 油 門 寺 雨 ・ 、 公 園 府 ホ テ ル 別 府 府 . 別 府 市 観 光 協 ム 素 朴 な 風 : 房 冫 海 荘 駅 月 案 内 所 温 泉 も 点 在 菱 ホ テ ル 市 営 温 泉 の 不 老 泉 ( 印 P137A -1 ) を は じ め 、 別 府 に は 素 朴 な 温 泉 も 多 い 。 共 同 浴 場 の 紙 屋 温 泉 ( 架 下 ) 、 、 ( P137A ー 2 ) の 前 に は 写 真 の 飲 泉 バ ド 所 や 足 湯 が あ る の 井 テ ル で 、 路 地 裏 を あ ち こ 塩 卩 堂 ち 散 策 し て み よ う 。 9 ル Ⅱ 通 り ゆ め タ ン 別 府 月 カ ト リ ッ ク 教 会 ・ あ ー い 工 房 杏 ( 0 L U M N コ レ も 名 物 リ 府 駅 市 場 な が キ 功 ー わ 別 府 駅 か ら 流 川 通 り ま で 150m ほ ど 続 く 高 架 下 の 商 店 街 が 別 府 駅 市 場 。 市 民 の 台 所 で 、 細 長 い 通 路 沿 別 い に 、 昭 和 40 年 代 の 府 風 景 を 今 も 色 濃 く 残 す 店 が 軒 を 並 べ て い る 。 P137A -1 1 〔 0 1 U M N - DATA 別 府 タ ウ ン ′ 、 0 薗 温 泉 シ ー 育 て 支 援 、 タ

九州(楽楽 九州 1)


0 小 浜 】 し ゅ ん よ う か ん 春 陽 館 人 0 と 足 似 ま し て 並 ち 奇 り 冫 勿 雲 仙 ス バ ハ ウ ス 創 業 当 時 の 風 谷 0957-73-31 引 谷 095774-2261 情 を 残 し つ つ 円 7 B-2 進 化 を 続 け る 円 7 D-I 温 泉 と 美 術 館 を 併 設 し た 施 設 。 ス / ヾ ハ ウ ス は 露 天 風 風 格 漂 う 純 和 風 旅 館 。 落 ち 着 け る 和 室 を は し め 、 呂 や 屋 久 杉 風 呂 、 檜 風 呂 、 岩 盤 浴 な ど が あ り 、 ゆ っ く り 体 を 癒 せ る と 女 性 に 人 気 が あ る 。 シ ッ ク な 洋 室 や 露 天 風 呂 付 客 室 な ど 多 彩 な 部 屋 タ イ プ を 用 意 。 展 望 露 天 風 呂 「 天 空 の 湯 」 は 、 橘 湾 ・ パ ス 停 雲 仙 西 入 口 か ら す ぐ の IO ~ 18 時 ( 日 曜 ・ に 沈 む 夕 日 を 望 め る 絶 好 の ロ ケ ー シ ョ ン 。 DATA 祝 日 は ~ 19 時 ) 朝 入 浴 800 円 、 美 術 館 入 館 700 円 、 温 泉 ス パ ・ 美 術 館 共 通 券 1 1 OO 円 の 無 休 070 台 1 泊 2 食 付 1 万 650 円 ~ 朝 小 浜 パ ス タ ー ミ ナ ル か ら 徒 歩 す ぐ ) 15 : 00 じ ご く お ん せ ん か ん DATA 310 : 00f 47 室 / 内 湯 2 / 露 天 2 ( 露 天 の み 沸 か し 小 地 獄 温 泉 館 湯 ) / 貸 切 30 ナ ト リ ウ ム ー 塩 化 物 泉 030 台 谷 095773-2351 円 7 B-2 か の 吉 田 松 陰 も 入 っ た と い う 江 戸 中 期 か ら 続 く 木 造 の 温 泉 館 で 、 少 し 熱 め の 乳 白 色 の 湯 が 楽 し め る 。 毎 日 Ot を 湧 出 し 、 雲 仙 最 大 の 湯 量 を 誇 る 日 帰 り 温 浴 施 設 。 朝 パ ス 停 雲 仙 西 入 口 か ら 徒 歩 10 分 の 9 ~ 21 時 朝 DATA 入 浴 400 円 の 無 休 0200 台 ( 国 民 宿 舎 青 雲 荘 ) か い じ よ う ろ て ん ぶ ろ 海 上 露 天 風 呂 引 寸 き で ゆ ゆ あ か ね 谷 095775-0 っ く り リ ラ ッ 波 の 湯 茜 ク ス で き る 竹 P97 ( -2 の 湯 谷 0957-74-2672 新 鮮 な 魚 介 類 や 地 元 の 素 材 を ふ ん だ ん に 使 っ た ( 小 浜 温 泉 旅 館 組 合 ) 円 7 ( -2 料 理 と 7 つ の 多 彩 な 風 呂 が 自 慢 。 橘 湾 を 望 む 屋 上 展 望 露 天 風 呂 の 「 樽 」 と 「 丸 太 」 風 呂 は 貸 切 専 用 で 、 水 平 線 に 沈 む 夕 日 と 温 泉 を 同 時 に 堪 能 で き る の が コ コ 。 海 に 面 し て い て 、 海 面 と の 差 が ほ と ん ど な い 橘 湾 を 望 み な が ら ゆ っ た り と 浸 か れ る 。 た め 、 ま る で 海 に 浸 か っ て い る か の よ う な 錯 覚 に と 1 泊 2 食 付 1 万 650 円 ~ ら わ れ る 。 ・ 小 浜 ノ ヾ ス タ ー ミ ナ ル か ら 徒 歩 5 分 冊 15 :[email protected]!D ・ 小 浜 パ ス タ ー ミ ナ ル か ら 徒 歩 5 分 浦 7 ~ 19 日 ) 入 DATA ー 11 : O び 23 室 / 内 湯 2 / 露 天 2 / 貸 切 3CD ナ ト リ ウ DATA 浴 300 円 の 不 定 休 ( 天 候 不 順 の 場 合 は 休 業 ) 06 台 ム ー 塩 化 物 泉 020 台 浜 の 湯 小 浜 魚 一 直 売 所 雲 仙 さ が わ 山 荘 ー 共 同 浴 場 し 雲 仙 市 小 浜 総 合 支 湯 元 ホ テ ル 夕 日 の 広 場 ・ 当 パ ズ タ ト ミ ナ ル 碆 観 光 協 会 小 濱 神 社 駄 菓 子 屋 さ ん 博 物 館 、 ・ か せ 第 仙 焼 春 陽 賢 茶 屋 く つ ろ ぎ の 宿 旅 館 反 雲 仙 イ ′ 業 所 山 田 リ タ ン 雲 仙 地 獄 富 貴 屋 雲 仙 市 小 浜 温 泉 瀏 ま り ・ 2 % 殉 教 の 碑 → 伊 勢 屋 旅 館 マ リ ン ノ ・ 清 七 地 獄 、 = 雲 仙 温 泉 旧 幅 地 、 っ た や 館 海 上 露 天 風 呂 ホ ル 当 % 小 浜 城 跡 ー 」 ” 7 波 の 湯 茜 」 こ イ ) 小 浜 歴 史 資 料 雲 仙 お 山 の 報 雲 仙 宮 崎 鷦 雲 仙 西 登 当 ロ 小 浜 温 泉 雲 仙 ビ ー ド ロ 美 術 館 旅 館 ゆ の オ カ モ ト ・ お 山 の 四 7 雲 仙 ス バ ハ ウ , の 崎 シ ェ ・ ダ 情 轆 官 別 館 雲 仙 有 明 雲 仙 お 山 の 情 報 館 雲 仙 登 山 民 芸 の 宿 " 雲 仙 福 田 屋 島 I 山 光 = 山 新 湯 言 屋 旅 館 ・ ホ テ ル 山 上 参 仙 市 原 ホ テ ル 民 芸 茶 屋 カ 笛 観 P.96 光 公 立 病 院 前 レ ッ シ ュ セ ン 新 湯 共 同 浴 場 白 雲 の 池 入 口 ぐ い す 橋 / ・ -- -- - 歹 イ ) 雲 仙 屮 浜 小 浜 温 泉 へ ど 旅 半 水 慮 温 泉 三 昧 が 自 慢 の 純 和 風 の 宿 う ん せ ん 雲 仙 雲 仙 ・ 小 浜 料 金 雲 仙 小 浜 】 リ よ か ん 旅 館 ゆ の か 心 地 よ い 潮 風 を う け な か ら 温 泉 タ イ ム 料 金 国 見 ・ 仁 田 峠 へ ー 雲 仙 旅 の 麦 酒 館 P 57 小 浜 、 IQ ・ ・ ・ 2 n ヨ l< ・ 2 m ヨ 寺 小 : 社 - 小 浜 温 泉 〇 ハ 浜 う ・ い す 川 57 雲 仙 白 雲 の 0 97

九州(楽楽 九州 1)


】 泉 ~ 館 日 甼 旅 五 ロ 垂 垂 山 、 / 新 フ た る た ま お ん せ ん 多 く の 文 人 た ち に 愛 さ れ て き た 風 格 が 漂 う 温 泉 が 無 数 に 点 在 阿 蘇 温 泉 宿 明 治 の 文 人 た ち に 愛 さ れ て き た 宿 谷 0967-67-0006 円 67 A-2 火 山 活 動 で 生 ま れ 、 今 な お 噴 煙 を 上 げ る 阿 蘇 は 温 泉 の 宝 庫 。 個 性 的 な 立 寄 り 湯 も 満 載 た 。 0 0 地 獄 温 泉 】 ご く お ん せ ん 地 品 泉 清 風 荘 の 随 所 金 龍 の 滝 を 目 の 前 に 望 む 名 物 「 滝 の 湯 」 史 烏 帽 子 岳 の 中 腹 に 立 つ 一 軒 宿 で 、 創 業 は 江 戸 末 香 期 。 湯 量 豊 富 な 温 泉 と し て 知 ら れ 、 明 治 後 期 に は 北 原 白 秋 や 与 謝 野 鉄 幹 ら の 文 人 た ち が 訪 れ 、 旅 行 記 『 五 足 の 靴 』 に も 記 し て い る 。 落 差 60m の 金 龍 の 滝 が 目 前 に 迫 る 混 浴 露 天 風 呂 「 滝 の 湯 」 が 名 物 で 、 ほ か に も 、 展 望 台 浴 場 の 「 天 の 湯 」 、 茅 葺 の 半 露 天 岩 風 呂 や 桶 風 呂 の あ る 「 か し か の 湯 」 な ど が あ り 、 開 放 感 い つ は い の 湯 浴 み が 楽 し め る 。 炉 端 造 り の 食 事 処 で い た だ く タ 食 は 、 ヤ マ メ な ど の 新 鮮 な 川 魚 と 四 季 折 々 の 山 菜 料 理 な と を 使 っ た 会 席 料 理 を ゆ っ た り と 味 わ え る 。 1 泊 2 食 付 1 万 2750 円 ~ 南 阿 蘇 鉄 道 下 田 城 ふ れ あ い 温 泉 駅 か ら 車 で 15 分 DATA な し e15 :[email protected]!DIO ℃ 31 室 / 内 湯 2 / 露 天 3 / 貸 切 26 単 純 温 泉 040 台 南 阿 蘇 村 】 わ ふ う リ よ か ん 和 風 旅 館 華 も み じ せ い ふ う そ う 江 戸 時 代 か ら 続 く 歴 史 あ る 湯 治 宿 谷 0967-67-0005 P167 B-2 料 金 泥 が 肌 を な め ら か に す る 「 す す め の 湯 」 200 年 余 り も の 歴 史 が あ る 宿 で 、 古 き よ き 湯 治 場 の ム ー ド が 今 も 残 る 。 白 濁 し た 湯 で 肌 が ツ ル ツ ル に な る と 評 判 の 混 浴 泥 湯 「 す す め の 湯 」 を は し め 、 女 性 用 露 天 風 呂 か ら 男 湯 を 見 下 ろ す 「 あ だ 討 ち の 野 外 露 天 風 呂 湯 」 、 内 湯 の 元 湯 や 貸 切 風 呂 な ど 多 彩 な 浴 槽 が 揃 か ら は 阿 蘇 の 谷 0967-63-8787 い 、 客 室 も 本 館 や 、 山 荘 風 の 別 館 、 長 期 滞 在 型 者 山 並 み を 一 望 円 67 A-2 用 の 自 炊 湯 治 室 、 ト レ ー ラ ー ハ ウ ス ま で 多 種 多 で き る 様 。 ニ ー ズ に 応 じ て 上 手 に 利 用 し た い 。 食 事 は 、 名 静 寂 な 環 境 と 、 こ ま や か な サ ー ヒ ス が 好 評 の 高 級 物 の 囲 炉 裏 焼 き や 鍋 物 、 懐 石 料 理 、 フ レ ン チ な ど 感 あ ふ れ る 宿 。 客 室 は す べ て 離 れ 形 式 で 、 夕 食 に 6 つ の コ ー ス か ら 好 み の も の を チ ョ イ ス で き る 。 は 、 看 板 料 理 の プ リ の 万 年 煮 を は じ め 、 食 前 酒 か ら テ サ ー ト ま で 約 16 品 が 並 ふ 。 1 泊 2 食 付 7500 円 ~ 1 泊 2 食 付 3 万 6900 円 ~ 朝 南 阿 蘇 鉄 道 阿 蘇 下 田 城 ふ れ あ い 温 泉 駅 か ら 車 で 15 分 あ リ ( IO 名 以 上 ) e15 ℃ 0 新 10 ℃ 0iö70 室 朝 0 室 南 阿 蘇 鉄 道 長 陽 駅 か ら 車 で 10 分 あ り ( 事 前 に 要 予 は 自 炊 湯 治 場 ) / 内 湯 4 / 露 天 3 / 貸 切 2 ( 宿 泊 者 の み ) DATA 約 ) 冊 15 : 8511 : 00$ 罰 O 室 / 内 湯 2 / 露 天 20 C) 硫 黄 泉 ( 硫 化 水 素 型 ) 0100 台 単 純 温 泉 020 台 4 は な プ ラ イ ベ ー ト 感 あ ふ れ る 大 人 の 隠 れ 家 料 金 料 金 DATA

九州(楽楽 九州 1)


洋 館 】 旧 福 岡 県 こ う か い ど う 公 会 堂 貴 賓 館 き ゅ う み く お か け ん 天 神 ・ 大 名 州 ー の 繁 華 街 で あ り 、 渡 辺 通 り 沿 い に 商 業 施 設 が 集 中 し て い る 天 神 。 細 歴 史 と 伝 統 あ ふ れ る い 路 地 が 入 り 組 み 、 路 地 裏 散 策 が 楽 し い 洋 風 建 築 フ レ ン チ ル ネ 大 名 。 各 工 リ ア を 歩 い て そ れ そ ッ サ ン ス 様 式 谷 092751 剛 16 れ の 特 徴 や 魅 力 を 体 感 し た い 。 7 D-3 を 基 調 と し た P35 ( -1 洋 風 建 築 だ f0 rm 0tion 福 岡 市 観 光 案 内 所 ( 天 神 ) 谷 09275 ト 6904 緑 豊 か な 天 神 中 央 公 園 の 西 側 に あ る 国 指 定 重 要 ス タ ヨ 、 地 点 と ア ク セ ス . ・ 一 、 ( 第 参 ) 文 化 財 。 明 治 43 年 ( 1910 ) に 来 賓 接 待 所 と し て 建 地 下 鉄 空 港 線 地 下 鉄 空 港 線 て ら れ た も の で 、 内 部 は 大 理 石 の 暖 炉 や レ リ ー フ な ど が 美 し く 、 エ レ ガ ン ト な 雰 囲 気 が 漂 う 。 288 5 分 5 分 年 に 改 修 工 事 が 終 了 し 、 再 開 館 し た 。 100 円 循 環 ハ ス ・ 路 線 バ ス 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 9 ~ 17 時 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 朝 240 円 0 な し 15 分 き ひ ん か ん 福 岡 空 港 天 駅 ( 地 下 鉄 ) DATA バ ス セ ン 博 多 駅 前 博 多 ロ 神 社 】 す い き よ う て ん ま ん ぐ う 水 鏡 天 満 宮 文 学 館 】 ふ く お か し あ か れ ん が 福 岡 市 赦 瓦 文 化 館 ふ く お か し ふ ん が く か ん ( 福 岡 叡 学 館 ) ド ク ラ シ カ ル な 雰 囲 気 漂 う 重 要 文 化 財 天 神 の シ ン ポ 谷 092-722-4666 ル 的 存 在 。 夜 谷 092-741-87 は ラ イ ト ア ッ P35 ( -1 P35 ( -1 プ さ れ る 菅 原 道 真 公 ( 天 神 様 ) が 都 か ら 左 遷 さ れ た 際 、 川 天 神 の 街 角 で ひ と き わ 目 を 引 く 赤 煉 瓦 が 印 象 的 な 福 岡 市 赤 煉 瓦 文 化 館 。 明 治 42 年 ( 1909 ) 竣 工 の 面 に 写 っ た 自 分 の や つ れ た 姿 を 見 て 、 そ の 身 を 嘆 英 国 様 式 の 建 物 で 旧 日 本 生 命 保 険 の 建 物 を 福 岡 い た こ と か ら 、 天 神 様 を 祀 っ た の が そ の 起 源 と い わ れ る 神 社 。 現 在 も 学 問 の 神 様 と し て 、 " 天 神 " の 市 が 譲 り 受 け た 。 1 階 の 1 部 は 福 岡 市 文 学 館 で 、 福 岡 ゆ か り の 作 家 の 作 品 な ど を 展 示 し て い る 。 地 名 由 来 の 神 社 と し て 親 し ま れ て い る 。 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 9 ~ 21 時 の 月 曜 朝 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 2 分 参 拝 自 由 0 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 、 12 月 28 日 ~ 1 月 4 日 0 な し な し 朱 色 が 鮮 や か 。 一 番 奥 が 拝 殿 だ 4 ぶ ん か か ん う 来 あ -k 」 の こ 神 名 こ 天 地 は DATA DATA * 0 神 の 三 大 テ パ ー ト だ い ま る ふ く お か て ん じ ん て ん ふ く お か み つ こ し ぐ り た い い わ た や は ん て ん 大 丸 福 岡 天 神 店 福 岡 三 越 岩 田 屋 本 店 谷 092-712-8 円 5 ( -2 谷 092724-31 ⅱ 印 円 5 B-2 谷 092-721-1 川 円 5B -2 福 岡 で 生 ま れ 育 ち 、 地 元 で 愛 さ れ ハ イ セ ン ス な 品 揃 え に 女 性 フ ァ ン 西 鉄 福 岡 ( 天 神 ) 駅 や 西 鉄 天 神 バ ス て い る デ バ ー ト 。 本 館 ・ 新 館 と も に が 多 い 。 本 館 地 下 1 階 の 靴 売 場 は 5 セ ン タ ー と も 直 結 。 国 内 外 を 問 わ フ ァ ッ シ ョ ン 性 の 高 い 品 揃 え が 魅 万 足 が 揃 い 、 九 州 最 大 級 の 広 さ と す 集 め ら れ た ハ イ グ レ ー ド な 商 品 力 。 地 下 食 料 品 売 場 に は 九 州 の 美 品 揃 え を 誇 っ て い る 。 バ サ ー ジ ュ が 魅 力 だ 。 9 階 三 越 ギ ャ ラ リ ー で は 味 が 充 実 し て い る 。 広 場 は 待 ち 合 わ せ に も 最 適 だ 。 随 時 魅 力 的 な イ ベ ン ト を 開 催 。 ・ 地 下 鉄 七 隈 線 天 神 南 駅 か ら 徒 ・ 地 下 鉄 七 隈 線 天 神 南 駅 か ら 徒 ・ 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 DATA DATA 歩 1 分 朝 10 ~ 20 時 の 不 定 休 3 分 の 10 ~ 20 時 ( 新 館 7 ・ 8 階 の 歩 す ぐ 朝 1 0 ~ 20 時 ( 飲 食 店 は 各 レ ス ト ラ ン は 11 ~ 22 時 ) 0 不 定 休 0 店 に よ り 異 な る ) ・ 不 定 休 0 契 約 駐 車 0460 台 ( ほ か に 契 約 駐 車 場 も あ り ) 契 約 駐 車 場 3500 台 場 2300 台 DATA

九州(楽楽 九州 1)


4 明 礬 温 泉 別 府 に 8 堀 田 温 泉 安 心 院 へ / ト 日 出 JCI / 湯 山 テ NHK 別 府 温 泉 昌 勿 と 、 、 ノ 泉 - ・ 4 ん 日 国 ぶ 府 べ 月 別 府 八 湯 と よ ば れ 、 別 府 の 温 泉 を 代 表 す る 温 泉 地 。 こ れ ら を 総 称 し て 別 府 温 泉 と も よ ぶ 湯 山 、 湯 山 温 泉 」 R 別 府 駅 周 辺 か ら 別 府 湾 に か け て 第 の 一 帯 。 竹 瓦 温 泉 を は じ め 、 レ ト ロ な 建 物 や 町 並 み が 随 所 に 残 る 。 、 ノ 明 礬 地 区 へ の 道 は 急 坂 。 冬 期 は 路 面 凍 結 に 注 意 岡 本 屋 売 店 明 礬 地 ー ー 1 : ー ー ー ー 明 礬 山 の 湯 し 亠 し ア ミ ー ー - 地 蔵 瑾 、 、 、 明 礬 温 山 田 屋 旅 館 〇 ・ 岡 本 屋 旅 館 p. 145 湯 屋 え び す 別 府 温 泉 保 養 ラ ン ド レ ハ ー ト 碑 、 、 、 一 紺 屋 地 箭 呂 ー ハ ビ リ 丁 ン ヨ - 動 ー ン タ 本 坊 主 、 坊 獄 こ 扇[email protected] 、 扇 山 ト ン ル 物 i500 明 里 ん わ 品 泉 」 R 東 別 府 駅 近 く 。 浜 か ら 湯 が 湧 き 出 た の が 名 前 の 由 来 。 ほ ほ 中 心 地 に 多 目 的 温 泉 「 湯 都 ビ ア 浜 脇 」 が 立 つ 。 別 府 地 獄 め ぐ り の 中 心 地 。 狭 い 坂 道 に 共 同 浴 場 や 旅 館 が ひ し め く 町 並 み は 、 別 府 の 代 表 的 景 観 の 一 つ 。 古 く か ら 日 本 有 数 の 明 礬 の 採 取 地 と し て 有 名 。 現 在 は 入 浴 剤 ・ 湯 の 花 を 造 る 藁 葺 き の 湯 の 花 小 屋 が 立 ち 並 ぶ 。 へ び ん 湯 、 、 銅 山 の 湯 へ 鶴 見 や す ら き 霊 園 春 和 ル か ん な わ お ん せ ん 鉄 輪 温 泉 円 ト 2 ・ ・ お 原 、 爆 別 府 扇 山 GC み よ う ば ん お ん せ ん 明 礬 温 泉 円 A -2 ・ ・ 陸 上 自 衛 隊 、 別 府 駐 屯 地 目 衛 扇 山 浄 水 場 可 ホ テ を 芙 蓉 倶 楽 部 市 の 平 ん せ じ ん か 観 海 寺 温 泉 鎌 倉 時 代 か ら の 湯 治 場 で 、 別 府 湾 を 見 下 ろ す 高 台 に 湧 く 。 現 在 は リ ゾ ー ト ホ テ ル や 旅 館 が 連 な っ て い る 。 」 R 亀 川 駅 周 辺 か ら そ の 南 部 に か け て の 一 帯 。 浜 辺 に は 別 府 海 浜 砂 湯 が あ り 、 山 側 に は 2 つ の 「 地 獄 」 が あ る 。 鉄 輪 温 泉 の 北 部 、 閑 静 な 山 の 中 に あ る 。 川 沿 い に は 、 露 天 風 呂 や 蒸 し 湯 を も つ 公 衆 浴 場 ・ 市 営 柴 石 温 泉 が 。 別 府 ℃ 近 く の 田 園 地 帯 に 湧 く 。 湯 量 は 豊 富 で 、 古 く は 湯 布 院 ・ 日 田 と の 間 を 行 き 来 す る 旅 人 た ち で 賑 わ っ た 。 円 圜 ・ 、 夢 幻 の 里 か め が わ お ん せ ん 亀 川 温 泉 円 叫 ・ ・ し は せ き お ん せ ん 柴 石 温 泉 ー 「 大 分 動 車 堀 田 温 泉 見 返 坂 展 望 台 ・ 標 高 1375m の 鶴 見 岳 へ 。 温 暖 な 気 候 の 九 州 だ が 、 冬 に は 霧 氷 が み ら れ る 見 山 」 上 - 。 、 別 府 高 原 ロ 工 円 B 十 ・ ・ 船 原 山 血 692 は り た お ん せ ん 堀 田 温 泉 0

九州(楽楽 九州 1)


大 名 】 も つ 料 理 幸 大 名 店 . 「 新 鮮 さ が 際 立 和 牛 も つ 鍋 1 ・ オ 月 盛 1. 人 、 前 人 前 118 円 。 谷 092739-0102 谷 092739-3678 ほ か に 一 品 料 2 円 ~ ( 写 A-3 P35 A-2 真 人 前 理 も お す す め し っ と り と し た 大 人 の 雰 囲 気 が 漂 う 西 中 洲 に 佇 む 一 度 ポ イ ル し て ア ク を 抜 い た モ ッ は 国 産 和 牛 の 和 食 処 。 ア ラ や 鯛 、 さ ば な ど 玄 界 灘 の 鮮 魚 を は じ 新 鮮 な 小 腸 の み を 使 用 。 魚 介 の 旨 味 の 効 い た 醤 め 、 目 利 き の オ ー ナ ー が 全 国 か ら 集 め た 旬 の 素 材 油 べ ー ス の ス ー プ と プ リ プ リ し た 食 感 の モ ッ 、 新 が 集 ま る 。 店 の 雰 囲 気 や 器 に ま で こ だ わ り 、 素 材 鮮 な 野 菜 が 絶 妙 に 絡 み 合 う 。 あ っ さ り し た 味 わ い を 最 大 限 に 活 か し た 料 理 を 堪 能 し た い 。 で 女 性 2 人 で も 3 人 前 は 軽 く 食 べ ら れ そ う 。 地 下 鉄 七 隈 線 天 神 南 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 18 時 ~ 午 前 の 地 下 鉄 空 港 線 赤 坂 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 17 ~ 24 時 ( 日 4 時 の 無 休 0 な し 曜 、 祝 日 ~ 23 時 ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0 な し 警 固 】 も つ 鍋 は ち ペ え ハ 兵 衛 締 め は 黒 胡 椒 の 効 い た チ ー ズ 雑 炊 で ラ ー メ ン 以 外 も ど う ぞ 食 べ て お き た い ! 博 多 功 豆 乳 と 白 味 噌 が 入 っ た 新 感 覚 も つ 鍋 谷 092 引 4-4893 5 A-3 鶏 ガ ラ 、 カ ツ オ と 昆 布 だ し を ベ ー ス に 豆 乳 を 加 え 、 白 味 噌 で 味 付 け し た も つ 鍋 ( 白 み そ 味 1 人 前 1250 円 、 2 人 前 か ら の 注 文 ) が 人 気 。 ま ろ や か な 味 わ い で ビ オ ワ イ ン と も 相 性 抜 群 。 テ サ ー ト の 名 物 メ ニ ュ ー ・ こ ま プ リ ン 350 円 も お す す め 。 地 下 鉄 七 隈 線 薬 院 大 通 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 18 時 ~ 午 前 1 時 の 無 休 0 な し も つ 鍋 、 水 炊 き 、 玄 界 灘 の 魚 介 、 極 上 ス イ ー ツ に 辛 子 明 太 子 ・ ・ ・ 博 多 を 訪 れ た な ら 絶 対 は す せ な い 人 気 の 名 物 グ ル メ を 紹 介 ! DATA 西 中 洲 】 飯 家 西 中 洲 店 リ よ う リ に し な か す て ん 新 鮮 な 魚 が 食 べ ら れ る 落 ち 着 い た 店 鰹 と 昆 布 の た し の 効 い た 絶 品 ス ー プ DATA DATA' 上 川 端 町 】 し ゅ し よ く 四 季 の 酒 食 わ ら き た れ 大 名 】 岩 戸 屋 ス 2 9 0 締 め 剌 身 の 盛 合 せ は 谷 092-291- 刪 0 1 人 前 1 円 谷 09274 ト 2022 ( 写 真 は 2 人 で 9 A-2 P35 A-2 上 川 端 商 店 街 の 地 下 の 暖 簾 を く ぐ る と 威 勢 の い 創 業 か ら 約 100 年 、 滋 養 た っ ふ り の 博 多 水 炊 き が い ス タ ッ フ が 出 迎 え て く れ る 賑 や か な 店 。 ネ タ ケ 味 わ え る 老 舗 。 や さ し い 味 わ い と 低 価 格 が 客 を 魅 ー ス の 魚 介 を 刺 身 や 塩 焼 き 、 天 婦 羅 な ど 好 み の 了 す る 。 水 炊 き は 1 人 前 1995 円 。 骨 付 き 肉 と 鶏 ミ ン 調 理 法 で い た だ け る 。 港 で 漁 師 か ら 直 接 買 い 付 チ が 味 わ え る ミ ッ ク ス や 、 鶏 ミ ン チ の み 、 骨 な し 肉 け ら れ る 玄 海 の 鮮 魚 は 、 新 鮮 さ と 価 格 が 魅 力 。 の み な ど 、 鶏 肉 の 種 類 が 選 べ る メ ニ ュ ー も あ る 。 朝 地 下 鉄 空 港 線 中 洲 川 端 駅 か ら 徒 歩 1 分 の 17 時 03 分 地 下 鉄 空 港 線 赤 坂 駅 か ら 徒 歩 4 分 朝 17 時 30 分 ~ ~ 24 時 の 日 曜 不 定 休 ( 月 3 回 ) 0 な し 22 日 芋 D 日 曜 、 祝 日 0 な し い わ と や う ま い 魚 と う ま い 焼 酎 を リ ー ズ ナ プ レ に 看 板 メ ニ ュ ー は 澄 ん だ ス ー プ の あ っ さ り 水 炊 き DATA DATA ;