検索 - みる会図書館

検索対象: 論理学がわかる事典

論理学がわかる事典から 303件ヒットしました。

論理学がわかる事典


6.21 と 言 い 表 わ さ れ る べ き 確 実 な 本 質 な の で す 。 言 語 の レ ベ ル が さ て 、 こ こ ま で の 文 章 で 、 英 語 と 日 本 語 は は っ き り 違 混 同 さ れ て い な い か ? う 役 割 を 果 た し て い ま す ね 。 対 象 と さ れ て い る 言 葉 は 英 使 用 と 言 及 語 で 、 そ の 意 味 が 何 で あ る か が 、 日 本 語 で 語 ら れ て い ま す 。 英 語 は 言 及 さ れ て お り 、 日 本 語 は そ の 言 及 行 為 の た め に 使 用 さ れ て い ま す 。 essence ()f romance is uncertainty. 右 の 英 文 を 訳 し て み て く だ さ い 。 ま た 、 同 じ 日 本 語 の 中 に も 区 別 が 見 ら れ ま す 。 「 こ う 訳 す 人 が 結 構 い る の で す 。 「 恋 愛 の 本 質 は 不 確 実 内 の 日 本 語 は 翻 訳 文 の 表 記 を 述 べ て お り 、 「 」 外 の 日 で あ る 」 。 そ の 訳 は 間 違 い で す 。 本 語 は 、 そ の う ち ど の 翻 訳 が 適 切 か を 説 明 し て い る 。 前 The essence of romance is uncertain. と い う 文 な ら ば 者 は 言 及 さ れ て お り 、 後 者 は 使 用 さ れ て い ま す 。 前 者 は そ の 訳 で 正 解 で す が 、 is uncertain で な く is uncertainty 普 通 の 言 語 ( 対 象 言 語 ) の レ ベ ル に あ り 、 後 者 は 言 語 に で あ る こ と に ご 注 意 く だ さ い 。 正 し い 訳 は こ う な ら ね ば つ い て 語 る メ タ 言 語 の レ ベ ル に あ り ま す 。 な り ま せ ん 。 「 恋 愛 の 本 質 は 、 不 確 実 と い う こ と だ 」 あ 英 語 と 日 本 語 メ タ 言 語 と の 区 別 は 、 文 字 の 見 か け か ら る い は 、 「 恋 愛 の 本 質 は 、 不 確 実 性 で あ る 」 。 し て 違 う の で 、 引 用 符 は 必 要 あ り ま せ ん ( あ る い は 行 を 誤 訳 の ほ う は 、 恋 愛 の 本 質 が 、 不 確 実 な は っ き り し な 変 え て 書 か れ た の で 混 乱 す る 心 配 は あ り ま せ ん で し た ) 。 い も の だ と 言 っ て い ま す 。 そ れ に 対 し 第 二 の 正 し い 訳 は 、 他 方 、 日 本 語 と 日 本 語 メ タ 言 語 と の 区 別 は 、 見 か け が 同 不 確 実 な の は 恋 愛 だ と 言 っ て い ま す 。 恋 愛 の 本 質 そ の も じ な の で 、 ご っ ち ゃ に し て し ま い が ち で し よ う 。 の は は っ き り 定 義 で き る 。 つ ま り 「 恋 愛 は 不 確 実 で あ る 」 そ こ で 「 」 の 出 番 で す 。 対 象 一 一 一 口 語 を 「 」 で 区 切 っ 256

論理学がわかる事典


4.21 ② の 翻 訳 は 日 本 語 で は た と え ば こ う で す 。 論 理 式 に 翻 訳 し て み よ う ! 「 吠 え る 大 は お ら す 、 引 っ 掻 か な い 白 い 猫 ま た は 引 っ 掻 か な い 白 く な い 猫 が い る 」 マ 練 習 問 題 ① の 翻 訳 は 、 大 を 「 家 畜 化 さ れ た >< 狼 で あ る 」 と 、 一 一 つ の 成 分 に 分 解 し て そ の 両 方 の 性 質 を 併 せ 持 つ も の と し 「 吠 え る 大 は お ら す 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 の 基 本 て 表 現 し て い ま す 。 ② の 翻 訳 は 、 猫 を 「 白 い 猫 + 白 く な 的 な 記 号 化 を 次 の も の と し ま し よ う 。 い 猫 」 と 、 二 つ の カ テ ゴ リ ー に 分 解 し て そ の ど ち ら か に ~ 山 (DxABx) > ~ < (CxDSx) 属 す る も の と し て 表 現 し て い ま す 。 前 節 で 見 た よ う に 、 翻 訳 の 仕 方 は 複 数 あ り ま す か ら 、 論 理 学 で は 、 一 つ の 文 を 記 号 化 す る さ い に 、 複 数 あ る 同 じ 文 を 次 の よ う に 記 号 化 で き る か ど う か 、 考 え て み て 正 し い 記 号 化 の う ち 、 ど れ を 選 ん で も か ま い ま せ ん 。 議 ノ だ さ い 論 が ス ム ー ズ に 進 む も の を 選 べ ば よ い の で す 。 ① ~ 山 (FxAGxABx) > ~ < (CxDSx) 別 の 種 類 の 例 も 見 て お き ま し よ う 。 次 の 文 は ど う 記 号 ② ~ 山 (DxABx) > ~ < ()x く GxDSx) 化 し ま す か ? 両 方 と も で す 。 前 節 の 「 よ り 粗 い 記 号 化 」 と は 逆 「 太 郎 は 次 郎 を 殴 る 」 の 、 「 よ り 細 か い 記 号 化 で す ね 。 ① の 翻 訳 は 、 日 本 語 一 一 項 述 語 「 殴 る 」 が 太 郎 と 次 郎 と い う べ ア に 適 用 さ れ で 述 べ 直 す と た と え ば こ ん な 文 に な り ま す 。 た 文 で す か ら 、 次 の 記 号 化 が 適 切 で し よ う 。 「 吠 え る 家 畜 化 さ れ た 狼 は お ら ず 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 は 「 5 は 5 を 殴 る 」 と い う 二 項 述 語 で す 。 し か し 、 172

論理学がわかる事典


否 定 さ れ て い ま す 。 「 あ る 大 は 吠 え る 」 の 否 定 は 「 吠 え 論 理 式 は 意 外 と 自 由 で あ る ? る 大 は い な い 」 、 「 す べ て の 猫 は 引 。 掻 く 」 の 否 定 は 「 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 で あ る こ と を 確 認 し て く だ さ い マ 論 理 式 へ の 複 数 の 翻 訳 さ て そ う す る と 、 次 の よ う に 翻 訳 さ れ ま す 。 山 ( DxA (x) で な い > く ( CxD S で な い 「 あ る 大 は 吠 え る ー は 山 (DxABx) 「 で な い ー と い う 否 定 は 、 文 全 体 の 前 に ~ を 置 い て 表 「 す べ て の 猫 は 引 っ 掻 く 」 は < (cxDSx) 示 す る の で ( 頁 ) 次 の よ う な 文 に な り ま す 。 論 理 記 号 へ の 翻 訳 は 、 こ の よ う に な る の で し た 。 そ れ ~ 山 (DxABx) > ~ < (CxDSx) で は 、 次 の 文 は ど う 記 号 化 さ れ る で し よ う か ~ が 文 全 体 に か か る こ と を 強 調 す る た め に 、 「 あ る 大 は 吠 え 、 す べ て の 猫 は 引 っ 掻 く ~ ( 山 (DxABx) ) > ~ ( く (CxDSx) ) こ れ は 、 右 の 二 つ の 文 を 「 か っ 、 で 結 ん だ も の で す か と 括 弧 を 使 っ て も よ い の で す が 、 誤 解 の 余 地 が な い 場 合 ら 、 次 の よ 、 つ に な り ま す ね 。 は 、 舌 弧 は 省 略 し た ほ う が す っ き り し て い る で し よ う 。 山 (DxABx) か っ < (CxDSx) こ う し て 、 「 吠 え る 大 は お ら す 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い 「 か っ . は ^ と 書 き ま す か ら ( 頁 ) 、 こ う な り ま す 。 る 」 と い う 文 は 、 ~ 山 と (DxABx) > ~ < と (CxDSx) 山 (DxABx) > く (CxDSx) と 記 号 化 さ れ ま す が 、 こ れ が 唯 一 で は あ り ま せ ん 。 目 的 で は 、 次 の 文 は ど う で し よ う 。 に 応 じ て さ ま ざ ま な 記 号 化 が 許 さ れ ま す 。 「 吠 え る 大 は お ら す 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 た と え ば 、 山 (DxABx) と い う 部 分 は 一 つ の ま と こ こ で は 、 先 ほ ど 「 か つ 。 で 結 ん だ 二 つ の 文 が と も に ま っ た 文 で す か ら 、 ま る ご と と 書 い て み ま し よ う 。 170

論理学がわかる事典


含 蓄 が 異 な る た め 、 そ う し た 意 味 の 揺 れ に 惑 わ さ れ な い よ う に し な け れ ば な り ま せ ん 。 「 か っ 」 と は 何 か ? 「 か っ 」 と い う と 、 と が 同 時 に 起 き た 事 柄 を ▽ 真 理 関 数 と 時 間 述 べ て い る 感 じ が す る か も し れ ま せ ん 。 し か し 、 「 日 本 の 首 都 は 東 京 で あ る 、 か っ 恐 竜 の 絶 滅 の 主 因 は 大 隕 石 の 真 理 関 数 の 実 例 を 一 つ 一 つ 見 て い き ま し よ う 。 ま ず 、 衝 突 で あ る 」 と い う 文 も 立 派 に 真 で あ り え ま す 。 日 本 の 「 か っ ー と い う 真 理 関 数 で す 。 首 都 が 東 京 で あ る 時 期 と 、 恐 竜 が 絶 滅 し た 時 期 と は 何 千 「 か っ ー の 真 理 表 は 、 頁 下 図 の に な り ま す 。 万 年 も か け 離 れ て い る に も か か わ ら す で す 。 「 か っ 」 そ こ で わ か る こ と は 、 「 か っ 」 が 真 に な る の は が 要 求 す る こ と は 、 と に か く と と が と も に 真 だ と い が 真 で が 真 の と き で あ り 、 他 の 場 合 ー ー ー 少 な く と も 一 、 つ こ と だ け な の で す ( さ ら に 一 一 一 一 口 え ば 、 恐 竜 の 絶 滅 は 65 方 が 偽 で あ る と き は 「 か っ 」 は 偽 に な る と い う 00 万 年 前 の 出 来 事 だ と し て も 、 「 恐 竜 絶 滅 の 主 因 は 大 こ と で す 。 こ れ は ま あ 当 然 で し よ う 。 「 か っ 」 と い 隕 石 の 衝 突 で あ る 」 と い う 事 柄 そ の も の は 、 真 で あ る と う 文 は 、 と を と も に 肯 定 し て い る わ け な の で 、 ど ち す れ ば 、 そ の 時 期 だ け で な く 、 永 劫 の 過 去 か ら 現 在 、 未 ら か あ る い は 両 方 が 偽 で あ る 場 合 は 、 「 か っ 」 の 言 来 に 至 る す べ て の 時 に 成 り 立 っ 真 実 で あ る 、 と 言 え ま す 。 い 分 が 成 り 立 た な い こ と に な る か ら で す 。 た だ し こ こ で は そ う し た 哲 学 的 問 題 に は 深 入 り し な い こ 「 か っ 」 は 英 語 の and の 訳 で す が 、 「 し か も 」 「 そ し て 」 と に し ま し よ う ) 。 「 で あ る と と も に 」 等 々 、 い ろ い ろ な 言 い 表 わ し 方 が あ 同 様 に 、 「 そ し て 」 と い う 言 い 方 に は 、 の 後 に り ま す 。 日 常 一 一 一 一 口 語 で は 言 葉 が 違 う と 微 妙 に ニ ュ ア ン ス や が 起 き た 、 さ ら に は が の 原 因 で あ る と い う 含 み が 140

論理学がわかる事典


「 こ の 統 計 が 事 実 を 記 述 し て い る な ら 、 こ の サ イ コ 口 に 仕 掛 け が な い こ と が 証 明 さ れ た 」 「 な ら ば 」 と は 何 か ? 「 こ の 賭 け に 勝 っ た ら 、 証 書 を 取 り 戻 せ る 」 マ 真 理 関 数 と 内 容 的 関 連 こ れ ら の 「 な ら 、 「 な ら ば 」 は 、 前 後 二 つ の 文 の 内 容 上 の 関 連 を 述 べ て い ま す 。 < と は 原 因 結 果 の 関 係 、 0 真 理 関 数 「 な ら ば 」 を 検 討 し ま し よ う 。 英 語 の 一 f の 訳 は 数 学 的 含 意 関 係 、 は 手 段 の 関 係 、 は 優 先 順 位 の 関 係 、 は 定 義 の 特 例 の 関 係 、 (-) は 証 拠 関 係 、 は 契 約 的 で す 。 日 常 言 語 の 「 な ら ば 」 は 多 く の 意 味 を 持 っ て お り 、 真 な 関 係 を 述 べ て い ま す 。 何 ら か の 内 容 的 関 連 を 述 べ て い 理 関 数 で 表 わ す の は 実 は 大 変 難 し い 。 た と え ば 次 の 文 を る こ と 以 外 、 ほ と ん ど 共 通 点 が あ り ま せ ん 。 一 体 、 こ れ ほ ど の 概 念 を 論 理 学 で 一 律 に 扱 う こ と が で き る の で し ょ 考 え て み て く だ さ い < 「 こ の 石 を 抜 き 取 る な ら ば 、 崖 崩 れ に な る 」 「 な ら ば 」 が あ ま り に 多 種 多 様 だ か ら と い っ て 、 放 置 「 1 ラ ウ ン ド で 打 撃 に つ き あ わ ず 寝 技 に 持 ち 込 ん で し て は お け ま せ ん 。 論 理 学 で は 、 論 証 の 前 提 と 結 論 の 間 い た な ら ば 、 簡 単 に 勝 て た は ず な の に 」 と い う 関 係 が 成 り 立 ち ま す 。 に 必 ず 「 し た が っ て : 0 「 が 素 数 な ら ば 、 よ り 大 き な 素 数 が あ る 」 「 < 、 し た が っ て 」 と い う の は 、 「 < な ら ば 」 と い う 「 の ど が 渇 い た な ら 、 冷 蔵 庫 に ジ ュ ー ス が あ る よ 」 関 係 の 一 種 で す 。 前 提 と 結 論 と は 必 ず 「 な ら ば 」 で 結 ば 「 こ の 問 題 が 解 け る 者 が い る な ら 、 山 田 だ ろ う 」 「 サ イ コ ロ に 仕 掛 け が な い な ら ば 、 次 に 4 が 出 る 確 れ て い る わ け で 、 論 理 学 に と っ て 「 な ら ば 」 は 最 も 重 要 な 概 念 で す 。 こ れ を 真 理 関 数 で 表 わ す こ と は 、 重 大 な 課 率 は 6 分 の 1 で あ る 」 146

論理学がわかる事典


3.19 せ ば 、 土 を 全 部 除 い て 平 地 に な っ て も な お 山 で あ る 。 平 間 違 い な い は ず な の に 地 が 山 で あ る と は 、 明 ら か に 偽 な の に : 間 違 っ て い る ? ③ 直 観 に 反 す る 結 論 が 導 き 出 さ れ る マ バ ラ ド ク ス 例 【 自 分 は 多 数 派 に 属 し て い る と 判 断 す る の が 合 理 的 で あ り 、 い ず れ は 大 多 数 の 心 が 人 工 的 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン パ ラ ド ク ス は 、 「 背 理 」 「 逆 説 」 「 逆 理 」 な ど と 訳 さ れ の 中 で 創 り 出 さ れ る こ と が 確 か だ と す れ ば 、 私 た ち 自 身 ま す 。 異 論 の な い 前 提 か ら 、 問 題 な い 推 論 に よ っ て 、 が す で に シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 中 に 創 り 出 さ れ た 心 で あ る ろ い ろ 変 な 結 論 が 出 て き て し ま う よ う な 現 象 を 言 い ま と 判 断 す る の が 合 理 的 と な っ て し ま う : ・ す 。 導 き 出 さ れ る 変 な 結 論 と は 、 大 別 す る と 次 の よ う な に は 、 自 己 言 及 に よ る 論 理 的 ・ 意 味 論 的 パ ラ ド ク ス も の が あ る で し よ 、 つ 。 と 呼 ば れ る も の の 大 半 が 含 ま れ 、 一 見 問 題 な さ そ う な 前 ① 論 理 矛 盾 が 導 き 出 さ れ る 提 に 欠 陥 が あ っ た こ と を 示 し ま す 。 ウ ソ つ き の 例 で は 、 例 【 「 私 は 今 ウ ソ を 言 っ て い る 」 は 本 当 か ウ ソ か ? も と の 文 が 真 か 偽 か ど ち ら か で あ る と い う 前 提 が 誤 り だ 本 当 な ら ば 、 そ の 言 葉 通 り 、 ウ ソ で あ る 。 ウ ソ な ら ば 、 っ た の で す 。 そ の 言 葉 通 り だ か ら 、 そ の 言 葉 は 本 当 で あ る 。 ウ ソ で も ② は 、 用 語 の 曖 味 さ や 恣 意 的 な 制 限 が 伏 在 し て い る も あ り 、 本 当 で も あ る と い う 結 論 が 出 て し ま っ た : の で 、 一 見 妥 当 な 推 論 に 欠 陥 が あ っ た こ と を 示 し ま す 。 @明 ら か に 偽 な る 結 論 が 導 き 出 さ れ る 山 の 例 で は 、 「 山 ー と い う 言 葉 が 曖 昧 で 、 推 論 が 同 じ も 例 【 「 山 か ら 一 粒 の 土 を 除 い て も や は り 山 。 そ の 残 り の と し て 反 復 さ れ て い な い 疑 い が あ り ま す 。 か ら 一 粒 取 り 除 い て も ま だ 山 。 こ の 推 論 を 繰 り 返 ③ は 、 自 然 科 学 の 論 争 に よ く 生 じ 、 た い て い 、 一 見 不 128

論理学がわかる事典


—PA—Q —PA —Vx(CxDSx) さ ら に は 、 否 定 文 を ま る ご と 一 つ の 文 と 見 な せ ば 、 こ れ も 「 吠 え る 大 は お ら ず 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 R > ~ Q さ ら に は 、 R > S の 翻 訳 に な っ て い ま す 。 た だ し 先 ほ ど の も の よ り 大 ま か な 粗 い 翻 訳 で す ね 。 次 に < (cxD (x) も ま と め て と 書 け ま す し 、 全 体 を 一 つ の 文 と 見 な せ ば 、 「 吠 え る 大 は お ら ず 、 引 っ 掻 か な い 猫 が い る 」 を 、 と 書 い て し ま え ば 、 も っ と 粗 い 翻 訳 に な り ま す 。 と だ け 書 い て し ま っ て も か ま い ま せ ん 。 ど れ だ け 粗 く 書 な な く か は 、 目 的 に 応 じ て 自 由 で す 。 ま ま た だ し 、 次 の よ う に は 記 号 化 で き ま せ ん 。 で で で で で ~ 山 (DxABx) > ~ く P 、 ま こ の 記 号 化 で は 、 CXD S と と な っ て い た 部 分 を と 書 ら 、 ま い て い ま す が 、 CXD S 暑 は 開 放 文 で す か ら 、 と い う 文 ら オ と し て 扱 、 つ こ と は で き ま せ ん 。 な ま 同 じ 理 由 で 、 こ れ も ダ メ で す 。 ま ま は っ か ~ 山 (DxAQ) > ~ く (CxDSx) つ ま 舮 ど の 記 号 化 が 翻 訳 と し て 正 し く 、 ど の 記 号 化 が 正 し く か な い か を 見 て 取 れ る よ う に な る と 、 記 号 を 自 由 自 在 に 使 っ た 論 理 表 記 の 面 白 さ が わ か る よ う に な り ま す 。 第 4 章 論 理 学 の 規 則 塚 ど う 記 号 化 し て も OK ( 目 的 別 )

論理学がわかる事典


4.19 山 (HxAMx) ど う し て 論 理 学 の 文 法 は こ れ は 、 人 間 で あ っ て し か も 百 メ 1 ト ル を 5 秒 以 内 で 日 常 言 語 と 違 う の か ? 走 る よ う な ズ が あ る 、 と 述 べ て い ま す 。 こ れ は 、 「 あ る マ 「 す べ て 」 「 あ る 」 の 論 理 形 式 人 が 百 メ ー ト ル を 5 秒 以 内 で 走 る 」 の 正 し い 記 号 化 に な っ て い る で し よ う 。 Hx > Mx で あ る が あ れ ば 真 、 で な け れ ば 偽 に な る の で す か ら 。 「 あ る 人 が 百 メ 1 ト ル を 5 秒 以 内 で 走 る 」 さ て こ う し て 、 次 の 二 つ の 認 識 が 得 ら れ ま し た 。 こ の 文 を 、 山 (HxD (x) と 記 号 化 す る こ と は で き ま せ ん 。 Hx を 偽 に す る よ う な 、 つ ま り 人 間 で な い も の << 「 あ る 大 は 吠 え る 」 は 山 ()X > Bx ) が 一 つ で も あ れ ば 、 そ れ が H D Mx を 真 に し て し ま い 、 「 す べ て の 大 は 吠 え る 」 は く (DxD Bx) し た が っ て 山 (HxD (x) が 真 と な っ て し ま う か ら 日 常 一 言 語 の 文 法 で は 、 と は 、 述 語 は と も に 「 吠 え で す 。 し か し 私 た ち は 、 「 あ る 人 が 百 メ ー ト ル を 5 秒 以 内 で 走 る 」 と 言 う と き 、 「 人 で な い も の が あ る 」 と い う る 」 で 共 通 で 、 主 語 が < は 「 あ る 大 」 、 は 「 す べ て の こ と を 述 べ よ う と し て い る の で は あ り ま せ ん 。 山 と 大 」 と 違 っ て い る だ け で す 。 < と の 違 い は 、 主 語 の 違 (HxD (x) と い う 記 号 化 は 、 正 し い 翻 訳 で は な か っ た い だ け で す 。 と い 、 つ こ と で す 。 と こ ろ が 、 < と を 論 理 学 の 言 語 で 表 記 し て み る と 、 正 し い 翻 訳 は 、 Hx で あ る の 存 在 を 主 張 し 、 Hx で 「 あ る 」 「 す べ て の 」 の 部 分 の 違 い だ け で は な く 、 接 続 詞 あ る が な い 場 合 は 全 体 が 偽 に な る よ う な 翻 訳 に な っ て の 違 い も 伴 っ て い る こ と が わ か る の で す 。 い な け れ ば な り ま せ ん 。 つ ま り 、 こ 、 つ で し よ 、 つ 。 念 の た め 、 「 す べ て の 大 は 吠 え る 」 を 、 168

論理学がわかる事典


6.2 ? さ て 、 始 め に 選 ん だ ド ア か ら も 、 つ 一 方 の ド ア へ 変 更 し た 自 信 を 持 つ よ り 謙 虚 に ほ う が 得 だ ろ う か 、 損 だ ろ う か 、 そ れ と も 同 じ こ と だ ろ な っ た ほ う が よ い の で は ? マ 直 観 を 信 ず る 誤 謬 こ の 問 題 は 、 ア メ リ カ の 視 聴 者 参 加 番 組 の 設 定 か ら 生 ま れ た 問 題 で 、 司 会 者 の 名 を と っ て 「 モ ン テ ィ ・ ホ ー 論 理 は 、 し ば し ば 、 直 観 を 踏 み に じ り ま す 。 人 間 は 、 ル ・ ジ レ ン マ 」 と 呼 ば れ て い ま す 。 人 を な ぜ か 熱 く さ せ 自 分 の 直 観 が 好 き な 動 物 で す か ら 、 論 理 的 な 結 論 が 直 観 る 問 題 と し て 有 名 で す 。 あ る 経 済 学 本 の 邦 訳 の 監 訳 者 が 、 に 反 し て い る と 、 な ん と か 論 理 の 誤 り を 見 つ け よ う と し こ の 問 題 の 正 解 を 記 し た 原 著 の 部 分 に 、 答 え は 間 違 っ て が ち で す 。 し か し 逆 に 、 性 能 の 悪 い 直 観 を 謙 虚 に 反 省 し い る と わ ざ わ ざ 訳 注 で 「 訂 正 ー し て し ま い 、 恥 を か い た た ほ う が 、 大 抵 の 場 合 、 得 る も の は 大 き い の で す 。 と い う 話 も あ り ま す 。 直 観 に 反 す る 論 理 の 代 表 は 、 確 率 で し よ う 。 次 の 問 題 正 解 は 、 「 変 更 し た ほ う が 得 」 と い う も の で す 。 変 更 を 考 え て く だ さ い 。 す る と 当 た る 確 率 は 3 分 の 2 、 変 更 し な い と 当 た る 確 率 三 つ の ド ア の 中 に 、 一 つ だ け 、 高 額 賞 金 の 隠 さ れ た ド は 3 分 の 1 。 と こ ろ が 大 多 数 の 人 は 、 「 変 更 し て も し な ア が あ る 。 あ な た は ド ア を 一 つ 選 ぶ 。 当 た っ た ら 、 賞 金 く て も 当 た る 確 率 は 2 分 の 1 」 と 考 え る そ う で す 。 あ な は あ な た の も の だ 。 当 り ド ア が ど れ か 知 っ て い る 司 会 者 た は い か が で し た か 。 は 、 あ な た が 選 ば な か っ た 二 つ の う ち 、 は ず れ ド ア を 開 確 率 計 算 を す れ ば 正 解 が 求 め ら れ る の で す が 、 計 算 し け て み せ る 。 ま だ 開 け ら れ な い ド ア が 二 つ 残 っ て い る が 、 て み た 人 も し て み な い 人 も 、 直 観 で も う 一 度 じ っ と 考 え こ こ で あ な た は 、 選 択 を 変 更 し て も よ い と 告 げ ら れ る 。 直 し て み ま し よ う 。 単 純 な 問 題 で す か ら 、 直 観 で 正 解 を 268

論理学がわかる事典


「 前 件 否 定 の 誤 謬 、 で あ る こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 先 う 」 こ と と の 間 に 密 接 な 相 関 関 係 が あ る 、 と い う ほ ど の こ と を 述 べ て い る の で し よ う 。 だ か ら 、 論 理 的 に は 正 し ほ ど の 6 の 倍 数 と 偶 数 の 例 と は 違 っ て 、 こ ち ら の 二 つ は い か に も 正 し い 推 論 の よ う に 思 わ れ る で は あ り ま せ ん く な い が 、 確 率 的 に 役 立 っ 推 論 と な り ま す 。 日 常 な さ れ か 。 論 理 的 に は 誤 謬 の は す な の に 。 ど う し て 正 し い と 思 る 推 論 の ほ と ん ど が 「 後 件 肯 定 」 か 「 前 件 否 定 」 だ と 言 っ て よ い く ら い な の で す 。 わ れ る の で し よ う か 。 「 バ ス に 乗 れ れ ば 会 議 に 間 に 合 う 」 と い う 言 い 方 は 、 文 字 通 り に は 、 「 バ ス に 乗 る 」 が 実 現 す れ ば 必 ず 「 会 議 に 間 に 合 う 」 と い う こ と を 述 べ て い ま す 。 つ ま り 、 「 バ ス に 乗 る 」 は 「 会 議 に 間 に 合 う 」 を 保 証 す る と 言 っ て い る わ け で 、 会 議 に 間 に 合 う た め の 他 の 手 段 の 存 在 を 否 定 し て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 タ ク シ ー に 乗 っ て も 間 に 合 う か も し れ な い の で す 。 だ か ら 、 会 議 に は 間 に 合 っ た か バ ス に は 乗 れ て い な か っ た 、 と い う 場 合 も 考 え ら れ る わ け で す 。 し か し 日 常 会 話 で は 、 厳 密 に 「 な ら ば 」 を 使 っ て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 現 に 、 バ ス に 乗 れ た と し て も 事 故 や 腹 痛 の た め 会 議 に 間 に 合 わ な い こ と も あ り う る で し ょ う 。 ふ つ う は 、 「 バ ス に 乗 れ る 」 こ と と 「 会 議 に 間 に 合 接 密 日 常 一 一 = ロ 第 払 わ な い く - - ) 殺 す 密 接 払 う く - - ) 殺 さ な い 「 1 億 円 払 わ な け れ ば 人 質 を 殺 す 」 必 ず 払 わ な い → 殺 す 払 う → 殺 さ な い 、 殺 す 、 ど ち ら で も OK 第 6 章 誤 謬 と 詭 弁 : 疆 理 宀 子 : ・ 論 理 学 の 反 省 2