検索 - みる会図書館

検索対象: 越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?から 203件ヒットしました。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


越 前 敏 弥 の 日 本 人 な ら 必 ず 誤 訳 す る 英 文 あ な た は こ れ を ど う 訳 し ま す か ? 越 前 敏 弥 lscover デ ィ ス カ ヴ ァ ー

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


え る た め に 懸 命 に 頭 を ひ ね っ て き た こ と が 、 こ の 本 を 著 す 際 に も 、 ふ だ ん の 仕 事 で あ る 文 芸 翻 訳 に お い て わ か り や す い 日 本 語 を 考 え る 際 に も 、 大 き な 糧 と な っ て い ま す 。 も ち ろ ん 、 こ の 本 を 読 み 終 え て も 、 英 文 の 誤 読 や 誤 訳 が 一 気 に な く な る わ け で は あ り ま せ ん 。 た だ し 、 何 に 気 を つ け る べ き か と い う ヒ ン ト は 随 所 に ち り ば め た つ も り で す 。 つ ま ず い た と き に は 、 読 み 返 し て も ら え れ ば き っ と 役 立 ち ま す 。 イ ン タ ビ ュ ー で も 言 い ま し た が 、 ほ ん と う に 力 が っ く の は 「 二 度 読 み 」 を し た あ と で す か ら 、 焦 ら ず 、 楽 し み つ つ 、 自 分 の ペ ー ス で 弱 点 を 修 正 し て い っ て く だ さ い 。 も っ と も 、 翻 訳 を 勉 強 中 の 人 に と っ て は 、 こ の 本 で 書 か れ て い る 内 容 を マ ス タ ー す る の は ゴ ー ル で は な く 、 む し ろ ス タ ー ト で す 。 翻 訳 の 仕 事 を す る た め に ど ん な 訓 練 が 必 要 か に つ い て は 、 こ の 本 で は ほ と ん ど ふ れ て い な い の で 、 そ れ に 関 し て は い ず れ 別 の 機 会 に な ん ら か の 形 で ま と め た い と 考 え て い ま す 。 2009 年 1 月 29 日 初 長 編 訳 書 の 初 版 刊 行 か ら ち ょ う ど 10 年 経 っ た 日 に 越 前 敏 弥 223

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


ま え が き こ の 本 を 読 み 終 え て も 、 も ち ろ ん 誤 訳 が ゼ ロ に な る わ け で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 こ の 本 に 出 て い る す べ て の 英 文 に し つ か り 取 り 組 ん で 、 解 説 を 熟 読 し て も ら え れ ば 、 こ れ ま で 何 年 英 語 を 勉 強 し て も 誤 訳 が な か な か 減 ら な か っ た 原 因 の い く っ か が は っ き り わ か り ま す 。 そ れ は お 約 束 し ま し よ っ 。 い ま の わ た し は 小 説 の 翻 訳 を お も な 生 業 と し て い ま す が 、 こ の 仕 事 を す る 前 に は 、 十 数 年 に わ た っ て 、 自 営 塾 や 予 備 校 で 英 語 を 教 え て い ま し た 。 学 校 の 補 習 が 必 要 な 中 学 生 か ら ト ッ プ レ ベ ル の 大 学 受 験 生 、 そ し て 英 米 の 大 学 院 を 受 験 す る 大 学 生 や 社 会 人 ま で 、 あ ら ゆ る 世 代 や 実 力 の 人 た ち と 接 し て き た の で す が 、 学 習 経 験 の 長 さ に 関 係 な く 、 大 半 の 日 本 人 が 誤 読 す る 英 文 の パ タ ー ン が 何 種 類 か あ る こ と を 知 り 、 原 因 を 考 え つ つ 、 そ う い っ た 英 文 を 少 し ず っ 収 集 し て き ま し た 。 そ の 後 、 翻 訳 学 校 の フ ェ ロ ー ・ ア カ デ ミ ー で 教 え る よ う に な り 、 何 年 も か け て た め て き た そ の 難 問 集 を 補 助 教 材 と 3

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


1 文 の 構 造 日 本 人 が 誤 読 ・ 誤 訳 し や す い 英 文 は 、 文 法 書 で 多 く の ペ ー ジ が 割 か れ て い る 個 所 よ り も 、 項 目 に 分 類 し づ ら い 、 い わ ば 「 隙 間 」 の 部 分 が 原 因 に な っ て い る こ と が 多 い よ う で す 。 た と え ば 、 and や or な ど に よ っ て 何 と 何 が 並 列 さ れ て い る の か 、 カ ン マ や セ ミ コ ロ ン な ど が な ぜ 使 わ れ て い る の か 、 冠 詞 の a や the の 有 無 に 気 づ く こ と が で き る か ど う か 、 と い っ た 問 題 で す 。 あ ま り に も 基 本 的 な 内 容 な の で 、 体 系 的 に 学 ぶ 機 会 も 少 な く 、 だ か ら こ そ 盲 点 に な る の で し よ う 。 ま ず は 、 こ に 集 め た 少 々 意 地 の 悪 い 英 文 を 読 み 、 で き れ ば 自 分 の 訳 文 を 書 い た う え で 、 誤 読 ・ 誤 訳 の ポ イ ン ト を 確 認 し て く だ さ い 。 油 断 は 禁 物 で す 。 な お 、 A -10 の 解 説 が う ん ざ り す る ほ ど 長 い の で す が 、 こ の 本 全 体 を 貫 く 大 き な テ ー マ の 導 入 部 分 と な っ て い る の で 、 正 解 し た 人 も ど う か 最 後 ま で お 付 き 合 い く だ さ い 。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


デ ィ ス カ ヴ ァ ー 携 書 033 越 前 敏 弥 の 日 本 人 な ら 必 す 誤 訳 す る 英 文 あ な た は こ れ を ど う 訳 し ま す か ? 発 行 日 2 0 0 9 年 2 月 2 0 日 200 9 年 4 月 1 0 日 第 1 刷 第 6 刷 B00k Designer Publicotion AUthor Publisher Editor 越 前 敏 弥 藤 田 浩 芳 干 場 弓 子 http: 〃 www.d21.co.jp FAX 03 -3237 - 8323 TEL 03 -3237 - 832 ー ( 代 表 ) 〒 川 2 -0075 東 京 都 千 代 田 区 三 番 町 87 株 式 会 社 デ ィ ス カ ヴ ァ ー ・ ト ゥ 工 ン テ イ ワ ン 長 坂 勇 司 ( フ ォ ー マ ッ ト ) 遠 藤 陽 —(DESIGNWORKSHOP JIN, lnc. ) 小 田 孝 文 中 澤 泰 宏 片 平 美 恵 子 井 筒 浩 千 葉 潤 子 P 「 0m0 ⅱ on GTOUP stoff 飯 田 智 樹 佐 藤 昌 幸 横 山 勇 鈴 木 隆 弘 山 中 麻 吏 空 閑 な っ か 吉 井 千 晴 山 本 祥 子 猪 狩 七 恵 山 口 菜 摘 美 古 矢 薫 井 上 千 明 日 下 部 由 佳 鈴 木 万 里 絵 俵 敬 子 町 田 加 奈 子 丸 山 香 織 小 林 里 美 井 澤 徳 子 古 後 利 佳 藤 井 多 穂 子 片 瀬 真 由 美 藤 井 か お り 福 岡 理 恵 長 谷 川 希 ossistont stoff 0perotion Group stoff ossistont staff Creotive Gr0UP stoff P 「 0 eode 「 DTP Printing 吉 澤 道 子 竹 内 恵 子 鈴 木 一 美 千 葉 正 幸 大 山 聡 子 小 嶋 正 美 熊 谷 芳 美 小 松 里 絵 小 関 勝 則 清 水 有 基 栄 濱 西 真 理 子 原 典 宏 橋 詰 悠 子 三 谷 祐 一 石 橋 和 佳 田 中 亜 紀 谷 口 奈 緒 美 大 竹 朝 子 豊 岡 め ぐ み 美 研 プ リ ン テ ィ ン グ 株 式 会 社 共 同 印 刷 株 式 会 社 ・ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 本 書 の 無 断 転 載 ・ 複 写 は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 イ ン タ ー ネ ッ ト 、 モ バ イ ル 等 の 電 子 メ デ ィ ア に お け る 無 断 転 載 等 も こ れ に 準 じ ま す 。 ・ 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 小 社 「 不 良 品 交 換 係 」 ま で お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 り 換 え い た し ま す 。 ー SBN978-4-88759-689-4 @Toshiya Echizen, 2009 , printed in Japan.

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


ま た 、 い さ さ か 面 映 ゆ い の で す が 、 自 分 自 身 が ど ん な ふ う に 七 転 び 八 起 き し つ つ 英 語 を 学 ん で き た か を 、 4 つ に 分 け た イ ン タ ビ ュ ー に 答 え る 形 で 少 し く わ し く 述 べ さ せ て も ら い ま し た 。 翻 訳 の 仕 事 や 訳 書 そ の も の に つ い て の イ ン タ ビ ュ ー は 何 度 か 経 験 が あ り ま す が 、 今 回 の よ う な 形 は は じ め て だ っ た の で 、 自 分 で も 新 鮮 に 感 じ る と と も に 、 懐 か し さ も 覚 え た も の で す 。 英 語 自 慢 の 人 も 、 英 語 が い ま ひ と つ 苦 手 で ど う に か し た い と 思 っ て い る 人 も 、 ぜ ひ い ま す ぐ 、 こ の 本 に 集 め ら れ た 140 の 英 文 に 挑 戦 し て く だ さ い 。 見 る か ら に 難 問 と い う の も あ れ ば 、 一 見 や さ し そ う な の に 実 は こ ん な と こ ろ に 罠 が 、 と い う の も あ り ま す 。 あ と の ほ う へ 進 む ほ ど 手 強 く な り ま す よ 。 こ の 本 を 読 ん で 、 ひ と り で も 多 く の か た が 英 文 を 正 し く 読 む ヒ ン ト を つ か ん で く だ さ る な ら 、 著 者 と し て そ れ 以 上 の 喜 び は あ り ま せ ん 。 越 前 敏 弥 5

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -1 例 Some women Often complain about what they ぼ す 女 性 が い る 。 → 自 分 が 不 当 だ と 感 じ る も の に つ い て 、 よ く 愚 痴 を こ feel is unjust. 20 の と 同 じ で す 。 の 日 本 語 を 読 む と き 、 通 常 は 上 か ら 下 へ 一 度 し か 読 ま な い り 振 り 返 っ た り す る こ と は あ り ま せ ん 。 わ れ わ れ が 縦 書 き っ て い れ ば 別 で す が 、 原 則 と し て 右 か ら 左 へ さ か の ぼ っ た で そ の 文 の 意 味 を 完 全 に 理 解 し ま す 。 内 容 が ひ ど く こ み 人 ら 右 へ 一 度 だ け 読 ん で い っ て 、 文 末 の ヒ 。 リ オ ド を 見 た 時 点 言 う ま で も な く 、 ネ イ テ イ プ が 英 文 を 読 む と き は 、 左 か が 原 因 な の で す 。 す 誤 訳 の 多 く は 、 そ の あ た り ま え の こ と が で き て い な い の な い か 、 と 思 わ れ る か も し れ ま せ ん 。 し か し 、 日 本 人 が 犯 り ま す 。 そ れ は 「 左 か ら 右 へ 読 む こ と 」 。 あ た り ま え じ ゃ 実 は 、 こ の 本 に は 、 全 体 を 貫 く 大 き な テ ー マ が ひ と つ あ う と し て い る 例 で す 。 英 文 の 構 造 を 理 解 せ ず 、 「 だ い た い の 雰 囲 気 」 だ け で 訳 そ を 言 う 」 「 文 句 を 言 う の は 不 公 平 だ 」 な ど な ど 。 い ず れ も 、 価 さ れ て い る と 感 じ る 」 「 自 分 の 感 覚 が お か し い の に 不 平 感 じ る こ と が 不 当 だ と 文 句 を 言 う 」 「 自 分 た ち が 不 当 に 評 こ の 問 題 で は い ろ い ろ な 誤 訳 例 が 見 ら れ ま す 。 「 自 分 の

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


し て 使 っ て み た と こ ろ 、 や は り ほ と ん ど の 生 徒 が 同 じ よ う に ま ち が え る の で す 。 最 初 は 自 分 の 専 門 で あ る 小 説 の 翻 訳 を 志 す 人 の ク ラ ス だ け で 使 っ て い ま し た が 、 2 年 ほ ど た っ た こ ろ 、 あ ら ゆ る ジ ャ ン ル を 志 向 す る 人 た ち に 利 用 し て も ら い た い と 考 え 、 事 務 局 と 相 談 し て 、 春 と 夏 の 短 期 講 座 で だ れ で も 受 講 で き る 形 に し ま し た 。 そ れ が い ま か ら 7 年 く ら い 前 の こ と で す 。 短 期 講 座 「 誤 訳 を な く す 文 法 特 訓 」 は 、 そ の ネ ー ミ ン グ が よ か っ た せ い か 、 毎 回 満 員 御 礼 の 盛 況 を 繰 り 返 し 、 そ の 後 、 続 編 が で き た り 、 通 信 講 座 が で き た り で 、 今 日 ま で に の べ 1 , 000 人 近 く が 受 講 し ま し た 。 こ の 本 は 、 フ ェ ロ ー ・ ア カ デ ミ ー で 2008 年 夏 ま で お こ な わ れ た 「 。 ・ 誤 訳 を な く す " シ リ ー ズ 」 全 5 講 座 の 教 材 に 全 面 的 に 加 筆 ・ 修 正 を し 、 さ ら に 新 作 間 題 を 加 え た う え で 再 構 成 し た も の で す 。 英 語 学 習 者 全 般 を 対 象 と し て 作 り な お し た の で 、 翻 訳 学 習 者 は も ち ろ ん 、 大 学 受 験 生 や 英 検 ・ TOEIC ・ TOEFL な ど の 受 験 生 、 仕 事 で 英 文 を 頻 繁 に 読 み 書 き す る 人 な ど 、 真 剣 に 英 語 を 勉 強 し た い あ ら ゆ る 人 た ち に 自 信 を も っ て お 勧 め で き ま す 。 4

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


V 訳 例 と 解 説 A -11 His father writes scientific novels. → 彼 の 父 親 は S F 作 家 だ 。 「 彼 の 父 親 は S F 小 説 を 書 く 」 で は 、 日 本 語 と し て 舌 足 ら ず で 、 何 を 言 っ て い る の か よ く わ か り ま せ ん 。 「 書 い て い る 」 で は 、 こ ん ど は 進 行 形 に 対 す る 日 本 語 の よ う に 勘 ち が い し て 、 「 書 き つ つ あ る 」 の 意 味 に と ら れ か ね ま せ ん 。 英 語 の 現 在 形 は 、 い ま こ の 瞬 間 そ う だ と い う 意 味 で は な く 、 い ま も 含 め て ず っ と そ う だ と い う 意 味 で す か ら 、 「 S F 作 26 進 行 形 と 混 同 す る か ら 。 理 由 の ひ と つ は 「 ~ い る 」 と い う 日 本 語 に 引 き ず ら れ て 、 ー ⅵ 英 語 の 時 制 で し 、 ち ば ん 誤 読 ・ 誤 訳 が 多 い の は 現 在 時 制 。 家 だ 」 の よ う に 大 胆 に 訳 し て か ま わ な い と こ ろ で す 。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


PART C 超 難 問 編 こ こ に は 、 翻 訳 学 校 の 授 業 で 扱 っ た と き 、 正 し く 読 め た 人 が 20 % 未 満 だ っ た 英 文 ば か り を 集 め て あ り ま す 。 と は い え 、 こ の う ち の 半 数 は 、 【 PART A 】 や 【 PART B 】 で 説 明 し た 内 容 の ち ょ っ と し た 変 形 に す こ ま で 徹 底 的 に 読 み こ ん で き た 人 ぎ ま せ ん か ら 、 に と っ て は 、 さ ほ ど む ず か し く な い か も し れ ま せ ん 。 誤 読 ・ 誤 訳 に 陥 る の に は も ち ろ ん 無 数 の 理 由 が あ り ま す が 、 こ の 本 に 何 度 も 繰 り 返 し 出 て き た い く っ か の パ タ ー ン に 留 意 す る だ け で も 、 か な り 防 ぐ こ と が で き る は ず で す 。