身分 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡
57件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

おんかおおが く仏の御顔を拝み申しあげたいものだと、局に急いで入っ みのむし 三一〇四位五位は冬。六位は夏 ていると、蓑虫のような者で、奇妙な着物を着ている姿が 四位五位の正装は冬がふさわしい。六位は夏がよい。宿 とてもにくらしいのが、立ったり座ったり、額ずいて礼拝 いすがた 直姿などでも同様だ。 しているのは、しやくにさわって押し倒してしまいたいほ どの気持がする。 品こそ男も女もあらまほしき事なンめ ひどく身分の尊い方の局ぐらいを限っては、前を人払い れ してあるのだが、まあ普通の身分の人は、制しかねて困っ ひんかく 品格というものこそ、男も女も持ちたいことであるよう てしまうのだ。頼みの綱である法師を呼んでそうしたじゃ に思われる。だが、家の女主人としての立場にある時にも、 まになる者たちに注意をさせると、「お前たちちょっと向 だれが、そのよしあしを定められようか。それでさえも、 こうへ行け」などとも言ううちこそいいけれど、その法師 が歩み出てしまうと、前と同じ状態になってしまう。 物事の分別のあるよその使者がその家に行って、自然とよ みやづか しあしを一言うに違いないことであるようだ。まして宮仕え 三〇九言ひにくきもの などの勤めを持つ人は、特別である。猫が土の上に降りて おおごと いるように人目につく状態であるから。 言いにくいもの人の手紙、尊い方の仰せ言などのたく 段さんあるのを、順序どおりに、はじめから終りまで、ちゃ 一二人の顔にとりつきてよしと見ゆる所は んと取り次ぐのは、とても言、こく、 返事も、また申し 障あげにくい。気のおける立派な人が、物をこちらに送って 人の顔に備っていて、すばらしいと見える所は、毎日見 おとな 第 来たその返事も、言いにくい 。もう大人に成長している子る場合でも、ああいいなと見える。絵などは、何度も何度 に関しての、思いがけないことを聞きつけたのは、子の面も見てしまうと、目も引かれなくなるものだ。身近に立っ びようぶ ている屏風の絵などは、たいへんすばらしいけれど、自然 前ではとても言いにくいものだ。 めか きだ との

2. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

中納言の君の、忌の日とて、くすしがり行なひたまひしを、「給べ、その数一中宮付きの女房。二五六段に ただ一み 「右兵衛督忠君と聞えけるが御む 六 珠しばし。行なひてめでたき身にならむと借る」とて、あつまりて笑へど、なすめ」とある「中納言の君」と同人 子 ほとけ ほいとこそめでたけれ。御前に聞しめして、「仏になりたらむこそ、これよりニ親族の命日。 三奇特な態度で。 枕 四関白の言葉。一説、女房。ま はまさらめ」とて、ゑませたまへるに、まためでたくなりてそ見まゐらする。 た一説、作者。いずれをとるかに 大夫殿のゐさせたまへるを、かへすがヘす聞ゆれば、「例の思ふ人」と笑はせよって以下の解釈も変ってくる。 仮に関白の冗談とみる。 のち たまふ。まして後の御ありさま見たてまつらせたまはましかば、ことわりとお五「とて」を仮に「ということな ので」の意として下文に続けた。 六関白以上の身分はないから。 ばしめされなまし。 セ仏になったら関白以上の身分 となることをさす。 ^ 「思ふ」対象は道長。一説、道 一三三九月ばかり夜一夜降り明かしたる雨の 隆。ひいきの人。 九道長は、長徳元年 ( 究五 ) 四月 あ 九月ばかり夜一夜降り明かしたる雨の、今朝はやみて、朝日のはなやかにさ十日に道隆、五月八日に道兼の二 人の兄が没すると、五月十一日に せんぎい せんじ こうむ 内覧の宣旨を蒙り、六月右大臣、 したるに、前栽の菊の露こばるばかり濡れかかりたるも、いとをかし。透垣、 以後左大臣、太政大臣、摂政、と くもす すすき らんもむ、薄などの上にかいたる蜘蛛の巣のこばれ残りて、所々に糸も絶えざ栄達を極めた。 一 0 「ましかば・ : まし」は仮定。長 まに雨のかかりたるが白きを、玉をつらぬきたるやうなるこそ、いみじうあは保二年 ( 一 000 ) 定子没後の執筆であ ることを一小す。 = 庭先の植込みの草木。 れにをかしけれ。 ず よひとよ うへ きこ 四 た すいがい

3. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

び・一う いるのもおもしろい。きれいな若い男たちの、微行と見え使う者の中にも、話相手として期待の持てるような者もあ さくらがさねかりぎめ るけれど、連れて行きがいがない感じがするというのは、 2 る二、三人が、桜襲の狩衣や柳襲の狩衣などを姿うつくし ふだん見馴れているからにちがいない。若い男なども、き く着て、くくりあげてある指貫の裾も気品高いように目に 子 映るのは、この場にまさに似つかわしい感じがする。従者っとそう思うのであろう、わざわざ同行者を探して誘いま 草 えぶくろ わっているようであるよ。 、飾りをおもしろくつけた餌袋をかかえて持たせて、 もえぎ どねりわらわ 舎人童たち、それには紅梅や萌黄の狩衣に、いろいろな色 一二五いみじく心づきなきものは の、乱れ模様を押して摺りつけた襷などを着せている。桜 かもまつりみそぎ さぶらい ひどく気に食わぬものは、賀茂祭や禊など、すべて男の の花などを折り持たせて、侍めいてほっそりしている者な ものみぐるま こんく 見る物見車に、たった一人で乗って見る人だ。いったいど ど引き連れて、お堂の前で金鼓を打っ様子こそおもしろい 「たしかだれそれだな」とわたしの籠る部屋から見える人ういう人なのだろう。尊い身分の人でなくても、若い男た ちの見たいと思っている者たちなどを、自分のそばに引き があるけれど、御本人はどうして知ろう。こちらがいるの ぎっしゃ を知らずに通り過ぎて去って行くのも、とはいえ物足りな寄せて同乗させてでも一緒に見たらよいではないか。牛車 みすすきかげ の御簾の透影として、たった一人ちらちらして、一生懸命 い感じがするので、「ここにいるという様子を見せたいの 行列を見つめて座っている姿といったら。 に」などと言うのもおもしろい 第一も こんなふうで、お寺に籠ったり、その他どこでもふだん 一二六わびしげに見ゆるもの 行かない所に、自分の召し使う者だけを連れて滞在してい 気落ちした感じに見えるもの六、七月の正午から二時 るのは、行ったかいがないように感じられる。やはり同じ ごろの暑い日盛りに、きたならしい車体に貧相な牛をかけ くらいの身分で、気がムロって、おもしろいことも、いろい むしろ ひとりふたり て、よたよた行く者。雨の降らない日に、筵のおおいを掛 ろと話し合うことのできるような人を、必ず一人二人、で けた牛車。また、雨の降る日に筵のおおいをしないのも。 きればもっとたくさんでも、誘いたいものだ。自分の召し す すそ さが

4. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

243 第 124 段 ごんぎよう さんけい などが終って、少しうとうとと寝てしまった耳に、その寺 く参詣するのを眺めているので、勤行もしおおせない きようもん こも ゆかり の御本尊に縁のある経文を、たいへん荒々しい声で、高く 日が暮れるころに、参詣するのは、これからお籠りする 唱える声が入ってくるので、それはとりたてて尊いという 人であるようだ。小坊主たちが、持ち上げられそうもない しゅぎようじゃ じようずまえうし たけ びようぶ のでもなく、修行者めいた坊さんが読むのであるようだと、 屏風などの丈の高いのを、たいへん上手に前後ろに動いて 運んで、畳などをばんと立てて置くと見ると、すぐにお籠自然ふと目がさめて、しみじみとした感じに聞かれるのだ。 すだれ また、夜など、わたしは顔を知らない人だが、相当身分 りする人の部屋に現れ出て、犬防ぎに簾をさらさらと掛け あおにびさしめき な のあるらしい人の勤行しているのが、青鈍の指貫の綿の入 て部屋作りをする手順は、非常によくし馴れしていること らくらく っているのに、白い着物を幾枚もたくさん重ねて着て、そ よ。楽々と仕事をしているように見える。ざわざわとたく の子息だろうと見える若い男の、・うつくしく着飾っている さんの人がおりて来て、そのうちの年輩の老女めいた人が、 のや、少年などを連れて、家来の者たちがたくさんかしこ 上品であたりにはばかった様子でーーー帰る人なのであろう まって、まわりをとりかこんでいるのもおもしろい。間に 、「その部屋の中があぶない。火の用心をしなさい びようぶ よ」などと言うのもある。七、八歳ぐらいの男の子が、愛合せに屏風を立てて、ちょっと礼拝などするようだ。 きよう 顔を知らない人の場合はだれだろうと、たいへん知りた 嬌のあるえらそうな声で、家来の男たちを呼びつけて、何 知っているのは、「ああ、あの人のようだな」と見る か言っているその声の様子も、たいへんおもしろい。また、 せき のもおもしろい。若い男の人たちは、とかく女たちの部屋 三歳ぐらいの幼児が寝ばけてこわがって、咳をしているそ めのと かあ の物音もかわいらしい。その児が、乳母の名前や、「お母などのあたりをうろついて、仏様の方に視線を送ることも べっとう し申しあげないで、寺の別当などを呼んで、小声で話すと、 さま」などと口に出しているのも、その母親はだれなのだ 呼んで話したままで立ち去って行く、その様子ま、 ろうと、たいへん知りたく思われる。 ) んぎよう 一晩中非常に大声で坊さんが勤行して夜を明かす。それげんな身分の者とは見えない さんろう ごや 二月の末、三月の月初めのころ、桜の花盛りに参籠して でわたしは寝入りもしないでいたのだったが、後夜の勤行 いめふせ う

5. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

おと るに、片っ方の人、しはぶきをしまぎらはしてさわぐに、念じて、音高う射て = 不審。一説、それほど取られ る所があるとも知らず。 当てたるこそ、したり顔なるけしきなれ。碁を打つに、さばかりと知らで、ふ三「ふくつけし」は、欲が深いこ と一 一四かた かかわる、す こと方より目もなくして、おほ一三「かかぐるは、 ノ、つけさは、またこと所にかかぐりありくに、 がるなどの意という。 かち ひろ く拾ひ取りたるも、うれしからじゃ。ほこりかにうち笑ひ、ただの勝よりはほ一四別の方から、目もなくて、の 意とみる。 こりかなり % 一五長い間ずっと同じ状態を続け ずりゃう ありありて、受領になりたる人のけしきこそうれしげなれ。わづかにある従ているさま。 一六失礼な態度で。 宅「ねたしと」は、仮に「ねたし 者もなめげにあなづりつるも、ねたしといかがせむとて、念じ過ぐしつるに、 とて」の意とみなす。 ずりよう われにもまさる者どものかしこまり、ただ「仰せうけたまはらむ」とついじゅ一 ^ 一旦受領になると。 一九「追従」。 うするさまは、ありし人とやは見えたる。女方には優なる女房うち使ひ、見えニ 0 以前と同じ人と見えようか。 いつのまにか出現する。 てうどさうぞくニ一 ざりし調度、装束のわき出づる。受領したる人の、中将になりたるこそ、もと一三近衛の中将。 ニ三もともと君達 ( 貴族の息子 ) の きんだち 段君達のなりあがりたるよりも、けだかう、したり顔に、いみじう思ひたンめれ。身分の人。 一八四位こそなほめでたきものにはあれ。同じ人ながら、 第 大夫の君や、侍従の君など聞ゆるをりは かたかた ニ 0 一七 かた ずん

6. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

217 ( 付 ) 第 10 ~ 13 段 を と ( 現代語訳三五八ハー ) 世ノ中になほいと心憂きものは、人ににくまれむ事こそあるべけれ。誰てふ一三「誰といふ」の意。 一四宮中とは限らず広く貴族の家 しぜんみやっかどころ ものくる に仕えること。 物狂ひか我人にさ思はれむとは思はむ。されど自然に宮仕へ所にも、親、はら 一五身分の高い人。そこから学問 や教養のある人の意にもなる。 からの中にても、思はるる思はれぬがあるそいとわびしきや。 一六痛切にかわいいと思う。 よき人の御ことはさらなり、下衆などのほどにも、親などのかなしうする子宅他人から特別注目され注意を 集めていて。 め 、こまし , っこそおばゆれ。見るかひあるはことわり、天「いたはし」は大切にされる状 は、目たて耳たてられて、しオ。 態であること。骨を折る、世話す おも おも しかが思はざらむとおばゅ。ことなる事なきは、また、これをかなしと思ふらる、大切にするなどの意を持っ動 詞「いたはる」と同源。 おや 一九親しく交際している人誰にで むは、親なればぞかしとあはれなり。 おも 一九かた 親にも、君にも、すべてうち語らふ人にも、人に思はれむばかりめでたき事 = 0 「めでたき事」は、底本表記 「目出事」。 はあらじ。 三「あやし」は、理解の範囲外に あること。不思議だ。 一三「かし」は、自分の発言をもっ 一三男こそ、なほいとありがたく て相手に対して訴え、念を押す気 持を表す。 ・ ) こち 男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。いときょげなニ三たくさんいる女性の中で。そ うした男性は多くの女性を目にす る機会があるし、家柄がよいのだ る人を捨てて、にくげなる人を持たるもあやしかし。おほやけ所にいりたちた から困ることはあるまい、という 」と - 一し る男、家の子などは、あるが中によからむをこそは選りて思ひたまはめ。およ気持。 おや す みみ こころう なか え おや おや たれ

7. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

( 現代語訳一一六四ハー ) 一三木の上の男の子がおろすと。 一四木の上の男の子が言うと。 一四八清げなるをのこの、双六を はかま 一五「黒き袴着たるをのこ」が 一九 一ハ 一六木の上の男の子が。 とうだい すぐろくひひとひ 清げなるをのこの、双六を日一日打ちて、なほ飽かぬにや、短き灯台に火を宅梅の実などがなっている時に もこうした光景が見られることだ。 どうばん あ 天黒白の駒を積み上げ、さいの 明かくかかげて、かたきの賽をこひ責めて、とみにも入れねば、筒を盤の上に 目によっておろして進めて行く遊 かりぬくび 立てて待つ。狩衣の領の顔にかかれば、片手して押し入れて、いとこはからぬび。↓一四二段。 一九背丈の低い灯台。盤面を明る えばうし くするために低いものを用いた。 烏帽子を振りやりて、「賽いみじうのろふとも、打ちはづしてむや」と、心も ニ 0 以下は「をのこ」と「かたき」と の行動であるが主語が明示されな となげにうちまもりたるこそ、ほこりかに見ゆれ。 いのでどちらにでも考えられる部 分がある。仮に「をのこ」中心に解 する。相手がさいをよい目が出ぬ 一四九碁をやんごとなき人の打っとて よう強いて祈り、特に急いで筒に 入れないので。 ひも 碁をやんごとなき人の打っとて、紐うち解き、ないがしろなるけしきに、ひ三「をのこ」の行動。下文「狩衣 の : ・」も「をのこ」の描写。 段ろひ置くに、おとりたる人の、ゐずまひもかしこまりたるけしきに、碁盤より一三「 ( 相手が ) 賽をいくらのろっ ニ六 ても、打ち損うものかと、じれ そでした およ はすこし遠くて、及びつつ、袖の下いま片手にて引きやりつつ、打ちたるもをつたそうに。 のうしひも ニ三直衣の紐をくつろいで解き。 第 ニ四つまんで盤に置く。 一宝身分の低い人。 ニ六及び腰になって。 ニ 0 せ あ ニ四

8. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

たるやうに、ロをふたぎて、顔をもてのくべきにもあらねば、食ひをるにこそ一飯を湯にひたした軽食。 ニ男が私のことを自分に好意を ゑ はあらめ。いみじう酔ひなどして、わりなく夜ふけて泊まりたりとも、さらに持っていない女なのだったと思っ 四 て、それ以来来ないのなら、それ きたおもて ゅづけ 湯漬だに食はせじ。心もなかりけりとて来ずは、さてありなむ。里にて、北面はそれでよかろう。 草 三宮仕え所ではなく実家で。 四家の裏の方。台所や召し使う 枕よりし出だしては、、、がはせむ。それだになほぞある。 人のいる方とかで食事を出してく ること。 三〇八初瀬に詣でて、局にゐたるに = ( 瀬詣で」↓一一一四段。 六下衆の着物の後ろが隣同士ま ぜこぜになっているさま、とみる。 はっせまう つばね セ無造作にうちとけたさま。だ 初瀬に詣でて、局にゐたるに、あやしき下衆どもの、うしろをさしまぜっつ らしのない様子。 ^ 初瀬川の水音。 ゐ並みたるけしきこそ、ないがしろなれ。 九屋根や欄干をつけた、階段の いみじき心をおこしてまゐりたるに、河の音などのおそろしきに、くれ階をある長廊下。 一 0 早く。 かほをが のばり困じて、いっしか仏の御顔を拝みたてまつらむと、局にいそぎ入りたる = 蓑のように見苦しいものを着 た姿を形容したものか。 みのむし に、蓑虫のやうなる者の、あやしき衣着たるがいとにくき、立ちゐ、額づきた三理解をこえる奇妙さ、みすば らしさ。 ここち 一三たふ 一三じゃまになって御仏の姿が見 るは、おし倒しつべき心地こそすれ。 えないからか いとやんごとなき人の局ばかりこそ、前払ひてあれ、よろしき人は、制しわ一四「いとやんごとなき人、ではな いが、しかるべき身分の人。 三以下三巻本に「さは知りなが づらひぬかし。たのもし人の師を呼びて言はすれば、「そこどもすこし去れ」 ( 現代語訳三四四ハー ) な こう きめ まへ と めか みの

9. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

ことばについて、仮に会話文に限って考えてみても、現代 語のように主として語尾の、たとえば「だよ」 ( 男性 ) 「よ」 ( 女性 ) 、といった男女差はかならずしも明瞭ではなく、む しろ「語彙」の「かたより」としてしか把握しにくいため に実態はさほど明らかではない。清少納言は、この点につ いて言えば、 ・をと - こをんな ことことなるもの法師のことば。男女のことば。下 す 衆のことまこ、、 し。力ならす文字あましたる。 ( 本書など能 因本 4 段。三巻本「おなじことなれどきき耳ことなるもの」 ) 永井和子 と記し、男性女性の言語表現の差に対する数少ない言及者 中宮定子のことばは会話文として『枕草子』の中にしばである。これとても具体的に語彙・語法なのか、聴覚的な 5 しば記されている。中宮の、女房に対する発言部分は、い ことか、よくわからないのではあるけれど、少なくとも差 ったい現在のことばにどのように訳したら一番よいのであがあることを認めていたと考えることはさしつかえなかろ ろうか。言い換えれば、中宮という高い位にある年若い女う。 性として、仕えるものに対する、如何なることばが現代語 中宮は公的に言えば絶対的に身分の高い方である。それ に存在し得るだろうか、という素朴な疑問を私は抱いてい は単に外的な位として他から与えられた后としての高貴さ る。 や権威ばかりではなく、定子という人間自体が自立して持 りん 平安時代のいわゆる女性語についてはさまざまの論があっ凜とした品位でもあった。それと共に、一人の年若い女 るところである。女流文学の言語表現自体がある限定され性としては、誠に頭の回転の早い知的な面と、細やかなや た社会の女性のことばであるし、個々の作品はまたそれなさしさと、茶目っ気とを併せ持つ、生き生きとした方であ りのことばの世界を持つ。作品内部に記された男性女性のったらしい 走井餅老舗 ( 一の鳥居前 -0 ー九八一ー 0 一五四 ) 大津の走井餅か ら分家した店。走井餅、抹茶、アイスクリームなど。 鳩茶屋 ( 三の鳥居近く ) 文久年間創業。そば、うどんなどの 軽食がある。 中宮様のことば

10. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

みやづか めのと 宮仕えをしている人の所に訪れなどする男が、そこで食 心のよくない乳母が養っている子を見る時にいやな感じ し、よギ - う なのは、その子の罪でもないけれど、よりによってこんな物を食べるのこそは、ひどく劣った所業だ。食べさせる女 人に養ってもらっているとは、と感じられるためなのだろ房もとてもにくらしい。自分を思ってくれる女房が、「何 子 めのと うか。乳母は「たくさんお子様がある中で、この君は御両はさておいてどうぞ」などと、好意があって言おうのを、 草 まるで忌み嫌っているかのように、ロをふさいで、顔をそ 親が見下げていらっしやるのだろうか、おにくまれになる ことよ」などと荒つばく言う。幼児はこんな者とは思い知むけるわけにもゆくまいから、かしこまって食べているの ではあろうけれども。ひどく酔いなどして、どうしようも らないのだろうか、乳母を求めて泣き騒ぐ、それが乳母に おとな ゅづけ なく夜が更けてから男が泊ったとしても、決して湯漬だっ は気に入らないのであろう。そんな子は大人になっても、 てわたしは食べさせないつもりだ。そうして、男がわたし まわりの者が大切に世話をやいて大騒ぎするうちに、かえ のことを自分に好意を持っていない女なのだったと思って、 ってやっかいなことこそ多いようだ。 こちらでうっとうしくにくらしい人と思う人が、その人以後来ないのなら、それはそれでいいだろう。里で、奥の にとって間の悪いことをこちらが言って困らせても、びつ方から食事をととのえて出した場合には、これはしかたが ない。それでさえ、気がきいたことではない。 たりとこちらにくつついて馴れ親しむ態度をとっているの。 「少し気分が悪い」などと言うと、いつもよりも近くに臥 三〇八初瀬に詣でて、局にゐたるに して、物を食べさせ気の毒がり、別に何ということもなく さんけい つばね ついしよう 初瀬に参詣して、局に座っている時に、身分の低い下衆 思っているのに、まとわりついて追従をし、世話を引き受 たちが、それそれ着物の後ろを入れまぜにして並んで座っ けて大騒ぎするの。 ているありさまこそ、だらしないものだ。 三〇七宮仕へ人のもとに来などする男の、そ たいへんな決心をして参詣している時、河の音などが恐 ろしく聞える中に、くれ階を、やっとの思いでのばり、早 ( 原文一九四ハー ) かた はっせ