検索 - みる会図書館

検索対象: 信州 (楽楽 中部 2)

信州 (楽楽 中部 2)から 234件ヒットしました。

信州 (楽楽 中部 2)


と う 回 る ? 約 50 分 路 線 ハ ス と 徒 歩 ・ エ リ ア 内 の 主 な バ ス 路 線 ヨ 土 ; 徒 徒 / 歩 歩 歩 ス 4 分 分 分 分 軽 井 沢 の 交 通 の メ イ ン は バ ス 。 西 武 高 原 バ ス 、 草 軽 交 通 、 」 R バ ス 関 東 。 千 曲 バ ス の 4 社 が 運 行 し て い て 、 主 な 観 光 地 は た い た い / ヾ ス で 回 れ る 。 た だ し 本 数 が 少 な く 、 季 節 に よ っ て は 一 部 運 休 に な る 路 線 も あ る の で 、 ダ イ ヤ は 事 前 に チ ェ ッ ク し て お こ う 。 1 回 、 所 要 時 問 草 軽 交 通 1 日 3 ~ 6 便 草 軽 交 通 1 日 6 ~ 16 便 草 軽 交 通 1 日 3 便 井 草 軽 交 通 1 日 1 ~ 5 便 西 武 高 原 ハ ス 1 日 4 ~ 6 便 西 武 高 原 バ ス 1 日 4 便 小 西 武 高 原 バ ス 1 日 1 3 ~ 1 4 便 西 武 高 原 ハ ス 1 日 3 便 」 R ハ ス 関 東 1 日 1 9 ~ 21 便 上 」 R ハ ス ・ 西 武 高 原 ハ ス ・ 草 軽 交 通 1 日 1 2 便 田 千 曲 パ ス 1 日 7 便 西 武 高 原 ノ ヾ ス ・ 軽 井 沢 町 内 循 環 ノ ヾ ス 1 日 10 便 1 5 1 5 】 徒 歩 o 分 ハ ス 4 分 C 0 [ U M N バ ス 路 線 井 沢 町 歴 史 民 ' 資 料 館 縄 文 時 代 の 石 器 や 、 東 山 道 ・ 中 山 道 の 宿 場 の 歴 史 な ど 、 道 の 文 化 に 関 す る 歴 史 を 豊 富 な 資 料 で 分 か り や す く 紹 介 。 「 道 の 文 化 と 高 原 の 生 活 」 を テ ー マ に 、 軽 井 沢 を 語 る 上 で 欠 か せ な い 中 山 道 の 宿 場 町 時 代 か ら 明 治 以 降 の 別 荘 地 と し て の 発 展 の 過 程 や 高 冷 地 の く ら し を 支 え た 生 活 道 具 な ど の 資 料 を 公 開 、 解 説 し た 3 つ の 展 示 室 が あ る 。 ま た 、 故 吉 沢 三 郎 氏 の 中 国 陶 磁 器 の 貴 重 な コ レ ク シ ョ ン も 展 示 。 谷 0267 ー 42 ー 6334 朝 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 徒 歩 分 0 開 館 ・ 寺 ~ 16B 寺 30 分 の 月 曜 、 祝 日 の 翌 日 ( 7 月 中 旬 ~ IO 月 下 旬 は 無 休 、 11 月 16 日 ~ 3 月 31 日 ) 朝 入 館 48 円 ( 市 村 ク ニ ュ ー タ ウ ン 入 口 記 念 館 と 共 通 ) P26 C-3 ・ 主 な 区 間 の 運 賃 ・ バ ス 会 社 問 合 せ 先 軽 井 沢 駅 ~ 中 軽 井 沢 草 軽 交 通 280 円 谷 0267 ー 42 ー 2441 軽 井 沢 駅 ~ 軽 井 沢 千 ケ 滝 温 泉 500 円 西 武 高 原 ハ ス 谷 0267 ー 45 ー 5045 軽 井 沢 駅 ~ 小 瀬 温 泉 」 R ノ ヾ ス 関 東 ( 東 京 ) 谷 03 ー 3844-0496 450 円 軽 井 沢 駅 ~ 白 糸 の 滝 ( 長 野 原 ) 710 円 谷 0279 ー 82 ー 0489 軽 井 沢 駅 ~ 北 軽 井 沢 千 曲 ノ ヾ ス ( 小 諸 ) 谷 0267 ー 26 ー 2600 1190 円 軽 井 沢 駅 ~ 草 津 温 泉 2200 円 ① 11 月 30 日 ~ 4 月 中 旬 運 休 / ② 12 月 中 旬 ~ 4 月 上 旬 の 軽 井 沢 駅 ~ レ イ ク ニ ュ ー タ ウ ン 入 口 200 円 土 ・ 日 曜 、 祝 日 運 行 / 3 万 座 ・ 鹿 沢 口 駅 ~ 草 津 温 泉 間 の 軽 井 沢 駅 ~ 小 諸 駅 1030 円 区 間 運 転 あ り 、 月 座 プ リ ン ス ホ テ ル ~ 草 津 温 泉 間 は 1 1 月 上 旬 ~ 4 月 下 旬 運 休 / ④ 1 1 月 上 旬 ~ 4 月 下 旬 運 休 2 期 問 限 定 の 軽 井 沢 美 術 館 ・ 観 光 循 環 ノ ヾ ス で 回 る セ ゾ ン 現 代 美 術 館 三 笠 バ ー ク 入 口 軽 井 沢 ス ケ ー ト 路 線 バ ス と は 別 に 、 夏 休 み を 中 心 に 期 間 限 定 ( 7 月 末 セ ン タ ー 前 ハ ア ル 入 口 旧 軽 井 沢 ~ 1 1 月 初 。 要 確 認 ) で 、 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 美 術 館 や 各 施 田 崎 美 術 館 ・ 星 野 リ ゾ ー ト 脇 田 盞 設 を 回 る 便 利 な バ ス が 運 行 し て い る 。 」 R 軽 井 沢 駅 北 追 分 宿 郷 土 館 口 か ら 、 旧 軽 井 沢 か ら 中 軽 井 沢 、 信 濃 追 分 へ と 向 か い 南 軽 井 沢 を ま わ っ て 」 R 軽 井 沢 駅 に も と る 。 何 回 で も 乗 リ 降 リ で き る 1 日 フ リ ー 乗 車 券 700 円 が 便 利 。 バ ス 堀 辰 雄 長 野 文 学 記 念 館 の 車 内 で も 販 売 し て い る 。 問 合 せ は 西 武 高 原 バ ス へ 。 軽 井 沢 プ リ ン ス 塩 沢 を 一 ホ テ ル ウ 工 ス ト ル ・ ヴ ァ ン 美 術 館 塩 沢 湖 ( 軽 井 沢 高 原 文 庫 ・ ペ イ ネ 美 術 館 ) 絵 本 の 森 美 術 館 風 越 公 園 ( オ リ ン ピ ッ ク 記 念 館 ・ 植 物 園 ) 白 根 央 山 車 津 温 泉 25 分 20 分 30 分 万 座 プ ル ス ホ テ ル 長 野 原 蕈 津 口 駅 39 分 万 座 ・ 鹿 沢 口 駅 30 分 45 分 北 軽 井 沢 5 分 6 分 浅 問 牧 場 白 糸 の 滝 鬼 押 出 し 園 鶩 の 茶 屋 12 分 17 分 小 瀬 温 泉 12 分 軽 井 沢 千 ヶ 滝 温 泉 ひ く ら し の 里 5 分 13 分 旧 軽 井 沢 中 軽 井 沢 駅 4 分 DATA 15 分 追 分 軽 井 沢 駅 軽 井 沢 72 』 し フ 23 分 4 分 軽 井 沢 駅 北 ロ 軽 駅 中 軽 井 沢 僅 追 分 駅 し な の 鉄 道

信州 (楽楽 中部 2)


中 軽 井 沢 】 か る い さ わ こ う け ん き よ う か い 軽 井 沢 高 原 教 会 夏 の 夜 に ろ う そ く の 灯 が ゆ ら め く 中 軽 井 沢 ( 北 軽 井 沢 ) 日 曜 礼 拝 や 温 泉 、 野 鳥 の 森 、 美 術 館 と 自 然 散 策 ゴ ス ペ ル コ ン サ ー ト に 人 々 が 集 う と 文 化 の 香 り を 満 喫 で き る 浅 間 山 麓 由 緒 あ る 教 会 軽 井 沢 は か っ て の 沓 掛 宿 。 古 く か ら 多 く の 文 人 や 芸 術 家 た ち に 愛 さ れ て き た エ リ ア た 。 点 在 す る 歌 碑 や 句 碑 、 大 小 の 美 術 館 に も 、 そ の 歴 史 が 垣 間 見 え 、 ほ ん の 少 し 足 を の ば せ ば 千 ケ 滝 や 白 糸 の 滝 な ど も あ る の で 、 ゆ っ た り と 楽 し み た い 。 谷 0267-45-3333 P45 A-3 大 正 時 代 に 北 原 白 秋 や 島 崎 藤 村 ら 多 く の 文 化 人 ・ 著 名 人 が 集 い 、 「 芸 術 自 由 教 育 講 習 会 」 を 開 い た 歴 史 あ る 教 会 。 大 き な 三 角 屋 根 と 清 楚 な 木 造 の 建 物 は 、 気 品 と 温 か み に 満 ち て い る 。 毎 週 日 曜 13 時 45 分 ~ に は 日 曜 礼 拝 が 行 わ れ て い る 。 P26 B ・ ( - ト 3 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 車 1 5 分 」 9 時 ~ 1 8 時 ( 挙 式 時 以 外 は 見 学 自 由 ) の 無 休 朝 見 学 無 ネ 新 60 台 【 中 軽 井 沢 】 セ ゾ ン 現 代 美 術 館 小 川 が 流 れ 李 節 の 草 花 が 色 を 添 え る 庭 園 に は 谷 0267-46-2020 イ サ ム ・ ノ グ チ な と の P45 A-I 彫 刻 作 品 が 点 在 す る ア ン テ ィ ・ ウ ォ ー ホ ル 、 ジ ャ ス / ヾ ー ・ ジ ョ ー ン ス 、 ワ シ リ ー ・ カ ン テ ィ ン ス キ ー 、 ジ ョ ア ン ・ ミ ロ な と 、 世 界 的 に 有 名 な 現 代 ア ー ト の 作 家 作 品 を 多 数 展 示 。 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 西 武 高 原 ノ ヾ ス 草 津 温 泉 方 面 行 き で 7 分 、 / ヾ ス 停 軽 井 沢 千 ケ 滝 温 泉 ホ テ ル 入 口 か ら 徒 歩 7 分 コ IO 時 ~ 18 時 ( 1 1 月 は ~ 17 時 ) 、 入 館 は 閉 館 30 分 前 ま で の 木 曜 ( 8 月 は 無 休 ) 、 展 示 替 え 休 あ り 朝 入 館 1 OOO 円 030 台 【 中 軽 井 沢 】 軽 井 沢 駅 内 観 光 案 内 所 谷 0267-42-2491 中 軽 井 沢 駅 内 観 光 案 内 所 谷 0267-45-6050 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー ・ ( 24 担 ) 》 て こ 》 30 分 ゾ 、 星 野 芬 ま 術 館 ー 1 5 芬 ー ノ ー 1 5 分 軽 井 沢 徒 歩 す ぐ 高 原 教 会 1 0 分 も ノ ゾ 星 野 5 ・ 術 耳 芬 ・ 一 ゾ ー 5 分 と う 回 る ? 時 問 に ゆ と り を も っ て 散 策 ス タ イ ル を 楽 し み た い 歴 史 あ る 教 会 や 個 性 的 な 美 術 館 を め ぐ る 楽 し み が 味 わ え る の が 魅 力 。 各 ス ポ ッ ト 間 は 徒 歩 で も 移 動 で き る 距 離 た が 、 ど こ も ゆ っ ぐ 丿 時 間 を か け て 訪 ね た い 場 所 は か り 。 ゆ と り を も っ た ス ケ ジ ュ ー ル を 立 て た い 。 【 中 軽 【 中 軽 井 沢 】 町 井 沢 】 DATA 中 軽 井 沢 駅 ( 徒 歩 ) び じ ゅ っ か ん 芸 術 の 「 今 」 を 目 撃 す る 中 軽 井 沢 駅 ( 車 ) DATA せ が た き お ん せ ん 開 放 的 な 露 天 で 歩 い た 後 の ひ と っ 風 呂 し お つ ば お ん せ ん ラ ウ ン シ か ら バ ー ド ウ ォ ッ チ ン グ で き る 贅 沢 キ ケ 滝 温 泉 ホ テ ル 星 野 温 泉 ト ン ボ の 湯 塩 壺 温 泉 ホ テ ル 谷 0267-46-1111 谷 0267-44-3580 谷 0267-45-5441 P45 A-2 P45 A-2 P45 A-2 北 原 白 秋 を は じ め 、 多 く の 文 人 野 鳥 や リ ス の 愛 ら し い 姿 を ラ ウ 軽 井 沢 ス ケ ー ト セ ン タ ー に 隣 接 ン ジ か ら 楽 し め る ホ テ ル 。 源 頼 す る 立 ち 寄 り 湯 。 男 女 と も に 内 達 に 愛 さ れ た 名 湯 ・ 星 野 温 泉 が 朝 が 発 見 し た と 伝 え ら れ る 温 満 喫 で き る 日 帰 り 温 泉 施 設 。 湯 が 1 つ に 露 天 が 2 つ 。 泉 は 効 能 が 高 い と い う 。 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 車 て 7 朝 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 草 津 13 時 ~ 22 時 ( 土 ・ 日 曜 ・ 祝 日 、 夏 温 泉 行 き ハ ス で 5 分 、 ハ ス 停 西 区 入 朝 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら DATA 期 は 11 時 ~ ) の 無 休 ( 4 ・ 1 1 月 メ ン テ DATA 口 か ら 徒 歩 2 分 10 時 ~ 23 時 ( 受 DATA 車 で 5 分 1 1 時 ~ 21 D 不 定 ナ ン ス 休 業 あ り ) 朝 1 100 円 ( 土 ・ 日 曜 ・ 付 は ~ 22 時 ) の 無 休 朝 入 浴 1 200 イ 衣 入 浴 1 [email protected]台 祝 日 、 夏 期 は 1500 円 ) 0400 台 円 ()W ・ 8 月 は 特 別 料 金 ) 070 台 緑 豊 か な 森 に 囲 ま れ た 立 ち 寄 り 湯 44

信州 (楽楽 中部 2)


中 軽 井 沢 、 千 ヶ 滝 中 ト 北 軽 井 沢 へ 9 【 中 軽 井 沢 】 軽 井 沢 野 鳥 の 森 か し ケ 掛 滝 街 通 道 チ ホ テ ル り ド ミ ラ 軽 井 沢 ・ セ ゾ ン 現 代 美 術 館 、 、 2 軽 井 キ ヶ 滝 温 9 千 ケ 滝 ク コ ト ホ テ ル ー ー ・ 軽 井 沢 千 ヶ 滝 温 泉 ~ ホ テ ル ロ 軽 井 沢 千 ヶ 滝 温 泉 ホ テ ) 軽 井 沢 町 ー ト セ ン 塩 壺 壺 入 口 弘 田 龍 太 郎 君 を 弔 う 0 塩 壺 温 泉 ホ ー レ 軽 沢 ス ト セ ン タ ー 前 湯 星 野 塩 壺 温 与 謝 野 夫 妻 の 田 絃 ニ 郎 夫 妻 句 碑 歌 碑 星 の や 弘 田 龍 太 郎 曲 碑 ① よ 〇 軽 井 沢 P39 軽 井 沢 カ フ ェ ハ ン グ リ ー ス ポ ッ ト 野 鳥 の 森 村 民 食 堂 中 西 悟 堂 歌 碑 星 野 温 泉 軽 井 沢 飯 店 ト ン ホ の 湯 ス ケ ー セ ン タ - ( ビ ッ キ オ ビ ジ タ 一 一 一 一 入 ゴ 、 西 区 入 口 9 ⑧ セ ン タ ー ー 6 \ . 北 原 白 秋 文 学 碑 9 小 西 区 ま 務 所 鬼 押 出 し 園 の 田 崎 美 術 館 溶 岩 台 地 に 浅 谷 0279-86-4141 軽 井 沢 高 原 教 会 間 山 観 音 堂 が ー ワ ン ズ レ シ ビ 島 P23 D-3 立 つ 石 の 教 会 夫 ロ 妻 内 村 鑑 記 念 堂 ホ テ ル 天 明 3 年 ( 1783 ) の 浅 間 山 大 噴 火 に よ っ て 噴 出 し の ヤ 内 村 鑑 三 」 ~ プ レ ス ト ン ル 資 料 展 示 室 た 溶 岩 が 造 り 出 し た 景 勝 地 。 長 さ 6km 、 幅 3km に わ コ ー ト P39 碑 た っ て 噴 出 し た 溶 岩 の 奇 岩 怪 石 が 続 き 、 自 然 の 創 こ ノ 造 形 の 不 思 議 に 圧 倒 さ れ る 。 溶 岩 の 中 を め ぐ る コ ス ー ス は 、 1 周 す る と 40 分 ほ ど 。 り ハ ス 停 鬼 押 出 し 園 か ら す ぐ 08 時 ~ 1 7 時 の 無 休 DATA 朝 入 園 600 円 ( 1 1 月 上 旬 ~ 4 月 下 旬 は 500 円 ) 850 台 【 北 軽 井 沢 】 し ら い と 白 糸 の 滝 4 や ち ょ う 千 ケ 滝 へ 、 0 千 ケ 滝 局 鳥 た ち の 美 し い 嗚 き 声 に 軽 井 沢 の 森 を 感 し る ガ イ ド の 解 説 谷 0267-45-7 〃 7 付 き で 楽 し め ( ピ ッ キ オ ) る 森 の 散 策 P45 A-2 総 面 積 102 万 m ・ の 国 有 林 で 、 鳥 獣 保 護 区 に 指 定 さ れ て い る 野 生 動 植 物 の 宝 庫 。 ハ ル ニ レ な ど の 落 葉 樹 、 カ ラ マ ツ な と の 針 葉 樹 が 生 い 茂 る 。 森 の 案 内 人 ピ ッ キ オ 主 催 の ネ イ チ ャ ー ウ ォ ッ チ ン グ な ど が あ り 、 自 然 観 察 に 最 適 の 環 境 が 整 っ て い る 。 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 西 武 高 原 ハ ス 草 津 温 泉 方 面 行 き で 4 分 、 ハ ス 停 西 区 入 口 か ら 徒 歩 5 分 0 ピ ッ キ オ ・ 8 時 ~ 18 時 ( 季 節 、 イ ベ ン ト に よ り 変 更 あ り ) 無 休 ( 要 問 合 せ ) 朝 入 場 自 由 0150 台 【 北 軽 井 沢 】 お に お し だ 滝 温 泉 DATA 星 野 温 泉 245 鬼 押 出 し 園 ザ ・ カ ボ ー イ ハ 圧 倒 さ れ る 自 然 の 造 形 美 第 ト 0 竺 き れ い 橋 日 浅 間 神 湯 川 キ ャ 、 場 湯 川 上 ノ 原 林 事 務 軽 井 沢 中 軽 沢 0 NTT ・ 文 化 会 館 前 一 聖 ハ ロ 幼 稚 園 ・ 土 屋 乗 馬 ク ラ ブ ・ ・ 長 倉 の 牧 堤 跡 ケ 狩 公 園 ⑧ 一 年 井 井 舞 八 す 薹 前 全 中 軽 井 沢 軽 井 : サ イ ク ン グ セ ン タ 絹 の カ ー テ ン よ う な 美 滝 ー ー - ' 。 沖 軽 井 沢 絹 の よ う に 繊 ( 軽 井 沢 観 光 会 館 ) 細 な 流 れ は 涼 谷 0267-42-5538 や か な 趣 P23 日 岩 の 間 か ら 浅 間 山 の 伏 流 水 が 幾 筋 も 湧 出 す る 美 滝 。 信 濃 路 自 然 歩 道 の 途 中 に あ る 全 幅 70m 高 さ 3m の 滝 は 、 夏 の 緑 の 中 で 姿 も い い が 、 秋 の 紅 葉 の 季 節 は 圧 巻 。 滝 を 覆 う よ う に 茂 る 木 々 の 紅 葉 か 滝 の 白 に 映 え る 。 ム 宣 教 ク フ ラ 会 上 ノ 原 8 関 上 田 信 金 サ イ ク 小 、 9 発 地 入 口 セ ン タ 軽 井 沢 中 央 教 会 一 富 ヶ 丘 入 口 中 部 入 口 小 諸 へ 雀 代 田 へ / 0 DATA 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 車 で 25 分 ヨ 見 学 自 由 (9200 台 沢 。 」 、 〇 9 中 部 小 学 校 前 軽 井 沢 バ イ 八 ス

信州 (楽楽 中部 2)


ー 東 信 州 ・ 、 北 軽 井 沢 / 野 反 湖 へ ペ 、 、 嫗 仙 ノ 滝 ~ 合 本 草 津 温 泉 へ 草 津 運 動 茶 公 園 草 津 町 嬬 恋 収 場 ・ を 婦 恋 高 原 G .. 狩 宿 関 所 跡 万 座 ヘ イ 第 恋 ト 草 津 cc 川 中 高 間 山 82 川 の 湯 王 城 山 を 葦 長 41123 ロ 原 野 原 町 ゝ 中 之 条 へ 原 湯 温 泉 第 渼 谷 ー ル 嬬 恋 ミ し ( ラ キ 湖 三 原 大 橋 万 座 鹿 沢 ロ 、 観 音 堂 ( 郷 料 餌 ) 高 崎 へ 一 嬬 恋 バ ラ キ 嬬 恋 村 の 一 新 田 代 橋 ' 外 お も ち 0 王 一 街 ー 軽 井 ラ 鷹 繁 山 間 隠 山 大 滝 2431 第 757 わ ら び 平 森 林 公 ま ゆ う 山 荘 沢 高 原 駒 鬼 押 出 し 園 号 4 角 落 山 ・ .2393 曲 2430 、 舅 曲 山 峠 - ー ノ 剣 の を = 安 中 市 2655 白 糸 の 滝 ノ = 小 浅 間 山 ー に P. 55 1655 留 夫 山 高 温 泉 P ・ 55 ゝ 、 サ マ 2 パ ー ク 、 浅 間 山 25 印 4241 滝 返 の 滝 ・ 11084 。 0 高 車 坂 高 高 原 ビ ジ タ ー セ ン タ ー 高 鷽 高 原 ホ テ ル ・ 55 物 積 湖 42106 ー ノ 字 山 ・ 愛 宕 劇 80 子 持 山 霧 積 ダ ム 高 山 剣 ヶ 石 尊 山 、 浅 間 山 荘 動 滝 41668 セ ゾ ン 現 代 美 術 館 ・ . 野 鳥 の 森 旧 軽 井 沢 GC 、 、 強 聖 バ ウ ロ 教 山 道 乳 牛 育 成 枚 場 - 第 汞 湖 中 尾 川 / 。 中 軽 井 沢 0- 一 一 ユ 4 し 、 軽 井 沢 、 - 確 氷 峠 も 尋 有 " 軽 井 沢 00 ょ プ リ 、 ー 、 , ヒ 、 グ プ 当 = 。 御 岳 第 ノ 青 年 の 家 963 、 曵 間 GC サ ン ラ 朝 代 田 町 中 軽 井 沢 ・ : 南 石 堂 道 跡 こ 軽 井 沢 41162 馬 瀬 ユ 谷 急 山 ー ー P ・ 40 軽 井 沢 720 浅 BGC 馬 越 GC よ を ー 井 の 森 こ ヰ 原 金 洞 山 一 森 泉 山 沢 cc 軽 井 沢 三 1-- ス 町 も す … → 0 → ァ 、 、 。 ー 。 ・ 断 ー ハ 田 チ 曲 ビ 1156 美 里 ~ イ ウ 郵 オ ー 中 佐 都 岩 村 田 一 佐 久 平 下 仁 田 町 勿 、 に ー ス マ に 神 譓 場 英 多 繒 土 一 香 坂 ダ ム 」 寄 石 山 13354 志 賀 牧 場 ・ 物 見 山 凧 の ー 、 、 137P 「 ー ー ー 線 . 市 立 近 代 耋 術 館 卍 寺 信 州 街 道 ( 道 平 川 ◎ 佐 久 市 内 山 収 場 1019 ト ン ネ ル ー 佐 久 平 CC, 内 山 ー 志 賣 川 、 一 障 郷 群 馬 県 高 崎 へ 亠 笹 塒 山 02 . 144 月 湖 、 一 一 ノ 新 画 / ー 浅 間 山 溶 岩 樹 2746 村 上 山 大 滝 鬼 押 出 小 瀬 鬼 押 出 佐 久 旧 ー ー 御 場 山 道 平 川 △ 物 語 山 太 田 部 幵 山 田 神 社 レ 清 里 へ 荒 船 山 卍 、 新 423 内 山 鉱 泉 清 里 ・ 小 海 へ `

信州 (楽楽 中部 2)


中 軽 井 沢 北 軽 軽 井 沢 、 気 P45 ( 浅 間 養 鱒 場 営 前 ヶ 千 ケ 、 、 現 代 美 術 館 の 産 ~ 軽 # 沢 千 ヶ 滝 温 泉 ホ ル 人 口 セ ン タ ① 塩 壷 温 泉 野 温 与 謝 妻 の 碑 区 入 可 北 原 日 秋 文 学 軽 井 沢 原 右 の 教 会 ふ 村 鑑 三 記 念 堂 ス ト ン コ ー ト P39 軽 井 ′ 森 林 事 務 p び 文 イ 会 桔 梗 ヶ を 区 第 ~ 局 の 里 軽 井 沢 野 鳥 の 森 45 草 の 里 滝 西 蜩 の 里 井 森 別 荘 地 、 寺 卍 大 日 向 軽 沢 ラ ザ ホ 間 団 長 社 井 沢 町 井 沢 町 谷 資 料 ー 南 原 入 鹽 5 ロ 宣 ク ラ ラ 修 き ケ 部 小 9- 井 沢 9- ー ー 病 院 沢 中 中 学 校 前 軽 井 古 宿 中 部 小 長 野 新 軽 井 沢 バ バ ス 店 を 沢 ホ ァ フ 公 前 中 軽 井 沢 ・ ー や ? 亨 げ 温 泉 -- 宿 ト ン ネ ル 軽 井 沢 〇 中 部 小 ッ と れ ん ベ ル 幵 遠 近 宮 小 離 山 房 、 信 濃 追 分 御 代 田 へ ′ 佐 久 平 へ 、 ト メ リ 教 塩 .0 、 、 幵 熊 野 神 レ ラ ン プ ラ ン 、 ル プ 、 沢 子 の 花 美 術 館 P42 ・ ペ 美 術 館 -- ・ 塩 沢 、 訪 神 ペ 莠 術 9 ド 高 文 庫 盟 ・ 軽 井 沢 絵 本 美 術 館 ル ツ お も ち ゃ 博 物 館 ・ 絵 本 の 森 軽 井 沢 町 植 物 園 ・ ・ オ リ ン ピ ッ 記 念 ・ 風 越 公 園 グ ラ ン 中 軽 井 沢 CC 軽 井 沢 タ リ ア セ ン ル ・ ヴ ン 長 倉 発 電 p 湯 川 ル ・ ヴ ァ 、 館 観 音 橋 風 越 山 人 .1015 ・ 茂 沢 発 電 所 茂 沢 南 石 堂 先 住 民 遺 育 園 前 発 地 入 口 ハ イ ラ ン ド ヴ ィ ジ 下 発 地 卍 密 蔵 院 幵 白 髭 神 社 東 光 寺 卍 諏 = 神 あ 、 の 森

信州 (楽楽 中部 2)


【 旧 軽 井 沢 】 か る い さ わ 軽 井 沢 聖 バ ウ ロ カ ト リ ッ ク 避 暑 地 時 代 の 面 影 残 る 木 陰 の 小 路 、 老 舗 や 話 題 の シ ョ ッ プ 軽 井 沢 の シ ン ホ ル 的 な 三 角 屋 根 の 建 き 良 き 時 代 の 軽 井 沢 の 静 け さ と 活 物 は ア メ リ カ 教 会 の 建 築 学 会 賞 谷 0267-42-2429 P30 B-2 気 が こ こ に あ る 。 観 光 地 と し て 大 勢 も 受 賞 し た の 人 た ち が 訪 れ る よ う に な っ た 今 で も 、 道 ア メ リ カ の 建 築 家 ア ン ト ニ オ ・ レ イ モ ン ド が ヨ ー ロ を 一 本 入 れ ば 豊 か な 緑 の 中 に 閑 静 な 別 荘 ッ パ の 田 舎 に あ る 教 会 を イ メ ー ジ し て 設 計 。 三 角 地 が 広 が り 、 か っ て 外 国 人 に 親 し ま れ た 屋 根 と 大 き な 尖 塔 は 、 軽 井 沢 の シ ン ホ ル 的 存 在 に な っ て い る 。 堀 辰 雄 の 小 説 『 木 の 十 字 架 』 に 登 避 暑 地 の 雰 囲 気 が 残 っ て い る 。 旧 軽 井 沢 場 し た 教 会 と し て も 有 名 。 の メ イ ン ス ト リ ー ト 、 旧 軽 銀 座 と 呼 ば れ る ノ ヾ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 07 時 ~ 1 8 時 ( 冬 期 商 店 街 は 中 山 道 の 本 通 り 。 歴 史 と 伝 統 を は 日 没 ま で ) の 無 イ 木 朝 見 学 無 料 ( 挙 式 、 礼 拝 中 は 入 堂 受 け 継 ぐ 老 舗 に 加 え て 新 し い 店 不 可 ) 0 な し も 続 々 と 登 場 し て い る 。 旧 軽 井 沢 】 い 0 「 m 寸 on き ゅ う み か さ 旧 三 笠 ホ テ ル 軽 井 沢 観 光 会 館 谷 0267-42-5538 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ・ 一 ( 旧 軽 井 沢 西 武 高 原 バ ス 軽 井 沢 千 ケ 滝 温 泉 行 き ・ 草 軽 交 通 バ ス 北 軽 井 沢 行 ま た は 草 津 温 泉 行 き 4 分 ・ 160 円 軽 井 沢 本 通 り 1 .5km 又 土 き よ う か い DATA P27 E-2 西 洋 文 明 の 香 り 漂 う ロ ヒ ー 軽 井 沢 駅 軽 井 沢 の 鹿 鳴 館 と し て 社 交 の 舞 台 に も 谷 0267-427072 P27 日 軽 井 沢 駅 北 ロ ど う 回 る ? レ ン タ サ イ ク 丿 レ を 活 用 し て 回 ろ う 旧 軽 ロ ー タ リ ー ま で 大 人 の 足 で 普 通 に 歩 い て も 30 分 ほ ど か か る の で 、 レ ン タ サ イ ク ル を 利 用 す る の が お す す め 。 軽 井 沢 駅 北 口 を 出 て 、 軽 井 沢 本 通 り を ま っ す く 北 に 進 め は 旧 軽 ロ ー タ リ ー だ 。 文 壗 を 馳 せ た 作 家 た ち が 集 い 井 沢 文 学 の 誕 生 へ ア メ リ カ で 学 ん た 、 岡 田 時 太 郎 の 設 計 に よ る 避 暑 地 と し て 多 く の 人 た ち に 愛 さ れ る よ う に な っ 白 い ア ー チ 型 の 窓 枠 と 幾 何 学 模 様 の ガ ラ ス 窓 な た 軽 井 沢 に は 、 大 正 期 に は 、 北 原 白 秋 ら が 主 催 し ど 、 手 の 込 ん だ 装 飾 が 印 象 的 な 洋 館 。 明 治 38 年 た サ マ ー セ ミ ナ ー が 開 か れ る な と 、 文 人 墨 客 も 多 ( 1905 ) に 実 業 家 ・ 山 本 直 良 が 当 時 の 日 本 に お け く 訪 れ る よ う に な る 。 当 時 の 文 壇 に 名 を 馳 せ た 作 る 建 築 技 術 の 粋 を 集 め て 建 築 し た 純 西 洋 風 木 造 家 た ち が 滞 在 し た の は 、 つ る や 旅 館 や 万 平 ホ テ ル 。 ホ テ ル 。 当 時 、 軽 井 沢 の 鹿 鳴 館 と し て 近 衛 文 麿 、 な か で も 江 戸 時 代 に 創 業 し た つ る や 旅 館 は 、 大 正 有 島 武 郎 、 大 隈 重 信 な ど 各 界 の 要 人 を 迎 え 軽 井 か ら 昭 和 の 中 頃 ま で 、 一 大 文 学 サ ロ ン の よ う に 多 沢 の 一 大 社 交 場 だ っ た 。 現 在 は ホ テ ル 営 業 は し く の 文 人 が 集 ま っ た 。 こ の 宿 で 夏 を 過 こ し 、 執 筆 し た 作 家 は 島 崎 藤 村 、 正 宗 白 鳥 、 室 生 犀 星 、 萩 原 朔 太 て い な い が 、 昭 和 55 年 ( 1980 ) に 国 の 重 要 文 化 財 郎 、 芥 川 龍 之 介 、 堀 辰 雄 、 谷 崎 潤 一 郎 、 志 賀 直 哉 、 に 指 定 さ れ 、 一 般 公 開 さ れ て い る 。 幾 何 学 模 様 の 山 本 有 三 、 石 坂 洋 次 郎 、 丹 羽 文 雄 な ど な と 。 堀 辰 雄 ガ ラ ス 窓 や 天 井 の 意 匠 、 有 島 生 馬 テ サ イ ン に よ る の 軽 井 沢 を 舞 台 に し た 小 説 「 美 し い 村 』 に 「 太 郎 ち 三 笠 の マ ー ク を あ し ら っ た 洋 ダ ン ス 、 猫 脚 の バ ス ゃ ん 」 と し て 登 場 す る の は 、 つ る や 旅 館 の 当 主 ・ 佐 タ ブ な と 華 や か な 時 代 を 偲 ふ こ と が で き る 。 藤 太 郎 氏 で あ る 。 ち な み に 、 こ の 宿 は 堀 辰 雄 と 矢 野 綾 子 の 出 会 い の 場 で も あ る 。 ハ ス 停 三 笠 か ら 徒 歩 5 分 ロ 9 時 ~ 1 7 時 ( 入 館 は ~ 1 6 時 30 分 ) の 無 休 朝 入 館 400 円 030 台 ( 0 L U M N DATA 28

信州 (楽楽 中部 2)


白 、 の 滝 人 ′ 、 ハ イ ラ ン ド ェ イ 信 濃 自 然 歩 道 入 口 群 馬 ー ノ 字 山 一 安 中 市 1336 旧 碓 水 峠 熊 野 皇 大 神 社 ( 熊 野 神 ネ を 碓 ラ 見 晴 P29 井 沢 3 第 - 軽 井 沢 町 28 愛 宕 △ 1 1 4 古 峰 神 正 宗 嶌 学 碑 峠 町 室 犀 星 文 碑 シ ョ 念 ネ 堂 聖 ヾ ウ ロ ト リ 、 、 ? 勢 含 ー 旧 軽 冫 ー 、 テ ) / 音 羽 森 9 \ テ ル マ 軽 井 沢 部 小 9 ロ 新 晴 山 G 井 、 南 軽 井 沢 一 拏 井 沢 プ リ ン ス 工 ス ト 軽 井 沢 ・ プ リ ン ス ョ ッ 、 イ グ プ ラ ザ ・ ウ 工 ス ト ホ テ ル ウ 工 9 安 中 榛 名 へ / 坂 本 旧 軽 井 沢 GC ホ テ 鹿 島 、 幸 福 の 谷 ー タ リ 横 川 へ ` 部 前 1256 太 陽 の 森 雲 場 亭 円 人 本 辻 - 里 軽 井 沢 車 庫 = ニ ノ を ; 碓 氷 峠 保 育 井 沢 ・ プ リ ン ス ョ ッ ノ グ プ ラ ザ ・ イ ー ス ト 軽 井 沢 ・ リ ン ス シ ョ ッ ビ ン グ ・ ニ ュ ー イ ー ス ト プ ン ス , 、 一 ル イ ー ス ト 四 8 軽 井 沢 一 ン ス ホ テ ル 沢 駅 前 1 軽 井 沢 ・ プ リ ン ス . シ ョ ッ ビ ン グ プ ラ サ プ 、 サ ・ 一 シ ョ ッ ピ 、 241 軽 プ リ 、 ス ホ ァ よ 軽 井 沢 プ リ ン ス ホ テ ル GC 資 料 館 ・ 美 術 館 」 匸 コ ロ コ 四 8 △ 矢 ヶ 崎 山 1 184 軽 井 沢 GC ザ ・ プ リ ン ス 軽 井 沢 碓 氷 な イ な ス 座 煙 事 燻 製 : 井 沢 243 ロ ロ し 入 山 ⑧ 幵 諏 訪 神 社 軽 舞 72G 東 コ ー ズ 入 山 峠 よ 軽 井 沢 72G 北 コ ス 長 窟 柳 橋 9 南 軽 井 沢 軽 井 沢 を 1 ワ 軽 井 沢 72 G 南 コ ー ス 女 街 道 発 地 軽 尺 72G 西 コ ー ズ 北 野 牧 \ レ イ ク ニ ュ ー タ ウ ン へ

信州 (楽楽 中部 2)


工 リ ア で の ア ク セ ス 工 リ ア 内 の お も な 都 市 間 は 」 R 新 幹 線 や 中 央 本 線 が メ イ ン ル ー ト 。 長 野 ~ 軽 井 沢 は 新 幹 線 で 約 30 分 と 近 い 。 車 窓 を 楽 し む な ら 長 野 電 鉄 と し な の 鉄 道 の 組 合 わ せ も 。 バ ス は 周 遊 タ イ プ の 路 線 バ ス が 観 光 ポ イ ン ト め ぐ り に 便 利 た が 、 季 節 運 行 も あ る の で 確 認 を 。 に リ ア て の お も な 丿 レ ー ト く 長 野 ・ 軽 井 沢 〉 糸 魚 川 へ 直 江 津 へ 戸 狩 野 沢 温 泉 信 越 本 線 妙 高 高 原 妙 高 高 原 黒 姫 高 原 野 尻 湖 飯 白 馬 乗 鞍 戸 隠 キ ャ ン プ 場 姫 線 戸 隠 神 社 北 白 馬 岳 戸 隠 中 社 宮 ア 白 馬 善 、 立 山 ス 五 竜 岳 信 濃 大 町 大 糸 線 曇 野 十 日 町 へ 野 沢 温 泉 志 賀 高 原 山 須 坂 白 根 山 高 草 津 温 泉 長 野 電 鉄 川 中 島 古 戦 場 大 前 長 野 原 吾 妻 線 菅 平 高 原 草 津 ロ 東 し な の 鉄 道 害 軽 浅 間 山 △ 小 諸 松 本 か ら の テ ー タ は P227 青 木 湖 C ) 松 代 代 篠 ノ 井 線 塩 尻 か ら の テ ー タ は P227 塩 田 町 上 鉄 泉 霧 ヶ 蜂 イ ン タ ー チ ェ ン ジ 久 美 ヶ 原 霧 ヶ 峰 平 白 樺 湖 入 口 科 高 原 谷 ピ ラ タ ス ロ ー プ ウ ェ 八 ヶ 岳 野 辺 山 湖 清 里 野 前 高 原 清 里 穂 高 穂 高 岳 湯 上 高 地 白 松 本 電 鉄 沢 新 島 信 州 ま 2 も . と 空 港 △ 岳 頂 多 中 央 本 線 木 曽 福 島 小 長 野 新 幹 線 久 小 海 線 佐 松 越 本 線 山 上 諏 小 淵 沢 か ら の テ ー タ は P227 諏 訪 湖 辰 野 局 建 伊 那 市 駒 ヶ 岳 △ 駒 ケ 根 ア プ 飯 田 線 ス 中 央 本 線 甲 府 新 宿 へ 」 R 新 幹 線 」 R ← + そ の 他 の 鉄 道 / ヾ ス の 他 の ル ー ト 工 リ ア ル ー ト e 軽 井 沢 駅 → 小 諸 駅 〇 長 野 駅 → 小 諸 駅 e 軽 井 沢 駅 → 小 諸 駅 ( 乗 換 え ) → 上 田 駅 〇 上 田 駅 → 塩 田 町 駅 → 別 所 温 泉 駅 〇 塩 田 町 駅 → 龍 光 院 → 別 所 温 泉 問 合 せ 先 電 話 番 号 の さ わ 温 泉 交 通 バ ス 容 0269-85-3333 鉄 道 上 電 バ ス 」 R 東 日 本 長 電 バ ス 谷 0269-33-2563 谷 0268-22-1504 容 050-2016-1600 飯 山 営 業 所 容 0269-62-4131 し な の 鉄 道 容 0268-21-4702 松 本 電 鉄 パ ス 容 0263-35-7400 長 野 電 鉄 飯 綱 営 業 所 容 026 ー 253-2250 容 026-248-6000 上 田 電 鉄 川 中 島 バ ス 容 0268-22-3612 容 026-254-6000 南 木 曽 古 屋 へ 豊 橋 へ 小 諸 ・ 別 所 温 泉 運 行 会 社 《 バ ス 愛 称 》 運 行 便 数 ね だ ん 所 要 時 間 し な の 鉄 道 23 分 1 時 間 1 ~ 2 本 470 円 」 R 信 越 本 線 ・ し な の 鉄 道 1 時 間 02 分 1 時 間 1 ~ 3 本 1 , 120 円 し な の 鉄 道 47 分 1 時 間 1 ~ 2 本 850 円 上 田 電 鉄 28 分 1 時 間 1 ~ 2 本 570 円 上 電 バ ス 《 信 州 の シ ャ ト ル バ ス 》 ① 200 円 30 分 1 日 6 便

信州 (楽楽 中部 2)


旧 軽 銀 座 】 大 城 レ ー ス 軽 井 沢 店 毎 年 9 月 に は 半 額 セ ー ル も あ る 旧 軽 銀 座 か る い さ わ て ん 軽 銀 座 」 の 通 称 で 親 し ま れ て い る メ イ ン ス ト リ ー ト に は 、 昔 な が ら の 老 舗 か ら ト レ ン ド の 商 品 を 扱 う シ ョ ッ プ ま で 、 新 旧 400 軒 以 上 の 店 が 軒 を 連 ね 、 シ ー ズ 谷 0267-42-2107 ン に は 観 光 客 や 別 荘 客 な ど P30 B-2 大 勢 の 人 で 賑 わ う 。 P30 BC-I ~ 2 軽 井 沢 で 夏 を 過 こ す 外 国 人 の 要 望 で 、 大 正 9 年 0 「 m け ion 》 軽 井 沢 観 光 会 谷 0267-42-5538 ( 1920 ) に 開 店 。 レ ー ス 製 品 の ほ と ん ど は 手 仕 事 で ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ・ ・ ・ ・ - ー ー 参 照 作 ら れ 、 テ ー プ ル ク ロ ス な ど の 大 き な も の か ら 、 オ リ ジ ナ ル ハ ン カ チ ま で 種 類 も 豊 富 に 揃 っ て い る 。 旧 軽 井 沢 4 分 ハ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 5 分 09 時 30 分 ~ 18 時 GW や 7 月 中 旬 ~ 8 月 末 日 は 草 軽 交 通 の シ ャ ト ル ノ ヾ ス ( 30 分 DATA 30 分 ( 7 ~ 8 月 は ~ 21 時 、 1 1 ~ 4 月 は 1 0 時 ~ 1 7 時 ) 毎 150 円 ) も 便 利 。 町 内 循 環 ハ ス は 内 回 り 、 外 回 り と も 1 日 の 2 月 の み 不 定 休 0 神 宮 寺 駐 車 場 利 用 各 8 本 、 1 周 約 50 分 。 【 旧 軽 銀 座 】 【 旧 軽 銀 座 】 っ ち ゃ 0 バ ン 写 真 店 ス る レ ろ の そ 用 に 店 段 富 舗 普 豊 老 軽 井 沢 駅 ド イ ツ 伝 ン ・ つ 軽 井 沢 の 歴 史 谷 0267-42-8020 谷 0267-42-2167 を ビ ジ ュ ア ル で 辿 れ る 資 料 B-2 P30 B-2 館 / ヾ ン 好 き が 高 じ て 、 小 さ な 店 で な け れ ば で き な い こ も と は 軽 井 沢 宿 の 旅 籠 だ っ た が 、 明 治 39 年 と を や り た い と 、 女 性 店 主 が 2005 年 4 月 に オ ー プ ( 1906 ) に 写 真 館 と し て 創 業 。 記 念 撮 影 も で き る が 、 軽 井 沢 の 昔 の 写 真 が 手 に 入 る 店 と し て 有 名 。 ン さ せ た 店 。 手 間 を か け た 自 家 製 天 然 酵 母 / ヾ ン は 、 壁 一 面 に 古 き よ き 時 代 の モ ノ ク ロ の 写 真 が 貼 ら 天 然 酵 母 な ら で は の 甘 み と 旨 み が 絶 品 。 ア ッ ト ホ ー ム な 雰 囲 気 の 店 内 に は イ ー ト イ ン ス ペ ー ス も あ る 。 れ 、 多 く の 人 が 写 真 を 見 に 訪 れ る 。 朝 ハ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 5 分 010 時 ~ 18 時 ( 1 1 朝 ハ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 09 時 ~ 1 8 時 ( 夏 期 ~ 3 月 は 1 1 時 ~ 1 4 時 ) の 木 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 ) 0 DATA は 8 時 ~ 20 時 ) の 不 定 休 ( 1 1 月 上 旬 ~ 4 月 下 旬 は 休 業 ) 0 な し な し 【 旧 軽 銀 座 】 【 旧 軽 銀 座 】 チ ャ ー チ レ ガ ラ ン ス ト リ ー ト 弉 軽 井 沢 軽 井 沢 ロ ー ル 旧 軽 銀 座 中 程 1 本 1300 円 。 に あ る シ ョ ッ 谷 0267-42-7955 谷 0267-42-1155 喫 茶 ス ペ ー ス ピ ン グ モ ー ル B-2 P30 B-2 も あ る 発 酵 バ タ ー を 使 っ た 軽 い 食 感 の パ イ を サ ン ド し 旧 軽 銀 座 の 中 央 に 位 置 す る シ ョ ッ ピ ン グ モ ー ル 。 オ シ ャ レ な 雑 貨 、 ア ク セ サ リ ー の シ ョ ッ プ か ら 、 食 た ロ ー ル ケ ー キ は 、 杏 、 プ ル ー ベ リ ー 、 青 リ ン ゴ の 3 種 類 の 味 が 楽 し め る 。 昭 和 54 年 創 業 以 来 、 高 品 料 品 や 飲 食 店 な ど が た く さ ん 集 ま っ て い る 。 モ ー ル 内 で イ ベ ン ト が 開 催 さ れ る こ と も あ る 。 有 料 ト 質 で リ ー ズ ナ プ ル を モ ッ ト ー に 手 作 り の フ ラ ン ス 菓 子 約 30 種 を 用 意 。 イ レ も あ る 。 ノ ヾ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 2 分 第 1 0 時 ~ 18 時 ( 4 月 第 朝 ハ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 3 分 1 0 時 ~ 1 8 時 悸 節 DATA 1 土 曜 ~ 1 2 月 30 日 の み 営 業 ) の 木 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 に よ り 変 動 あ り ) の 木 曜 不 定 休 ( 夏 期 無 休 ) 0 な し 業 、 8 月 無 休 ) 0 な し を . コ ロ ロ ロ 中 ロ ロ 戸 0 し や し ん て ん 軽 井 沢 の 移 り 変 わ リ を モ ノ ク ロ 写 真 て 辿 る / ヾ 家 庭 の 手 作 り バ ン の お い し さ DATA か る い さ わ 軽 井 沢 の ト レ ン ド が 分 か る 軽 井 沢 ロ ー ル か 絶 品 DATA 32

信州 (楽楽 中部 2)


旧 軽 銀 座 】 や ま や 山 屋 【 旧 軽 銀 座 】 い っ ち ょ う ど う ー 彫 堂 軽 井 沢 彫 店 彫 名 沢 の 井 具 軽 家 山 屋 オ リ シ ナ ル 商 品 。 2 階 は カ フ ェ 7 か る い さ わ ほ り ) 山 を ー 3 ン こ っ ー ま っ 伝 統 の 味 を 引 き 継 ぐ 創 業 100 余 年 の 老 舗 椅 子 10 万 円 前 後 、 箪 笥 は 約 谷 0267-42-2139 谷 0267-42-2557 万 円 と 値 も は る P30 B-2 P30 B-2 が 一 生 も の 初 代 は 万 平 ホ テ ル の 創 始 者 と と も に 、 軽 井 沢 の 父 創 業 80 年 、 匠 の 技 を 受 け 継 ぐ 軽 井 沢 彫 家 具 の 店 。 明 治 20 年 代 、 日 光 彫 の 職 人 が 外 国 人 向 け に 家 具 A ・ C ・ シ ョ ー か ら パ ン 作 り を 学 ん だ 。 万 平 ホ テ ル で 出 さ れ る パ ン は 今 も 山 屋 4 代 目 の パ ン 職 人 が 焼 い を 製 作 し た こ と に 始 ま る 軽 井 沢 彫 は 桜 模 様 が 特 て い る 。 オ リ ジ ナ ル ワ イ ン は 軽 井 沢 の み や げ と し 徴 。 初 代 か ら 万 平 ホ テ ル に 家 具 を 納 品 し て お り 、 て 定 着 。 伝 統 技 の 粋 を 集 め た 家 具 の 注 文 も で き る 。 朝 バ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 3 分 09 時 ~ 1 8 時 ( 夏 期 朝 ノ ヾ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 5 分 湾 1 0 時 ~ 18 時 ( 夏 期 は ~ 21 時 ) の 木 曜 ( 夏 期 は 無 休 ) 0 な し は 9 時 ~ 21 時 ) の 不 定 休 ( 夏 期 は 無 休 ) 0 な し 旧 軽 銀 座 】 り よ か ん つ る や 旅 館 DATA DATA 【 旧 軽 銀 座 】 お お さ か や 大 坂 屋 家 具 店 0 上 品 な 雰 囲 気 の ロ ヒ ー 完 全 オ ー ダ ー メ イ ド の 一 生 も の " 庭 園 と 温 泉 で 軽 井 沢 の 和 を 満 喫 彫 刻 、 木 地 、 塗 谷 0267-42-5555 谷 0267-42-2550 装 と そ れ そ れ の 部 門 の 職 人 に よ P30 ( -1 P30 B-2 る 手 作 り の 家 具 長 野 県 の 伝 統 工 芸 で あ る 軽 井 沢 彫 の 老 舗 。 も と も と は 外 国 人 の 別 荘 用 家 具 と し て 考 案 さ れ た 軽 井 沢 彫 。 花 や 草 木 を モ チ ー フ に 、 丁 寧 に 刻 ん た 美 し い 彫 刻 家 具 は 職 人 芸 の た ま も の 。 一 点 一 点 手 作 り さ れ る 家 具 は 、 今 も 地 元 の 人 々 に も 愛 さ れ て い る 。 の ハ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 010 時 ~ 18 時 ( 夏 期 DATA は 9 時 30 分 ~ 20 時 、 冬 期 は ~ 1 7 時 30 分 ) の 木 曜 ( 7 ~ 10 月 は 無 休 ) 0 な し 旧 軽 銀 座 】 ブ ラ ン ジ ェ 浅 野 屋 旧 道 店 A'4V 店 の は レ 江 戸 時 代 か ら の 老 舗 宿 ら し い 純 和 風 の エ ン ト ラ ン ス ト 江 戸 時 代 の 初 期 に 旅 籠 「 鶴 屋 」 と し て 創 業 さ れ 、 フ ン ・ 明 治 19 年 ( 1886 ) 旅 館 に 転 し た 創 業 400 年 を 誇 る も あ 老 舗 旅 館 。 大 正 か ら 昭 和 の 中 頃 ま で 、 室 生 犀 星 や 芥 川 龍 之 介 な ど 多 く の 文 人 に 愛 さ れ た 軽 井 沢 文 学 の 拠 点 の ひ と っ と し て 知 ら れ る 。 旧 軽 銀 座 と 緑 谷 0267-42-2149 豊 か な 別 荘 地 に 面 し て い る の で 、 シ ョ ッ ピ ン グ や P30 B-2 散 策 に 便 利 。 千 本 格 子 や 出 し 桁 づ く り の 建 物 は 昭 和 初 期 の 趣 を 感 じ さ せ る 造 り 。 ロ ヒ ー や 客 室 か ら カ ラ マ ツ や ブ ナ な ど の 薪 を 使 い 、 ス ペ イ ン 製 の 石 は 、 四 季 折 々 の 美 し い 庭 園 が 楽 し め る 。 部 屋 は 心 窯 で 焼 き 上 げ た パ ン が 評 判 の べ ー カ リ ー 。 特 に 石 和 む 和 室 か 和 洋 室 、 上 品 な 雰 囲 気 の 洋 室 の 3 タ イ 窯 で 焼 い た バ ケ ッ ト 263 円 が 人 気 だ が 、 お す す め プ か ら 選 べ る 。 旬 の 素 材 を 巧 み に 取 り 入 れ た 食 事 は 気 軽 に 店 員 に た す ね て と の こ と 。 ィ ー ト イ ン ス ペ も 評 判 だ 。 ー ス が あ る の で 、 そ の 場 で 焼 き た て を 食 べ ら れ る 。 パ ス 停 旧 軽 井 沢 か ら 徒 歩 6 分 08 時 ~ 1 8 時 ( 夏 期 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 車 で 8 分 朝 1 泊 2 食 付 1 万 5300 DATA は 7 時 ~ 21 時 ) の 1 月 中 旬 ~ 3 月 中 旬 は 水 曜 休 み な 円 ~ ー 214 時 ( ) 1 1 時 26 室 / 内 湯 2025 台 し あ さ の や き ゅ う と う て ん 地 元 産 の 素 材 を 使 っ た サ ン ド イ ッ チ か 人 気 DATA 34