検索 - みる会図書館

全データから 2201件見つかりました。
Who Was Abraham Lincoln?

DQED SC()TI DLCISION THE KANSAS-NEBRASKA ACT WAS NO T THE ONLY THING THAT MAPE 凵 N00 し N AFRAIP THE COUNTRY WAS MOVING THE WRONG ワ EC 刊 ON. 旧 57 THE SUPREME COURT HAP ワ E ワ E ワ ON THE CASE OF 床 E ワ 900 TT. 900 TT WAS A SLAVE WHO SE MAS TER 、 1 HAP BROUGHT HIM 1 TO LIVE ルし 0 ー 9 ANP IN W ー 900N9N TERRITORY. SLAVERY WAS ルし EGA し IN 60 TH P し ACES. G00 TT SA ーワ T 翩 9 MEAMT HE WAS NOW FREE. THE COURT ワ ECI ワ E ワ AGAINST 翩 M. THEY SA ーク旧 A SLAVE DRED SCOT ℃ HAP BEEN BOUGHT LEGALLY, HE WAS ST ルし A SLAVE, NO MATTER WHERE HE WAS.IN EXPLAINING THEIR ワ E 9 ー ON ′ ONE OF THE ご uST に ES WRO TE THAT 6 し ACK PEOPLE 、、 HA ワ NO RIGHTS WHICH THE WHITE MAN WAS BOUN ワ TO RESPECT. ″

Who Was Abraham Lincoln?

{ D 盟に k DOUGLASS REPERICK POUGLASS WAS A SLAVE WHO ESCAPEV AS A YO MAM. H E BECAME AN INSP 旧 - ING LECTURER ANP AUTHOR. ワ oue し A99 BELIEVEP IN FREEPOM ANP EQUALITY FOR A しし PEOPLE, INCLUPING WOMEN. HE ワ NO T ALWAYS SUPPORT し 00 し N. HE BELIEVEP し N00 し N WAS MUCH T00 CAu 刊 0u9 ABOUT ENPING SLAVERY. AFTER THE EMANCIPATION PROCLAMATION, POUGLASS BEGAN TO THINK BETTER OF THE PRES IPEN T. ONCE THEY MET ′ HE WAS 00M - PLE TELY Ⅳ 02 OVER. ワ ou€し A99 SA ーワ し 00 し N TREATEP HIM EXACTLY AS HE Ⅳ ou しク HAVE TREATEP ANY MAN, PESPITE THE VIFFERENCE THEIR SKIN 00 し OR. 1

Who Was Abraham Lincoln?

APOLITIONISTS MOVEMENTS OPPOSING SLAVERY BEGAN IN AMERICA WHILE THE 00 し ON に 9 WERE ST ルし UNPER 6 SH CONTRO し . BY 旧 04 ′ SLAVERY HAV BEEN MAPE ILLEGAL ALL THE NORTHERN STATES. THE 旧 509 AN ワ 409 ′ AN ACTIVE A60 凵引 0 ST MOVEMENT PEVELOPEP THE UNITEP STATES. A60 凵引 0 STS BELIEVEP THAT SLAVERY WAS EVIL ANV SHOU しワ BE COMPLETELY ILLEGAL EVERY— WHERE. MANY WRO TE ARTICLES AN ワ PRESSUREV THE GOVERNMENT FOR REFORM. SOME WERE ACTIVE ON THE UNPERGROUNV RAILROAV—THE SECRET NETWORK THAT HELPEP SLAVES ESCAPE TO FREEPOM. NO T EVERYONE WHO WAS AGAINST SLAVERY WAS AN A60 凵引 0 ST. SOME PEOPLE WERE AFRAIV THAT A60 凵料 0 9T9 WERE PANGEROUS. THEY WANTEP TO MAKE BIG CHANGES T00 QUICKLY. THE MOST EXTREME A60 凵刊 0 ST WAS JOHN 6R0 Ⅳ N. HE TRIEP TO START AN ARMEP SLAVE REBE し凵 ON ′ BIÅT HE WAS CAPTUREP ANP HANGEP.

文藝春秋2016年7月号

, 横山秀夫 , 犯ス、は、ま、 週刊文春 このミス 0 、 0 、「 = 0 = ろ一リーがすこ・」 0 、、「週刊文春 = ろリ、、← 0 」 上下 ロクョン 0 結にする , 幕を閉した、、昭和年「 0 破そ。間に起きた 6 突 ~ 少女誘殺人事件、 通称「ロクョン」「 定価 ( 本体各 640 円十税 ) 立脊立庫 映両化 ! 絶賛公開中 ! 出演 : 佐藤浩市野榮倉奈々 瑛太永瀬正敏三和他 監督瀬々載久 全国東宝系ロードショー ◎ 2016 映画「 64 」製作委員会

アジア小農業の再発見

プロローグ cal Change 3 the Soci0-Economic Structure 0 「 the Rural Area 1983 」 * 8 田坂敏雄『タイ農民層分解の研究』 ( お茶の水書房、一九九一年 ) * 9 「グリーンレポリューションと私」。日本大学農獣医学部国際地域研究所『グリーンレポリューション の二〇年』所収。 * 川宇根豊『減農薬のイネつくり』 ( 農山漁村文化協会、一九八七年 ) * Ⅱ渡辺・前掲書一三九頁。 * 金沢『変貌するアジアの農業と農民』 一九九五年十一月にいくつかの ZtO の主催で東京で開かれた「 <0-ßO 東京市民 * ()mi Ryandoyan 集会」での発一一一一口。 wallden Bello 、フィリピン大学教授。引用はアジア太平洋資料センター『とは何か ? 』 ( 一九九五年 ) 五六頁。 * 月刊『オルタ』一九九三年八月号 ( アジア太平洋資料センター発行 ) * Ja 「 in Boonmathya peasant Movement and 0 「 ganization: A Case of Esa 「 n small Fa 「 mers Assembly in No 「 theaste 「 n Thailand" * 月刊『オルタ』一九九五年十二月号に所収。 ( 文中、敬称略 )

自分史の書き方

能力の財産と人脈の財産 : 人生は「偶然の連続」が 8 割 ? 美術展のアルバイトで大活躍 英字週刊新聞の拡販で大成功・ 「週刊将棋」発行の舞台裏・ 創刊早々の大トラブルを切り抜ける 歳での転身・独立 : ュニークな「車歴年表」ー・関守男さんの年表 徹底的に働いて日本を支えた団塊の世代・ 第 3 章なにを書くべきか たくさん書く、たくさん読む それぞれの時代を反映した自分史の好例 0 サンプル 1 「親子ニ代で書き上げた自分史」 山崎綾子さん母娘の自分史より 母親が記録した「大東亜戦争ー 疎開生活の日常・ 152 148 146 144 139 135 132 129 126 165 162 177 172 169

ビルマ語常用6000語

〔 89 〕 0 つ 0 のつ 6 0 つ CDGQ) : [sagole:] 。 [sa ・öido ・ ] 。 [ sa 司 のっ [sa] [ 助 ] ( 複数を示す ) ~ 等 [ 名 ] 肛門 ① [ 名 ] 文字②手紙③文 ④ [ 鳥 ] 雀⑤ [ 動 ] 比べる [ 鳥 ] スズメ 0 つ : 0 : [sagale:ban:] [ 植 ] ヒ工ンソウ 。っ円 [sa tS€P] [ 動 ] 暗唱する , 暗記する , 勉 強する [ 動 ] 黙読する , 読書をする 。っ [satSi. daiP] [ 名 ] 図書館 。っ G & [sagaun:gwé] [ 鳥 ] キムネコウョウジャ 。っ s 記国 のっ 5 [sad30uP] ク ( ハタオリドリ科 ) [ 名 ] 事務員 , 秘書 ① [ 名 ] 契約②条約 , 協定 ③ [sa t'SouP] [ 動 ] 契約する 。っ 5 8 [sad30u?t'SouPs'o] [ 動 ] 契約を結ぶ , 条 。っ 8 [sa sikoun:] 0 つ 00 つ 8 [sazaun] のつ 8 [sa Si] 約を締結する ① [ 動 ] 文章を書く , 作文を する②文選する , 植字す る③ [sazi] [ 名 ] 文選工 , 植字工 [ 動 ] 文章を書く , 作文をする [ 名 ] 雑誌 , 定期刊行物 , 週刊 月刊誌 , 論文集

文藝春秋2016年8月号

No. 26 27 29 31 32 に減 乗 ま名 の月 にの志な損る り金 つ中賀る隠た賀寄 ノ、 . 二 出融 と門 の企 は 現ガ 総 ~ 在ノ、 の 本ス 企 業 長な 28 会社名 MS & AD インシュアランス グループホールディングス 出光興産 NTT ドコモ KDDI 30 東京海上 ホールディングス 社外取締役 松永真理 横田絵理 伊藤亮介 久芳徹夫 小平信因 福川伸次 田辺邦子 根元義章 村上輝康 遠藤典子 三村明夫 佐々木幹夫 江川雅子 樋口泰行 藪中三十ニ 大林宏 渡邊和紀 永易克典 小出寬子 主な経歴・肩書き兼任 兼任企業 ロート製薬 無印は社外取締役 ※印は監査役 元 NTT ドコモゲートウェイ ビジネス部企画室長 慶應義塾大学教授 弁護士 京セラ会長 トヨタ自動車副社長 元通産事務次官、 東洋大学理事長 弁護士 元東北大学理事、元情報通信研究機構 耐災割 CT 研究センター長 産業戦略研究所代表、 元野村総研理事長 元「週刊ダイヤモンド」副編集長、 慶應義塾大学特任教授 元新日鐵社長、 日本商工会議所会頭 元三菱商事社長 一橋大学大学院教授 日本マイクロソフト会長 元外務事務次官 元検事総長、弁護士 公認会計士 元三菱 UFJ フィナンシャル・ グループ社長 ニューウェル・プランズ社グロー バル・マーケティング上級副社長 3 2 1 1 2 1 2 1 1 5 2 3 3 4 4 2 5 2 3 1 テルモ、 東リ 愛知製鋼※ 大同メタル工業※ 大和証券※、新日鐵住金※、日本たばこ産業※ 小松製作所、川崎汽船、高砂熱学工業 アスクル、フェイス 三井不動産、旭硝子 三菱総合研究所 産業革新機構、日清製粉グループ本社 日本郵政、日本政策投資銀行、 三菱自動車工業※、新日鐵住金※ 三越伊勢丹 HD 、キリン HD 、 ベルシステム 24HD ※ 日立化成、第一生命保険 キリン 三菱電機 デンソー 業 、の ナ 強 化 ジョージ・オルコット慶應義塾大学特別招聘教授 ス ア ク ホ ダ の 監 視 任ち 逃 げ 腰 な 志 賀 氏 の 就いた子る 漢 下 、わ・ に も い を 認 め た カ 事し 外業かい にし が関最 す後 るは 思専 け決門 定性 をの 、高 △か自いて関取 分原 り グ レ 役 の氏 て何にはを かい がて 不は 志め 、範れ 人っお知氏た巡日氏を が 工原会て株 ス子長 力に 音就 の カゝ し い 正六 会人 蔽 っ て し、 た あ ウ チ ン の詰役六集 め重ら選十た東 を つ い キ つ のだ救 則 、主 く ノ、 と計の間 評へ社きがハのすり しの外、取ウ出る株 グ門任 , 締ス身予主取オし 役ので定に締 会途意 では気 は多に 、難感 。て いわ締 ( 156 )

自分史の書き方

柳沼正秀さんの人間関係クラスターマップ ( その 2 ) く具体的な実践活動など > ・関東学生 ESS ティベート大会企画実行 ( 早稲田、慶應大学等の ESS との交流 ) ・毎日ウィークリー友の会発足つウィークリー班学生スタッフ ・英国、米国語学研修ツアー企画つ日本旅行社員とのネットワークはその後も継続 く毎日ウィークリー > ◇江口英文毎日局長 ◇毎日新聞の先輩 . ・毎日教育新聞 ( 企画没 ) 、週刊囲碁・将棋新聞企画 ( 企画没 ) ・毎日小中学生年鑑発刊・全国教科書ルート開拓 ・先輩諸氏 く教育開発準備室 > ◇室長 つ当時は、英文毎日とプロジェクトチームの準備室の両方に机があった ◇英語学校校長 : マック鈴木 ・プリンストンカレッジで英国教育制度の研究・留学中、毎コミの語学研修生の受入アルバイト ・英国銀行から融資を受けるため く英国留学 > ・ 5 ~ 7 月南米 ( ベルーからメキシコまで ) ヒッピー旅行 学校の運営事業計画書を作成 ・プリンストンカレッジ ・ Y M C A ◇記者クラブ仲間 ( 現在も付合いが継続 ) ◇毎日新聞の同僚記者◇共同通信や各新聞社の記者 ・記者クラブで各社の記者と交流・浜松商取材の折、静岡駅前ガス爆発事故 く静岡支局 > ・ F 高校ブラスパンド日中交流の同行取材・県議選、参議院選挙等の取材 ◇支局長◇各デスク く日本将棋連盟 > く週刊将棋・企画創刊 > ◇加藤治郎名誉九段 ( 早稲田大学将棋部の大先輩 ) ◇大山康晴 15 世名人 ( 当時の連盟会長 ) ◇常務 ◇木村義雄 14 世名人 ( 初の実力名人 ) ◇升田幸三元名人 ( 大山名人の宿命のライバル ) ◇日本将棋連盟役員 ◇創刊時メンバー ◇週刊将棋スタッフ ・奨励会からスタッフへ く仕事での出会い > 1973.4 く毎日新聞社 > ~ 1978.7 ・英文毎日局 1977.4 毎日ウィークリー ~ 19787 ◇上司、先輩、同僚 19787 ~ 1979.7 ・県警クラブ 1979.1 ・市政クラブ ~ 1983.6 ・県政クラブ く毎日コミュニケーションス > ・週刊将棋部次長 19837 ・週刊将棋編集長 ~ 1985 く主な毎コミメンバー > ◇役員、先輩、同僚 ・週刊将棋創刊の根回し、後ろ盾・週刊将棋発行の全面協力を得る・実力名人以降の将棋界の取材 ・アレビ解説で憧れの升田元名人の聞き手役を務める く駒音コンサート企画 > く企画・事業立案 > ・週将ブックス発行っ実用書の発行へ・写真でつづる将棋昭和史企画 ・山本直純氏 : 将棋とクラシックのコラボを企画・楽団将棋連盟会長など ・ファミコン将棋ネット対局システム ( つ囲碁・将棋・麻雀のネット対戦へ ) ・システム会社等との合同企画・ PC ソフト「森田将棋」「東大将棋」の開発販売っコンピュータ将棋協会のメンバーとの出会い ・ Mac 関連書籍の発行 : 理系学生らと P C 書籍を発行・公認会計士らとコラボ企画で p C 雑誌「 T H E 1 2 3MAGAZINE 」を発行 ・米国 P C フェア、 M A C ワールド取材でアラン・ケイ、スティーブ・ジョブズの発想にカルチャーショックを受ける ・ D T P システムを構築つ就職情報誌の編集作業の効率化を図る ・汎用コンピュータつ P C へのダウンサイジングを実践・新しい配送システムの導入 ・広報部長として全国大学の就職部を回る ・将棋・囲碁・麻雀のネット対戦システムを構築 ・新退職金の制度を導入 く団塊の世代・講座 > ・「備えあれば」読売新聞夕刊連載 ・「ノジュール」 50 代からの自分ライフ ( J T B バブリッシング ) ・日経マスターズ < ゆとりの「老後生活」設計 > ( 日経 B P ) ・いきいき 50 から ( 毎日新聞連載 ) など く PC 月刊誌・企画創刊 > く編集システムプロジェクト > く就職情報・業務・広報部 > くゲーム雑誌・企画創刊 > く総務部 > く日本 F P 協会 > ◇ FP 協会関係メンバー 同協会東京支部 く日本 FP 協会東京支部 > ◇東京支部 FP メンバー 1987 ~ 1990 ・出版部部長 ・編集システム室長 ・就職情報広報業務部長 ・編集部長 ・総務部長 く F P 時代 > 日本 F P 協会 1991 ~ 1992 1993 ~ 1994 1995 ~ 1996 1997 ~ 1998 く書籍執筆 > ・わが家の F P 読本 ( 日本 F P 協会 ) ・定年退職後の生活 & 資産設計の描き方 ( すばる舎 ) ・「 FP 」になって独立・開業わずか 2 年で年収 1 千万円を稼ぐ ! ( すばる舎 ) ・わが家のマネープラン入門ポートフォリオ運用でお金をそだてる ( ロ ーカス・共著 ) 長 員 委 ム 長ラ 支オ 員 委 報員 広委 査理 調倫

図説 ロンドン 都市と建築の歴史

アルヴィン・ポャス AA スクール伝説の 学長。 1970 年代か ら 20 年にわたり、 AA スクールの学長 を務め多くの建築家 を輩出し、 AA スク ールの建築教育機関、 としての国際的評価 を不動のものにし た。背後に置かれて いるレンの彫像がヘ ルメットをかぶって いるのはイギリス式 ユーモア。 E. A. A. ローズ ゲデスに影響を受けたローズは、建築 教育改革に取り組んだが、その後の発 展は弟子たちによって実現されてい AA スクール学生に よる作品講評会の様 学生と教師との距離 に注目したい。この 距離でないと学生と 教師、互いの情熱は 伝わらない。 ALT RS 8 叩 SAMUELY STROM SMEE 「フォーカス no. 3 」表紙 すべて学生によってプロテュースされ た季刊誌。最新の建築情報だけでなく、 建築教育への提言などこの季刊誌を使 って発表された。戦火が激しくなり 4 巻が出版されたところで休刊となった が、戦後、 "Plan" と名前を変え、 1951 年まで引き続き学生を中心に出 版された。 AA スクール年度末 作品発表展示会 どのように作品を見いい せるかも工夫がなさ、、 れている。 124