検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年5月号

書斎の窓 2012年5月号から 82件ヒットしました。

書斎の窓 2012年5月号


利 笊 2 01 2 有 斐 閣 法 律 用 語 辞 典 第 4 版 国 際 経 済 法 第 2 版 法 社 会 学 第 2 版 《 有 斐 閣 ア ル マ 》 ダ イ ナ ミ ッ ク 競 争 戦 略 論 ・ 入 門 社 会 と 調 査 第 8 号 通 常 実 施 権 の 当 然 対 抗 《 日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 年 報 》 民 商 法 雑 誌 1 ー 2 月 号 《 第 145 巻 第 4 ・ 5 号 》 論 究 ジ ュ リ ス ト 創 刊 号 御 12 年 春 号 ・ ジ ュ リ ス ト 増 刊 》 《 特 集 》 憲 法 最 高 裁 判 例 を 読 み 直 す 法 学 教 室 5 月 号 《 第 380 号 》 ジ ュ リ ス ト 5 月 号 《 第 1 1 号 》 http ://www. yuhikaku. CO. jp/ 〒 10 ト 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 電 話 03 ー 3265 ー 6811 FAX 03-3262 ー 8035 匯 有 斐 閣 豆 c ど 7 77 ( 表 示 し た 価 格 は 税 込 で す )

書斎の窓 2012年5月号


日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 年 報 に ほ ん こ う ぎ よ う し よ ゆ う け ん ほ う が っ か い 日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 編 通 常 実 施 権 の 当 然 対 抗 A 5 判 並 製 250 頁 予 価 3 , 360 円 日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 年 報 第 35 号 」 978-4-641-29944 ー 3 主 錯 = 小 島 喜 一 郎 研 究 報 告 】 特 許 法 学 に お け る 制 度 論 的 研 究 の 発 展 = 山 根 崇 邦 / 特 許 権 侵 害 を め ぐ る 訴 訟 と 審 判 の よ 【 シ ン ポ ジ ウ ム 】 「 通 常 実 施 権 : 当 然 対 抗 制 度 を 中 心 に 」 目 総 論 = 島 並 良 / 当 然 対 抗 制 度 の 導 入 と 実 務 上 の 問 題 点 = 片 山 英 二 / 当 然 対 抗 制 度 と 民 法 = 鎌 田 次 / ア メ リ カ に お け る 当 然 対 抗 制 度 = 愛 知 靖 之 / ド イ ツ に お け る 当 然 対 抗 制 度 = 横 山 久 芳 質 疑 応 答 】 論 説 】 特 許 権 存 続 期 間 延 長 を 認 め た , 最 高 裁 平 21 年 ( 行 ヒ ) 325 号 判 決 ( 平 成 23 年 4 月 28 日 言 渡 ) と そ れ 以 前 の 高 裁 判 決 と 制 度 制 定 の 趣 旨 = 松 居 祥 二 / 平 成 23 年 改 正 特 許 法 の 下 に お け る 特 許 関 係 訴 訟 の あ り 方 = 三 村 量 一 【 そ の 他 】 学 会 記 事 , 学 会 規 約 , 維 持 会 員 名 簿 論 説 と 判 例 批 評 た け だ し よ う す え か わ ひ ろ し 竹 田 省 ・ 末 川 博 創 刊 民 商 法 雑 誌 A 5 判 並 製 146 頁 ・ 1 , 950 円 第 145 巻 第 4 ・ 5 号 ( 2 月 号 ) 《 特 集 》 不 当 利 得 に 関 す る フ ラ ン ス 法 序 論 ・ ・ 松 岡 久 和 フ ラ ン ス に お け る 「 原 因 な き 利 得 (enrichissement sans cause) 」 の 概 要 ・ ・ ・ 荻 野 奈 緒 著 ) , 森 山 浩 江 訳 ) フ ラ ン ス 法 に お け る 〃 襯 怩 。 訴 権 の 補 充 性 の 原 則 ・ ・ ・ フ ィ リ ッ プ ・ レ ミ 著 ) , 廣 峰 正 子 訳 ) 原 因 な き 利 得 の 研 究 ー ー 損 失 を 被 っ た 者 の フ ォ ー ト ・ ジ ャ ン ・ ポ シ ャ ー ル ・ ・ 廣 峰 正 子 , 荻 野 奈 緒 , 松 岡 久 和 ヴ ィ ヴ ァ ン 教 授 と の 研 究 会 に お け る 議 論 の 概 要 フ ラ ン ス と ヨ ー ロ ッ パ の 法 改 革 案 に お け る コ ー ズ (cause) と 原 因 な き 利 得 (enrichissement ・ ジ ュ デ ィ ッ ト ・ ロ シ ュ フ ェ ル ド ( 著 ) , 荻 野 奈 緒 ( 訳 ) sans cause ) 荻 野 奈 緒 , 松 岡 久 和 ロ シ ュ フ ェ ル ド 教 授 と の 質 疑 応 答 《 判 例 批 評 , 判 例 紹 介 , 労 働 ・ 社 会 保 障 判 例 紹 介 , 家 事 裁 判 例 紹 介 ほ か 》 新 聞 ・ 雑 誌 広 告 の ご 案 内 小 社 の 刊 行 物 に つ き ま し て は , 毎 月 の 新 刊 書 を 中 心 と し て 以 下 の よ う な 新 聞 お よ び 雑 誌 広 告 を 行 っ て お り ま す 。 ご 利 用 く だ さ い 。 [ 新 聞 広 告 ] * 朝 日 新 聞 毎 月 2 日 付 朝 刊 ( 但 し 1 月 ・ 8 月 は 除 く ) 第 2 面 下 の 全 5 段 で 新 刊 を ご 案 内 。 * 毎 日 新 聞 毎 月 月 末 の 朝 刊 第 1 面 の 3 段 8 割 で 新 刊 書 の ご 案 内 。 * 日 本 経 済 新 聞 毎 月 2 回 , 朝 刊 第 1 面 の 3 段 8 割 で 新 刊 書 の ご 案 内 。 毎 月 12 日 は 3 段 6 割 で 雑 誌 「 ジ ュ リ ス ト 」 最 新 号 の 内 容 紹 介 。 以 上 3 紙 の ほ か 不 定 期 で 読 売 新 聞 に , ま た 北 海 道 新 聞 , 中 日 新 聞 , 西 日 本 新 聞 の プ ロ ッ ク 紙 , 東 京 新 聞 , 静 岡 新 聞 , 新 潟 日 報 , 京 都 新 聞 , 神 戸 新 聞 , 山 陽 新 聞 , 中 国 新 聞 , 熊 本 日 日 新 聞 , 愛 媛 新 聞 等 の 地 方 紙 に も 3 段 8 割 で 新 刊 書 を 紹 介 。 [ 雑 誌 広 告 ] * 法 律 雑 誌 法 律 時 報 , 法 曹 時 報 , 法 律 の ひ ろ ば , 法 学 セ ミ ナ ー , 受 験 新 報 , 季 刊 労 働 法 ( 以 上 毎 号 ) , 判 例 時 報 ( 隔 月 1 回 ) な ど 。 * 経 済 雑 誌 経 済 セ ミ ナ ー ( 毎 号 ) , ェ コ ノ ミ ス ト ( 毎 月 1 回 ) , 週 刊 東 洋 経 済 ( 2 月 ・ 9 月 除 く 毎 月 1 回 ) , な ど 。 77 ( 5 月 下 旬 発 売 予 定 ) ( 5 月 1 日 発 売 予 定 )

書斎の窓 2012年5月号


学 習 ・ 研 究 ・ 実 務 に 好 評 の 辞 典 ( 好 評 * 発 売 中 ) 定 評 あ る 法 律 辞 典 の 最 高 峰 。 会 社 法 の 制 定 , 民 法 改 正 に 対 応 ! 法 律 学 小 辞 典 疆 編 集 代 表 = 金 子 宏 ・ 新 堂 幸 司 ・ 平 井 宜 雄 総 項 目 数 8 , 300 四 六 判 4 , 620 円 ISBN978 ー 4 ー 1 ー ・ ( Ⅱ ) 27 ー 8 1 最 高 の 編 集 ・ 執 筆 陣 に よ る 信 頼 と 充 実 の 辞 典 。 学 習 に , 実 務 に , 資 格 試 験 に , 基 本 の 学 習 か ら 総 合 的 理 解 ま で , 広 く 利 用 で き る 。 2 会 社 法 の 制 定 , 民 法 改 正 , 総 合 法 律 支 援 法 , 新 信 託 法 , 新 不 動 産 登 去 学 4 、 リ 記 法 , 新 破 産 法 , 裁 判 員 法 , 法 適 用 通 則 法 , 労 働 契 約 法 , 障 害 者 自 立 支 援 法 , 金 融 商 品 取 引 法 ほ か , 多 数 の 重 要 な 立 法 に 対 応 。 3 解 説 の 根 拠 と な る 法 令 ・ 判 例 ・ 学 説 を 豊 富 に 引 用 。 目 的 の 項 目 に 素 早 く ア ク セ ス し , ま た 関 連 項 目 も 引 け る よ う リ フ ァ レ ン ス 機 能 が 充 実 。 さ ら に 項 目 解 説 中 の キ ー ワ ー ド か ら も 引 け る 「 総 合 索 引 」 の ほ か , 「 判 例 年 月 日 索 引 」 「 外 国 人 名 索 引 」 も 掲 載 。 4 条 文 理 解 の 基 礎 と な る 「 基 本 法 令 用 語 」 を 巻 末 に 収 録 。 「 及 び ・ 並 び に 」 「 施 行 ・ 適 用 」 の 区 別 , 「 当 分 の 間 」 「 限 り 」 「 認 め る 」 の 意 味 等 を , 多 数 の 用 例 を 示 し て 解 説 。 5 司 法 支 援 セ ン タ ー ( 法 テ ラ ス ) の 設 置 や 裁 判 員 制 度 の 開 始 な ど , 市 民 と 法 律 の 関 わ り が ま す ま す 強 く な る 中 , 家 庭 常 備 の 小 型 法 律 百 科 第 4 第 補 訂 版 第 第 代 を 金 ま 、 新 第 幸 可 、 平 井 立 第 辞 典 と し て も 極 め て 有 用 。 使 え る 雑 誌 ジ ュ リ ス ト 定 期 購 読 が お 得 で す ! 考 え る 雑 誌 謳 究 シ ュ リ ス ト 定 期 購 読 の お す す め 毎 号 確 実 に ご 入 手 し て い た だ く た め に 定 期 購 読 を お す す め し ま す 。 月 刊 『 ジ ュ リ ス ト 』 定 価 \ 1400 / 毎 月 25 日 発 売 1 年 《 13 冊 》 \ 15 , 600 円 2 年 《 26 冊 ト \ 29 , 900 円 5 ・ 8 ・ 1 1 ・ 2 月 季 刊 『 論 究 ジ ュ リ ス ト 定 価 ¥ 2.800 / 1 0 日 発 売 1 年 《 4 冊 》 ~ \ 8 , 800 円 2 年 《 8 冊 》 ラ \ 1 7 , 200 円 月 刊 「 ジ ュ リ ス ト 』 + 季 刊 『 論 究 ジ ュ リ ス ト 』 1 年 《 17 冊 》 \ 23 , 800 円 2 年 《 34 冊 》 \ 45 , 900 円 期 間 一 料 金 一 割 引 率 21 % OFF 24 % OFF 期 間 一 料 金 割 引 率 21 %OFF 23 % OFF 一 割 引 率 23 % OFF 26 % OFF 期 間 一 料 金 郵 便 振 込 み で 、 開 始 希 望 号 数 ・ お 名 前 ( フ リ ガ ナ ) ・ ご 住 所 ・ 電 話 番 号 を ご 記 入 の う え , 下 記 あ て 先 に ご 入 金 下 さ い 。 口 座 番 号 = 00160-9-370 / 加 入 者 名 「 株 式 会 社 有 斐 閣 」 有 斐 閣 サ ー ビ ス セ ン タ ー 「 定 期 購 読 」 係 【 お 問 し 、 合 わ せ 】 電 話 : 048-465-8321 / FAX : 048-465-8300 / e - ma ⅱ : [email protected] ☆ 詳 細 は , 弊 社 ホ ー ム ペ ー ジ ( h ゆ : / / www.yuhikaku.8.jp) を ご 覧 下 さ い 。 79

書斎の窓 2012年5月号


2012. 発 売 4 月 28 日 B5 判 NO 380 定 価 1 ,400 円 ( 税 込 ) 巻 頭 言 「 ミ ジ ン コ の DVD 」 ・ 交 告 尚 史 論 公 法 訴 訟 ・ 中 川 丈 久 [ 第 : ] 法 学 へ の ア プ ロ ー チ Ⅱ 座 事 例 か ら 考 え る 民 法 ・ 田 高 寛 貴 I 民 法 ・ 岡 孝 Ⅱ 商 法 ・ 小 林 量 例 」 Ⅲ 民 事 訴 訟 法 ・ 田 邊 誠 講 会 社 法 重 要 判 例 を ひ も と く ・ 北 村 雅 史 Ⅳ 労 働 法 ・ 水 町 勇 一 郎 座 V 知 財 法 ・ 横 山 久 芳 環 境 法 入 門 ・ 北 村 喜 宣 時 投 票 価 値 の 較 差 を 理 由 と す る 選 挙 無 効 判 開 〔 新 連 載 〕 刑 事 裁 判 実 務 講 座 決 の 帰 結 ・ 長 谷 部 恭 男 講 ・ 下 津 健 司 = 江 口 和 伸 憲 法 学 再 入 門 ・ 西 村 裕 一 比 較 で 学 ぶ 知 的 財 産 法 ・ 島 並 良 基 行 政 法 を 学 ぶ ・ 曽 和 俊 文 礎 ロ ー ド マ ッ プ ・ 契 約 法 ・ 山 下 純 司 憲 法 ・ 松 本 和 彦 民 訴 法 ・ 越 山 和 広 演 ゼ ロ か ら ス タ ー ト ☆ 刑 法 " 超 " 入 門 行 政 法 ・ 室 井 敬 司 刑 法 ・ 和 田 俊 憲 講 ・ 井 田 良 民 法 ・ 丸 山 絵 美 子 刑 訴 法 ・ 川 出 敏 裕 座 刑 法 の 道 し る べ ・ 塩 見 淳 習 刑 事 手 続 法 を 学 ぶ ・ 酒 巻 匡 商 法 ・ 田 澤 元 章 UP-TO-DATE に 法 学 理 論 を 学 ぶ // 宀 宀 HOGAKU KYOSHITSU ー 発 売 4 月 25 日 B5 判 No. 1441 5 月 号 定 価 1 , 400 円 ( 税 込 ) 特 集 ・ 企 業 経 営 と 人 事 管 理 の こ れ か ら 個 別 労 働 紛 争 賃 金 ・ 評 価 の 公 平 性 野 瀬 正 治 高 橋 潔 定 年 ・ 高 齢 者 雇 用 ・ ・ ・ く 対 談 〉 こ れ か ら の 人 事 管 理 - ー ー HRM と ・ ・ ・ 高 木 朋 代 退 職 ・ 雇 用 調 整 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 守 島 基 博 = 大 内 伸 哉 ・ ・ ・ ・ 廣 石 忠 司 労 働 法 の 対 話 ・ ・ 非 正 規 雇 用 島 貫 智 行 く 連 載 〉 最 高 裁 時 の 判 例 / 会 社 法 判 例 速 報 / 独 禁 法 事 例 速 報 / 知 財 判 例 速 報 / 租 税 判 例 速 報 債 権 法 改 正 の 争 点 ⑩ ・ 完 「 役 務 提 供 契 約 」 板 垣 修 司 = 水 野 博 章 / 《 特 別 イ ン タ ビ ュ ー 》 TOP RUNNER ⑤ 池 本 誠 司 / 水 口 洋 介 / 丸 山 絵 美 子 竹 島 一 彦 担 保 ・ 執 行 ・ 倒 産 の 現 在 ⑤ lnformation Lounge 「 税 務 手 続 の 整 備 に つ 「 証 券 化 と 倒 産 申 立 禁 止 特 約 ・ 責 任 財 産 い て 」 小 幡 純 子 ・ ・ ・ 後 藤 出 限 定 特 約 」 ・ ・ * ジ ュ リ ス ト は , 月 刊 「 ジ ュ リ ス ト 」 と 季 刊 「 論 特 許 法 の フ ロ ン テ ィ ア ⑤ 「 冒 認 」 ・ ・ ・ 飯 田 圭 究 ジ ュ リ ス ト 」 と し て リ ニ ュ ー ア ル い た し ま し た 。 「 論 究 ジ ュ リ ス ト 」 創 刊 号 ( 2012 年 春 号 ) 海 外 法 律 実 務 便 り 「 ベ ト ナ ム 労 働 法 を め ぐ は , 5 月 刊 行 と な り ま す 。 詳 細 は , 小 社 HP 古 角 和 義 る 動 き 」 (http:〃www.yuhikaku.co.jp/) を ご 覧 下 さ い 。 80

書斎の窓 2012年5月号


" ュ リ ス ト * 法 律 学 究 誌 「 論 究 ジ ュ リ ス ト 」 っ い に 創 刊 . 創 刊 号 く 2012 年 舂 号 〉 憲 法 最 高 裁 判 例 を 読 み 直 す ジ ュ リ ス ト 増 刊 B5 判 並 製 240 頁 ・ 2 , 800 円 978 ー 4 一 641-21300-5 ( 5 月 上 旬 発 売 ) ☆ 季 刊 「 論 究 ジ ュ リ ス ト 」 と は ? ☆ 幅 広 い 法 分 野 ・ 法 事 象 を 対 象 に 核 心 に せ ま る 理 論 考 察 を 行 う 法 律 学 究 誌 と し て デ ビ ュ ー 。 重 厚 な 特 集 と 学 術 研 究 欄 を 中 心 に , よ り 高 度 な 法 知 識 の 理 解 と 獲 得 に 向 け た , 資 料 性 の 高 い 1 冊 を 目 指 し ま す 。 「 特 集 ・ 憲 法 最 高 裁 判 例 を 読 み 直 す 」 で は , 「 三 菱 樹 脂 事 件 判 決 」 「 国 籍 法 違 憲 判 決 」 等 重 要 最 高 裁 判 例 を 読 み 直 し , 最 高 裁 判 所 に お け る 憲 法 判 例 の 解 釈 を 今 一 度 掘 り 下 げ ま す 。 「 く 研 究 会 〉 家 事 事 件 手 続 法 」 「 刑 事 政 策 研 究 会 」 と , 学 術 研 究 欄 も ま す ま す 充 実 。 法 律 学 の 指 針 と し て , 第 1 歩 を 踏 み 出 し ま す 。 長 谷 部 恭 男 lntroduction 笹 田 栄 司 警 察 予 備 隊 違 憲 訴 訟 猿 払 事 件 判 決 阪 ロ 正 二 郎 名 古 屋 中 郵 事 件 判 決 ・ 中 島 徹 三 菱 樹 脂 事 件 判 決 ・ ・ ・ ・ 君 塚 正 臣 投 票 価 値 の 平 等 ・ ・ ・ 宍 戸 常 寿 北 方 ジ ャ ー ナ ル 事 件 判 決 ・ ・ ・ 山 口 い っ 子 森 林 法 事 件 判 決 ・ ・ ・ ・ 松 本 哲 治 南 九 州 税 理 士 会 事 件 判 決 ・ ・ ・ ・ ・ 西 原 博 史 郵 便 法 違 憲 判 決 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 安 西 文 雄 在 外 邦 人 選 挙 権 訴 訟 毛 利 透 広 島 市 暴 走 族 条 例 事 件 判 決 ・ ・ ・ ・ 青 井 未 帆 国 籍 法 違 憲 判 決 常 本 照 樹 日 の 丸 ・ 君 カ 玳 訴 訟 ・ 渡 辺 康 行 住 基 ネ ッ ト 訴 訟 ・ ・ ・ ・ 小 山 剛 空 知 太 神 社 訴 訟 井 上 典 之 憲 法 訴 訟 論 と は 何 だ っ た か , こ れ か ら 何 で あ り 得 る 安 念 潤 司 の カ ・ ・ ・ 高 田 裕 成 ・ 山 本 克 己 ほ か 川 出 敏 裕 ・ 佐 伯 仁 志 ほ か 2 ( 2 み こ 第 論 究 【 連 載 】 く 研 究 会 〉 家 事 事 件 手 続 法 ・ ・ ・ 刑 事 政 策 研 究 会 租 税 法 研 究 / 刑 事 判 例 研 究 有 第 78

書斎の窓 2012年5月号


化 と 感 情 か ら 解 き 明 か す 社 会 心 理 学 』 を ぜ 編 集 後 記 ひ お 読 み く だ さ い 。 先 般 、 高 見 勝 利 先 生 か ら 岩 波 書 店 か ら 上 梓 さ れ た 『 政 治 の 混 迷 と 憲 法 』 を ご 恵 雑 誌 編 集 室 か ら : ・ 贈 頂 き ま し た 。 こ の 本 に は 、 先 生 が 小 誌 五 九 三 号 か ら 今 年 は 春 の 訪 れ が 遅 か っ た で す が 、 早 く も 一 〇 回 に わ た り 連 載 さ れ た 「 巻 頭 言 ・ 憲 新 緑 の 季 節 を 迎 え よ う と し て い ま す 。 経 済 ・ 人 文 書 編 集 室 か ら : ・ 法 春 秋 」 が 収 め ら れ て い ま す 。 一 月 号 よ り 生 ま れ 変 わ っ た ジ ュ リ ス ト 。 五 当 初 、 こ の 連 載 を 先 生 に お 願 い 申 し 上 政 治 ・ 経 済 ・ 社 会 全 般 に 不 透 明 感 が 覆 い 続 月 に は 、 季 刊 一 一 〇 一 二 年 春 号 論 究 ジ ュ リ ス ト げ た の は 、 ① 小 社 で 看 板 的 テ キ ス ト か ら け て い ま す 。 解 決 す る 手 段 は な い の で し よ う か 創 刊 さ れ ま す 。 第 一 号 の 特 集 は 、 「 憲 法 最 コ ン メ ン タ ー ル ま で お 書 き に な ら れ て い か 。 そ の 打 開 策 を 学 問 的 知 見 に 基 づ い て 示 す 高 裁 判 例 を 読 み 直 す 」 で す 。 る 、 ② 宮 沢 憲 法 学 ・ 芦 部 憲 法 学 の 「 語 り 「 叡 知 の 結 晶 」 が 書 籍 で あ る と も い え ま す 。 ロ ー ス ク ー ル 制 度 が 発 足 八 年 が 経 過 し 、 最 部 」 で あ ら れ る 、 ③ お 書 き に な っ た も の に 法 律 家 の 文 章 に し て は 何 か ぬ く も り の を 中 心 に 、 世 界 は 大 き な 変 革 期 を 迎 え 高 裁 判 例 に 対 す る 学 界 の 対 応 、 読 み 方 に も 変 よ う な も の が 感 じ ら れ る 、 ④ そ し て 何 よ ヾ レ ・ エ コ ノ ミ ー て い ま す 。 『 グ ロ ー ( 第 3 化 が 出 て き た よ う に 感 じ ら れ ま す 。 そ こ で 、 り も ご 執 筆 が 早 い 、 と い う こ と で し た 。 版 ) 』 は そ の 動 向 を 捉 え る 視 座 を 提 供 し ま す 。 重 要 と さ れ る 先 例 の 読 み 方 ・ 位 置 づ け に 変 化 し か し 、 い ざ 連 載 が 始 ま る と 先 生 の ご 仕 事 を め ぐ っ て も 、 大 き な 変 動 が 起 き て い か な い か 、 そ し て 今 後 の 最 高 裁 の 動 向 に 何 を 校 正 は 三 校 に ま で お よ び 、 そ の た び に ゲ ま す 。 そ の 実 態 を つ か む た め に は 『 労 働 経 済 指 し 示 す の か を 、 一 五 の 最 高 裁 判 例 を 題 材 に ラ は 真 っ 赤 に な っ て 返 っ て き ま し た 。 そ 学 入 門 ( 新 版 ) 』 『 仕 事 の 社 会 学 ( 改 訂 版 ) 』 分 析 ・ 解 説 い た だ い て お り ま す 。 是 非 ご 一 読 れ ほ ど ま で に 、 先 生 は 推 敲 に 推 敲 を 重 ね く だ さ い 。 が お 薦 め で す 。 ら れ 、 一 字 一 句 に ま で 気 配 り を さ れ ま し 不 透 明 感 に 企 業 も 覆 わ れ て い ま す 。 世 界 を 法 学 教 室 は 今 年 も 統 一 の 特 集 テ ー マ で 企 画 こ 。 巻 頭 言 は わ ず か 一 頁 、 字 数 に し て わ リ ー ド し て い た 日 本 の 家 電 メ ー カ ー も 苦 戦 し を 進 め ま す 。 四 月 号 ・ 五 月 号 は 入 門 編 「 法 学 ず か 一 五 〇 〇 字 に す ぎ ま せ ん が 、 一 本 の へ の ア プ ロ ー チ — ・ Ⅱ 」 。 身 近 な ト ピ ッ ク が 、 て い ま す 。 こ の 閉 塞 状 況 を 乗 り 越 え る た め に 論 文 が 書 け る ほ ど の ご 苦 労 で し た 。 欠 か せ な い 革 新 と 戦 略 を 『 イ ノ ベ ー シ ョ ン の ど の 分 野 の 法 律 問 題 な の か 、 法 律 の 当 て は め そ の 労 作 を 、 小 社 か ら 刊 行 で き な か っ 理 由 』 『 ダ イ ナ ミ ッ ク 競 争 戦 略 論 ・ 入 門 』 が 方 、 そ の 法 律 の 全 体 像 へ と ア プ ロ ー チ し て い た の は 返 す 返 す も 残 念 で し た が 、 先 生 の 教 え て く れ ま す 。 デ フ レ 下 で 物 が 売 れ な い 時 た だ き ま す 。 ま た 、 七 月 号 か ら は 判 例 を 素 材 憲 法 に 対 す る 姿 勢 と お 考 え が 広 く 世 に 広 5 代 も 続 い て い ま す が 、 『 マ ー ケ テ ィ ン グ を つ に 基 本 七 法 を 特 集 し て 参 り ま す 。 ト ッ プ を 飾 ま る の は 誠 に 嬉 し い か ぎ り で す 。 と も あ れ 、 高 見 先 生 の 「 こ の 国 で 憲 法 か む 』 『 消 費 者 行 動 論 』 『 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ コ る の は 民 法 で す 。 「 民 法 に お け る 判 例 法 に 拠 る 政 治 を 定 着 さ せ た い 」 と の 熱 意 に ン セ プ ト を 問 い 直 す 』 は 、 い ま 何 を す べ き な 判 例 群 か ら の ア プ ロ ー チ 」 と し て 過 払 金 訴 訟 注 目 さ れ 、 一 冊 を も の に さ れ た 岩 波 書 店 の か に つ い て 鋭 い 知 見 を 与 え て く れ ま す 。 等 三 つ の 判 例 群 に つ い て 詳 細 な 解 説 を 展 開 し 編 集 部 の ・ — さ ん に 心 か ら 敬 意 を 表 さ 斎 現 在 の 時 代 状 況 を と ら え る た め に は 、 人 間 て い た だ き ま す 。 楽 し み に お 待 ち く だ さ い 。 せ て 頂 き ま す 。 (o) 書 の 社 会 的 行 動 を 考 え る 必 要 が あ り ま す 。 『 進 * 編 集 . の 窓

書斎の窓 2012年5月号


ISBN 書 名 2012 年 4 月 の 新 刊 編 著 者 ( 小 社 の ISBN の 出 版 者 コ ー ド は 「 978 ー 4-641 」 で す ) 12468 ー 4 環 境 法 入 門 〔 第 2 版 〕 交 告 尚 史 ・ 臼 杵 知 史 ・ 前 田 陽 ー ・ 黒 川 哲 志 著 12474 ー 5 現 代 刑 法 入 門 〔 第 3 版 〕 浅 田 和 茂 ・ 内 田 博 文 ・ 上 田 寛 ・ 松 宮 孝 明 著 12462 ー 2 知 的 財 産 法 〔 第 6 版 〕 角 田 政 芳 ・ 辰 巳 直 彦 著 岩 本 武 和 ・ 奥 和 義 ・ 小 倉 明 浩 ・ 12461 ー 5 グ ロ ー バ ル ・ エ コ ノ ミ ー 〔 第 3 版 〕 河 﨑 信 樹 ・ 金 早 雪 ・ 星 野 郁 著 12469 ー 1 環 境 経 営 ・ 会 計 〔 第 2 版 〕 國 部 克 彦 ・ 伊 坪 徳 宏 ・ 水 口 剛 著 12466 ー 0 進 化 と 感 情 か ら 解 き 明 か す 社 会 心 理 学 北 村 英 哉 ・ 大 坪 庸 介 著 11280 ー 3 行 政 法 入 門 〔 第 9 版 〕 今 村 成 和 著 ・ 畠 山 武 道 補 訂 野 村 豊 弘 ・ 栗 田 哲 男 ・ 15937-2 民 法 Ⅲ 債 権 総 論 〔 第 3 版 補 打 〕 ロ 池 田 真 朗 ・ 永 田 眞 三 郎 著 15938-9 民 事 訴 訟 法 〔 第 6 版 補 訂 〕 上 原 敏 夫 ・ 池 田 辰 夫 ・ 山 本 和 彦 著 28129 ー 5 よ く わ か る 税 法 入 門 〔 第 6 版 〕 三 木 義 一 編 著 28127 ー 1 中 学 ・ 高 校 教 師 に な る た め の 教 育 心 理 学 〔 第 3 版 〕 心 理 科 学 研 究 会 編 18404 ー 6 判 例 法 学 〔 第 5 版 〕 西 村 健 一 郎 ・ 西 井 正 弘 ・ 初 宿 正 典 執 筆 代 表 18402 ー 2 ョ ー ロ ッ ノ ヾ の 政 治 経 済 ・ 入 門 森 井 裕 一 編 17717 ー 8 マ ー ケ テ ィ ン グ を つ か む 黒 岩 健 一 郎 ・ 水 越 康 介 著 12552 ー 0 最 高 裁 回 想 録 藤 田 宙 靖 著 13623 一 6 民 事 裁 判 入 門 〔 第 3 版 補 訂 版 〕 中 野 貞 一 郎 著 14435-4 知 的 財 産 権 法 概 論 〔 第 3 版 〕 紋 谷 暢 男 著 04659 ー 7 国 際 関 係 私 法 入 門 〔 第 3 版 〕 松 岡 博 編 16397-3 ひ た す ら 読 む 工 コ ノ ミ ク ス 伊 藤 秀 史 著 16396 ー 6 ダ イ ナ ミ ッ ク 競 争 戦 略 論 ・ 入 門 河 合 忠 彦 著 13108-8 憲 法 訴 訟 の 現 状 分 析 戸 松 秀 典 ・ 野 坂 泰 司 編 13120 ー 0 教 育 の 国 家 責 任 と ナ シ ョ ナ ル ・ ミ ニ マ ム 日 本 教 育 法 学 会 編 11586-6 平 成 23 年 度 重 要 判 例 解 説 11509 ー 5 特 許 判 例 百 選 〔 第 4 版 〕 中 山 信 弘 ・ 大 渕 哲 也 ・ 小 泉 直 樹 ・ 田 村 善 之 編 13620 ー 5 会 社 法 事 例 演 習 教 材 〔 第 2 版 〕 前 田 雅 弘 ・ 洲 崎 博 史 ・ 北 村 雅 史 著 13123 ー 1 行 政 法 事 例 演 習 教 材 〔 第 2 版 〕 高 木 光 ・ 高 橋 滋 ・ 人 見 剛 著 16394 ー 2 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ コ ン セ プ ト を 問 い 直 す 栗 木 契 著 16385 ー 0 ハ イ テ ク 産 業 を 創 る 地 域 工 コ シ ス テ ム 佐 分 利 応 貴 ・ 若 林 直 樹 ・ 金 井 一 賴 著 西 澤 昭 夫 ・ 忽 那 憲 治 ・ 樋 原 伸 彦 ・ 1443 ト 6 意 匠 法 茶 園 成 樹 編 14437 ー 8 労 働 の 正 義 を 考 え よ う 大 内 伸 哉 著 13622 ー 9 ひ と り で 学 ぶ 民 法 〔 第 2 版 〕 山 野 目 章 夫 ・ 横 山 美 夏 ・ 山 下 純 司 著 13116 ー 3 行 政 法 宇 賀 克 也 著 北 村 喜 宣 ・ 中 川 丈 久 編 13114-9 行 政 法 学 の 未 来 に 向 け て 一 部 泰 隆 先 生 古 稀 記 念 高 木 光 ・ 交 告 尚 史 ・ 占 部 裕 典 ・ 71 29945 ー 0 社 会 と 調 査 第 8 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 判 型 ・ シ リ ー ズ ア ル マ B ア ル マ B ア ノ レ マ S ア ル マ S ア ル マ S ア ル マ S 双 書 S シ リ ー ズ S シ リ ー ズ 選 書 選 書 ブ ッ ク ス ブ ッ ク ス い 印 は 予 価 , 4 月 6 日 現 在 ) 定 価 ( 税 込 ) テ キ ス ト ブ ッ ク ス [ っ 力 も ] 日 本 教 育 法 学 会 年 報 41 ジ ュ リ ス ト 臨 増 1440 別 冊 ジ ュ リ ス ト 209 B5 変 型 B5 変 型 A5 判 A5 判 A5 判 A5 判 A5 判 A5 判 A5 判 A5 判 四 六 判 四 六 判 四 六 判 四 六 判 四 六 判 四 六 判 書 斎 の 窓 単 行 本 1 , 995 2 , 100 2 , 940 2 , 520 2 , 520 1 , 995 1 , 995 1 , 785 1 , 785 2 , 205 1 , 995 2 , 520 2 , 625 * 2 , 100 3 , 990 2 , 310 3 , 255 2 , 520 1 , 680 2 , 520 6 , 300 15 , 750 3 , 150 2 , 730 * 3 , 780 3 , 150 * 3 , 360 * 3 , 150 2 , 730 3 , 045 2 , 520 3 , 000 4 , 200 1 , 260 2 2. 5

書斎の窓 2012年5月号


無 の 窓 No. 614 2 012 年 5 月 号 《 目 次 》 ・ : 野 家 啓 一 表 Ⅱ 東 北 の 地 か ら ② 災 害 ュ ー ト ピ ア : 法 律 学 全 集 刊 行 記 念 ⑤ 民 法 解 釈 学 の 発 展 と 複 線 化 ・ : 淡 路 剛 久 2 憲 法 を ど う 語 る か 安 西 文 雄 『 憲 法 学 読 本 』 の 刊 行 に よ せ て ・ : 三 木 義 一 法 人 税 だ っ て 法 律 で あ る ! 民 法 の 初 学 者 に 向 け て 『 は じ め て 学 ぶ 民 法 』 を 刊 行 し て リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 ⑩ ・ : 杉 原 高 嶺 近 代 国 際 法 と ヴ ァ ッ テ ル の 評 価 大 き な 政 治 変 動 に 刺 激 さ れ て ・ : 山 尾 大 『 現 代 イ ラ ク の イ ス ラ ー ム 主 義 運 動 』 刊 行 に よ せ て 中 国 を 歩 く 、 世 界 を み る ④ 世 界 の 「 斜 都 」 ・ 日 本 編 : : : 丸 川 知 雄 ソ ー シ ャ ル ・ ネ ッ ト ワ ー ク 、 組 織 と 戦 略 に つ い て : ・ 中 野 勉 地 域 を 経 営 す る と い う 視 点 ・ : 古 川 一 郎 『 地 域 活 性 化 の マ ー ケ テ ィ ン グ 』 の 発 刊 に 寄 せ て ・ : 関 口 礼 子 カ ナ ダ に お け る 生 殖 医 療 レ ポ ー ト ② 住 宅 は 社 会 政 策 の 対 象 た り う る か . ・ : 武 川 正 吾 『 居 住 福 祉 学 』 の 刊 行 に 寄 せ て デ ィ シ プ リ ン と し て の 社 会 福 祉 学 ? ・ : 平 岡 公 一 『 社 会 福 祉 学 』 を 上 梓 し て ・ : 若 狭 徹 考 古 学 と 社 会 ④ 考 古 学 か ら み た 古 代 の 馬 生 産 ・ 児 童 文 学 の 宗 教 的 ロ ジ ッ ク ② 消 え た プ ル カ ニ ロ 博 士 : ・ 中 村 圭 志 宮 沢 賢 治 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 ( 一 l) 学 会 誌 紹 介 : 編 集 室 の 窓 : 尨 新 刊 案 内 ( 5 月 ) ・ : 巻 末 〔 表 紙 〕 デ ザ イ ン ⅱ 神 田 程 史 16 11 6 59 54 49 45

書斎の窓 2012年5月号


〈 資 料 〉 〈 紹 介 〉 Norms of lnternational Law 河 野 俊 行 編 『 知 的 財 産 権 と 渉 外 民 海 岸 法 三 七 条 の 四 の 一 般 公 共 海 岸 区 William SCHABAS 事 訴 訟 』 樋 爪 誠 域 の 占 用 の 不 許 可 処 分 が 裁 量 権 の 山 本 健 著 『 同 盟 外 交 の 力 学 ョ 踰 越 ・ 濫 用 が あ っ た と し て 違 法 と Transitional Justice, Peacebuild- ロ ツ 。 ハ ・ デ タ ン ト の 国 際 政 治 史 さ れ た 事 例 公 法 研 究 会 ing, and lnternational Law ・ 1968 ー 1973 』 宮 脇 昇 What Role is Played by the UN in ( 京 都 大 學 法 學 會 発 行 、 定 価 九 〇 〇 円 ) 鈴 木 一 人 著 『 宇 宙 開 発 と 国 際 政 治 』 Post-confIict PeacebuiIding 7 Tetsuo SATO 栗 山 育 子 立 教 法 学 第 号 ( 国 際 法 学 会 発 行 、 定 価 一 一 五 〇 〇 円 ) 〈 論 説 〉 判 例 研 究 ・ 国 際 司 法 裁 判 所 ー ー ー ジ ェ 訴 外 会 社 が 負 担 し た 遺 産 分 割 に 係 る ノ サ イ ド 条 約 適 用 事 件 ( ク ロ ア チ 代 償 金 は 納 税 者 の 一 時 所 得 に な る 法 學 論 叢 第 巻 第 5 号 ア 対 セ ル ビ ア ) ( 先 決 的 抗 弁 判 決 ・ 二 〈 論 説 〉 と し た 東 京 高 判 平 成 一 一 〇 年 四 月 一 一 〇 〇 八 年 一 一 月 一 八 日 ) 刑 事 手 続 に お け る プ ラ イ バ シ ー 保 護 二 日 の 評 釈 補 遺 浅 妻 章 如 国 際 司 法 裁 判 所 判 例 研 究 会 ( 一 I) ー ー ー 熟 議 に よ る 適 正 手 続 の 実 現 被 害 者 の 同 意 の 体 系 的 位 置 づ け を 目 指 し て 国 連 国 際 法 委 員 会 第 亠 ハ 一 一 一 会 期 の 審 議 稻 谷 龍 彦 小 林 憲 太 郎 国 際 法 委 員 会 研 究 会 不 法 行 為 法 に お け る 法 的 評 価 の 構 造 概 要 イ ギ リ ス 信 託 法 を 支 え る も の 国 内 ヨ ー ロ ッ パ 不 法 行 の 改 革 と 国 際 的 変 革 と と 方 法 ( 四 ) 溜 箭 将 之 為 法 原 則 と 動 的 シ ス テ ム 坂 元 茂 樹 編 『 藤 田 久 一 先 生 古 稀 記 法 文 化 論 序 説 ( 四 ) 池 田 政 章 論 を 手 が か り と し て 念 国 際 立 法 の 最 前 線 』 岡 田 泉 山 本 周 平 優 越 的 地 位 の 濫 用 ( 一 ) 韓 都 律 阿 部 達 也 著 『 大 量 破 壊 兵 器 と 国 際 中 国 に お け る 農 民 の 土 地 に 対 す る 権 ニ ク ソ ン キ ッ シ ン ジ ャ ー 外 交 と 南 法 国 家 と 国 際 監 視 機 関 の 協 働 を 通 ア ジ ア 1969571 年 ー ー ー 「 傾 斜 政 策 」 利 ( 一 ) ー ー ・ 「 城 郷 一 一 元 構 造 」 及 び そ の 構 造 の 打 破 ー ー 再 考 じ た 現 代 的 国 際 法 実 現 プ ロ セ ス 』 李 永 燃 溝 ロ 聡 森 田 章 夫 考 満 と 考 察 ( 一 ) ー ー 清 代 中 国 文 官 監 ( 立 教 法 学 会 発 行 、 定 価 三 四 〇 〇 円 ) 督 制 度 の 一 端 ー ー ー 魏 敏 Erik Koppe, The Use 0 、 ~ 一 r 国 際 難 民 制 度 の 成 立 と 変 容 ( 一 ) Wea. で 0 s 0 d the Protection 0 、 国 家 ・ 制 度 間 関 係 に 着 目 し て the E ro me d ユ g lnter- 中 山 裕 美 ミ ~ 0 ミ Armed CO 、 = ct 佐 々 木 浩 子 〈 判 例 研 究 〉 書 斎 の 窓 2072. 5

書斎の窓 2012年5月号


一 九 八 〇 年 代 に 三 浦 文 夫 氏 が の テ キ ス ト の 標 準 と い う も の が 見 い だ こ の よ う な 研 究 枠 組 み に 基 づ く 『 社 会 し が た い と い う 現 実 も あ る の で は な い だ ろ う か 。 い ま 思 い 返 し て み る と 、 四 福 祉 経 営 論 序 説 』 ( 一 九 八 〇 年 、 碩 文 社 ) 『 社 会 福 祉 政 策 研 究 』 ( 一 九 八 五 人 の 著 者 は 、 本 書 の 企 画 の 当 初 の 段 階 年 、 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 ) と い う テ キ か ら 、 新 た な 視 点 か ら の 問 題 提 起 を 行 ス ト を 刊 行 し て 、 そ の 後 の 研 究 の 展 開 う こ と で 、 社 会 福 祉 学 の テ キ ス ト の 新 こ よ 標 準 を 作 り 上 げ る た め の 基 盤 づ く に 大 き な 影 響 を 与 え 、 ま た 、 一 一 〇 〇 〇 オ オ 年 代 に 入 っ て か ら は 、 武 川 正 吾 氏 が 、 り に 貢 献 し た い と い う 問 題 意 識 を 共 有 し て い た よ う に 思 わ れ る の で あ る 。 社 会 政 策 (social policy) 全 体 を カ ー す る 『 福 祉 社 会 』 ( 二 〇 〇 一 年 、 有 斐 閣 ) と 題 し た テ キ ス ト を 、 同 様 の 方 針 で 執 筆 し て い る ( な お 二 〇 一 一 年 に は 同 書 の 新 版 が 刊 行 さ れ た ) 。 そ の 他 、 説 明 を 要 す る と 思 わ れ る 点 も 残 っ て い る が 、 紙 幅 が 尽 き て い る 。 社 会 福 祉 学 の テ キ ス ト と し て は 、 お よ そ 標 凖 的 な も の と は い え な い と い う の が 、 こ の 分 野 の 事 情 に 通 じ た 読 者 の 本 書 に 対 す る 評 価 で あ ろ う 。 し か し 、 か っ て は あ っ た か も し れ な い 社 会 福 祉 学 ( 1 ) 社 団 法 人 日 本 社 会 福 祉 教 育 学 校 連 盟 (http://www.jassw.jp/index.html 、 二 〇 一 二 年 三 月 一 三 日 ア ク セ ス ) の サ イ ト に 掲 載 さ れ て い る 会 員 名 簿 に よ る 。 ( 2 ) 日 本 学 術 振 興 会 「 平 成 一 一 三 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 基 盤 研 究 等 ) 細 目 別 新 規 応 募 ・ 採 択 件 数 一 覧 」 (http:// www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/ 2 7 —kdata/data/ 3 ・ 2 ・ 4. 区 f 、 一 一 〇 一 二 年 三 月 一 三 日 ア ク セ ス ) に よ る 。 ち な み に 、 「 細 目 」 と し て の 政 治 学 、 社 会 学 、 経 営 学 の 採 択 件 数 ( 全 種 目 合 計 ) は 、 そ れ ぞ れ 九 九 件 、 二 〇 九 件 、 二 〇 九 件 で あ っ た 。 ( 3 ) 筆 者 は 、 以 前 に 、 社 会 福 祉 学 の 枠 内 で の 研 究 と 、 そ の 枠 外 の 研 究 の 双 方 を 含 む 意 味 で 、 「 日 本 に お け る 社 会 福 祉 研 究 は 、 こ こ 一 〇 年 ほ ど の 間 、 量 的 に も 質 的 に も 際 だ っ た 発 展 が み ら れ た 学 問 領 域 の 一 つ で あ る 」 と 指 摘 し た こ と が あ る ( 平 岡 公 一 「 社 会 福 祉 研 究 の 過 去 、 現 在 、 未 来 」 『 学 術 の 動 向 』 四 月 号 、 一 一 〇 〇 八 年 、 六 六 5 六 七 頁 。 ( 4 ) デ ィ シ プ リ ン と し て の 社 会 福 祉 学 と い う 観 点 で 書 か れ た 理 論 書 ・ 概 説 書 と し て 近 年 刊 行 さ れ た も の の 中 で 代 表 的 な も の は 、 古 川 孝 順 『 社 会 福 祉 学 』 ( 誠 信 書 房 、 一 一 〇 〇 一 一 年 ) 、 お よ び 古 川 孝 順 『 社 会 福 祉 原 論 ( 第 2 版 ) 』 ( 誠 信 書 房 、 一 一 〇 〇 五 年 ) で あ る 。 ( 5 ) 岩 田 正 美 監 修 ・ 岩 崎 晋 也 編 集 『 リ デ ィ ン グ 日 本 の 社 会 福 祉 1 社 会 福 祉 と は な に か ー ー 理 論 と 展 開 』 ( 日 本 図 書 セ ン タ ー 、 二 〇 一 一 年 ) に は 、 こ の 論 争 に 関 連 す る 主 要 な 論 文 が 収 録 さ れ 、 そ の 論 争 を 含 む 戦 後 日 本 の 社 会 福 祉 学 の 理 論 的 展 開 を 手 際 よ く 整 理 し た 岩 崎 晋 也 氏 の 解 説 論 文 が 収 録 さ れ て い る 。 ( ひ ら お か ・ こ う い ち ⅱ お 茶 の 水 女 子 大 学 教 授 ) 書 斎 の 窓 2 似 2. 5