検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮45 2016年7月号 新潮社

新潮45 2016年7月号 新潮社から 259件ヒットしました。

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINLVS July 2016 148

新潮45 2016年7月号 新潮社


「 鳥 瞰 」 高 木 亮 新 潮 2016 年 7 月 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


い し 、 ま た 、 生 命 や 自 由 の 擁 護 と い う 人 だ か ら 、 今 日 、 必 要 な も の は 、 ま さ に か け が な さ れ て い た 時 代 で あ っ た 。 そ し 権 主 義 で も な い 。 た だ 、 「 人 間 と は 自 ら シ = ー マ ッ ハ ー が 述 べ た よ う に 、 価 値 の て 、 も し も 、 今 日 、 シ = ー マ ッ ハ ー が 新 の 営 為 の 音 味 を 問 う も の で あ る 」 と い う 、 観 点 か ら 経 済 学 の 理 論 を 相 対 化 す る よ う 鮮 に 響 く の だ と す れ ば 、 わ れ わ れ は 、 し ご く 当 た り 前 の 人 間 観 か ら 出 て く る も な 「 メ タ 経 済 学 」 な の で あ る 。 経 済 に 関 年 代 と 同 様 の 、 大 き な 社 会 的 な 転 換 点 に す る 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク ス ( 形 而 上 学 ) 」 さ し か か っ て い る こ と に な る の で あ ろ う 。 の で あ る 。 に も か か わ ら ず そ れ は 、 経 済 学 の よ う と い っ て も よ い 。 人 間 に と っ て 「 よ き こ の 「 反 ・ 幸 福 論 」 で 、 し ば ら く 、 そ の な ~ 科 学 か ら は で て こ な い の で あ る 。 生 」 と は い か な る も の か 、 「 よ き 仕 事 」 よ う な 問 い を 発 し て み た い 。 十 分 に 答 え む し ろ 、 的 学 問 は 時 と し て そ の 障 害 と は 、 「 よ き 物 的 生 活 」 と は 、 「 よ き 組 を 見 出 す こ と は 不 可 能 だ と し て も 、 ど こ に さ え な る 。 な ぜ な ら 、 ~ 科 学 は 、 事 織 」 と は 、 と い っ た 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク に 考 え る べ き 鬮 が あ る の か 。 ど う 考 え 実 と 価 値 の 分 離 を こ そ 最 大 の 身 元 証 明 に ス 」 ( の 問 い か け を 決 し て 怠 ら な い 経 済 る べ き な の か 。 読 者 の 皆 さ ん に も 投 げ か け て み た い と 思 う 。 使 い 、 そ の う え で 、 価 値 に つ い て は 咸 ~ 学 が 求 め ら れ て い る の で あ る 。 確 か に 、 E 年 代 と は 、 そ の よ う な 問 い し よ う と す る か ら で あ る 。 7 月 号 2016 第 35 巻 第 7 号 ・ 通 巻 第 411 号 平 成 28 年 7 月 18 日 発 行 ( 平 成 28 年 6 月 18 日 発 売 ) ( 禁 無 断 転 載 ) 定 価 880 円 編 集 兼 発 行 者 三 重 博 一 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 電 話 [ 編 集 ] 0 5266-5445 [ 営 業 ] 03 弓 266-5111 印 刷 者 北 島 義 俊 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 @2016 SHINCHOSHA Printed ⅲ Japan 来 月 8 月 号 は 、 7 月 19 日 発 売 で す 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINL S プ リ ニ ウ ズ お 似 合 い で す よ ′ フ = リ ク ス さ ん 一 見 え て き た ぞ ! 、 、 ヨ 2 マ ノ . / July 2016 166

新潮45 2016年7月号 新潮社


ジ ャ ー ナ リ ス ト 大 学 卒 業 後 、 出 版 社 を 経 て 取 材 記 者 と な 週 刊 ポ ス ト 、 週 刊 朝 日 な ど の 雑 誌 を 中 心 に 、 カ ル ト や 暴 力 団 、 警 察 の 裏 金 や 不 祥 事 の 内 幕 、 情 報 機 関 の 実 像 、 税 の 無 官 公 庁 デ ー タ ベ ー ス へ の 入 力 作 業 は 、 多 く が 中 国 で 行 わ れ て い る 駄 遣 い 、 天 下 り 問 題 な ど を レ ポ ー ト 。 ど ん な に 対 策 を 講 じ て も 、 そ の 現 場 か ら 情 報 は 洩 れ て い く の た い こ と は 大 い に 気 に な る が 、 そ も そ も な し て 挙 げ ら れ た の が 、 公 安 調 査 庁 や 内 閣 日 本 人 は な ぜ 捕 ま っ た か ぜ 、 こ う い っ た こ と が 起 こ っ た の か 情 報 調 査 室 の 機 密 デ ー タ の 人 っ て い る コ 多 数 の 日 本 人 た ち が ス 。 ( イ の 疑 い で 中 そ れ も お ざ な り に で き な い 。 不 思 議 な こ ン ピ = ー タ ー の 盛 旦 状 況 だ 。 機 密 保 持 の 国 に 拘 束 さ れ て か ら 1 年 が 過 ぎ た 。 公 安 と に 、 い ず れ も が 中 国 人 り し た 直 後 、 い た め に ス タ ン ド ・ ア ロ ン す な わ ち 外 部 と 調 査 庁 の エ ー ジ ェ ン ト ( 協 力 者 ) と さ れ ま だ 情 報 収 集 も ろ く に 行 っ て い な い 時 点 の 接 続 を 断 っ た 環 境 下 に あ り 、 し つ か り る 4 名 の ほ か 、 内 閣 情 報 調 査 室 の エ ー ジ で 早 く も 公 安 当 局 に 摘 発 さ れ た と い う の と 保 全 さ れ て い る と い う の で あ る 。 し た エ ン ト も 川 名 以 上 が 身 柄 を 押 さ え ら れ た で あ る 。 が っ て 、 エ ー ジ ェ ン ト ・ リ ス ト な ど の 機 ま ま 、 い ま だ 解 放 さ れ ぬ 状 況 に あ る と 言 一 説 に は 、 公 安 調 査 庁 や 内 閣 情 報 調 査 密 が 抜 け る と し た ら 、 そ れ は 内 部 の 人 間 わ れ て い る 。 室 の デ ー タ が 中 国 に よ っ て ハ ッ キ ン グ さ の 手 を 通 し て 以 外 に な い 、 と い う わ け だ 。 拘 束 さ れ て い た う ち の ひ と り が 今 年 5 れ 、 エ ー ジ ェ ン ト ・ リ ス ト が 漏 れ た か ら だ が 、 当 の 公 安 調 査 庁 や 内 閣 情 報 調 査 月 に 起 訴 さ れ た も の の 、 そ の 容 疑 す ら 定 だ 、 と さ れ る 。 拘 束 の 事 実 が 明 ら か に な 室 は 、 い ず れ の 説 も 明 確 に 否 定 し た 。 ハ か で な い こ と や 、 そ れ 以 外 の ひ と た ち の っ た 昨 年 秋 以 降 、 そ ん な 説 が 流 れ た 。 ッ キ ン グ の 可 能 性 は あ り え な い と す る 一 動 向 が 一 切 、 明 ら か に さ れ て い な い こ と 、 そ れ に 対 し 、 ″ も ぐ ら ( 潜 人 ス パ イ ) 〃 方 で 、 そ れ か ら 日 本 政 府 が ま っ た く 動 い て い な が い る と の 説 も 流 布 さ れ た 。 そ の 根 拠 と 「 そ も そ も エ ー ジ ェ ン ト ・ リ ス ト な ど の 官 公 庁 デ ー タ ベ ー ス か ら 中 国 に 流 出 す る 個 人 情 報 中 国 対 日 工 作 の 最 前 線 時 任 兼 作 と き と う け ん さ く JuIy 2016 94

新潮45 2016年7月号 新潮社


に も 疑 心 を 抱 い て い る 。 と く に 外 国 本 位 た 。 西 洋 と の 落 差 が 痛 切 に 身 に 染 み た か 、 刀 ら 、 そ れ だ け 熱 心 に 英 仏 独 の 一 一 一 暴 を 習 っ の 歴 史 観 で 日 本 を 裁 断 さ れ て は 迷 怒 だ 。 の 鮮 云 社 モ ス ク ワ 本 位 の コ ミ ン テ ル ン ・ テ ー ゼ を た 。 そ の 西 洋 は 学 べ ば 学 ぶ ほ ど 偉 大 に 見 係 年 を 潮 訳 し た 河 上 肇 、 そ れ を 信 奉 し た 羽 仁 五 郎 、 え た 。 。 ハ リ に 着 い た 当 初 、 孤 独 な 留 学 生 の の 相 そ の 系 譜 に 連 な る ・ ・ ノ ー マ ン 、 ジ は 西 洋 の 石 造 建 築 に 圧 倒 さ れ た 。 学 力 の 当 白 真 ョ ン ・ ダ ワ ー な ど の 輩 は 嫌 い で あ る 。 不 足 を 自 覚 す る あ ま り 萎 縮 し て 存 分 に 自 行 実 リ 本 位 の 森 有 正 風 の 普 遍 主 義 も 怪 し い 。 己 を 表 現 で き な い 。 そ の こ ろ の 日 本 は 東 と の 窈 生 な 本 米 国 本 位 の 国 際 主 義 も さ ら に 信 用 で き な 海 縹 の つ ば め が 最 速 だ っ た が 、 時 速 六 い 。 そ の 米 国 本 位 の 国 際 的 な 主 張 の 典 型 十 五 キ ロ 。 そ れ に 対 し 広 軌 の フ ラ ン ス の 伝 甦 ◎ 」 乳 原 真 か 、 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ・ ミ リ タ リ ー ・ 国 鉄 は 。 ハ リ か ら 南 仏 へ 向 け 特 急 ミ ス ト ラ ト リ ビ ュ ナ ル と い う 極 東 国 際 軍 事 法 廷 だ ル が 時 速 百 一 一 一 十 キ ロ で 走 っ て い た 。 日 本 が 、 そ の 際 の 検 事 の 論 告 や 判 決 に 示 さ れ 国 鉄 の た め に 通 訳 を つ と め た 私 は そ の 運 た 史 観 に は 勝 者 の 正 義 の 見 方 が 露 骨 に 示 転 室 に も 乗 っ た こ と が あ る 。 西 洋 に 追 い の 経 緯 は 近 く 出 版 か ら 出 る 『 平 川 祐 さ れ て い る 。 そ の 示 瞽 史 観 の 押 し つ つ け 追 い 越 せ と い う の が 明 治 以 来 の 日 本 弘 著 作 集 』 を 見 て い た だ く こ と と し て 、 け が い か に 有 害 で あ る か は 、 そ の 見 方 を 人 の 悲 願 だ っ た が 、 敗 戦 後 十 数 年 は 日 本 一 般 論 と し て は 六 ・ 三 ・ 三 ・ 四 の 在 来 線 再 生 産 し て き た 新 聞 や 歴 史 教 科 書 が 外 務 は 技 術 文 明 で も 綿 文 明 で も 西 洋 に 永 遠 の ほ か に 飛 び 級 を 認 め る 教 育 の 新 繽 を 官 僚 を 含 む 戦 後 日 本 人 に 誤 っ た 自 己 認 識 に 追 い つ け な い の で は な い か 、 と 思 っ て 日 本 が 開 発 す れ ば 、 世 界 の 中 で 諸 外 国 の エ リ ー ト に 拮 抗 し う る 日 本 の エ リ 1 ト も を 植 え 付 け た こ と か ら も 、 よ く わ か る だ い た 。 ろ う 。 日 本 は そ れ に よ っ て 綿 的 に 汚 染 そ れ が 東 海 道 新 繽 の で 日 本 の エ 養 成 し う る で あ ろ う 。 私 は そ の 種 の 教 育 さ れ た 、 と い っ て も 過 言 で は な い 。 業 技 術 へ の 自 信 が 回 復 し た よ う に 、 私 も 改 革 を 切 望 し て い る 。 日 本 人 も 真 に 実 力 人 文 学 者 と し て の 自 分 に 自 信 が つ く に つ を 身 に つ け れ ば 「 日 本 に 生 ま れ て 、 や は 集 団 的 劣 等 感 か ら の 解 放 へ れ 日 本 文 化 へ の 自 信 も 回 復 し た 。 私 が い り よ か っ た 」 と 国 際 社 会 で も 自 信 を も っ っ 西 洋 学 者 に 対 し 平 等 感 を 抱 き 、 い っ 外 て 活 躍 で き る は ず で あ る 。 敗 戦 後 の 学 生 時 代 に 、 日 本 は 駄 目 だ 、 遅 れ て い る 、 と い わ れ た 。 そ う 感 じ も し 国 に 向 け て 発 信 す る 工 と な っ た か 、 そ 石 井 妙 子 July 2016

新潮45 2016年7月号 新潮社


杉 山 隆 男 ・ 作 家 1952 年 東 京 生 ま れ 。 一 橋 大 学 社 会 学 部 卒 業 後 、 読 売 新 聞 記 者 を 経 て 執 筆 活 動 に 入 る 。 著 書 に 「 メ デ ィ ア の 興 亡 」 「 兵 士 に 聞 け 』 「 兵 士 を 見 よ 」 「 兵 士 に 告 ぐ 」 「 兵 士 は 起 っ 自 衛 隊 史 上 最 大 の 作 戦 」 「 私 と 、 妻 と 、 妻 の 犬 」 等 。 い つ わ よ 外 視 国 の シ ろ ら あ 基 で に は っ と 地 す 、 る 。 ほ と や が 上 ど オ 兵 士 ー す ぎ や ま た か お ァ 0 だ ホ と ら る に す キ し 二 る カ 徹 か 飛 p 私 。 は 外 べ ナ 海 と 底 し 一 し 否 3 た う つ の に の p 行 し 政 二 め て の が で 近 自 隊 変 質 た す な 飛 個 る る い ~ 飛 と オ キ ワ 海 視 す も か メ し あ い を ら わ け れ う い る で こ ま さ 長 那 黙 ひ て つ い 。 五 は の 覇 け た に P 3 C ぃ た そ の づ く の ん の 監 は ど う ら 本 縄 に の 返 空 つ の を ク 〇 は / ヾ し 、 セ も July 2016 230

新潮45 2016年7月号 新潮社


統 領 ) の 広 島 訪 問 と 続 い て 支 持 率 が % ま で 上 が っ た と き 、 あ の 高 揚 感 で 解 散 に 打 っ て 出 る と 思 っ た ん だ け ど な あ 。 ネ ッ ト 衆 院 選 を や れ ば 負 け る か ら な 。 0 は 議 席 が 減 る 見 込 み だ っ た 。 新 聞 安 倍 は 外 交 で の 得 点 ア ッ プ は 「 ひ と 月 も 続 か な い 」 と 読 ん で い た よ 。 テ レ ビ 実 際 、 ワ イ ド シ ョ ー や ニ ュ ー ス で も 、 外 交 ネ タ は 1 週 間 と モ た な か っ た 。 安 倍 、 冷 静 じ ゃ な い か 。 雑 誌 第 一 次 政 権 の と き に 参 院 選 で ポ ロ 負 け し た の が 心 の 傷 だ か ら ね 。 麻 生 ( 太 郎 副 総 理 兼 財 務 ・ 金 融 担 当 相 ) や 谷 垣 雑 誌 い や あ 、 参 院 選 だ け っ て い う の は ( 自 民 ) 党 人 事 ま で ネ タ が な い し で 。 諜 だ わ 。 兄 が 過 平 数 を 割 る よ う な 可 テ レ ビ 解 散 へ の 期 待 が 大 き か っ た の は ( 禎 一 自 民 党 幹 事 長 ) の よ う に 、 総 選 挙 を や っ て 現 有 の 290 議 席 が 270 議 席 能 性 は 低 い し 、 そ も そ も ( 衆 参 ) 選 の お っ さ ん の 管 理 職 だ ろ ? 若 い 記 者 は ハ プ ニ ン グ 解 散 の 後 に 大 平 ( 正 芳 元 首 相 ) に 減 っ て も 勝 ち だ と は 、 安 倍 は 思 わ な い 。 お 祭 り を 期 待 し て い た か ら な あ 。 が 急 死 し た と き と か 、 中 曽 根 ( 康 弘 元 首 新 聞 麻 生 や 谷 垣 が 「 何 を ビ ビ っ て る ネ ッ ト そ の 方 が 週 刊 誌 は 売 れ た ね 。 新 聞 同 日 選 の 目 が 消 え て き た 頃 か ら 相 ) の 死 ん だ ふ り 解 散 と か を 経 験 し て い の ? 」 と イ ラ だ っ て い て も 、 安 倍 は 同 日 ″ 政 局 記 者 〃 に 脱 力 感 が 漂 っ て い た よ 。 は 参 院 選 ・ 衆 院 選 で 戦 う 野 党 じ ゃ な く 、 参 院 選 で は 自 民 が 単 独 過 平 数 に 届 く だ け 知 ら な い も の 《 」 〈 0 、 、 一 0 " 00 。 000 = 0 」 ~ 。 〈 = 《 〈 0 〈 。 000 00 の 議 席 ( 議 席 以 上 ) を 取 れ る か 、 民 進 新 聞 確 か に で も 、 現 場 の 記 者 た ち は 2 年 3 カ 月 後 の 義 選 で 戦 う 自 民 党 。 今 が 自 民 を 上 回 れ る か の 勝 敗 ラ イ ン が 見 ど 安 倍 ( 晋 一 一 首 相 ) を 降 ろ し た が っ て い る 回 衆 院 選 を や っ て 議 席 減 ら せ ば 党 内 で こ ろ で は あ る け れ ど 、 そ れ こ そ 諜 だ し 、 か ら 、 同 日 選 で の 一 を 期 待 し て い た 。 の 影 響 力 が 落 ち て 、 挙 に は 勝 っ た が 選 挙 の 後 は 秋 の 臨 時 国 会 前 の 内 閣 改 造 ・ 雑 誌 伊 勢 志 摩 サ ミ ッ ト 、 オ バ マ ( 米 大 義 選 で 負 け る 羽 目 に な り か ね な い 。 記 者 住 名 座 談 会 消 費 税 増 税 を 先 送 り に す る 保 身 政 治 家 た ち July 2016 304

新潮45 2016年7月号 新潮社


境 に も や さ し い 。 身 分 も 関 係 あ り ま せ ん 。 も 起 こ さ ず 、 物 資 の 配 給 を 苫 列 を つ 羅 新 で は 三 万 人 程 し か 死 ん で い な い の 今 の 世 界 で 庶 民 が 主 体 的 な 創 作 活 動 を こ く っ て 待 っ て い ま し た 。 西 洋 人 は 、 あ の で 、 革 命 で は な い と い う 考 え 方 で す 。 の よ う に 行 っ て い る 国 は 日 本 だ け で す 。 姿 勢 に 感 動 し ま し た 。 こ う し た こ と が で こ れ は 議 論 が ま さ に 逆 で 、 日 本 に は ヨ そ し て 何 よ り 俳 句 を や れ ば 、 西 欧 文 明 き る の も 、 日 本 は 狭 い 国 土 の 中 で 、 ケ ン ー ロ ツ 。 ハ の よ う な 革 命 は そ も そ も 社 会 の で は 考 え ら れ な い よ う な 発 想 が で き る よ 力 を し な い で 仲 良 く 生 き る を 身 に 付 構 造 上 必 要 な か っ た の で す 。 革 命 と は 上 う に な り ま す 。 財 団 の 「 世 界 こ ど け て き た か ら で す 。 宇 宙 船 地 球 号 の 中 に と 下 が ひ っ く り 返 る こ と で 、 そ こ で の 上 も ハ イ ク コ ン テ ス ト 」 で は 、 プ ル ガ リ ア 他 の 多 く の 生 物 と 乗 り 合 わ せ て い る 人 類 下 の 階 層 の 間 に は 何 の つ な が り も あ り ま の 子 ど も が 「 小 さ な 虫 が こ っ ち を ず っ と が 仲 良 く 生 き て い く た め に は 、 こ の 日 せ ん 。 し か し 、 日 本 は む し ろ 上 の ほ う が 見 て い る 」 と い う よ う な 句 を 詠 ん で い ま 本 の 文 化 を 活 か し て い く し か あ り ま せ 下 に 頭 が 上 が ら な い 。 殿 様 は 一 揆 を 起 こ す 。 西 洋 文 明 で は 虫 が 人 間 を 見 る と い う ん 。 さ れ た ら 、 幕 府 か ら お 国 替 え さ れ て し ま 発 想 に は な り ま せ ん 。 日 本 型 の 文 化 に 触 日 本 は 欧 米 と は 明 ら か に 違 い ま す 。 と う 。 だ か ら 、 西 洋 の よ う な 革 命 が 起 こ る れ る こ と で 、 自 然 界 か ら の 視 点 で 人 間 こ ろ が 「 違 う Ⅱ 遅 れ て い る 、 劣 っ て い は ず も な い 。 界 を 眺 め る と い う 発 想 も 生 ま れ る の で る 」 と い う の が 、 こ れ ま で の 西 洋 の 工 旧 経 営 学 が ~ の 藤 森 一 一 一 男 慶 應 大 堂 名 誉 す 。 の 考 え 方 で 、 日 本 は そ の 影 響 を 強 く 受 け 教 授 は 、 日 本 が い ち 早 く 近 代 化 に 成 功 し 関 東 大 震 災 の 時 に 横 浜 の 刑 務 所 が 被 害 て き ま し た 。 で す か ら 、 い ま だ に 日 本 は た 秘 密 は 、 取 り 入 れ た 西 欧 の 技 術 を 日 本 を 受 け 、 舎 房 は 半 壊 、 猛 火 が 迫 る 中 で 、 遅 れ て い る 国 だ と 思 っ て い る 日 本 の 有 識 の 伝 統 的 な 価 値 観 や 人 劇 係 に う ま く 融 刑 務 所 長 は 囚 人 〈 責 の 解 放 を 決 断 し ま す 。 者 も 少 な く あ り ま せ ん 。 合 さ せ た 、 つ ま り 和 洋 折 衷 、 和 洋 才 の そ し て 二 十 四 時 間 以 内 に 戻 っ て く る よ う 例 え ば 、 明 治 維 新 は 市 民 革 命 で は な い 妙 に あ っ た と い う 分 析 を さ れ て い ま す 。 に 伝 え る と 、 本 当 に が 戻 っ て き ま し の で 、 日 本 は い ま だ 近 代 国 家 に な っ て い こ の 日 本 の 資 本 主 義 は ハ イ プ リ ッ ド ・ キ た 。 海 外 の 刑 務 所 で 同 じ こ と を し た ら 誰 な い か ら 遅 れ て い る 、 と い っ た 類 の も の ヤ ピ タ リ ズ ム と 呼 ぶ べ き だ と い う 藤 森 氏 も 帰 っ て こ な い で し よ う 。 で す 。 西 洋 か ら 明 治 維 新 が 革 命 と み な さ の 指 摘 は 、 さ き に 述 べ た 文 化 や 一 一 一 一 呈 は 行 阪 神 淡 路 大 震 災 で も 東 日 本 大 震 災 で も れ な い の は 、 大 勢 の 人 が 死 な な か っ た た く 先 々 で 、 環 境 に 合 わ せ て 変 形 し て こ そ ( リ コ プ タ ー で 務 物 資 を 送 り 、 空 か ら め で す 。 西 洋 の 革 命 と い う の は 数 百 万 、 根 付 く も の だ と い う 私 の 考 え と 一 致 す る 物 資 を 落 と し ま し た 。 被 災 者 た ち は 暠 数 千 万 人 単 位 で 人 が 死 ぬ 。 と こ ろ が 、 明 も の で す 。 面 Ⅳ 2016 22

新潮45 2016年7月号 新潮社


四 年 後 に は 、 日 本 の 新 繽 開 業 と 同 じ 年 幌 、 横 浜 、 福 岡 、 仙 台 な ど 全 国 の 計 十 一 一 両 に 日 本 式 の 「 女 性 専 用 車 両 」 も 導 人 さ に さ れ た 束 示 五 輪 が 再 び 開 か れ る 。 都 市 で 四 十 五 路 線 、 総 延 長 約 八 百 キ ロ の れ た 。 た だ 、 と り わ け コ ス ト 面 で 欧 州 や 中 国 ニ ッ ポ ン の 新 が 新 た な 光 を 浴 び る か 地 下 鉄 が 運 行 さ れ て い る 。 も と も と 国 土 が 狭 く 、 都 市 部 で は 地 上 に 建 物 が 密 集 し の 海 外 勢 の 攻 勢 に 遭 い 、 国 際 人 札 で は 車 ど う か 、 注 目 さ れ る 。 て い る だ け に 、 地 下 鉄 の メ リ ッ ト は 大 き 両 の 受 注 な ど の 大 型 契 約 の に は 至 っ か っ た の だ 。 て い な い 。 政 府 は 、 地 下 鉄 に 限 定 し 地 下 鉄 同 じ ア ジ ア に は 、 日 本 と 似 た 事 情 を 抱 て 低 利 融 資 す る 円 借 款 を 導 人 し 、 民 間 の 「 華 や か さ の 点 で は 新 繽 の 陰 に 隠 れ が え た 都 市 が 数 多 く あ る 。 経 済 成 長 を 遂 げ 技 術 者 を 現 地 に 送 り 込 ん で 巻 き 返 し を 図 ち だ が 、 メ ト ロ ( 地 下 鉄 ) の 関 連 分 野 も た 日 本 は ま ず 、 七 四 ( 昭 和 四 九 ) 年 に 開 ろ う と し て い る 。 業 し て 以 来 、 次 々 と 路 線 を 増 や し て い つ 中 で も 、 経 済 成 長 が 著 し い ベ ト ナ ム は 日 本 の 重 要 な 看 板 に な っ て い る 」 内 閣 府 に あ る 経 協 イ ン フ ラ 戦 略 会 議 事 た 韓 国 の ソ ウ ル 地 下 鉄 に 対 し 、 建 設 棗 有 望 な 市 場 だ 。 最 大 の 都 市 ホ ー チ ミ ン で 務 局 の 担 当 者 は 、 世 界 の 鉄 道 市 場 が 伸 び の た め に 円 借 款 を 供 与 し 、 ~ 樹 家 を 派 遣 は 四 年 前 、 路 線 の 一 部 が 地 下 鉄 と な る 都 市 鉄 道 の 建 設 工 事 が 着 工 し て お り 、 八 る 中 で 、 都 市 圏 を 走 る 都 市 鉄 道 の 中 心 を す る な ど し て 支 援 を 行 っ た 。 担 う 地 下 鉄 シ ス テ ム の 輸 出 2 鬟 を 強 調 続 い て 世 界 最 大 の 地 下 鉄 市 場 と い わ れ 盟 は 一 一 〇 一 一 〇 年 の エ 疋 だ 。 ベ ト ナ ム で し た 。 る イ ン ド の 首 都 デ リ ー の 「 デ リ ー メ ト ロ 」 は 初 の 地 下 鉄 と な る 。 日 本 で 最 初 の 地 下 鉄 は 、 関 東 大 震 災 か の 建 設 棗 に も 0 に よ る 支 援 を 行 い 、 総 工 費 一 一 千 三 百 億 円 の 大 半 は 日 本 の 支 ら 四 年 後 の 一 九 二 七 年 、 東 京 地 下 鉄 道 人 口 自 や 車 の 増 加 に 伴 う 渋 滞 の 緩 和 と 援 で 賄 わ れ る 。 ホ ー チ ミ ン は 他 の ア ジ ア の 大 都 市 同 様 、 音 蓮 な 都 市 化 に よ る ( 現 在 の 東 京 メ ト ロ 銀 座 線 ) の 上 野 ー 浅 経 済 活 動 の 効 率 性 向 上 に ひ と 役 買 っ た 。 こ の 地 下 鉄 は 、 一 一 〇 〇 一 一 年 に 雙 。 現 在 の 弊 害 が 表 面 化 し て お り 、 そ の 解 消 が 期 草 間 に し た 。 距 離 は 一 一 ・ 一 一 キ ロ で 、 で は 一 日 あ た り 平 均 一 一 百 五 十 万 人 が 利 用 待 さ れ て い る 。 日 本 は 示 メ ト ロ や 大 阪 ア ジ ア で も 初 の 地 下 鉄 だ っ た 。 そ の 六 年 後 の 三 三 年 に は 、 大 阪 の 梅 田 し 、 デ リ ー 市 内 の 自 動 車 が 十 一 一 万 台 も 削 市 営 地 下 鉄 の 料 金 徴 収 シ ス テ ム や 列 車 運 ー 心 斎 橋 間 ( 三 ・ 一 キ ロ ) に 国 内 一 一 番 目 減 さ れ た と い う 。 工 事 の 過 程 で は 、 安 全 行 に 関 す る 鎮 術 や ノ ウ ハ ウ を 移 転 し 、 実 の 地 下 鉄 が 雙 し て い る 。 以 後 、 延 伸 や 面 や に 配 慮 し た 運 行 に つ い て ノ ウ ハ 績 を 作 り た い 意 回 だ 。 新 路 線 の 開 設 が 続 き 、 今 で は 名 古 屋 、 札 ウ も 伝 授 。 一 〇 年 に は 、 各 路 線 の 先 頭 車 こ の ほ か 、 三 年 前 に は 丸 紅 、 東 芝 、 July 2016 44