検索 - みる会図書館

検索対象: 日経サイエンス 2016年10月号

日経サイエンス 2016年10月号から 122件ヒットしました。

日経サイエンス 2016年10月号


日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


暗 黒 物 質 銀 冫 宇 宙 物 理 学 = = ロ 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


分 析 機 器 ・ 科 学 機 器 特 集 も の づ く り ニ ッ ポ ン の 土 台 を 支 え て い る の は 分 析 機 器 ・ 科 学 機 器 ・ 計 器 の 革 新 だ 。 ア ジ ア 最 大 規 模 で 開 催 さ れ る 展 示 会 「 」 A 引 S 2016 」 は 日 本 の 産 業 の 「 未 来 を 発 見 」 す る 場 と な る 。 」 AS62016 」 ap n naly ・ al lenti ・ lnstruments Show も の づ 丿 を ソ リ ー シ ョ ン が 満 載 ア ジ ア 最 大 . の 分 析 機 器 ・ 宀 機 器 の 国 際 展 示 会 102 オ ー プ ン ソ リ ュ ー シ ョ ン ー ラ ム 講 演 プ ロ グ ラ ム 108 」 AS 2016 「 ラ サ イ エ ン ス イ ノ ベ ー シ ョ ン ゾ ー ン 」 ' 注 目 の 基 調 講 演 110 PR 企 画 日 経 工 ン ス 「 」 A S 2016 」 プ レ ビ ュ ー 2016 年 9 月 7 日 ~ 9 日 ( 幕 張 メ ッ セ 国 際 展 示 場 ) http://www.nikkei-scienceucom/ 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


ゲ ー ム の 効 果 は 本 物 か ? ア ク シ ョ ン ゲ ー ム が 本 当 に 知 覚 な ど の 認 知 力 を 向 上 さ せ る か ど う か を 確 か め る た め , つ ま り 効 果 が 他 の 要 因 で は な く , ゲ ー ム に よ っ て も た ら さ れ て い る こ と を 示 す た め , 数 週 間 ア ク シ ョ ン ゲ ー ム を す る グ ル ー プ と ア ク シ ョ ン ゲ ー ム 以 外 の ゲ ー ム を す る グ ル ー プ で 認 知 テ ス ト ( 下 ) の 成 績 を 比 較 し た 。 ア ク シ ョ ン ゲ ー ム を し た グ ル ー プ は , 訓 練 前 に 比 べ て 訓 練 後 の テ ス ト の 成 績 が 対 照 グ ル ー プ よ リ 大 き く 向 上 し , そ の 効 果 は 5 カ 月 続 い た ー ノ し 0 事 前 テ ス ト 対 照 グ ル ー プ ア ク シ ョ ン ケ ー ム を す る グ ル ー プ 一 定 期 間 ゲ ー ム を し た 後 . 再 テ ス ト 濃 淡 の 検 知 コ ン ト ラ ス ト 感 度 の テ ス ト は , コ ン ピ ュ ー タ ー 画 面 上 の 微 妙 な 濃 淡 の 差 異 を 検 知 す る 能 力 を 測 定 す る 。 被 験 者 は 画 面 を 眺 め , 2 回 の イ ン タ ー バ ル の う ち , 暗 い 線 と 明 る い 線 が 交 互 に 並 ん だ 「 ガ ポ ー ル バ ッ チ 」 と い う バ タ ー ン が 現 れ た 方 を 答 え る 。 様 々 な コ ン ト ラ ス ト の 同 バ ッ チ を 使 っ て 被 験 者 が 見 る こ と の で き る 最 小 コ ン ト ラ ス ト を 測 定 す る 。 ガ ポ ー ル バ ッ チ イ ン タ ー バ ル 1 時 間 感 度 の 向 上 ( 横 軸 は 対 数 ) 2 日 後 イ ン タ ー バ ル 2 30 ミ リ 秒 表 示 30 ミ リ 秒 表 示 ■ ア ク シ ョ ン ゲ ー ム を 行 っ た グ ル ー プ . 0 対 照 グ ル ー プ 5 カ 月 後 低 下 向 上 瞬 時 に 見 つ け る い わ ゆ る 有 効 視 野 テ ス ト で は , 一 瞬 だ け 表 示 さ れ る 雑 然 と し た 画 像 の 中 か ら 関 係 な い 要 素 を 無 視 し て 標 的 を 素 早 く 見 つ け る 能 力 ( 空 間 的 注 意 ) を 測 定 す る 。 被 験 者 は 白 塗 リ の 四 角 形 ( 標 的 ) を 見 つ け て , そ れ が あ っ た 場 所 を 示 さ な け れ ば な ら な い 。 標 的 の 位 置 を 標 的 選 択 成 績 の 向 上 〔 正 答 率 ( % ) 〕 0 0 0 m 0 Z > 頭 の 中 で 物 体 を 回 転 心 的 回 転 テ ス ト で は , 左 下 に 示 す 「 物 体 1 」 と 同 じ も の を , 右 z 0 下 に 示 し た 3 つ の 物 体 の 中 か ら 選 ん で も ら う こ と で , 空 間 視 覚 化 能 力 を 評 価 す る 。 物 体 1 を 回 転 し た も の を 選 択 ト ゝ 物 体 1 ェ ~ く c 山 工 9 cz く 巴 コ 0 び マ ス ク 刺 激 時 間 20 0 600 ミ リ 秒 30 ミ リ 秒 表 示 600 ミ リ 秒 回 転 の 向 上 * ☆ 横 軸 は 正 答 数 の 平 方 根 2 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号 36

日経サイエンス 2016年10月号


っ て 外 部 か ら , あ る い は 未 来 の 報 酬 を 期 待 す る こ と で 内 部 か ら 生 じ う る 。 多 く の 研 究 者 が 教 示 を 人 間 文 化 を 決 定 づ け る 特 徴 と 考 え て き た が , 一 方 で 未 来 へ の 期 待 も 対 人 関 係 か ら 技 術 的 問 題 の 解 決 に 至 る ま で 極 め て 重 要 な こ と は 明 ら か だ 。 も ち ろ ん , モ チ ベ ー シ ョ ン と な る " あ め " だ け が 与 え ら れ , 自 制 心 と い う " む ち " が な い 場 合 , あ る 程 度 ま で し か 成 長 で き な い 。 自 制 心 を 働 か せ る 能 力 , つ ま り 非 生 産 的 な 衝 動 の 抑 制 は , 様 々 な 認 知 機 能 に 不 可 欠 だ 。 実 際 , デ ュ ー ク 大 学 の マ ク リ ー ン (Evan MacLean) ら は 最 近 , 自 制 心 や 計 画 性 と 脳 の 大 き さ が 相 関 し て い る こ と を 36 種 類 の 鳥 類 と 哺 乳 類 で 明 ら か に し た 。 私 た ち の 研 究 で は , 握 斧 作 り の 優 れ た 技 能 が 自 制 心 お よ び 計 画 性 に 関 与 す る 脳 シ ス テ ム と 関 連 し て い る こ と を 示 す 証 拠 が 蓄 積 さ れ て お り , マ ク リ ー ン ら の 結 果 と つ な が っ て い る 。 石 器 製 作 者 は モ チ ベ ー シ ョ ン と 自 制 心 に 加 え , 打 ち 欠 い て い る 石 の 特 徴 を 深 く 理 解 す る 必 要 が あ る 。 こ の 知 識 を 独 学 で 身 に 付 け る の は 非 常 に 困 難 だ 。 石 器 作 り の 学 習 曲 線 は 階 段 状 の パ タ ー ン を と る 。 つ ま り , ほ と ん ど の 時 間 は 練 習 を 繰 り 返 し て 技 能 を 固 め て い く だ け だ が , 時 折 , ち ょ っ と し た 助 言 で 次 の 段 階 に ジ ャ ン プ す る 。 石 器 作 り の コ ツ を 独 力 で 見 つ け ら れ る こ と も あ る だ ろ う が , 他 人 か ら 学 ぶ こ と に は 大 き な 利 点 が あ る 。 優 れ た 学 習 法 の 1 つ は 単 に じ っ と 見 る こ と だ 。 誰 か に 模 倣 の 名 人 だ ね と 言 っ た ら 相 手 は 侮 辱 さ れ た と 受 け 取 る か も し れ な い が , 比 較 心 理 学 で は , 忠 実 な 模 倣 は 人 間 文 化 の 柱 だ と 考 え ら れ て い る 。 英 ス コ ッ ト ラ ン ド に あ る セ ン ト ・ ア ン ド ル ー ズ 大 学 の ホ ワ イ ト ン (Andrew Whiten) ら は , サ ル に は あ る 程 度 の 模 倣 能 力 が あ る も の の , 極 め て 忠 実 に ま ね る こ と に こ だ わ る 人 間 の 高 度 な 模 倣 ス キ ル に は 到 底 及 ば な い 80 こ と を 示 し て い る 。 で は , 模 倣 だ け で 十 分 な の か ? チ ェ ス の 試 合 を 数 多 く 観 戦 す れ ば チ ェ ス を 理 解 で き る か も し れ な い が , 誰 か が 戦 略 や 戦 術 の 意 図 を 解 説 し て く れ た ら ず っ と 容 易 に 理 解 で き る だ ろ う 。 私 た ち が 知 り た い の は , 同 じ こ と が 石 器 作 り な ど の 有 史 以 前 の 人 々 の 技 能 に つ い て も い え る か ど う か た 。 最 近 , カ リ フ ォ ル ニ ア 大 学 バ ー ク レ ー 校 の モ ー ガ ン (Thomas Morgan) ら は 石 器 製 作 実 験 を 行 っ て , 知 識 が 人 か ら 人 へ ど う 伝 達 さ れ て い く か を 調 べ た 。 そ し て , や っ て 見 せ る だ け で な く 言 葉 を 使 っ て 教 え た 場 合 に は 学 習 効 果 が 格 段 に 上 が る こ と を 示 し た 。 こ う し た 実 験 を さ ら に 積 み 重 ね る こ と で , 語 が い つ , な ぜ 進 化 し た か と い う 大 き な 謎 が 解 け る か も し れ な い 。 教 え る こ と 以 外 に も , 道 具 作 り と 言 語 を 結 び つ け た 可 能 性 の あ る 要 素 が あ る 。 神 経 科 学 の 研 究 か ら , 人 間 の 脳 の ほ と ん ど の 領 域 は 様 々 に 異 な る 行 動 に 関 係 す る 基 本 的 な 計 算 を 行 っ て い る こ と が わ か っ て い る 。 例 と し て , 19 世 紀 の 人 類 学 者 プ ロ ー カ (PauI Broca) が 明 ら か に し た 左 半 球 の 下 前 頭 回 に あ る 古 典 的 な " 発 話 " 領 域 を 考 え よ う 。 著 者 Dietrich Stout 1990 年 代 以 後 , プ ロ ー カ 野 が 発 話 だ け で な く , 音 楽 や 数 学 , 複 雑 な 手 作 業 の 理 解 に も 関 与 し て い る こ と が 示 さ れ て き た 。 こ の た め , ジ ェ ス チ ャ ー で コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を と る 人 間 の 傾 向 と と も に , 道 具 作 り が 言 語 の 進 化 の 重 要 な 前 提 に な っ た と い う 古 く か ら の 考 え 方 が 復 活 し た 。 こ の 考 え 方 を 発 展 さ せ て き た の が 南 カ リ フ ォ ル ニ ア 大 学 の ア ー ビ ブ (Michael A. Arbib) だ ( 彼 の 2012 年 の 著 書 「 How the Brain Got Language 」 を 参 照 ) 。 脳 画 像 化 技 術 を 利 用 し た 石 器 製 作 研 究 の 成 果 か ら , 私 た ち は 最 近 , 下 前 頭 回 を 含 む 神 経 回 路 が 旧 石 器 時 代 の 道 具 作 り の 要 求 に 適 応 す る た め に 変 化 し た 後 , ジ ェ ス チ ャ ー と お そ ら く 発 声 を 使 っ た 原 始 的 な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 支 え る た め に 用 い ら れ る よ う に な っ た と す る 説 を 提 唱 し た 。 そ の 後 , こ の 原 始 的 な 言 語 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン は 選 択 圧 に さ ら さ れ , 最 終 的 に 現 代 人 の 言 語 を 支 え る 特 定 の 適 応 を 生 み 出 し た の だ ろ う 。 私 た ち が 現 在 行 っ て い る 実 験 は , フ リ ン ト の 破 片 の 山 を 築 く だ け で な く , こ の 仮 説 を 検 証 し て く れ る は ず だ 。 ( 翻 訳 協 力 : 古 川 奈 々 子 ) 原 題 名 Tales of a Stone Age Neuroscientist (SCIENTIFIC AMERICAN April 2016 ) も っ と 知 る に は ・ THE SAPIENT MIND: ARCHAEOLOGY MEETS NEUROSCIENCE. Edited by COlin Renfrew, Chris Frith and Lambros Malafouris. Oxford University Press, 2009. EXPERIMENTAL EVIDENCE FOR THE CO-EVOLUTION OF HOMININ TOOL-MAKING TEACHING AND LANGUAGE. T. J. H. Morgan et al. in Na ル 尾 CO 川 川 Ⅲ ca 行 0 れ s, VOI. 6 ) ArticIe 6029 ; January 13 , 2015. SKILL LEARNING AND HUMAN BRAIN EVOLUTION.• AN EXPERIMENTAL APPROACH. Dietrich Stout and Nada Khreisheh in C の れ 房 lge Ar olog た 4 リ 0 肝 〃 記 , VOI. 25 , NO. 4 , pages 867 ー 875 ; November 2015. 著 者 ス タ ウ ト の 執 筆 論 文 リ ス ト が https://scholarblogs.emory.edu/stoutlab/publications に 。 「 創 造 す る 人 類 」 , H. プ リ ン グ ル , 日 経 サ イ エ ン ス 2013 年 8 月 号 。 石 器 製 作 実 験 に つ い て の ス ラ イ ド シ ョ ー が ScientificAmerican.com/apr2016/stone-age に 。 工 モ リ ー 大 学 の 人 類 学 教 授 。 旧 石 器 時 代 の 石 器 作 り を テ ー マ に , 考 古 学 か ら 脳 画 像 化 技 術 ま で 多 様 な 分 野 の 実 験 法 を 統 合 し た 研 究 を 行 っ て い る 。 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


第 臥 類 を 認 知 广 学 xTales of a Stone Age Neurescientist 進 化 さ せ た 式 石 器 作 り 私 た ち の 認 知 能 力 は ど う 進 化 し て き た の だ ろ う 石 器 作 り を 学 ぶ 被 験 者 の 脳 画 像 を 頼 り に こ の 謎 に 挑 む 研 究 者 が い る D. ス タ ウ ト ( ェ モ リ ー 大 学 ) 当 コ 一 09 9 73 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


波 乱 の 小 惑 星 史 惑 星 科 学 は や ぶ さ 微 粒 子 が 語 る 探 査 機 「 は や ぶ さ 」 が 持 ち 帰 っ た 小 惑 星 イ ト カ ワ の 微 粒 子 そ の 表 面 に 見 ら れ る 微 細 な 凹 凸 バ タ ー ン の 分 析 か ら 太 陽 系 46 億 年 の 小 惑 星 の 歴 史 の 一 端 が 明 ら か に な っ た 中 島 林 彦 ( 編 集 部 ) 協 力 上 人 イ 尚 手 父 ( 北 海 道 大 学 / 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ) 60 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 IO 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


Mind Games 特 集 ゲ ー ム を 科 学 す る ビ デ オ ゲ ー ム を 教 育 に A. カ ー シ ェ ン フ ェ ノ レ ト ( E ラ イ ン メ デ ィ ア ) 誇 大 宣 伝 と 不 安 の 両 方 を 乗 り 越 え ね ば な ら な い だ が ま ず ゲ ー ム デ ザ イ ナ ー と 教 師 , 親 か ビ デ オ ゲ ー ム は 教 育 を 変 え る 可 能 性 が あ る 私 が ビ デ オ ゲ ー ム の 仕 事 を 始 め た 1993 年 , 業 界 を 代 表 す る ゲ ー ム は 『 モ ー タ ル コ ン バ ッ ト 』 だ っ た 。 こ の 格 闘 ゲ ー ム で は , プ レ ー ヤ ー 2 人 が 殴 り あ っ て 相 手 を 打 ち の め し た 後 , 「 フ ェ イ タ リ テ ィ 」 と い う 手 で と ど め を 刺 す 。 例 え ば 一 方 の キ ャ ラ ク タ ー が 相 手 の 頭 を つ か み , ま だ 立 っ て い る 身 体 か ら 脊 髄 を 引 き 抜 く 。 当 然 な が ら , 親 や 教 師 , 政 治 家 た ち は シ ョ ッ ク を 受 け た 。 米 国 議 会 は こ の ゲ ー ム と 子 供 た ち に 及 ぼ す 影 響 に 関 す る 公 聴 会 を 開 い た 。 こ れ が 工 ン タ ー テ ィ ン メ ン ト ソ フ ト ウ ェ ア レ イ テ ィ ン グ 委 員 会 (ESRB) の 創 設 に つ な が り , 同 委 員 会 は 現 在 , ビ デ オ ゲ ー ム の 対 象 年 齢 を 指 定 し て い る 。 私 は 友 人 た ち や 家 族 か ら , ゲ ー ム 業 界 で 働 く な ん て 気 は 確 か か と 言 わ れ た 。 独 立 系 映 画 制 作 会 社 の よ い 仕 事 を 辞 め て 転 職 し た の で な お さ ら だ っ た 。 彼 ら は ビ デ オ ゲ ー ム は ひ い き 目 に み て も く だ ら な い も の で , 最 悪 の 場 合 , 危 険 な も の だ と 確 信 し て い た 。 だ が 私 は 人 気 ゲ ー ム ソ フ ト 会 社 の ア ク テ ィ ビ ジ ョ ン で ス タ ジ オ エ グ ゼ ク テ イ プ と し て 働 き 始 め て す ぐ に , ビ デ オ ゲ ー ム は 大 多 数 の 人 が 考 え て い る よ り も ず っ と 多 様 で 特 徴 豊 か で あ る こ と を は っ き り と 知 っ た 。 単 な る 新 興 の 娯 楽 メ デ ィ ア で は な い 。 新 た な 芸 術 表 現 形 式 な の だ 。 40 ビ デ オ ゲ ー ム の 中 核 に あ る の は 動 詞 , つ ま り プ レ ー ヤ ー が 何 を す る か だ 。 ほ と ん ど の 人 は 走 る , 跳 ぶ , 戦 う , 撃 つ な ど ア ク シ ョ ン ゲ ー ム で 使 わ れ る 動 詞 に 目 を 向 け る が , 私 は ア ド ベ ン チ ャ ー ゲ ー ム や ス ト ラ テ ジ ー ゲ ー ム , シ ミ ュ レ ー シ ョ ン ゲ ー ム , パ ズ ル ゲ ー ム で 用 い ら れ る 動 詞 に 興 味 を そ そ ら れ て き た 。 こ れ ら の ゲ ー ム は 探 検 や 評 価 , 選 択 , 決 定 , 解 決 に 関 す る も の だ 。 私 た ち が 元 CIA 長 官 の コ ル ビ ー (WiIIiam Colby) お よ び KGB の 元 少 将 カ ル ギ ン (Oleg Kalugin) と と も に 開 発 し た ア ク シ ョ ン ゲ ー ム 『 ス パ イ ク ラ フ ト 』 は , モ ラ ル と 倫 理 に 関 す る 複 雑 な 決 断 を 実 生 活 の 経 験 に 基 づ い て 下 す よ う プ レ ー ヤ ー に 迫 る 。 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン ゲ ー ム の 『 シ ヴ ィ ラ イ ゼ ー シ ョ ン ~ CaII to Power 』 で は , 文 化 と 外 交 , 軍 備 , 科 学 の 発 展 の バ ラ ン ス を 取 る こ と に よ っ て , 帝 国 を ど の よ う に 築 い て 持 続 さ せ る か に 関 し て 複 雑 な 決 断 を 下 さ な け れ ば な ら な い 。 こ れ ら の ゲ ー ム に は 熱 心 な フ ァ ン が 数 多 く い る も の の , 有 名 な ア ク シ ョ ン ゲ ー ム と 比 べ る と 目 立 た な い 存 在 だ 。 1990 年 代 中 ご ろ ま で , ビ デ オ ゲ ー ム と い え ば も つ ば ら 「 一 人 称 視 点 シ ュ ー テ ィ ン グ ゲ ー ム 」 た っ た 。 プ レ ー ヤ ー が 突 飛 な 武 器 で 敵 を な ぎ 倒 し な が ら 3D 環 境 を 突 き 進 ん で い く 。 1999 年 の コ ロ ン バ イ ン 高 校 銃 乱 射 事 件 を 起 こ し た 高 校 生 2 人 が こ の 種 の ゲ ー ム の 熱 烈 な フ ァ ン だ っ た こ と が 判 明 し , ビ デ オ ゲ ー ム は ま た も や 非 難 に さ ら さ れ た 。 現 在 , ビ デ オ ゲ ー ム に 対 す る 見 方 は ま す ま す 大 き く 分 か れ て い る 。 一 方 で は 業 界 団 体 や 雑 誌 記 事 , ベ ス ト セ ラ ー 本 が ゲ ー ム と 「 ゲ ー ミ フ イ ケ ー シ ョ ン 」 ( 現 実 世 界 の 問 題 解 決 に ゲ ー ム 設 計 を 応 用 す る こ と ) に よ っ て 地 球 を 救 え る と 主 張 し て い る 。 他 方 で 親 た ち は , 子 供 が デ ジ タ ル メ テ ィ ア に 費 や す 1 日 平 均 約 8 時 間 と い う 時 間 と 苦 闘 し て い る 。 親 に と っ て , わ が 子 が 何 時 間 も 喜 々 と し て 重 砲 で 仮 想 人 類 を 全 滅 さ せ て 平 然 と し て い る 様 は 見 る に 耐 え 難 い 。 そ れ で も , ビ デ オ ゲ ー ム が 21 世 紀 の 教 育 分 野 の 難 問 に 対 処 す る の に 役 立 つ 大 き な 可 能 性 を 持 っ て い る の は 事 実 だ 。 私 の 会 社 E ラ イ ン メ デ ィ ア は , 少 し 名 前 を 挙 げ た だ け で も 全 米 科 学 財 団 (NSF), ス ミ ソ ニ ア ン 協 会 , 米 国 国 際 開 発 庁 , ビ ル メ リ ン ダ ・ ゲ イ ツ 財 団 , マ ッ カ ー サ ー 財 団 , AMD 財 団 , 米 国 防 高 等 研 究 計 画 局 (DARPA), 大 統 領 府 の 科 学 技 術 政 策 局 (OSTP) , イ ン テ ル , グ ー グ ル , マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 工 科 大 学 ビ ッ ト ・ ア ン ド ・ ア ト ム ズ ・ セ ン タ ー , ア リ ゾ ナ 州 立 大 学 ゲ ー ム ・ 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


微 粒 子 を 収 め た カ プ セ ル は オ ー ス ト イ ト ( 硫 化 鉄 ) , テ ー ナ イ ト ( 鉄 ニ ッ を 経 て 形 成 さ れ , LL4 型 は そ れ ほ ど の 高 温 を 経 て い な い タ イ プ た 。 ケ ル 金 属 ) , ク ロ マ イ ト ( ク ロ ム 鉄 鉱 ) ラ リ ア 内 陸 の 荒 野 に 落 下 し , JAXA 宇 な ど で , こ の 組 み 合 わ せ に 該 当 す る 地 高 温 の 原 因 は 放 射 性 同 位 体 の 崩 壊 熱 宙 科 学 研 究 所 ( 神 奈 川 県 相 模 原 市 ) の 「 地 球 外 試 料 キ ュ レ ー シ ョ ン 施 設 」 で 球 由 来 の 岩 石 は な く , 「 普 通 コ ン ド ラ や 母 天 体 が 誕 生 す る 際 に 起 き た 度 重 な イ ト 」 と い う 隕 石 グ ル ー プ の LL と い る 天 体 衝 突 と み ら れ た が , 天 体 の サ イ 取 り 出 さ れ て い る 。 キ ュ レ ー シ ョ ン と は 微 粒 子 を カ プ セ ル 内 の 収 納 容 器 か ら う タ イ プ と 合 致 す る こ と が わ か っ た 。 ズ が 小 さ い と 岩 石 の 断 熱 効 果 が 不 十 分 採 取 , 仕 分 け を し て カ タ ロ グ に 記 載 し , 酸 素 同 位 体 比 の 測 定 か ら も イ ト カ ワ の で , 天 体 中 心 で あ っ て も こ れ ほ ど の 高 分 析 の た め 内 外 の 研 究 機 関 に 分 配 す る 微 粒 子 が 普 通 コ ン ド ラ イ ト LL 型 と 合 温 に は な ら な い 。 天 体 中 心 が 800 ℃ く 作 業 の こ と 。 地 球 帰 還 か ら 6 年 が 過 ぎ ら い に な る の は 直 径 20km 程 度 の サ イ 致 す る こ と が 示 さ れ た 。 ズ が 必 要 だ 。 こ の こ と か ら イ ト カ ワ に 隕 石 に は 主 に 鉄 か ら な る 鉄 隕 石 や , た 現 在 も キ ュ レ ー シ ョ ン が 続 い て お り , こ の 先 10 年 以 上 か か る 見 通 し だ 。 鉄 と 岩 石 か ら な る 石 鉄 隕 石 も あ る が , は 直 径 約 20km 以 上 の 母 天 体 が 存 在 し 最 も 頻 繁 に 落 ち て く る の が 岩 石 タ イ プ は や ぶ さ が イ ト カ ワ か ら 持 ち 帰 っ た た こ と が わ か っ た 。 今 回 , 発 見 さ れ た 微 粒 子 表 面 の パ タ 微 粒 子 は 総 量 で 耳 か き 一 杯 に も ま っ た の 中 の 普 通 コ ン ド ラ イ ト で , 隕 石 の 約 く 満 た な い が , 総 数 で は 推 定 1500 個 8 割 を 占 め る 。 普 通 コ ン ド ラ イ ト は 約 ー ン の 中 で , こ う し た イ ト カ ワ の 由 来 以 上 に な る 。 こ れ ま で に 約 500 個 の 微 46 億 年 前 の 原 始 太 陽 系 で 形 成 さ れ た に 関 連 す る の は , 多 角 形 の 板 を 積 み 重 粒 子 が カ タ ロ グ に 記 載 さ れ , う ち 約 こ と が わ か っ て い る の で , イ ト カ ワ の ね た よ う な 階 段 状 の 構 造 だ ( 前 ペ ー ジ 200 個 に つ い て 様 々 な 分 析 が 行 わ れ て 岩 石 も そ の こ ろ 誕 生 し た と み ら れ る 。 の 画 像 ) 。 階 段 の 段 差 は 数 十 nm 。 実 い る 。 こ の う ち 初 期 分 析 で は 約 60 個 ま た 初 期 分 析 に 用 い ら れ た 約 60 個 は 類 似 し た 構 造 が 普 通 コ ン ド ラ イ ト LL5 型 の 内 部 に あ る 微 小 空 洞 ( 晶 洞 と の 微 粒 子 ( 直 径 30 ~ 18 叩 m ) が 選 の 微 粒 子 の 8 割 は 普 通 コ ン ド ラ イ ト の い う ) の 内 面 に も 見 ら れ る 。 隕 石 の お ば れ , 様 々 な 角 度 か ら 調 べ ら れ た 。 LL 型 の 中 で も LL5 型 や LL6 型 と い う タ イ プ で , 残 り 2 割 は LL4 型 だ っ た 。 そ の 結 果 , 微 粒 子 を 構 成 す る 鉱 物 は お も と に な る 天 体 が 原 始 太 陽 系 で 形 成 カ ン ラ ン 石 や 輝 石 , 斜 長 石 , ト ロ イ ラ LL5 型 や LL6 型 は 800 ℃ に 達 す る 高 温 さ れ た 当 時 , 天 体 内 部 の 晶 洞 が 高 温 で , そ こ に 岩 石 成 分 の ガ ス が 充 満 し て 晶 洞 内 面 に 結 晶 が 成 長 し て で き た も の と 考 え ら れ , 500 ℃ 以 上 の 高 温 で の 再 現 実 験 で 実 証 さ れ た 。 だ と す る と イ ト カ ワ 微 粒 子 表 面 に あ 破 断 で 生 じ た 構 造 イ ト カ ワ の 微 粒 子 ( 左 ) の 表 面 に , 前 へ ー ジ で 紹 介 し た も の と は タ イ プ が 異 な る 階 段 状 構 造 が 見 ら れ る ( 中 央 ) 。 天 体 衝 突 で 微 粒 子 が で き る 際 に 生 じ た 破 断 面 だ と 考 え ら れ る 。 実 験 で 同 じ 鉱 物 ( 低 カ ル シ ウ ム 輝 石 ) を 砕 い て み る と 同 様 の 破 断 面 が で き る ( 右 ) 。 l———-llpm I-——I lpm 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号 64

日経サイエンス 2016年10月号


ま た 産 油 国 へ の エ ネ ル ギ ー 調 達 の 依 存 を 少 な く し , 自 国 の 安 全 保 障 の 強 化 を 目 指 す 外 交 や 国 際 政 治 も ま た , 後 押 し の 要 因 た っ た 。 国 際 的 な 環 境 重 視 の 流 れ は せ き 止 め ら れ な い 。 地 球 の 未 来 へ の 理 想 を 高 く 掲 げ た 環 境 重 視 の 立 場 か ら み れ ば 皮 肉 な こ と に な る が , 各 国 に は 自 国 の 環 境 産 業 重 視 と い う 立 場 が あ る た め だ 。 一 例 を あ げ れ ば 中 国 だ 。 中 国 は PM2.5 な ど 大 気 汚 染 対 策 も 含 め て 環 境 改 善 の 必 要 に 迫 ら れ て い る 。 同 時 に 太 陽 光 発 電 や 原 子 力 な ど 低 炭 素 技 術 の 大 き な 国 内 市 場 を 抱 え , 輸 出 産 業 と し て の 期 待 も 大 き い 。 パ リ 協 定 に 背 を 向 け る こ と は 中 期 的 に は 利 益 に な ら な い だ ろ う 。 ま た オ バ マ 米 大 統 領 は 大 統 領 選 の 本 選 挙 前 ( 投 票 日 は 11 月 8 日 ) に パ リ 協 定 の 批 准 を 目 指 す 構 え だ 。 既 存 の 国 内 法 の 範 囲 内 で 実 行 で き る た め 改 め て 議 会 の 批 准 手 続 き を 必 要 と し な い 。 協 定 は い っ た ん 参 加 し た 国 が 3 年 間 は 脱 退 手 続 き が と れ な い 仕 組 み で , 次 期 大 統 領 を 縛 る こ と に な る 。 グ ロ ー バ ル 企 業 に と っ て 地 球 環 境 問 題 は も は や ひ と ご と で は な い 。 多 く の 企 業 は 地 球 環 境 の 劣 化 が も た ら す 貧 困 や 社 会 不 安 を こ れ ま で は 「 外 部 不 経 済 」 と み な し て き た 。 し か し 世 界 経 済 が 一 体 化 し 企 業 の サ プ ラ イ チ ェ ー ン が 国 境 を ま た ぎ , 世 界 の 隅 々 ま で 広 く 張 り 巡 ら さ れ る よ う に な っ た 結 果 , 持 続 的 な 成 長 と 繁 栄 を 追 求 す る う え で 開 発 途 上 国 が 抱 え る 課 題 を 放 置 し た ま ま で い る の は 次 第 に 難 し く な る 。 む し ろ 途 上 国 が 抱 え る 諸 課 題 の 解 決 に 積 極 的 に 関 与 し 社 会 の 安 定 と 市 場 の 拡 大 の た め に 投 資 す る 企 業 が こ れ か ら 増 え て く る に 違 い な い 。 そ れ は 最 終 的 に 利 益 に つ な が る 競 争 力 に も な り 得 る 。 地 球 規 模 の 諸 課 題 を い わ ば 「 内 部 化 」 す る 。 そ う し た 企 業 が 増 え , 投 資 家 や 金 融 機 関 の 中 に も こ の 動 き を 促 す 動 き が あ る 。 今 月 号 の 国 内 ウ ォ ッ チ ( 21 ペ ー ジ ) で 紹 介 し た 「 ト ヨ タ 自 動 車 と 世 界 自 然 保 護 基 金 の パ ー ト ナ ー シ ッ プ 」 の 背 景 に も , グ ロ ー バ ル 企 業 の 考 え 方 の 変 化 が あ る よ う に み え る 。 ま た 化 石 燃 料 を 座 礁 資 産 ( 市 場 環 境 の 変 化 に よ っ て 価 値 が 大 き く 毀 損 さ れ る 資 産 ) と み て 石 炭 火 力 発 電 な ど へ の 投 資 を 引 き 揚 げ る 「 ダ イ ベ ス ト メ ン ト 」 の 流 れ な ど も 同 じ 潮 流 に あ る と い え る 。 日 本 に と っ て グ ロ ー バ ル 化 の 利 益 は 不 利 益 よ り も 大 き い だ ろ う 。 内 向 き に な っ て は な ら な い 。 他 国 の 動 き に 右 往 左 往 せ ず , 地 球 環 境 問 題 で も 長 期 的 な 利 益 を 追 求 す る 姿 勢 が 大 切 だ 。 少 子 高 齢 化 や デ フ レ 脱 却 を は じ め 国 内 の 諸 課 題 の 解 決 と 地 球 規 模 課 題 へ の 対 処 を 並 行 し て 進 め る こ と に よ っ て , 科 学 技 術 や 社 会 ・ 経 済 構 造 の イ ノ ベ ー シ ョ ン を 実 現 し て い く こ と に し か 生 き る 道 は な い よ う に み え る 。 新 た な 危 機 を チ ャ ン ス に 変 え る 覚 悟 が 求 め ら れ て い る 。 ( た き ・ じ ゅ ん い ち : 日 本 経 済 新 聞 論 説 委 員 ) 当 世 か が く 考 少 漠 の 駝 鳥 イ ラ ス ト ・ 斉 藤 重 之 滝 順 一 地 球 環 境 が 直 面 す る 新 た な 危 機 ? 欧 州 連 合 (EU) 離 脱 を 決 め た 英 国 の 国 民 投 票 は 大 き な 驚 き だ っ た 。 自 分 の 働 く 場 所 や コ ミ ュ ニ テ ィ ー が ま ず 大 事 だ と 考 え る の は 自 然 な こ と と は い え る が , そ う し た 英 国 民 の 内 向 き 志 向 が 結 果 的 に , 欧 州 の 一 体 化 を 理 想 に 掲 げ て き た 過 去 数 十 年 の 歩 み に 水 を さ し た 。 同 様 の 底 流 は 欧 州 大 陸 諸 国 に も 根 強 く , EU の 未 来 が 危 惧 さ れ て い る 。 米 国 で は 排 外 的 な 言 動 を 繰 り 返 し て き た ト ラ ン プ 氏 が 共 和 党 の 大 統 領 候 補 に 指 名 さ れ た 。 本 選 挙 の 帰 結 は 予 想 し が た い が , 彼 が 前 面 に 押 し 出 す 「 米 国 第 一 主 毳 を か な り の 数 の 米 国 民 が 支 持 し て い る こ と に 不 安 を 感 じ る 。 1990 年 代 以 降 , 地 球 環 境 を 人 類 の 共 有 財 産 と と ら え , そ の 適 正 な 管 理 を 各 国 が 責 任 を 分 け 合 い 協 調 し て 取 り 組 む 流 れ が 生 ま れ た 。 昨 年 12 月 に 誕 生 し た , 地 球 温 暖 化 抑 止 の た め の 「 パ リ 協 定 」 は そ う し た 潮 流 の 大 き な 成 果 だ と い え る 。 欧 米 で 顕 在 化 す る 内 向 き 志 向 は 国 際 的 な 環 境 重 視 の 動 き に 悪 影 響 を 及 ぼ す だ ろ う か 。 パ リ 協 定 は 米 国 の 離 反 で 失 速 す る の だ ろ う か 。 そ の 危 険 は 十 分 に あ る だ ろ う 。 地 球 環 境 問 題 は 新 た な 危 機 の フ ェ ー ズ に 入 っ た の か も し れ な い 。 温 暖 化 の 進 展 な ど 外 的 リ ス ク に 加 え , 国 際 社 会 の 中 に 芽 生 え た 内 的 リ ス ク が も た ら す 危 機 と い っ て い い か も し れ な い 。 た だ 物 事 に は 常 に 両 面 が あ る 。 こ れ ま で 地 球 環 境 問 題 へ の 対 処 を 突 き 動 か し て き た の は , 人 々 の 善 意 や 理 想 だ け で は な い 。 い ず れ 到 来 す る 低 炭 素 社 会 ( あ る い は 脱 炭 素 社 会 ) に 向 け , ど の 国 が , ど の 企 業 が , ど ん な 技 術 が 主 導 権 を も ち 競 争 優 位 に た つ の か 。 そ う し た 産 業 政 策 的 な 要 素 が 地 球 環 境 問 題 を ク ロ ー ズ ア ッ プ さ せ た 大 き な 原 動 力 だ っ た こ と も 間 違 い な い 。 京 都 議 定 書 を 経 て パ リ 協 定 に 至 っ た 気 候 変 動 の 国 際 交 渉 も , 国 や 産 業 の 利 益 が か か っ た 駆 け 引 き だ っ た と も い え る 。 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号