検索 - みる会図書館

全データから 153219件見つかりました。
1. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

生物に含まれる DNA という分子が 遺伝子の正体なのよ 遺伝をつかさどる存在を暴き出せ ! DNA の法則 メンデルによって の概念が提唱された後、 遺伝子の正体が何であるかの研究が進められました。 世紀初頭には染色体の中に遺伝子が存在することが判明 し、 C) Z <( という物質であ 1944 年に遺伝子の正体は ることがわかりました。そして 19 5 3 年、ジェームス・ ワトソンとフランシス・クリックという 2 人の学者が a Z< のニ重らせん構造を発見したことで、遺伝のしくみ がついに解き明かされたのです。 z < はデオキシリポースおよびリン酸という物質 によって構成されており、この と、 4 種類の 塩基の組み合わせによってつくられるタンパク質を指定 します。つまり、 OZ< の塩基の組み合わせが親から子 へと受け継がれることで、遺伝情報が子にも伝わり、さ まざまな形質が遺伝するのです。 0 z < の構造と清報伝達方法の発見 遺伝子 ( ↓ 塩基 ( 2 ) KEYWORD 丁遺伝子 塩基 「遺伝子 (gene) 」という名称は円 09 DNA という長い分子は、塩基とい う部品が多数連なってできている。年に生み出された。また、染色体自 アデニンとチミン、グアニンとシト体はメンデル以前に発見されていた シンの 4 種類の塩基が DNA を構成が、染色体上に遺伝子があると発見 する部品として使われる。 されたのも同じ時期。 170

2. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

3 時間目 / 生物の時間 Bioloav 定義 変異は遺伝子に原因がある ■ダーウインの進化論 小さな変化の積み重ねでダーウインは小さな変化の積み重ねに よって進化が起きると考えたが、メンデ 進化は起こる ? ルの法則 (1 64 ページ ) と矛盾した。 ・ド・フリースの発見した突然変異 生物は突如として 変異を起こす ド・フリースの発見し た突然変異により、親 と異なる形質を持っ子 が生まれる。 突然変異 もっと知りたい 0 、 突然変異の発見 ド・フリースが突然変異を発 見したきっかけは、空き地に 咲く花でした。植物が育つの に向かない空き地で、適応す るために変異した花を見つ け、その種子が形質を遺伝す ることを発見しました。 ダーウインのビンチ ダーウインの進化論は、変化 が子孫に伝わることが前提で した。そのためメンデルの法 則で形質が子孫へ受け継がれ ていくことがわかると、理論 が破綻するピンチに陥ってし まったのです。

3. 「朝の習慣」を変えると人生はうまくいく! : 3分でできるマンネリ革命

また、記憶の集積、知識の統合、一言語の発達、思想の形成といった高度な営みを果 たすには、ニュ 1 ロンとニューロンが結びついて多くのシナプスを形成することが不 可欠ですが、それを可能にするのは、生物のなかで唯一、発現遺伝子を持っている人 類だけなのです。 私たち人間の誰もが標準装備しているヒト遺伝子には、人類五百万年の進化の歴史 で獲得された高い能力が、人間の潜在的な能力や可能性として、すべてインブットさ れています。 さらには、生物が地球に誕生して以来二十五億年の歳月をかけて獲得した形質遺伝 子、環境適応遺伝子、発現遺伝子など、とてつもない情報が、まさに無尽蔵に蓄積さ れているのです。 私は、このズバ抜けたヒト遺伝子を″勝ち組遺伝子〃と位置づけています。 勝ち組遺伝子は、人間が考えられるすべてのことを可能にする遺伝情報を持ってい ると考えることができます。 この勝ち組遺伝子のパワーを開花させ、上手に活用して生きるなら、人生におよそ 不可能なことなどなくなるでしよう。

4. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

生物 メンデルの偉大な発見は 危うく忘れられるところだったの ダーウインの解けなかった謎を解く 遺伝の法則 ダーウインが進化論を唱えた頃は、親から子へ、子か ら孫へと か引き継がれていくという退云の現 象については知られていたものの、詳しいメカニスムは 不明でした。なぜ必ず親と同じ種が生まれるのか、なぜ 兄弟の形質が異なる場合があるのかは、解明されていな かったのです。 それを初めて研究し、明らかにしたのが です。エンドウマメの遺伝を研究したメ ンデルによって、遺伝をつかさどる因子、つまり「遺伝 子」という概念が生み出されました。遺伝子によって親 の形質は正しく子に伝えられ、また両性生殖を行う生物 では、両親の遺伝子が交じることで子の形質が定まるの です。メンデルのこの発見により、遺伝子こそが進化を つかさどるということがわかったのです。 メンデル ( プ ' ) 親から子への遺伝がなぜ起きるのか 形質 ( こ グレゴール・ KEYWORD 、」クレゴー丿レ・メンテノレ オーストリアの修道士で、エンドウ個体の大きさや色、形などのこと。 マメの遺伝を研究した。発見した法形質には遺伝するもの、しないもの 則を田 65 年に論文として発表した があり、遺伝する形質のことを遺伝 が、死後の円 00 年に至るまで、そ形質という。一般的に形質といえば の発見は顧みられなかった。 遺伝形質のことを指す。 162

5. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

、、突然変異の法則 親と似ていない子どもが生まれてくる ! ? ) 種が別の種に進化するための 重大な要因よ 生物種の別種への進化は、親と違う形質を持っ子ども が生まれなければ起きません。生物の集団の中に、まれ に変わった形質を持った個体が現れることを といいます。この突然起こる変異が集団の中に広がって いくことで、集団が別の種へと変化していくのです。 9 世紀には、変異についての観察データが不足していて ダーウインは正しい説に到達できませんでした。 正しい学説は 19 01 年、 によって提唱されることになります。ド・フリースはオ オマッョイグサの観察から突如として変異が起きること を確認し、これを と呼びました。現在、変異は OZ< 複製の際のミスや化学物質や放射線による OZ< や染色体の損傷など、遺伝子に原因があるということが 判明しています ダーウインを困らせた「変異」 突然変異 ューゴー・ド・フリース ( プ ) 変異 ( ) KEYWORD , 、 ) 変異 オランダの植物学者であり遺伝学ダーウインは、遺伝にはゲンミュー 者。突然変異の学説を提唱した。ま ルという粒子が作用していると考え こ、誌められていなかったメンテル た。そして、それが変化して変異が の遺伝の法則を再発見し、その正し一起きると提唱したが、メンデルの法 さを世間に知らしめた。 則と矛盾するため否定された。 150

6. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

遺伝子が発現するかどうかを 明らかにした法則よ 遺伝子の謎に迫る メンデルの第一法則 ( 優劣の法則 ) 朝幸 メンデルは、エンドウマメの形質を伝える 7 つの について研究しました。たとえば種子の形 は「丸」と「しわ」の 2 種類があり、かならずどちらか の形となります。丸になる遺伝子を < 、しわになる遺 伝子をとすると、両親からそれぞれいずれかの遺伝 によっ 子が伝わり、 2 つを組み合わせた て種子の形が定まります。 この時の遺伝子型は「 < < 」「 < 」「 < 」「」 の 4 通りとなりますが、前 3 つはすべて丸となり、「」 のみがしわとなります。発現の強さにおいて < かを 上まわっているということから、 < が優性であり、 か劣性であるということかいえます。 これがメンデルの発見した法則のうち、第一の法則で ある「 」となります。 遺伝子 (—) 優性の遺伝形質が表に現れる 劣 の 法 遺伝子型 ( ② ) KEYWORD ー 2 「遺伝子型 工対立遺伝子 遺伝子の組み合わせのこと。対立遺金髪の遺伝子と黒髪の遺伝子のよう 伝子の組み合わせなどで、持ってい に、遺伝子の中で同じ位置を占めて ても表に発現していない遺伝子も含いる、対立した形質を伝える複数の まれる。発現している遺伝形質のみ遺伝子のこと。片方が発現すれば、 を表す場合には「表現型」という。 もう片方の遺伝子は発現しない。 1 64

7. 「朝の習慣」を変えると人生はうまくいく! : 3分でできるマンネリ革命

そしてさらに、遺伝子それぞれの中には、みなさんの遺伝情報のすべてがインブッ トされています。 遺伝情報というのは、両親から直接受け継ぐ遺伝形質のみにとどまりません。現在 る地球上に生きる六十億以上の人々は皆、ヒト種として共通の遺伝子を持って生きてい め 決 ます。 を もちろん、それぞれの人種の特徴があったり、両親から受け継いだ遺伝形質など、 の さまざまな個体差も見られます。 今 動 しかし、神経系の構造および細胞のはたらきなど、人間の体の仕組みは万国共通で 行 のす。そしてさらに、遺伝情報を担う遺伝子 QZ< の構造や、遺伝情報伝達の機構など 分 も、人類全体に共通しています。その理由は、誰もがヒト種として共通の遺伝子を持 朝 っているからなのです。 章 ところで、ヒトとチンパンジ 1 の遺伝子はほとんど同じで、三十億対もある塩基対 の中で、違いはわずか一・八パ】セントにすぎません。 しかし決定的な違いは、ヒトは、複雑な思考を可能にする脳神経回路と、その脳細 胞の増殖に関わる発現遺伝子を持っていることです。

8. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

3 時間目 , 一生物の時間ー 0 ー 00 定義 D N A は二重らせん構造 ・ DNA の構造 デオキシリポースとリン酸が 交互に結合した部分 塩基の組み合わせか 遺伝情報の正体 アデニン (A) とチミン (T) がペア、 グアニン (G) とシトシン (C) が ペアとなって遺伝情報を構成する。 弱い結合 ( 水素結合 ) G C ニ重らせん構造に よって情報か複製可能に D N A は二重らせん構造をしてお り、らせんカⅥつずつに分離し、新 たに塩基と組み合わされることで、 情報を伝えたり D N A 自体を複製し たりすることが可能になっている。 C G もっと知りたい 0 、 ニ重らせんの発見 アメリカ人のワトソンとイ ギリス人のクリックは、 z < の構造を解明するため、 >< 線写真とブリキでつくった分 子の構造模型を使って研究し ていました。研究は難航し一 時は中断させられたものの、 その時ワトソンが研究してい たウイルスのタンバク質のら せん構造から 2 人はニ重のら せん構造をひらめき、歴史的 な大発見が成し遂げられまし た。この発見のような「分子 構造を元に情報伝達という形 のないものを研究する」とい う分野は、それまでの生化学 にはありませんでした。

9. 本当は怖いだけじゃない放射線の話

る。「放射線によって生物は進化し、ヒトが誕生した」というのである。 放射線の代表的な作用のひとつに、 QZ< 分子に影響を与えるというものがあるのは、 本書でも随所で紹介してきた。影響は、生物にとって障害として現れることもあるが、 Z< の変化によって「従来種とは違う生物になる」可能性もある。精子や卵子、あるいは 受精卵に放射線が当たって、親の遺伝子とは異なる遺伝情報をもっことで、変種や新種と して誕生するかもしれない。 遺伝子が突然変異を起こす現象には、、 しくつもの原因が考えられる。だが、そのなかで も「日常的に飛び回っている自然放射線。によるものが多い、との説は説得力があると思 使わないだろうか。 て ル放射線が自然界になければ、遺伝子が変異するチャンスはずっと少なくなる。つまり、 活生物がここまで進化できたかどうかわからないし、そうならばヒトまで進化できなかった 射かもしれない。人間はずっと放射線のなかで暮らしてきたどころか、人間は放射線によっ 放 て誕生させられたというのが、この説の興味ぶかいところなのである。 章 第 205

10. るるぶポルトガル : リスボン ポルト シントラ オビドス コインブラ

滞在日数と目的で作る周遊プラン 8 泊 9 日南北を網羅 PLAN 1 日目 日本発←・ - ーのリスポン着 3 日目 約 45 分 ロカ岬観光 約 40 分 ( カスカイス経由 ) + 約 35 分 リスポン発 エウオラ発 約 5 時間 50 分 アルコバサ観光 t% ・ - 亠・ナサレ着 ナザレ観光 バターリャ観光 t% ・ -- -- - コインプラ着 コインプラ観光 N の ポルト発 日本着 【マークの見方】・・・電車・・・ハス 長い歴史が育んた遺構判云統、南北で異なる気候や文化など、 小国なからバラエティに富んた魅力をもつポルトカル。 より奥深い旅をするなら、複数都市を効率よくめぐるプランがおすすめ。 南でリゾート & エキゾチックバカンス 6 泊遺跡めぐり p N 6 泊美酒堪能 p N 日本発・のリスポン着 日本発←ーリスポン着 リスポン発 リスポン観光 約 3 時間 30 分 約 4 時間 ラゴス観光 ヴィゼウ観光 ラゴス ヴィゼウ サグレス観光 [ 區ポルト観光 ( ワイン工場見学 ) ラゴス着 ポルト発 ラゴス発 プラガ観光 ファロ観光 ファロ発 ポルト着 ホルト発 タヴィラ観光 日本着 ファロ着 ファロ発 7 日目 日本着 ボウサーダで美食 & スローバカンス 魅力的なボウサータ ( 国営ホテル ) が多いポ ルトガル。特にボウサーダが集中するアレン テージョ地方を泊まり歩くコースはおすすめ。 十 0 プランニングのヒントまた、北部にも人気のボウサーダが多い。ポ ウサーダの手配や詳細については P78 を参照。 遥か太古なる旧石器時代のアート群から、大航海時代を語るモニュメントまで、 歴史や文化、貴重な自然を現代に伝える 13 のユネスコ世界遺産を紹介。 テルセイラ島の リスポンのジェロニモス アルコバサの トマールの ・キリスト修道院 0 修道院とべレンの塔 アングラ・ド・エロイスモ サンタ・マリア修道院 1989 年 1983 年 → P57 1983 年 → MAP/P2 下 1983 年 → P32 、 34 → P56 大西洋上のテルセイラ島 ( アソー 15 世紀、エンリケ航海王子の先導 1 152 年、建国の祖アフォンソ・ 12 世紀、レコンキスタの功績によ り土地を寄進されたテンプル騎士団 レス諸島の一部 ) にあり、ポルトガ 工ンリケスが建立した修道院。レコ により始まった海外進出、大航海時 代は、ポルトカルをヨーロッパ最大 ンキスタ ( 国土回復運動 ) の際に貢 が建立した城と修道院。 14 世紀にキ ルと新大陸との中継地として発展し リスト騎士団のを、 - 、こ阜 た港湾都市。湾 の貿易国に発展 献した十字軍や させた。その富 シトー修道会に 本拠地となる。 を取り囲む要塞 が外敵の襲撃を と権力を誇示す 対する感謝の意 17 世紀まで繰 = るマヌエル様式 り返された増改 / 防衛していた。 を込めたもので、 築により、各時 1980 年の大地 の壮麗な建築物 正面は 18 世紀 がリスホンのべ に改築されたが、 代を反映する多 震により被害を 様な建築様式が 受けたが、現在 レン地区に堂々 内部は当時のま アソーレス諸島 たる姿を残す。 ま残る。 混在する。 は修復。 マデイラ諸島 ・ギマランイス歴史地区 シントラの文化的景観 ①コア渓谷考古学公園 ①マデイラ諸島の月桂樹林 ・ホルト歴史地区 2001 年 1989 年 → P65 1995 年 → P50 1998 年 → MAP/P2A2 → P63 → MAP/P2A1 イギリス出身の詩人ノヾイロンが「エ ポルトガル語で「木 = マテイラ」 初代ポルトガル国王アフォンソ・ 国名の由来の地であり、国内第 2 ドウロ川支流の渓谷で発見された の規模を誇るポルト。ドウロ川北岸 デンの園」と称員した緑豊かな土地。 後期旧石器時代の岩絵群。垂直に切 を意味する名の島々。大西洋上に位 工ンリケスの生誕地であり、ポルト に位置し、カテドラルやサン・フラ 王宮やペナ宮を筆頭に、古くから王 り立つ岩に動植物がモチーフとして 置し、温帯・亜熱帯性の植物が生息 ガル建国の地とされる。 12 世紀、建 族や族がこぞ ンシスコ教会を 描かれる。優れ する。特に、島々 国の際は国民性 中心に古し、街並 って館を建てる た表現技術と保 の山岳地帯には と言語の源とし みが残る。これ ほど自然美に優 存状態のよさ、 太古の姿をとと て栄えた文化の ら旧市街の遺構 れる。自然と街 規模の大きさか める月桂樹林が 中心地でもある。 が調和した景観 と、対岸を結ぶ ら「世界最大の 今なお残り、生 石と木が調和し 全体が世界遺産・ ドン・ルイス 1 世 野外ミュージア 物学的にも貴重 た街並みは中世 橋、対岸の修道 として登録され ム」とも呼はれ な例として注目 の趣を色濃くと 院が登録対象。 る。一部公開。ー されている。 ている。 とめている。 世界屈指のホルトガルワインを極める AM AM : PM AM PM PM 1 日目 2 日目、 1 日目 2 日目 リスホン泊 世界瞶産 ウイセウ泊 リスホン泊 リスホン泊 世界遺産リスホン泊 終日 AM 世界遺産 ラゴス泊 3 日目 3 日目 リスホン泊 約 1 時間 約 1 時間 45 分 4 日目 5 日目 PM 世界遺産ホ丿レト泊 ホルト泊 PM 約 1 時間 4 日目 5 日目 世界環奪エウ、オラ泊 ラコス泊 4 日目 約 1 時間 15 分 約 1 時間 30 分 こナサレ泊 ファロ泊 約 30 分 約 1 時間 15 分 6 日目 5 日目 ホルト泊 約 1 時間 約 50 分 6 日目 7 日目 機中泊 世界遺産を中心に 産地限定高級ワインに スポンから各都市をめ 世界遺産ホルト泊 格付けされるポートワ ぐりポルトに至る縦断 イン、ドウロワイン、ヴ 機中泊 コース。行程は多少き ィーニョ・ヴェルテの産 ついが、見ごたえ充分 地をワイナリー見学を で、ホルトガルの工ッ 交えてめぐる。ドウロ川 センスが凝縮した内容。 クルーズを加えても◎。 PM PM 約 1 時間 30 分 約 50 分 コインフラ泊 7 日目 ファロ泊 機中泊 欧州で人気のバカンス AM 地として知られる、フ AM アロやラゴスなどアル ガルヴェ地方の都市を 周遊。古代ローマやイ スラムの歴史が薫る遺 構見学も楽しめる。 約 1 時間 25 分 8 日目 9 日目 世界遺産 ポルトガルの世界遺産 文化遺産 文化遺産 文化遺産 文化遺産 ポルト 一百亠 丿スポン ロ 自然遺産 文化遺産 文化遺産 文化遺産 ーホルトガル 4 に を