検索 - みる会図書館

検索対象: 最強のプロ野球論

最強のプロ野球論から 257件ヒットしました。

最強のプロ野球論


最 強 の プ ロ 野 球 論 一 一 宮 清 純 講 談 社 現 代 新 書

最強のプロ野球論


日 取 0 一 一 宮 清 純 プ ロ 野 球 論 1510 松 井 、 松 坂 、 野 茂 、 チ ロ ー ら 超 一 流 選 手 の 技 術 ど 思 考 の 粋 を 取 材 し 語 り つ く す 講 談 社 現 代 新 書

最強のプロ野球論


本 書 は 『 本 』 ( 講 談 社 ) に 連 載 さ れ た 「 野 球 の 唯 物 論 」 を 元 に 再 構 成 し 、 大 幅 な 加 筆 訂 正 を 加 え た も の て す 。 そ れ 以 外 の 初 出 は 左 記 の 通 り 。 第 一 章 2 松 坂 大 輔 い イ チ ロ ー 『 文 藝 春 秋 』 ( 文 藝 春 秋 ) 一 九 九 九 年 八 月 号 「 松 坂 大 輔 イ チ ロ ー へ の 『 球 』 」 補 説 1 史 上 最 強 の 打 者 は 誰 か ー ー ー 『 現 代 』 ( 講 談 社 ) 一 九 九 一 一 年 一 一 月 号 補 説 2 史 上 最 強 の 投 手 は 誰 か ー ー ー 『 現 代 』 ( 講 談 社 ) 一 九 九 一 年 十 月 号

最強のプロ野球論


発 行 者 ー ー 野 間 佐 和 子 発 行 所 , ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 一 一 丁 目 一 一 一 ー 二 一 郵 便 番 号 一 一 二 ー 八 〇 〇 一 電 話 ( 出 版 部 ) 0 三 ー 五 三 九 五 ー 三 五 一 一 一 ( 販 売 部 ) 日 ー 五 三 九 五 ー 三 六 一 一 六 ( 製 作 部 ) 0 三 ー 五 三 九 五 ー 一 一 六 一 五 装 幀 者 ー ー 杉 浦 康 平 + 赤 崎 正 一 印 刷 所 ー ー 凸 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 ー ー 株 式 会 社 大 進 堂 ( 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ) P 「 inted in Japan ^ 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 て の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 03 ー 3401 ー 2582 ) に ご 連 絡 く だ さ い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 い い た し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 学 芸 図 書 第 一 出 版 部 あ て に お 願 講 談 社 現 代 新 書 一 510 や き ゅ う ろ ん さ い き よ 、 つ 最 強 の プ ロ 野 球 論 二 〇 〇 〇 年 六 月 二 〇 日 第 一 刷 発 行 二 〇 〇 一 年 一 月 一 五 日 第 八 刷 発 行 に の み や せ い じ ゅ ん 著 者 , ー ー 一 一 宀 呂 生 Ⅲ 純 OSeijun Ninomiya 2000 N. D. C. 783 254P 18cm ISBN4-06-149 う 10-0 ( 学 一 )

最強のプロ野球論


教 養 は 万 人 が 身 を も っ て 養 い 創 造 す べ き も の で あ っ て 、 一 部 の 専 門 家 の 占 有 物 と し て 、 た だ 的 に 人 々 の 手 も と に 配 布 さ れ 伝 達 さ れ う る も の で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 不 幸 に し て わ が 国 の 現 状 で は 、 教 養 の 重 要 な 養 い と な る べ き 書 物 は 、 は と ん ど 講 壇 か ら の 天 下 り や 単 な る 解 説 に 終 始 し 、 知 識 技 術 を 真 剣 に 希 求 す る 青 少 年 ・ 学 生 ・ 一 般 民 衆 の 根 本 的 な 疑 問 や 興 味 は 、 け っ し て 十 分 に 答 え ら れ 、 解 き ほ ぐ さ れ 、 手 引 き さ れ る こ と が あ り ま せ ん 。 万 人 の 内 奥 か ら 発 し た 真 正 の 教 養 へ の 芽 ば え が 、 こ う し て 放 置 さ れ 、 む な し く 滅 び さ る 運 命 に ゆ だ ね ら れ て い る の で す 。 こ の こ と は 、 中 ・ 高 校 だ け で 教 育 を お わ る 人 々 の 成 長 を は ば ん で い る だ け で な く 、 大 学 に 進 ん だ り 、 イ ン テ リ と 目 さ れ た り す る 人 々 の 精 神 力 の 健 康 さ え も む し ば み 、 わ が 国 の 文 化 の 実 質 を ま こ と に 脆 弱 な も の に し て い ま す 。 単 な る 博 識 以 上 の 根 強 い 思 索 カ ・ 判 断 力 、 お よ び 確 か な 技 術 に さ さ え ら れ た 教 養 を 必 要 と す る 日 本 の 将 来 に と っ て 、 こ れ は 真 剣 に 憂 慮 さ れ な け れ ば な ら な い 事 態 で あ る と い わ な け れ ば な り ま せ ん 。 わ た し た ち の 「 講 談 社 現 代 新 書 」 は 、 こ の 事 態 の 克 服 を 意 図 し て 計 画 さ れ た も の で す 。 こ れ に よ っ て わ た し た ち は 、 講 壇 か ら の 天 下 り で も な く 、 単 な る 解 説 書 で も な い 、 も つ ば ら 万 人 の 魂 に 生 ず る 初 発 的 か っ 根 本 的 な 問 題 を と ら え 、 掘 り 起 こ し 、 手 引 き し 、 し か も 最 新 の 知 識 へ の 展 望 を 万 人 に 確 立 さ せ る 書 物 を 、 新 し く 世 の 中 に 送 り 出 し た い と 念 願 し て い ま す 。 わ た し た ち は 、 創 業 以 来 民 衆 を 対 象 と す る 啓 蒙 の 仕 事 に 専 心 し て き た 講 談 社 に と っ て 、 こ れ こ そ も っ と も ふ さ わ し い 課 題 で あ り 、 伝 統 あ る 出 版 社 と し て の 義 務 で も あ る と 考 え て い る の で す 。 野 間 省 一 一 九 六 四 年 四 月 「 講 談 社 現 代 新 書 」 の 刊 行 に あ た っ て

最強のプロ野球論


( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済 ・ に の み や ・ せ い じ ゅ ん 一 九 六 〇 年 愛 媛 県 生 ま れ 日 本 大 学 商 学 部 卒 業 。 フ リ ー の ス ポ ー ツ ラ イ タ ー と し て 、 新 聞 、 雑 誌 、 テ レ ビ 等 を 舞 台 に 幅 広 く 活 動 中 。 主 な 著 書 に 「 D00 「 Dier ・ 出 版 、 「 ス ポ ー ツ 名 勝 負 物 語 」 ー ・ ・ 談 社 現 代 新 書 ー が あ る 。 ホ ー ム ペ ー ジ は ′ w き . コ ゴ om 一 yas 名 ュ s. 8 ョ III Ⅲ Ⅷ II 9 7 8 4 0 61 4 9 5 1 0 4 1 9 2 0 2 7 5 0 0 6 8 0 6 最 強 の プ ロ 野 球 論 ー ー 目 次 よ り ・ 究 極 の 投 球 術 ー ー 江 夏 豊 論 ・ 打 撃 す る 心 松 井 秀 喜 = 進 化 す る 怪 物 「 前 田 智 徳 は 死 に ま し た 」 ・ 史 上 最 強 の 打 者 は 誰 か ・ フ ォ ー ク と ス ラ イ ダ ー 野 茂 英 雄 / 吉 井 理 人 / 宣 銅 烈 / 平 松 政 次 ・ 史 上 最 強 の 投 手 は 誰 か ・ 職 人 た ち の 世 界 ・ 打 者 の 思 想 、 投 手 の 論 理 定 価 本 体 680 円 ( 税 別 ) ISBN4 ー 06 ー 149510 ー O C0275 *680E ( 0 )

最強のプロ野球論


現 代 新 書 既 刊 よ り ー ー 広 島 、 巨 人 で 年 間 投 げ 続 け た 左 腕 が 、 投 手 と い う 存 在 の 奥 深 さ を 語 り つ く し た の が 、 川 口 和 久 「 投 」 こ れ ま で の 野 球 本 と は 一 線 を 画 す 内 容 が 高 く 評 価 さ れ て い る 本 書 の 著 者 の 前 作 、 一 一 宮 清 純 「 ス ホ ー ツ 名 勝 負 物 蚯 は 、 野 球 に 限 ら ず 、 サ ッ カ ー 、 ボ ク シ ン グ 、 ラ グ ビ ー な ど さ ま ざ ま な 種 目 の ト ッ プ ア ス リ ー ト の 至 高 の 瞬 間 を 活 写 す る 。 日 本 の ス ホ ー ツ ラ イ テ ィ ン グ の 到 達 点 を 示 し た 傑 作 で あ る 。 片 山 宗 臣 っ ハ ソ コ ン が 野 球 を 変 え る ! 』 は 、 野 球 の デ ー タ を パ ソ コ ン 処 理 し て プ ロ 球 界 に 革 命 を 起 こ し た 集 団 ア ソ ボ ウ ズ の 代 表 が 、 デ ー タ か ら プ ロ 野 球 を 解 剖 し た カ 作 。 玉 木 正 之 「 ス ホ ー ツ と は 何 か 』 は 文 化 と し て の ス ホ ー ツ と い う 側 面 か ら 、 キ ー ワ ー ド を あ げ て 解 説 。 竹 内 靖 雄 『 チ ー ム の 研 究 」 は 、 チ ー ム と プ ロ ジ ェ ク ト の 関 係 を 分 析 し た 好 著 で あ る 。 マ ー ク ⅱ ア ジ ア の 「 豊 穰 の 渦 」

最強のプロ野球論


目 以 上 に ス ピ ー ド は あ り ま す 。 手 元 て 少 し 変 化 も し ま す し ね 。 ク セ の あ る ボ ー ル て す よ 。 四 死 球 が 八 つ と い う の は 多 過 ぎ ま す ね ? 松 井 野 口 が 逃 げ て る ん じ ゃ な い て す か ( 笑 ) 。 ま あ 、 そ れ は 冗 談 と し て 、 そ の く ら い 彼 の ス ラ イ タ ー は ス ト ラ イ ク ソ ー ン か ら ポ ー ル ゾ ー ン 、 つ ま り ぎ り ぎ り の コ ー ス に く る と い う こ と て す よ 。 僕 の 野 口 に 対 す る 打 率 が 悪 い の は 、 ー ル 気 味 の ス ラ イ タ ー に 手 を 出 し て い る か 、 ら ′ し し ょ , フ 。 逆 に き っ ち り ボ ー ル を 見 究 め る こ と が ぞ き た 時 に は 四 球 を と る こ と が て き て い る 。 そ う い う こ と だ と 田 5 う ん て す 。 八 つ も 四 球 を 選 ぶ こ と か て き た と い う の は 、 あ る 程 度 、 ぎ り ぎ り の ボ ー ル を 見 究 め る こ と が て き た と い う こ と て し よ う 。 ア ウ ト コ ー ス ぎ り ぎ り の ホ ー ル を 追 い か け ず 、 じ っ く り 待 て た と い う こ と て す か ら 。 い ず れ に し て も 、 ほ と ん ど 甘 い ボ ー ル が こ な い の が 野 口 の 特 徴 て す ね 。 ー ー 当 然 、 野 口 の 狙 い と し て は 、 追 い 込 め ば ア ウ ト ロ ー 、 て き れ ば ポ ー ル に な る ス ラ イ タ ー て 勝 負 し た い と い う こ と て す よ ね ? 松 井 : フ い - フ こ し J て し ょ - フ 左 寸 左 と い う こ と も あ り ま す か ら 、 ク ロ ス 気 味 の ポ ー ル が ア ウ ト ロ ー に き た ら 、 そ う は 打 て ま せ ん よ 。 コ ー ス ぎ り ぎ り に く る ポ ー ル を 、 ど れ だ け 我 慢 て き る か 。 そ し て 、 甘 い ポ ー ル を 待 て る か 。 こ れ が 野 口 を 打 つ 一 番 い い や り 方 じ ゃ な い 、 て ー 」 よ - フ か 77 打 撃 す る 心

最強のプロ野球論


相 手 の バ ッ ト と の 勝 負 な ん だ か ら 」 受 話 器 の 向 こ う の 森 安 の 声 は 想 像 以 上 に 野 太 か っ た 。 沢 村 か ら 始 め た 最 速 の 男 を 探 す 旅 、 明 確 な 結 論 な ど 出 よ う は ず も な い が 、 旅 そ の も の が 楽 し か っ た 。 最 後 に 、 ピ ッ チ ャ ー 受 難 の 時 代 ゆ え に こ そ 、 新 た な る 伝 説 の 誕 生 に 期 待 し た い 。 九 九 年 、 プ ロ 野 球 に ス ー パ ー ル ー キ ー が 現 れ た 。 西 武 ラ イ オ ン ズ の 松 坂 大 輔 て あ る 。 本 稿 て ふ れ た 伊 良 部 、 野 茂 、 佐 々 木 ら の あ と 、 日 本 球 界 に 出 現 し た 久 々 の 豪 球 投 手 て あ る 。 「 松 坂 君 は 栄 ち ゃ ん の 再 来 だ よ 」 京 都 商 時 代 、 沢 村 栄 治 と バ ッ テ リ ー を 組 ん だ 山 口 千 万 石 さ ん は 、 三 重 県 小 俣 町 の 自 宅 て そ - フ 語 っ て く れ た 「 こ だ 、 松 坂 君 は い つ も ニ コ ニ コ し て い る け ど 、 栄 ち ゃ ん は ク ー ル じ ゃ っ た な 。 マ ウ ン ド 上 て は ニ コ リ と も せ ん か っ た : 八 十 七 歳 の 元 高 校 球 児 に も 、 ぜ ひ 、 第 一 章 の 「 松 坂 大 輔 イ チ ロ ー 」 を 読 ん て 、 ナ 、 し し 」 田 じ - フ . 0 192

最強のプロ野球論


て 、 あ の 涙 は 彼 の ホ ン ネ が 出 た 瞬 間 だ し 、 ピ ッ チ ャ ー と し て の 感 性 が ほ と ば し っ た 瞬 間 だ と 思 い ま す ・ 。 て も ね え 、 な ぜ 泣 く か な あ 。 な に も 、 泣 か な く て も い い ん じ ゃ な い て す か ( 笑 ) 」 工 藤 公 康 ー ー 巨 人 へ の 提 一 一 実 働 一 八 年 て 通 算 一 六 二 勝 。 輝 か し い 実 績 を ひ っ さ げ て 、 工 藤 公 康 は 二 〇 〇 〇 年 か ら 読 売 ジ ャ イ ア ン ツ に 移 籍 し た 。 現 役 ナ ン バ ー ワ ン と も 言 え る 左 腕 の 目 に 、 長 嶋 巨 人 の 現 状 は ど の よ う に 映 っ た の た ろ う か ま ず ジ ャ イ ア ン ツ に 入 っ て 、 一 番 驚 い た こ と は ? 「 そ れ は ビ ッ チ ャ ー の 質 の 高 さ て す ね 。 こ れ だ け 好 素 材 を 集 め て い な が ら 、 な ぜ 優 勝 て き な い の か : 。 そ れ が 一 番 の 驚 き て し た 」 四 年 目 の サ ウ ス ポ ー 小 野 仁 は 、 す ぐ に 工 藤 さ ん に 〃 弟 子 入 り み し ま し た ね 。 彼 は 高 校 時 代 " 十 年 に ひ と り の 左 腕 〃 と 呼 ば れ た ほ ど の 逸 材 て す 。 し か し 、 社 会 人 を 経 由 し て プ ロ 244