検索 - みる会図書館

検索対象: 複数の「古代」

複数の「古代」から 228件ヒットしました。

複数の「古代」


複 数 の 活 代 」 神 野 志 隆 光 講 談 社 現 代 新 書 1914

複数の「古代」


複 数 の 活 代 」 神 野 志 隆 光 講 談 社 現 代 新 書 1914

複数の「古代」


『 日 本 書 紀 』 新 羅 高 麗 百 済 西 国 倭 蕃 中 国 倭 『 古 事 記 』 天 下 新 羅 百 済 ( 倭 ) ( 神 野 志 降 光 「 「 日 本 」 と は 何 か 」 講 談 社 現 代 新 書 よ り ) 日 本 日 本 1 16

複数の「古代」


N. D ℃ .913.2 226P 18cm ISBN97 & 4 ・ 06-287914 ・ 9 複 数 の 「 古 代 」 二 〇 〇 七 年 一 〇 月 二 〇 日 第 一 刷 発 行 こ う の し た か み つ 著 者 神 野 士 い 降 光 0 ) Takamitsu Kohnoshi ~ 00 「 発 行 者 野 間 佐 和 子 発 行 所 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 二 丁 目 一 一 一 電 話 出 版 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 三 五 二 一 販 売 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 五 八 一 七 業 務 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 三 六 一 五 装 幀 者 中 島 英 樹 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 株 式 会 社 大 進 堂 定 価 は カ バ に 表 示 し て あ り ま す Printed 三 Japan 囮 ^ 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ビ ー ) は 著 作 権 法 上 て の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 〇 三 ー 三 四 0 一 ー 二 三 八 二 ) に ご 連 絡 く だ さ い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 送 科 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 現 代 新 書 出 版 部 あ て に お 願 、 講 談 社 現 代 新 書 1914 ふ く す う ー 二 一 郵 便 番 号 一 一 二 ー 八 〇 〇 一 し し ↓ 」 し ・ ・ ま す ・

複数の「古代」


神 仏 習 合 と い わ れ る 神 話 の 変 奏 と も ひ と つ の 間 題 と し て 見 る べ き て あ る ( 参 照 、 神 野 志 隆 光 『 古 事 記 と 日 本 書 紀 「 天 皇 神 話 」 の 歴 史 』 講 談 社 現 代 新 書 、 一 九 九 九 年 ) 。 さ ら に 、 近 世 に お い て は 、 そ う し た 仏 教 的 世 界 観 か ら 離 れ て 、 固 有 の 言 語 文 化 と あ っ た も の と し て み ず か ら を 見 る と い う こ と を 、 問 わ ね ば な ら な い て あ ろ う 。 そ の 、 近 世 の 「 古 代 」 の 延 長 上 に 、 わ た し た ち の 「 古 代 」 を 見 る べ き て あ ろ う 。 し 」 い A フ . 一 」 し 」 歴 史 の な か て 変 奏 さ れ つ づ け る 「 古 代 」 と し て 見 な け れ ば な る ま い 。 複 数 は 、 古 代 の 「 古 代 」 の 卩 題 ( 引 こ と ど ま ら す 、 時 代 時 代 に あ っ た 「 古 代 」 と い う こ と も こ め て 、 の て あ る 。 こ う し た 問 題 を 、 複 数 の 「 古 代 」 と い う 視 座 は ひ ら く の て あ る 。 2 2 3 お わ り に

複数の「古代」


「 講 談 社 現 代 新 書 」 の 刊 行 に あ た っ て 教 養 は 万 人 が 身 を も っ て 養 い 創 造 す べ き も の て あ っ て 、 一 部 の 専 門 家 の 占 有 物 と し て 、 た だ 一 方 的 に 人 々 の 手 も と に 配 布 さ れ 伝 達 さ れ う る も の て は あ り ま せ ん 。 し か し 、 不 幸 に し て わ が 国 の 現 状 て は 、 教 養 の 重 要 な 養 い と な る べ き 書 物 は 、 ほ と ん ど 講 壇 か ら の 天 下 り や 単 な る 解 説 ( こ 終 始 し 、 知 識 技 術 を 真 剣 に 希 求 す る 青 少 年 ・ 学 生 ・ 一 般 民 衆 の 根 本 的 な 疑 問 や 興 味 は 、 け っ し て 十 分 に 答 え ら れ 、 解 き ほ ぐ さ れ 、 手 引 き さ れ る こ と が あ り ま せ ん 。 万 人 の 内 奥 か ら 発 し た 真 正 の 教 養 へ の 芽 ば え が 、 こ う し て 放 置 さ れ 、 む な し く 滅 び さ る 運 命 に ゆ だ ね ら れ て い る の て す 。 こ の こ と は 、 中 ・ 高 校 だ け て 教 育 を お わ る 人 々 の 成 長 を は ば ん て い る だ け て な く 、 大 学 に 進 ん だ り 、 イ ン テ リ と 目 さ れ た り す る 人 々 の 精 神 力 の 健 康 さ え も む し ば み 、 わ が 国 の 文 化 の 実 質 を ま こ と に 脆 弱 な も の に し て い ま す 。 単 な る 博 識 以 上 の 根 強 い 思 索 カ ・ 判 断 力 、 お よ び 確 か な 技 術 に さ さ え ら れ た 教 養 を 必 要 と す る 日 本 の 将 来 に と っ て 、 こ れ は 真 剣 に 憂 慮 さ れ な け れ ば な ら な い 事 態 て あ る と い わ な け れ ば な り ま せ ん 。 わ た し た ち の 「 講 談 社 現 代 新 書 」 は 、 こ の 事 態 の 克 服 を 意 図 し て 計 画 さ れ た も の て す 。 こ れ に よ っ て わ た し た ち は 、 講 壇 か ら の 天 下 り て も な く 、 単 な る 解 説 書 て も な い 、 も つ ば ら 万 人 の 魂 に 生 す る 初 発 的 か っ 根 本 的 な 間 題 を と ら え 、 掘 り 起 こ し 、 手 引 き し 、 し か も 最 新 の 知 識 へ の 展 望 を 万 人 に 確 立 さ せ る 書 物 を 、 新 し く 世 の 中 に 送 り 出 し た い と 念 願 し て い ま す わ た し た ち は 、 創 業 以 来 民 衆 を 対 象 と す る 啓 蒙 の 仕 事 に 専 心 し て き た 講 談 社 に と っ て 、 こ れ こ そ も っ と も ふ さ わ し い 課 題 て あ り 、 伝 統 あ る 出 版 社 と し て の 義 務 て も あ る と 考 え て い る の て す 。 一 九 六 四 年 四 月 野 間 省 一

複数の「古代」


し 。 時 に 、 天 地 の 中 に 一 物 生 れ り 。 状 葦 牙 の 如 し 。 便 ち と 為 る 。 邸 常 立 尊 ー も う と 号 す 。 ( 以 下 略 ) 【 大 意 】 そ れ て 、 天 地 が 開 け た は じ め に 、 土 壌 が 浮 か び 漂 う こ と 、 ち ょ う ど 、 魚 が 一 つ の 物 が 生 水 に う か ん て い る よ う て あ っ た と い う 。 そ の と き 、 天 地 の あ い だ に 、 じ た 。 か た ち は 葦 の 芽 の ご と く て 、 そ れ が そ の ま ま 神 と な っ た 。 国 常 立 尊 と 申 し 上 と あ る 。 丸 山 は 、 こ の 「 故 日 は く 」 の と こ ろ て ギ ャ ッ プ を 生 じ て い る と い う の て あ る 。 は か ら い ざ な き の み こ と い ざ な み の み こ と 「 共 に 計 ひ て 」 瓊 矛 し か し 、 伊 奘 諾 尊 ・ 伊 奘 冉 尊 が 、 天 の 神 の 命 令 を 受 け る こ と な く 、 を さ し お ろ し て オ ノ ゴ ロ 島 を 得 て 国 を 生 む こ と と な り 、 「 陽 神 」 「 陰 神 」 と 呼 ば れ る こ と ま て 見 届 け て ゆ く な ら ば 、 陰 陽 論 が 「 古 代 中 国 」 の 観 念 だ と し て も 、 『 日 本 書 紀 』 は 、 そ れ に よ っ て 世 界 の は じ ま り を 語 る こ と が て き た の だ と い わ ね ば な ら な い 。 こ れ に 対 し て 、 『 古 事 記 』 は 「 ム ス ヒ の 二 神 の 象 徴 す る 生 成 増 殖 」 の イ メ ー ジ を も っ て 世 界 を 語 る こ と を 得 た の だ と 、 そ の は じ ま り を と ら え て 、 ふ た つ の テ キ ス ト を 、 は じ め て 正 当 に 見 る こ と が て き る 。 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 に は 、 異 な る 、 世 界 の は じ ま り の 物 語 が あ る と 見 る べ き な の て あ る ( 参 照 、 神 野 志 隆 光 『 古 事 記 と 日 本 書 紀 』 講 談 社 現 代 新 書 、 一 九 九 九 年 ) 。 ぬ ほ こ

複数の「古代」


徳 太 子 」 の 間 題 等 に た だ ち に 広 が る 。 そ こ に お い て 、 ど ち ら が 正 し い か と い - フ と ら わ れ か ら は な れ て 、 異 な る 紀 年 を 見 る こ と に 導 か れ 、 誤 り や 間 違 い と さ れ て き た こ と の 意 味 を 考 え な お す こ と に な る 。 本 書 第 一 章 ー 第 五 章 か ら 、 第 六 、 七 、 八 章 へ の 展 開 は 、 そ の よ う な 間 題 の 広 が り か た て あ っ た 。 本 書 て は ふ れ ず に お わ っ た が 、 問 題 の 広 が り は 、 『 風 土 記 』 の 「 倭 武 天 皇 」 な ど に 及 ぶ て あ ろ - フ こ う し た か た ち ぞ と ら え る こ と は 、 わ た し に と っ て 、 「 天 皇 神 話 」 の 多 元 生 を 見 た こ と の 必 然 て あ っ た 。 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 の 神 話 的 物 語 は 、 そ れ ぞ れ の テ キ ス ト に お い て 別 な も の と し て 成 り 立 っ と い う こ と を 、 さ き の 『 古 事 記 と 日 本 書 紀 「 天 皇 神 話 」 の 歴 史 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 、 一 九 九 九 年 ) て あ き ら か に し た 。 テ キ ス ト が 成 り 立 た せ る 神 話 は 、 多 元 的 て あ っ た 。 そ の 神 話 を 正 統 性 の 根 源 と し て 、 天 皇 の 「 歴 史 」 は 語 ら れ る 。 そ う し た 「 歴 史 」 を ど う と ら え る か 。 古 代 の テ キ ス ト に よ っ て 成 り 立 た せ ら れ た 、 異 な る 「 歴 史 」 と し そ う 考 え て き た 。 て と ら え る 、 そ う し た 全 体 を め ざ さ ね ば な ら な い 。 「 聖 徳 太 子 」 へ の ア プ ロ ー チ は 、 そ れ を 具 体 化 す る 試 み て あ り 、 「 テ キ ス ト の な か に 成 り 立 っ 〈 聖 徳 太 子 〉 」 ( 『 万 葉 集 研 究 』 二 六 集 、 塙 書 房 、 二 〇 〇 四 年 ) を ま と め た こ と に よ っ て 、 本 書 の 骨 格 は 成 っ た 。 0 2 25 あ と が き

複数の「古代」


そ の 稲 目 の こ と ば に 、 「 豊 秋 日 本 」 と あ る 。 「 日 本 」 と い う 号 が 、 世 界 の 関 係 に お い て 意 味 を も つ も の て あ る こ と を 、 よ く 示 す 例 と い え る 。 「 日 本 」 に つ い て は 、 さ き に 『 「 日 本 」 と は 何 か 国 号 の 意 味 と 歴 史 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 、 二 〇 〇 五 年 ) て 考 察 し た と お り だ が 、 神 功 皇 后 の 物 語 を 通 じ て 、 朝 鮮 と の 関 係 に お い て 「 日 本 」 た る こ と の 本 質 が あ ら わ し だ さ れ る と い - フ こ と に 、 あ ら た め て 注 意 し ょ - フ 。 お お や ま と と よ あ き づ し ま 『 日 本 書 紀 』 は 、 伊 奘 諾 尊 ・ 伊 奘 冉 尊 の 産 ん だ 本 州 に あ た る 島 を 「 大 日 本 豊 秋 津 洲 」 と す る こ し 」 か 、 ら は じ 上 っ て 、 、 も と よ り 「 日 , 夲 」 、 て ~ の っ た も の と し て 五 る 。 。 、 オ カ そ の 意 味 が あ ら わ さ れ る の は 、 神 功 皇 后 に よ る 朝 鮮 平 定 の 話 に お い て て あ っ た 。 神 功 摂 政 前 紀 ( 仲 哀 天 皇 九 年 ) 、 十 月 の 己 亥 の 朔 辛 丑 条 に い う 。 こ の 日 、 皇 后 の 船 は 和 珥 の 津 を た っ た 。 そ の と き 、 風 の 神 は 風 を お こ し 、 海 の 神 は 波 を お こ し 、 海 の 魚 が 船 を 助 け て 、 船 は 波 に 乗 っ て 一 気 に 遠 く 新 羅 の 国 の 中 に 及 び 、 軍 の 勢 い は 盛 ん ぞ あ っ た の を 見 て 、 新 羅 王 は 戦 わ す し て 降 服 し た 。 そ の 王 の こ と ば に こ う あ る 。 吾 聞 く 、 東 に 神 国 有 り 。 日 本 と 謂 ふ 。 亦 聖 王 有 り 。 白 一 と 謂 ふ 。 必 ず 其 の 国 み い く さ あ に い く さ ふ せ の 神 兵 な ら む 。 豈 兵 を 挙 げ て 距 く べ け む や 。 わ に 1 1 3 第 四 章 紀 年 を も つ 「 日 本 書 紀 」 の 「 歴 史 」

複数の「古代」


1551 1448 1432 1384 日 本 語 ・ 日 本 文 化 タ テ 社 会 の 人 間 関 係 中 根 千 枝 期 日 本 人 の 意 識 構 造 ー 会 田 雄 次 Ⅲ 出 雲 神 話 松 前 健 繝 敬 語 を 使 い こ な す ー 野 元 菊 雄 カ レ ー ラ イ ス と 日 本 人 森 枝 卓 士 2 外 国 語 と し て の 日 本 語 ー 佐 々 木 瑞 枝 武 士 道 と エ ロ ス ー ー ・ ー 氏 家 幹 人 「 世 間 」 と は 何 か ー ー ・ 阿 部 謹 也 マ ン ガ と 「 戦 争 」 ー 夏 目 房 之 介 江 戸 の 性 風 俗 氏 家 幹 人 日 本 人 の し つ け は 衰 退 し た か 広 Ⅲ 照 幸 キ リ ス ト 教 と 日 本 人 井 上 章 一 1800 1878 1719 1736 1738 1762 1789 教 養 と し て の 大 塚 英 志 〈 ま ん が ・ ア ニ メ 〉 ・ ー サ サ キ バ ラ ・ ゴ ウ ま ち が い だ ら け の 日 本 語 文 法 町 田 健 鼬 「 お た く 」 の 精 神 史 ー 大 塚 英 志 〈 美 少 女 〉 の 現 代 史 ー サ サ キ バ ラ ・ ゴ ウ 「 し き り 」 の 文 化 論 ー ー ー 柏 木 博 風 水 と 天 皇 陵 ー ー ・ 来 村 多 加 史 大 人 の た め の 文 章 教 室 清 水 義 範 井 上 章 一 性 の 用 語 集 関 西 性 欲 研 究 会 テ レ ビ ア ニ メ 魂 ー ー ー 山 崎 敬 之 フ ラ ン ス ・ ド ル ス 日 本 語 の 森 を 歩 い て ー 小 林 康 夫 茶 人 た ち の 日 本 文 化 史 ー 谷 晃 「 本 』 年 間 予 約 購 読 の ご 案 内 小 社 発 行 の 読 書 人 向 け PR 誌 「 本 」 の 直 接 定 期 購 読 を お 受 け し て い ま す 。 お 申 し 込 み 方 法 ハ ガ キ ・ FAX て 、 の お 申 し 込 み お 客 様 の 郵 便 番 号 ・ ご 住 所 ・ お 名 前 ・ お 電 話 番 号 ・ 生 年 月 日 ( 西 暦 ) ・ 性 別 ・ 職 業 と 、 購 読 期 間 ( 1 年 900 円 か 2 年 1 , 800 円 ) を ご 記 入 く だ さ い 〒 112 ー 8001 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 講 談 社 読 者 ご 注 文 係 「 本 」 定 期 購 読 担 当 電 話 ・ イ ン タ ー ネ ッ ト て の お 申 し 込 み も お 受 け し て い ま す 。 TEL 03 ー 3943 ー 5111 FAX 03 ー 3943 ー 2459 http: 〃 shop. kodansha. jp/bc/ 購 読 料 金 の お 支 払 い 方 法 お 申 し 込 み と 同 時 に 、 購 読 料 金 を 記 入 し た 郵 便 振 替 用 紙 を お 届 け し ま す 。 郵 便 局 の ほ か 、 コ ン ビ ニ て も お 支 払 い い た だ け ま す 。 0