検索 - みる会図書館

検索対象: 野心のすすめ (講談社現代新書)

野心のすすめ (講談社現代新書)から 200件ヒットしました。

野心のすすめ (講談社現代新書)


野 心 の す す め 林 真 理 子 講 談 社 現 代 新 書 2201

野心のすすめ (講談社現代新書)


野 心 の す す め 林 真 理 子 講 談 社 現 代 新 書 2201

野心のすすめ (講談社現代新書)


N. D. C. 002 192P 18cm ISBN978-4-06-288201-9 講 談 社 現 代 新 書 2201 や し ん 野 心 の す す め 二 〇 一 三 年 四 月 二 〇 日 第 一 刷 発 行 は や し ま り こ 著 者 林 首 【 理 「 ナ ◎ Ma 「 iko Hayashi 20 こ 発 行 者 鈴 木 哲 発 行 所 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 一 一 丁 目 一 一 一 電 話 出 版 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 三 五 二 一 販 売 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 五 八 一 七 業 務 部 〇 三 ー 五 三 九 五 ー 三 六 一 五 装 幀 者 中 島 英 樹 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 ル 製 本 所 株 式 会 社 大 進 堂 刀 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す Printed inJapan 部 真 本 書 の コ ビ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 の 無 断 複 製 は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま 社 す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 講 の 利 用 で も 著 作 権 法 違 反 で す 。 〈 日 本 複 製 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 製 権 セ ン タ ー ( 電 話 〇 三 ー 三 四 〇 一 ー 二 三 八 一 I) に ・ こ 連 絡 く だ さ い 。 写 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 中 送 料 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え い た し ま す 。 本 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 現 代 新 書 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 ー 二 一 郵 便 番 号 一 一 二 ー 八 〇 〇 一

野心のすすめ (講談社現代新書)


さ こ 問 十 単 わ 送 題 ー す が 分 い 答 解 課 題 ー 不 布 人 て 、 れ 終 あ れ 身 り 伝 以 統 来 こ 根 あ 、 て 、 代 憂 技 国 強 精 る 出 思 カ 版 対 手 真 社 象 剣 て 、 て 、 す し 、 あ れ 判 て の す 養 、 む 務 て 、 仕 の て 、 ば 成 も 服 事 だ あ 年 な あ 態 確 る い 意 、 図 と 考 ん 万 般 て こ [ 文 人 民 い る だ て の 談 の 物 て 、 社 質 て 、 立 魂 か 本 生 て 、 こ 学 必 脆 四 年 。 要 弱 進 興 壇 正 . ー 味 カ 四 月 野 世 本 間 っ 下 省 た ち は 講 壇 か ら の 、 業 願 起 天 談 真 上 り も な く な る 言 見 . 圭 も な も っ ば ら 万 人 の ず 初 発 か - つ 根 的 な わ し た ち は 創 民 こ 衆 を す る 啓 豕 の 事 専 心 し て き た 講 と っ れ そ も と も ふ り 出 し た い と 芯 し て い ま す を と ら ん 掘 り し 手 引 き し し か も 最 辛 斤 知 識 へ の 展 一 望 を 万 人 確 さ せ る 物 を 新 し く の 中 わ た し た ち の 講 下 社 剣 現 新 聿 は の 解 事 な 態 の を し て 画 さ れ た も の す れ よ て わ た し 来 と っ て は さ れ な け ば ら な い て 、 あ る と い わ な れ ば な り ま せ ん ま 単 な る 博 れ 識 す 以 の 索 カ カ お よ び か な 技 術 さ さ ん ら れ た 教 養 を と す る 本 の リ と 目 さ れ た り る ノ 、 々 の い 神 て 、 の 健 康 さ ん も し み わ が 国 の イ ヒ の 実 を ま と な も の し て い の と は 中 回 校 だ け 教 育 お わ る 人 々 の 長 は ば ん い る け な く 大 ん だ り イ ン ア ん フ し て 放 置 さ れ む な し く を 滅 引 び さ る 運 ロ 卩 ゆ ね ら れ て る の す ん ら 解 き ほ ぐ さ れ き さ る と り ま せ ん の 内 。 奥 根 ら 発 し た 真 の 教 養 へ 0 ) 芽 ば な る 説 、 始 し 知 識 術 希 れ 求 教 る 冂 が 少 要 生 的 な 疑 問 や は け し て し か し 幸 し て わ が の 現 状 は の 重 養 い と な る き は ほ と ん ど 講 ら の 天 り や 手 も と 、 配 万 さ 伝 達 さ れ う る も の り ま せ ん 教 養 は 力 す を も て 養 い 創 造 も の て 、 あ て 部 の の 占 有 物 と し て た 方 的 人 々 の 講 談 社 現 代 新 書 の 刊 行 に あ た つ て

野心のすすめ (講談社現代新書)


だ に 生 き て い る の で し よ う が 、 小 説 を 書 き た い と い う 場 合 、 「 僕 は 書 け そ う な ん で す 。 書 け る ん で す 」 と 言 っ て 、 初 対 面 の 作 家 に 小 説 を 教 え て も ら え る と 思 っ て い る 時 点 で 大 き な 勘 違 い だ と 思 い ま す 。 せ め て 「 新 人 賞 の 佳 作 に 入 っ た ん で す 」 と か 、 過 去 形 の 実 績 を 自 力 で 作 ら な い と 。 ま あ 、 い ず れ に し て も 私 は 、 小 説 の 個 人 教 授 を す る 気 は あ り ま せ ん が 。 自 分 で は た い し た 努 力 も せ ず に 「 う ま く や ろ う 」 っ て い う 人 は 、 誰 か に 取 り 入 ろ う と す る こ と ば か り 考 え て い る 。 健 全 な 野 心 と は 程 遠 い 、 ダ メ な 野 心 と は そ う い う こ と で す 。 こ こ で 、 私 が た い へ ん お 世 話 に な っ た 糸 井 重 里 さ ん と 秋 山 道 男 さ ん の 話 を し ま し よ う 。 糸 井 さ ん は あ ま り 触 れ た が ら な い よ う で す が 、 私 は 、 糸 井 さ ん に 世 に 出 る き っ か け を 作 っ て も ら っ た と 言 っ て も 過 言 で は あ り ま せ ん 。 二 番 目 に 就 職 し た ゆ る い 広 告 会 社 で 毎 日 ダ ラ ダ ラ と 過 ど し て い た 私 は 、 こ の ま ま で は い け な い と 、 糸 井 さ ん が 天 野 祐 吉 さ ん と 作 っ た 広 告 学 校 の 「 糸 井 塾 」 に 入 り ま し た 。 一 九 七 九 年 、 私 が 二 十 五 歳 に な っ た 年 の こ と で す 。 糸 井 塾 は 、 当 時 す で に 超 一 流 コ ビ ー ラ イ タ 1 だ っ た 糸 井 さ ん が 週 に 一 回 、 講 師 を 務 め て 27 第 一 章 野 心 が 足 り な い

野心のすすめ (講談社現代新書)


す 。 と し て は 雇 っ て も ら え ず 、 非 正 規 雇 用 者 と し て し か 働 け な い 人 が 多 い 。 い く ら 野 心 を 抱 け 、 と 若 い 人 の 背 中 を 押 し て み た と こ ろ で 、 「 そ ん な の 無 理 じ ゃ ん か ! 」 と 言 わ れ れ ば 、 そ れ で お し ま い に な っ て し ま う の は わ か っ て い ま す 。 で も 、 あ え て 、 女 ド ン ・ キ ホ ー テ と 言 わ れ よ う が ( 激 安 の 女 と い う 意 味 で は あ り ま せ ん よ ) 、 野 心 を 持 っ こ と を 私 が す す め 続 け る の は 、 自 分 が 本 当 に 何 も 持 っ て い な い と こ ろ か ら の ス タ ー ト だ っ た と い う こ と に は 自 信 が あ る か ら で す 。 時 代 が 時 代 だ け れ ど も 、 た と え ば い ま は イ ン タ ー ネ ッ ト が あ る 。 私 の 知 り 合 い で も 、 人 気 プ ロ ガ ー だ っ た 知 名 度 を 元 に ビ ジ ネ ス を 始 め て 成 功 し て い る 女 性 が い ま す 。 ま た 、 最 近 は 海 外 で 就 職 す る 日 本 人 も 増 え て い る そ う で す ね 。 せ め て 、 正 真 正 銘 ゼ ロ か ら ス タ 1 ト し た 私 の 話 か ら 何 か を 感 じ て 、 野 心 を 持 っ て も ら う こ と は で き な い だ ろ う か 。 そ れ を 信 じ て 、 再 び 本 論 に 戻 り た い と 思 い ま す 。 「 フ リ ー タ ー 」 と い う 言 葉 も ま だ 無 か っ た 時 代 、 無 職 の 貧 し い 女 の 子 の お 話 か ら 始 め ま 就 職 活 動 の 時 を 迎 え 、 出 版 社 や 銀 行 な ど 四 十 社 以 上 の 就 職 試 験 を 受 け ま く っ た 私 は 、 の 71 第 三 章 野 心 の 履 歴 書

野心のすすめ (講談社現代新書)


最 初 に 「 あ な た の 今 ま で の 道 の り を 小 説 仕 立 て に し て み ま せ ん か 」 と 言 っ て く れ た の は 講 談 社 の 編 集 者 で す 。 べ テ ラ ン の 編 集 者 は 「 エ ッ セ イ の 一 人 称 を 三 人 称 に し て 書 い て み な さ い 」 と ア ド バ イ ス し て く れ ま し た 。 当 時 は 出 版 社 も い ち ば ん 良 い 時 代 で 、 フ グ を 食 べ に 連 れ て 行 っ て も ら っ た り 、 銀 座 の ク ラ ブ で 遊 ば せ て も ら っ た り 。 ち や ほ や さ れ て 、 つ い そ の 気 に な っ て し ま っ た と い う の が 始 ま り で し た 。 『 ル ン ル ン 』 の 時 と は 違 っ て 、 今 度 は 出 版 社 の お 金 で ホ テ ル に 缶 詰 に な り ま し た 。 ず っ と 女 性 編 集 者 が 横 に い て く れ て 、 書 か ざ る を え な か っ た 。 で も 当 初 、 執 筆 は 難 航 し ま し た 。 当 時 の 私 は 人 気 工 ッ セ イ ス ト に は な っ て い ま し た が 、 反 面 で 「 ブ ス を 売 り 物 に し て 」 と い っ た 批 判 の 声 も 大 い に 浴 び て い ま し た 。 私 を 嫌 う 人 々 へ の ネ タ を 、 結 局 は 自 ら の エ ッ セ イ で 提 供 し て き て い る こ と は 、 昔 か ら 現 在 に 至 る ま で 自 覚 し て い ま す 。 そ う し た 状 況 に ほ い や け と ほ と 嫌 気 が さ し て い た 私 は 、 自 伝 的 な 小 説 の 中 で 、 自 分 と は ま っ た く 違 う 過 去 を 持 っ 女 、 モ テ て モ テ て 困 る 、 恋 多 き 女 の 遍 歴 を 書 こ う と し ま し た が 、 無 理 な 話 で し た 。 会 話 か ら 何 か ら す べ て が 空 々 し く な っ て し ま う の で す 。 以 下 は 、 私 の 最 初 の 小 説 『 星 に 願 い を 』 ( 一 九 八 四 年 ) の 主 人 公 ・ キ リ コ の 独 白 で す 。 108

野心のすすめ (講談社現代新書)


せ 乍 世 に 出 た ら 、 私 の 運 命 は 大 き く 変 わ る の 合 ト っ 一 つ 理 だ 。 数 年 後 に は す っ か り 有 名 に な っ て い レ 」 阜 文 大 る 自 分 は 、 「 ま だ 無 名 だ っ た あ の 日 、 神 部 え 田 で 美 し い 木 槿 の 花 を 見 た 」 こ と を 懐 か 」 を し く 思 い 出 す こ と だ ろ う 。 昉 出 版 後 に 『 ル ン ル ン 』 は ベ ス ト セ ラ ー 0 物 行 と な り 、 翌 年 の フ ジ テ レ ビ の キ ャ ン ペ ー 単 る ン ガ ー ル を 務 め た 林 真 理 子 は 、 人 々 か ら ち ょ う じ 「 時 代 の 寵 児 」 と 呼 ば れ る 有 名 人 に な っ て い ま し た 。 大 輪 の 「 野 心 」 が 、 つ い に 開 花 し た の で す 。 世 間 で 「 野 心 」 と い え ば 、 腹 黒 か っ た り 身 の 程 知 ら ず で あ っ か ま し い イ メ ー ジ が 先 行 し て い ま す よ ね 。 「 野 心 家 」 と な る と 、 も う ほ と ん ど 悪 人 扱 い で す 。 実 際 に 、 辞 書 で 「 野 心 」 を 引 い て み ま し た 。 ま ず は 「 人 に 馴 れ 服 さ な い で 、 と も す れ ば 害 し よ う と す る 心 」 「 身 分 不 相 応 の 大 き な 望 み 。 野 望 」 ( 『 広 辞 苑 第 六 版 』 ) と い う 定 義

野心のすすめ (講談社現代新書)


第 三 章 野 心 の 履 歴 書 不 採 用 通 知 の 束 を 宝 物 に / い じ め ら れ っ 子 だ っ た 中 学 時 代 / 「 新 規 ま き 直 し 」 作 戦 / 生 ま れ て 初 め て 努 力 を す る / 電 気 コ タ ッ で 泣 い た 、 ど ん 底 時 代 / 小 さ な 成 功 体 験 を 大 切 に す る / 有 名 に な り た い ! / つ い に 野 心 に エ ン ジ ン が か か る / 「 マ イ ジ ャ ー 」 で は な く 「 メ ジ ャ ー 」 / 激 し い バ ッ シ ン グ の 日 々 / 知 名 度 を 再 浮 上 さ せ る に は / 作 家 に な り た い ! / カ リ ス マ 編 集 者 ・ 見 城 徹 氏 の 登 場 / ス ラ ン プ ー ー ー 霧 の 中 の 十 年 第 四 章 野 心 と 女 の 一 生 マ マ チ ャ リ の 罪 / ″ 絶 対 安 全 専 業 主 婦 〃 の 存 在 / 他 人 を 羨 ま ず に 生 き て い け る か / 子 育 て と 仕 事 の 両 立 / 自 己 顕 示 欲 の 量 / 働 い て い る か ら 確 認 で き る 愛 情 / オ ス 度 の 高 い 男 性 ほ ど 美 し い メ ス を 選 ぶ / 自 己 完 結 の 「 美 魔 女 」 、 美 人 の 有 効 利 用 「 女 子 ア ナ 」 / コ ス プ レ に 見 え る 女 性 政 治 家 / 女 性 経 営 者 の 野 心 の バ ネ は 「 悔 し さ 」 / ュ 聖 子 の 野 心 を 考 え る / 働 く 女 性 が ウ サ ギ か ら ト ラ へ と 変 わ る 時 / や が て 哀 し き マ ス コ ミ 独 身 女 性 / 結 婚 の 良 さ は 「 チ ー ム 」 を 組 め る こ と / 子 ど も で 再 確 認 し た 仕 事 の 大 切 さ / 生 む タ イ ミ ン グ の 難 し さ / い ま 振 り 返 る 「 ア グ ネ ス 論 争 」 119

野心のすすめ (講談社現代新書)


い ま も 親 交 が 続 く 作 詞 家 ・ 秋 元 康 さ ん と の 初 顔 合 わ せ と な っ た 雑 誌 「 ヤ ン グ レ デ ィ 」 ( 1986 年 4 月 22 日 号 / 1987 年 休 刊 / 講 談 社 ) の 対 談 で ん 名 言 隹 も 打 り ズ で さ は は 1 / で 刺 カ 何 不 火 せ 文 秋 が そ 刄 ち を 兀 覚 を 連 0 て イ ヒ の す い う 上 と フ 匸 月 リ け 、 い 戦 康 努 こ 。 た 出 し 良 え 足 さ れ を カ た 略 ん り く な さ ま く そ て た だ 会 き 内 ど ん す 踏 が す う も ど み い 議 。 み 支 た 輪 馳 る と と て 、 ・ つ 入 ず キ ム で 走 は こ も も と て の で 文 れ も っ と か あ せ し い ず て 見 て 親 も イ ヒ な が る て る く 分 く く あ に 正 ご 人 ん は い る 知 ず だ り 、 体 だ 肌 と の で ま 我 の す 緒 団 人 ら さ の さ の わ 会 し 体 に る す る 秋 が が い 。 物 こ カ ゝ の は て こ 兀 心 世 す と 顔 ら と さ イ に レ ) 、 工 か 界 を で な が / レ ン に 自 ン イ 中 み い 時 多 ら は シ ト 良 . ズ 分 れ ノ 、 ん い の ン 々 い 0 ロ 怒 カ 込 な の く こ が で つ の 第 二 章 野 心 の モ チ ベ ー 57 シ ョ ン