検索 - みる会図書館

検索対象: 金沢・能登 (るるぶ楽楽)

金沢・能登 (るるぶ楽楽)から 186件ヒットしました。

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


金 沢 能 登

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


INDEX カ フ ェ ド フ ロ ー ル ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 79 か ふ 菜 ・ ・ ・ ・ ・ 109 か よ う 亭 ・ ・ ・ カ ン バ ー ニ ュ 本 店 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 9 ・ 73 郷 土 料 理 の 宿 さ ん な み ・ ・ 京 は や し や ・ ・ ・ ・ き よ 川 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 130 紀 楽 寿 司 ・ ・ 金 銀 箔 工 芸 さ く だ ・ ・ ・ ・ 金 茶 寮 本 店 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 176 金 茶 寮 兼 六 園 店 ( 白 嶺 会 館 内 ) ・ ・ ・ 銀 な べ 食 堂 ・ 銀 の 波 箔 座 ・ ・ 金 箔 工 芸 田 し ま ・ ・ 0- ク ウ ー ・ ド ・ フ ラ ン ス ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 174 串 焼 BAR 庄 三 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 131 串 焼 レ ス ト ラ ン た ち 屋 ・ ・ 九 谷 光 仙 窯 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 95 九 谷 美 陶 園 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 95 九 谷 焼 諸 江 屋 ・ ・ ・ ・ ・ 99 窪 台 所 衣 や ・ ・ ・ ・ ・ 126 グ ラ ス シ リ カ ・ ・ ・ ク ラ フ ト ギ ャ ラ リ ー 珈 琲 波 ・ ・ ・ ・ ・ 123 く ら ふ と ぎ や ら り い OKURA ・ ・ GRANDIRCAFE ・ ・ ・ ・ 厨 八 十 八 ・ ・ ・ ・ 黒 田 龍 華 堂 ・ ・ 63 - KKR ホ テ ル 金 沢 ・ ・ 珪 藻 土 コ ン ロ ・ ・ ・ ・ 兼 六 園 三 芳 庵 ・ ・ ・ ・ ・ 103 ・ 工 房 シ ョ ッ プ SAKAI 香 舗 伽 羅 ・ ・ 国 民 宿 舎 能 登 ′ 」 畩 台 ・ ・ ・ ・ 越 山 甘 清 堂 ・ ・ ・ 胡 蝶 ・ 壽 屋 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 102 ご ま 屋 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 103 ~ ・ 105 彩 華 の 宿 多 々 見 ・ ・ ・ 犀 与 亭 ・ ・ ・ 坂 尾 甘 露 堂 ・ さ と や ま ク ラ フ ト ・ 横 安 江 ・ ・ ・ ・ 102 茶 房 富 久 紗 ・ ・ ・ ・ ・ 103 茶 房 ゴ ー シ ュ ・ ・ ・ 茶 房 似 古 礼 ・ ・ ・ ・ ・ 茶 房 庭 ・ ・ ・ ・ THE む す ひ 金 沢 本 店 ・ 茶 寮 不 室 屋 金 沢 ・ 能 登 江 戸 前 福 寿 し ・ ・ ・ N. Y.S 権 上 円 八 ・ ・ ・ ・ 欧 風 料 理 ダ ブ リ エ 片 町 店 ・ ・ ・ 近 江 町 市 場 ・ ・ 遍 工 町 食 堂 ・ 大 関 ・ 小 畑 商 店 本 店 ・ ・ ・ お 宿 や ま し た ・ ・ ・ ・ 温 泉 め い 想 倶 楽 部 富 士 屋 ・ ・ 海 游 能 登 の 庄 ・ ・ ・ 加 賀 観 光 ホ テ ル ・ ・ ・ 案 山 子 窯 ・ ・ 加 賀 石 亭 ・ ・ ・ ・ 加 賀 プ ラ サ ホ テ ル ・ ・ ・ 加 賀 屋 ・ ・ ・ 加 賀 屋 宝 生 亭 ・ ・ ・ ・ 加 賀 友 禅 彩 食 館 木 倉 や ・ ・ 加 賀 友 禅 の 店 ゑ り 華 ・ ・ 加 賀 友 禅 ハ ン カ チ 本 舗 上 田 ・ ・ ・ 菓 匠 高 木 屋 佳 水 郷 ・ ・ ・ ・ 数 馬 酒 造 か た や ま 緑 華 苑 ・ 勝 雄 館 ・ 割 烹 む ら 井 ・ ・ ・ 割 烹 か む ら ・ ・ ・ 割 烹 と よ 島 ・ ・ 金 沢 ・ 居 酒 屋 割 烹 源 左 工 門 ・ ・ 金 沢 ・ 長 町 菓 遊 庵 金 沢 あ ふ り 焼 き 味 の 蔵 ・ ・ 金 沢 工 ク セ ル ホ テ ル 東 急 か な さ わ カ タ ニ 金 澤 九 谷 真 栄 堂 ・ ・ ・ 金 沢 ・ ク ラ フ ト 広 坂 ・ ・ ・ 金 沢 国 際 ホ テ ル ・ ・ ・ ・ 金 沢 シ テ ィ モ ン ド ホ テ ル ・ ・ ・ 金 沢 全 日 空 ホ テ ル ・ ・ ・ ・ 金 沢 ニ ュ ー グ ラ ン ド ホ テ ル ・ ・ ・ 金 沢 白 鳥 路 ホ テ ル ・ ・ ・ ・ 金 沢 ま い も ん 寿 司 ・ ・ ・ 金 沢 マ ン テ ン ホ テ ル ・ ・ ・ 金 沢 都 ホ テ ル ・ ・ ・ 金 沢 ワ シ ン ト ン ホ テ ル プ ラ ザ ・ ・ ・ か な や ・ ・ ・ カ フ ェ ・ ド ・ ら ん ふ ・ カ フ ェ ド カ フ ェ 2117 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 123 ・ ・ ・ ・ 137 ・ ・ ・ ・ 103 ・ ・ ・ ・ 161 北 森 酒 造 店 ・ ・ ・ ・ 99 ・ 18 ・ ・ 131 ・ ・ ・ 109 ・ ・ ・ ・ 127 ・ ・ ・ 171 189

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


霎 ・ 薹 ! 解 レ 嚇 飜 を = 第 ど う 回 ろ う ? 。 各 所 行 き た い な ら コ レ ! 南 北 に 長 い 石 川 は 、 み ど こ ろ も 点 在 。 あ ち こ ち 欲 張 り に 楽 し む な ら 車 が お す す め だ 日 本 海 に 突 き 出 た 能 登 半 島 を 抱 え る 石 川 は 南 北 に 長 い 県 だ 。 中 心 地 の 金 沢 だ け な ら バ ス 利 用 が 便 利 だ が 、 加 賀 や 能 登 は エ リ ア が 広 い 。 加 賀 工 リ ア を 回 る に は 、 キ ャ ン ・ バ ス ()I 17 参 照 ) の 利 用 か 、 小 松 空 港 や 加 賀 温 泉 駅 か ら の レ ン タ カ ー 利 用 が 便 利 。 能 登 は 、 バ ス の 本 数 が 極 端 に 少 な い と こ ろ も 多 い 。 金 沢 か ら の レ ン タ カ ー 利 用 か 、 ま た は 鉄 道 で 七 尾 や 和 倉 、 穴 水 ま で 行 っ て か ら 借 り る の も い い 。 潮 風 を き っ て 走 る 能 登 ド ラ イ プ は 爽 快 だ 。 ド ラ イ プ で 回 る 横 田 ・ ・ ハ 匕 癶 、 ′ 徳 田 大 津 . . 、 て 柳 田 千 里 浜 . / 今 浜 金 沢 ・ 能 登 有 料 道 路 図 高 速 道 路 有 料 道 路 国 道 一 地 方 道 曽 々 木 輸 島 珠 宇 出 津 ( 平 成 年 開 港 ) 0 能 登 空 港 麥 0 0 門 前 ・ 禄 剛 崎 此 木 冨 来 能 登 中 島 0 ・ 能 登 島 徳 田 大 津 J 能 登 . 島 大 橋 0 羽 昨 能 越 自 動 車 1 和 倉 温 泉 。 七 尾 高 田 ℃ 羽 咋 市 。 押 水 町 飯 山 免 田 水 日 本 海 159 0 金 沢 東 415 富 山 湾 小 矢 部 金 沢 の 野 々 市 町 松 0 第 日 市 0 小 松 0 破 来 0 片 津 温 泉 ・ ・ 粟 津 温 泉 ・ 山 代 温 泉 ・ 、 ℃ 吉 野 谷 村 下 吉 野 尾 ロ 村 瀬 戸 野 自 東 動 海 車 北 道 陸 0 道 荻 町 東 古 市 永 平 寺 九 東 海 北 陸 永 平 寺 道 路 明 自 動 車 道 屯 油 坂 峠 首 を 各 0 大 野 郡 上 八 幡 へ 氷 見 0 能 越 自 動 車 道 高 岡 小 矢 部 東 . 砺 波 富 岡 小 矢 部 黒 部 へ 原 泉 芦 温 東 尋 坊 ・ 0 片 山 津 ・ 加 賀 ・ 金 津 ・ = 丸 岡 ・ 一 福 井 北 ・ 福 井 ・ 0 加 賀 温 泉 郷 福 光 ・ 第 小 杉 364 空 山 平 丸 岡 O 五 箇 山 . 福 井 市 柳 原 0 福 井 の 0 松 本 へ 飛 騨 清 見 心 米 原 J CT へ に 彜 叮 第 畴 了 弩 臨 減 広 材 第 軅 礪 鷹 臨 = 416 158 山 ・ 白 鳥 0 一 宮 JCT へ 越 前 岬 30

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


窪 台 所 衣 や TEL076-245-7388 ロ マ ン チ ッ ク な 夜 景 を 酒 の 肴 に 日 が 落 ち て か ら が お 楽 し み 。 街 の 明 か り 0 沢 の 夜 景 を 眺 め な が ら 食 事 と 酒 が 楽 し が ム ー ド 満 点 の 夜 を 演 出 し て く れ る 。 め る 。 夕 暮 時 に は ひ と つ ず つ 街 の 明 か ホ テ ル 日 航 金 沢 ル ・ グ ラ ン シ ャ リ オ り が 灯 る ロ マ ン チ ッ ク な 情 景 も 見 ら れ る 。 料 理 は シ ー フ ー ド サ ラ ダ や 、 5 時 間 煮 込 ん だ 豚 TEL076-234-1 1 1 1 MAP → P40B3 味 噌 煮 700 円 な ど 。 JR 金 沢 駅 東 口 か ら 北 鉄 金 沢 の 夜 景 に 酔 う 大 人 の 時 間 バ ス 光 が 丘 方 面 行 き で 20 分 、 窪 下 車 、 徒 歩 12 テ ル 日 航 金 沢 30 階 の ス カ イ ラ ウ ン シ 。 分 。 18 時 ~ 22 東 西 1 面 の 窓 か ら は 金 沢 の 町 並 み と 日 時 30 分 (LO)O 本 海 が 見 渡 せ る 。 昼 、 夜 と も フ ラ ン ス 料 理 の 水 曜 、 雪 が 多 コ ー ス が 楽 し め 、 夜 は ピ ア ノ の 生 演 奏 と 、 壮 量 に 降 る 日 ( 要 大 に 広 が る 夜 景 で ム ー デ ィ ー な 時 が 過 ご せ そ 問 合 せ ) 。 210 う 。 バ ー の み の 利 用 も 可 能 で 、 カ ク テ ル 片 手 に 台 。 夜 景 を 満 喫 。 J R 金 沢 駅 東 ロ す ぐ 1 1 時 3 0 分 ~ 14 時 、 17 時 30 分 ~ 23 時 。 無 休 。 2450 串 焼 レ ス ト ラ ン た ち 屋 TEL076-251-6886 MAP-•P39D3 ニ 人 で 語 ら い な が ら 飲 み た い TEL076-296-01 18 MAP → P38C4 辰 山 の 山 腹 に 立 つ 、 し っ と り と し た 雰 伝 統 の 技 が 織 り 成 す 旬 の 料 理 囲 気 の 店 。 暗 く 落 と し た 照 明 が 、 窓 か 際 ホ テ ル の 最 上 階 。 昼 は 遠 く 日 本 海 、 ら 見 え る 金 沢 の 夜 景 を よ り 美 し く 浮 か び 上 が 夜 は 金 沢 の 夜 景 を 眺 め る 。 老 舗 浅 田 屋 ら せ て い る 。 新 鮮 さ が 自 慢 の 能 登 鶏 の 串 焼 き の 伝 統 の 技 に 、 新 し い 感 性 を 加 え た 夢 見 会 席 各 120 円 ~ JR 金 沢 駅 東 口 か ら 北 鉄 パ ス 卯 は 、 旬 の 食 材 を 丹 精 し た 逸 品 。 冬 に は カ ニ 味 噌 辰 山 公 園 行 き で 30 分 、 豊 国 神 社 下 車 、 徒 歩 1 を 使 っ た 蟹 味 噌 鍋 5000 円 も 登 場 し 、 こ ち ら も 分 。 1 7 ~ 人 気 。 JR 金 沢 駅 か ら 北 鉄 パ ス 光 ヶ 丘 方 面 行 24 時 ( 金 ・ 土 き で 30 分 、 金 沢 国 際 ホ テ ル 前 下 車 す ぐ 。 11 曜 は ~ 翌 1 時 、 時 3 0 分 ~ 1 4 日 曜 は ~ 2 3 時 30 分 (LO) 、 4 1 7 時 3 0 分 ~ 休 。 211 台 。 21 時 ( LO ) 。 無 休 。 2 2 0 0 夜 景 の 楽 し め る 店 く ほ だ い ど こ ろ こ ろ も や MAP → P38C4 シ ー フ ー ド サ ラ ダ 900 円 金 沢 金 沢 ナ イ ト ク , ー ズ 町 る に つ こ 幡 な さ わ る ・ ぐ ら ん い り お コ ー ス 昼 2000 円 ~ 、 夜 5000 円 ~ 0 休 ヨ : く し や き れ す と ら ん た ち ゃ 能 登 鶏 の 刺 身 600 円 夢 見 会 席 4000 円

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


剛 が み ど こ ろ だ 。 回 り 方 と し て は 、 日 本 海 に n 0 「 ma on 沿 っ て ぐ る っ と 一 周 す る の が ベ ス ト 。 バ ス や ◆ 金 沢 で 能 登 の 情 報 を 仕 入 れ る な ら 、 JR 金 沢 駅 鉄 道 の 便 が よ く な い た め 、 み ど こ ろ を 押 さ え に あ る 石 川 県 金 沢 観 光 情 報 セ ン タ ー ( 6076- 園 9 ~ 19 時 。 ( な 無 休 。 MAP-P40A3) 232-2138 な が ら 巡 る に は ク ル マ が 最 適 だ 。 J 日 金 沢 駅 へ 。 ま た 、 国 道 8 号 沿 い に あ る 能 登 金 セ ン タ か ら レ ン タ カ ー ( P31 参 照 ) で 回 る の も い ー 東 イ ン タ ー 店 ( 6076-256-2345 。 8 時 30 分 ~ 17 時 30 分 。 無 休 。 MAP-P39D1 ) で も マ ッ い し 、 和 倉 温 泉 で 宿 泊 し た 翌 朝 の 1 日 を 能 登 プ や パ ン フ レ ッ ト が 手 に 入 る ほ か 、 能 登 各 地 の ド ラ イ プ に あ て る の も い い 。 奥 能 登 だ け を 回 道 の 駅 、 そ れ ぞ れ の 市 町 村 に あ る 観 光 案 内 所 や り た い 時 は の と 鉄 道 で 穴 水 ま で 行 き 、 そ こ で 観 光 協 会 な ど で も 対 応 。 ◆ 能 登 有 料 道 路 の 高 松 076-281-2221 、 MAP-P145D60 西 山 ′ 、 一 キ レ ン タ カ ー を 借 り る の も い い 。 決 ま っ た 1 ス ン グ エ リ ア 60767-36-1238 、 MAP - P145D4 で も ボ ッ ト だ け を 行 く な ら バ ス 利 用 を 。 ま た 、 の 情 報 が 手 に 入 る 。 ◆ 道 の 駅 は 次 の と お り 。 千 枚 田 ポ ケ ッ ト ′ ヾ ー ク 60768-34-1242 、 MAP-P144C10 と 鉄 道 ()I 78 参 照 ) に 乗 り 込 み 、 ロ ー カ ル な か じ ま ロ マ ン 90767-66-2125 、 MAP- な 景 色 を の ん び り と 楽 し む 旅 も お す す め だ 。 PI 44D3 。 定 期 観 光 バ ス ( P30 参 照 ) も 活 用 し た い 。 能 登 半 島 ィ ッ ク ガ イ 能 登 半 島 の 回 り 方 教 え ま す こ が リ こ こ に ) ① 一 番 イ リ な の は ド ラ イ プ す る こ と み ど こ ろ が 広 範 囲 に 点 在 す 自 家 用 車 や 自 動 車 運 転 免 許 る 能 登 半 島 。 鉄 道 や バ ス の を も っ て い な い 人 、 ま た 、 便 が 悪 い た め 、 ク ル マ で 効 率 の い い ド ラ イ 運 転 技 術 に 自 信 の な い 人 に は 残 念 な が ら 向 ブ で 能 登 を 回 る の が お す す め だ 。 ク ル マ が か な い 。 昼 食 な ど に 、 地 ビ ー ル レ ス ト ラ ン な い 場 合 は 、 レ ン タ カ ー ( P31 参 照 ) の 利 や 食 事 処 に 立 ち 寄 っ て 、 ち ょ っ と 一 杯 と い 用 も 考 え た い 。 ク ル マ な ら 、 好 き な 目 的 地 う わ け に も い か な い の が 運 転 手 。 ま た 、 比 を 選 ん で 行 け る し 、 場 合 に よ っ て は 遠 回 り 較 的 長 距 離 を 走 る が 、 ガ ソ リ ン ス タ ン ド の し て 景 色 の い い 道 だ け を 走 る こ と も 可 能 。 数 も 少 な い の が 難 点 。 あ ら か じ め 金 沢 で 満 日 本 海 に 沈 む 夕 日 も 好 み の 場 所 で 見 ら れ る 。 タ ン に し た 状 態 で 出 発 し よ う 。 2 ピ ン ポ イ ン ト で い く な ら バ ス 利 用 バ ス の 時 間 や ル ー ト 、 目 的 能 登 半 島 は 広 範 囲 に わ た る 地 な ど の 計 画 を 綿 密 に 立 て た め 、 各 所 で 乗 り 換 え が 必 て お け ば 、 満 足 で き る バ ス の 旅 が 可 能 だ 要 な う え に 、 1 日 の 本 数 が 極 端 に 少 な い の ロ ー カ ル バ ス に 乗 っ て 、 地 元 の 人 の 言 葉 を で 、 目 的 地 や 時 間 を は っ き り 調 べ よ う 。 計 聞 く の も い い し 、 会 話 を 楽 し む こ と で 思 わ 画 を 立 て ず に 行 く な ら 途 中 下 車 も 0 K だ ぬ 発 見 が で き る か も し れ な い 。 ま た 、 目 的 が 、 次 の 便 が い つ 来 る か 確 認 し て か ら に し 地 が は っ き り し て い れ ば 、 特 急 バ ス や 定 期 よ う 。 下 車 ご と に バ ス 料 金 を 支 払 う た め 、 観 光 バ ス ( P28 参 照 ) を 活 用 す る の も 手 だ 。 小 銭 の 用 意 も 必 要 だ 。 3 ロ ー カ 丿 レ 線 を 楽 し む な 三 題 で 乗 っ て し ま え ば 目 的 地 ま で 能 登 半 島 を 走 る の と 鉄 道 直 行 で き る の が 最 大 の メ リ は 、 路 線 が 和 倉 温 泉 か ら 珠 ッ ト 。 駅 弁 な ど を 食 べ 、 地 酒 で も 一 杯 飲 み 洲 市 の 蛸 島 ま で の み 運 行 。 行 け る 範 囲 が 限 な が ら ゆ っ く り 流 れ る 車 窓 の 景 色 が 楽 し め ら れ て く る の が 、 残 念 な と こ ろ 。 観 光 ス ポ る と な れ ば 、 旅 情 は さ ら に 盛 り 上 が る 。 旅 ッ ト 見 学 の た め 途 中 下 車 を し て も 、 綿 密 な の プ ラ ン が 周 遊 き っ ぷ 「 加 賀 ・ 能 登 ゾ ー ン 」 計 画 を 立 て な い と 本 数 が 少 な い た め 、 次 の ( P25 参 照 ) の 範 囲 に 納 ま る の で あ れ ば 、 お 列 車 ま で 時 間 が あ い て し ま う 。 車 や バ ス の 得 で 便 利 な の で 、 検 討 の 余 地 あ り だ 。 方 が 早 い こ と も 多 い 。 こ が リ こ こ に ラ 嶂 こ こ が リ 147

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


( 0 N E N T 5 T こ の 本 の 使 い 方 金 沢 能 登 全 図 金 沢 広 域 全 図 ・ ・ ・ 038 「 美 癒 ・ 匠 の 金 沢 ・ 能 登 」 008 金 沢 市 街 図 ( 1 ) ・ 040 金 沢 市 街 図 ( 2 ) ・ 042 前 田 利 家 史 跡 散 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 014 尺 ク イ ッ ク カ イ ド ・ 044 金 沢 街 歩 き の ヅ ポ 旅 の 組 立 方 い つ 行 こ う ? ・ ・ 016 ま ず は 、 旅 の 己 窈 士 方 を 決 め よ 引 020 ま ず は 、 交 通 手 段 を 手 配 す べ し 宿 の 手 配 を す る ! S Ot ste p 1 、 016 兼 六 園 周 辺 香 林 坊 ・ 片 町 ・ 竪 町 長 町 武 家 屋 敷 跡 ひ が し 茶 屋 街 ・ 主 計 町 に し 茶 屋 街 ・ 寺 町 近 江 町 市 場 ~ 尾 張 町 尺 ナ イ ト ク ル ー ズ ・ 048 S Ot s 0 ド シ ー ス ン カ レ ン タ ー ク ル メ & フ ラ ワ ー カ レ ン ダ ー ・ ・ 054 ・ 060 step 2 020 ど う や っ て 行 こ う ? 個 人 己 を す る な ら S 0 む ・ ・ 064 ・ 068 S Ot 止 . 022 ・ 0 / 2 S Ot ・ 027 ・ ・ ・ 0 / 6 step 3 ツ を ラ 一 当 028 ど う 回 ろ う ? お 爪 な ら コ レ ! ( 出 ヾ ス ) ・ ・ ・ ・ 028 各 所 行 き た い な ら コ レ ! ( ド ラ イ オ ・ ・ ・ ・ 030 部 お す す め モ テ ル コ ー ス 5 032 金 沢 グ ル メ 082 ・ 084 ・ ・ 086 088 海 鮮 丼 鮮 魚 料 理 加 賀 料 理 フ レ ン チ & イ タ リ ア ン ( 0 V e 「 イ ラ ス ト 野 村 俊 夫 ア - ト デ ィ レ ク シ ョ ン & デ ザ イ ン 川 口 繁 治 郎 + リ バ ー ズ ・ モ ア 丿 , 3 : 金 沢 。 37

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


能 登 半 島 BEST SPOT 自 然 が 織 り な す 造 形 美 厳 し さ を 象 徴 す る 巨 大 な 洞 門 が ん も ん 日 本 海 の 荒 波 が 数 千 年 か け て 創 っ た 高 さ 15m 、 幅 6m 、 奥 行 き 60m の 大 き な 洞 門 。 源 義 経 が 兄 の 頼 朝 の 追 っ 手 か ら 身 を 潜 め た と い う 伝 説 の 大 き な 洞 窟 も あ る 。 奥 に は 千 畳 敷 と 呼 ば れ る 岩 場 が あ り 、 天 候 が 良 け れ ば 磯 遊 び も 。 遊 覧 船 を 利 用 す れ ば 、 荒 々 し い 景 観 を 海 上 か ら 間 近 に 眺 め る こ と も で き る 。 [DATA] 能 登 有 料 道 路 西 山 ℃ か ら 国 道 249 号 で 約 20Km 、 ま た は 富 来 BT か ら 能 登 西 部 バ ス 巌 門 経 由 三 明 行 き で 1 5 分 、 巌 門 下 車 、 徒 歩 5 分 。 6 富 来 商 工 観 光 課 。 散 策 自 由 。 260 台 。 MAP → P 169A4 厳 門 周 辺 は 、 こ う 回 る ! 能 登 金 剛 START 大 す く 厳 門 遊 覧 船 3.5km 世 界 一 長 い べ ン チ 巌 門 周 辺 の 海 岸 線 は 能 登 金 剛 と よ ば れ 、 約 30km に も お よ ぶ 奇 岩 怪 石 を か 第 く 能 登 随 一 の 景 勝 地 。 機 具 岩 約 2 0 新 み ど こ ろ 能 登 金 剛 遊 覧 船 ・ 門 ま で の 、 DATA ・ 能 登 有 料 道 路 西 山 旧 か ら 県 道 、 国 道 249 号 で 約 201<m 。 JR 金 沢 駅 か ら 北 鉄 パ ス 富 来 ・ 巌 門 行 き 特 急 バ ス 1 時 間 1 5 分 で 巌 門 、 1 時 間 30 分 で 富 来 バ ス タ ー ミ ナ ル (BT) 。 【 問 合 せ ト ・ 富 来 町 観 光 商 工 課 こ 076742-1 1 1 1 づ 刻 息 彫 、 も 然 、 と 自 と な 【 説 大 ・ 伝 勇 の と こ ん ご う ゆ う ら ん せ ん MAP → P 169A4 TEL0767-48-1233 大 迫 力 、 海 か ら の 眺 め を 満 喫 門 そ ば か ら 出 発 し 、 千 畳 敷 、 鷹 の 巣 岩 、 碁 盤 島 な ど ゴ ッ ゴ ッ し た 海 岸 線 を 巡 る 遊 覧 船 。 海 上 か ら 見 あ げ る 、 ひ と 味 違 う 眺 め に 感 激 だ 。 所 要 時 間 は 約 20 分 。 [DATA] 巌 門 す ぐ そ ば 。 8 ~ 16 時 、 11 月 15 ~ 3 月 31 日 と 悪 天 候 時 。 260 台 ① こ こ も CHECK ー 白 砂 の 美 し い 海 岸 増 穂 浦 海 岸 の 一 角 に あ る : 併 設 の レ ス ト ラ ン ( 9 時 ~ 17 能 登 リ ゾ ー ト エ リ ア 増 穂 浦 。 : 時 30 分 、 月 曜 休 ) で は カ レ ー や バ ス タ な ど の 軽 食 が 食 海 水 浴 場 に 面 し て い る の で 、 夏 の 海 水 浴 シ ー ズ ン に は 、 : べ ら れ る 。 巌 門 か ら 車 で 15 分 。 ℃ 767-42-2125 。 無 1 日 中 水 着 の ま ま 過 ご す こ と が で き る 。 フ リ ー キ ャ ン ・ 休 。 228 台 ( 夏 期 は 海 水 浴 場 プ 1 泊 2100 円 、 オ ー ト キ ャ : の み 有 料 ) 。 MAP → P169A3 ン プ 1 泊 5500 円 、 冷 暖 房 や : バ ス ト イ レ 完 備 の ケ ビ ン 4 : 人 用 1 万 4500 円 ~ 、 モ ー ビ : ル ハ ウ ス 5 ~ 6 人 用 1 万 6800 . 円 な ど 、 さ ま ざ ま な タ イ プ 三 の 施 設 が 整 っ て い る 。 バ ー ベ キ ュ ー も 楽 し め る ほ か 、 乗 船 800 円 は た ご い わ MAP → P 169A3 TEL 富 来 町 観 光 商 工 課 へ 不 思 議 な 伝 説 、 別 名 能 登 ニ 見 の 昔 、 能 登 に 織 物 を 広 め た 神 が 山 賊 に 襲 わ れ た 時 、 海 に 投 げ 込 ん た 織 機 が ニ つ の 岩 に 変 じ た と い う 。 2 つ の 岩 は 少 し 間 が あ る も の の 、 し め 縄 で し つ か り と 結 ば れ て お り 、 能 登 ニ 見 や 夫 婦 岩 と も 呼 ば れ る 。 [DATA] 変 か ら 車 で 8 分 。 見 学 自 由 。 2 7 台 。 簒 168 ・ ・ ・ ・ ・ カ ル ス ト 地 形 で 有 名 な 関 の 鼻 ま で は 、 巌 門 か ら 車 で 5 分 ほ ど 。

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


定 観 バ ス 利 用 ー い し か わ ま る ご と 欲 張 り プ ラ ン 4 幡 , ~ 3 バ ス で 回 る 能 登 ・ 金 沢 ・ 加 賀 の 旅 い く ら ? ( 所 要 時 間 3 時 間 分 ) 13 時 10 分 発 金 沢 定 期 観 光 バ ス ( 兼 六 園 コ ー . タ / 27 円 ) で 回 る ※ JR 金 沢 駅 ま で 十 の 交 通 費 は 含 ま れ て お り ま せ ん 。 十 店 の 商 品 が 並 ぶ 。 : 第 Ti me30 分 散 策 自 由 P163 参 照 通 り の 両 側 に 幅 Time40 分 2 m ほ ど の 露 店 入 館 1000 円 が ぎ っ し り 並 ぶ 。 P119 参 照 鮮 魚 や 野 菜 、 漬 赤 レ ン ガ の 建 物 。 物 、 民 芸 品 な ど 館 内 の 1 ~ 3 階 を 販 売 し て い る 。 フ ロ ア に 、 明 治 か ら 昭 和 に か け Time40 分 て の 車 500 台 を ① ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ー 展 示 し 圧 巻 。 拝 観 500 円 ~ 金 沢 も 能 登 も 半 日 。 ー ス の P119 参 照 期 観 光 バ ス で 回 る た め 料 金 し き 養 老 元 年 ( 71 力 に リ ー ズ ナ ブ ル 。 そ の 分 、 1 日 ー を 泰 澄 大 師 が 開 基 。 の 外 食 や 2 日 目 の 輪 島 温 泉 に 4 本 殿 、 護 摩 堂 な 日 本 自 動 車 博 物 館 泊 に は 、 そ の 土 地 な ら で は の 第 、 ど が 国 の 重 要 文 グ ~ を 味 わ 0 、 贅 沢 し た 0 ゾ を 化 財 。 境 内 の 紅 荷 物 は ほ と ん ど 持 っ て 行 動 す 葉 も 有 名 。 ・ 。 」 る 。 。 最 小 限 。 = と ど 。 た 。 漑 JR 加 賀 温 泉 駅 噬 多 第 第 行 引 豸 簽 - 第 疉 鞋 を 第 第 新 を み 豸 ッ 彜 , 社 弓 , 。 , い ” = 。 第 。 叫 → ト み 屋 叫 ~ 明 岼 第 嬲 第 を 蠍 第 4 第 第 当 囎 剏 第 第 整 霍 味 町 御 第 な ど う 回 ろ う ? コ ー ス 三 石 川 を ま る ご と 回 : る フ リ ー プ ラ ン は : ほ と ん ど な い 。 東 三 京 発 、 金 沢 ・ 輪 島 : 2 泊 3 日 フ リ ー プ : ラ ン の 場 合 は 3 万 Time40 分 入 館 600 円 P52 参 照 13 代 加 賀 藩 主 が 一 母 の 隠 居 所 と し て 建 て た 豪 壮 な 殿 閣 。 全 体 に 優 美 な 造 り と な っ て い る 。 J R 金 沢 駅 成 巽 閣 兼 六 園 Time60 分 Time20 分 天 徳 院 拝 観 500 円 散 策 自 由 P14 参 照 P60 参 照 江 戸 時 代 は 中 級 3 代 藩 主 利 常 の 長 町 武 家 屋 敷 跡 正 室 珠 姫 の 菩 提 や 下 級 武 士 の 居 寺 。 24 歳 で こ の 住 区 。 土 塀 を 巡 世 を 去 っ た は か ら せ た 屋 敷 が 今 な い 生 涯 を か ら も 残 り 、 風 情 あ 金 沢 駅 く り 人 形 で 再 現 。 る 界 隈 だ 。 12 時 45 分 発 ( 所 要 時 間 4 時 間 15 分 ) 能 登 半 島 め ぐ ) 定 観 バ ス ( 輪 島 温 泉 号 / 3 0 円 ) で 回 る P102 ~ 参 照 1 日 目 は 金 沢 の ホ テ ル を 利 用 。 夕 食 。 は 加 賀 料 理 が 楽 Time20 分 め る 料 亭 や 居 酒 屋 見 学 自 由 P172 参 照 な ど 予 算 に 合 わ せ ; 珍 し い 砂 浜 の ド ラ イ プ ロ ー Ti me30 分 て 。 ド 。 全 長 8km で 、 粒 子 の 細 見 学 自 由 か い 砂 が 固 く 締 ま り 大 型 バ P168 ・ 169 ス も 走 行 0 KO 弧 を 描 く 海 岸 線 Ti me40 分 が 美 し い 増 穂 浦 拝 観 400 円 海 岸 。 世 界 一 長 Time30 分 P166 参 照 い べ ン チ が 設 置 入 館 600 円 能 登 随 一 の 曹 し て あ る ほ か キ P163 参 照 ャ ン プ 場 も 整 う 。 宗 の 古 刹 。 総 ケ 世 界 で も 評 価 の Time20 分 ヤ キ 造 り の 豪 壮 高 い 輪 島 塗 を 中 - な 山 門 や 重 要 文 入 館 無 料 海 外 の 漆 し 、 に 、 化 財 の 経 蔵 な ど 下 記 ※ 注 1 参 照 器 も 展 示 す る 漆 が あ る 。 1 階 に は 、 市 内 ー 芸 専 門 の 美 術 館 。 100 の 漆 芸 専 門 - 2 階 に 輪 島 漆 器 資 料 館 ( 入 館 、 2 円 ) を 併 設 。 ホ テ ル 代 食 事 代 入 館 料 etc. 1 万 880 円 T 而 e60 分 入 園 300 円 P50 参 照 加 賀 藩 前 田 家 の 歴 代 藩 主 が 170 年 の 歳 月 を か け て 造 営 。 六 つ の 景 観 を 兼 ね 備 え た 回 遊 式 庭 園 。 16 時 50 分 着 J R 金 沢 駅 千 里 浜 な き さ ド ラ イ プ ウ ェ イ 増 穂 浦 總 持 寺 祖 院 石 川 県 輪 島 漆 芸 美 術 館 輪 島 漆 器 会 館 輪 島 ふ ら っ と 訪 夢 PI 76 ~ 参 照 輪 島 で 温 泉 を 引 い 。 て い る 宿 が お す す め 。 料 理 は 、 旅 館 も 民 宿 も 魚 介 コ ー が 満 喫 で き る 。 17 時 着 輪 島 朝 市 J R 金 沢 駅 JR 加 賀 温 泉 駅 那 谷 寺 特 急 バ ス 2 時 間 10 分 / 22 円 JR 特 急 利 用 30 分 / 1780 . ain. キ ャ ン ・ バ ス 15 分 ( 1 日 周 遊 券 78 円 ) キ ャ ン ・ バ ス 25 分 キ ャ ン ・ バ ス 10 分

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


よ し 坊 よ し ぼ う あ か ぎ TEL076-221-8048 TEL076-263-7897 MAP → P54B 1 MAP-•P54A3 ア ツ ア ツ の お で ん が 食 べ た い カ ウ ン タ ー だ け の 気 軽 な 居 酒 屋 業 40 余 年 の お で ん 専 門 店 。 人 気 は カ ニ れ ん を く ぐ る と 、 民 芸 調 の 店 内 に カ ウ の 甲 羅 に ぎ っ し り カ ニ 身 を 詰 め 込 ん だ ン タ ー が ひ と っ と い う 小 さ な 店 。 不 思 カ ニ 面 や 、 つ み れ 300 円 な ど 。 創 業 当 時 と 変 わ 議 と 和 め る 空 間 で 、 主 人 の 赤 城 さ ん が 山 や 川 ら ぬ 味 を 守 り 続 け る 一 方 、 2 代 目 主 人 は 日 本 で と っ て く る 山 菜 や キ ノ コ 、 岩 魚 、 ヤ マ メ な ど 酒 に 合 う ア ジ ア や イ タ リ ア 風 料 理 な ど も 考 案 旬 の 素 材 を 味 わ う 。 お こ ぜ の 唐 揚 げ や さ わ ら 金 沢 港 直 送 の 新 鮮 な 刺 身 や 、 サ バ の 押 し 寿 司 の 三 角 焼 き な ど 、 自 然 の 恵 み の 料 理 と と も に な ど も 人 気 。 酒 を ち び り ち バ ス 停 香 林 び り と 楽 し む 坊 か ら 徒 歩 1 も い い 。 バ ス 分 。 17 時 30 停 片 町 か ら 徒 分 ~ 2 3 時 3 0 歩 3 分 。 1 7 分 。 日 曜 、 祝 ~ 翌 2 時 。 日 曜 。 2 な し 。 . - 日 。 2 な し 。 TEL076-260-7899 TEL076-234-3344 MAP → P54A3 MAP → P54A4 北 陸 の 味 覚 を 存 分 に 味 わ う 寿 司 と 一 品 料 理 ど ち ら も 本 格 的 物 の 魚 介 類 と 加 賀 野 菜 、 地 酒 な ど 、 北 酒 屋 で も 寿 司 屋 で も あ り 、 ど ち ら も 本 陸 の 味 を ま る ご と 堪 能 で き る 。 七 尾 直 業 と い う 店 。 メ ニ ュ ー は 豊 富 で 200 種 送 の 新 鮮 な 魚 介 類 は そ の ま ま 刺 身 に 。 冬 に は 以 上 。 地 元 素 材 の ほ か 、 全 国 か ら う ま い も の タ ラ の 白 子 を 塩 ・ コ シ ョ ウ で 味 付 け し た タ ラ を 集 め て い る 。 肝 も 生 で 食 べ ら れ る バ イ 貝 や 、 の 白 子 焼 き が お す す め 。 魚 介 類 の ほ か 、 能 登 朝 じ め フ グ の 握 り 、 お 造 り な ど が 人 気 。 酒 は 牛 の ス テ ー キ や 天 ぶ ら な ど も あ り 、 約 30 種 揃 日 本 酒 、 焼 酎 、 ワ イ ン な ど が 揃 い 、 好 み で 選 べ う 地 酒 も ◎ 。 る 。 バ ス 停 バ ス 停 片 町 片 町 か ら 徒 歩 か ら 徒 歩 3 3 分 。 17 ~ 分 。 新 17 ~ 24 24 時 。 日 曜 時 ( L 0 ) 。 ( 祝 日 の 場 合 日 曜 。 2 な は 営 業 、 ~ 23 時 ) 。 2 な し 。 せ ん TEL076-224-1000 TEL076-245-0018 和 風 モ ダ ン な ダ イ ニ ン グ NY ス タ イ ル で 楽 し む 夜 子 戸 や す だ れ な ど を 配 し た 和 風 モ ダ ン 沢 で 初 の ニ ュ ー ヨ ー ク ス タ イ ル レ ス ト な 空 間 で 、 金 沢 港 か ら 直 送 の 新 鮮 素 材 ラ ン 。 ガ ラ ス や ア ル ミ を 使 っ た シ ン プ を 使 っ た 刺 身 の ほ か 、 和 風 の 創 作 料 理 が 楽 し ル か っ 斬 新 な 店 内 は 、 席 数 100 を 超 え る 。 料 め る 。 蒸 し 鶏 と 三 色 野 菜 の 生 春 巻 き 680 円 や 、 理 は 和 が べ ー ス の 遊 び 心 あ ふ れ る も の で 、 地 い わ し 明 太 揚 げ 580 円 な ど の オ リ ジ ナ ル 料 理 酒 や ワ イ ン 、 カ ク テ ル と 楽 し み た い 。 JR 金 沢 が 好 評 だ 。 料 理 に 合 う 地 酒 は 、 北 陸 を 中 心 に 駅 か ら 西 金 沢 行 き バ ス で 8 分 、 増 泉 下 車 、 徒 歩 5 15 種 類 以 上 。 分 。 17 時 ~ JR 金 沢 駅 . ' ' 、 . ~ 、 、 2 2 時 3 0 分 東 口 か ら 徒 歩 - 々 第 。 ( LO ) 、 深 夜 メ ニ ュ ー 22 時 30 2 3 時 ( L 0 ) 。 分 ~ 2 4 時 3 0 無 休 。 212 分 ( LO ) 。 無 休 。 250 台 金 沢 市 内 で は 、 創 作 料 理 カ 喰 べ ら れ る お 洒 落 な ダ イ ニ ン グ が 急 増 中 だ 。 79 岩 魚 、 ヤ マ メ の 唐 揚 げ 800 円 ~ カ ニ 面 1000 円 ~ 金 沢 金 沢 ナ イ ト ク , ー ズ 3 能 登 産 岩 も ず く 酢 物 700 円 大 バ イ 貝 1500 円 0 休 : 祖 わ い . え す ご ん し よ う せ ん MAP-•P40A3 MAP → P38C3 刺 身 盛 り 合 わ せ 18 開 円 ~ コ ロ ッ ケ ・ ・ ・ こ れ が 原 点 ! ! 58 円 0

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


能 登 半 島 BEST SPOT 和 倉 は 1 200 年 の 歴 史 を 誇 り 、 対 岸 の 能 登 島 を 望 む 風 光 明 媚 な 温 泉 。 近 代 的 な 設 備 と き め 細 や か な も て な し で 、 能 登 随 一 の 温 泉 街 と し て 有 名 。 そ の 和 倉 を 抱 え る 七 尾 市 は 、 加 賀 藩 祖 前 田 利 家 が 城 を 築 き 、 古 く か ら 栄 え て き た 港 町 。 山 の 寺 寺 院 群 か ら 七 尾 美 術 館 、 の と 蘭 ノ 国 を 回 り 、 最 後 に 能 登 食 祭 市 場 で お み や げ を 。 七 尾 市 内 観 光 シ ャ ト ル バ ス も 運 行 し て い る 。 約 ① こ こ も 0 日 を 0 4 GOAL km 能 登 の 風 土 、 味 覚 が 一 堂 に 集 結 ! ・ 和 倉 温 泉 ま の 交 通 D 七 尾 港 の シ ン ポ ル 的 存 在 、 能 登 食 祭 市 場 。 1 階 に あ る 新 鮮 な 海 産 物 を 扱 う 生 鮮 市 場 は 、 常 に 多 く の 観 光 客 で 賑 わ い 、 買 っ た 魚 を そ の 場 で 焼 い て 食 べ る こ と の で き る 浜 焼 き コ ー 能 登 有 料 道 路 徳 田 大 津 JCT か ら 能 越 ナ ー な ど が 人 気 。 ほ か に も 、 能 登 の 人 々 が 育 ん で き た 銘 産 自 動 車 道 に 入 り 、 和 倉 温 泉 ℃ か ら 約 や 工 芸 品 が 並 ぶ 能 登 銘 産 ・ 工 芸 館 、 能 登 一 円 の 祭 り を 映 像 1 .5kmo な ど で リ ア ル に 伝 え る 能 登 祭 歳 時 館 な ど が あ る 。 2 階 の グ 金 沢 駅 か ら JR 七 尾 線 特 急 で 1 時 間 、 ル メ 館 に は 、 能 登 の 海 の 幸 を 生 か し た 食 事 を 楽 し め る 飲 食 和 倉 温 泉 駅 下 車 後 、 北 鉄 パ ス 和 意 温 . ain を 店 が 軒 を 連 ね る 。 和 倉 温 泉 か 泉 行 き で 5 分 、 和 倉 温 泉 バ ス タ ー ミ ナ ら 車 で 15 分 、 ま た は 七 尾 駅 か ル (BT) 下 車 。 七 尾 へ は 金 沢 駅 か ら ら 徒 歩 1 0 分 。 T 0 7 6 7 - 5 2 - . ト u を JR 七 尾 線 特 急 で 50 分 、 七 尾 駅 下 車 。 7071 。 朝 8 時 30 分 ~ 18 時 ( グ ル メ 館 は 店 に よ り 異 な る ); 火 【 問 合 せ ト ・ 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 、 7 ~ 8 和 倉 温 泉 観 光 協 会 の 0767-62-1555 月 、 10 ~ 11 月 は 無 休 ) 。 2250 七 尾 市 産 業 部 商 工 観 光 課 e0767-53-8424 台 。 MAP-PI 50C2 。 和 倉 温 泉 ・ 和 倉 温 泉 H を 七 尾 和 倉 温 泉 周 辺 は 、 こ う 回 る ! 湯 元 の 山 の 寺 広 場 寺 院 群 START 大 す く 和 倉 温 泉 check! 和 倉 温 泉 出 発 セ 尾 の 七 尾 市 内 観 石 川 県 フ ラ ワ ー バ ー ク セ 尾 美 術 館 光 シ ャ ト ル バ ス の と 蘭 ノ 国 を 利 用 す る と 便 約 E 約 4km 能 州 い ろ P. 175 和 倉 バ ー ク ホ テ ル 茶 寮 の 宿 あ え の 風 p. 174 P. 175 十 番 - p. 175 多 田 屋 島 大 橋 P. 151 湯 元 の 朝 , 宿 守 屋 寿 苑 P. 175 屏 風 岬 天 崎 公 園 日 本 の 宿 の と 楽 P. 174 長 浜 日 吉 神 社 倉 温 み 。 〇 番 鹿 ー - ・ 石 崎 灯 台 P 、 174 ゾ 3 前 。 : 2 = 。 。 、 石 崎 漁 港 P. 151 信 寿 し 卍 善 正 寺 P. 151 ご ま 屋 赤 崎 温 泉 和 雄 島 、 - 、 北 陸 電 力 七 尾 大 田 、 , 錦 川 温 泉 つ 国 立 七 尾 病 院 ー ー 火 力 発 電 所 、 。 諏 訪 神 社 , 公 百 西 。 和 倉 温 泉 総 湯 : 向 町 , 昭 和 ジ レ 甲 赤 浦 昭 和 シ ル 造 吉 び 植 物 防 疫 所 / ~ 海 門 寺 幵 日 却 能 登 食 祭 市 場 p. 150 和 赤 浦 踏 切 ロ 4. ① : B&G 「 一 海 洋 セ ン タ ー [email protected] 大 田 郷 橋 ト ン ル ENEOS 御 祓 赤 涌 町 高 田 心 和 2GC 、 尾 、 第 湾 合 同 庁 東 湊 4 、 殿 ト ン ネ ル ノ 。 田 鶴 浜 町 院 群 , 」 品 公 園 .151 山 の - 報 国 東 溢 小 ト ・ び 田 新 ン 小 島 西 部 、 ハ ネ 佐 味 町 ー 満 仁 町 - - ~ ー ー - 責 山 町 … 七 尾 短 大 0 ー , 宅 尾 ナ p. 151 石 川 県 七 尾 美 術 館 ′ 外 1 高 澤 ろ ら く 店 安 浄 寺 望 の 丘 い 、 彡 9 と 蘭 ノ 国 細 主 階 町 旭 町 南 ケ ー み 漁 師 町 石 崎 の 夏 祭 り 「 石 崎 奉 燈 祭 り 」 で は 、 勇 壮 華 麗 な キ リ コ の 乱 舞 が 見 ら れ る 。 朽 0 .174 ← ー ・ 一 今 大 杉 物 大 立 崎 ノ 0 雌 島 ~ 七 尾 南 湾 原 ミ 津 ロ 円 勝 日 宮 神 社 七 尾 市 弋 幡 神 社 - 町 : 佐 野 町 清 永 観 音 堂 J 旧 0 「 0 P. 151 9 白 吉 神 社 幵 小 積 神 社 幵 0