検索 - みる会図書館

検索対象: ジャンクソード

ジャンクソードから 262件ヒットしました。

ジャンクソード


ニ 龍 争 “ 青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 こ か 旋 風 は 江 を 駆 け る 雫 江 の ざ わ め く 刻 ~ 星 宿 、 江 を 巡 る ~ 鳳 凰 飛 翔 ~ 華 焔 、 江 を 薙 ぐ ~ 旋 風 の 生 ま れ る 難 青 嵐 の 夢 う め ぐ ひ し よ う か え ん こ う か

ジャンクソード


あ さ か ・ し よ う 天 秤 座 、 A 型 。 96 年 2 月 に 、 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 夏 嵐 ~ 緋 コ バ ル ト 文 庫 に 「 現 は 夢 、 久 遠 の の 夢 が 呼 ぶ も の ~ 」 で デ ビ ュ ー 瞬 き 」 「 旋 風 は 江 を 駆 け る ( 上 ) ( 下 ) 」 「 江 の ざ わ め く 刻 」 「 二 龍 争 戦 ~ 星 宿 、 江 を 巡 る ~ 」 「 鳳 凰 飛 翔 ~ 華 焔 、 江 を 薙 ぐ ~ 」 「 旋 風 の 生 ま れ る 処 ( 上 ) ( 下 ) 」 「 青 嵐 の 夢 」 が あ る 。 日 本 と 中 国 の 古 代 史 に ど っ ぷ り は ま っ て い る 。 趣 味 は 遺 跡 や 神 社 仏 閣 を 見 る こ と 、 ケ ー キ を 作 る こ と 。 原 稿 に 煮 詰 ま る と た い て い ピ ア ノ に 逃 避 す る 。 ジ ャ ン ク ソ ー ド COBALT-SERIES 1998 年 10 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 朝 香 祥 小 島 民 雄 集 英 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OSHO ASAKA 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4-0 8-61 4 5 0 9- X C 01 9 3

ジャンクソード


く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 青 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ , で も 、 現 実 で も 、 あ な た を し ~ .. 。 神 と 青 年 の 恋 物 現 は 夢 、 久 遠 の き ま た た ま 朝 香 祥 ◆ イ ラ ス ト / 鈴 木 理 華 病 に 侵 さ れ た 妹 の 命 を す く う た め に 神 に 祈 り マ ヒ ト を さ さ げ る 真 人 。 彼 の 前 に 現 わ れ た の は 美 し き 御 諸 の 媛 神 だ っ た 。 ひ と 目 で 恋 に お ち た 真 人 だ っ た が ・ ・ ・ 。 古 代 ロ マ ン ・ フ ァ ン タ ジ ー ー ヒ メ カ ミ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ジャンクソード


最 初 に 気 付 い て 追 お う と し た 僕 が 、 ジ オ ル ド の 鍛 え た 剣 に 一 瞬 の う ち に 切 り 裂 か れ た 。 肉 で 、 ヤ は な い 、 が 、 同 じ く ら い の 感 触 が 腕 に 伝 わ り 、 青 い 体 液 が 散 る 。 「 う わ ー っ 、 や つ ば 良 い 剣 は 違 う な ー 着 い た 体 液 を 払 っ て 、 そ の 返 す 刃 で 右 か ら 襲 い か か る 者 を 切 り 捨 て る 。 床 を 蹴 っ て 、 跳 ぶ 。 に く 「 憎 た ら し い 子 ね ー 。 ほ ん っ と に 、 く び り 殺 し て や り た い く ら い だ わ 」 リ ュ ー ネ の 瞳 は 、 ぎ ら ぎ ら と 異 様 な 光 を 放 っ て ユ サ に 据 え ら れ て い る 。 一 歩 い つ ば 近 付 い て い き な が ら 、 彼 女 は 両 手 の 間 に 宝 珠 を 浮 か せ た 。 透 明 な 器 の 中 に 泳 ぐ 、 薄 青 の 呪 。 「 笑 っ て い ら れ る の は 、 今 だ け よ 。 の た う ち 回 っ て 、 悶 え 死 ぬ : : : そ ん な 夢 を あ げ る 」 「 そ ー ゅ ー の は 、 願 い 下 げ だ な 」 笑 う ュ サ の サ ー ク レ ッ ト の 中 央 が 、 ふ っ と 黒 ず ん だ よ う に 、 シ ェ リ ア ー ク の 目 に 映 っ た 。 呼 ば う と し た 、 そ の と き 。 ュ サ が 腰 の 剣 を 抜 き 、 床 を 蹴 っ た 。 し も べ

ジャンクソード


二 つ の 目 が 濁 っ た 輝 き を 放 つ 。 「 主 人 の 命 を 食 ら う 呪 わ れ た 魔 剣 を 、 手 に し よ う な ど と 思 っ て お る の か 。 小 僧 。 封 印 を 解 き 夢 魔 を 呼 び 覚 ま し て 、 こ の 世 界 に 滅 び を 招 き た い と い う の か ? 」 う わ さ 「 て こ と は 、 リ エ ス で の 噂 は ガ セ じ ゃ な か っ た っ て こ と ? あ ん ま り 単 純 過 ぎ て 、 期 待 し て な か っ た ん だ け ど 、 俺 。 こ れ ま で ず っ と 外 さ れ っ 放 し だ っ た か ら さ 」 ュ サ は ル ウ ォ ッ ト を 真 っ 直 ぐ に 見 据 え た 。 薄 い 唇 が 、 や ん わ り と 笑 み を 作 る 。 ち か ら 「 こ こ に お ね ん ね し て る ん だ ? 千 人 に 一 人 の 能 力 を 持 っ 術 士 シ ェ リ ア ー ク が 、 カ の 呪 文 を 封 し た 魔 剣 。 村 じ ゃ 確 か に 『 不 吉 を 呼 ぶ 剣 』 っ て 言 っ て い た け ど 」 「 そ れ を 知 っ て お る の な ら ば 、 シ ェ リ ア ー ク が 滅 び の 夢 を 見 た こ と も 聞 い て お ろ う が 。 い か な ぎ よ 邪 悪 の 念 を 持 っ て 、 剣 を 呼 ぶ ? 喰 わ れ る こ と を 望 む か ? そ れ と も 御 す る こ と が で き る と で も 思 っ て い る の か ? 」 深 く 重 い 声 、 そ こ に 見 え る 真 実 の 響 き に 、 ユ サ の 青 い 瞳 が か す か に 輝 い オ : だ っ け ? 舌 噛 み そ う な 名 前 か な ? や っ と 。 な あ し い さ ん 、 ル ウ ォ ッ ト : 「 当 た り し よ う し ん し よ う め い ソ あ ん た が 守 っ て い る の は 、 正 真 正 銘 〃 シ ェ リ ア ー ク の 剣 〃 ? ン 老 い た 術 士 は 目 を 細 く す る だ け で 、 何 も 言 わ な か っ た 。 ジ 「 そ こ 、 ど い て く ん な い ? 俺 さ あ 、 あ ん た が 後 ろ に 隠 し て い る や つ に 、 用 が あ る ん だ 。 確 か め な く ち ゃ い け な い か ら さ 」 に ご む

ジャンクソード


17 ジ ャ ン ク ソ ー ド 面 、 そ こ に は た が ね に よ る 飾 り 一 つ さ え 施 さ れ て い な か っ た 。 ち ょ う ど て の ひ ら 唯 一 柄 の 中 央 、 丁 度 掌 が 握 り 締 め る 部 分 に 、 象 眼 を 施 そ う と し て 中 途 で 投 げ 出 し て し ま っ た み た い に 、 ば っ か り と 嵌 め 込 み 用 の 穴 が 開 い て い た 。 と て も 探 し 求 め て い た 、 『 今 よ り 百 五 十 年 前 に 、 皇 国 フ ラ ー ナ で 、 千 人 に 一 人 と そ の 才 を 認 め ら れ た 術 士 シ ェ リ ア ー ク が 、 滅 び の 予 感 を 得 て 師 匠 と 共 に 、 己 の 全 精 力 、 生 命 の す べ て を か け て 呪 を 封 じ た 魔 剣 』 に は 見 え な い 。 確 か 予 定 で は 、 〃 風 も 、 水 も 、 夢 さ え も 断 っ 力 を 持 っ 剣 み が 手 に 入 る は す だ っ た の に 。 こ の 手 の 中 に あ る の は 。 そ っ た れ リ 〃 こ ん び に 〃 一 番 の 安 物 で も 、 も っ と ま し だ ぞ 「 下 の 下 の 下 し ゃ ね え か っ ! く こ れ で ど う や っ て 、 〃 夢 〃 を 断 つ っ て ん だ よ " い っ そ 投 げ 捨 て て 、 い や 炉 に ぶ ち 込 ん で ど ろ ど ろ に 溶 か し て し ま い た い 気 分 だ 「 ま た フ ェ イ ク か よ 、 ち え っ : 鞘 を 擱 む 手 が 、 小 さ く 震 え て い た 。 ち み も う り よ う 「 ご た い そ う な シ チ ュ エ ー シ ョ ン で 山 な す 魑 魅 魍 魎 が 出 て き て い か に も な 術 士 が い て 。 思 い っ き り 期 待 さ せ て お い て 、 あ げ く に フ ェ イ ク を 掴 ま さ れ る な ん て つ う な 剣 を に ら み 付 け る 青 い 目 が 、 ぐ っ と 細 め ら れ る 。 唇 を 噛 ん で 、 低 く 唸 っ て 。 つ か ぞ う が ん ほ ど こ

ジャンクソード


「 お 、 俺 の 剣 ? あ な た の 剣 な ん で す か ? こ れ 」 「 そ ー だ よ 。 俺 が 探 し て 、 俺 が 見 つ け て 、 俺 が 引 き 抜 い た 俺 の 剣 だ 」 冷 や や か に 、 青 い 目 が シ ェ リ ア ー ク を 見 据 え る 。 せ ん さ く 「 下 ん ね ー こ と 詮 索 し て な い で 、 さ っ さ と 名 前 を 一 言 え 」 と が つ ぶ や シ ェ リ ア ー ク は 小 さ く 唇 を 尖 ら せ て 、 ば そ 、 と 呟 い 「 何 か ま だ 言 っ た か ? 「 い け す ー 」 「 て め つ く る み ひ ゆ っ 、 と 、 胡 桃 が ユ サ の 手 を 離 れ る 。 が 、 そ れ は ば し ん と 音 を 立 て て 、 シ ェ リ ア ー ク の 手 の 中 に 収 ま っ た 。 「 危 な い で す よ う 」 ま く ら も と に こ り と し て 、 彼 は 堅 い 実 を 寝 台 の 枕 元 に 置 い た 。 ュ サ は 聞 こ え よ が し に 鼻 で 息 を つ き 、 肩 ひ そ を 竦 め る 。 「 頼 ま れ て つ か ら な 。 十 年 眠 り っ 放 し の 娘 を 救 う に は 、 〃 夢 を 断 っ 剣 み が 必 要 な ん だ そ う だ 」 「 : : : 何 で す そ れ ? さ ら り と 語 ら れ た 内 容 に 、 シ ェ リ ア ー ク は 目 を ば ち く り さ せ た 。 「 知 ら ね え よ 。 俺 は 依 頼 さ れ た だ け な ん だ か ら 。 何 で も 高 名 な 占 い 師 っ て の の お 告 げ だ と か 。

ジャンクソード


と こ ろ 。 て め え の 生 い 立 ち の 記 な ん ざ 、 ど う だ っ て い し そ こ だ け 赤 く 腫 れ て き た 額 を さ す り つ つ 、 シ ェ リ ア ー ク は 困 っ た 顔 で 笑 う 。 「 で も そ の あ た り は で す ね え : : : 私 、 あ ま り よ く 覚 え て い な い ん で す よ お 」 「 だ っ た ら 思 い 出 せ 。 努 力 し ろ 努 力 。 と ろ く せ ー 「 あ ー 、 は あ 。 し ゃ あ 、 頑 張 っ て み ま す 話 せ 。 ュ サ は 命 令 し た 。 「 夢 を 、 見 た ん で す よ ー シ ェ リ ア ー ク の 話 は 、 こ の 言 葉 か ら 始 ま っ た 。 き た こ ん と ん 夢 魔 の 王 の 出 現 を 、 世 界 の 滅 び と そ の 後 に 来 る 混 沌 を 予 一 言 す る 夢 「 先 生 が 、 そ う お っ し や っ た ん で す う 。 何 の 夢 見 た の か は 、 も お 全 然 覚 え て な い ん で す け ど 」 て へ 、 と シ ェ リ ア ー ク は 頭 を 掻 い た 。 む ま

ジャンクソード


) ュ ォ ル ・ デ ィ ・ フ ェ ロ ス の 、 え え と 「 当 時 私 は フ ラ ー ナ の 王 に 仕 え る 術 士 、 リ ュ 、 で す ね 。 確 か 、 八 人 い た : : : あ れ 、 十 人 だ っ た か な ? 直 弟 子 の 一 人 で し た 」 と っ と っ ひ ざ 両 手 を 膝 の 辺 り で 重 ね て 、 互 い の 指 を い じ り な が ら 、 咄 々 と 話 す 。 」 と シ ェ リ ア ー ク 、 そ な た の 夢 は ロ の 端 に 乗 っ た 、 言 葉 と な っ た 瞬 間 か ら 予 言 に な っ た 。 言 だ ま 霊 の 力 は そ な た の 夢 を 現 実 の も の に し よ う と 動 く 。 そ れ を 防 ぐ た め に 、 私 は 私 の 夢 を そ な た に あ わ 「 先 生 の 言 葉 だ け 、 何 だ か は っ き り 覚 え て る な あ 。 『 さ れ ど も し 、 相 反 す る 力 を 共 に 併 せ 持 っ 剣 が 在 れ ば 、 そ れ は 夢 を も 切 り 裂 か ん 。 さ あ 、 シ ェ リ ア ー ク 。 我 々 は 持 ち 得 る 英 知 、 知 識 、 技 、 希 望 、 す べ て を 費 や し て 夢 魔 の 王 を 封 ず る 剣 を 創 造 ら な く て は な ら な い 』 」 せ り ふ 「 台 詞 な ん ざ ど う で も い い 」 う つ ュ サ は 寝 台 に 完 全 に 俯 せ て 、 目 だ け を シ ェ リ ア ー ク に 向 け て 言 っ た 。 そ れ で 、 先 生 の 指 導 の 下 で す ね ー 、 剣 を 造 る こ と に 、 な り ま し て 。 他 の 直 弟 子 「 あ あ 、 は い 。 : ど う だ っ た か な あ 。 同 し 作 業 所 に 一 緒 に い た よ う な 記 憶 も あ る ん で す が 、 手 伝 っ て く れ ャ ジ て い た ん だ っ け な あ 。 ど う だ っ た ん だ ろ う ? 、 フ ー : : : 「 お 前 、 友 達 い な い タ イ プ ?

ジャンクソード


、 、 、 卩 き 出 さ れ る こ と は な い と 思 い ま る だ ろ う し が つ ん っ て 私 が 殴 ら れ る の は あ り で し よ う け と ロ す 。 ご は ん だ っ て 、 美 味 し い の 食 べ さ せ て く れ ま す し ー フ レ イ エ ル は シ ェ リ ア ー ク を 、 つ く づ く と 眺 め る 。 「 ま っ た く 不 思 議 だ の う 。 そ な た も 、 そ な た の 造 っ た 剣 も 。 美 し い ば か り で ひ た す ら に 静 か だ 。 と て も 滅 び の 夢 を 呼 ぶ 剣 と 、 そ の 暴 走 す る 剣 を 生 み 出 し て し ま っ た 天 才 術 士 と は 思 え ん 」 そ の 長 い 銀 の 髪 を 一 房 、 手 に 取 り 撫 で た 。 す み ま せ ん と 、 小 さ な 声 で シ ェ リ ア ー ク は 謝 る 。 そ し て 。 う た 「 フ レ イ エ ル は 、 フ ラ ー ナ の 記 録 を 読 ま れ た ん で し た よ ね え 。 私 は 、 詩 は 、 ユ サ に 謳 っ て も ら っ て 知 っ て る ん で す け ど 」 少 し た め ら い が ち に 尋 ね た 。 ち ま た は ず し ょ だ な 「 記 録 ? あ あ 、 読 ん だ な 。 こ こ の 書 棚 の ど こ か に も 、 入 っ て い る 筈 だ 。 巷 に あ る 詩 と 違 っ さ つ ぶ う け い て 、 淡 々 と 殺 風 景 で 、 読 ん で 面 白 い も の で は な い 」 「 そ こ で も や は り 、 私 は 詩 の 中 の よ う に 、 そ う い う : : : 〃 滅 び の 夢 を 呼 ぶ 剣 〃 を 造 り 上 げ た こ と に な っ て い る ん で す ね ? 私 の 剣 が 私 を 喰 ら っ て 、 暴 走 し た っ て え 」 「 あ あ : ・ : ・ う む 。 シ ェ リ ア ー ク の 魔 剣 を 封 印 す る こ と に よ っ て 、 世 界 の 滅 び へ の 夢 を 閉 じ た と 書 か れ て い た な 」 : そ う で す か あ 「 あ ー な ぐ