検索 - みる会図書館

検索対象: ジャンクソード 2 水の戯れ

ジャンクソード 2 水の戯れから 265件ヒットしました。

ジャンクソード 2 水の戯れ


コ バ ル ト 文 日 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 朝 香 祥 の 描 く 、 三 国 志 ワ ー ル ド ! く 三 国 志 〉 シ リ ー ズ ◆ イ ラ ス ト / 桑 原 祐 子 旋 風 は 江 を 駆 け る ま 江 の ざ わ め く 刻 ◆ ニ 龍 争 戦 ~ 星 宿 江 を 巡 る ~ 鳳 凰 飛 翔 ~ ← 旋 風 の 生 ま れ る 処 ま 青 嵐 の 夢 華 の 名 前 ◆ ◆ ◆ 朝 香 祥 と き り よ う そ う せ ん ほ う お う ひ し よ う - 世 、 、 ら ん ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ジャンクソード 2 水の戯れ


あ さ か ・ し よ う 天 秤 座 、 A 型 。 96 年 2 月 に 、 ス ー イ ヾ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 夏 嵐 ~ 緋 の 夢 が 呼 ぶ も の ~ 」 で デ ビ ュ ー コ バ ル ト 文 庫 に 「 現 は 夢 、 久 遠 の 瞬 き 」 「 旋 風 は 江 を 駆 け る ( 上 ) ( 下 月 「 江 の ざ わ め く 刻 」 「 二 龍 争 戦 ~ 星 宿 、 江 を 巡 る ~ 』 「 鳳 凰 飛 翔 ~ 華 焔 、 江 を 薙 ぐ ~ 」 「 旋 風 の 生 ま れ る 処 ( 上 ) ( 下 ) 」 「 青 嵐 の 夢 Ⅱ ジ ャ ン ク ソ ー ド Ⅱ 華 の 名 前 」 が あ る 。 日 本 と 中 国 の 古 代 史 に ど っ ぷ り は ま っ て い る 。 趣 味 は 遺 跡 や 神 社 仏 閣 を 見 る こ と 、 ケ ー キ を 作 る こ と 。 原 稿 に 煮 詰 ま る と た い て い ヒ 。 ア 水 の 戯 れ ジ ャ ン ク ソ ー ド 2 ノ に 逃 避 す る 。 COBALT-SERIES 1999 年 4 月 10 ・ 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 朝 香 祥 小 島 民 雄 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OS HO ASAKA 1999 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 -61 4 5 7 5 - 8 C 0 1 9 5

ジャンクソード 2 水の戯れ


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ で も 、 現 実 で も 、 あ な た を し ~ 神 と 青 年 の 恋 物 朝 香 祥 ◆ イ ラ ス ト / 鈴 木 理 華 ◆ 病 に 侵 さ れ た 妹 の 命 を す く う た め に 神 に 祈 り マ ヒ ト ◆ を さ さ げ る 真 人 。 彼 の 前 に 現 わ れ た の は 美 し き 御 諸 の 媛 神 だ っ た 。 ひ と 目 で 恋 に お ち た 真 人 だ っ た が ・ ・ ・ 。 古 代 ロ マ ン ・ フ ァ ン タ ジ ー ! う 一 ) ー っ 現 は 夢 、 久 遠 の き ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま た た ゞ ん

ジャンクソード 2 水の戯れ


「 あ の : : : セ イ さ ま 。 で き れ ば 、 七 十 年 前 に エ イ ル さ ま が な さ っ た 夢 見 の 預 言 を : : : 受 け 取 っ て い た だ け な い で し よ 、 フ か 。 あ れ は 、 エ イ ル さ ま が 命 を か け て セ イ さ ま に 遺 さ れ た も の で す 」 「 あ ー : は い 。 え え 」 握 っ て い た 取 っ 手 か ら 手 を 放 し 、 シ ェ リ ア ー ク は 振 り 返 っ た 。 ア ラ イ ン は 両 手 を 胸 の と こ ろ う た で 組 み 、 静 か に 言 葉 を 謳 う 。 か ぎ は る か 北 の 大 地 に 、 滅 び の 夢 は 目 覚 め き 。 鍵 と な る は 、 夢 を 生 み し 術 士 の 魔 剣 。 夢 を 断 っ 剣 は 、 ま た 唯 一 夢 を 止 め る 力 を 有 す る も の で あ る 故 に 。 最 も 貴 き 者 は や が て 黒 く 輝 く 夢 を ま と い 、 陽 を か た わ ら に 闇 を 求 め る 。 夢 が 闇 に 追 い っ き し と き 、 闇 は 夢 の も の と な り 初 め の 夢 う つ よ が 現 し 世 の も の と な ら ん 。 ま た 闇 が 夢 に た ど り 着 く と き 、 陽 は 闇 を 得 て 新 た な る 現 し 世 を 創 り だ さ ん 。 夢 の 動 く 時 、 剣 も ま た 目 覚 め ん 。 も し 異 な り し 現 し 世 を 望 ま ば 、 か の 剣 を 得 よ 。 夢 を 断 ち 新 た な る 夢 を 生 む 、 た だ 一 つ の 剣 を ー - ー ー ー の 最 後 の 一 言 が お わ っ た と こ ろ で 、 シ ェ リ ア ー ク は し み し み と た め 息 を つ い た 「 こ う ゆ う の っ て 本 当 に 抽 象 的 で す ね え 。 ど う せ な ら 、 も っ と 具 体 的 な 名 前 と か 地 名 と か で 教 え て く れ れ ば い い の に ー 。 け ち だ な あ 」 ゅ め み の こ

ジャンクソード 2 水の戯れ


わ か っ て い る か ら 、 本 当 、 困 っ て い た ん だ 。 夢 見 を さ せ な い た め に 、 村 を 潰 そ う な ん て 考 え ち や 、 フ ノ 、 、 ら い に さ 」 目 の 前 に 見 覚 え の あ る 青 年 が 立 っ て い た 。 前 髪 が 顔 を 隠 し て 表 情 を 見 て 取 る こ と は で き な い が 、 彼 の 手 に 、 金 の 鎖 と 乳 白 色 の 中 の 黄 金 の 輝 き が 収 ま っ て い た 。 「 、 ン : : : オ ン : 「 覚 え て い て く れ た ん だ 、 名 前 。 光 栄 だ な 」 シ オ ン は う っ と り と 石 の 輝 き を 撫 で る 。 き れ い 「 綺 麗 だ ね 、 こ れ 。 待 っ て い た か い が あ っ た 」 一 歩 身 を 引 く と 、 シ オ ン の 姿 は 闇 に 溶 け る み た い に 掻 き 消 え た 。 「 じ ゃ あ ね 、 セ イ 。 こ れ 、 本 当 に あ り が と う 」 声 だ け が 、 残 り 。 や が て そ れ も 消 え た 。 ぼ う ぜ ん た た ず 静 ま り 返 っ た 夜 の 中 に 、 シ ェ リ ア ー ク は 一 人 呆 然 と 佇 む 。 や が て 我 に か え っ て 、 彼 は 己 の 右 手 を 確 認 す る が か た ど じ ゅ れ 月 を 象 っ た 呪 は や は り 、 な く な っ て い た 。 の 水 ゅ め み か つ ぶ

ジャンクソード 2 水の戯れ


月 の 化 身 ? 「 引 き 継 が れ る 、 黄 金 の 珠 が : : : 語 る 夢 を 。 失 う こ と は : 黄 金 の 珠 : ・ い ち も ん じ ュ サ の 表 情 が 変 わ る 。 青 い 瞳 が 細 め ら れ 、 皮 肉 つ ば い 笑 み を 宿 し て い た 唇 が 一 文 字 に 結 ば れ 「 行 っ て : : : 術 を 。 間 に ム ロ 、 フ よ 、 つ に : 「 : : : わ か っ た 」 ュ サ は 息 を 一 つ つ き 、 言 っ た 。 「 俺 が 、 い っ て き て や る 」 ぶ つ き ら ば う に 、 手 を ロ ム ス の 目 の 前 に 差 し だ す 。 「 書 類 、 よ こ せ 。 あ と 、 も し お っ さ ん が 馬 を も っ て ん な ら 、 馬 も っ ち け い ろ ロ ム ス は 土 気 色 の 顔 に 、 驚 き の 表 情 を 刻 ん で ユ サ を 見 上 げ た 。 「 い や : : : し か し ・ : れ 「 た だ し ゃ ね え 。 代 償 は も ち ろ ん も ら う 。 あ ん た た ち に く つ つ い て 、 術 士 の 処 に 連 れ て っ て も の ら う つ も り だ っ た ん だ が 、 で き そ う に な い し な 。 俺 を 雇 う な ら 、 代 理 に な っ て 話 を つ け て き て 水 や る よ 「 頼 め る : : : の か ? 本 当 に 。 お 前 : : ュ サ が 」 た ま

ジャンクソード 2 水の戯れ


び ぼ う 白 晳 の 面 に 浮 か べ て 答 え る 。 女 性 が 目 に す れ ば 、 溜 め 息 を つ き た く な る ほ ど の 美 貌 で あ っ た 。 男 が 見 た 場 合 は 、 「 な ん で え 、 ヤ ロ ー か よ ち く し よ お お お っ ! 」 と い っ た 感 じ か 。 ふ ん い き と も か く 顔 と 雰 囲 気 だ け で 判 断 す る 限 り で は 、 こ れ が 百 五 十 年 前 に 〃 滅 び を 呼 ぶ み と い う 御 か ん し き だ い 大 層 な 冠 詞 を く つ つ け ら れ 剣 を 鍛 え た 稀 代 の 術 士 と は 、 と て も 信 じ ら れ な か っ た 。 セ イ ・ リ ン ・ シ ェ リ ア ー ク 。 そ れ が 青 年 の フ ル ネ ー ム で あ る 。 は が ね 彼 が 造 ろ う と し た の は 、 〃 滅 び の 夢 を 断 つ み 力 を 持 っ 魔 剣 だ っ た 。 そ の た め に 鋼 を 鍛 え 、 ほ ど こ 様 々 な 呪 を 施 し て い っ た 。 だ が 物 は 、 そ れ 自 体 が 〃 滅 び を 呼 ぶ 〃 も の と し て 、 彼 の 師 と 彼 の 仲 間 で あ っ た 者 た ち の 手 で 封 し ら れ る こ と に な っ た 。 剣 か ら は 全 て の 呪 が は ぎ 取 ら れ 、 剣 か ら 呪 が 失 わ れ た 時 、 シ ェ リ ア ー ク の 身 体 は 剣 の 内 に と り 込 ま れ て い た 。 滅 び を 呼 ぶ 剣 は 、 創 造 主 ご ど う く っ と 、 深 い 洞 窟 の 奥 に 封 印 さ れ た の で あ る 。 そ う し て 眠 る こ と 百 五 十 年 、 一 人 の 剣 士 が 魔 剣 を 求 め て 封 印 を 解 き 、 失 わ れ て い た 呪 の 一 つ を 剣 に 取 り 戻 し て く れ た お か げ で 、 彼 の 身 体 は 再 び 、 外 の 世 界 に 存 在 す る 時 を 得 る よ う に な っ た の だ っ た 。 七 つ 、 も し く は 八 つ あ っ た と さ れ る 呪 の う ち で 、 現 在 剣 が 含 ん で い る も の は 二 つ 。 シ ェ リ ア 戯 ー ク は 剣 の 中 と こ の 現 実 の 世 界 と を 、 ふ ら ふ ら い っ た り き た り す る と い う 生 活 を 送 っ て い た 。 う な ず 水 し ご く の ん び り と し た 速 度 で 話 す 彼 に 、 フ レ イ エ ル は う む う む と 頷 く 。 「 ほ う 、 な る ほ ど な 。 そ れ は や は り 、 お 前 さ ん の 鍛 え た 剣 の 呪 の 一 つ 一 つ が 、 お 前 さ ん を 封 じ は く せ き お も て

ジャンクソード 2 水の戯れ


尋 ね る 声 は 、 落 ち 着 い た 低 め の テ ノ ー ル 。 答 え る 声 は そ れ よ り も 高 く 、 若 い 「 す い ぶ ん 余 裕 で す ね 、 オ ル ヴ ィ 。 そ ろ そ ろ 準 備 を し な く て は な ら な い 頃 で し よ う に 。 カ ー ド で 遊 ん で い た り し て 、 い い の で す か ? 剣 は 目 覚 め 、 夢 も 動 き 始 め て い ま す 」 し ょ だ な 書 棚 の 陰 か ら 、 す ら り と し た 青 年 の 姿 が 現 れ た 。 暗 い 茶 色 の 髪 は 長 く 、 後 ろ で 一 つ に 束 ね て い る 。 前 髪 の 影 に 隠 れ て 、 瞳 の 色 と 表 情 は 見 え な い 。 唇 だ け が 、 彼 が 静 か な 笑 み を 作 っ て い る こ と を 示 し て い た 。 「 あ ん ま り の ん び り し て て 、 怒 ら れ て も 知 り ま せ ん よ 」 シ オ ン は テ ー プ ル の す ぐ そ ば に ま で 来 て 、 カ ー ド の ピ ラ ミ ッ ド を 指 で 弾 く 真 似 を す る 。 ふ つ と 風 が 起 こ り 、 互 い に も た れ 合 っ て バ ラ ン ス を 取 っ て い る カ ー ド が 、 ゆ ら ゆ ら と 揺 れ た 。 「 勝 手 に 怒 ら せ て お け ば い い の だ よ 」 ォ ル ヴ ィ と 呼 ば れ た 男 は 軽 く 上 目 で シ オ ン を 睨 ん で 、 カ ー ド を 一 一 枚 め く り 、 揺 れ の 収 ま っ た カ ー ド の 土 台 の 上 に ま た 立 て て ゆ く 「 そ れ よ り シ オ ン ー そ う っ と バ ラ ン ス を と ら せ て 手 を 放 し 、 訊 い た 。 れ か わ い そ う 戯 「 リ ュ ー ネ は 少 し は 元 気 に な っ た か い ? 可 哀 相 な く ら い 打 ち の め さ れ て 、 寝 込 ん で し ま っ た 水 と 聞 い た の だ け ど 」 「 リ ュ ー ネ さ ま は 、 剣 の 呪 を 失 わ れ て 、 術 の 多 く を 見 失 っ て し ま わ れ ま し た か ら ー に ら ま ね

ジャンクソード 2 水の戯れ


え い ち 「 月 の 叡 智 は 、 巫 女 の 印 と し て 」 額 飾 り を 、 ア ラ イ ン は ゆ っ く り と し た 動 作 で サ ー ザ の 頭 に は め た 。 金 の 鎖 の 輝 き 、 そ の 中 央 に あ る 石 の 内 が 、 月 明 か り を 受 け て 踊 る よ う な 瞬 き を 見 せ る 。 「 月 の 視 福 で あ る 預 言 を 、 夢 見 の 器 を 通 し て 」 ア ラ イ ン の 白 い 両 手 は 台 座 の 上 の 珠 を 包 み 込 む よ う に 取 り 、 そ れ を 己 の 胸 へ と 運 ん だ 。 「 全 て は 月 の 定 め 。 初 め の 巫 女 で あ る エ イ ル の 遺 し し 言 葉 に よ り 、 伝 え ら れ る も の 。 滅 び の 夢 ふ う じ ゅ が 目 覚 め し と き 、 封 呪 の 魔 剣 も ま た 呼 び 覚 ま さ れ る 。 そ の 絡 み 合 う 意 思 と 行 く 末 の 予 感 を 手 繰 つ む み ち び り 寄 せ 、 導 か れ る 運 命 を 選 び 取 る 、 ま た 紡 ぎ だ す 道 標 と な る た め に 、 巫 女 は 器 と な り て 夢 見 の 預 言 を 紡 ぐ も の 也 」 白 い 肌 の 上 に 乗 せ て 、 続 け る 。 「 人 々 に 、 与 え よ 。 預 言 を 。 そ を 最 も 必 要 と す る 剣 の 主 人 に 伝 え る た め に 」 一 度 一 言 葉 を 切 り 、 唇 を 閉 ざ し 。 再 び 彼 女 の 紅 い 唇 が 開 い た 。 今 度 は 聞 き 取 れ な い 、 幾 つ か の 言 葉 を 紡 ぐ 。 れ サ ー ザ の 目 は ア ラ イ ン が 胸 に 押 し 当 て た 珠 が 、 彼 女 の 身 の 内 へ 沈 み 始 め る の を 捉 え た 。 ゆ る く も ん の ゆ る と 沈 む 珠 、 ア ラ イ ン の 顔 に 苦 悶 の 表 情 が 現 れ る 。 思 わ す 悲 鳴 を 上 げ そ う に な っ て 、 サ ー ザ は 儀 式 の 間 は 何 が あ っ て も 決 し て 声 を 立 て な い と い の こ

ジャンクソード 2 水の戯れ


246 「 剣 を 封 し る こ と は 、 先 生 が そ れ を ご 命 じ に な ら れ た の だ と 、 エ イ ル さ ま に は う か が い ま し じ ゅ た 。 セ イ さ ま が 新 た な 呪 を 結 び 、 そ れ が 形 を 成 し て い っ た 時 、 師 が : : : 術 士 リ ュ ォ ル ・ デ ィ ・ フ ェ ロ ス が あ な た を 襲 っ た の だ そ う で す , つ き つ ぎ ア ラ イ ン は 、 静 か に 語 り 始 め た 。 祭 事 の 堂 で は な く 会 見 の た め の 室 に 、 月 嗣 の 儀 式 に 参 列 し た 者 た ち は 移 動 し て い る 。 シ ェ リ ア ー ク と ア ラ イ ン は テ ー プ ル を 挟 ん で 向 か い 合 う 形 に 、 長 と 長 老 は 横 手 に 並 び 、 サ ー ザ は 用 意 し た 茶 を そ れ ぞ れ の 前 に 置 い て か ら 、 ア ラ イ ン の 隣 に 腰 を 下 ろ し た 。 「 陽 の 祝 福 を 受 け た 剣 よ り フ ェ ロ ス 師 が 陽 の 呪 を 抜 き 、 他 の 弟 子 た ち に も 一 つ ず つ 呪 を は ぎ 取 る よ う 命 し ら れ た の だ と い う こ と で す 。 『 こ れ は 夢 を 断 っ 剣 で は な く 、 黒 い 夢 を 呼 ぶ 剣 と な っ た 。 滅 び の 夢 を 防 ぐ に は 、 剣 を 封 じ る 以 外 に 方 法 は な い 』 , ・ : ・ : そ う お っ し や っ た と 」 シ ェ リ ア ー ク の テ ー プ ル の 上 で 組 ん だ 手 が 、 微 か に 揺 れ る 。 は が ね の こ 「 全 て の 呪 が 剣 よ り は ぎ 取 ら れ 鋼 だ け が 遺 さ れ た 時 、 あ な た の 姿 は ど ・ こ に も な か っ た そ う で う つ よ ま っ さ っ す 。 現 実 を : : : 剣 の 封 印 が セ イ ・ リ ン ・ シ ェ リ ア ー ク と い う 存 在 を も 現 し 世 よ り 抹 殺 す る こ と だ と 知 っ て 以 来 、 エ イ ル さ ま は 悩 ん で お ら れ ま し た 。 師 の 、 絶 対 の 力 を 持 っ 言 葉 を た だ 信 し て 為 し た 封 印 が 、 本 当 に 正 し き 道 だ っ た の か を 。 そ れ 故 ェ イ ル さ ま は 塔 を 離 れ 、 隠 れ る よ う に こ の 地 に 。 呪 を い っ か セ イ さ ま の 剣 に 返 し 、 真 実 を 、 共 に 探 り た い と 願 っ て 」 ェ イ ル ・ キ リ ・ サ イ ー ド の 、 穏 や か な 声 と ま な ざ し と を 思 い 起 こ し た 。 夜 の 静 か な 優 し さ が は さ