検索 - みる会図書館

検索対象: LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)から 250件ヒットしました。

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ コ バ ル ト 文 日 少 年 愛 ラ ン ド ・ ノ 「 、 ま 真 堂 樹 イ ラ ス ト / 松 本 テ マ リ 剣 & 朱 雀 は 、 学 園 ー の 実 力 者 ・ 帝 先 輩 の 命 令 で 不 老 長 寿 の 水 を 求 め て 無 人 島 へ ! そ こ に は 美 少 年 伝 説 と 怪 し い 敵 が 待 ち 受 け て い た ! く 青 桃 院 学 園 風 紀 録 〉 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 フ ツ ウ じ ゃ な い だ ろ ! オ モ チ ャ か す き だ ろ ! ◆ キ ケ ン じ ゃ な い だ ろ ! ヒ ミ ツ か あ る だ ろ ! ◆ ス リ ル か あ る だ ろ ! キ メ て も い い だ ろ ! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 青 桃 院 学 園 風 紀 録 ボ ウ ケ ン す る だ ろ ! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 庫 雑 誌 Coba 忱 ワ ベ ル 大 賞 」 マ ン 大 賞 」 募 集 中 ! さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ! ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ の 賞 で 開 花 つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 コ ノ ヾ ル ト の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 作 品 で あ れ 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 に も む す び ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い ま す 。 中 編 部 集 英 社 コ バ ル ト 文 庫 、 雑 誌 Cob 引 t 編 集 部 で は 、 エ ン タ ー テ ィ ン メ ン く 大 賞 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 ( 税 込 ) く 佳 作 入 選 作 > 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ( 税 込 ) ノ ベ ル 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 400 字 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 紙 9 ト 10 鬼 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 締 切 後 の 隔 月 甲 Coba 旧 2 月 号 誌 上 ( お よ び 12 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 入 選 作 も 同 誌 上 に 掲 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 験 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ レ 大 賞 の 最 終 候 補 作 は 読 者 審 査 員 の 審 査 に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ ベ ル 大 賞 ・ 読 者 大 賞 」 伏 賞 ス 作 は 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 40 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 紙 25 ト 35 財 鬼 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 ・ プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 【 入 選 発 表 】 締 麦 の 隔 月 刊 誌 Cob 引 t8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 . 入 選 作 は コ バ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ の 際 に は 、 集 英 社 の 規 定 に 基 づ き 、 E 財 見 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 東 京 都 刊 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 部 「 ロ マ ン 大 賞 」 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Coba に ( 1 月 、 3 月 、 5 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を こ ら ん く だ さ い 。 7 月 、

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


わ か ぎ ・ み お 1968 年 12 月 2 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 、 都 内 在 住 。 射 手 座 、 A 型 。 早 稲 田 大 学 文 学 部 中 退 。 1989 年 4 月 「 AGE 」 で 、 第 13 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 趣 味 は 音 楽 と 水 泳 。 愛 す る モ ノ は 、 マ ッ ク ス ・ ヘ ッ ド ル ー ム と ジ ェ イ ム ズ ・ カ ー ク と 志 村 喬 と 2 匹 の 猫 。 コ バ ル ト シ リ ー ズ に 「 天 使 は う ま く 踊 れ な い 』 「 セ イ レ ー ン の 聖 母 十 字 架 の 少 女 』 『 迷 え る 羊 に 愛 の 手 を ′ 炎 獄 の デ ィ ア ー ナ ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 天 冥 の 剣 国 ~ 団 ′ 星 を 堕 す も の ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 ア ー ケ イ デ ィ ア 」 「 荊 姫 」 『 烈 光 の 女 神 ① ~ 団 』 「 へ ヴ ン ズ ・ ク ラ イ ン 」 「 不 滅 の 王 』 「 永 遠 の 娘 」 「 NEO 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 国 ~ 3 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 翠 玉 の 王 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69 」 「 XAZSA Ver. 1 ~ 2 JCXAZSA メ カ ニ ッ ク ス D 」 「 グ ラ ス ハ ー ト 」 「 薔 薇 と ダ イ ナ マ イ ト 」 「 ム ー ン ・ シ ャ イ ン 」 「 嵐 が 丘 」 「 AGE / 楽 園 の 涯 い く っ か の 太 陽 」 「 冒 険 者 た ち 」 「 熱 の 城 」 「 満 月 少 年 十 太 陽 少 女 』 な ど が 、 ま た 単 行 本 に 「 天 使 / 来 撃 」 が あ る 。 LOVE WAY GLASS HEART COBALT-SERIES 2003 年 1 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 若 木 未 生 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ MIO WAKAGI 2003 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 工 S B N 4 - 0 8 ー 6 0 0 2 0 9 -4 C 01 9 5

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


236 あ と が き で ご ざ い ま す 。 グ ラ ス ハ ー ト 通 算 九 冊 目 、 『 »-ÄO>@ 』 を お 届 け し ま す 。 お た の し み い た だ け ま し た ら 、 幸 い で す 。 こ の 本 の 表 題 作 と な っ て い る 「 」 は 、 今 か ら 五 年 前 、 雑 誌 コ バ ル ト の 19 97 年 月 号 に 掲 載 さ れ た 短 編 で す 。 そ れ か ら 、 ま あ 、 と て も い ろ い ろ な こ と が あ り ま し て : い つ ど ん な か た ち で 本 に 収 録 さ れ る の が ベ ス ト な の か 、 誰 に も わ か ら な く な っ て い た 時 期 も あ っ た 、 鬼 っ 子 み た い な 作 品 で し た 。 文 庫 未 収 録 の ま ま 「 幻 の 作 品 」 に す る つ も り は 私 も な か っ た ん で す が 、 何 度 も 、 編 集 さ ん た ち と ( こ の 五 年 の 間 の 歴 代 担 当 様 は 四 人 。 そ の 全 員 と ) 相 談 し た り 考 え た り す る た び に 「 う う う う う う ー ん で も こ れ 、 グ ラ ス ハ ー ト ? こ の 話 だ け 、 な に か 、 別 の モ ノ な の で は ? ー と 頭 を あ ど か 医 、

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


COBALT-SERIES GLASS HEART LOVE WAY 若 木 未 生 集 英 社 6 0

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


41 さ よ な ら カ ナ リ ア だ め 「 あ あ 真 崎 君 、 迷 う よ う じ ゃ 駄 目 だ ね 。 ど こ に 行 く の か 、 ど こ に む か っ て 歌 う の か 、 ま だ わ か ら な い よ う じ ゃ 駄 目 だ ね 。 学 校 の ホ ー ム ル ー ム じ ゃ な い ん だ 、 出 直 し て お い で よ 」 「 俺 の 曲 を ー 桐 哉 が 言 っ た 。 「 聴 か せ て や る よ 」 「 名 曲 な の か い ? 「 あ ん た を つ れ て い っ て や る 」 す き ど こ に ? ・ ・ ほ く の 質 問 が 割 り こ む 隙 は な か っ た 。 通 話 が そ こ で 切 れ た 。 交 通 事 故 に あ っ て 急 に 死 ん だ よ う に 、 と ぎ れ た 。 : ・ 十 円 玉 く ら い 余 分 に 持 ち 歩 け よ 。 き ち じ し つ じ ど ち ゃ く 井 の 頭 線 の 吉 祥 寺 駅 の 改 札 を 出 て 階 段 を く だ り 、 土 着 的 な 商 店 街 の 合 間 を と お り ぬ け て 、 吉 に お ま る い こ み ち 祥 寺 丸 井 の 横 つ ば ら を 見 な が ら 井 の 頭 公 園 ま で の 小 径 を 歩 く と 、 水 の 匂 い が す る 。 そ ろ そ ろ 日 暮 れ 時 だ っ た 。 太 陽 が 斜 め に ま ぶ し い 光 を 投 げ て ぎ た 。 花 が ほ と ん ど 散 っ て 青 葉 を 風 に 揺 ら す 桜 の 群 れ 。 水 辺 に 、 枝 を の ば し て い た 。 公 園 の 真 ん 中 の 池 を よ こ ぎ っ て 、 架 け ら れ た 橋 が 見 え る 。 し ん ざ き か

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


べ て 話 の 内 容 は ぜ ん ぜ ん つ ま ら な く て ビ ン と こ な か っ た 。 僕 は 眠 り そ う に 飽 き て 、 彼 の 文 学 青 年 み た い な 気 難 し い キ レ イ な 顔 を 眺 め て 、 彼 の 泣 き 声 は ど ん な ふ う か な と 想 像 し た 。 サ ン プ リ ン グ し て ち ぎ っ て つ な い で 無 限 ル ー プ に し て デ ィ レ イ を か け て ぐ る ぐ る ま わ す 。 そ う い う 想 像 を し た 。 け れ ど そ れ は や は り あ ま り お も し ろ く な か っ た 。 区 民 セ ン タ ー 前 の 広 場 を み お ろ せ る 大 き い 東 側 の 窓 ぎ わ の 席 に は 僕 た ち は 座 ら な い で 、 も っ と 暗 が り の 、 三 方 を 仕 切 り 板 で 囲 ま れ た ポ ッ ク ス 席 に い て 、 ふ た り と も こ こ の メ ニ ュ ー の な か で い ち ば ん 安 い ブ レ ン ド コ ー ヒ ー を 飲 は ち ゅ う る い ん だ 。 僕 は 彼 の 汚 い 赤 色 の 。 ヒ ア ス を 何 度 も 見 た 。 冷 た い 爬 虫 類 の 血 み た い だ な と 何 度 も 思 っ た 。 透 明 材 質 の プ ラ ス チ ッ ク の 模 型 の 人 形 に 流 れ る 血 み た い だ な と も 思 っ た 。 「 僕 は 、 精 神 的 不 能 者 な ん で す よ 」 と 僕 は 言 っ た 。 「 真 崎 君 の 作 る 歌 は 非 常 に 刺 激 的 な ん で す よ ね 。 だ か ら 他 の 人 た ち は 、 あ な た の 刺 激 に 負 け て し ま う ん だ と 思 い ま す よ 。 で も 僕 は あ な た に は 負 け な い ん だ と 思 い ま す よ 。 僕 が あ な た に 都 合 力 い い の は そ う い う と こ ろ か な と 思 い ま す よ 」 ふ た つ の 黒 い 眼 で 彼 が 僕 を 見 た 。 あ な た の そ の 眼 玉 が お か し い と 僕 は ま た 思 っ た 。 冷 た い 身 ら だ 体 に 合 わ な い 高 熱 に う か さ れ た み た い な 水 気 の あ る 濡 れ た 黒 い 眼 を し て い て 狂 っ て い た 。 僕 か ら 見 て 狂 っ て い る と い う こ と は 彼 は 健 全 だ と い う こ と だ 。 こ の 世 の 中 で 健 全 だ と い う こ と は 狂 か わ い そ う っ て い る と い う こ と だ 。 可 哀 想 だ な あ 。

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


あ の バ ン ド 。 ぼ く も そ の デ モ 音 源 は 一 応 、 聴 か さ れ て い た 。 猪 狩 の 話 に は 誇 張 が あ る 。 正 直 に 信 じ た ら 、 オ ト ナ 我 が 社 か ら 一 押 し で 出 す バ ン ド は 五 十 個 く ら い あ る こ と に な っ て し ま う 。 青 少 年 よ 、 会 社 員 の 話 は 信 じ る な 。 だ け ど 猪 狩 が そ の バ ) ド を 本 気 で デ ビ = ー さ せ よ う と し て い た の は 事 実 だ か ら 、 気 の 毒 で は あ っ た 。 お い サ エ キ 、 逸 材 だ 、 カ リ ス マ だ よ 、 な ん て 口 走 っ て ぼ く に 聴 か せ た ほ ど だ し 。 か つ ぼ う し ゃ か わ デ ハ ン ド の 名 前 は ク レ イ ヴ ァ ー 、 意 味 は 「 渇 望 者 」 。 渇 望 ね え 。 ふ ー ん 渇 い て る の ね え ー モ テ ー プ の 音 に 、 ・ ほ く は ビ ン と こ な か っ た 。 こ り や 売 れ な い で し よ と 答 え た 。 ネ ク ラ で 、 華 が カ オ な い も の 。 よ っ ぽ ど 石 板 が よ け れ ば 別 だ け ど 。 ル ッ ク ス と こ ろ が さ 、 と 猪 狩 が 得 意 げ に 言 っ た 。 と こ ろ が 、 ポ ー カ ル の 容 姿 が い い ん だ ! な あ ん だ 、 結 局 ヴ ィ ジ ュ ア ル 系 か あ ! ぼ く は 大 笑 い し て 、 彼 ら の 音 楽 を 忘 れ て し ま っ - 」 0 し ん ざ き 「 ど う し て こ ん な 時 期 に 解 散 な ん だ よ 。 と い う か 、 な ん で い つ も 真 崎 君 は そ う な の ? チ ャ ン ス が で き る た び に 自 分 で 壊 し て る じ ゃ な い か 。 音 楽 、 本 当 に や り た い の ? い く ら 才 能 や 運 が あ っ た っ て 、 追 い 風 ば か り 吹 い て く れ る と 思 っ た ら 大 間 違 い だ よ 。 き み み た い に プ ロ の 舞 台 の 端 っ こ に だ け 足 を か け て 、 そ の ま ま 落 ち て い っ ち ゃ っ た 人 は 大 勢 い る ん だ か ら ね 」 猪 狩 の せ り ふ に は 、 う ら み 節 が 入 っ て き た 。 っ ざ い

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


は 言 っ た 。 ラ イ ナ ス の 毛 布 だ よ と 佐 伯 は 言 っ た 。 だ だ 「 僕 に も わ か ら な い ん で す よ 。 だ け ど 子 供 に 駄 々 を こ ね ら れ た 構 図 に な っ て し ま っ て 」 そ う ぜ っ 「 あ の 子 に 泣 か れ た ら ・ ほ く も 壮 絶 に ホ ロ リ と き ち ゃ う だ ろ う な 」 「 僕 は そ う で も な い な あ ー 「 は か だ な あ 、 ま さ に サ ー ビ ス 増 量 だ よ 、 ち ゃ ん と 味 わ え よ 、 も っ た い な い ! 」 「 僕 も 彼 も 佐 伯 さ ん ほ ど 不 純 じ ゃ な い ん で す よ 、 ま だ 」 「 あ あ ・ ほ く は 幸 せ だ よ 、 も う オ ジ サ ン で 」 「 ど う す れ ば い い の か 、 僕 に も わ か ら な い で す よ 。 終 わ り っ て い う の は 、 死 ぬ こ と だ と し か 、 僕 も 真 崎 君 も 知 ら な い は ず な ん で す よ 。 生 物 学 的 な 死 と 、 音 楽 的 な 死 と 、 社 会 的 な 死 と 、 精 神 的 な 死 、 そ れ く ら い し か 選 択 肢 が な く て 、 そ の 上 に 『 本 当 の 』 を 付 け た っ て だ め で す よ 」 え い ご う ふ め つ 「 違 う よ 、 ど う せ あ い っ 頭 お か し い か ら 自 分 だ け は 永 劫 不 減 だ と 思 っ て る ん だ 」 「 は は は ! 」 僕 と 佐 伯 は 一 緒 に 笑 っ た 。 じ ゃ あ 、 本 当 の 終 わ り な ん か 決 し て 来 な い と 信 じ て い る の か な 。 困 っ た な あ 。 グ ラ ス フ ァ イ バ ー 永 劫 不 減 の 、 発 光 体 。 か ん ち が そ う い う 勘 違 い は と て も 、 今 も 、 魅 力 的 だ っ た 。 地 動 説 を 信 じ る ガ リ レ オ の よ う に あ な た ひ と り が 正 し い か も し れ な い と 、 僕 に も 思 え る よ 。

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


僕 た ち は 夜 中 に な っ て 彼 の 部 屋 を 出 た 。 も う 僕 が 帰 る た め の 電 車 が そ ろ そ ろ な く な る こ ろ だ ち と せ か ら す や ま っ た か ら 、 僕 は そ う 言 っ て ス タ イ ン ウ ェ イ の 蓋 を 閉 め た の だ っ た 。 彼 は 僕 と 一 緒 に 千 歳 烏 山 の 駅 ま で の 道 を 逆 戻 り し た 。 僕 は 道 順 を お ぼ え て い る つ も り だ っ た の だ け れ ど 、 彼 は 別 に 何 も 言 か ぎ わ ず に 四 階 の 扉 に 鍵 を か け て 僕 に つ い て き た の だ っ た 。 そ し て 僕 が 曲 が り 道 を 間 違 え そ う に な っ た ら 、 や つ ば り な と い う 不 機 嫌 な 顔 を し て 僕 を よ ほ ど 馬 鹿 な 小 学 生 か な に か の よ う に 見 た 。 し ゃ べ け れ ど 僕 た ち は そ れ で も 何 も 喋 り あ い は し な か っ た 。 僕 た ち に は た い し て 共 通 の 話 題 も な く て 、 彼 の 話 を き け ば 僕 は つ ま ら な く て 飽 き て し ま う し 彼 は 最 初 か ら 僕 に 何 も き か な い の だ っ に ぎ や か だ っ た 商 店 街 は み ん な シ ャ ッ タ ー を お ろ し て 灰 色 に な っ て 黙 り こ ん で い た 。 文 房 具 屋 も 銀 行 も う な ぎ 屋 も 閉 ま っ て 、 た こ や き 屋 の 屋 台 が な ん と な く 残 っ て い た 。 薄 白 い 街 灯 が 踏 切 を 照 ら し て い た 。 ど う し よ う か 、 と 凸 に 、 彼 が 一 一 = ロ っ た 。 「 ど う す る ? 」 僕 を 見 て 彼 が 訊 い た 。 こ 0 ふ た