検索 - みる会図書館

全データから 204190件ヒットしました。

風水と天皇陵


第 六 章 ー 風 水 で 解 く 桓 武 天 皇 陵 の 謎

風水と天皇陵


御 陵 山 本 圀 寺 朝 0 0 加 0 天 智 天 皇 陵 旧 安 祥 寺 川 0 100m 天 智 天 皇 陵 の 地 形 図 風 水 て 、 解 く 桓 武 天 皇 陵 の 謎 229

風水と天皇陵


第 早 天 皇 陵 の 環 境 を 考 え る 古 代 人 の 環 境 意 識 を 探 る : ・ ・ : 兆 域 拡 大 の 謎 : ・ ・ : そ も そ も 「 兆 域 」 と は 何 だ ろ う ? ・ ・ ・ ・ : 民 も 動 員 し て の 皇 帝 陵 の 管 理 兆 域 を 侵 し た も の は 厳 罰 に 風 水 の 名 の も と に 陵 墓 環 境 を 保 つ : : : 嵐 山 と 後 宇 多 天 皇 陵 : : : 風 水 術 を 超 越 し た 自 然 回 帰 へ の 道 : : : 京 都 泉 涌 寺 の 天 皇 陵 : : : 泰 然 と し た 陵 の 出 現 : : : 孝 明 陵 の 手 本 と な っ た 舒 明 陵 : : : 明 治 天 皇 陵 の す ば ら し い 景 観 : : : 陵 に 投 影 さ れ た 天 皇 の 個 性 column 1 「 風 水 術 と 清 代 皇 帝 陵 」 column 2 「 四 神 十 ニ 支 図 と 方 位 」 column 3 「 大 津 皇 子 と 長 屋 王 の 墓 所 」 column 4 「 歴 代 陵 墓 の 兆 域 」 工 。 ヒ ロ ー グ あ - AJt か 、 274 121 201 241

風水と天皇陵


録 さ れ た 堪 輿 家 の 事 績 : : : 佐 保 山 に 眠 る ニ 人 の 女 帝 : : : 「 墳 丘 を 造 る な 」 と い う 指 示 ・ : 江 戸 中 期 に 発 見 さ れ た 元 明 陵 の 石 碑 : : : 聖 武 陵 の 地 形 を 損 な っ た 多 聞 築 城 : : : 平 城 京 ー 佐 保 川 ー 聖 武 陵 : : : 宮 城 と 陵 を 結 ぶ 水 の 流 れ : : : 孝 陵 は 歴 代 堪 輿 術 の 集 大 成 : : : 魄 の 宿 る 場 所 を 消 し 去 る 悪 習 : : : 称 徳 女 帝 の 陵 を 探 せ : : : 「 山 陵 八 町 を 除 く 」 の 割 注 : 堪 輿 家 の 視 点 で 推 論 す る と : : : 太 安 万 侶 墓 に 見 る 真 の 風 水 : : : 天 智 系 復 活 は ひ と つ の 革 命 : : : 桓 武 天 皇 に よ る 父 帝 光 仁 陵 の 改 葬 : : : 天 智 系 の 新 陵 区 を 造 る 第 六 章 風 水 て 解 く 桓 武 天 皇 陵 の 謎 東 ア ジ ア 最 高 の 風 水 の 宝 地 : : : 都 か ら 放 り 出 さ れ た 桓 武 天 皇 : : : 平 城 天 皇 の 言 葉 の 裏 を 読 む : : : 桓 武 柏 原 陵 の 所 在 地 を 推 理 す る : : : 四 つ の 史 料 の 記 述 か ら : : : 稲 荷 山 の 麓 に 見 つ け た ニ 嶺 一 谷 の 兆 域 : : : 十 陵 の 筆 頭 は 天 智 山 科 陵 : : : 天 智 天 皇 と 桓 武 天 皇 を 結 ぶ 選 地 : 治 定 さ れ た ・ : 山 科 陵 に 見 え る 朝 山 へ の 糸 : : : 桓 武 天 皇 所 望 の 地 は 村 上 陵 で あ っ た : ・ 村 上 陵 と 「 小 右 記 』 の 矛 盾 209

風水と天皇陵


聖 武 天 皇 陵 参 道

風水と天皇陵


フ ロ ロ ー グ 第 一 章 現 代 の 天 皇 陵 を 訪 れ て 大 正 天 皇 と 昭 和 天 皇 の 葬 地 : : : 「 陵 の 森 」 へ 向 か う : : : 古 人 の 立 場 に 立 っ て み る : : : 多 摩 陵 が 築 か れ た 位 置 : : : 武 蔵 野 陵 が 身 近 に 感 じ ら れ る 理 由 : : : 陵 墓 選 地 と 風 水 思 想 : 古 代 風 水 師 の 始 祖 郭 璞 第 一 一 章 風 水 の 原 点 を 探 る 単 身 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク : : : 風 水 の 探 索 に 南 京 を め ざ す : : : あ る 考 古 学 論 文 に 導 か れ て ・ : 中 国 南 朝 陵 墓 は 風 水 思 想 の 原 型 : : : ま ず は 拠 点 の 確 保 か ら : : : 南 京 周 辺 に あ る 陵 墓 目 次

風水と天皇陵


十 陵 の 筆 頭 は 天 智 山 科 陵 桓 武 天 皇 が 曾 祖 父 、 天 智 天 皇 の 親 政 を 模 範 と す る 旨 を 明 確 に 示 し た 詔 勅 は な い 。 だ が 、 一 一 人 の 天 皇 の 事 績 に は 何 か し ら 似 た 点 が 多 い 。 思 え ば 壬 申 の 乱 以 来 、 朝 廷 を 揺 れ 動 か す 大 変 革 は な く 、 国 内 に 鬱 積 し た 不 平 不 満 も 国 家 を 転 覆 さ せ る だ け の 力 と は な ら な か っ た 。 天 み こ し 皇 は い っ し か 官 僚 た ち の 御 輿 に か つ が れ 、 達 官 貴 族 た ち の 勢 力 争 い に 右 往 左 往 さ せ ら れ る よ う な 飾 り 雛 に な り か け て い た 。 壮 年 の 四 五 歳 て 即 位 し た 桓 武 天 皇 は み す か ら の 意 志 て 国 家 を 動 か す 久 し ぶ り の 天 皇 て あ っ た 。 そ の 強 い リ ー ダ ー シ ッ プ が 桓 武 天 皇 と 天 智 天 皇 の 姿 を 重 ね さ せ る の て あ ろ う 。 前 章 て は 光 仁 天 皇 の 即 位 を 皇 室 史 の 革 命 て あ る と 表 現 し た 。 少 な く と も 平 安 朝 の 皇 族 や 朝 廷 は そ う い う 意 識 を も っ て い た た ろ う 。 そ の こ と は 陵 墓 の 扱 い を 見 れ ば わ か る 。 天 安 一 一 せ い わ の さ き 年 ( 八 五 八 ) に 清 和 天 皇 は 「 十 陵 四 墓 の 制 」 を 定 め 、 数 あ る 歴 代 陵 墓 の 中 か ら 荷 前 を 奉 る や ま し な べ き 陵 墓 を 選 抜 し た 。 そ の 筆 頭 に あ げ ら れ た も の は 天 智 天 皇 の 山 階 陵 ( 山 科 陵 ) て あ り 、 天 智 天 皇 以 前 の 陵 と 天 武 系 天 皇 の 陵 は 完 全 に 除 外 さ れ た 。 な ぜ な ら 、 平 安 朝 の 皇 室 に と っ て の 祖 は 天 智 天 皇 一 身 に 限 定 さ れ た か ら て あ る 。 そ の 後 、 何 度 か の 入 れ 替 え は あ っ た が 、 十 陵 の 筆 頭 は か な ら す 山 科 陵 て あ っ た 。 天 智 天 び な う っ せ き 227 風 水 て 、 解 く 桓 武 天 皇 陵 の 謎

風水と天皇陵


古 城 山 明 治 天 皇 陵 昭 憲 皇 太 后 陵 1 開 m 明 治 天 皇 陵 の 地 形 図 267 天 皇 陵 の 環 境 を 考 え る

風水と天皇陵


じ て あ る 。 左 図 を 注 意 深 く 見 れ ば 、 こ れ ら の 共 通 性 が 偶 然 の 所 産 て な い こ と を 理 解 し て い よ 、 っ た く い ん た く ご だ け る て あ ろ う 。 朱 元 璋 が 生 前 に 住 ん だ 陽 宅 ( 宮 城 ) と 死 後 の 住 居 て あ る 陰 宅 ( 孝 陵 ) を 水 の 流 れ に よ っ て 緊 密 に 結 び つ け よ う と す る 意 図 は 明 白 て あ る 。 孝 陵 は 聖 武 天 皇 の 崩 年 か ら 数 え て 六 二 〇 年 後 に 築 か れ た 皇 帝 陵 て あ り 、 当 然 の こ と な が オ カ 朱 元 璋 が 鉄 冠 道 人 の よ う な 当 地 の 堪 輿 家 を 孝 陵 造 ら 時 代 の 前 後 は 完 全 に 逆 転 す る 。 ご 、 、 : 卩 寺 ソ 営 の 助 言 者 に し た こ と は 、 孝 陵 と 南 朝 陵 墓 が も っ 選 地 の 共 山 る 8 通 性 か ら も 明 ら か て あ り 、 南 孝 山 0 京 付 近 の 堪 輿 家 が 伝 え て き た 南 奧 義 の 中 に 水 を 陽 宅 と 陰 宅 の 陵 連 帯 と す る 説 法 が 含 ま れ て い 孝 太 た 可 能 性 は あ る 。 風 水 の 用 語 す い ほ う 明 て は 配 水 法 を 「 水 法 」 と い 南 朝 陵 墓 の 選 地 に も 水 法 を 考 慮 し た 例 が い く つ か あ っ 楼 - 鶏 龕 山 舟 浦 ・ - 、 肉 子 京 城 富 山 , ・ 髭 琶 皇 城 朝 陽 門 金 水 河 洪 武 門 正 陽 門 朝 天 宮 貢 院 0 0 tu 9 ・ I I 聚 宝 門 雨 花 食 。 鳳 台 門 高 橋 門 。 。 、 土 方 門 外 郭 域 夾 崗 門 。 3km 185 奈 良 時 代 の 天 皇 陵 を 推 理 す る

風水と天皇陵


っ た 墳 丘 は 親 王 山 か ら 西 へ 下 る 尾 根 の 先 端 に あ る だ け に 、 谷 奧 に 突 き 出 て い よ う に 見 え わ ん き よ く る 。 山 を 背 負 い や や 彎 曲 し た 緩 や か な 谷 の 奧 部 中 央 に 突 き 出 た 陵 の 地 形 は 、 南 朝 陵 墓 に お い て さ え 珍 し い 完 璧 な 風 水 の 宝 地 て あ る と い え る だ ろ う 。 陵 の 拝 所 か ら 谷 筋 を 眺 め ・ る と 、 参 道 に 切 ら れ た 尾 根 が 前 方 に の び て 、 バ ス 道 の 走 る も う 一 筋 の 谷 を 隠 し 、 な お か っ 谷 の 幅 も 安 定 し て い る た め 、 形 よ く 閉 ざ さ れ た 谷 に 見 え る 。 唯 一 景 観 に 穴 を 開 け て い る の は 参 道 の 切 通 し て あ る が 、 こ れ は 江 戸 時 代 の 修 陵 時 に 開 か れ た も の て あ る た め 、 想 像 力 を 使 っ て 尾 根 を 復 元 し な け れ ば な ら な い 。 施 基 皇 子 は 奈 良 時 代 初 め の 霊 亀 二 年 ( 七 一 六 ) に 世 を 去 り 、 宝 亀 元 年 ( 七 七 〇 ) に 光 仁 天 皇 が 即 位 し た 直 後 に 追 尊 さ れ て 歴 代 天 皇 に 列 せ ら れ た 。 皇 子 の 葬 所 と し て 営 ま れ た 墓 も 天 皇 陵 と し て 増 築 さ れ た こ と だ ろ う が 、 位 置 が 動 か さ れ た と い う 記 載 は な い 。 陵 の 治 定 に 確 き 力 あ る わ け て よ よ 、 、 、 。 、 ー オ し カ 谷 奧 部 突 出 型 の 選 地 は 八 世 紀 初 め の 墓 地 と し て も 、 ま っ た く 不 都 合 は な い 。 私 は 堪 輿 術 を も っ て 営 ま れ た 奈 良 朝 陵 墓 の 典 型 例 に 加 え た い 。 桓 武 天 皇 に よ る 父 帝 光 仁 陵 の 改 葬 春 日 宮 天 皇 陵 が 田 原 西 陵 と 命 名 さ れ た の は 、 田 原 の 東 部 に も う ひ と つ の 天 皇 陵 が 存 在 す る か ら て あ る 。 そ れ が 光 仁 天 皇 の 田 原 東 陵 て あ る 。 光 仁 天 皇 は 六 二 歳 て 即 位 し た 晩 成 の 天 200