検索 - みる会図書館

全データから 209753件ヒットしました。

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


黒 蓮 の 虜 囚 流 星 香 white heart 講 談 社 X 文 庫

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


黒 蓮 の 虜 囚 プ ラ バ ・ ゼ ー タ ミ ゼ ル の 使 徒 田

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


だ 、 多 用 し た 場 合 、 そ の 回 数 に 応 じ て 、 一 度 に 使 用 す る 量 を 増 や さ な け れ ば 効 か な く な っ と も な て く る と い う 難 点 が あ り 、 常 用 す る と 習 慣 性 と な っ て 、 強 烈 な 禁 断 症 状 を 伴 う 中 毒 を 起 こ さ く ら ん ら ん よ 、 つ げ ん か く し こ う ひ ん し 、 幻 覚 ・ 幻 聴 ・ 精 神 錯 乱 ・ 発 狂 の 危 険 が あ る 。 嗜 好 品 と し て の 濫 用 は 厳 禁 だ 」 に ぶ こ く れ ん 苦 痛 に 関 係 す る 感 覚 が 鈍 く な る た め 、 黒 蓮 を 受 け 入 れ て 枷 を な く し た 肉 体 は 、 空 腹 も 疲 あ ふ お ち い 労 も 恐 怖 も 感 じ な い 状 態 に な り 、 気 力 に 溢 れ 、 自 分 が 無 敵 で あ る か の よ う な 錯 覚 に 陥 る 。 け ん た い か ん 黒 蓮 の 効 果 が 消 え た と き 、 気 づ か な い う ち に 行 っ て い た 無 理 は 一 気 に 押 し 寄 せ 、 倦 怠 感 と 黒 蓮 の 量 に 比 例 す る 不 脱 力 、 吐 き 気 に 襲 わ れ 、 幻 覚 症 状 に 悩 ま さ れ る よ う に な っ て い く 。 あ く じ ゅ ん か ん 快 感 か ら 逃 れ る た め に 、 さ ら に 黒 蓮 を 用 い ず に は い ら れ な く な る と い う 悪 循 環 を 繰 り 返 ほ 、 つ か い し 、 人 間 の 肉 体 も 精 神 も 崩 壊 し て い く 。 「 黒 蓮 の 中 毒 に な り 、 そ れ を 求 め ず に い ら れ な く な っ た 者 は 、 善 悪 の 判 断 も で き な く な き ん き り 、 自 分 自 身 に 関 す る 禁 忌 も な く す 」 「 黒 蓮 の 麻 薬 中 毒 者 は 、 た と え ど ん な 命 令 で あ れ 、 黒 蓮 を 与 え て く れ る 者 に 従 う よ う に な り よ し ゅ う る こ と か ら 『 黒 蓮 の 虜 囚 』 と 呼 ば れ て い る 」 し と し た く 虜 ケ ー プ と 帽 子 を 身 に つ け 、 ミ ゼ ル の 使 徒 と し て の 支 度 を 調 え て き た ル ミ が 、 リ ン ゼ の 部 蓮 屋 に 入 っ て き な が ら 、 ジ ェ イ の 言 葉 に 続 け た 。 「 黒 蓮 を 扱 っ て い る 大 元 締 め は 、 そ の 恐 ろ し さ を 知 っ て い る か ら 、 黒 蓮 に は 決 し て 手 を 出 さ な い 。 今 日 、 リ ン ゼ に 接 触 し て き た よ う な 連 中 も 、 け つ き よ く 、 し い よ う に 使 わ れ て い か せ

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


「 ー ー 改 心 し て 、 自 首 、 し ま し よ う : 丘 を 下 り て ジ ェ イ の 横 に 行 っ た リ ン ゼ は 、 男 た ち に 向 か っ て 訴 え る 。 こ く れ ん 「 一 人 で 黒 蓮 を 売 っ て 、 悪 い こ と を し て い た わ け じ ゃ な い は ず で す : ・ の 情 報 を 教 え て く れ る な ら 、 き っ と : : : 」 む た 「 無 駄 だ 」 男 た ち に 背 を 向 け た ジ ェ イ は 、 近 づ い て く る ル ミ を 待 ち な が ら 、 冷 や や か に 言 っ た 。 り よ し ゅ う 「 黒 蓮 の 虜 囚 は 、 黒 蓮 を 持 つ 者 の 命 令 し か 聞 か な い ー 彼 ら に は ど ん な 言 葉 も 、 届 か な い 。 カ / 、 「 リ ン ゼ 、 黒 蓮 の 麻 薬 を 吸 引 し た り す る と き に は 、 ど う し て 隠 れ て こ っ そ り し な き ゃ い け 、 な し か 、 、 わ か る 力 い ? ・ 「 そ 、 れ は : 、 禁 じ ら れ て い る か ら 、 で し よ う ? 」 見 つ か っ て は い け な い 「 そ う だ ね え 」 あ で カ く 虜 艶 や か な 美 女 顔 で 、 く す く す く す と ル ミ は 笑 い 、 隠 し に 手 を 入 れ て 、 油 紙 に 包 ん だ 小 さ か ど う り ん 蓮 な も の を 、 ジ ェ イ の ほ う に 差 し 出 し た 。 ジ ェ イ は 火 導 鈴 を 取 り 出 す と 、 そ れ を 五 、 六 回 動 か し て 、 ル ミ の 差 し 出 し た も の の 端 に 火 を つ け 、 男 た ち の 近 く に 投 げ 捨 て た 。 ( 僕 が も ら っ た 黒 蓮 : : : ! ) う っ た 組 織 に つ い て

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


じ ゃ ま ど う し い く え 者 や 魔 道 師 に よ っ て 幾 重 も の 封 印 を な さ れ た 、 世 界 で も っ と も 神 聖 な 場 所 で の み 、 黒 蓮 を 栽 培 す る こ と を 命 じ た 。 そ う し て 精 製 さ れ た 黒 蓮 を 使 用 す る こ と が で き る の は 、 王 都 の 医 り よ う き ゅ う 療 宮 の 医 師 た ち だ け だ 。 だ め ( 王 立 治 安 軍 に 頼 っ ち ゃ 、 駄 目 な ん だ : : : ) し よ ば っ い こ A っ 王 立 治 安 軍 は 、 人 間 社 会 の 秩 序 を 乱 す 者 を 厳 重 に 処 罰 す る が 、 神 々 の 威 光 を 守 る も の で へ い お ん は な い 。 王 立 治 安 軍 は 、 女 王 ル ー ジ ェ ス ・ デ ィ ス ト ー ル の 統 治 す る 世 界 が 平 穏 で い ら れ る ち ん あ っ し ゆ く せ い よ う に 、 武 力 を 行 使 し 、 鎮 圧 と 粛 清 を す る 軍 隊 な の だ 。 し と ミ ゼ ル の 使 徒 に 課 せ ら れ た 使 命 を 、 リ ン ゼ は 改 め て 思 う 。 ミ ゼ ル の 使 徒 は ミ ゼ ル の 神 に 授 け ら れ た 知 恵 を 伝 え る だ け で な く 、 そ の 知 恵 が 正 し く 用 あ や ま あ や ま い ら れ る よ う に 、 守 ら ね ば な ら な い 。 誤 り は 正 さ な け れ ば な ら な い 。 過 ち は 改 め ら れ な け れ ば な ら な い 。 ナ ー 屋 根 裏 部 屋 か ら 下 り て き た エ レ イ ン は 、 ジ ェ イ に 白 い コ ー ト を 渡 し た 。 も う 一 本 煙 草 を 吸 い な が ら 、 コ ー ト の 袖 に 腕 を 通 し 、 部 屋 を 出 て い く ジ ェ イ の 後 を ル ミ と い っ し ょ に つ い て い き な が ら 、 リ ン ゼ は 尋 ね る 。 り よ し ゅ う 「 : : : 黒 蓮 を 広 め て い る 人 た ち は 、 黒 蓮 の 虜 囚 に な っ て し ま っ て 、 悪 い 人 の 手 先 に な っ て い る だ け で 、 本 当 は 悪 い 人 じ ゃ な い で す よ ね 」 さ ぐ あ ジ ェ イ は 医 師 で あ り 、 ル ミ は 薬 剤 師 。 黒 蓮 の 密 売 人 の 居 場 所 を 探 り 当 て 、 黒 蓮 の 虜 囚 相 そ で こ く れ ん

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


し た ば こ く れ ん り よ し ゅ う る だ け の 下 っ 端 、 黒 蓮 の 虜 囚 た ち な ん だ け ど ね 」 ほ ま え に つ こ り 微 笑 ん で 、 ル ミ は リ ン ゼ に ラ イ ト コ ー ト と 帽 子 を 渡 す 。 ニ キ へ の 使 い を 終 え て と び ら 戻 っ て き た エ レ イ ン は 、 扉 が 開 い た ま ま の 部 屋 の 前 に や っ て き て 、 ル ミ と リ ン ゼ の 姿 を え し や く 見 、 ジ ェ イ に 会 釈 し て 、 ち ゃ ん と 伝 え た こ と を 知 ら せ て 屋 根 裏 部 屋 に 上 が っ た 。 し と 黒 蓮 の 麻 薬 の 恐 ろ し さ は よ く わ か っ た が 、 ど う し て 王 立 治 安 軍 に 任 せ ず 、 ミ ゼ ル の 使 徒 た い き の 活 動 対 象 に な る の か 、 よ く わ か ら な い と い う 顔 の リ ン ゼ に 、 ジ ェ イ は 小 さ く 溜 め 息 を つ い て 煙 草 の 煙 を 吐 き 出 す 。 「 ー ・ ・ ー 黒 蓮 を 精 製 し て 用 い る 知 恵 は 、 ミ ゼ ル の 神 に よ っ て も た ら さ れ た 」 「 ミ ゼ ル の 神 の 知 恵 を 、 悪 用 さ れ た ま ま に し て お く こ と は 、 決 し て 許 さ れ な い ぼ 、 つ と く い 」 、 つ け か そ れ は 神 を 冒 漬 し 、 神 の 威 光 を 穢 す 行 為 だ 。 ミ ゼ ル の 神 は 、 こ の 世 界 に 生 き る 者 た ち が 健 や か で あ る こ と を 願 い 、 幸 せ に し よ う と 考 え て 、 知 恵 を 授 け た の だ か ら 。 せ い れ い に お 「 リ ン ゼ 、 君 に 黒 蓮 の 入 っ た 小 袋 を 渡 し た 男 は 、 そ れ は 精 霊 が 好 む 匂 い だ と 言 っ た だ ろ ま っ え い う ? 黒 蓮 は も と も と 、 人 間 が 触 れ て は な ら な い 花 、 古 代 神 の 末 裔 で あ る 黒 精 霊 の た め に 神 が 作 っ た 花 だ っ た ん だ 。 ミ ゼ ル の 神 は 、 医 療 行 為 を 行 う 人 間 に と っ て 、 必 要 だ と 判 断 し て 、 黒 蓮 の 用 い 方 を 伝 え ら れ た 。 多 量 に 使 っ て は な ら な い 、 多 用 し て は な ら な い 、 神 の 許 し な く 栽 培 し て は な ら な い 禁 断 の 花 ー ー 。 そ れ が 黒 蓮 だ 」 け ん ミ ゼ ル の 神 は 、 自 分 た ち の 花 に 触 れ ら れ た こ と を 黒 精 霊 に 知 ら れ な い よ う に 、 古 代 の 賢 す こ

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


身 動 き で き な い 男 た ち は 、 泣 き 笑 い の よ う な 形 に 顔 を 歪 め る 。 「 こ ん な に 、 一 度 に : : : 」 こ く れ ん 使 っ て し ま わ な く と も い い の に と 、 黒 蓮 の 香 り に 酔 い し れ な が ら 呟 く 男 た ち を 、 ジ ェ イ は 冷 や や か に 見 つ め 返 す 。 ぞ わ り そ う け ・ た や み 闇 の 底 で 蠢 く モ ノ の 気 配 を 感 じ 取 り 、 リ ン ゼ は 総 毛 立 つ の を 感 じ た 。 か ち か ち と 奥 歯 が 音 を 立 て そ う な 、 い た た ま れ な い 何 か に 襲 わ れ る 。 不 安 で た ま ら な い 表 情 の リ ン ゼ に 、 ジ ェ イ は 言 う 。 し と か ご 「 ミ ゼ ル の 使 徒 は 、 神 の 加 護 を 受 け て い る 」 囚 お か こ れ が 、 禁 を 犯 す と い う こ と だ 」 虜 「 よ く 見 て お く と い し 蓮 隠 れ て 風 上 に い る ニ キ た ち に も 聞 こ え る よ う に 言 い 、 ル ミ は 妖 艶 に 微 笑 む 。 黒 チ イ チ イ チ イ チ イ 、 キ イ : ・ う ご め ゆ が よ う え ん ほ ま え つ ぶ や

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


こ く れ ん り よ し ゅ う 流 星 香 先 生 の 「 黒 蓮 の 虜 囚 』 、 い か が で し た か ? 流 星 香 先 生 、 イ ラ ス ト の 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の 、 み な さ ま の お 便 り を お 待 ち し て お り ま す 。 流 星 香 先 生 へ の フ ァ ン レ タ 1 の あ て 先 ワ 】 11 1 人 ー ワ 3 講 談 社 >< 文 庫 「 流 星 香 先 生 」 係 。 Ⅷ 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 3 ー 1 亠 1 亠 ワ 3 講 談 社 >< 文 庫 「 飯 坂 友 佳 子 先 生 」 係 9 ル ー 測 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


す る 男 た ち に 、 ジ ェ イ は 冷 や や か に 告 げ た 。 「 神 は も う こ の 世 に い な い 」 金 と 銀 の 時 代 が 終 わ っ た と き 、 神 々 は 地 上 か ら 去 っ た 。 ぎ ん げ 「 懺 悔 な き 者 に 、 神 の 許 し は な い 」 ジ ェ イ の 与 え た 最 後 の 機 会 に 、 彼 ら は 耳 を 貸 さ な か っ た 。 く ち び る ジ ェ イ や ル ミ と と も に 、 リ ン ゼ は 、 ぎ ゅ っ と 唇 を 引 き 結 び 、 息 を 殺 し て そ の 場 に 立 ち 尽 ま わ く ろ せ い れ い け む り く す 。 し か し 、 煙 に 誘 わ れ て 近 づ い て き た 黒 精 霊 た ち は 、 足 の あ た り を 這 い 回 っ た だ け か ら だ で 、 ジ ェ イ た ち の 身 体 に 這 い 上 る こ と は な か っ た 。 ふ い と 興 味 を な く し た よ う に 離 れ て い く 黒 精 霊 を 、 リ ン ゼ は 冷 や 汗 を か き な が ら 見 送 る 。 チ チ チ チ : ・ キ チ ュ キ チ ュ キ チ ュ ・ り よ し ゅ う こ く れ ん 黒 精 霊 は 黒 蓮 を 求 め て 、 煙 に 取 り 巻 か れ た 男 た ち の 肌 に 矛 を 立 て た 。 黒 蓮 の 虜 囚 で あ か ら る 彼 ら は 、 肌 や 髪 な ど 、 煙 の 絡 み つ い た 身 体 の 表 面 だ け で な く 、 そ の 身 体 の 内 に 黒 蓮 の 成 ま た た ま 分 を 持 っ て い た 。 瞬 く 間 に 皮 膚 を 食 い 裂 か れ 、 血 を し ぶ か せ た 男 た ち は 、 三 つ の 赤 黒 い 肉 の 塊 と な り 、 黒 精 霊 た ち に 食 ら わ れ て ゆ く 。 む せ か え る よ う な 血 の 臭 い に 刺 激 さ れ 、 ぐ っ に お

黒蓮の虜囚 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒1⃣


61 黒 蓮 の 虜 囚 て 、 リ ン ゼ は 慌 て る 。 「 あ 、 あ の : ・ 一 階 に 下 り た ジ ェ イ は 、 そ の ま ま ま っ す ぐ 受 付 に 歩 い て い き 、 ル ミ は ホ ー ル に あ る 大 き か っ こ う き れ い な 姿 見 の 前 に 立 ち 、 自 分 の 格 好 が 綺 麗 に 整 っ て い る か 、 確 認 す る 。 誰 も い な い 受 付 に 向 か っ た ジ ェ イ は 、 白 墨 を 取 る と 、 部 屋 番 号 の 横 に 書 か れ て い た 自 分 た ち の 名 前 を 、 一 一 本 線 を 引 い て 消 し た 。 か っ ぼ う ぜ ん 荷 物 を 担 い で 階 段 を 下 り て き た リ ン ゼ は 、 呆 然 と し て ジ ェ イ の 行 動 を 見 つ め る 。 ど こ か ふ き げ ん ふ か み ど り い ろ ひ と み に ら 眠 そ う な 、 不 機 嫌 な 顔 を し て 振 り 向 い た ジ ェ イ は 、 リ ン ゼ を 深 緑 色 の 瞳 で 睨 み つ け る よ う に し て 言 っ た 。 「 行 く ぞ 」