検索 - みる会図書館

全データから 212676件ヒットしました。

2歩目からはじめるアナログ電子回路~ 技術部ならわかるアナログコンピュータ 外伝 ~


2 歩 目 か ら は じ め る ア ナ ロ グ 電 子 回 路 技 術 部 な ら わ か る ア ナ ロ グ コ ン ピ ュ ー タ 外 伝 ~ 初 版 2017 年 AKIBAJIN

技術部なら分かるアナログコンピュータ 4 ~ ラリー編 ~


技 術 部 な ら わ か る ア

2歩目からはじめるアナログ電子回路~ 技術部ならわかるアナログコンピュータ 外伝 ~


神 田 部 品 と は ? 秋 葉 原 と い う と 、 電 気 街 を 指 す も の と 思 っ て い る 方 が 多 い と 思 い ま す が 、 あ の 当 た り は 外 神 田 と い う と こ ろ で 、 実 際 に は " あ き は ば ら " と い う 地 名 で は あ り ま せ ん ( " あ き ば は ら " と い う 地 名 は 末 広 町 の 当 た り に あ り ま す ) 。 そ ん な 外 神 田 に 実 際 に 存 在 し た ら ・ ・ と い う 想 像 か ら で き た の が 神 田 部 品 で す 。 日 々 勉 強 ! 、 日 々 努 力 ! 。 楽 し い ' ラ ク ' を 目 指 し て 運 営 し て お り ま す ! と い う の は 建 前 で 、 ぶ っ ち や け 、 楽 し け れ ば オ ッ ケ ー ! ! 2 歩 目 か ら は じ め る ア ナ ロ グ 電 子 回 路 技 術 部 な ら わ か る ア ナ ロ グ コ ン ヒ 。 ュ ー タ 外 伝 ~ 著 者 作 画 サ ー ク ル 名 発 行 日 印 刷 所 AKIBAJIN ( あ き ば じ ん ) (Twitter:AKIBAJIN) 狸 奴 ( り ど ) 神 田 部 品 http : //kandabuhin. web. fc2. com/ (Twitter:kandabuhin) 初 版 2017 / 04 / 09 第 2 版 2017 / 08 / 11 有 限 会 社 ね こ の し っ ぽ

半導体の話―物性と応用―


く 装 置 で あ る た め 、 頭 の 中 が ど う し て も 混 乱 す る 。 そ こ で 、 あ る 人 は 「 対 応 」 理 論 を 作 り あ げ た 。 こ れ は 、 真 空 管 の あ た ま を 、 ト ラ ン ジ ス タ の あ た ま に 切 り か え る 理 論 で あ る 。 つ ま り 、 ト ラ ン ジ ス タ 回 路 の 電 流 を 、 真 空 管 回 路 の 電 圧 に 、 イ ン ダ ク タ ン ス キ ャ ス シ タ ン ス 一 方 の 容 量 (u ) を 、 他 方 の 誘 導 ア ) に 、 一 方 の 抵 抗 ( ) を 、 他 方 の 伝 導 (e ) に 、 と い う 様 に 、 そ れ ぞ れ 対 応 さ せ て や る と 、 全 く 同 じ 形 の 回 路 理 論 の 式 が そ の ま ま 共 通 に 通 用 す る 事 を 示 し た の で あ る 。 し か し 、 こ う い う 真 空 管 に こ だ わ っ た 考 え 方 は 、 結 局 は そ れ 程 の 価 値 の な い も の で あ る 事 が 判 っ て 来 た 。 そ し て 、 技 術 者 は 、 真 空 管 か ら 離 れ て 別 個 の も の と し て 、 ト ラ ン ジ ス タ 回 路 を 扱 う 感 覚 を 学 び 、 身 に つ け は じ め た の で あ る 。 こ れ は 、 や は り 大 き な 革 新 と い わ ね ば な ら な か っ た 。 字 宙 技 術 を は じ め 、 ひ ろ く 通 信 技 術 そ の 他 の 面 で 、 ト ラ ン ジ ス タ 以 来 の 驚 異 的 な 進 歩 は 、 例 を あ げ る と 殆 ど 際 限 が な い 。 特 に 電 子 技 術 が 医 療 に 生 か さ れ つ つ あ る 様 子 は 、 最 近 で は し ば し ば 紹 介 さ れ て い る 。 聴 診 器 が ト ラ ン ジ ス タ に よ っ て 高 感 度 に な っ た り 、 消 化 器 の 内 部 の 温 度 、 圧 力 、 酸 度 を し ら べ る た め 月 さ い ト ラ ン ジ ス タ 発 振 装 置 を 封 入 し た カ 。 フ セ ル を 患 者 に 飲 ま せ 、 そ れ か ら 出 る 電 波 を 追 跡 す る 方 法 が と ら れ た り 、 い ろ い ろ な 成 果 が 報 告 さ れ 、 実 用 化 さ れ て い る 。 最 近 で は 、 ボ タ 。 フ ル の 心 電 計 が ト ラ ン ジ ス タ で 作 ら れ 、 電 池 四 個 で 働 き 、 虫 め が ね で オ シ ロ ス コ ー プ の 。 ハ タ ー ン を 観 測 す る 様 に な っ て い て 、 目 方 が わ す か 三 求 ン ド な の で 、 必 要 に 応 じ て ど こ に で も 持 っ て

技術部なら分かるアナログコンピュータ 3 ~ レシーブ編 ~


技 術 部 な ら わ ぬ 、 る ア ロ ↓ 7 3 彈 — 女 者 画 ノ

半導体の話―物性と応用―


1 平 導 体 る 力 を 作 用 し つ づ け る 事 に な る だ ろ う 。 実 際 、 私 達 、 半 導 体 材 料 と 親 し い 間 柄 に あ る 技 術 者 に と 0 て さ え 、 し ば し ば 、 現 実 に ど の 程 度 に そ れ が 活 用 さ れ て い る の か 判 ら な く な 0 て く る 事 が 起 こ る の で あ る 。 例 え ば 、 集 積 回 路 と い う 新 し い 半 導 体 技 術 の 産 物 が あ る 。 く わ し い 事 は 後 の 章 で 述 べ る け れ ど 、 米 粒 程 の 大 き さ の 半 導 体 の 結 品 に 、 ト ラ ン ジ ス タ や 、 ダ イ オ ー ド な ど を 沢 山 作 り つ け て し ま 0 て 、 こ の 小 さ い 結 品 の か け ら 一 つ が 、 そ れ 自 身 一 つ の 電 気 回 路 の は た ら き を 果 す と い う も の で あ る 。 集 積 回 路 は 、 数 年 来 、 技 術 者 の 世 界 で は 、 最 高 の ト ピ 〉 ク の 一 つ で あ る 。 小 さ い 軽 い 、 故 障 が 起 こ ら な い 、 な ど 、 画 期 的 な 成 果 が 言 い 路 た て ら れ 、 電 子 計 算 機 や 、 さ ま ざ ま の 電 気 回 積 路 が 、 驚 く 程 小 さ く ま と め ら れ る で あ ろ う と 集 宣 伝 さ れ て 来 た 。 た し さ て 、 昨 年 、 米 国 の 。 フ リ ン ス ト ン 大 学 で ひ ら か れ る エ レ ク ト ロ ニ ク ス の 研 究 会 議 に 出 る と コ た め に 、 サ ン フ ラ ン シ ス コ か ら ニ = 1 ョ 1 ク へ 向 っ て 飛 ぶ 飛 行 機 の 中 で 、 私 は ふ と 考 え た 氏 ℃ の で あ る 。 1 ゅ ) ・ 1 「 半 導 体 は 、 現 在 、 本 当 に 人 類 の 役 に 立 っ

日本の街道 6 夢誘う山陽山陰


万 鍬 に よ る 浜 ひ き 作 業 入 浜 塩 田 て 最 も 重 要 な 作 業 。 海 水 て 湿 っ た 撤 砂 の 乾 燥 を 速 め る た め 1 日 に 数 回 、 約 20 キ ロ メ ー ト ル を ひ い た 。 。 ヾ 、 き : ま ミ を ゼ ツ を 第 第 0 い が 、 長 直 は 入 部 と 同 時 に 新 塩 田 の 開 拓 に 着 手 し 、 三 底 流 に は 赤 穂 流 製 塩 技 術 の 吉 良 塩 田 へ の 伝 播 と い う さ き し ん は ま し お や か り や 崎 新 浜 村 ・ 塩 屋 村 ・ 加 里 屋 村 に 、 総 計 一 二 七 町 (f 事 実 が あ っ た も の と 思 う 。 二 七 ヘ ク 瀬 戸 内 風 物 詩 の 一 つ と し て 、 人 び と に 親 し ま れ て ) 余 り の 塩 田 を 開 拓 し た 。 三 崎 新 浜 村 の う か く ち 、 正 保 三 年 に 築 造 さ れ た 三 十 郎 瑯 ・ 元 沖 槨 ・ 中 浜 き た 塩 田 も 、 時 代 の 波 に は 抗 し き れ ず 、 昭 和 四 十 六 瑯 、 計 二 九 町 五 反 九 畝 六 歩 は 、 従 来 の 塩 田 と は 異 な 年 度 を も っ て 、 長 い 歴 史 の 幕 を 閉 じ る こ と と な っ り 、 外 海 の 水 圧 ・ 波 浪 に 耐 え う る 強 固 な 堤 防 に よ っ た 。 赤 穂 塩 田 と て 例 外 で は な い 。 そ れ か ら 一 〇 年 を い り ・ は ・ ま て 囲 ま れ た 大 規 模 な 入 浜 塩 田 で あ っ た 。 そ し て 、 塩 経 た こ ん に ち 、 往 時 の 塩 田 の 面 影 を し の ぶ こ と は む あ ら い ま と が た 田 開 発 と 同 時 に 、 播 州 的 形 路 ) ・ 荒 井 ・ 曾 根 ず か し い 。 し か し 、 赤 穂 城 跡 の 一 隅 に 塩 業 資 料 館 が 龕 砂 ) 方 面 か ら 浜 人 ( 塩 業 者 ) を 招 い て 、 こ の 地 に 建 て ら れ 、 そ の 中 に 、 模 型 な が ら 各 時 代 の 塩 田 が 再 定 住 さ せ た 。 技 術 集 団 の 移 住 で あ る 。 現 さ れ 、 陳 列 さ れ た 各 種 の 製 塩 用 具 と と も に 、 わ れ 日 本 製 塩 技 術 史 の う え で 画 期 的 な 意 味 を も っ 赤 穂 わ れ に 塩 田 の 歴 史 を 物 語 っ て く れ る 。 三 崎 新 浜 は 、 近 世 大 名 の 土 木 技 術 と 製 塩 技 術 集 団 と 塩 で 栄 え た 安 芸 の 竹 原 の 結 合 に よ っ て 成 立 し た と い え る 。 や が て 、 赤 穂 を で ん ば 源 流 と す る 入 浜 式 製 塩 技 術 は 、 瀬 戸 内 各 地 に 伝 播 山 陽 筋 で 、 赤 穂 に つ い で 大 規 模 な 入 浜 塩 田 が 開 発 あ き た け は ら し も い ち し 、 一 八 世 紀 の 中 ご ろ に は 塩 浜 軒 数 も 一 一 〇 〇 〇 軒 を さ れ た の は 安 芸 国 竹 原 下 市 龕 し で あ る 。 赤 穂 か け い あ ん じ よ う お う こ え た 。 赤 穂 流 製 塩 技 術 の 伝 播 は 瀬 戸 内 だ け で は な ら 技 術 者 一 一 人 を 招 き 、 慶 安 三 年 ( 五 か ら 承 応 元 じ よ う き よ ろ ・ は じ が み 。 貞 享 元 年 ( ← 0 に は 、 遠 く 仙 台 領 波 路 上 年 ( 一 六 ) 五 一 一 に か け て 約 六 〇 町 〇 ( ー ) の 塩 田 が 開 発 か ん え い 破 し に ま で 及 ん で い る 。 さ れ た 。 竹 原 下 市 は 、 寛 永 十 五 年 ( 一 し の 検 地 帳 に げ ん ろ く A 」 い , っ , 月 元 禄 十 四 年 (8\) 三 月 十 四 日 江 戸 城 松 の 廊 下 で の よ る と 屋 敷 の 筆 数 が 一 七 四 筆 翁 」 駆 ) に ん じ よ う 刃 傷 事 件 の 原 因 を 、 吉 良 領 へ の 赤 穂 流 製 塩 技 術 導 規 模 な 商 業 と 港 の 町 で あ っ た 。 と こ ろ が 、 塩 田 が で い ん し ん 入 問 題 に も と め る む き も あ る 。 吉 良 家 で は 浅 野 家 に き た こ と に よ っ て 、 た ち ま ち 、 殷 賑 な 商 業 町 と し て 経 済 的 繁 栄 を 示 す に 至 っ た 。 塩 田 開 発 か ら 四 〇 年 後 道 一 ( 籌 製 塩 技 術 の 伝 授 を 請 う た が 拒 否 さ れ 、 し か た な く 、 ろ け ん お ん み つ い ち ゅ う し 技 術 を 盜 む た め 隠 密 を 赤 穂 へ 送 り こ ん だ が 、 露 見 の 元 禄 六 年 ()R ~ (i) に 著 さ れ た 『 竹 原 下 市 一 邑 志 』 に こ う ず け の す け し 、 殺 害 さ れ た と い う 。 こ の こ と が 、 上 野 介 が 内 よ る と 、 「 農 工 商 之 戸 」 六 五 八 軒 、 人 口 も 三 五 三 五 の 匠 頭 を 憎 ん だ 原 因 で あ る と い う の で あ る 。 も と よ り 人 を 数 え 、 そ し て 「 酒 屋 十 七 軒 、 紺 屋 十 軒 」 の 立 ち こ う せ つ ま 二 0 一 を ~ ~ 第 ~ 一 巷 説 の 域 を 出 る も の で は な い が 、 そ の 話 の 生 ま れ た 並 ぶ 街 道 は 「 往 来 白 丁 絶 え ざ る が 如 く 」 と 、 そ の 活 は ま に ん

図解・超高層ビルのしくみ―建設から解体までの全技術 (ブルーバックス)


第 1 Oä 超 高 層 ビ ル の メ ン テ ナ ン ス と リ ニ ュ ー ア 丿 レ (b) 傷 が あ る と き ← コ イ ル に 交 流 電 流 を 流 す (a) 傷 の な い と き 磁 界 渦 電 流 導 電 体 盟 = 三 = 三 = 三 高 ・ き 、 ご き 、 、 ご ミ ラ 表 面 の 割 れ 図 10 ー 2 渦 流 探 傷 試 験 の 原 理 り 詳 細 な 検 査 が 必 要 な 場 合 は 、 設 備 を 停 止 し て 配 管 の 一 部 を 抜 き 取 る 抜 管 調 査 が 行 わ れ る 。 渦 流 探 傷 試 験 と は 、 電 気 的 に 傷 の 有 無 を 調 べ る 手 法 で あ る 。 コ イ ル に 交 流 電 気 を 流 す と 、 電 流 と 直 交 方 向 に 磁 界 が 生 じ る ( 右 ネ ジ の 法 則 ) 。 こ れ を 導 電 体 に 近 づ け る と 、 導 電 体 の 表 面 に 渦 電 流 が 流 れ る ( 図 10-2a)0 こ の と き 導 電 体 に 傷 が あ る と 、 渦 電 流 が そ の 傷 を 迂 回 す る ( 同 図 b ) 。 そ こ で 渦 電 流 の 様 子 を 検 出 す る こ と で 傷 を み つ け る の で あ る 。 こ の ほ か 目 的 に 応 じ て 省 エ ネ 診 断 や 耐 震 診 断 力 哘 わ れ る 。 法 改 正 に よ っ て 、 建 設 当 時 に は 適 法 で も 診 断 時 点 で は 不 適 格 に な る 場 合 が あ る た め 、 遵 法 性 の 確 認 診 断 が 行 わ れ る こ と も あ る 。 10-2 超 高 層 ビ ル の リ ニ ュ ー ア ル ◎ 社 会 的 ニ ー ズ に 応 え る リ ニ ュ ー ア ル 設 備 の 寿 命 に は 、 物 理 的 な 寿 命 の ほ か に 、 技 術 の 進 歩 や 要 求 性 能 の 向 上 に よ る 社 会 的 な 寿 命 が あ る 。 古 い 機 器 を 部 品 交 換 し な が ら 長 く 使 う よ り 、 効 率 の 高 い 機 器 に 更 新 す る ほ う が ラ イ フ

情報セキュリティ入門


1 電 子 取 引 の 必 須 ツ ー ル 「 暗 号 」 ( 1 ) 防 御 と 攻 撃 の 両 刃 の 剣 と し て の 暗 号 複 数 の プ ロ バ イ ダ ー や 中 継 コ ン ピ ュ ー タ を 経 由 し て 情 報 が 受 け 渡 さ れ る イ ン タ ー ネ ッ ト で は 、 そ の 経 路 の 途 上 で 部 外 者 に 通 信 内 容 を 傍 受 さ れ る 可 能 性 が 高 い 。 か っ 得 ら れ た 通 信 内 容 か ら 特 定 の 情 報 を 選 別 す る こ と ( 例 え ば 、 ク レ ジ ッ ト カ ー ド 番 号 の み を 抽 出 す る こ と ) も 容 易 で あ る 。 紙 に 書 か れ た 手 紙 を 改 ざ ん す る こ と に 比 べ 、 電 子 メ ー ル の 内 容 を 改 ざ ん す る こ と は 簡 単 で あ る 。 こ う し た 問 題 に 対 応 す る た め 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 上 で の 情 報 通 信 や 電 子 商 取 引 に お い て は 、 暗 号 技 術 が 積 極 的 に 利 用 さ れ て い る 。 多 く の 参 加 者 が 自 由 に 利 用 で き る イ ン タ ー ネ ッ ト の よ う な ネ ッ ト ワ ー ク に お い て 、 情 報 セ キ ュ リ テ ィ を 確 保 す る た め の 手 段 が こ こ で と り あ げ る 暗 号 技 術 で あ る 。 こ れ ま で 日 本 で は 国 家 が 暗 号 技 術 を 管 理 す る 意 識 が 低 く 、 暗 号 を 巡 っ て 活 発 で オ ー プ ン な 議 論 も あ ま り 行 わ れ て こ な か っ た 。 し か し 、 イ ン タ ー ネ ッ ト や 電 子 商 取 引 の 時 代 を 迎 え て 、 マ ー ケ ッ ト の 普 及 や 電 子 商 取 引 ビ ジ ネ ス の 実 現 の た め に も 暗 号 技 術 へ の 度 合 い と 重 要 性 が 増 し て き て い る 。 同 時 に 取 引 は 日 本 国 内 に と ど ま ら ず グ ロ ー バ ル な 基 準 で 行 わ れ る こ と も あ っ て 、 諸 外 国 の 暗 号 技 術 の 動 向 に も 注 意 を 払 っ て い く 必 要 に 迫 ら れ て い る 。 で は 暗 号 と は い っ た い 何 な の だ ろ う か 。 学 術 的 な 表 現 を か り れ ば 、 暗 号 と は 、 デ ー タ を 秘 密 の 復 号 鍵 を 持 つ 人 以 外 に は 読 め な い 形 に 変 換 す る こ と で あ る 。 た と え 暗 号 化 さ れ た デ ー タ は 見 え て も 、 正 当 な 人 以 外 か ら 隠 す こ と で プ ラ イ バ シ ー を 確 保 す る こ と を 目 的 に す る 。 ま た 、 暗 号 と は 、 コ ン ヒ 。 ュ ー タ シ ス テ ム の 情 報 や デ ー タ を 保 存 、 伝 送 す る と き 、 情 報 の 意 味 が 当 事 者 以 外 に は わ か ら な い よ う に 、 情 報 を 変 換 す る こ と で あ る 。 96

技術部なら分かるアナログコンピュータ 4 ~ ラリー編 ~


技 術 部 な ら 分 か る ア ナ ロ グ コ ン ピ ュ ー タ 4 ラ リ ー 編 ~ 初 版 2016 年 AKIBAJIN