検索 - みる会図書館

検索対象: 原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?から 260件ヒットしました。

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


こ の 手 紙 の 基 に な っ た 「 ジ ー プ ウ ェ イ ・ レ タ ー 」 の 存 在 、 朴 訥 な ホ イ ッ ト 手 と 読 み 手 の 置 か れ た 立 場 、 そ し て 、 白 洲 に す れ ば 英 国 流 の シ ニ カ ル な ユ ー モ ア で あ っ た の う ま く な り ま す よ 」 と 言 わ れ た ら ど う 感 じ ま す か 。 に 「 あ な た も も う ち ょ っ と 勉 強 す れ ば 、 も っ と 日 本 語 が 国 人 に 「 日 本 語 が お 上 手 で す ね 」 と 褒 め た と こ ろ 、 相 手 想 像 し て く だ さ い 。 皆 さ ん が 、 日 本 語 を 上 手 に 話 す 外 「 キ ミ も 少 し 勉 強 す れ ば 、 英 語 が も っ と う ま く な る さ 」 English. If you study a little harder, you will improve your う ま い 」 と 言 わ れ た 時 、 こ う 答 え た そ う で す 。 白 洲 次 郎 は 初 対 面 の ホ イ ッ ト ニ ー に 「 あ な た は 英 語 が ニ つ の エ ピ ソ ー ド て お く 方 が よ ほ ど た め に な り ま す 。 そ ん な 苦 労 す る な ら 、 も っ と 面 白 い エ ピ ソ ー ド を 知 っ て も 、 そ れ は 単 な る 「 英 文 解 釈 」 に 過 ぎ ま せ ん 。 て 、 こ の 複 雑 な 文 章 だ け を 抜 き 出 し て 解 釈 を せ ま っ て み ー と ち ょ っ と キ ザ な ケ ー デ ィ ス 、 そ ん な 背 景 を 無 視 し 170 ー デ ィ ス に も 伝 わ っ て い た と 思 い ま す か ら 、 と 感 じ た で し よ う 。 当 然 、 こ の 話 は マ ッ カ ー サ ー に も ケ か も し れ ま せ ん が 、 ホ イ ッ ト ニ ー は 「 何 た 、 白 洲 の 印 象 こ の 野 郎 」

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


第 5 章 ジ ー プ ウ ェ イ ・ レ タ ー で 、 お そ ら く 白 洲 は そ の 父 親 に つ い て ホ イ ッ ト ニ を ミ 159 れ ま せ ん 。 国 で 教 育 を 受 け た 白 洲 の 面 目 が 躍 如 す る 部 分 な の か も し と い う の が 英 国 紳 士 。 あ る 意 味 、 こ の ユ ー モ ア こ そ 、 英 ま せ ん が 、 事 態 が 深 刻 で あ る ほ ど ュ ー モ ア を 欠 か さ な い る の は 、 私 た ち 日 本 人 に は 奇 異 な 感 じ が し な い で は あ り め た 手 紙 が 、 プ ラ イ ベ ー ト な 会 話 の よ う な 終 わ り 方 を す 「 憲 法 は 自 分 た ち で 作 る の だ 」 と い う 国 家 の 威 信 ま で 込 だ か ら 欠 点 は あ る さ 」 と い う わ け で す 。 し た こ と が あ っ た の で し よ う 。 「 あ の オ ヤ ジ の 息 子 な の

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


こ の 発 言 は 、 GHQ の 記 録 に よ れ ば 通 訳 を 介 し て は い ま せ ん が 、 ホ イ ッ ト ニ ー が ゆ っ く り 話 す こ と で コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 図 っ た も の で す 。 GHQ の 記 録 に も 、 松 本 国 務 相 は ホ イ ッ ト ニ ー の 話 を 「 す べ て 理 解 で き た と 言 っ た 」 と 書 か れ て い ま す 。 つ ま り 、 二 つ の 記 録 の 違 い は 、 書 き 手 で あ ろ う ケ ー デ ィ ス が 実 際 の 発 言 内 容 を ゆ が め て 己 録 し た こ と の 証 左 で あ る と 言 え る で し よ う 。 理 由 は 憶 測 で き ま す 。 2 月 6 日 の チ ェ ッ ク シ ー ト か ら 読 み 取 れ る よ う に 、 ホ イ ッ ト ニ ー は GHQ で 草 案 を 作 り 、 提 示 す る と い う 話 を 松 本 国 務 相 に は 隠 し て お く つ も り で し た し 、 「 目 の 上 の タ ン コ プ 」 で あ る 極 東 委 員 会 に も 草 案 を 提 出 し た こ と な ど 言 い た く あ り ま せ ん 。 そ の 反 面 、 日 本 側 に は 、 国 務 省 や 極 東 委 員 会 に 黙 っ て 草 案 を 提 出 し た と 理 解 さ れ た く な い の で す 。 し か し 記 録 を 残 す 限 り 、 公 開 さ れ る こ と 、 漏 れ て し ま う こ と は あ る で し よ う 。 そ の た め に 、 実 際 の 発 言 と は 異 な っ た 記 述 を す る と い う 二 枚 舌 を 使 わ ざ る を 得 な い の で す 。 , こ は GHQ の 立 場 が よ く わ か る 部 分 で し よ う 。 一 三 ロ い 2

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


は じ め に さ ら に 、 そ の 日 本 人 は 占 領 軍 と の 交 渉 を 担 当 し た 白 洲 次 郎 で あ る と 聞 く と 、 よ り 興 味 が 湧 い て き ま す 。 こ れ が 、 本 書 の ア イ デ ア の 発 端 。 つ ま り 、 英 文 を 歴 史 と い う 現 実 に 結 び つ け て 読 む 楽 し さ で す 。 く り 返 し ま す が 、 実 際 の 文 章 や 言 葉 は 、 現 実 を 離 れ て は あ り 得 な い の で す 。 ど ん な に 難 解 な 英 文 で も 、 そ の 背 景 が わ か っ た 途 端 に 言 葉 が 急 に カ ラ フ ル に な っ て 、 言 葉 の あ る 情 景 が 浮 か ん で く る 。 そ し て 、 書 き 手 、 話 し 手 の 思 い が だ ん だ ん と わ か っ て き ま す 。 学 問 と い う の は 、 本 来 そ う し た も の で は な い で し よ う 原 典 を 読 む 面 白 さ 本 書 の 第 3 章 で は 、 GHQ の 総 帥 で あ る マ ッ カ ー サ ー が 新 し い 日 本 の 憲 法 の 原 則 を 示 す 部 分 を 取 り あ げ ま し た 。 原 則 の 一 番 初 め 、 天 皇 の 地 位 に 関 す る 内 容 は こ ん な 文 章 で す 。 7

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


第 4 章 2 月 13 日 の 会 談 ー サ ー は そ う 示 唆 し て い る の だ と い う の で す 。 「 三 つ の 原 則 を 備 え て い れ ば ど ん な 憲 法 で も 良 い 」 と も と れ な く は あ り ま せ ん 。 ざ っ く り と 言 っ て し ま え ば 、 「 丸 ご と 受 け 人 れ ろ と 言 っ て い る の で は な い 、 原 則 を 備 え た 憲 法 な ら い い ぞ 」 と マ ッ カ ー サ ー は く り 返 し て い る の で す 。 松 本 国 務 相 の メ モ と く ら べ て み て く だ さ い 。 彼 は 、 の 部 分 を 「 GHQ が そ の 草 案 と 基 本 原 則 や 根 本 形 態 が 同 じ 草 案 を 速 や か に 提 出 せ よ と 切 望 し た 」 と 理 解 し て い ま す 。 し か し 、 こ の 「 最 高 司 令 官 が サ ポ ー ト す る の は ど ん な 憲 法 で あ れ 、 こ の 草 案 に 含 ま れ た 基 本 的 な 原 則 が す べ て 備 え ら れ て い な け れ ば な ら な い 」 と い う ホ イ ッ ト ニ の 言 い 回 し は 曖 眛 で 、 「 草 案 を 提 出 せ よ 」 と は 理 解 し が た い 。 二 枚 舌 を 使 わ ざ る を 得 な い GHQ は 明 確 な 記 録 が 残 せ な か っ た の か も し れ ま せ ん 。 実 際 、 日 本 側 は 会 談 後 、 GHQ の 意 図 を め ぐ っ て 、 「 こ の 草 案 を 呑 め と い う こ と だ ろ う 」 と す る 白 洲 次 郎 と 、 「 い や 、 こ れ を 基 に 日 本 側 で 書 き 直 せ と い う 要 望 だ 」 と す る 松 本 国 務 相 の 間 に 理 解 の 齟 齬 が 出 始 め 、 以 降 、 3 月 5 日 の 草 案 が 仕 上 が る ま で 、 日 本 側 は GHQ の 明 確 な 意 図 の 解 釈 に 苦 労 し 続 け ま す 。 125

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


は 主 語 を we に す る は ず で す 。 社 長 な ど 組 織 を 代 表 で き る 立 場 に あ る 方 な ら I で も 構 い ま せ ん が 、 通 常 、 私 的 な レ タ ー と い う ニ ュ ア ン ス を 避 け る た め に も 、 主 語 は we に す る の が 無 難 。 白 洲 の よ う に 、 自 分 の 所 属 す る 組 織 に つ い て they と 書 い た ら 、 相 手 の 信 用 を 失 う 可 能 性 大 で す 。 受 け 取 っ た 相 手 は 「 こ い つ 、 身 内 を 彼 ら (they) と 書 い て い る け れ ど 、 自 分 の 組 織 の こ と だ と は 思 っ て い な い の か 」 と い う 印 象 を 持 っ 可 能 性 が あ る 。 さ す が に 、 ジ ー プ ウ ェ イ ・ レ タ ー の 人 称 代 名 詞 の 使 い 方 に つ い て は 、 白 洲 の 評 伝 で も 指 摘 さ れ て お り 、 - ア ー ア ・ ア そ の 例 を 紹 介 し て お き ま し よ う 。 次 郎 は GHQ を 説 得 す る た め 、 日 本 人 の こ と を 意 識 的 に " 彼 ら " ( They ) と 呼 ん だ 。 あ た か も GHQ サ イ ド か ら も の を 見 て い る か の よ う な 表 現 を 多 用 す る こ と で 親 密 感 を 引 き 出 そ う と し た の で あ る 北 康 利 『 白 洲 次 郎 占 領 を 背 負 っ た 男 』 本 来 な ら 、 こ の " 彼 ら " は " 我 々 " で な け れ ば な ら な い ' こ に ) 次 郎 の 、 い か に も 次 郎 ら し い " 騎 士 ・ ・ ・ ( し か し 、 道 " が 見 え る の だ 。 己 の 立 場 か ら 信 ず る 。 ・ 原 則 " を 全 う し よ う と す る 次 郎 の “ 英 国 ” が 浮 か び 上 が っ て く る 鶴 見 紘 『 白 洲 次 郎 の 日 本 国 憲 法 』 い 2

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


第 5 章 ジ ー プ ウ ェ イ ・ レ タ ー t00 complete a reform に 文 寸 し て 、 t00 moderate a reform と い う 表 現 を 対 比 さ せ て い る の で す 。 「 そ の く ら い な ら オ レ た ち に も 書 け る さ 」 と い う 感 じ で し よ う か 。 後 に ご 紹 介 す る ホ イ ッ ト ニ ー の 返 書 は 、 部 下 の ケ ー デ イ ス と 共 に 練 り に 練 っ た 文 章 で 、 , こ は ケ ン プ リ ッ ジ 大 学 出 身 の 白 洲 と 、 ハ ー バ ー ド 大 学 出 身 の ケ ー デ ィ ス に よ る 文 章 の 「 書 き 合 い 」 に な っ て い る よ う で す ね 。 V. 人 称 代 名 詞 の 使 い 方 と you と they , こ で 、 先 ほ ど 触 れ た 白 洲 の 人 称 代 名 詞 の 使 い 方 に つ い て 考 え て み ま し よ う 。 こ の 手 紙 は 、 白 洲 が I ( 自 分 ) の 立 場 か ら you (GHQ ・ ホ イ ッ ト ニ ー ) 、 they( 日 本 側 ) 、 he ( 松 本 国 務 相 ) の 考 え 方 を 評 価 す る と い う 形 で 書 か れ て い ま す 。 し た が っ て 、 自 分 の 所 属 す る 日 本 側 と い え ど も 、 we で は な く they で す 。 こ の 第 4 パ ラ グ ラ フ で も 、 they を 主 語 に し た 文 章 を 連 発 し て 日 本 側 の 状 況 を 説 明 し て い ま し た 。 皆 さ ん が ビ ジ ネ ス レ タ ー を 書 く 場 合 で あ れ ば 、 自 分 の 所 属 す る 組 織 を 代 表 し て 書 く わ け で す か ら 、 大 概 の 場 合 151

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


し て お く と 、 写 真 の よ う に ダ ン デ ィ な 男 で す 。 当 時 の 年 齢 は 44 歳 。 ち な み に 、 ホ ン ダ の 創 業 者 、 本 田 宗 一 郎 が 1906 年 生 ま れ で す か ら 、 ほ ぼ 同 世 代 の 人 物 に な り ま す ね 。 シ ャ ル 『 白 洲 次 郎 』 で 、 彼 を 2009 年 、 NHK ド ラ マ ス ペ 2 8 な 存 在 に も な り つ つ あ る 白 洲 で す が 、 「 政 商 」 と 呼 ば れ ダ ン デ ィ な 面 だ け が 強 調 さ れ 、 今 や 日 本 史 の ス タ ー 的 で 、 そ の 特 性 は こ の 物 語 で も 遺 憾 な く 発 揮 さ れ て い ま す 。 自 分 、 つ ま り 、 プ リ ン シ プ ル が 必 須 だ と 理 解 を し た よ う 英 国 英 語 を 身 に 付 け た 他 、 欧 米 で 生 き 抜 く に は プ レ な い 神 戸 の 裕 福 な 家 庭 に 生 ま れ 、 ケ ン プ リ ッ ジ 大 学 に 留 学 。 え た 改 造 モ デ ル で し た 。 愛 車 は ポ ル シ ェ 911S 、 そ れ も 強 力 な エ ン ジ ン に 載 せ 換 ロ レ ッ ク ス ・ オ イ ス タ ー ラ イ タ ー は ダ ン ヒ ル 、 晩 年 の の ス ー ツ ・ プ ラ ン ド は 英 国 の ヘ ン リ ー ・ プ ー ル 。 時 計 は は あ っ た よ う で 、 当 時 と し て は か な り の 長 身 で す 。 好 み は 身 長 が 180Cm あ り ま す が 、 実 際 の 白 洲 次 郎 も 175Cm 代 の 知 性 派 俳 優 の 代 表 格 、 伊 勢 谷 友 介 。 モ デ ル 出 身 の 彼 主 人 公 に し た ド ラ マ が 放 送 さ れ ま し た 。 白 洲 次 郎 役 は 当

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


と 挟 ん で 、 手 紙 を 気 軽 な ト ー ン を 加 え ま す 。 GHQ を 訪 問 し た 感 触 を 伝 え つ つ 、 吉 田 外 相 、 松 本 国 務 相 と 打 ち 合 わ せ を す る 中 で 、 「 じ ゃ あ 、 手 紙 を 書 こ う 」 後 の 首 相 ) に こ う 語 っ た と さ れ ま す 。 後 年 の こ と で す が 、 彼 は 宮 澤 喜 一 ( 当 時 は 外 務 官 僚 、 手 紙 を 書 く と い う 提 案 を す る の は 自 然 な 感 じ が し ま す ね 。 煩 わ し い く ら い に 重 ん じ ま す 。 そ の 英 国 で 学 ん だ 白 洲 が 、 し し ま し た が 、 英 国 人 と い う の は 手 紙 や メ モ ラ ン ダ ム を と 提 案 し た の は 白 洲 で あ る と さ れ ま す 。 第 2 章 で も お 話 140 知 る こ と が で き る わ け で す 。 と で 、 後 世 の 私 た ち は 当 時 の 日 本 側 の 様 子 を あ る 程 度 は 白 洲 が こ の 場 面 で 「 手 紙 を 書 こ う 」 と 提 案 し て く れ た こ 日 本 人 と し て の 抵 抗 に つ い て 述 べ た 言 葉 で す 。 確 か に こ れ は 、 GHQ に 憲 法 草 案 ま で 作 ら れ る こ と に 対 す る 、 宮 澤 喜 一 の 証 言 よ り 『 白 洲 次 郎 』 ( 平 凡 社 ) て 、 必 ず 批 判 を 受 け る こ と に な る 。 し た と い う こ と が 残 ら な い と 、 あ と で 国 民 か ら 疑 間 が 出 あ え て 極 端 に 行 動 し て い る ん だ 。 為 政 者 が あ れ だ け 抵 抗 に な っ た の で は な い と い う こ と を 国 民 に 見 せ る た め に 自 分 は 必 要 以 上 に や っ て い る ん だ 。 占 領 軍 の 言 い な り

原典から読み解く 日米交渉の舞台裏 日本国憲法はどう生まれたか?


ー 隹 が ど ん な 事 情 を 背 負 っ て そ の 文 章 を 書 い た か 、 何 に 対 し て そ ん な 言 葉 で 言 い 返 し た か が 大 切 で し よ う 。 「 英 文 解 釈 」 と 称 し て 、 現 実 か ら 無 理 や り 切 り 離 さ れ た 英 文 を 日 本 語 に 訳 す 。 そ ん な や り 方 で 、 英 語 を 学 ぶ こ と の 多 か っ た 私 で し た が 、 そ こ に パ ズ ル を 解 く 面 白 さ は あ っ て も 、 人 知 を 学 ぶ 楽 し さ は あ り ま せ ん で し た 。 本 書 の 第 6 章 で は 、 こ ん な 例 文 を 取 り あ げ て い ま す 。 If you study a little harder, you will improve your English. 単 純 に 訳 し て し ま え ば 、 「 あ な た も も う 少 し 勉 強 す れ ば 、 も っ と 英 語 が う ま く な り ま す よ 」 と い っ た 感 じ で し よ う 。 何 の こ と は な い 英 文 で す 。 し か し 、 こ れ が 外 国 人 に 「 キ ミ は 英 語 が う ま い な 」 と 言 わ れ た 日 本 人 の 返 事 だ と 知 れ ば 話 は 別 で す 。 ま た 、 尋 ね た 外 国 人 が 米 国 人 で 、 こ う 答 え た 日 本 人 が ( 米 国 人 が コ ン プ レ ッ ク ス を 感 じ る か も し れ な い ) 英 国 は ケ ン プ リ ッ ジ 大 学 で 学 ん だ 人 物 で あ る と わ か れ ば な お さ ら 面 白 い 。 6