検索 - みる会図書館

検索対象: 小説トリッパー 2013年秋季号

小説トリッパー 2013年秋季号から 438件ヒットしました。

小説トリッパー 2013年秋季号


あ な た が ハ ラ ダ イ ス 「 そ れ も あ る け ど 、 そ れ だ け じ ゃ な い 。 僕 は 役 場 勤 め の 自 分 の だ 「 湖 か ら の 花 火 は い い で す ね 。 湖 面 に 映 る 花 火 な ん て 贅 沢 だ な 仕 事 に 満 足 し て い る 。 だ け ど 、 僕 に と っ て の 地 に 足 つ い て い な あ 」 い 職 業 を 目 指 し て い る 人 を 見 る と 、 働 く っ て こ と を な め ん な よ 、 木 水 さ ん が 言 っ た 。 花 火 に 目 を 向 け た ま ま だ が 、 私 と は 視 線 と か 、 お ま え の 夢 な ん て 地 道 な 仕 事 に 就 い て い る 大 多 数 の 人 の 上 に 成 り 立 っ て い る 余 興 み た い な も ん じ ゃ な い か 、 な の に 、 自 の 高 さ が 少 し 違 う 。 同 じ 高 さ に 合 わ せ て み る と 、 湖 面 に 大 き な と は 思 わ な い 。 分 は 特 別 な 才 能 が あ る 、 っ て 顔 し や が っ て 、 な ん て 、 そ の 人 か 花 火 が 映 っ た 。 き れ い だ け ど 、 花 が 咲 い た ! 湖 面 に 映 る 花 火 は な ん だ か ド ラ マ の よ う だ 。 生 身 の 人 間 の 人 ら 否 定 さ れ た わ け で も 、 バ カ に さ れ た わ け で も な い の に 、 吠 え て し ま い た く な る ん だ よ ね 。 い つ ば い い つ ば い の 自 分 を 守 る 手 生 を 映 し 出 し た も の 。 そ れ を 美 し い と 感 じ 、 大 半 の 人 は 両 方 楽 し む の だ ろ う し 、 湖 面 に 見 入 る 人 も い る か も し れ な い 。 そ し て 、 段 な ん だ っ て こ と に 、 こ の 年 に な っ て よ う や く 気 付 け た ん だ け 私 の よ う に 空 ば か り を 見 上 げ て 、 下 が 水 面 だ ろ う が 地 面 だ ろ う ど 」 が 関 係 な い と い う 人 も 当 然 い る の だ ろ う 。 こ の 年 に な っ て も 、 気 付 け ま せ ん で し た 。 ず っ と 「 私 は : も し か し て 、 私 は 普 通 の 人 よ り も 、 ド ラ マ に そ れ ほ ど 興 味 が 昔 に 付 き 合 っ て た 人 が 、 脚 本 家 を 目 指 し て た ん で す け ど 、 私 は な い の か も し れ な い 。 読 書 も フ ィ ク シ ョ ン よ り ノ ン フ ィ ク シ ョ そ れ を 応 援 で き な か っ た 」 ン の 方 が 好 き だ 。 誰 か が 作 っ た お も し ろ い 話 よ り も 、 実 際 に 地 ハ ラ バ ラ バ ラ 、 と 夜 空 に 豆 を ま く よ う な 音 が 響 き 、 小 さ な ス に 足 付 け て 生 き て い る 人 の 話 の 方 が 、 派 手 さ や 驚 き や 盛 り 上 が タ ー マ イ ン 花 火 が 打 ち 上 げ ら れ た 。 花 火 大 会 開 始 の 合 図 だ 。 湖 り が な く て も 、 興 味 を 持 っ こ と が で き る 。 上 に 大 輪 の 花 が 咲 い た 。 一 輪 、 二 輪 、 三 輪 : : : 、 腹 の 中 央 に 振 こ ん な 私 が 脚 本 家 と い う 仕 事 を 理 解 で き る は ず が な い 。 と 、 動 が 響 く 。 私 は 、 今 こ こ に あ る 、 と 実 感 で き る も の が 好 き な の 朝 日 文 庫 ? に な 。 ? 了 も 0 赤 は - 楽 し い 独 身 図 書 館 員 ・ 敦 子 、 専 業 主 婦 ・ ま ど か 、 バ ツ イ チ の ラ イ タ ー ・ 千 里 。 老 い た 親 や ロ う る 平 安 寿 子 さ い 配 偶 者 、 ま ま な ら な い 体 と 悪 戦 苦 闘 し な が ら ク 未 来 を 見 つ け て い く ー 。 女 の 人 生 の ・ 定 価 672 円 ( 税 込 ) 336 頁 一 SBN978 ・ 462 ・ 264567.8 悲 喜 こ も ご も を ユ ー モ ア と ア イ ロ ニ ー た っ ぷ り に 描 く ′ ・ 介 H お 求 め は 書 店 、 ASA ( 朝 日 新 聞 販 売 所 ) で ど う そ 。 朝 日 新 聞 出 版 ろ を た い 。 ゞ 1 タ イ ス ASAHI 401 物 語 の お わ り

小説トリッパー 2013年秋季号


る い こ い う 話 題 で 持 ち 切 り に な っ て い た 。 「 さ っ き ま た 『 週 刊 日 出 』 の 記 者 か ら 電 話 あ っ た よ 。 涙 子 夫 人 ゅ め み や う た 「 記 者 が 言 っ て い た の は 、 そ れ だ け じ ゃ な い 」 編 集 長 は い っ そ が 東 京 の 家 を 売 り 払 っ て 引 っ 越 し た の は 、 う ち が 夢 宮 宇 多 の 正 う 声 を 落 と し た 。 「 『 彼 女 』 を 書 い た の が 埴 井 潔 だ っ た 場 合 、 夢 体 を バ ラ さ れ な い よ う に 裏 で 動 い た ん じ ゃ な い か っ て 」 小 池 編 集 長 は 声 を 落 と し て 、 原 稿 を 読 む 姿 勢 の ま ま そ う 言 っ 宮 は ニ セ モ ノ っ て だ け で は 済 ま さ れ な い 、 と 言 う ん だ な 」 「 ど う い う こ と で す か ? 」 時 間 は 昼 の 十 二 過 ぎ 。 早 め の ラ ン チ を 終 え た 雑 誌 編 集 の 一 団 「 『 彼 女 』 の エ ン デ ィ ン グ さ 。 物 語 の な か で 、 ヒ ロ イ ン 涙 子 の 夫 ・ が ま た 各 自 黙 々 と 編 集 作 業 に 戻 っ た と こ ろ で 、 ふ た た び 編 集 長 潔 は 、 高 校 時 代 の 同 級 生 で 作 家 志 望 の 本 木 晃 に 殺 さ れ る の を 予 の デ ス ク に 呼 び 出 さ れ た の だ 。 編 集 部 の ほ か の 人 間 も 朝 か ら 鳴 感 し て い た 。 そ し て そ の 通 り 、 彼 は 最 終 章 で 本 当 に 本 木 に 毒 殺 さ れ る 」 り 響 く 電 話 で 事 態 は 把 握 し て い る か ら か 、 み ん な 見 て 見 ぬ ふ り を し て い る 。 涙 子 が す っ と 遠 ざ け よ う と し て い た 運 命 。 本 木 は 自 分 を 抑 え き れ ず に 涙 子 に 接 近 し 、 彼 女 の 内 面 に 気 づ い て し ま う の だ 。 彼 ど う す る べ き か 、 自 分 の 頭 が う ま く 整 理 で き な い ま ま 時 間 ば か り が 過 ぎ て い く 。 恋 愛 小 説 家 、 夢 宮 字 多 に か け ら れ た ニ セ モ 女 が 長 年 抱 い て き た 恋 心 に 。 そ し て ー 毒 殺 事 件 が 起 こ る ノ 疑 惑 は 、 思 い が け な い 方 向 に 飛 び 火 し は じ め て い た 。 こ の ま 遅 か っ た 。 わ た し は 、 巻 き 戻 し の き か な い 今 に な っ て 、 自 ま で は 伊 豆 高 原 に い る 涙 子 さ ん の と こ ろ に ま で 記 者 が 押 し か け 分 の 過 ち に 気 づ い た 。 昨 晩 の 会 話 の な か に 潜 ん で い た 、 今 日 る か も し れ な い 。 そ の 事 態 だ け は 何 と し て も 避 け ね ば な ら な い 。 の 悪 夢 の 萌 芽 を 見 逃 し た の だ 。 「 そ れ は : : : 違 い ま す 。 ー 誰 か の 妻 だ か ら 僕 と 付 き 合 え な い と 言 う な ら 、 君 を 檻 小 池 編 集 長 の デ ス ク の 灰 皿 に は 、 い つ も の 倍 以 上 の 吸 殻 が 溢 ( し し そ 、 っ た ろ ? か ら 解 放 す れ よ 、 、 。 れ 、 灰 が 周 り に も 積 も っ て い る 。 そ の 白 い ク ッ シ ョ ン へ 、 ま た や め て : : : そ ん な 恐 ろ し い こ と 言 わ な い で ! ふ わ り と 新 た な 灰 が 舞 い 落 ち る 。 自 分 の 叫 び 声 が 鼓 膜 を 震 わ せ た 。 「 で も 、 身 に 覚 え が な い っ て わ け で も な さ そ う だ な ? 冗 談 だ よ 。 本 木 は 氷 結 し か け た 空 気 を 溶 か す よ う に 笑 っ た 。 け れ ど 、 埴 井 涙 子 。 目 が 笑 っ て い な い こ と は 、 そ の と き に 気 づ い て い た は ず だ っ 夢 宮 字 多 の デ ビ ュ ー 作 『 彼 女 』 の ヒ ロ イ ン と 同 じ 名 前 を も っ た の だ 。 女 。 そ し て 今 ー 世 間 で は 、 昨 年 亡 く な っ た そ の 幼 馴 染 の 夫 、 な せ ー な せ も っ と 必 死 で 止 め な か っ た の だ ろ う ? 埴 井 潔 こ そ が 『 彼 女 』 の 書 き 手 で あ る と い う 可 能 性 が 取 り 沙 汰 さ れ 、 こ れ ま で 「 夢 宮 宇 多 ー を 名 乗 っ て い た 男 は 何 者 な の か と 137 偽 恋 愛 小 説 家

小説トリッパー 2013年秋季号


う に ひ ろ が っ た 。 ま た そ の 海 と 空 を 背 景 に 岬 が 、 島 が 、 小 さ 谷 崎 論 は 大 学 の 研 究 者 で も あ ま り や ら な い の で は な い か 。 ど う や ら や り に く い ら し い 。 な ぜ な ら ば 面 白 過 ぎ る か ら で す 。 面 白 な い く つ も の 湾 が あ ら わ れ た 。 島 の 上 を ら せ ん 状 に 舞 い 上 が っ 分 か り に く い 作 品 、 難 解 な 作 品 て ゆ く 白 い カ モ メ の 群 が ち ぎ れ 飛 ぶ 蝶 々 雲 に ま ぎ れ て ゆ き 、 い 作 品 は 研 究 対 象 に し に く い は い く ら で も 論 じ ら れ ま す 。 ジ ェ 1 ム ス ・ ジ ョ イ ス の 『 ュ リ シ 1 弓 な り の 断 崖 に し が み つ く よ う に し て 走 っ て ゆ く 列 車 の 姿 が み え た 。 そ れ に 私 た ち が 乗 っ て い る の で あ る 。 十 両 以 上 の 車 ズ 』 に し て も 『 フ ィ ネ ガ ン ズ ・ ウ ェ イ ク 』 に し て も 、 こ れ を 研 両 を 引 っ ぱ っ て 、 た の も し い 蒸 気 機 関 車 が あ ざ や か な 煙 を 吐 究 し て い る 学 者 は 世 界 中 で 何 万 人 と い ま す 。 「 人 生 を 知 ら な い 者 が 、 人 生 に つ い て 知 っ た 人 の こ と を 研 究 し き 、 海 へ と た な び か せ て い る 。 よ う と し て い る わ け だ 」 と 意 地 の 悪 い こ と を 小 林 秀 雄 は 言 っ て そ し て 、 ち ょ う ど 子 供 の 頃 の 遊 び で 、 小 さ く ぶ あ っ く 閉 じ い ま す が た 繰 り 絵 の 背 表 紙 を 左 手 で し つ か り つ か み 、 ま る で 女 子 銀 行 谷 崎 は 論 じ に く い 。 た だ 、 読 む こ と が で き る だ け だ 。 つ ま り 員 が 札 東 を か ぞ え る た め に さ っ と 扇 状 に ひ ろ げ 、 た わ め る 、 あ の 手 つ き と 同 じ 要 領 で 、 右 手 の 親 指 の 腹 を 紙 の 断 面 に 滑 ら 谷 崎 の 作 品 の ど こ が 面 白 い か と い う こ と を 次 々 と 発 見 し て い け 、 、 0 せ て ゆ く と 、 頁 の 絵 が い っ せ い に 立 ち 上 が り 、 つ な が っ て 、 し か し 、 こ の 講 義 で 、 前 半 の 中 心 に な る の は ド ス ト エ フ ス キ 1 百 メ 1 ト ル 走 者 が ス タ 1 ト を 切 っ て ゴ ー ル に と び こ む ま で が 、 で す 。 日 本 文 学 を や る と 言 っ て な ぜ ド ス ト エ フ ス キ ー か と い う あ る い は ゴ ン グ が 鳴 っ て 撃 ち あ っ て 片 方 が ダ ウ ン し て 終 わ る こ と で す が 、 そ れ は ま た お い お い わ か っ て も ら え る と 思 い ま す 。 ボ ク シ ン グ の 試 合 が ほ ん の 二 十 秒 ば か り で そ っ く り ダ イ ナ ミ ッ こ の 教 室 で 、 近 代 小 説 に つ い て 一 度 、 本 当 に 真 剣 に 考 え て み ク に 流 れ る よ う に 実 現 す る 、 あ の 繰 り 絵 の よ う に 、 今 や あ の せ ん ば う と き の 旅 の 全 貌 が 、 父 や 母 や 弟 の し ぐ さ や 表 情 、 潮 岬 燈 台 の た い 。 ひ と つ ひ と つ の 作 品 を 通 し て 、 同 時 に ま た そ の 作 品 か ら な ち ら せ ん 階 段 の ペ ン キ の に お い 、 ゆ か し 潟 の 睡 蓮 、 那 智 の 滝 の 離 れ て 、 わ れ わ れ が 今 「 小 説 」 と 呼 ん で い る も の は 何 な の か と は や た ま い う こ と を 、 私 自 身 が 考 え た こ と を 君 た ち に 「 ど う だ ろ う か ? 」 水 し ぶ き 、 速 玉 神 社 の て り む く り 屋 根 の 曲 線 、 プ ロ ペ ラ 船 の ご う お ん と い う か た ち で 提 示 し て み た い 。 轟 音 、 川 原 か ら 上 が る 湯 煙 : ・ 目 、 痛 い ん か 、 か わ い そ う 作 家 が そ ん な こ と を す る 必 要 が あ る の か 、 と も 思 い ま す 。 に な あ 、 と い う 母 の 声 も 、 私 の 目 を ち く り と さ し た 痛 み か ら と び 出 し て き た の だ 。 説 と は 何 な の か 、 と い う こ と を 作 家 が わ ざ わ ざ 考 え な く て も 小 の で す が 、 し か し や は り 真 剣 に 考 え な く 説 を 書 い て い け ば い 、 ( 辻 原 登 『 熊 野 で プ ル ー ス ト を 読 む 』 所 収 ) て は い け な い 時 期 に な っ て い る 。 も う 一 度 、 作 家 、 批 評 家 が 小 今 回 の 講 義 で は 、 最 後 に 谷 崎 潤 一 郎 を 取 り 上 げ て み よ う と 思 説 と は い っ た い 何 な の か と い う こ と を 考 え る 必 要 が あ る と 思 い ま す 。 い ま す 。 谷 崎 潤 一 郎 を や る と い う こ と は な か な か 厄 介 な こ と で 、 107 東 大 で 文 学 を 学 ぶ

小説トリッパー 2013年秋季号


に な っ て 先 づ 其 第 一 篇 が 紅 葉 山 人 の 作 で 一 一 人 比 丘 尼 色 懺 悔 と い ふ そ れ が 正 岡 子 規 の 「 書 き た い 。 と 思 う よ う な 小 説 で は な か っ た か も の が 出 版 せ ら れ た 。 其 が 非 常 の 評 判 で 世 の 中 に 持 て 囃 さ れ た け ら だ ろ う 。 だ か ら そ の 翌 年 に な っ て 幸 田 露 伴 の 『 風 流 仏 』 に 出 会 れ 共 、 予 は 其 を 侮 る の か 妬 む の か 、 敢 て 読 ま う と も 思 は ず た ゞ 何 う と 、 子 規 は 全 面 的 に 降 伏 し て 、 「 『 風 流 仏 』 の よ う な 小 説 を 書 き 事 か あ ら ん と 済 し 込 ん で 居 た 。 》 ( 同 前 ) た い 」 と 思 、 つ よ 、 つ に な っ て し ま 、 つ 早 い 話 が 嫉 妬 で あ る 。 だ か ら こ の 文 章 は こ う 続 く 「 新 著 百 種 」 と い う の は 、 吉 岡 書 籍 店 と い う と こ ろ が 企 画 し た オ 《 話 が 横 に そ れ る が こ の 硯 友 社 の 成 立 に つ い て は 予 は 詳 し い こ と リ ジ ナ ル の 叢 書 で 、 雑 誌 の よ う な 安 価 な 値 段 で 書 き 下 ろ し の 書 物 は 知 ら な い け れ ど 、 兎 に 角 同 級 者 な ど に そ の 末 派 に 居 る 者 も あ っ が 手 に 入 れ ら れ る よ う に と 考 え ら れ 、 そ う 厚 く は な く 、 一 冊 完 結 ぬ す ひ そ か た の で 、 我 楽 多 文 庫 な ど 、 い ふ 極 め て 幼 稚 な る 雑 誌 を 偸 み 見 て 窃 を 原 則 と し て 毎 月 刊 行 を 目 指 し た も の で あ る 。 新 著 百 種 は 方 向 性 に 其 紙 面 の 才 気 多 き に 驚 い て 居 っ た の で あ っ た け れ 共 先 づ 同 輩 位 を 小 説 だ け に 限 定 し た も の で は な か っ た が 、 そ の 第 一 号 が 『 二 人 な 書 生 が や る の で あ る と 思 ふ 為 め に 半 ば 之 を み 、 半 ば 之 を 軽 蔑 比 丘 尼 色 懺 悔 』 で あ 0 た と う こ と は 、 版 元 の 方 に 「 新 し 小 説 し て 居 っ た の で あ っ た 。 さ う い ふ 次 第 で あ っ た か ら 、 色 懺 悔 が 出 を 世 に 出 し て 行 く . と い う 意 図 が あ っ た か ら だ ろ う 。 だ か ら 、 紅 た 時 も 、 強 て 世 間 の 好 評 を 打 消 し て せ 、 ら 笑 ひ し て 居 っ た が 、 或 葉 と 同 年 に デ ビ ュ ー し た 幸 田 露 伴 の 新 作 も ラ イ ン ナ ッ プ に 加 え ら れ る こ と に な る 。 友 人 が 是 非 読 め と い ふ て 本 を 貸 し て 呉 れ た の 「 始 め て 色 懺 悔 を 一 読 し て 今 度 は 本 統 に 安 心 し て 仕 舞 ふ た 。 予 自 ら 嫉 妬 心 を 除 い て 公 正 岡 子 規 は 、 既 に 《 今 の 世 の 小 説 家 は こ れ 位 の も の で あ る か 》 平 に 考 へ て 見 て も 、 色 懺 悔 は 少 し も 傑 作 と い ふ べ き 処 は な い 。 こ ( 同 前 ) と 、 小 説 そ の も の を 見 く び っ て い た の だ が 、 下 宿 で 同 室 の れ 位 の も の な ら ば 予 自 身 で も 書 け る 。 否 今 少 し 面 白 く 書 け る で あ 友 人 は 『 風 流 仏 』 を 読 ん で い る 。 《 友 人 は 其 小 説 の 文 章 の む づ か し ら う と い ふ こ と を 慥 め た 。 》 ( 同 前 ) い こ と ゝ 且 っ 面 白 い こ と 、 を 予 に 説 い た け れ 共 、 予 は フ ン と い ふ 硯 友 社 文 学 と い う と 「 後 ろ 向 き で あ ま り 近 代 的 で は な い も の 、 返 辞 で 簡 単 に そ れ を あ し ら っ て 仕 舞 ふ た 。 》 ( 同 前 ) ー 厄 介 な 正 的 な イ メ ー ジ を 持 た れ て い る が 、 日 本 最 初 の 文 学 結 社 で あ る 硯 友 岡 子 規 は 、 そ ば で 友 人 が 読 ん で い る の を 聞 い て 、 「 な ん だ か よ く 分 社 は 、 帝 大 と そ こ へ 続 く 大 学 予 備 門 第 一 高 等 中 学 校 ( 一 高 ) の か ら な い 、 ひ ね く れ た 文 章 だ 」 と 思 っ て い た の で あ る 。 学 生 を 中 心 と し た 、 当 時 の 最 先 端 を 行 く エ リ ト 集 団 だ っ た の で そ れ か ら 一 年 後 、 本 郷 の 夜 店 に 『 風 流 仏 』 が 並 ん で い た 。 《 善 か あ る 。 硯 友 社 は 正 岡 子 規 と 極 め て 近 い と こ ろ に あ っ た か ら 、 子 規 れ 悪 か れ 兎 に 角 人 に 解 し 難 い や う な 文 章 を 書 く も の は 尋 常 で な い 》 の 自 負 心 あ る い は 敵 愾 心 は 相 当 な も の だ っ た ろ う 。 ( 同 前 ) と い う こ と が 気 に な っ て い た 負 け ず 嫌 い の 子 規 は そ れ を 買 っ 「 俺 の 方 が も っ と 面 白 く 書 け る 、 は 、 単 な る 子 規 の 自 負 心 で 、 一 一 て し ま う の だ が 、 《 果 し て 冒 頭 文 か ら 非 常 に 読 み に く 、 て 殆 ど 解 す 十 三 歳 当 時 の 文 章 は 幼 稚 で 人 前 に 出 せ る よ う な も の で は な か っ た る こ と が 出 来 な か っ た 。 》 ( 同 前 ) つ い で だ か ら 、 正 岡 子 規 が 「 こ ん な も の か 」 と 思 っ た 尾 崎 紅 葉 と 、 そ の 当 時 を 振 り 返 る 子 規 は 認 め て い る が 一 妬 み か ら で は な く 《 本 統 に 安 心 し て 仕 舞 ふ た 》 と 言 う の は な ぜ だ ろ う ? 単 純 な 話 、 の 作 と 、 《 殆 ど 解 す る こ と が 出 来 な か っ た 》 幸 田 露 伴 の 作 の 冒 頭 を 橋 本 治 312

小説トリッパー 2013年秋季号


そ こ か ら 考 え ら れ る の は 、 被 疑 者 と 被 害 者 は 、 鑑 が 強 い ( 人 そ の ロ の 動 き が 、 必 死 に 呼 吸 を す る た め な の か 、 死 ぬ 間 際 の 医 学 的 現 象 で あ る 無 意 識 の 下 顎 呼 吸 な の か 、 そ れ と も 何 か を 言 間 関 係 が 近 い 者 ) と い う こ と で あ る 。 身 元 が わ か れ ば 、 そ う 時 間 が か か ら ず 警 察 官 の 足 音 が 近 く に 迫 っ て く る 危 険 性 が 高 い こ お う と し た の か ー そ れ は 明 記 さ れ て い な か っ た 。 と を 知 っ て い る 者 、 そ の 可 能 性 が 高 い 部 屋 の 中 は 、 荒 ら さ れ た 様 子 が あ っ た と は 記 さ れ て い な い 。 そ れ は す な わ ち 、 『 張 』 が 、 〃 田 中 美 津 子 ″ な る 女 と 結 び つ け 凶 器 と 見 ら れ る 果 物 小 包 丁 は 、 被 害 者 の 手 に 握 ら れ て い た 。 ら れ る の を 恐 れ た と も 言 え る 。 た だ 、 そ れ を 確 実 に 言 え る だ け 氷 川 は そ の 記 述 に 目 が 留 ま っ た 。 女 の 遺 留 品 が 一 切 見 つ か ら の 証 拠 は な に も な い の だ が 。 な か っ た と あ る 。 し か し そ れ に し て も 、 余 り の 手 際 の 良 さ で あ る 。 血 の 海 と い 携 帯 電 話 な ど 身 分 が わ か る も の は 何 も な く 、 被 害 者 の 人 定 事 う 凄 惨 な 現 場 の 一 方 で 、 犯 人 は 潔 癖 す ぎ る ほ ど の 部 屋 の 処 理 を 項 の 欄 に は 、 チ ェ ッ ク イ ン 時 の 氏 名 と し て 、 田 中 美 津 子 の 名 前 が 書 き 込 ま れ て い た が 、 そ の 横 に は 、 不 詳 、 と い う 文 字 が 丁 寧 行 っ て い る の だ 。 こ こ か ら 先 へ 調 査 を 伸 ば す こ と に よ っ て 、 『 張 』 が 存 在 す る と に 書 き 込 ま れ て い た 。 い う 感 覚 は 益 々 強 く な っ て い る こ と を 自 覚 し た 。 着 衣 は 、 ド ア の 近 く に あ る ク ロ 1 ゼ ッ ト に 儿 帳 面 な 性 格 を 窺 だ か ら こ そ 、 そ れ を 見 た い 、 と い う 思 い は も は や 抑 え よ う が わ せ る よ う に 、 丁 寧 に か け て あ っ た 。 白 地 に プ ル ー の ス ト ラ イ な か っ た 。 プ が 入 っ た プ ラ ウ ス に 、 紺 色 の ス カ ー ト 。 そ う ヒ 1 ル の 高 く な 急 い で 立 ち 上 げ た 「 つ な ぎ 資 料 」 の 一 ペ ー ジ で 最 初 に 目 が い っ い 黒 い パ ン プ ス も そ の 中 に き ち ん と 並 べ ら れ て い た 。 フ ァ ッ シ ョ た の は 、 〈 氏 名 不 詳 〉 と い う 文 字 だ っ た 。 ン よ り も ビ ジ ネ ス の 効 率 を 優 先 す る キ ャ リ ア ウ ー マ ン を イ メ 1 " 田 中 美 津 子 ~ な る 名 前 が 偽 名 で あ っ た と 、 初 動 の 機 動 捜 査 隊 ジ さ せ た 。 が そ れ を 突 き 止 め て い た 。 ホ テ ル の チ ェ ッ ク イ ン 時 に 記 入 し た と こ ろ が 、 あ る は す の も の の 記 載 が な か っ た 。 住 所 も ま た 偽 り だ っ た 。 指 掌 紋 も 、 警 察 の デ 1 タ ベ ー ス に 該 当 プ ラ ジ ャ 1 と シ ョ 1 ツ を 示 す 文 字 が ど こ に も な い の だ 。 洗 面 台 や バ ス ル 1 ム に も 、 被 害 者 も し く は 被 疑 者 の 目 立 っ た す る も の は な か っ た と 書 か れ て い る 氷 川 は 先 を 急 い だ 。 遺 留 物 も な い 、 と あ る 。 二 ペ ー ジ 目 に 目 指 す も の が あ っ た 。 繊 維 痕 や 体 液 な ど の 微 物 資 料 に 関 し て は 鑑 識 の 捜 査 待 ち と い 思 わ ず 声 を 上 げ そ う に な っ た 。 う こ と に な っ て い る の だ ろ う が 、 こ れ だ け 何 も な い と な る と 、 そ こ に 貼 り 付 け ら れ て い た 、 被 害 者 の 顔 写 真 は 想 像 も し て い 被 疑 者 の 意 図 は 明 白 だ 。 な か っ た も の だ っ た 。 身 元 を 隠 蔽 す る こ と 、 も し く は 特 定 さ せ る こ と を 遅 ら せ る こ い び つ と 。 見 開 い た 目 は 真 っ 赤 に 染 ま り 、 ロ を 歪 に 広 げ 、 顔 の 筋 肉 は 醜 じ ん て い か ん 203 背 面 捜 査

小説トリッパー 2013年秋季号


大 耳 も 顔 か ら 胸 ま で を 真 っ 赤 に 染 め て 転 ち か ら 想 像 す る よ り も は る か に 肩 幅 が 広 無 言 で 歩 き 出 し た 。 く 、 筋 肉 が ず っ し り と 巻 き 付 い て い る 倒 し た 。 女 は 、 男 の 広 い 背 中 に 頬 を 押 し 付 け た 。 ひ ょ っ と こ が 女 を 背 負 っ て 一 里 ほ ど も ひ ょ っ と こ は 、 わ ず か に 破 片 が 飛 ん だ 驚 い た こ と に 男 の 褞 袍 は 真 っ 赤 な 麻 布 の 歩 い た 頃 、 道 の 向 こ う か ら 武 士 が 二 人 、 下 に 細 い 鎖 が 織 り 込 ま れ て い る 。 鎖 で 編 白 い 息 を 吐 き な が ら 駆 け て き た 。 褞 袍 の 袖 を 振 り な が ら 女 に 顔 を 向 け た 。 か な 奇 妙 な 顔 だ 、 と 女 は 思 っ た 。 ま れ た 着 物 は 怖 い く ら い に 固 く 、 冷 た か っ 「 伽 那 様 」 笑 い か け た の だ ろ う か た 。 そ れ で も 耳 を 押 し 付 け る と 男 の 心 の ひ ょ っ と こ が 背 負 っ て い る 女 を 見 る や 、 そ れ と も 、 怒 っ て い る の だ ろ う か 。 臓 の 音 が 聞 こ え た 。 遠 く の 方 で 巨 大 な 車 二 人 は 刀 を 抜 い た 。 太 刀 の 刃 に 刃 毀 れ が そ れ す ら も わ か ら な か っ た 。 輪 が 回 り 続 け て い る よ う な 音 だ っ た 。 力 あ る 。 人 か 物 か は わ か ら ぬ が 、 随 分 と 斬 っ 強 く 、 誰 に も 止 め る こ と が で き な い 。 そ て い る 。 ゃ べ お お い の す け よ し も と 男 が 現 れ た 時 も 、 男 が 自 分 を 犯 そ う と ん な 音 だ 。 梅 雨 の 終 わ り に 聞 こ え る 雷 に 「 お れ は 、 矢 部 大 炊 助 義 基 の 家 来 、 御 坂 小 五 郎 」 し た 武 士 た ち を 退 治 し た 時 に も 地 が 揺 れ 似 て い た 。 そ の 音 を 聞 き な が ら 、 怖 い よ う れ 、 つ な 嬉 し い よ う な 不 思 議 な 気 持 ち の 中 で 、 る よ う な 大 音 が 鳴 っ た 。 女 は 生 ま れ て こ 小 太 り の 男 が 怒 鳴 っ た 。 歳 は 三 十 代 半 の 方 、 あ れ ほ ど 大 き な 音 を 聞 い た こ と が 女 は ふ わ ふ わ と ま ど ろ ん で い る 。 ば 、 ひ ょ っ と こ よ り も 十 ほ ど 上 だ が 、 背 「 ど っ ち だ ? は 一 尺 ほ ど 低 い 男 の 声 が 聞 こ え た 。 低 く 、 良 く 響 く 声 雷 様 か も し れ な い 「 お 主 が 拐 か そ う と し て い る の は 我 が 殿 そ う 思 い な が ら 男 を 眺 め た 。 武 士 た ち だ っ た 。 女 は そ の 声 を 、 耳 を 押 し 当 て た 、 の 御 三 女 、 伽 那 様 で あ ら せ ら れ る 」 小 五 郎 は 怒 鳴 っ た 。 は 男 の 顔 を 笑 っ た が 、 女 は ひ ょ っ と こ に 男 の 身 体 の 中 か ら 聞 い た 。 男 の 身 体 か ら ひ ね 自 分 の 身 体 に 直 接 に 響 い た 声 が 生 々 し か っ 似 て い る と は 思 わ な か っ た 。 む し ろ 愛 く ひ ょ っ と こ は 首 を 捻 る よ 、 つ に し て 背 中 の 女 を 見 た 。 女 は 、 ま っ げ が 触 れ る ほ ど る し い と 思 っ た 。 た 。 不 意 に 抱 き 締 め た い よ う な 狂 お し い 縛 め を 解 い た 女 の 身 体 に 着 物 を 巻 き っ 気 持 ち に 襲 わ れ て 、 女 は 身 体 を 震 わ せ た 。 の 間 近 か ら 黒 々 と し た 瞳 で 見 つ め 返 し た 。 け る と 、 男 は 無 言 で 女 を 負 ぶ っ た 。 片 手 身 体 の ど こ か が 溶 け 合 っ て 、 つ な が っ て 伽 那 は 十 九 歳 に な っ て い る 。 す で に 若 く は な い が 、 も の を 覚 え 始 め た ば か り の で 女 の 身 体 を 支 え 、 も う 片 方 の 手 で 馬 の し ま っ た よ う な 錯 覚 す ら 覚 え た 。 手 綱 を 引 き な が ら 歩 き 出 し た 。 女 は 顔 を 上 げ た 。 少 女 の よ う に 、 じ っ と ひ と と こ ろ を 見 つ 女 は 背 負 わ れ な が ら 、 男 の 広 い 背 中 に 道 が 二 股 に 分 か れ て い る 。 白 い 腕 を 伸 め る 癖 が あ る 。 墨 を 落 と し た よ う な 瞳 に 驚 い た 。 細 面 で 眉 毛 と 目 尻 の 垂 れ た 顔 立 ば し て 右 手 に 伸 び る 道 を 指 さ す と 、 男 は 見 つ め ら れ る と 、 慣 れ て い る は ず の 小 五 こ ご ろ 、 つ か ど わ み さ か 吉 来 駿 作 42

小説トリッパー 2013年秋季号


鼻 の 頭 に 脂 が 浮 き 、 フ ァ ン デ 1 シ ョ ン は す っ か り 流 れ 落 ち て い る 。 な の に 、 豊 齢 線 に は し つ か り と 白 い フ ァ ン デ ー シ ョ ン が 残 っ 湖 上 の 花 火 た ま ま で 、 子 ど も の 絵 画 の よ う に 、 皺 が く つ き り と 強 調 さ れ て い る リ ゾ ー ト ホ テ ル 「 ザ ・ ロ 1 ツ ェ ・ 洞 爺 湖 」 の 洗 面 所 で 、 白 髪 お ま け に 、 目 の 下 は 黒 ず ん で い る し 、 首 を 少 し 下 げ た だ け で 、 を 三 本 発 見 し た 。 洞 爺 湖 と 内 浦 湾 を 見 下 ろ す 山 の 上 に 立 っ こ の ホ テ ル の 、 洞 爺 あ ご の 下 に 一 段 層 が で き て し ま う 。 私 は い っ か ら こ ん な 顔 に な っ な か の し ま 湖 側 の 部 屋 を 取 り 、 べ ラ ン ダ か ら 青 い 湖 面 と 緑 濃 い 中 島 の 景 色 て い た の だ ろ う 。 旅 の 疲 れ だ け で は な い よ う な 気 が し た 。 四 〇 を 堪 能 し た 後 、 洗 面 所 で ア メ ニ テ ィ グ ッ ズ を 確 認 し な が ら ふ と 歳 を 過 ぎ て 急 激 に 袞 え た の か 。 い や 、 き っ と 二 〇 年 間 、 少 し ず 視 線 を 鏡 に や る と 、 頭 頂 部 に 近 い 分 け 目 の 辺 り に き ら り と 光 る っ 劣 化 し て い た こ と に 、 今 日 、 よ う や く 気 付 い た と い う だ け だ 。 鏡 は 毎 日 、 朝 晩 、 見 て い る 。 証 券 会 社 の 営 業 と い う 職 業 柄 、 一 本 が 目 に 留 ま っ た 。 ま さ か 白 髪 、 と プ チ ン と 抜 く と 、 ま だ わ ず か に 生 気 の 残 る シ ル バ 1 と 白 の 中 間 色 で 、 こ う い う の は 三 〇 取 引 先 の 人 と 会 う と き は 特 に 、 身 だ し な み の チ ェ ッ ク は 念 入 り 代 に な っ た 頃 か ら 年 に 一 本 の 割 合 で 抜 い て い る 、 と そ れ ほ ど 気 に 行 っ て い る 。 が 、 こ ん な に 大 き な 鏡 で 、 じ っ く り と 改 め て 自 に す る こ と な く 足 元 の ダ ス ト ボ ッ ク ス に 捨 て た 。 し か し 、 サ イ 分 の 顔 を 眺 め た こ と な ど 、 も う 何 年 も な い の で は な い か 。 化 粧 を し て い る あ い だ も ニ ュ ー ス 番 組 に 耳 を 傾 け て い る し 、 た ま に ド を 整 え る よ う に 手 櫛 で 生 え 際 か ら 軽 く 後 ろ に 流 し て み る と 、 今 度 は 明 ら か に 白 髪 だ と わ か る 髪 の 毛 が ヒ ョ ロ ヒ ョ ロ と 浮 き 上 買 い 物 に 出 か け て も 、 決 ま っ た プ ラ ン ド の 服 を 揃 え る よ う に な っ が っ て き た 。 一 本 だ け で は な い 。 三 本 も あ る 。 も と も と 髪 の 量 て か ら は 、 試 着 ど こ ろ か 、 鏡 の 前 で 当 て て み る こ と も な く な っ 、 リ ウ ッ ド ス タ 1 も が 少 な い の で 、 で き れ ば 抜 き た く な い か 、 ノ た 。 今 は 上 半 身 し か 映 っ て い な い が 、 ク ロ ー ゼ ッ ト 横 に あ る 全 宿 泊 し た こ と が あ る と い う 高 級 リ ゾ ー ト ホ テ ル で 、 こ ん な み す 身 が 映 る 鏡 の 前 に 立 て ば 、 体 の ラ イ ン が 崩 れ て い る こ と に も 気 ば ら し い も の を ち ら っ か せ な が ら 歩 く の は 恥 ず か し い 。 え い や 、 づ き 、 眩 暈 を 起 こ し て し ま い そ う だ 。 し か し : こ ん な ポ ロ ボ ロ な 姿 に な っ て い る か ら こ そ 、 こ と 三 本 抜 い た 後 、 あ ま り 髪 を か き 上 げ な い よ う に し な が ら 全 体 を 整 え た 。 の ホ テ ル に 来 た 意 味 が あ る の で は な い か 。 徹 夜 で 仕 事 を 片 付 け こ れ で よ し 、 と 改 め て 正 面 か ら 鏡 に 向 き 直 り 、 さ ら に 愕 然 と て 、 札 幌 で の 恩 師 を 囲 む 会 の 出 席 つ い で に 、 一 泊 余 分 に 休 み を し た 。 取 り 、 足 を 延 ば し た 甲 斐 が あ る と い う も の だ 。 エ ス テ を 受 け 、 早 朝 か ら 、 羽 田 空 港 発 新 千 歳 空 港 行 の 飛 行 機 に 乗 り 、 そ こ か 温 泉 に つ か り 、 大 自 然 の 中 を 散 歩 し て 、 お い し い も の を 食 べ 、 : 、 ム に は あ る リ フ レ ッ シ ュ す る 権 利 が : ら ホ テ ル の リ ム ジ ン バ ス に 乗 っ て 、 北 海 道 と は い え 暑 い 中 を 長 時 間 移 動 し て き た 。 化 粧 が 崩 れ る の は 仕 方 な い 。 頬 や お で こ 、 自 己 投 資 を 重 ね 続 け て き た の だ か ら 。 め ま い 389 物 語 の お わ り

小説トリッパー 2013年秋季号


し い 発 言 を す る こ と も で き る だ ろ う し 、 作 品 を お も し ろ く な い も し も 、 私 が 脚 本 家 で 、 ど う し て も こ の 作 品 を ド ラ マ に し な け な と 貶 さ れ て も 、 そ れ は あ な た が 出 し た 結 論 が つ ま ら な い と い う け れ ば な ら な い の な ら 、 そ の 手 段 を と る だ ろ う 。 こ と で す 、 な ど と 責 任 転 嫁 す る こ と も で き る 。 ハ ム さ ん は 何 も 悪 い こ と を し て い な い 。 真 面 目 に 勉 強 し 、 進 き ち ん と 結 末 を 提 示 し て 欲 し い 。 そ の 結 末 を ど う 捉 え る か 、 学 し 、 婚 約 者 の い る 地 元 に 戻 っ て き て 、 堅 実 な 職 に 就 い た 。 絵 と い う と こ ろ で 作 り 手 と 受 け 手 の 対 話 が 成 立 し 、 相 性 が い い 悪 美 の 夢 を 頭 ご な し に 否 定 し て い る の で は な い 。 絵 美 の 身 を 案 じ 、 い も 判 断 で き る の だ か ら 。 現 実 の 厳 し さ に 鑑 み た 上 で の 結 論 だ 。 た だ 、 相 性 で 言 え ば 、 こ れ が 絵 美 の 手 記 な ら ば 、 私 は 絵 美 と そ れ で も 、 絵 美 は 電 車 に 乗 っ て 行 っ て し ま う の だ ろ う 。 夢 を い う 女 が 嫌 い だ 。 常 に 受 け 身 の 姿 勢 で 、 立 派 な 青 年 と 出 会 い 、 持 た な い あ な た に 、 私 の 気 持 ち は 解 ら な い 、 と 言 っ て 。 ド ラ マ 作 家 に な る チ ャ ン ス も っ か ん で い る 。 こ れ が 、 事 実 な の だ と し の 始 ま り は こ の シ ー ン か ら だ 。 ハ ム さ ん は い つ も と 変 わ ら ず 仕 て も 、 書 き 方 が 気 に 入 ら な い 。 自 分 は ハ ム さ ん に 愛 さ れ て い る 事 に 出 か け 、 数 年 後 、 ふ と 立 ち 寄 っ た 本 屋 で 絵 美 の 書 い た 本 を の だ と い う 余 裕 。 そ し て 、 作 家 を 目 指 し て い た わ け で は な い の 見 つ け る の か も し れ な い 。 そ の 中 に 、 自 分 に 似 た 人 物 や 、 思 い に 、 友 だ ち の オ ー デ ィ シ ョ ン に 付 い て 行 っ た ら 私 が 選 ば れ ち ゃ 出 の 場 所 、 絵 美 と 二 人 で 交 わ し た 会 話 の 断 片 を 見 つ け : ・ い ま し た 、 み た い な 隠 れ 自 慢 。 絵 美 の 心 の 中 に は 、 自 分 は 選 ば 絵 美 と 自 分 が 人 生 の 一 点 で 交 わ っ た こ と は 間 違 い で は な か っ れ る 側 に い る 人 間 だ と い う 思 い が あ た り ま え の よ う に 存 在 し て た の だ 、 ど 少 し ば か り 涙 を 流 し 、 翌 日 か ら ま た 、 同 じ 生 活 に 戻 い る る の だ 。 素 敵 な 二 択 に 困 っ ち ゃ う 。 ・ 一 生 、 困 っ て い れ ば い い 。 こ い つ も お 疲 れ 様 。 明 日 も 、 頑 張 れ よ 。 : 自 分 自 身 に そ う 声 う い う タ イ プ は ど ち ら の 選 択 を し て も 、 そ こ そ こ 幸 せ な 人 生 を 援 を 送 っ て 。 送 り 、 他 人 に 語 る と き だ け 悲 劇 の ヒ ロ イ ン の よ う に 、 あ の と き 家 に 帰 っ た ら 、 大 き な 鏡 を 買 お う 。 い や 、 せ つ か く 北 海 道 に あ あ し て い れ ば 、 と 涙 ぐ ん だ り す る の だ 。 そ れ が ま た 活 力 と な 来 た の だ か ら 、 美 し い 木 の 彫 刻 が 施 さ れ た 縁 付 き の 、 う ん と 高 り 、 人 生 に 彩 を 添 え る 。 価 な も の を 買 お う 。 私 に ふ さ わ し い 鏡 を 。 主 役 を 男 女 反 対 に し て 書 き 換 え ら れ る ? ( 第 六 話 了 ) 湊 か な え 406

小説トリッパー 2013年秋季号


高 い 夜 空 に ま っ す ぐ 打 ち 上 げ ら れ て い た 花 火 が 軌 道 を 変 え た 。 い っ た 、 何 に 効 果 が あ る の か は っ き り し な い も の よ り も 、 凝 り 打 ち 上 げ 台 か ら 斜 め に 軌 道 を 描 き 、 湖 面 す れ す れ の と こ ろ で 花 固 ま っ た と こ ろ を ガ シ ガ シ と ほ ぐ し て も ら う 方 が い い が 開 い た 。 ク ジ ャ ク の 羽 の よ う だ 。 続 い て 、 二 羽 、 三 羽 、 ク ジ ャ 受 付 を 済 ま せ て 、 専 用 の ス モ ッ ク に 着 替 え 、 薄 暗 い 部 屋 に 入 ク が 湖 上 に 現 れ た 。 そ し て 、 水 面 に 映 っ た 半 円 の 花 火 も ク ジ ャ る と 、 懐 か し い 香 り が し た 。 ラ ベ ン ダ 1 だ 。 手 足 が 長 く 色 の 白 ク が た わ む れ て い る よ う に 見 え る 。 花 火 の 位 置 が 高 す ぎ て も 低 い 妖 精 の よ う な 女 の 人 が や っ て き て 、 べ ッ ド に あ お む け に 横 た す ぎ て も 、 空 と 湖 面 両 方 に 美 し い ク ジ ャ ク の 姿 を 生 み 出 す こ と わ り 目 を 閉 じ る よ う に と 、 少 し 低 め の 、 耳 に 心 地 よ い 声 で 言 わ れ た 。 は で き な い の だ ろ う 。 私 が 花 火 師 な ら 、 こ ん な 発 想 は で き な い 丸 い 花 火 が 半 分 し か 見 え な い な ん て も っ た い な い じ ゃ な い か 、 高 級 ホ テ ル の 隠 れ 家 的 な 場 所 に あ る 、 落 ち 着 い た 色 目 の イ ン と 最 後 ま で 駄 々 を 捏 ね そ う だ 。 テ リ ア で 統 一 さ れ た 非 日 常 的 な 空 間 は 、 目 を 閉 じ た 途 端 、 子 ど 「 い や あ 、 こ れ は す ご い ー も の 頃 に 住 ん で い た 狭 い ア パ ー ト の 居 間 へ と 変 わ っ た 。 私 は せ つ 木 水 さ ん が 声 を 上 げ た 。 せ と 小 さ な 袋 に ラ ベ ン ダ 1 の ポ プ リ を 詰 め て い る 。 あ ん な に 毎 「 本 当 に : 日 、 恋 愛 の お 守 り を 作 っ て い た の に 、 ま っ た く ご 利 益 を 授 か ら 湖 面 に 映 る 花 火 を 心 か ら き れ い だ と 感 じ た 。 な か っ た の は 、 私 自 身 が そ れ を 十 円 玉 と し か 見 て い な か っ た か ら に 違 い な い 。 ホ テ ル ま で 送 り ま し よ う か 、 と 木 水 さ ん は 言 っ て く れ た が 、 金 の た め に 自 己 投 資 を 続 け た 子 ど も は 、 総 合 職 試 験 に 受 か っ 通 り ま で 出 る と ホ テ ル か ら の 送 迎 車 に 乗 れ る た め 、 お 礼 だ け 言 た 途 端 、 自 分 が 人 間 と し て レ ベ ル ア ッ プ し た よ う な 錯 覚 を 起 こ し て し ま っ た 。 い 、 そ の 場 で 別 れ た 。 仲 の 良 い 友 人 に す ら 打 ち 明 け た こ と の な い 思 い を 、 通 り す が り の 旅 人 に 打 ち 明 け て し ま う と は 。 学 生 時 プ ロ ッ ト ラ イ タ 1 と し て の 収 入 は 一 〇 万 円 の ま ま 、 ホ ー ム セ 代 、 北 海 道 に 多 く の 旅 人 が 訪 れ て い た こ と は 知 っ て い た が 、 旅 ン タ 1 で ア ル バ イ ト を す る 修 の こ と を ま っ た く 尊 敬 で き な く な っ 人 同 士 の あ い だ で ど ん な 交 流 が 生 ま れ る の か と い っ た こ と ま で て し ま っ た 。 お も し ろ い 構 成 を 思 い つ い た ん だ 、 と 嬉 々 と し て 考 え た こ と は な か っ た 。 言 わ れ て も 、 企 画 が 通 っ て か ら 喜 ん で み た ら ど う だ ろ う 、 と 冷 偶 然 す れ 違 っ た 人 に 励 ま さ れ た 経 験 の あ る 人 は 、 私 が 想 像 す め た 目 で 彼 の こ と を 見 て い た よ う な 気 が す る 。 る よ り た く さ ん い る に 違 い な い 。 修 が た く さ ん 小 説 や 漫 画 を 読 ん で い る こ と も 、 テ レ ビ ド ラ マ ホ テ ル に 着 く と 、 予 約 を 入 れ て い た エ ス テ に ほ ど よ い 時 間 と だ け で な く 、 映 画 や 舞 台 も 時 間 が 許 す 限 り 見 て 研 究 し て い る こ な っ て い た 。 体 が 固 ま っ た と 感 じ た ら 、 近 所 の 中 国 整 体 に は 通 っ と も 、 知 っ て い た 。 そ れ な の に 、 自 己 投 資 に 成 功 し た と 図 に 乗 っ て い る が 、 エ ス テ は 初 め て だ 。 ア ロ マ と か 、 マ イ ナ ス イ オ ン と て い た 私 は 、 修 の 努 力 が 報 わ れ な い の は 、 彼 に 才 能 が な い か ら 湊 か な え 402

小説トリッパー 2013年秋季号


「 あ ん ま り 頭 が 悪 い か ら さ 」 あ の 夜 、 沙 知 は ひ と り ホ テ ル を 出 た の だ っ た 。 そ の 少 し 前 ま で 、 朝 ま で 勲 と 一 緒 に い る つ も り に な っ て い た 。 自 分 の 異 常 さ 言 い 訳 の 口 調 で 新 太 が そ う 一 一 口 っ た の は 、 女 性 パ ー ソ ナ リ テ ィ 1 に 気 が つ い て 、 飛 び 起 き て 服 を 着 た の が 、 午 前 一 時 を 過 ぎ た 頃 の こ と ら し い 。 彼 女 の お 喋 り に 沙 知 は ま っ た く 意 識 を 向 け て い だ っ た 。 な か っ た が 、 そ う ね 、 と 答 え た 。 早 ロ で 甲 高 い 、 外 国 人 が 喋 る 日 本 語 み た い な 話 し 方 だ け が 耳 に 残 っ て い る 。 タ ク シ 1 を 拾 っ て 帰 り 着 く と 、 家 の 中 は す で に 寝 静 ま っ て い 高 速 道 路 を 行 程 の 半 分 ほ ど 来 た と こ ろ だ っ た が 、 車 は ス ピ ー た 。 鍵 を 回 す 音 が 耳 を 塞 ぎ た い ほ ど 大 き く 聞 こ え た 。 母 屋 の 灯 り は 全 部 消 え て い た が 、 こ ち ら の 住 ま い は キ ッ チ ン の シ ン ク の ド を 落 と し て い た 。 そ ろ そ ろ 渋 滞 に 差 し か か っ て い る の だ ろ う 。 「 あ の こ と な ん だ け ど 」 上 の 、 手 元 を 照 ら す た め の 小 さ な 白 熱 灯 だ け が 点 い て い た 。 沙 新 太 が 言 い 、 沙 知 は ど き り と し て 、 知 以 外 の 誰 か が キ ッ チ ン を 使 っ て 、 偶 然 消 し 忘 れ た と は 考 え ら 「 え っ ? 」 れ ず 、 だ と す れ ば 新 太 が わ ざ わ ざ 点 け た こ と に な る ー 深 夜 に と 聞 き 返 し た 。 帰 っ て く る 妻 の た め に ? 「 リ フ ォ 1 ム の こ と だ け ど 、 両 親 の 家 の 洗 面 所 じ ゃ な く て 、 俺 足 音 を 忍 ば せ て 階 段 を 上 っ た 。 子 供 部 屋 で 隼 は 寝 息 を た て て い て 、 夫 婦 の 寝 室 で 新 太 も す で に べ ッ ド の 中 に い た 。 沙 知 が 隣 た ち の 家 の 洗 面 所 、 っ て こ と に し て お か な い か 。 シ ョ 1 ル 1 ム の ひ と に は 」 の べ ッ ド に 潜 り 込 ん で も 、 背 中 を 向 け た ま ま 身 じ ろ ぎ も し な か っ 「 ど う し て ? た 。 息 子 同 様 に 寝 入 っ て い る の か 、 そ れ と も 怒 っ て い る の か 「 だ っ て 、 や つ ば り お か し い だ ろ う 、 あ っ ち の 家 の こ と な の に 、 た し か め る の が こ わ か っ た か ら 、 声 を か け ず に そ の ま ま 眠 っ た 。 翌 朝 、 目 覚 め る と 新 太 は も う 起 き て い た 。 洗 面 所 か ら 出 て き 俺 た ち が 見 に 来 て る っ て い う の は さ 。 そ の 辺 、 へ ん な ふ う に 勘 て 、 沙 知 が 起 き 上 が っ て い る こ と に 気 づ く と 、 「 お は よ う 」 と 言 っ ぐ ら れ る の も 、 お 袋 の 性 格 と か を 説 明 す る の も 面 倒 だ か ら 、 俺 た 。 た ぶ ん 、 い つ も の 言 い か た で 。 お は よ う 。 沙 知 も 返 し た 。 た ち の 家 の 、 っ て い う こ と に し て お い た ほ う が い い と 思 う ん だ そ れ か ら 、 昨 夜 の こ と を 聞 か れ る の を 待 ち 構 え て い た が 、 新 太 よ ー 「 え え 、 そ う ね 。 わ か っ た わ 」 は 聞 か な か っ た 。 そ の 日 の 夜 も 、 そ の 次 の 朝 も 、 沙 知 の 「 英 会 話 の 友 だ ち 」 に つ い て 新 太 が 話 題 に す る こ と は な か っ た 。 そ の 沙 知 は 頷 い た 。 実 際 に は 、 な せ 今 新 太 が そ ん な こ と を 言 い 出 す の か 、 さ つ ば り わ か ら な か っ た が 。 ま ま 今 日 に 到 っ て い る 。 そ れ か ら 突 然 、 脈 絡 な く 気 が つ い た 。 女 性 パ 1 ソ ナ リ テ ィ ー の 声 が ぶ つ り と 途 絶 え て 、 ク ラ シ ッ ク 夢 。 音 楽 が 流 れ 出 し た 。 そ れ も す ぐ に 消 え て 男 の 声 に 、 男 の 声 は 洋 夢 の 話 を 、 私 た ち 夫 婦 は こ の 一 ヶ 月 近 く し て い な い の だ 。 私 楽 に か わ る 。 新 太 が チ ュ 1 ニ ン グ を い じ っ て い る の だ っ た 。 井 上 荒 野 382