検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集から 478件ヒットしました。

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


ひ と み こ 図 書 は は ツ 。 ( 瞳 を 凝 ら す 。 ) を 取 か え る の で ご ざ い ま す か 。 よ し そ れ も 、 貴 方 が 、 貴 ば ん ば り ろ う た ん け い ひ あ や ま ら ( 夫 人 、 世 話 め か し く 、 雪 洞 の 蝋 を 抜 き 、 短 檠 の 灯 を 方 の 過 失 な ら 、 君 と 臣 と 云 う も の の そ れ が 道 な ら 仕 方 が し よ く み ′ っ と り 移 す 。 燭 を と っ て 、 熟 と 図 書 の 面 を 視 る 、 恍 惚 と す 。 ) な い 。 け れ ど も 、 播 摩 が さ し ず な ら 、 そ れ は 播 摩 の 過 失 ろ う そ く 夫 人 ( 蝋 燭 を 手 に し た ま ま 。 ) 帰 し た く な く 成 っ た 、 も と 云 う も の 。 第 一 、 鷹 を 失 っ た の は 、 貴 方 で は あ り ま せ う 帰 す ま い と 私 は 思 う 。 ん 。 あ れ は 私 が 取 り ま し た 。 図 書 や あ 、 貴 方 が 。 図 書 え え 。 は り ま あ な た 夫 人 貴 方 は 、 播 摩 が 貴 方 に 、 切 腹 を 申 し つ け た と 言 い ま 夫 人 ま こ と に 。 う ら み し た 。 そ れ は 何 の 罪 で ご ざ い ま す 。 図 書 え え 、 お 怨 を 申 上 ぐ る 。 ( 刀 に 手 を 掛 く 。 ) た れ こ ぶ し す 図 書 私 が 拳 に 据 え ま し た 、 殿 様 が 日 本 一 と て 御 秘 蔵 の 、 夫 人 鷹 は 第 一 、 誰 の も の だ と 思 い ま す 。 鷹 に は 鷹 の 世 界 あ さ あ ら し さ わ や 白 い 鷹 を 、 此 の お 天 守 へ 翳 し ま し た 、 其 の 落 度 、 其 の 罪 が あ る 、 露 霜 の 清 い 林 、 朝 嵐 タ 風 の 爽 か な 空 が あ り ま す 。 決 し て 人 間 の 持 ち も の で は あ り ま せ ん 。 大 名 な ん ど と 云 過 で ご ざ い ま す 。 う も の が 思 上 っ た 行 過 ぎ な 、 あ の 、 鷹 を 、 唯 一 人 じ め に 夫 人 何 、 鷹 を そ ら し た 其 の 落 度 、 其 の 罪 過 、 あ あ 人 間 と 「 と が お お 自 分 の も の と 、 つ け 上 り が し て 居 ま す 。 貴 方 は 然 う は 思 う も の は 不 思 議 な 咎 を 被 せ る も の だ ね 。 其 の 鷹 は 貴 方 が い ま せ ん か 。 勝 手 に 鳥 に 合 わ せ た の で は あ り ま す ま い 。 天 守 の 棟 に 世 に も 美 し い 鳥 を 視 て 、 そ れ が 欲 し さ に 、 播 摩 守 が 、 自 分 図 書 ( 沈 思 す 、 間 。 ) 美 し く 、 気 高 い 、 そ し て 計 り 知 ら で 貴 方 に い い つ け て 、 勝 手 に 自 分 で そ ら し た も の を 、 貴 れ ぬ 威 の あ る 、 姫 君 、 ー ー 貴 方 に は お 答 が 出 来 か ね ま す 。 夫 人 否 、 否 、 か ど た て て 籠 め る の で は あ り ま せ ん 。 私 方 の 罪 に し ま す の か い 。 し ゅ の 申 す こ と が 、 少 し な り と も お 分 り に な り ま し た ら 、 あ 図 書 主 と 家 来 で ご ざ い ま す 。 仰 せ の ま ま 生 命 を さ し 出 し く る わ う ら た い こ う ま る の 其 の 筋 道 の 分 ら な い 二 三 の 丸 、 本 丸 、 太 閤 丸 、 廓 内 、 ま す の が 臣 た る 道 で ご ざ い ま す 。 し ろ が ね 夫 人 其 の 道 は 曲 っ て 居 ま し よ う 。 間 違 っ た い い つ け に 従 御 家 中 の 世 間 へ な ど 、 も う お 帰 り な さ い ま す な 。 白 銀 、 う の は 、 主 人 に 間 違 っ た 道 を 踏 ま せ る の で は あ り ま せ ん 黄 金 、 球 、 珊 瑚 、 千 石 万 石 の 知 行 よ り 、 私 が 身 を 捧 げ ま す 、 腹 を 切 ら せ る 殿 様 の か わ り に 、 私 の 心 を 差 上 げ ま す 、 私 の 生 命 を 上 げ ま し よ う 。 貴 方 お 帰 り な さ い ま す な 。 図 書 け れ ど も 鷹 が そ れ ま し た 。 お そ ろ 夫 人 あ あ 、 主 従 と か は 可 恐 し い 。 鷹 と あ の 人 間 の 生 命 と 図 書 迷 い ま し た 、 姫 君 、 殿 に 金 鉄 の 我 が 心 も 、 波 打 つ ば じ っ み い の ち む ね こ が ね た ま さ ん ご は り ま た だ

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


よ ろ 白 く 見 え た の で あ る 。 り が 悪 い か ね 。 何 、 知 ら な い ん な ら 宜 し い で す 。 私 は 貴 娘 よ は ず 「 行 か ん 筈 は な い で し よ う が 、 貴 娘 、 知 っ て 居 て 、 未 だ 私 の 名 誉 を 思 っ て 、 注 意 の た め に 云 う ん だ か ら 、 能 く お 聞 き の 前 に 、 秘 す の じ ゃ な い か ね 。 」 な さ い 。 帰 っ て 聞 い た っ て 駄 目 さ ね 。 」 し た と 太 く 侮 っ た 語 気 を 帯 び て 、 「 存 じ ま せ ん の 。 」 と う さ ん つ む り ふ と 頭 を 掉 っ た が 、 い た い け に 、 拗 ね た よ う で 、 且 つ く ど 「 父 様 は 、 自 分 の 門 生 だ か ら 、 十 に 八 九 は 秘 す で す も の 。 何 で 真 相 が 解 り ま す か 。 」 い の を 煩 さ そ う 。 コ ッ コ ッ 廊 下 か ら 剥 啄 を し た 者 が あ る 。 と 、 教 頭 は 、 ぎ 「 じ ゃ 、 ま あ 、 知 ら な い と 為 て 。 其 か ら 、 お 話 す る で す が あ れ す り き ん ら や く き り ね 。 早 瀬 は 、 彼 は 、 攫 徒 の 手 伝 い を す る 、 巾 着 切 の 片 割 の ろ り と 目 金 を 光 ら し た が 、 反 身 に 伸 び て 、 た め ら よ う な 男 で す ぞ ! 」 「 カ ム 、 イ ン 、 」 と 猶 予 わ ず に 答 え た 。 か ん ざ し り ん き っ あ た か 簪 の 花 が 凜 と し て 色 が 冴 え た か 気 が 籠 っ て 、 屹 と 、 教 頭 此 の 剥 啄 と 、 カ ム 、 イ ン は 、 余 り に 呼 吸 が 合 過 ぎ て 、 恰 か ね を 見 向 い た が 、 其 の 目 の 遣 場 が 無 さ そ う に 、 向 う の 壁 に 充 も 予 て 言 合 せ て あ っ た も の の よ う で あ る 。 ま ご と お お い す な わ ド ア し ち ぶ だ ち 満 の 、 偉 な る 全 世 界 の 地 図 の 、 サ ハ ラ の 沙 漠 の 有 る あ た り 則 ち 扉 を 細 目 に 、 先 ず 七 分 立 の 写 真 の 如 く 、 顔 か ら 半 身 す ず し ひ と み の ぞ こ う の た て を 、 清 い 瞳 が う ろ う ろ す る 。 を 突 入 れ て 中 を 覗 い た の は 河 野 英 吉 。 白 地 に 星 模 様 の 竪 ネ も ら ろ ん ダ イ ア モ ン ド ビ ン ど め つ ま さ き 「 勿 論 早 瀬 は 、 其 が た め に 、 分 け て 規 律 の 正 し い 、 参 謀 本 ク タ イ 、 金 剛 石 の 針 留 の 光 っ た だ け で も 、 天 窓 か ら 爪 尖 ま い で た ら お も 部 の 方 は 、 此 の 新 聞 が 出 な い 先 に 辞 職 、 免 官 に 、 成 っ た で で 、 其 日 の 扮 装 想 う べ し で 、 髪 か ら 油 が 溶 け そ う 。 あ こ れ す り え っ き す 。 是 は 其 の 攫 徒 に 遭 っ た 、 当 人 の 、 御 存 じ じ や ろ う ね 、 早 や 得 も 言 わ れ ぬ 悦 喜 の 面 で 、 あ れ い の し ん 坂 田 礼 之 進 氏 、 彼 の 方 の 耳 に 第 一 に 入 っ た で す 。 「 や あ 、 」 と 声 を 懸 け る と 、 入 違 い に 、 後 を ド 1 ン 。 く っ さ 、 ・ 扉 の 響 き は 、 ・ で 、 見 な い ん な ら 御 覧 な さ い 。 他 の 二 三 の 新 聞 に も 記 い ふ る ぶ る と 、 お 妙 の 細 い 靴 の 尖 に 伝 わ っ て 、 あ お て あ る で す が 。 此 の : : : が 一 番 悉 し い 揺 ら め く 胸 に 、 地 図 の 大 西 洋 の 波 が 煽 る 。 と 落 着 い て 向 う へ 開 い て 、 三 の 面 を 指 で 教 え て 、 「 此 処 に あ り ま す が 、 お 読 み な さ い 。 」 四 十 九 く ら び る 「 帰 っ て 、 私 、 内 で 聞 き ま す 。 」 と 云 っ た 、 唇 の 花 が 戦 い 「 失 敬 、 失 敬 。 」 ち も の な 「 は 、 は 、 は 、 貴 娘 、 ( 内 の 人 ) だ な ん と 云 っ た か ら 、 極 と 些 と 持 上 げ て 、 浮 か せ 気 味 に 物 馴 れ た 風 で 、 河 野 は 教 う る そ し あ な た そ れ ま わ か と ろ か く

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


の ぞ つ ば 、 さ き だ け 炬 燵 に 入 れ て 、 少 し 仰 向 く よ う に し て 旅 商 人 と 話 肱 掛 窓 を 覗 く と 、 池 の 向 う の 椿 の 下 に 料 理 番 が 立 っ て 、 を し て 居 る 。 つ く ね ん と 腕 組 し て 、 熟 と 水 を の が 見 え た 。 例 の 紺 の が け し の つ つ つ ば し り な っ か し い 浮 世 の 状 を 、 山 の 崖 か ら 掘 出 し て 、 旅 宿 に 嵌 筒 袖 に 尻 か ら す ぼ ん と 巻 い た 前 垂 で 、 雪 の 凌 ぎ に 鳥 打 帽 を か ぶ め た よ う に 見 え た 。 被 っ た の は 、 苟 く も 料 理 番 が 水 中 の 鯉 を 覗 く と は 見 え な い 。 お お 、 ば ん 座 敷 は 熊 の 皮 で あ る 。 境 は 、 ふ と 奥 山 へ 棄 て ら れ た よ う 大 な 鷭 が 沼 の 鰌 を 狙 っ て 居 る 形 で あ る 。 山 も 峰 も 、 雪 深 に 里 心 が 着 い た 。 く 其 の 空 を 取 囲 む 。 お と と い ご ら そ う 一 昨 日 松 本 で 城 を 見 て 、 天 守 に 上 っ て 、 其 の 五 つ め 朝 霜 境 は 山 間 の 旅 情 を 解 し た 。 「 料 理 番 さ ん 、 晩 の 御 馳 走 に 、 の 高 層 に 立 っ て 、 悚 然 と し た よ う な 、 雲 に 連 る 、 山 々 の 犇 其 の 鯉 を 切 る の か ね 。 」 「 へ へ 。 」 と 薄 暗 い 顔 を 上 げ て ニ ヤ と 再 び 窓 に 来 て 、 身 に 迫 る の を 覚 え も し た 。 バ ス ケ ッ ト に 、 リ と 笑 い な が ら 、 鳥 打 帽 を 取 っ て お 時 誼 を し て 、 ま た 被 り こ け い 、 し か 、 く ぐ ひ さ し 等 閑 に 絡 め た ま ま の 、 城 あ と の 崩 れ 堀 の 苔 む す 石 垣 を 這 っ 直 す と 、 其 の ま ま ご そ ご そ と 樹 を 潜 っ て 廂 に 隠 れ る 。 ご と っ た く れ な い て 枯 残 っ た 小 さ な 蔦 の 紅 の 、 の 血 の し た た る 如 き の を 帳 場 は 遠 し 、 あ と は 雪 が や や 繁 く 成 っ た 。 よ ね し た 見 る に つ け て も 。 : : : 急 に 寂 し い 。 「 お 米 さ ん 、 下 階 に 座 敷 同 時 に 、 さ ら さ ら さ ら さ ら と 水 の 音 が 響 い て 聞 こ え る 。 あ け は な ま た だ れ は あ る ま い か 。 ー ー ー 炬 燵 に 入 っ て ぐ っ す り と 寝 た い ん だ 。 」 「 ー ー ー 又 誰 か 洗 面 所 の ロ 金 を 開 放 し た な 。 」 此 が ま た 一 一 度 め あ き ん ど し ゅ う 、 リ こ 、 些 と 遠 二 階 の 部 屋 部 屋 は 、 時 な ら ず 商 人 衆 の 出 入 り が あ る か ら で : ・ : ・ 今 朝 三 階 の 座 敷 を 、 此 処 へ 取 替 え な し 前 冫 と こ ろ ち ょ う す と 、 望 む 処 の 下 座 敷 、 お も 屋 か ら 、 土 間 を 長 々 と 板 を 渡 っ い が 、 手 水 を 取 る の に 清 だ か ら と 女 中 が 案 内 を す る か ら 、 み ず ぐ ら は な れ て 離 座 敷 の よ う な 十 畳 へ 導 か れ た の で あ っ た 。 此 の 離 座 敷 に 近 い 洗 面 所 に 来 る と 、 三 ヶ 所 、 水 道 口 が あ る ひ じ か け ま ど さ ひ ね 肱 掛 窓 の 外 が 、 す ぐ 庭 で 、 池 が あ る 。 の に 其 の ど れ を 捻 っ て も 水 が 出 な い 。 然 ほ ど の 寒 さ と は 思 こ だ ま 白 雪 の 飛 ぶ 中 に 、 緋 鯉 の 背 、 真 鯉 の 鰭 の 紫 は 美 し い 、 梅 え な い が 、 て た の か と 思 っ て 、 谺 の よ う に 高 く 手 を 鳴 ら お お か た か し け や き ほ お き く み こ の も 松 も あ し ら っ た が 、 大 方 は 樫 槻 の 大 木 で あ る 。 朴 の 樹 の し て 女 中 に 言 う と 、 「 あ れ 、 汲 込 み ま す 。 」 と 駆 出 し て 行 く ふ る 1 ) ふ た か か え 一 一 抱 ば か り な の さ え す っ く と 立 つ 。 が 、 い ず れ も 葉 を 振 っ と 、 や が て 、 ス ッ と 水 が 出 た 。 ー ー ー 座 敷 を 取 替 え た あ と で 、 ) 」 と よ そ お い す は だ か ち ょ う ず ば ら カ て 、 素 裸 の 山 神 の 如 き 装 だ っ た こ と は 言 う ま で も な い 。 は ば か り に 行 く と 、 外 に 手 水 鉢 が な い か ら 、 洗 面 所 の 一 つ ご ろ こ ず え か ろ 午 後 三 時 頃 で あ っ た ろ う 。 枝 に 梢 に 、 雪 の 咲 く の を 、 炬 を 捻 っ た が 、 そ の 時 は ほ ん の た ら た ら と 滴 っ て 、 辛 う じ て % 燵 で 斜 違 い に 、 く の 字 に 成 っ て ー ー ー い い 婦 だ と お 目 に 掛 け 用 が 足 り た 。 し ば ら く す る と 、 頻 り に 洗 面 所 の 方 で 水 音 が す る 。 炬 燵 な お ぎ り は す か こ た っ さ ま ひ れ お ん な す や ど は ひ し こ ひ ね い や し ど じ よ う ね ら し き れ こ れ か ぶ

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


う ら 修 理 待 て 、 山 隅 、 先 方 で 潜 っ た 奴 だ 。 呼 ん だ っ て 出 や し 中 に も 、 唯 今 。 ひ 邏 ず り あ な た よ 、 。 取 っ て 押 え 、 引 摺 出 せ 。 夫 人 あ あ 、 そ れ も 然 う 、 何 よ り 前 に 、 貴 方 を お か く ま い し し が し ら 申 し て 置 こ う 。 ( 獅 子 頭 を 取 る 、 母 衣 を 開 い て 、 図 書 の 九 平 そ れ 面 々 。 け が こ 修 理 気 を 着 け い 、 う か つ に か か る と 怪 我 を い た す 。 元 来 上 に 蔽 い な が ら 、 ) 此 の 中 へ : : : 此 の 中 へ 此 の 青 獅 子 が 、 並 大 抵 の も の で は な い の だ 。 伝 え 聞 く 。 図 書 や 、 金 城 鉄 壁 。 む ら さ ぎ や ま じ し ゅ じ ん な 、 以 前 こ れ は 御 城 下 は ず れ 、 群 鷺 山 の 地 主 神 の 宮 に 夫 人 否 、 柔 い 飾 っ て あ っ た 。 一 一 代 以 前 の 当 城 殿 様 、 お 鷹 狩 の 馬 上 か ら 図 書 仰 の 通 り 真 綿 よ り も 。 み や こ が た 一 人 町 里 に は 思 い も 寄 ら ぬ 、 都 方 と 見 え て 、 世 に も 夫 人 そ し て 、 確 か り 、 私 に お っ か ま り な さ い ま し 。 図 書 失 礼 御 免 。 ( 夫 人 の 背 よ り 其 の 袖 に る 。 縋 る 、 と 艶 麗 な 女 の 、 行 列 を と 避 け て 、 其 の 宮 〈 か く れ た の を ご ろ う こ な た か ら だ す そ と ろ ん こ の 目 で 御 覧 じ た わ 。 此 方 は 鷹 狩 、 も み じ 山 見 え て 、 身 体 其 の 母 衣 の 裾 な る 方 に か く る 。 獅 子 頭 を 捧 じ よ う ろ う お も て な だ が 、 い ず れ 戦 に 負 け た 国 の 、 上 﨟 、 貴 女 、 貴 夫 人 た ち げ つ つ 、 夫 人 の 面 、 尚 お 母 衣 の 外 に 見 ゅ 。 つ か み い だ お ち ろ ′ ド - 討 手 ど や ど や と 入 込 む 。 ト 見 て わ っ と 一 度 退 く 時 、 夫 の 落 人 だ ろ う 。 絶 世 の 美 女 だ 。 し や っ 出 い て 奉 れ 、 と ち ん に ゆ う た だ あ る 。 御 近 習 、 宮 の 中 へ 闖 入 し 、 人 妻 な れ ば と 、 い な 人 も 母 衣 に 隠 る 。 唯 一 頭 青 面 の 獅 子 、 猛 然 と し て 舞 台 む を 捕 え て 、 手 取 足 取 し よ う と し た れ ば 、 舌 を 噛 ん で 真 に 亠 の り 。 う つ む や り し ゆ り や ま ず み く へ い 討 手 。 小 田 原 修 理 、 山 隅 九 平 、 其 の 他 。 抜 身 の 鎗 、 刀 、 俯 向 け に 倒 れ て 死 ん だ 。 其 の 時 に な 、 此 の 獅 子 頭 を 熟 と 視 て 、 あ わ れ 獅 子 や 、 名 誉 の 作 か な 。 わ ら わ に か ば か り 中 に は 仰 山 に 小 具 足 を つ け た る も あ り 。 大 勢 。 ) ほ ざ と ら お お か み お ん な ま ん ま り ・ す ZJ の 力 あ ら ば 、 虎 狼 の 手 に か か り は せ じ 、 と 吐 い た 、 と 九 平 ( 雪 河 を 寄 す 。 ) ゃ あ 、 怪 し く 凄 く 美 し い 、 婦 の 立 し 力 、 だ い こ う す い な 。 続 い て 三 年 、 毎 年 秋 の 大 洪 水 よ 。 何 が 、 死 骸 取 片 づ 姿 と 見 え た は 此 だ 。 さ か し ま や ま か ん ぬ し ご と つ る ず い ら よ う 修 理 化 る わ 化 る わ 。 御 城 の 瑞 兆 、 天 人 の 如 き 鶴 を 御 覧 あ け の 山 神 主 が 見 た 、 と 申 す に は 、 獅 子 が 頭 を 逆 に し て 、 お ん な っ て 、 殿 様 、 鷹 を 合 わ せ た ま え ば 、 鷹 は そ れ て 破 簔 を 投 其 の 婦 の 血 を 舐 め 舐 め 、 目 か ら 涙 を 流 し た と 云 う が 触 出 お ん な う ら み し で な 、 打 続 く 洪 水 は 、 其 の 婦 の 怨 だ と 、 国 中 の 是 沙 汰 落 す 、 、 : ・ ・ : 言 語 同 断 。 し に 九 平 他 に な い 、 姫 川 図 書 め 、 死 も の ぐ る い に 、 確 か に 其 だ 。 婦 が 前 髪 に さ し た の が 、 死 ぬ 時 、 髪 を こ ・ ほ れ 落 ち た さ ん と 云 う を 拾 っ て 来 て 近 習 が 復 命 を し た 、 白 木 に 刻 ん だ 三 な る 獅 子 母 衣 に 潜 っ た に 相 違 な し 。 ゃ あ 、 上 意 だ 。 逆 賊 ぐ し り ん ば た ん た か ほ り い で あ 輪 牡 丹 高 彫 の さ し 櫛 を な 、 共 の 時 の 馬 上 の 殿 様 は 、 澄 ま 出 合 え 。 山 隅 九 平 向 う た り 。 お お い い え お お せ た っ た い ま し つ こ れ や れ み の さ さ そ れ じ っ

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


た め ら な る 以 前 の 階 子 の ロ よ り 出 ず 。 猶 予 わ ず 夫 人 に 近 づ き 夫 人 確 に お 言 い な さ い ま し 。 留 守 で な け れ ば 怦 時 で も 居 手 を つ く 。 ) る か ら 。 お だ や か 図 書 武 士 の 面 目 に 存 じ ま す ー ー 御 免 。 ( 雪 洞 を 取 っ て 静 夫 人 ( 先 む じ て 声 を 掛 く 。 穏 に 、 ) 又 見 え た か 。 お さ う ず し ょ な が ぎ せ る か に 退 座 す 。 夫 人 長 煙 管 を 取 っ て 、 払 く 音 に 、 図 書 板 敷 図 書 は っ ・ 、 夜 陰 と 申 し 、 再 度 御 左 右 を 騒 が せ 、 ま こ と に と も し び に て 一 度 留 ま り 、 直 ち に 子 の ロ に て 、 燈 を 下 に 壇 に 隠 恐 入 り ま し た 。 る 。 夫 人 何 し に 来 ま し た 。 お お 、 図 書 御 天 守 の 三 階 中 壇 ま で 戻 り ま す と 、 鳶 ば か り 大 さ の 、 鐘 の 音 。 あ お お お こ う も り つ ら こ ろ も 野 衾 か と 存 じ ま す 、 大 蝙 蝠 の 黒 い 翼 に 、 燈 を 煽 ぎ 消 さ れ 時 に 一 体 の 大 入 道 、 面 も 法 衣 も 真 黒 な る が 、 も の 陰 よ ご と か た す み い ら か こ ず え ま し て 、 い か に と も 、 進 退 度 を 失 い ま し た に よ り 、 灯 を り 甍 を 渡 り 梢 を 伝 う が 如 く に し て 、 舞 台 の 片 隅 を 伝 い う ず く 頂 き に 参 り ま し た 。 行 き 、 花 道 な る 切 穴 の ロ に 蹲 ま る 。 : 二 度 と お い で で な い と 申 夫 人 た だ そ れ だ け の 事 に 。 ・ 鐘 の 音 。 た ら あ ら し た 、 私 の 言 葉 を 忘 れ ま し た か 。 図 書 、 其 の 切 穴 よ り 立 顕 わ る 。 か た わ れ づ 夫 人 す っ と 座 を 立 ち 、 正 面 、 鼓 の 緒 の 欄 干 に 立 ち 熟 と 図 書 針 ば か り 片 割 月 の 影 も さ さ ず 、 下 に 向 え ば 真 の 暗 黒 、 か た わ ほ ん ぼ り か ざ 男 が 、 足 を 蹈 み は ず し 壇 を 転 が り 落 ち ま し て 、 不 具 に な 視 る 時 、 図 書 、 雪 洞 を 翳 し て 高 く 天 守 を 見 返 る 、 ト タ の ぞ ざ ま ン に 大 入 道 、 さ し 覗 き 状 に 雪 洞 を ふ っ と 消 す 。 図 書 身 ど な り ま し て は 、 効 も な い と 存 じ ま す 。 上 を 見 れ ば 五 あ か り か す か ひ ろ ゆ く て さ え ぎ 重 の 此 処 よ り 、 幽 に お 燈 が さ し ま し た 。 お 咎 め を 以 っ て 構 す 。 大 入 道 、 大 手 を 拡 げ て 其 の 前 途 を 遮 る 。 の ら 生 命 を め さ り よ う と も 、 男 と い た し 、 階 子 か ら 落 ち て 怪 鐘 の 音 。 お ん い ま し め な ぎ な た 侍 女 等 凜 々 し き 扮 装 、 揚 幕 よ り 、 懐 剣 、 薙 刀 を 構 え て 我 を す る よ り は と 存 じ 、 御 戒 を も 憚 ら ず 推 参 い た し て 語 ご ざ い ま す 。 ず 。 図 書 扇 子 を 抜 持 ち 、 大 入 道 を 払 い 、 懐 剣 に 身 を あ な た に つ こ り 物 軅 わ し 、 薙 刀 と 丁 と 合 わ す 。 か く て 一 同 を 追 込 み 、 揚 夫 人 ( 莞 爾 と 笑 む 。 ) あ あ 、 爽 か な お 心 、 そ し て 、 貴 方 あ か り つ は お 勇 し い 。 燈 を 点 け て 上 げ ま し よ う ね 。 ( 座 を 寄 す 。 ) 天 幕 際 に 扇 を 揚 げ 屹 と 天 守 を 仰 ぐ 。 鐘 の 音 。 図 書 い や 、 お 手 ず か ら は 恐 多 い 。 私 が 。 し よ う よ う り ゅ う と も し び 夫 人 従 容 と し て 座 に 返 る 。 図 書 、 手 探 り つ つ も と の 切 夫 人 否 々 、 此 の 燈 は 、 明 星 、 北 斗 星 、 竜 の 燈 、 玉 の 光 も 穴 を 捜 る 。 ( 間 。 ) 其 の 切 穴 に 没 す 。 し ば ら く し て 舞 台 お な じ こ と 、 お 前 の 手 で は 、 蝋 燭 に は 点 き ま せ ん 。 め ん ば く 、 つ い で た ち は た ! ん ば り じ っ の ぶ す ま い え い え さ わ や ろ う そ く と び と が ひ

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


岩 の 頭 へ 半 身 を 乗 出 し て 、 の 梅 雨 に 水 が 出 て 、 と て つ も な い 川 さ 出 来 た で が す よ 。 ) ば ん や り こ だ ま さ ら ど こ ( 茫 然 し て る と 、 木 精 が 攫 う ・ せ 、 昼 間 だ っ て 容 赦 は ね え ( 未 だ ず っ と 何 処 ま で も 此 水 で ご ざ い ま し よ う か 。 ) あ ざ け ご と よ 。 ) と 嘲 る が 如 く 言 い 棄 て た が 、 軈 て 岩 の 陰 に 入 っ て 高 ( 何 の お 前 様 、 見 た ば か り じ ゃ 、 訳 は ご ざ り ま せ ぬ 、 水 に と こ ろ あ い 処 の 草 に 隠 れ た 。 な っ た の は 向 う の 那 の 藪 ま で で 、 後 は 矢 張 こ れ と 同 一 道 筋 し ば ら こ ら ′ も り カ さ 暫 く す る と 見 上 げ る ほ ど な 辺 へ 蝙 蝠 傘 の 先 が 出 た が 、 木 で 山 ま で は 荷 車 が 並 ん で 通 る で が す 。 藪 の あ る の は 旧 大 き し げ み や し き こ こ い ら の 枝 と す れ す れ に な っ て 茂 の 中 に 見 え な く な っ た 。 い お 邸 の 医 者 様 の 跡 で な 、 此 処 等 は こ れ で も 一 ツ の 村 で が の ん き そ な が れ ( ど ッ こ い し よ 、 ) と 暢 気 な か け 声 で 、 其 の 流 の 石 の 上 を し た 、 十 三 年 前 の 大 水 の 時 、 か ら 一 面 に 野 良 に な り ま し た し り あ て ひ と じ に ご ほ う さ ま あ る 飛 々 に 伝 っ て 来 た の は 、 茣 蓙 の 尻 当 を し た 、 何 に も つ け な よ 、 人 死 も い け え こ と 。 御 坊 様 歩 行 き な が ら お 念 仏 で も 唱 て ん び ん ば う や い 天 秤 棒 を 片 手 で 担 い だ 百 姓 じ ゃ 。 」 え て 遣 っ て く れ さ っ し ゃ い 。 ) と 問 わ ぬ こ と ま で 深 切 に 話 し さ い わ か し ま す 。 其 で 能 く 仔 細 が 解 っ て 確 に な り は な っ た け れ ど も 、 現 に 一 人 踏 迷 っ た 者 が あ る 。 五 こ ち ら ( 此 方 の 道 は こ り や 何 処 へ 行 く の で 、 ) と い っ て 売 薬 の 入 さ っ き た れ ゅ ん で 「 先 刻 の 茶 店 か ら 此 処 へ 来 る ま で 、 売 薬 の 外 は 誰 に も 逢 わ っ た 左 手 の 坂 を 尋 ね て 見 た 。 な ん だ こ と は 申 上 げ る ま で も な い 。 ( は い 、 こ れ は 五 十 年 ば か り 前 ま で は 人 が 歩 行 い た 旧 道 で む こ う 今 別 れ 際 に 声 を 懸 け ら れ た の で 、 先 方 は 道 中 の 商 売 人 と が す 。 矢 張 信 州 へ 出 ま す る 、 先 は 一 つ で 七 里 ば か り 総 体 近 ま よ い 見 た だ け に 、 ま さ か と 思 っ て も 気 迷 が す る の で 、 今 朝 も 立 う ご ざ り ま す が 、 い や 今 時 往 来 の 出 来 る の じ ゃ あ ご ざ り ま お ~ う さ ま ち ぎ わ に よ く 見 て 来 た 、 前 に も 申 す 、 其 の 図 面 を な 、 此 処 せ ぬ 。 去 年 も 御 坊 様 、 親 子 連 の 順 礼 が 間 違 え て 入 っ た と い で も 開 け て 見 よ う と し て 居 た 処 。 う で 、 は れ 大 変 な 、 乞 食 を 見 た よ う な 者 じ ゃ と い う て 、 人 ち ょ い と お ま わ り さ ま ( 一 寸 伺 い と う 存 じ ま す が 、 ) 命 に 代 り は ね え 、 追 か け て 助 け べ え と 、 巡 査 様 が 三 人 、 村 ( こ れ は 何 で ご ざ り ま す る 、 ) と 山 国 の 人 な ど は 殊 に 出 家 の 者 が 十 二 人 、 一 組 に な っ て 之 か ら 押 登 っ て 、 や っ と 連 れ ご ば う さ ま と 見 る と 丁 寧 に い っ て く れ る 。 て 戻 っ た 位 で が す 。 御 坊 様 も 血 気 に 逸 っ て 近 道 を し て は な ( い え 、 お 伺 い 申 し ま す ま で も ご ざ い ま せ ん が 、 道 は 矢 張 り ま し ね え そ 、 草 臥 れ て 野 宿 を し て か ら が 此 処 を 行 か っ し ま っ す ぐ こ れ を 素 直 に 参 る の で ご ざ い ま し よ う な 。 ) や る よ り は 増 で ご ざ る に 。 は い 、 気 を 付 け て 行 か っ し ゃ ( 松 本 へ 行 か っ し や る ? あ あ あ あ 本 道 じ ゃ 、 何 ね 、 此 間 れ 。 ) ば い や く あ や つ ば り こ の そ れ よ ふ み ま よ く た び こ じ き ゃ ぶ つ れ こ れ は や ・ ら と

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


一 一 間 行 き な さ い ま す 。 一 一 人 の 間 に あ る 月 を な 、 影 で 繋 い で 、 其 の 事 は 言 わ ぬ け れ ど 、 明 方 の 三 時 か ら 、 夜 の 白 む ま で ち ゃ っ と 行 っ て 、 垢 離 取 っ て 、 願 懸 け す る と 頼 ん だ ら 、 姉 さ ん は 、 喜 ん で 、 ( 是 喃 。 ) と 呼 ん で 、 出 し た 盆 を 、 振 向 い て お 取 り で し た 。 承 知 し て く れ ま し た 。 わ た し そ す が 私 や 、 思 わ ず 其 の 手 に 縋 っ て 、 涙 が ひ と り で に 出 ま し た え 。 殺 さ れ た ら 死 ぬ 気 で な 、 ー ー 大 恩 の あ る 御 主 人 の 、 此 の 男 で 居 な が ら 、 こ ん な に も 上 手 な 方 が あ る も の を 、 切 め て 格 子 戸 も 見 納 め か 、 と 思 う よ う で 、 軒 下 へ 出 て 振 返 っ て 、 か ら だ か ど な が 其 の 指 一 本 で も 、 私 の 身 体 に つ い た ら ば と 、 つ い 、 お ろ お 門 を 視 め て 、 立 っ て 居 る と な 。 ろ と 泣 い た の で す 。 ( お い で 、 ) ほ お か む り ・ し き な り 頬 被 を し て 居 な す っ た 。 あ の 其 の 、 私 の 手 を 取 っ た ま ま と 云 っ て 、 突 然 、 背 後 か ら 手 を 取 り な す っ た 、 門 附 の 其 わ き と こ ろ 黙 っ て 、 少 し 脇 の 方 へ 退 い た 処 で 、 の お 方 。 て ん ぐ さ ま さ ら ( 何 を 泣 く 、 ) っ て 優 し い 声 で 、 其 の 門 附 が 聞 い て く れ ま 私 は な 、 よ う 覚 悟 は し て 居 た が 、 天 狗 様 に 攫 わ れ る か と す 。 も う 恥 も 何 も 忘 れ て な 、 其 の 、 あ の 、 何 う し て も 三 味 思 い ま し た え 。 線 の 覚 え ら れ ぬ 事 を 話 し ま し た 。 」 あ と は 夢 や ら 現 や ら 。 明 方 内 へ 帰 っ て か ら も 、 其 の 後 は 二 日 も 三 日 も 唯 茫 と し て 居 り ま し た の 。 ・ ・ : 鼓 ヶ 岳 の 松 風 い す ず が わ と 、 五 十 鈴 川 の 流 の 音 と 聞 え ま す 、 雑 木 の 森 の 暗 い 中 で 、 其 の 方 に 教 わ り ま し た 。 : : : 舞 も 、 あ の 、 さ す 手 も 、 ひ く た た う し ろ し ば ら く じ っ 手 も 、 唯 背 後 か ら 背 中 を 抱 い て 下 さ い ま す と 、 私 の 身 体 が 、 「 よ く 聞 い て 、 暫 時 熟 と 顔 を 見 て 居 な さ い ま し た 。 ( 芸 事 の 出 来 る よ う に 、 神 へ 願 懸 を す る と 云 っ て 、 夜 の 明 舞 い ま し た 。 其 れ だ け よ り 存 じ ま せ ん 。 ぞ う 込 ば や し 尤 も 、 私 が 、 あ の 、 鳥 羽 の 海 へ 投 入 れ ら れ た 、 其 の 身 の け ぬ 内 、 外 へ 出 ろ 。 鼓 ヶ 岳 の 裾 に あ る 、 雑 樹 林 の 中 へ 来 い 三 日 と も 思 う け れ ど 、 主 人 に は 、 七 日 と 頼 ん で 。 す ぐ 、 今 上 も 話 し ま し た 。 其 の 方 は 不 思 議 な 事 で 、 私 と は 敵 の よ う 夜 の 明 方 か ら 。 : : : 分 っ た か 。 若 い 女 の 途 中 が 危 い 、 此 の な 中 だ 事 も 、 種 々 入 組 ん で は 居 り ま す け れ ど 、 鼓 ヶ 岳 の 裾 だ れ の 話 は 、 誰 に も 言 う な 、 と ロ 留 め を さ れ ま し た 。 何 ん に も 入 口 ま で 来 て 待 っ て 遣 る 、 化 さ れ る と 思 う な 、 夢 で は な い 。 話 が な り ま せ ん 。 五 日 目 に 、 最 う 可 い か ら 、 此 を 舞 っ て 座 敷 を せ い 。 芸 な と お 言 い の な り 、 三 味 線 を 胸 に 附 着 け て 、 フ ィ と 暗 が り く ろ ぺ い し 、 と は 言 う ま い 、 ツ て 、 お 記 念 な り 、 し る し な り に 、 此 へ 附 着 い て 、 黒 塀 を き な さ い ま す 。 せ ん や の が ん が け す そ く ッ っ な ぬ か か ど づ け せ つ な こ も っ と う つ つ た だ ば う う し ろ か た み こ れ な か た き

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


夫 人 は 薄 笑 い の 目 を ば っ ち り と 、 睫 毛 を 裂 い た よ う に 黒 「 直 き 読 め ま す 、 」 目 勝 な の で 睨 む よ う に し た 。 ら よ い と び つ く り と 読 本 を 受 取 っ て 、 片 手 で 大 み に 引 開 け な が ら 、 ・ : そ ら 、 御 覧 な さ い 、 未 だ 驚 か し て 「 一 寸 、 吃 驚 し て 。 「 僕 ぐ ら い に は と 云 う 、 但 書 が 入 り ま す け れ ど 。 」 上 げ る 事 が あ る わ 。 」 う し ろ ね ち ゃ だ な と 振 返 り ざ ま に 背 後 向 き に 肩 を 捻 じ て 、 茶 棚 の 上 へ 手 を 「 だ っ て : : : 」 し た が い つ ま す べ か つ ば つ み じ ろ 「 否 、 出 来 ま す 。 」 遣 っ た 、 活 湲 な 身 動 き に 、 下 交 の 褄 が 辷 っ た 。 ほ ん と な が ひ ば ら よ こ ず わ 其 の ま ま 横 坐 り に 見 得 も な く 、 長 火 鉢 の 横 か ら 肩 を 斜 め 「 あ ら 、 真 個 に : : : 」 「 尤 も 月 謝 次 第 で す な 。 」 に 身 を 寄 せ て 、 翳 す が 如 く 開 い て 見 せ た は : と く ほ ん 「 あ あ だ も の 、 」 「 呀 ! 読 本 を 買 い ま し た ね 。 」 ご と し か こ れ と 衝 と 身 を 退 い て 、 叱 る が 如 く 、 「 先 生 、 是 は 何 て 云 う の ? 」 ご ら そ う け 「 何 故 然 う だ ろ う 。 ち ゃ ん と 御 馳 走 は 存 じ て 居 り ま す よ 。 」 「 冷 評 し て は 下 可 ま せ ん な 、 商 売 道 具 を 。 」 ら や だ な わ き ふ す ま じ ゅ く 「 否 、 真 面 目 に 、 貴 下 が 此 の 静 岡 で 、 独 逸 語 の 塾 を 開 く と 茶 棚 の 傍 の 襖 を 開 け て 、 つ ん つ る て ん な 着 物 を 着 た 、 一 一 ま り こ 云 う か ら 、 早 い で し よ う 、 最 う 買 っ て 来 た の 。 い の 一 番 の 百 八 十 間 の 橋 向 う 、 鞠 子 辺 の 産 ら し い 、 十 六 七 の 婢 ど ん が 、 な ま ち ょ い と 「 ふ ア い 、 奥 様 。 」 と 訛 っ て 云 う 。 お 弟 子 入 よ 。 一 寸 、 リ イ ダ ア と 云 う の を 、 独 逸 で は : : : 」 り こ う す が こ 聞 い た だ け で 、 怜 悧 な 菅 子 は 、 最 う 其 の 用 を 悟 っ た ら し 「 レ エ ゼ ウ ッ フ ( 読 本 ) ー ー 月 謝 が 出 ま す ぜ 。 」 「 レ エ ゼ ウ ッ フ 。 」 だ れ 「 誰 か 来 た の ? 」 「 ひ や あ 、 」 ら よ い と 後 「 あ ら 、 厭 な 。 一 寸 、 当 分 は 留 守 と お い い と 云 っ た じ ゃ な い の ? 」 図 「 あ の 、 何 ? 」 ま こ と 「 ア ニ 、 は い 、 で 、 ご ざ り ま す け ん ど 、 お 客 様 で 、 ご ざ ん 婦 と 真 に 打 解 け た も の い い で 、 し ゅ 「 精 々 勉 強 し た ら 、 名 高 い 、 ギ ョ ウ テ の ( フ ァ ウ ス ト ) だ し ね え で 、 あ れ さ 、 も の 、 呉 服 町 の 手 代 衆 で ご ざ り ま す ・ : で し た っ と か 、 シ ル レ ル の ( ウ イ ル 〈 ル ム 、 テ ル ) 、 、 、 じ や 構 わ な い よ 、 此 方 へ 、 」 け か ね 、 其 な ん そ 、 何 年 ぐ ら い で 読 め る よ う に 成 る ん で し 「 あ あ 、 谷 屋 の 力 し や ひ や か い い え ま じ め 九 と ま っ げ ま も っ と じ っ の お お づ か こ ら ら お さ ん

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


ナ イ ア れ る ば か り に 成 る の で 、 小 児 は 手 が 空 い た が 、 最 う 腹 は 出 下 に 刎 ね て 、 外 国 人 の 前 へ 行 く と 、 小 刀 と 林 檎 と 一 緒 に 放 さ ら 2 来 た り 、 退 屈 ら し く 皿 の 中 へ 、 指 で く る く る と 環 を 描 い た 。 し て 差 置 く や 否 や 、 に よ い と 手 を 伸 ば し て 、 小 児 を 抱 え て 、 も ぎ と な が お な 其 も 、 詰 ら な そ う に 、 円 い 目 で 、 貴 婦 人 の 顔 を 視 め て 、 同 ス ポ ン と 床 か ら 捩 取 っ た よ う に 、 目 よ り も 高 く 差 上 げ て 、 お ば っ か そ な た 一 よ う に 其 方 を 向 い た が 、 一 向 珍 ら し く な い 日 本 の 兄 よ り 、 覚 束 な い 口 で 、 「 万 歳 ー ー 是 は 外 国 の 小 父 さ ん の 方 が 面 白 い か ら 、 あ ど け な く 見 入 っ た た ポ オ イ が 愛 想 に 、 ハ タ ハ タ と 手 を 叩 い た 。 客 は 時 に 食 堂 て 傾 く 。 よ っ ぽ ど 其 の 、 不 思 議 そ う に 瞳 を く る く る と 遣 っ た 様 子 は 、 余 程 に 、 此 の 一 組 ば か り で あ っ た 。 た た ず に つ 可 愛 く っ て 、 隅 の 窓 を 三 角 に 取 っ て 彳 ん だ ポ オ イ さ え 、 莞 爾 し た 程 で あ る か ら 、 当 の 外 国 人 は 髯 を も じ ゃ も じ ゃ と 破 ち ょ う と こ ろ ナ イ フ 顔 し て 、 丁 ど 食 後 の 林 檎 を 剥 き か け て 居 た 処 、 小 刀 を 目 八 か み な り ぼ し く だ も の 分 に 取 っ て 、 皮 を ひ ょ い と 雷 干 に 、 菓 物 を 差 上 げ て 何 か 「 今 の は 独 逸 人 で ご ざ い ま す か 。 」 ロ 早 に う と 、 青 年 が 振 返 っ て 、 身 を 捻 じ ざ ま に 、 直 ぐ 近 外 客 の 、 食 堂 を 出 た あ と で 、 貴 婦 人 は 青 年 に 尋 ね た の で イ ン グ リ ッ シ ュ か っ た 、 小 児 の 乗 っ か っ た 椅 子 へ 手 を か け て 、 あ る 。 会 話 の 英 語 で な い の を 、 既 に 承 知 し て 居 た の で 、 「 坊 ち ゃ ん 、 入 ら っ し ゃ い 。 好 い も の を 上 げ ま す と さ 。 」 其 の 方 の 素 養 の あ る こ と が 知 れ る 。 こ と ば ま わ と 其 の 言 を 通 じ た が 、 無 理 な 乗 出 し よ う を し て 逆 に 向 い た 青 年 は 椅 子 を ぐ る り と 廻 し て 、 イ タ リ イ か ら 、 つ か ま っ た 腕 に 力 が 入 っ た の で 、 椅 子 が 斜 め に 、 貴 「 僕 も 然 う か と 思 い ま し た が 、 違 い ま す 、 伊 太 利 人 だ そ う お く め ん で す 。 」 婦 人 の 方 へ 横 に 成 る と 、 其 を 嬉 し そ う に 、 臆 面 な く 、 「 ア ハ ア ハ ー と 小 児 が 笑 う 。 「 は あ 、 伊 太 利 の 、 商 人 で す か 。 」 も の ず わ ざ あ ぶ な い え ど 青 年 は 、 好 事 に も 、 故 と 自 分 の 腰 を ず ら し て 、 今 度 は 危 「 否 、 何 う も 学 者 の よ う で す 。 し か し 此 方 が 学 者 で あ り ま 気 な し に 両 手 を か け て 、 揺 籠 の よ う に ぐ ら ぐ ら と 遣 る と 、 せ ん か ら 、 科 学 上 の 談 話 は 出 来 ま せ ん で し た が 、 様 子 が 、 、 」 と 愈 嬉 し が る 。 何 だ か 理 学 者 ら し ゅ う ご ざ い ま す 。 」 ご き げ ん 御 機 嫌 を 見 計 ら っ て 、 「 理 学 者 、 然 う で ご ざ い ま す か 。 」 こ ど も 小 児 の 肩 に 手 を 懸 け て 、 「 さ あ 、 お 来 な さ い 、 お 来 な さ い 。 」 ら と こ れ ち ら う な ず く っ 貴 婦 人 の 底 意 な く 頷 い た の を 見 て 、 小 さ な 靴 を 思 う 様 上 「 此 の 父 親 も 、 些 ば か り 其 の 端 く れ を 、 致 し ま す の で ご ざ り ん ご ひ と み ゆ り か ご う れ あ に い 、 カ く こ っ ち

現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集


く ろ ぺ い も あ る よ う に 、 島 山 ( 理 学 士 ) を 見 る と 、 最 う ね 、 身 体 が 水 越 に 立 っ て 居 て 、 貴 女 が あ の 黒 塀 の 中 か ら 、 恁 う 、 扱 帯 か け お 萎 む よ う な 事 が あ る わ 。 土 間 へ 駈 下 り て 靴 の 紐 を 解 い た り か 何 そ で 、 姿 を 見 せ て 下 す っ た ら 、 ど ん な だ ろ う 。 花 が ち 結 ん だ り し て 遣 っ て る じ ゃ あ り ま せ ん か 。 ら ち ら す る か 、 闇 か 、 螢 か 、 月 か 、 明 星 か 。 世 の 中 が ど ん じ よ う だ ん ひ ざ ま ず だ れ さ な ん て 串 戯 云 う か 跪 い て 、 夫 の 足 に 接 吻 を す る 位 な も の よ 。 誰 が 為 せ る な 時 に 、 そ ん な 夢 が 見 ら れ ま し よ う せ ん た く の 、 早 瀬 さ ん 。 ー ー ・ 貴 下 の 意 地 ひ と つ じ ゃ あ り ま せ ん か 。 ら 、 洗 濯 を す る に 可 い の 、 瓜 が 冷 せ て 面 白 い の ツ て 、 島 山 こ し ら ち っ あ す こ 些 と は 察 し て 、 肯 い て く れ た っ て 、 満 更 罰 は 当 る ま い と 、 に 然 う 云 っ て 、 到 頭 彼 処 の 、 板 塀 を 切 抜 い て 水 門 を 拵 え さ せ た ん だ わ 。 私 思 う ん で す が ね 。 」 も た 机 に 凭 れ て 、 長 く 成 っ て 笑 い な が ら 聞 い て 居 た 主 税 が 、 頭 痛 が し て な ら な い か ら 、 十 畳 の 真 中 へ 一 人 で 寝 て 見 た と 居 直 っ て 、 い の 、 な ん の ツ て 、 都 合 を す る の に 、 貴 下 は 、 素 通 り さ え あ な た 「 じ ゃ 貴 女 は 、 御 自 分 に 面 じ て 、 お 妙 さ ん を 嫁 に 欲 い と 言 し な い じ ゃ あ り ま せ ん か 。 」 う ん で す か 。 」 「 演 劇 の よ う だ 。 」 「 ま あ : : : 然 う よ 。 」 と 低 声 で 笑 う と 、 「 然 う 、 其 で は 色 仕 掛 に な す っ た ん だ ね 。 」 「 理 想 実 行 よ 。 」 と 笑 顔 で 言 う 。 「 何 う し て 渡 る ん で す 。 」 い ぐ さ 「 ま さ か 橋 を か け る 言 種 は 、 貴 下 、 無 い も の 。 」 三 十 七 「 だ か ら 、 渡 ら れ ま す ま い 。 」 「 怒 っ た の 、 貴 下 、 怒 っ ち ゃ 厭 よ 、 私 。 貴 下 は 真 個 に 此 節 「 合 歓 の 樹 の 枝 は 低 く っ て よ 。 掴 っ て 、 お 渡 ん な さ い な じ ゃ 、 何 う し て 、 そ ん な に 気 が 強 く 成 っ た ん だ ろ う ね え 。 」 ね 。 」 か つ ば 「 河 童 じ ゃ あ る ま い し 、 」 「 貴 女 が 水 臭 い 事 を 言 う か ら さ 。 」 図 「 何 方 が 水 臭 い ん だ か 分 り は し な い 。 私 は ま さ か 、 夜 内 を 「 ほ ほ ほ ほ 、 」 と 今 度 は 夫 人 の 方 が 笑 い 出 し た が 。 系 出 る わ け に は 行 か ず 、 お 稽 古 に 来 た っ て 、 大 勢 k 込 み な ん 「 何 に し ろ 、 貴 下 は 不 実 よ 。 」 だ も の 。 ゆ っ く り お 話 を す る 間 も 無 い じ ゃ あ り ま せ ん か 。 過 日 何 と 言 い ま し た 。 あ の 合 歓 の 花 が 記 念 だ か ら 、 夜 中 「 何 が 不 実 で す 。 」 に 彼 処 へ 忍 ん で 行 く ー ー 虫 の 音 や 、 蛙 の 声 を 聞 き な が ら 用 「 何 う か し て 下 さ い な 。 」 す く あ す こ ど っ ち キ ッ ス わ た し か わ ず く つ ひ も ほ ん と う か ら だ こ ご え ほ た る つ か ま し ご き