検索 - みる会図書館

検索対象: [ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本から 161件ヒットしました。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


上 手 な 話 し 方 ポ イ ン ト 図 解 自 分 の 「 話 し 方 」 に 自 信 が も て る よ う に な る 基 本 35 が 面 白 い ほ ど 身 に つ く 本 櫻 井 弘 CN S ( 株 ) 話 し 方 研 究 所 所 長

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


〔 著 者 紹 介 〕 櫻 井 弘 ( さ く ら い ひ ろ し ) CNS 株 話 し 方 研 究 所 取 締 役 所 長 。 1955 年 東 京 都 生 ま れ 。 NEC 、 ノ バ ル テ ィ ス フ ァ ー マ 、 JR 東 日 本 な ど 民 間 企 業 を は じ め 、 人 事 院 、 自 治 大 学 校 、 JMA 、 MR 教 育 セ ン タ ー な ど の 官 公 庁 ・ 各 種 団 体 で コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に 関 す る 研 修 を 手 が け る 。 研 修 先 は 約 500 以 上 の 団 体 に お よ ぶ 。 主 な 著 書 に 『 上 手 な 電 話 応 対 が 面 白 い ほ ど で き る 本 』 『 答 え る 技 術 が 面 白 い ほ ど 身 に つ く 本 』 ( い ず れ も 中 経 出 版 ) 、 『 で き る 課 長 の 話 し 方 』 ( 青 春 出 版 社 ) 、 『 人 を 動 か す 聞 き 方 の 基 本 と コ ッ 』 ( 学 習 研 究 社 ) な ど 多 数 。 本 書 の 内 容 に 関 す る お 問 い 合 わ せ 先 中 経 出 版 編 集 部 03 ( 3262 ) 2124 [ ポ イ ン ト 図 解 ] 上 手 な 話 し 方 が 面 白 い ほ ど 身 に つ く 本 2010 年 9 月 17 日 第 1 刷 発 行 ( 検 印 省 略 ) 著 者 発 行 者 発 行 所 櫻 井 弘 ( さ く ら い ひ ろ し ) 杉 本 惇 株 中 経 出 版 〒 102 ー 0083 ホ ー ム ペ ー ジ http : 〃 www.chukei.co.jp/ FAX 03 ( 3262 ) 6855 振 替 00110 ー 7 - 86836 03 ( 3262 ) 2124 ( 編 集 代 表 ) 電 話 03 ( 3262 ) 0371 ( 営 業 代 表 ) 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 3 の 2 相 互 麹 町 第 一 ビ ル 乱 丁 本 ・ 落 丁 本 は お 取 替 え 致 し ま す 。 ISBN978-4 -8061-3844-0 C2034 02010 HANASHIKATA KENKYUJYO CO. ,LTD. , Printed in Japan. DTP / フ ォ レ ス ト 印 刷 / 新 日 本 印 刷 製 本 / 三 森 製 本 所

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


5 第 こ ん な 時 に は 、 こ う 話 す 「 ほ め る 」 「 叱 る 」 【 四 大 ビ ジ ネ ス シ ー ン ① 】 ・ こ の 一 一 つ は 相 手 の 存 在 を 「 胃 定 」 し 、 「 意 欲 」 を 喚 起 さ せ る と い う 共 通 プ ロ セ ス を 踏 あ 「 頼 あ 」 「 断 わ る 」 【 四 大 ピ ジ ネ ス シ ー ン ② 】 ・ 「 頼 あ 」 「 断 わ る 」 も 相 手 を 説 得 す る こ と に は 変 わ り な < 、 理 解 と 協 力 の 獲 得 が 目 的 電 話 で 上 手 に コ ミ ュ 一 一 ヶ ー シ ョ ン す る ・ 電 話 は 「 相 手 が 見 え な い コ ミ ュ 一 一 ヶ ー シ ョ ン 」 。 ツ ボ を 押 さ え れ ば あ な た も 電 話 上 手 こ ん な タ イ プ の 人 に は こ う 対 処 す る ・ 「 困 っ た タ イ プ 」 「 苦 手 な タ イ プ 」 へ の 「 接 し 方 ・ 話 し 方 ー を 知 っ て あ < こ と が 大 切 ー 相 手 を そ の 気 に さ せ る 【 モ チ ベ ー シ ョ ン 】 ・ 相 手 の 心 を 動 な し 、 協 力 し て も ら う た め に 、 「 説 得 の 三 ス テ ッ プ 」 を 押 さ え て あ < >-LIJ()D と zo へ の 対 処 法 を 覚 え て あ く ・ 対 処 法 を 知 っ て あ け は 「 曖 昧 な 一 言 葉 を 使 一 つ 日 本 社 会 」 の な な で 上 手 な 話 し 方 が で き る 困 っ た 時 の 裏 ワ ザ を 覚 え て あ < ・ 窮 地 に 立 た さ れ た 時 な ど 、 と ま ど わ な い で 話 が で き る 人 は 裏 ワ ザ を も っ て い る も の こ の 三 つ の 方 法 で ス テ ッ プ ア ッ プ : 上 手 に 話 す 力 を プ 一 フ ッ シ ュ ア ッ プ す る コ ツ を 知 れ は 、 あ な た の 人 間 力 も 磨 き が な な る ト レ ー ニ ン グ 法 ⑥ 説 明 力 と 対 応 力 を 身 に つ け る : ィ 一 フ ス ト / 石 怠 淳 一 35 33 32 31 30 29 28 128 159

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


ー は じ め に 作 家 の 井 上 ひ さ し さ ん は 「 言 葉 は 相 手 の た め に あ る 」 と 言 っ て い ま す 。 『 上 手 な 話 し 方 が 面 白 い は ど 身 に つ < 本 』 が 出 版 さ れ た 一 九 九 九 年 頃 は 、 「 自 分 の た め の 話 し 方 ー が 注 目 さ れ て い た よ う な 気 が し ま す 。 し な し 、 私 は 、 話 し 方 と は 「 心 の 持 ち 方 ー で あ り 、 「 上 手 な 話 し 方 」 と は 、 「 相 手 の こ と を 考 え る 」 と い 一 つ こ と に 尽 き る と 考 え 、 こ の 本 を 執 筆 し ま し た 。 あ な げ さ ま で 、 今 ま で に -P 〇 版 以 上 の 重 版 と い 一 つ 大 ベ ス ト セ 一 フ ー と な り 、 多 < の 読 者 の 方 に 読 ま れ 、 私 に も 忘 れ ら れ な い 本 と な り ま し た 。 あ れ な ら 一 〇 年 が た っ た 今 、 話 し 方 は よ り い っ そ う 「 心 の 交 流 を 実 現 す る 力 。 と し て 、 新 た に 注 目 さ れ て い る こ と に 伴 い 、 今 回 リ 一 一 ユ ー ア ル し ま し た 。 「 自 分 の 存 在 は 相 手 の た め に あ る と 思 え た と き な ら 人 問 は 変 わ る 」 。 こ れ は 、 話 し 方 研 究 所 会 長 の 福 田 健 の 言 葉 で す 。 素 晴 ら し い 師 匠 に 感 謝 し ま す 。 「 話 が 変 わ る ー ・ あ な た が 変 わ る ! 」 一 一 〇 一 〇 年 八 月 櫻 井 弘

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


聞 き 手 の 分 析 を す る 》 「 人 を 見 て 法 を 説 け 」 「 上 手 に 話 す 、 と い 一 つ と 、 「 何 を 話 そ う な ? , 「 ど の よ 一 つ に 話 そ う な ? 」 と 考 え て し ま い が ち で す 。 と こ る が 、 こ の 考 え 方 が 結 果 的 に マ イ ナ ス に な っ て し ま う の で す 。 自 分 自 身 が 話 す こ と ば な り に と ら わ れ て し ま い 、 「 聞 き 手 不 在 」 あ る い は 「 独 り よ が り 」 の 話 に な っ て し ま 一 つ な ら で す 。 で は 、 ど 一 つ し た ら よ い な と い う と 、 自 分 が 話 そ う と す る 話 題 や 内 容 が 、 「 聞 き 手 に ど う 聞 こ え る な ? - 「 ど う 解 釈 さ れ る の な ? ー を 考 え て 、 表 現 を 工 夫 す る こ と で す 。 つ ま り 、 自 分 自 身 の 話 し ぶ り が 「 聞 き 手 に ど う 映 る の な ? 相 手 の 理 解 度 な ど を し つ な り 意 識 し て あ な け れ ば な り ま せ ん 。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


〉 話 し べ タ に は 共 通 点 が あ る の 話 し べ タ は 往 々 に し て 、 こ の 「 聞 < 」 が よ < で き て い な い 人 な の で は な い で よ て し よ う 。 「 聞 < 、 は 「 話 す 」 こ と を 前 提 に 成 り 立 っ て い ま す 。 こ の こ と を 忘 く な れ て 、 「 何 を 話 そ 一 つ な ? ど 一 つ や っ て 話 す な ? 」 と 自 分 の こ と ば な り 考 え て い 方 し た の で は 、 い つ ま で た っ て も 上 手 な 話 し 方 は 身 に つ き ま せ ん 。 方 る き ~ き い 聞 は す な わ ち 、 自 分 の 話 が 、 「 ど の よ 一 つ に 受 け 取 ら れ る な ? 自 分 の 話 し ぶ り や 聞 て る 私 の っ す 、 う 度 ・ 表 情 な ど が 、 ど の よ 一 つ に 相 手 の 目 に 映 る の だ 0 つ な ? ー と い う 相 手 サ イ け ま 釈 ~ 付 決 解 は お ) に 立 00 考 え る 「 」 と が 求 0 ら れ る 00 す 。 一 め に く と 方 て ブ 決 ~ よ こ き し 話 し べ タ な 人 と は 、 そ も そ も 「 聞 < 」 と い 一 つ 行 為 を 、 ま る で 「 休 憩 」 の よ 一 つ タ や せ 合 う 聞 流 の み う 都 い な き に 考 え て い な い で し ょ 一 つ な 。 傾 聴 の 「 聴 」 と い う 字 は 、 見 事 に 話 を 「 聴 < 」 こ 方 込 ど に と 的 聞 き い → 分 → 礼 → と の 難 し さ を 表 わ し て い ま す 。 聞 思 自 儀 「 耳 」 を 大 き < ( 耳 偏 ) 、 話 し 手 よ り も 「 十 四 」 倍 の エ ネ ル ギ ー を 使 っ て 、 し な も 「 心 」 で 「 聴 」 < の で す 。 相 手 の 話 が よ < 聞 け た な ら ば 、 内 容 を 正 確 に 理 解 し て 、 相 手 の 心 ま で 汲 み 取 る こ と が で き る の で す 。 こ の こ と こ そ が 、 「 話 し 上 手 は 、 聞 き 上 手 」 と い わ れ る 理 由 な の で す 。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


宀 守 十 守 亠 守 亠 守 寺 ニ 守 ん 、 「 ま だ 残 っ て い て < れ た の な ! 」 と 言 っ て い れ ば 、 彼 女 の は う も 「 あ 疲 れ ・ 6 日 日 - 日 日 日 - 日 、 れ い る る る た た さ ま で す 。 何 な 冷 た い も の で も 召 し 上 が り ま す な ? 」 な ど と 一 一 コ 一 一 コ し な が ら ′ ` 大 , . し い . し - れ い て が て て て ら か 飲 み も の を 用 意 し て < れ た で し ょ 一 つ 。 い 裕 っ え れ け を 聞 余 な 考 わ っ 恥 聞 き 手 の 決 定 権 を 尊 重 し な が ら 、 自 分 の 思 っ て い る よ う に 受 け 取 ら れ る た め も に に を ら 傷 で て ち 的 と と を 前 に 工 夫 し て 「 上 手 な 話 し 方 。 を 目 指 し ま し ょ 一 つ 。 し 持 肩 こ に ド の 話 気 感 の 分 イ な カ 自 ラ ん ほ 「 プ み 》 「 上 手 な 話 し 方 」 の 条 件 に も な る ん せ つ な < 感 謝 の 気 持 ち が あ っ て も 、 自 分 の 意 図 が 正 確 に 伝 わ ら な < て は 、 意 味 が あ り ま せ ん 。 頭 に 浮 な ん だ 言 葉 を 、 「 そ の 言 葉 が ど の よ う に 解 釈 さ れ る の な ? 」 、 ま た 「 そ の 言 葉 を 発 す る と き の 自 分 自 身 の 表 情 や 態 度 が 、 聞 き 手 に ど の よ う に 映 る の な ? 、 と い う 「 聞 な れ 方 、 「 見 ら れ 方 」 を 、 ち ょ っ と 考 え て 話 す こ と が で き る な ど う な で 、 「 上 手 な 話 し 方 な ど う な ? 、 も 決 ま り ま す 。 人 と 話 す と き に は 、 思 い 浮 な ん だ ま ま 、 あ る が ま ま の 話 し 方 や 態 度 で は 、 意 図 し た と あ り の こ と は 伝 わ ら な い と 心 得 て あ き ま し ょ 一 つ 。 「 行 為 の 意 図 せ ざ る 結 果 ー と い う = = 0 葉 を 肝 に 銘 じ て あ き た い も の で す 。

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


相 手 を 傷 つ け な い た め の 話 し 方 ( 例 ) ・ 相 手 の 話 を 否 定 す る 話 し 方 [ ー 〕 「 そ う じ ゃ な く っ て ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 [ ー ] 「 そ れ も わ か る け ど 、 こ れ こ れ に つ い て は ど う ? 」 い わ ゆ る 「 YES ・ BUT 法 」 。 相 手 の 話 を 受 容 し て か ら 話 す ・ 話 の 結 果 を 先 取 り し た 話 し 方 〔 ー ] 「 も う 一 度 確 認 さ せ て く だ さ い 」 自 分 を 理 解 し て も ら う な ら 、 「 相 手 理 解 」 が 先 ・ わ れ 関 せ す 、 責 任 転 嫁 型 [ ー 〕 「 私 は い い け ど 〇 〇 さ ん が ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」 [ ー 〕 「 で は 、 〇 〇 さ ん を 説 得 し ま し よ う ! 」 可 能 性 に 目 を 向 け る 「 問 題 解 決 型 」 て い こ う ・ 頭 ご な し の 否 定 表 現 悪 い 例 「 こ ん な こ と も わ か ら な い の か ! 」 [ ー 〕 「 〇 〇 が 不 明 な ん で す ね ? 」 ※ ア ク テ イ プ ・ リ ス ニ ン ク て 相 手 と 水 平 な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 心 が け よ う 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 「 気 配 り 」 と は 相 手 を 傷 つ け な い 話 し 方 の 技 術 の こ と ※ ア ク テ イ プ ・ リ ス 二 ン グ ・ ・ ・ 相 手 の 言 葉 を 繰 り 返 し て 確 認 す る 聞 き 方 1 0 3 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


「 上 手 に 話 す 」 と は ど う い う こ と ? 第 な ぜ 上 手 に 話 せ な い と い け な い の か の そ も そ も 「 話 し 上 手 」 っ て ど う い う 人 ? 相 手 に 対 す る 理 解 が 「 話 し 上 手 ・ 下 手 」 の 分 か れ 道 話 の 効 果 は 「 聞 き 手 」 が 決 定 す る 朝 「 話 の 目 的 」 を 考 え て 話 す 話 し 方 ひ と つ で 人 間 関 係 が 変 わ る ネ ッ ト 時 代 だ か ら 「 上 手 に 話 す 」 が 大 切

[ポイント図解]上手な話し方が面白いほど身につく本


C 話 題 選 択 の コ ツ は こ れ 「 こ れ だ / 」 と い う も の を 選 択 「 話 せ と 言 う か ら 仕 方 な い ・ ・ ・ 」 「 と り あ え す こ の 話 で ・ ・ ・ 」 な ど と 、 あ ま り 気 乗 り し な い 話 と い う の は 、 聞 き 手 の 印 象 に 残 り に く い も の 。 話 題 選 択 の 「 思 い 入 れ 」 次 第 で 、 話 の 伝 わ り 方 も 違 っ て く る 。 聞 き 手 に ロ っ て い る か ? 「 人 を 見 て 、 法 を 説 け / 」 。 気 持 ち が 入 る 話 で も 、 そ れ が 聞 き 手 に 合 っ て い な い と 判 断 し た ら 、 思 い き っ て 話 題 を 変 え よ う 。 「 私 は ジ ャ ム が 好 き だ が 、 釣 り の エ サ に ジ ャ ム は 使 わ な い 」 と い う 言 葉 が あ る 。 聞 き 手 に 合 わ な い 話 は 、 意 味 が な い 。 コ ツ 1 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】 時 間 内 で 話 せ る 話 題 か ? 気 持 ち も 入 り や す く 、 聞 き 手 に 合 っ た 話 題 だ と し て も 、 時 間 内 に 話 せ な い と い う 予 想 が つ く 場 合 は 、 話 題 を 加 工 し て み よ う 。 そ れ で も 、 無 理 と 判 断 し た ら 、 や は り 、 ほ か の 話 題 を 選 択 し た ほ う が よ い 。 第 4 章 こ の パ ー ト で わ か る こ と 〇 日 頃 な ら 、 さ ま ざ ま に 話 題 の 引 き 出 し を 増 や し て い こ う 第 4 章 ■ 上 手 に 話 す 技 術 を 身 に つ け よ う 【 中 級 編 】