検索 - みる会図書館

検索対象: Pythonクックブック

Pythonクックブックから 647件ヒットしました。

Pythonクックブック


・ 著 者 紹 介 Alex martelli ( ア レ ッ ク ス ・ マ ー テ リ ) IBM Research に 8 年 間 在 籍 し 、 Outstanding TechnicaI Achievement Award を 3 度 受 賞 し た 。 そ の 後 、 上 級 ソ フ ト ウ ェ ア コ ン サ ル タ ン ト と し て think3. lnc. に 13 年 間 在 籍 、 ラ イ プ ラ リ 、 ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ ト コ ル 、 GUI 工 ン ジ ン 、 イ ベ ン ト フ レ ー ム ワ ー ク 、 ウ エ プ ア ク セ ス フ ロ ン ト エ ン ド の 開 発 を 行 っ た 。 ま た Ferra 大 学 ほ か で プ ロ グ ラ ム 言 語 、 開 発 手 法 、 数 値 計 算 に つ い て 教 え て き た 。 c + + MVPfor Brainbench で も あ り 、 ま た Python Software Foundation の メ ン バ ー で も あ る 。 イ タ リ ア の 自 宅 で 本 書 の 執 筆 を し て い た 頃 に は フ リ ー ラ ン ス の コ ン サ ル タ ン ト で あ っ た 。 彼 の も っ と も 誇 り と す る 仕 事 は 、 TheBridgeWorld で 2 本 の 論 文 を 発 表 し た こ と ( 2000 年 1 月 号 と 2 月 号 ) で あ る 。 こ れ は コ ン ト ラ ク ト プ リ ッ ジ の 理 論 家 を 数 十 年 に 渡 り 悩 ま せ て き た 問 題 の 解 決 へ 大 き な 前 進 を 与 え る も の と し て 歓 迎 さ れ た 。 Anna Martelli Ravenscroft ( ア ン ナ ・ マ ー テ リ ・ レ ベ ン ス ク ロ フ ト ) 主 と し て オ フ ィ ス テ ク ノ ロ ジ ー の 訓 練 や 指 導 の バ ッ ク グ ラ ン ド を 持 つ 。 2002 年 に thon と 出 合 っ て 以 来 、 仕 事 や 生 活 の さ ま ざ ま な 局 面 に thon を 活 用 し て い る 。 EuroPython 、 塚 con 、 OSCON で は Python の さ ま ざ ま な ト ピ ッ ク ス に つ い て 講 演 し 、 ま た い く つ も の カ ン フ ァ レ ン ス で ラ イ ト ニ ン グ ト ー ク を 担 当 し た 。 nna は 夫 で あ る exm 狙 e Ⅱ i と 住 ん で い る が 、 2 人 の 子 供 達 を 一 緒 に 住 ま わ せ る の に 必 要 な 手 続 は ま だ 進 行 中 で あ る 。 読 書 、 プ ロ グ 書 き 、 ウ ェ イ ト リ フ テ ィ ン グ に も 関 心 が あ る ( 同 時 に は や ら な い が ) 。 David Ascher ( デ ィ ヴ ィ ッ ド ・ ア ッ シ ャ ー ) ActiveState の Python プ ロ ジ ェ ク ト で リ ー ダ ー を 務 め て き た 。 こ の 中 に は 、 ほ ば thon で 書 か れ た ActiveState の 統 合 開 発 環 境 Komodo も 含 ま れ る 。 ま た 、 企 業 や 大 学 や カ ン フ ァ レ ン ス で thon の 講 座 を 持 っ て き た 。 1999 年 と 2000 年 の O'Reilly Open Source Conventions で は python 部 門 を 統 括 し 、 ま た 第 10 回 lnternational Python Conference で は 主 席 を 務 め た 。 さ ら に 『 は じ め て の python 』 ( オ ラ イ リ ー ・ ジ ャ パ ン 刊 ) の 共 著 者 で あ り 、 PythonSoftwareFoundation の デ ィ レ ク タ ー で も あ る 。 Brown 大 学 で 物 理 学 の 理 学 士 号 お よ び 認 知 科 学 の 博 士 号 を 取 得 し て い る 。 ・ 訳 者 紹 介 鴨 澤 眞 夫 ( か も さ わ ま さ お ) 昭 和 44 年 生 ま れ 。 大 家 族 の 下 か ら 2 番 目 と し て 多 摩 川 の 河 川 敷 で 勝 手 に 育 つ 。 航 空 高 専 の 航 空 機 体 工 学 科 に 入 っ た 頃 か ら 一 人 暮 ら し を 始 め る 。 高 専 を 中 退 し て 琉 球 大 学 の 生 物 学 科 に 入 学 。 素 潜 り 三 昧 。 研 究 室 で は コ ン ピ ュ ー タ と 留 学 生 の お 守 り と 料 理 に 精 を 出 す 。 進 化 生 物 学 者 を 目 指 し Redqueen hypothesis ま わ り の 研 究 を し て い た が 、 DX2-66MHz の 超 高 速 マ シ ン を 手 に 入 れ て Linux や *BSD や OS / 2 で 遊 ぶ う ち 、 英 語 力 が お 金 に 換 わ る よ う に な っ て 、 な ん と な く 人 生 が 狂 い 始 め る 。 大 学 院 を 中 退 後 も 沖 縄 に 居 着 き 、 気 楽 に 暮 ら し て い る 。 日 本 野 人 の 会 名 誉 CEO 。 趣 味 闇 鍋 。 [email protected]卿.ne.jp

Pythonクックブック


XIV ー は じ め に 12 章 XML の 処 理 イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : PaulPrescod こ の 章 で は 、 XML の パ ー ス 、 処 理 、 生 成 を さ ま ざ ま な Python ツ ー ル で 行 う た め の テ ク ニ ッ ク を 示 し た 。 PaulPrescod は 、 以 下 の 3 種 の 技 術 の エ キ ス パ ー ト で あ る : 正 当 化 の 必 要 も な い python 、 実 利 の 世 界 で 意 味 の あ る XML (paul に は Charles Goldfarb と の 共 著 TXML Handbook 』 prentice HaII が あ る ) 、 そ し て 他 の 2 つ で は 満 た さ れ な い 、 心 の 奥 底 に 根 を 下 ろ す 苦 痛 と 混 乱 へ の 欲 望 を 満 足 さ せ る た め 関 わ ら ず に は い ら れ な い Unicode で あ る 。 Paul は 現 在 BlastRadius の プ ロ ダ ク ト マ ネ ー ジ ャ の 職 に あ る 。 13 章 ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : Guido van Rossum こ の 章 で は 基 本 的 な TCP ク ラ イ ア ン ト や サ ー バ の 書 き 方 か ら 、 MIME メ ッ セ ー ジ の 操 作 ま で 、 幅 広 い ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ グ ラ ミ ン グ の テ ク ニ ッ ク を 扱 う 。 Guido は thon を 創 造 し 、 幼 少 期 の 養 育 を 行 い 、 そ の 成 長 を 導 い た 。 他 に 言 わ な き ゃ な ら な い こ と が あ る か ? 14 章 ウ ェ ブ プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : Andy McKay こ の 章 で は ウ エ プ 周 り の さ ま ざ ま な レ シ ピ を 示 す 。 す な わ ち CGI ス ク リ プ ト の 書 き 方 、 Jython に よ る Java サ ー プ レ ッ ト の 実 行 、 ウ エ プ ペ ー ジ の 中 身 に ア ク セ ス す る 方 法 な ど で あ る 。 1dyMc y は En 同 dSystems の 共 同 創 業 者 で 副 社 長 で あ る 。 Andy は こ こ 数 年 で 、 ハ ッ ピ ー な perl ユ ー ザ か ら 狂 信 的 な 巧 , thon 、 Z 叩 e 、 Plone エ キ ス パ ー ト に 変 わ っ た 。 著 書 に Definitive Guide to PIone (Apress) 。 ま た ポ ピ ュ ラ ー な Zope デ ィ ス カ ッ シ ョ ン サ イ ト 、 http://www.z叩 ezen.org を 運 営 し て い る 。 15 章 分 散 プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : JeremyH ⅵ ton こ の 章 で は XM し RPC や CORBA 、 Twisted の perspective Broker な ど 、 python を 使 っ た シ ン プ ル な 分 散 シ ス テ ム に つ い て の レ シ ピ を 提 供 す る 。 Jeremy Hylton は Google に 勤 め て い る 。 Jeremy の 興 味 は 、 双 子 の 娘 以 外 で は プ ロ グ ラ ム 言 語 理 論 、 パ ー サ 、 お よ び そ れ に 類 似 し た も の に 向 い て い る 。 CNRI で の 仕 事 の 一 部 と し て 、 さ ま ざ ま な 分 散 シ ス テ ム に 取 り 組 ん で い た 。 参 考 書 thon の 学 習 や 、 そ の 知 識 の 洗 練 に 使 え る 教 科 書 は 、 さ ま ざ ま な 入 門 書 か ら 公 式 の 言 語 解 説 ま で 、 数 多 く 存 在 す る 。 thon の 一 般 情 報 を 得 る た め の 書 籍 と し て 、 我 々 は 以 下 を 推 奨 す る ( 注 記 し た 以 外 は す べ て thon 2.2 以 上 に 対 応 し て い る ) : す ・ fpython Programming for the Absolute Beginner 』 Michael Dawson 著 ( 羽 lomson course TechnoIogy) 。 プ ロ グ ラ ミ ン グ 未 経 験 者 向 け の 手 軽 で と て も 読 み や す い thon 入 門 書 す 。 『 初 め て の Python 』 Mark Lutz 、 David Ascher 共 著 (O'Reilly) 。 python の 基 礎 を 徹 底 的 に 紹 介 。 訳 注 : 第 2 版 が 既 に 出 版 さ れ て い る 。

Pythonクックブック


XII す ー は じ め に 4 章 シ ョ ー ト カ ッ ト イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : David Ascher こ の 章 に は 、 あ ら ゆ る 場 所 で 使 わ れ る た く さ ん の 一 般 テ ク ニ ッ ク を 扱 っ た レ シ ピ 、 お よ び 、 他 の カ テ ゴ リ ー に は う ま く 合 わ な い レ シ ピ が 収 録 し て あ る 。 DavidAscher は 本 書 の 共 同 編 集 者 の 1 人 で あ る 。 David の バ ッ ク グ ラ ン ド は 多 岐 に わ た り 、 物 理 学 、 視 覚 科 学 、 科 学 的 可 視 化 法 、 コ ン ピ ュ ー タ グ ラ フ ィ ク ス 、 さ ま ざ ま な プ ロ グ ラ ム 言 語 、 fLearning Python 』 (O'Reilly) 「 初 め て の Python 』 の 共 同 執 筆 、 python 教 育 、 そ し て こ の 頃 は ActiveState チ ー ム の マ ネ ー ジ メ ン ト な ど 、 た つ ぶ り と し た 技 術 的 ・ 非 技 術 的 タ ス ク に 囲 ま れ て い る 。 David は ま た 、 定 期 的 に thon カ ン フ ァ レ ン ス を 計 画 す る 役 を や ら さ れ て い る 。 5 章 サ ー チ と ソ ー ト イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : Tim Peters こ の 章 で は thon で 検 索 や 並 び 替 え を 行 う テ ク ニ ッ ク を 扱 う 。 レ シ ピ の 多 く は 、 安 定 で 高 速 な ⅱ st. so れ を 、 修 飾 - ソ ー ト - 脱 修 飾 イ デ ィ オ ム (decorate-sort-undecorate で DSU と 称 す 。 python 2.4 の 新 ビ ル ト イ ン ) と 組 み 合 わ せ て ク リ エ イ テ イ プ に 使 う 方 法 を 探 求 す る も の で 、 残 り は heapq 、 bisect と い っ た 、 そ の 他 の thon サ ー チ / ソ ー ト ツ ー ル の 力 を 実 演 し て 見 せ る も の で あ る 。 tim-bot の 名 で も 知 ら れ る T1rn peters は 、 python ワ ー ル ド の 神 秘 の 人 だ 。 彼 は Guido van Rossum が 忙 し い と き Guido が 憑 依 す る 霊 媒 で 、 誰 か が 少 し で も 関 連 す る こ と を 聞 い た と き は IEEE -754 浮 動 小 数 点 委 員 会 が 憑 依 す る 。 そ し て 保 守 的 な 様 子 で python の 定 常 進 化 を 推 し 進 め る の で あ る 。 Tim は 巧 rthon レ bs チ ー ム の メ ン バ ー で あ る 。 6 章 オ ブ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン : Alex Martelli こ の 章 で は Python に よ る オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ の 力 を 実 演 し て 見 せ る 広 い 範 囲 の レ シ ピ を 提 供 す る 。 す な わ ち 委 譲 、 特 殊 メ ソ ッ ド に よ る 属 性 制 御 と い っ た 根 本 的 な テ ク ニ ッ ク か ら 、 さ ま ざ ま な デ ザ イ ン パ タ ー ン の 実 装 と い っ た 中 間 的 な も の 、 そ し て カ ス タ ム メ タ ク ラ ス ( 原 書 で は 20 章 で 詳 し く 扱 っ て い る ) の よ う な 、 高 等 概 念 の シ ン プ ル だ が 有 用 な 応 用 と い っ た も の で あ る 。 martelli-bot の 名 で も 知 ら れ る AlexMartelli は 、 こ の 本 の 共 同 編 集 者 で あ る 。 IBMResearch に ほ ば10 年 在 籍 し た あ と 、 think3, inc. に も う 少 し 長 く 居 た Alex は 、 現 在 フ リ ー ラ ン ス の コ ン サ ル タ ン ト で あ り 、 最 近 で は ス ウ ェ ー デ ン の thon 関 係 の フ ァ ー ム ABStrakt に 携 わ っ た す 。 fPythoninaNutshellJ (O'Reilly 、 邦 訳 『 thon デ ス ク ト ッ プ リ フ ァ レ ン ス 』 ) な ど 、 th 。 n 関 係 の 記 事 や 書 籍 や 、 ま た 折 々 に は コ ン ト ラ ク ト プ リ ッ ジ の 研 究 に つ い て 、 編 集 、 執 筆 を 行 っ て い る 。 7 章 永 続 性 、 デ ー タ ベ ー ス イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン :AaronWatters こ の 章 で は 、 さ ま ざ ま な シ リ ア ラ イ ズ 手 法 や 各 種 デ ー タ ベ ー ス と の 連 携 な ど 、 thon で 永 続 性 を 扱 う テ ク ニ ッ ク を 示 し て い る 。 AaronWatters は 非 常 に 初 期 か ら の thon 支 持 者 で 、 デ ー タ ベ ー ス の エ キ ス パ ー ト で あ る 。 彼 は 世 界 初 の Python 本 ( 『 lnternet Programming with python 』 M&T Books 、 絶 版 ) の 第 1 著 者 と し て 、 ま た kjBuckets や kwParsing な ど 、 広 く 使 わ れ て い る 数 多 く の python 拡 張 の 作 者 と し て 知 ら れ て い る 。 Aaron は 現 在 フ リ ー ラ ン ス の コ ン サ ル タ ン ト で あ る 。 訳 注 : 現 在 は GoogIe に 在 籍 。

Pythonクックブック


ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ グ ラ ミ ン グ Credit: Guido van Rossum 訳 : 鴨 澤 眞 夫 13-0 イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン 便 利 な 上 に socket モ ジ ュ ー ル を 使 っ て 、 か っ 教 育 用 の 例 に 適 す ほ ど シ ン プ ル だ 。 で も 書 い て お か ね ば な ら な 人 的 に 好 き な の は PyHea て tBeat を 実 装 す る 「 レ シ ピ 13.11 ア ク テ イ プ で な い コ ン ピ ュ ー タ の 検 知 」 だ 。 こ れ は ル メ ッ セ ー ジ の 構 築 と 発 送 の デ モ も あ れ ば 、 ト ン ネ リ ン グ の よ う に 低 レ ベ ル の 問 題 に 立 ち 入 る も の も あ る 。 個 ク の よ う な サ ー ド バ ー テ ィ 拡 張 を 使 う も の が 大 部 分 に な っ た 。 こ の 章 の 例 た ち は 混 成 軍 だ か ら 、 複 雑 な e メ ー は 少 な く 、 す っ と 高 レ ベ ル の u ⅱ lib や smtplib モ ジ ュ ー ル 、 さ ら に は 常 時 人 気 上 昇 中 の Twisted フ レ ー ム ワ ー thon も 初 期 の 日 々 か ら は る か に 長 い 道 程 を 来 た 。 今 で は socket モ ジ ュ ー ル を 直 接 使 う ア プ リ ケ ー シ ョ ン ジ を 吐 い て く れ る か ら 、 概 念 は 素 早 く 整 理 さ れ て い く 。 と だ っ て 可 能 だ 。 対 話 的 に 実 験 す る と 、 コ ー ル の 順 序 や 引 数 の 値 が お か し い と す ぐ thon が エ ラ ー メ ッ セ ー リ ン グ コ ー ド を 書 か す に 済 む か ら 、 ロ ジ ッ ク は は る か に は っ き り 際 立 つ 。 Python シ ェ ル で ソ ケ ッ ト を 学 ぶ こ ろ う 。 Unix の man ペ ー ジ だ け で 理 解 す る の は え ら く 骨 が 折 れ る よ 。 Python で は コ ー ル ご と に エ ラ ー ハ ン ド 覆 い 隠 さ れ て し ま う 。 ほ ら 、 た と え ば サ ー バ は ac ( ept 、 bind 、 connect 、 listen を 、 ど の 順 序 で コ ー ル す べ き だ の は 冗 漫 だ 。 コ ー ル の た び に エ ラ ー チ ェ ッ ク が 必 要 な コ ー ド で は 、 プ ロ グ ラ ム の ロ ジ ッ ク は あ っ と い う ま に 実 は こ の ア プ ロ ー チ こ そ 、 Python の 強 み を 初 期 に は っ き り 証 明 す る も の だ っ た 。 socket コ ー ド を C で 書 く た 。 最 初 期 の モ ジ ュ ー ル の 1 つ は こ う し て で き た 。 の 拡 張 モ ジ ュ ー ル に 隠 蔽 し た り 、 こ れ を Python 上 で 実 験 す る こ と で 、 BSD ソ ケ ッ ト プ ロ グ ラ ミ ン グ を 独 習 し フ ォ ー ム 非 依 存 に 設 計 し た 。 thon を noeba か ら Un ⅸ に 移 植 し た 私 は 、 ソ ケ ッ ト の プ リ ミ テ イ プ を thon テ ム 管 理 ス ク リ プ ト が 非 常 に 書 き や す い と は い え な か っ た た め だ 。 も ち ろ ん Python は 最 初 か ら プ ラ ッ ト あ る 。 Python は 当 初 Amoeba の ス ク リ プ ト 言 語 に な る は ず だ っ た 。 Un ⅸ シ ェ ル を 移 植 し て み た も の の 、 シ ス thon の ル ー ツ は 、 私 が 1980 年 代 後 半 に 設 計 と 実 装 を 手 伝 っ た 分 散 オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム noeba に か し ら ん ? SocketServer や 、 2 つ の Python 版 web プ ラ ウ ザ ( 最 初 の も の は Mosaic に 先 立 つ ) も 書 い て い る 。 ま だ 言 お う コ ル ク ラ イ ア ン ト モ ジ ュ ー ル の 大 多 数 ま で が 含 ま れ る 。 ま た 人 気 の 高 い サ ー パ フ レ ー ム ワ ー ク モ ジ ュ ー ル の ど を 書 い て る か 始 め る か し た け ど 、 ー こ に は socket や select の 拡 張 モ ジ ュ ー ル か ら ( ftplib の よ う な ) プ ロ ト ネ ッ ト ワ ー ク プ ロ グ ラ ミ ン グ は 大 好 き だ 。 私 は thon 標 準 ラ イ プ ラ リ の ネ ッ ト ワ ー ク モ ジ ュ ー ル の ほ と ん

Pythonクックブック


140 ー 3 章 時 間 と お 金 に 1 つ は っ き り し な い ( 少 な く と も 筆 者 に は ) こ と を 。 計 算 の 途 中 で 与 え た 数 値 よ り も 多 く の 桁 が 発 生 し た 時 に 、 そ の 増 え た 分 の 桁 を そ の ま ま 次 の 計 算 プ ロ セ ス に 引 き 渡 し て 、 一 連 の 計 算 が 終 了 し た ( そ し て 結 果 を 表 示 す る な り 保 存 す る な り し よ う と す る ) 時 点 で 数 値 を 丸 め る べ き な の か 、 そ れ と も 各 ス テ ッ プ ご と に 丸 め 処 理 を す べ き な の か と い う こ と で あ る 。 こ れ は 教 科 書 に よ っ て も 見 解 が 異 な る と こ ろ だ が 、 筆 者 は 前 者 の 方 法 を 採 る こ と が 多 い 。 理 由 は 単 純 で 、 そ の 方 が 簡 単 だ か ら だ 。 も し Python 2.3 か ら 離 れ ら れ な い 状 況 だ と し て も 、 サ ー ド バ ー テ ィ 拡 張 を ダ ウ ン ロ ー ド し て イ ン ス ト ー ル す れ ば 、 decimal モ ジ ュ ー ル を 利 用 す る こ と が で き る 。 http://www.taniquetil.com/ar/facundo/bdvfiles/ get—decimal. html を 参 照 さ れ た い 。 参 照 http://docs.python.org/tut/n0de15.html で 読 め る lfPYthon チ ュ ー ト リ ア ル 』 の Appendix B に お け る 浮 動 小 数 点 計 算 に 関 す る 説 明 、 http://www.python.org/doc/faq/general.html#why-are-floating-point-calculations-so- inaccurate に あ る python の FAQ 、 http://fixedpoint.sourceforge.net/ に あ る Tim Peter's に よ る FixedP0int 、 通 貨 と し て decimal を 利 用 す る に は 「 レ シ ピ 3.13 通 貨 は Decimal で 」 、 decimal は thon2.4 の ラ イ プ ラ リ リ フ ァ レ ン ス で 文 書 化 さ れ て い る し 、 2.3 で あ っ て も http://cvs.sourceforge.net/viewcvs.py/python/python/dist/ src/Lib/decimal. py か ら ダ ウ ン ロ ー ド し て 利 用 す る こ と が で き る 、 decimal に 関 す る PEP (PYthon Enhancement proposal : 公 開 さ れ 叩 き 台 と な る Python の 改 定 案 ) で あ る PEP 327 は http://www.python.org/peps/pep- 0327. html で 読 む こ と が で き る 。 3.13 DecimaI を 通 貨 と し て 整 形 す る Credit: Anna Martelli Ravenscroft, Alex Martelli, Raymond Hettinger 訳 : 吉 宗 貞 紀 、 問 題 税 金 を 計 算 し た い 。 結 果 は ユ ー ロ 通 貨 で 簡 単 に 表 示 し た い 。 解 法 鴨 澤 眞 夫 decimal モ ジ ュ ー ル を 使 う 。 こ ー で は moneyfmt 関 数 (Raymond Hettinger に よ る オ リ ジ ナ ル 版 は ラ イ プ ラ リ リ フ ァ レ ン ス の decimal の 項 に レ シ ピ と し て 入 っ て い る ) を 改 造 す る : import decimal " 与 え ら れ た 小 計 か ら イ タ リ ア の 伝 票 の 税 金 額 計 算 を 行 う def italformat(value, pIaces=2, curr=l EUR' overall = 10 ) : " 十 進 数 の 値 を 通 貨 と し て の 書 式 を 持 つ 文 字 列 に 変 換 す る 。 places : 小 数 点 以 下 の 桁 数 , neg= curr : 正 負 記 号 の 前 に 付 け る 通 貨 記 号 の オ プ シ ョ ン ( ブ ラ ン ク で も よ い ) 3 桁 こ と の 区 切 り 記 号 ( カ ン マ 、 ピ リ オ ド 、 も し く は プ ラ ン ク ) 小 数 点 記 号 ( カ ン マ 、 も し く は ピ リ オ ド ) : places が ゼ ロ の 時 の み 、 ブ ラ ン ク を 定 義 す る

Pythonクックブック


7. ] 3 フ ィ ー ル ド 名 と 列 番 号 の 対 応 表 の デ ィ ク シ ョ ナ リ を 生 成 す る 一 321 考 察 fetch メ ソ ッ ド (fetchone 、 fetchmany 、 fetchall) を 利 用 し て い く つ か の 行 を 取 得 す る 際 、 フ ィ ー ル ド を 列 番 号 で は な く フ ィ ー ル ド 名 で 指 定 で き る と 便 利 で あ る 。 こ の レ シ ピ で は 、 DB API 2.0 の カ ー ソ ル オ プ ジ ェ ク ト を 引 数 に 取 り 、 フ ィ ー ル ド 名 が キ ー で 、 列 番 号 が 値 に な っ て い る デ ィ ク シ ョ ナ リ を 返 す 関 数 を 紹 介 し て い る 。 以 下 に 使 用 例 を 示 す ( レ シ ピ の コ ー ド を dbu ⅱ ls. py と い う 名 前 の モ ジ ュ ー ル と し て 巧 , thon の sys. path の ど こ か に 置 い て あ る こ と が 前 提 ) 。 ま す は Python DB AP12 互 換 の モ ジ ュ ー ル を 利 用 し て コ ネ ク シ ョ ン オ プ ジ ェ ク ト conn を 取 得 す る と こ ろ か ら は じ め る 。 = conn. cursor( ) 〉 〉 > (. execute(' ・ select * from country region goal 〉 〉 〉 import pprint > 〉 > pp = pprint. pprint > > > pp(). description) ( ( ・ CRG_ID' , 4 , None, None, 10 , 0 , の , ('CRG PROGRAM ID' , 4 , None, None, 10 , 0 , 1 ) , (' CRG_FISCAL YEAR ・ , 12 , None, None, 4 , 0 , 1 ) , ('CRG_REGION CODE ・ , 12 , None, None, 3 , 0 , 1 ) , ( ・ CRG COUNTRY_CODE ・ 12 , None, None, 2 , 0 , 1 ) , ( ・ CRG GOAL CODE ' 12 , None, None, 2 , 0 , 1 ) , ( ・ CRG FUNDING AMOUNT' , 8 , None, None, 15 , 0 , 1 ) ) > > > import dbutils = dbutils. fields(c) > > > field dict > > > pp(field dict) { ・ CRG COUNTRY CODE ・ : 4 , イ RG FISCAL YEAR ・ CRG FUNDING AMOUNT' : 6 , 'CRG GOAL ( OD 'CRG ID': 0 , ・ CRG PROGRAM IDI : 1 , 'CRG REGION CODE > > > て ow = c. fetchone( ) > > > pp(row) ( 45 , 3 , ・ 2000 ・ , None, 'HR' ' 26 ' , 48509. の > > > ctry_code = row[field dict[ て RG COUNTRY_CODE ' ] ] > > > print ctry_code > > > fund = row[field dict[ 'CRG FUNDING AMOUNT' ] ] > > > print fund 48509.0

Pythonクックブック


482 ー 考 察 12 章 XML の 処 理 remove list. append(child) elif child. hasChildN0des( ) : # 再 帰 。 サ ブ ツ リ ー を 扱 う に は こ れ が 一 番 シ ン プ ル remove whilespace nodes(child) # 削 除 の 実 行 for node in remove liSt : node. parentN0de. removeChild(node) node. unlink( ) レ シ ピ の コ ー ド は 正 し く 実 装 さ れ た thonXMLD()M な ら 何 に で も 使 え る 。 こ う し た D()M に は thon 標 準 ラ イ プ ラ リ の xml. dom. minidom や 、 よ り 完 全 な XML の D()M 実 装 が あ る 。 関 数 remove whitespace node の 実 装 は 極 め て シ ン プ ル だ が 、 ち ょ っ と 教 育 的 な 部 分 を 含 ん で い る 。 つ ま り 、 最 初 の ル ー プ で 削 除 す る 子 ノ ー ド の リ ス ト を 構 築 し 、 第 2 の 分 離 し た ル ー プ で 削 除 を 行 う よ う に な っ て い る と こ ろ だ 。 こ れ は thon の 一 般 則 の ひ と つ 、 ル ー プ 中 の オ プ ジ ェ ク ト を 変 更 す る な 、 を よ く 示 す 例 だ と 思 う 。 こ の 原 則 は 忘 れ て い い 場 合 も と き に は あ る が 、 そ ん な 場 合 が 一 般 的 だ と 思 う の は 阿 呆 で あ る 。 逆 に 言 え ば 、 こ の 関 数 が 最 初 の for ル ー プ 内 で 自 分 を 再 帰 的 に コ ー ル し て よ ろ し い の は 、 コ ー ル に よ っ て 反 復 中 の リ ス ト node. chiIdNodes が 変 更 さ れ る こ と が な い か ら だ ( リ ス ト 中 の ア イ テ ム を 変 更 す る こ と は あ っ て も 、 リ ス ト オ プ ジ ェ ク ト そ の も の は 変 更 し な い ) 。 参 照 ラ イ プ ラ リ リ フ ァ レ ン ス お よ び 『 python ク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス 』 に あ る 巧 hon 標 準 ラ イ プ ラ リ の ビ ル ト イ 127 Microsoft ExceI の XML を バ ー ス ン XML サ ポ ー ト に 関 す る 解 説 。 解 法 の 入 れ 子 リ ス ト と し た い 。 XML 形 式 で セ ー プ し た MicrosoftExcel の ス プ レ ッ ド シ ー ト が あ る 。 こ れ を パ ー ス し て python 問 題 Credit: Thomas GuettIer 訳 : 鴨 澤 眞 夫 class ExcelHandler(saxuti1s. DefaultHandler) : 仕 om xml. sax import saxutils, parse import sys XML で 拡 張 し た SAX を 使 う の が 非 常 に 簡 単 だ ・ タ グ に 、 Row タ グ が Table タ グ に 入 れ 子 で 入 っ て い る の だ 。 こ の 種 の XML を パ ー ス し て メ モ リ に 入 れ る に は 、 XML 形 式 の Excel ス プ レ ッ ド シ ー ト は 極 め て シ ン プ ル だ ー ー ー 全 て の テ キ ス ト は Cell タ グ に 、 Cell タ グ が Row

Pythonクックブック


IO. 17 詳 し い シ ス テ ム 情 報 を 得 る (Mac OS X) # 1 つ し か な い 大 事 な dict か ら 、 あ る と 判 っ て い る キ ー を い く つ か プ リ ン ト す for k in ['cpu type', current processor speed' ユ 2 cache size' ・ ip address' ] : ' physical memory , user name' OS verslon ー 425 if name main( ) 考 察 maln MacOSX で は 、 system profiler ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 通 じ て 豊 富 な シ ス テ ム 情 報 が 自 由 に 手 に 入 る 。 レ シ ピ は 塚 thon コ ー ド に よ っ て こ の 情 報 に ア ク セ ス す る 方 法 を 示 し た も の だ 。 ま ず ク ラ ス 0S)(SystemP10fi1er を 、 0SXSystemProfiler( ) と い っ た 文 で イ ン ス タ ン ス 化 す る 必 要 が あ る 。 こ れ さ え 済 め ば 、 た と え ば info info. a11 ( ) で す べ て の 情 報 が 、 info [ thekey ] で 特 定 キ ー の 情 報 が 得 ら れ る よ う に な る 。 こ の モ ジ ュ ー ル を ス ク リ プ ト と し て 走 ら せ た と き に 実 行 さ れ る main 関 数 は 、 標 準 関 数 に 情 報 を 一 ・ 一 デ フ ォ ル ト で は 一 般 的 に 有 用 と さ れ る 少 数 の キ ー セ ッ ト に つ い て 、 ス ク リ プ ト 実 行 時 に - f ス イ ッ チ で 指 定 す れ ば 特 定 の キ ー に つ い て 一 一 - 出 力 す る 。 例 と し て 、 こ の 本 の 編 集 者 の 1 人 ( 当 て て も 賞 は 出 な い ) 所 有 の 古 い AppleiBook で 走 ら せ た と き 、 レ シ ピ の ス ク リ プ ト は 以 下 を 出 力 し た ・ cpu_type: PowerPC G4 ( 3.3 ) current processor speed: 800 MHz 12 cache size: 256 KB physical memory: 640 MB user name: Alex (alex) os version: Mac OS )( 10.3.6 ( 7R28 ) ip_address: 回 192.168.0.190 ' ] system_profiler は XML を pinf0 フ ォ ー マ ッ ト で 返 す の で 、 こ の レ シ ピ で は 巧 , thon 標 準 ラ イ プ ラ リ の XML パ ー ス 機 構 と PyXML 拡 張 の xpath を 使 い 、 不 完 全 な pinfo パ ー サ を 実 装 し て い る 。 XML を 扱 う 助 け と な る thon の 機 構 に つ い て は 、 12 章 に さ ら な る 情 報 が あ る 。 参 照 標 準 python ラ イ プ ラ リ の XML サ ポ ー ト に つ い て の 、 ラ イ プ ラ リ リ フ ァ レ ン ス お よ び [fPython ク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス 』 の 解 説 、 PyXML の 解 説 は http://pyxml.sourceforge.net/、 Mac OS X system—profiler の 解 説 は http://developer.叩ple.com/documentation/Darwin/Reference/ManPages/man8/system_profiler.8.html 、 こ の 本 の 12 章 。 す 訳 注 : キ ー の 名 前 が 環 境 で 異 な る た め 、 エ ラ ー の 出 る 場 合 も あ る 。

Pythonクックブック


當 山 仁 健 ( と う や ま よ し た け ) 1977 年 沖 縄 生 ま れ の 沖 縄 育 ち 。 英 語 教 師 を 志 ざ し 教 育 学 部 に 入 学 す る も 、 イ ン タ ー ネ ッ ト ( と 恩 師 ) と の 出 会 い を き っ か け に 興 味 の 方 向 が 変 わ る 。 私 大 職 員 と し て 働 く 傍 ら 情 報 工 学 で 琉 球 大 学 の 修 士 課 程 を 修 了 。 現 在 は 博 士 課 程 で 情 報 検 索 に つ い て 研 究 中 。 職 場 で あ る 図 書 館 で は 打 倒 れ on の 思 い を 胸 に 、 話 言 葉 で 検 索 で き 、 利 用 者 に よ っ て 検 索 結 果 が 変 わ る OPAC を 構 築 。 最 近 5 年 ぶ り に バ ン ド を 結 成 し た が 、 な か な か 上 達 し な い の が 悩 み 。 愛 器 は E 347 。 吉 田 聡 は し だ さ と し ) 1969 年 東 京 都 生 ま れ 。 電 気 通 信 大 学 大 学 院 修 了 後 、 某 編 集 プ ロ ダ ク シ ョ ン に て 技 術 系 書 籍 の 編 集 ・ 翻 訳 を 手 が け た 後 、 Web/ オ ー プ ン 系 の 開 発 が や り た く な っ て 1999 年 ( 株 ) タ イ ム イ ン タ ー メ デ ィ ア 、 一 新 が 日 本 で 無 名 だ っ た こ ろ か ら th 。 n べ ー ス の Web サ イ ト 開 発 を 多 数 手 に 就 職 。 Python と い つ 新 ロ ロ が け 、 コ ミ ュ ニ テ ィ が で き て か ら は cheesesh 叩 ・ shidocchi と い う 名 前 で 参 加 。 毎 年 冬 に は ス キ ー の た め 海 外 逃 亡 を 企 て 、 最 近 は 弓 道 に い そ し ん で い る 。 2006 年 に 結 婚 し た も の の 、 い ろ い ろ あ っ て 先 ご ろ 離 婚 。 現 在 お 嫁 さ ん 募 集 中 。 吉 宗 貞 紀 ( よ し む ね さ だ き ) 1959 年 東 京 生 ま れ 。 バ ン ド 活 動 に 精 を 出 し な が ら 東 京 大 学 工 学 系 大 学 院 修 士 課 程 修 了 。 ラ イ オ ン 株 式 会 社 に て バ ン ド 活 動 に 精 を 出 し な が ら 歌 っ て 踊 れ る 理 系 マ ー ケ ッ タ ー と し て 「 植 物 物 語 」 を 世 に 出 す が 、 時 代 の 気 分 に 感 応 す る 余 り 、 デ フ レ と 共 に 鬱 を 患 っ て 2004 年 退 社 。 石 井 寛 ( い し い ひ ろ し ) 中 学 生 時 代 に 電 子 工 作 に は ま っ た の が き っ か け で パ ソ コ ン に 興 味 を 示 す が 、 買 っ て 貰 え す 挫 折 す る も 工 業 高 校 に 進 学 し た の を 機 に Z80 ワ ン ボ ー ド コ ン ピ ュ ー タ を 自 作 (Altair 8800 の よ う な シ ス テ ム ) 。 現 在 、 国 内 電 機 メ ー カ に 勤 務 。 電 子 回 路 と ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン の ア ー キ テ ク チ ャ (DEC,SGI,Sun,NeXT の マ シ ン を 所 有 ) と 人 間 の 女 性 を こ よ な く 愛 す る 31 歳 独 身 。 な ぜ か 女 性 の 方 と は 友 達 以 上 に 進 展 し な い の が 悩 み 。 岡 安 清 彦 ( お か や す き よ ひ こ ) 1970 年 、 東 京 生 ま れ 。 沖 縄 で の 長 い 大 学 院 生 活 を 切 り 上 げ て 埼 玉 に 帰 郷 、 現 在 は 世 を 忍 ぶ 仮 の 姿 と し て パ ソ コ ン メ ー カ ー で 適 当 に 働 い て い る 。 ガ ラ ク タ 収 集 癖 が あ り 、 専 門 は 生 物 学 と マ ズ い 食 品 の 探 求 。 プ ロ グ ラ ミ ン グ に つ い て は 全 く の 素 人 。 い ま だ に 486 マ シ ン な ん か を い じ っ て 楽 し ん で い る が 、 本 当 は Macintosh や Amiga の 方 が 好 き 。 木 本 守 ( き も と ま も る ) 1977 年 生 。 琉 球 大 学 教 育 学 研 究 科 卒 。 教 師 、 専 門 学 校 講 師 、 ウ エ ブ マ ス タ な ど の 職 を 転 々 と し 、 現 在 、 某 町 の ネ ッ ト ワ ー ク ・ シ ス テ ム 管 理 、 パ ソ コ ン の お 守 り 、 教 育 係 、 そ の 他 事 務 雑 用 全 般 ( つ ま り な ん で も 屋 ) と し て 、 今 日 に 至 る 。

Pythonクックブック


1 章 テ キ ス ト の 中 で 、 抜 群 に 重 要 な の は こ れ だ と 思 う 。 あ る 種 の thon プ ロ グ ラ ム が 遅 す ぎ る 原 因 と し て 最 も 多 い の が 、 大 き な 文 字 列 を + や + = で 構 築 し て い る こ と だ か ら だ 。 こ れ を 絶 対 に や ら な い よ う 自 分 を 訓 練 せ よ 。 こ の レ シ ピ で 推 奨 し た ・ . join ア プ ロ ー チ を 使 う の だ 。 こ う し た + = の 誤 用 に よ る パ フ ォ ー マ ン ス 低 下 の 改 善 を 試 み た 。 . join の 方 が 依 thon2.4 で は 勇 敢 に も 、 然 は る か に 高 速 で 好 ま し い と は い え 、 一 部 の 初 心 者 お よ び 不 注 意 な プ ロ グ ラ マ が 捨 て る マ シ ン サ イ ク ル は 多 少 減 少 し た 。 同 様 に psyco (Python の just-in-time は 川 特 化 コ ン パ イ ラ で http://psyco.sourceforge.net/ に あ る ) で は + = ペ ナ ル テ ィ が さ ら に 減 る 。 し か し な が ら 、 ど の 場 合 で も 依 然 ' ・ . join が ベ ス ト ア プ ロ ー チ な の で あ る 。 「 シ ー ケ ン ス 」 と は ト 、 operator モ ジ ュ ー ル の 各 項 。 ラ イ プ ラ リ リ フ ァ レ ン ス お よ び 『 Python ク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス 』 の 文 字 列 メ ソ ッ ド 、 文 字 列 の フ ォ 参 照 に 、 用 語 的 厳 密 性 を 逸 脱 す る こ と に し た の で あ る 。 妙 に 不 正 確 だ が 文 脈 か ら 明 ら か な 用 語 を 使 っ た 方 が 読 み や す く な り 、 さ ま ざ ま な 「 声 」 を 保 存 で き る と い う 場 合 問 題 は 、 本 が 実 用 的 な プ ロ グ ラ ミ ン グ 書 で は な く 数 学 の 教 科 書 に 見 え て し ま う こ と だ 。 そ ん な わ け で 我 々 は 、 微 of st 「 ing) 」 で あ れ ば ど ん な も の で も よ い 。 す べ て の 場 所 で 「 結 合 さ れ た 反 復 可 能 体 」 と い う 用 語 を 使 う こ と の な 文 字 列 に よ る シ ー ケ ン ス 」 と 言 っ て い る が 、 こ れ は 実 際 に は 「 結 合 さ れ た 文 字 列 反 復 可 能 体 ( bounded ite 「 able (bounded ite 「 able) 」 と 書 く べ き だ っ た と こ ろ が た く さ ん あ る 。 た と え ば 先 の レ シ ピ の 「 解 法 」 の 冒 頭 で 「 小 さ ス 、 反 復 可 能 体 、 さ ら に は リ ス ト と 書 い て あ る 場 所 に さ え 、 厳 密 な 用 語 を 使 う な ら 常 に 「 結 合 さ れ た 反 復 可 能 体 い て の 参 考 と な る 。 ク ッ ク プ ッ ク の 編 者 た ち は こ の 用 語 集 に あ る 通 り の 語 法 に 沿 う よ う 努 め は し た が 、 シ ー ケ ン http://www.python.0 「 g/moin/PYthonGIossa 「 Y に は PYthon 用 語 集 が あ り 、 上 記 を 含 む さ ま ざ ま な 用 語 に つ sum 、 str. j0in 他 多 く の ビ ル ト イ ン ) で 使 え る 。 れ と 同 等 の 多 く の コ ン テ キ ス ト ( リ ス ト 内 包 の for 節 や Python 2.4 の ジ ェ ネ レ ー タ 式 、 さ ら に は min 、 max 、 zip 、 他 多 数 が あ り 、 反 復 子 ( イ テ レ ー タ ) と ジ ェ ネ レ ー タ も こ れ に 含 ま れ る 。 す べ て の 反 復 可 能 体 は ル ー プ 文 お よ び こ リ の キ ー を 任 意 の 順 序 で 与 え る ) 、 フ ァ イ ル オ ブ ジ ェ ク ト ( 反 復 は テ キ ス ト フ ァ イ ル の 行 を 1 行 ず つ 与 え る ) 、 そ の 能 体 bounded ite 「 a 団 e と い う べ き だ ) 。 シ ー ケ ン ス で な い 反 復 可 能 体 に は デ ィ ク シ ョ ナ リ ( 反 復 は デ ィ ク シ ョ ナ だ 。 こ の と き は 反 復 可 能 体 ( ite 「 ab ) と い う べ き で あ る ( 有 限 要 素 で あ る こ と に 着 目 す る な ら 、 結 合 さ れ た 反 復 可 イ ン デ ク シ ン グ 、 ス ラ イ シ ン グ 、 len を 必 要 と し な い こ と は 多 々 あ る 一 一 - ア イ テ ム 1 つ 1 つ の 反 復 で 十 分 な 場 合 ク ト 、 タ ブ ル 、 array. arrays な ど ) 。 と な る 。 も っ と も よ く 見 る 「 シ ー ケ ン ス 」 は list で あ る が 、 他 に も 多 く の 種 類 が あ る ( 文 字 列 、 unicode オ ブ ジ ェ で あ り 、 イ ン デ ク シ ン グ 、 ス ラ イ シ ン グ 、 お よ び 組 み 込 み 関 数 len ( コ ン テ ナ 中 の ア イ テ ム 数 を 返 す ) に 渡 せ る も の つ だ 。 シ ー ケ ン ス を 厳 密 に 言 う と ・ 有 限 数 の 要 素 ( ア イ テ ム ) を 1 つ づ つ 反 復 的 に 取 り 出 す こ と の で き る コ ン テ ナ python に は sequence 型 と い う も の は な い が 、 そ れ で も 「 シ ー ケ ン ス 」 は PYthon で も よ く 使 わ れ る 用 語 の 1