検索 - みる会図書館

全データから 214317件ヒットしました。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義


20 歳 の と き に 知 っ て お き た か っ た こ と ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 集 中 講 義 テ ィ ナ ・ シ ー リ グ 高 遠 裕 子 : 訳 三 ッ 松 新 : 解 説 阪 急 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ズ

暴力論(上)


299 解 題 ん 、 ソ レ ル の ほ う が 一 二 歳 年 長 た っ た が ) 。 ベ ル ク ソ ン は 一 九 〇 〇 年 に 四 一 歳 の 若 さ で 、 フ ラ ン ス の 知 性 の 殿 堂 と も 一 言 う べ き コ レ ー ジ ュ ・ ド ・ フ ラ ン ス 教 授 と な り 、 そ の 公 開 講 義 は パ リ 中 の 関 心 の 的 と な っ た 。 現 在 で も そ う だ が 、 コ レ ー ジ ュ ・ ド ・ フ ラ ン ス の 講 義 は 一 般 に 開 放 さ れ て い た の で 、 ベ ル ク ソ ン 教 授 の 授 業 を 聴 講 す る た め に は 列 を 作 っ て 待 た な い と 、 窓 か ら 教 室 を の そ か な く て は な ら な い と さ え 一 言 わ れ た ほ ど た っ た 。 ソ レ ル が 彼 の 著 作 を 熟 読 し 、 講 義 に 出 席 し て 、 書 簡 ま で 交 わ し た こ と は 、 『 暴 力 論 』 の 執 筆 過 程 に 大 き な 影 を 落 と し て い る 。 そ の 序 論 と な っ た 「 ダ ニ エ ル ・ ア レ ヴ ィ へ の 手 紙 」 で 、 ソ レ ル は こ う 書 い て い た 。 「 ベ ル ク ソ ン の 学 説 の 傾 向 を よ く 知 っ て 、 そ の 著 書 を 理 解 す る た め に は 、 ベ ル ク ソ ン 本 人 の 話 を 聞 く こ と が ど れ ほ ど 有 益 で あ る か は 、 周 知 の と お り だ 。 ふ た ん か ら 講 義 に 出 て 、 そ の 思 想 の 領 い っ そ う 容 易 に 立 ち 人 る こ と 域 に 親 し ん で い れ ば 、 ベ ル ク ソ ン 哲 学 の 新 し さ の 核 心 に 、 が 可 能 に な る だ ろ う 」 。 4 『 暴 力 論 』 の 出 版 を め ぐ っ て こ こ で よ う や く 『 暴 力 論 』 刊 行 の 事 情 に 接 近 す る こ と に な る 。 ラ ン ツ ィ ー ロ へ の 手 紙

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


二 十 五 歳 二 月 八 日 、 母 こ う 没 。 こ の 頃 茂 吉 の 「 死 に た ま ふ 母 」 を 意 識 し て 母 明 治 四 十 五 年 ・ 大 正 元 年 ( 一 九 一 ll) を い た む 歌 が 多 い 。 八 月 、 雑 誌 「 土 俗 と 伝 説 」 を 編 集 発 行 す る 。 三 月 、 祖 母 っ た 没 。 八 月 、 今 宮 中 学 の 生 能 を つ れ て 伊 勢 、 志 摩 、 あ の り ち ょ う 野 を 回 る 。 こ の 時 の 短 歌 百 七 十 余 首 を 「 安 乗 帖 」 と 題 し て 纒 め た 。 大 正 八 年 ( 一 九 一 九 ) 三 十 一 一 歳 一 一 十 六 歳 一 月 、 国 学 院 大 学 臨 時 代 理 講 師 と な る 。 同 月 、 『 万 葉 集 辞 典 』 文 会 大 正 ニ 年 ( 一 九 一 lll) さ ん き よ う こ う だ ん 十 一 一 月 、 柳 田 国 男 主 宰 の 雑 誌 「 郷 土 研 究 」 に 「 三 郷 巷 談 」 を 投 稿 し 堂 書 店 刊 。 三 十 三 歳 掲 載 さ れ る 。 ま た こ の 年 、 自 筆 本 歌 集 『 ひ と り し て 』 を 作 り 、 友 人 大 正 九 年 ( 一 九 二 〇 ) な ・ こ り か ぶ き ざ 数 人 に 贈 っ た 。 こ の こ ろ か ら 短 歌 表 記 上 の 句 読 に つ い て 工 夫 し た 。 歌 舞 伎 座 上 演 の 「 名 残 の 星 月 夜 」 評 を 「 茂 吉 へ 」 と 題 し て 「 ア ラ ラ 二 十 七 歳 ギ 」 に 寄 稿 し た が 、 秋 、 没 書 と な る 。 こ れ が 「 ア ラ ラ ギ 」 を 去 る 一 大 正 三 年 ( 一 九 一 四 ) 四 月 、 今 宮 中 学 の 職 を 辞 し て 再 び 上 京 、 本 郷 赤 門 前 の 昌 平 館 に 下 宿 。 因 と な る 。 九 月 、 国 学 院 大 学 講 師 ( 専 任 ) と な る 。 三 十 四 歳 後 を 追 っ て 上 京 し て き た 今 宮 中 学 四 期 生 の 教 え 子 が 十 人 程 同 宿 す る 。 大 正 十 年 ( 一 九 一 一 一 ) と お の 七 、 八 月 、 沖 繩 、 菅 岐 採 訪 旅 行 。 年 末 「 ア ラ ラ ギ 」 の 選 者 を 辞 す 。 冬 、 柳 田 国 男 の 『 遠 野 物 語 』 を 読 み 深 い 感 動 を 受 け る 。 一 一 十 八 歳 大 正 十 一 年 ( 一 九 一 一 一 l) 三 十 五 歳 大 正 四 年 ( 一 九 一 五 ) あ か ひ こ と き ん ま ろ 一 月 、 雑 誌 「 白 鳥 」 を 創 刊 。 九 月 、 国 学 院 大 学 教 授 と な る 。 こ の 年 、 七 月 、 左 千 夫 三 周 忌 歌 会 に 出 席 し て 、 島 木 赤 彦 、 土 岐 善 麿 を 知 る 。 み な か た く ま く す 「 切 火 評 論 」 を 「 ア ラ ラ ギ 」 に 発 表 し 、 以 後 「 ア ラ ラ ギ 」 と の 縁 が 上 京 し た 南 方 熊 楠 に 会 う 。 深 く な る 。 こ の 年 、 柳 田 国 男 と 初 め て 会 い 、 郷 土 研 究 会 に 出 席 す る 大 正 十 ニ 年 ( 一 九 一 llll) 三 十 六 歳 市 と な る 。 七 月 、 第 二 回 目 の 沖 繩 採 訪 よ う に な る 。 ま た こ の 年 生 活 窮 迫 !0 十 月 、 昌 平 館 か ら 今 宮 中 学 四 期 五 月 、 慶 応 義 塾 大 学 文 学 部 講 自 き く ) み や こ 生 の 一 人 鈴 木 金 太 郎 の 下 宿 ( 小 石 川 金 富 町 ) に 寄 寓 、 そ の ま ま 居 つ く 。 旅 行 。 宮 古 、 八 重 山 を 経 て 台 湾 に 渡 る 。 九 月 、 関 東 大 震 災 。 一 一 十 九 歳 大 正 五 年 ( 一 九 一 六 ) 大 正 十 三 年 ( 一 九 二 四 ) 三 十 七 歳 一 月 、 武 田 祐 吉 の す す め で 『 万 葉 集 』 の ロ 訳 を 手 が け 、 三 ヶ 月 で 終 四 月 、 古 泉 千 樫 の す す め で 、 短 歌 雑 誌 「 日 光 」 の 創 刊 に 加 わ る 。 そ , し ょ 三 十 八 歳 る 。 九 月 、 国 文 ロ 訳 叢 書 『 万 葉 集 』 仕 文 会 堂 書 店 刊 。 こ の 年 、 国 学 大 正 十 四 年 ( 一 九 二 五 ) 院 大 学 の 中 に 郷 土 研 究 会 を 創 立 す る 。 一 月 、 国 学 院 大 学 予 科 生 の 間 に 短 歌 結 社 鳥 船 社 お こ る 。 五 月 、 処 女 大 正 六 年 ( 一 九 一 七 ) 三 十 歳 歌 集 『 海 や ま の あ ひ だ 』 改 造 社 刊 。 十 一 月 、 雑 誌 「 民 族 」 創 刊 。 い く ふ ん か ん 三 十 九 歳 一 月 、 私 立 郁 文 館 中 学 教 員 と な る 。 一 一 月 、 ア ラ ラ ギ の 編 集 同 人 と な 大 正 十 五 年 ・ 昭 和 元 年 ( 一 九 一 一 六 ) り 、 選 歌 欄 を 担 当 。 五 月 、 国 文 ロ 訳 叢 書 『 万 葉 集 』 仲 文 会 堂 書 店 一 月 、 花 祭 、 雪 祭 の 採 訪 旅 行 。 三 月 、 信 州 諏 訪 の 島 木 赤 彦 の 葬 儀 に 刊 。 九 月 、 九 州 旅 行 に 出 て 、 無 断 欠 勤 一 ヶ 月 に お よ び 、 郁 文 館 中 学 出 席 。 赤 彦 の 死 を き っ か け と し て 「 歌 の 円 寂 す る 時 」 を 書 く 。 を 免 職 さ れ る 。 昭 和 ニ 年 ( 一 九 二 七 ) 四 十 歳 大 正 七 年 ( 一 九 一 入 ) 三 十 一 歳 五 月 、 壬 生 念 仏 、 大 山 能 を 見 る 。 六 月 、 能 登 採 訪 旅 行 し 、 国 学 院 大

海猫 下巻


た た と 、 一 拍 置 い て 、 肩 を 叩 か れ た 。 「 さ あ 、 若 い か ら 大 変 だ 」 メ モ に 産 婦 人 科 の 名 前 と 住 所 な ど が 書 き 込 ま れ 、 手 渡 さ れ た 。 知 人 の 医 師 が そ こ で 開 業 し て い る か ら と の こ と だ っ た 。 後 の こ と は 、 あ ま り 覚 え て い な い の で あ る 外 は 、 雪 解 け で 足 下 が ぬ か る み 、 春 が 近 付 い て い る よ う だ っ た 。 し す く 愛 家 々 の 軒 先 の 氷 柱 が 光 を 受 け て 、 滴 を こ ほ し て い た 。 な か 氷 何 故 か 突 然 、 体 か ら あ の 重 苦 し さ が 消 え て い た 。 お 腹 に 芽 生 え た 新 し い 生 命 が 、 そ の 流 存 在 を 認 め ら れ た こ と で よ う や く ひ と 安 心 し た か の よ う だ っ た 。 ほ う せ ん 章 だ が 美 輝 は 、 呆 然 と し た ま ま 歩 き 続 け て い た 。 嬉 し い 、 と い う 気 持 ち に は ま る で 至 ら 第 な か っ た 。 何 し ろ 、 美 輝 は ま だ 二 十 二 歳 と い う 若 さ だ っ た 。 こ れ か ら 修 介 と 一 緒 に 、 未 知 の 世 界 へ 歩 き 出 そ う と し て い た は ず な の だ 。 大 学 に 戻 る と 午 後 の 講 義 に は 出 ず に 久 々 に 弓 道 場 へ 向 か っ た 。 道 着 を 身 に つ け 、 弓 を 弓 い た 。 い つ も は ま っ た く 的 外 れ に 飛 ぶ 矢 が 、 今 日 は 静 か に 的 の 中 心 に 向 か っ て 気 を 集 め て い っ た 。 「 お 見 事 」 十 矢 ほ ど 引 き 、 居 住 ま い を 正 し て い る と 、 背 中 で 拍 手 が 聞 こ え た 。 301 じ っ し つ ら ら

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


並 日 445 年 直 二 郎 ら が い た 。 十 三 歳 明 治 三 十 三 年 ( 一 九 〇 〇 ) 夏 、 『 一 一 一 口 海 』 『 万 葉 集 略 解 』 を 精 読 。 大 和 へ 初 め て 一 泊 旅 行 。 祖 父 の あ す か に い ま す 出 身 な る 飛 鳥 坐 神 社 に 詣 る 。 十 五 歳 明 治 三 十 五 年 ( 一 九 〇 一 l) き ゅ う せ い 五 月 三 日 、 父 秀 太 郎 心 臓 麻 痺 で 急 逝 。 こ の 月 の 文 学 会 に 、 中 学 生 の 」 ) し ゃ ~ 、 惰 弱 を 戒 め て 「 変 生 男 子 」 の 論 題 で 演 説 。 学 業 成 績 著 し く 下 降 。 十 明 治 ニ 十 年 ( 一 八 八 七 ) 一 一 月 十 一 日 、 大 阪 府 西 成 郡 木 津 村 ( 現 ・ 大 阪 市 浪 速 区 町 ) に 生 ま 二 月 二 十 六 日 、 第 一 回 目 の 自 殺 未 遂 。 翌 年 に か け て 三 回 に お よ ん だ 。 き ぐ す り 十 七 歳 明 治 三 十 七 年 ( 一 九 〇 四 ) れ る 。 父 秀 太 郎 、 母 こ う の 五 男 。 生 家 は 生 薬 と 雑 貨 を 商 う 商 家 で 、 父 が 医 師 を 兼 ね た 。 幼 時 、 大 和 の 小 泉 村 ( 現 ・ 奈 良 県 大 和 郡 山 市 小 三 月 、 卒 業 試 験 の 英 語 会 話 作 文 、 幾 何 、 三 角 、 物 理 に 欠 点 を 取 り 落 第 。 一 方 、 大 和 へ の 旅 行 を し き り に す る 。 『 万 葉 集 古 義 』 を 読 む 。 泉 町 ) に 里 子 に 出 さ れ た と い う カ 糸 ー 日 十 八 歳 明 治 三 十 八 年 ( 一 九 〇 五 ) 五 歳 明 治 ニ 十 五 年 ( 一 八 九 一 l) 沐 津 尋 常 小 学 校 に 入 学 。 小 学 生 時 代 に 木 の 上 か ら 堕 ち て 、 切 株 で 三 月 、 天 王 寺 中 学 校 卒 業 。 九 月 七 日 、 医 科 ~ の 進 学 を 変 史 し て 、 国 丸 を 裂 い た 。 一 ヶ 月 程 で 癒 着 し た が 、 少 し 性 欲 に 異 常 の あ る こ と を 学 院 の 大 学 部 予 科 一 年 に 入 学 。 中 学 入 学 時 に 口 頭 試 問 を 受 け た 三 矢 重 松 が 国 学 院 講 師 に 転 じ て い て 、 以 後 そ の 恩 顧 を 受 け た 。 感 じ る の が 予 後 と し て 残 っ た 。 二 十 歳 明 治 四 十 年 ( 一 九 〇 七 ) 七 歳 明 治 ニ 十 七 年 ( 一 八 九 四 ) は っ と り と も は る 一 一 月 、 曾 祖 母 と よ 死 去 。 双 生 児 の 弟 親 夫 、 和 夫 誕 生 。 叔 母 え い 、 東 夏 、 本 科 国 文 科 に 進 む 。 歌 人 服 部 躬 治 に 入 門 す る が 、 一 度 歌 の 批 評 京 遊 学 。 『 古 代 研 究 』 は こ の 叔 母 に 献 ぜ ら れ た 。 終 生 嫁 が ず に 終 0 を 受 け た の み で 止 む 。 金 沢 圧 三 郎 に 朝 鮮 語 、 外 国 語 学 校 の 夜 学 で 蒙 古 語 を 学 ぶ 。 た 人 で あ る 。 一 一 十 二 歳 明 治 四 十 ニ 年 ( 一 九 〇 九 ) 九 歳 明 治 ニ 十 九 年 ( 一 八 九 六 ) さ ち お こ い ず ち か し ね ぎ し 十 月 九 日 、 初 め て 東 京 根 岸 短 歌 会 に 出 席 し 、 伊 藤 左 千 夫 、 古 泉 千 樫 、 大 阪 市 南 区 竹 屋 町 の 育 英 高 等 小 学 校 に 区 外 生 と し て 入 学 。 ぶ ん め い 十 一 歳 土 屋 文 明 ら を 知 る 。 明 治 三 十 一 年 ( 一 八 九 六 ) 一 一 十 三 歳 明 治 四 十 三 年 ( 一 九 一 〇 ) こ の 頃 、 高 山 彦 九 郎 の 伝 記 を 読 ん で 感 激 、 の 百 舌 鳥 耳 原 に 赴 き 、 ぬ か 土 の 上 に 額 づ い た 。 ま た 当 時 、 国 学 者 敷 田 年 治 に 入 門 し て い た 姉 あ 七 月 、 国 学 院 大 学 国 文 科 卒 業 。 卒 業 論 文 は 「 言 語 情 調 論 」 。 東 京 を 去 っ て 大 阪 に 帰 る 。 こ の 頃 か ら 釈 迢 空 の 筆 名 を 用 い る 。 ゐ の 影 響 を 多 く 受 け た 。 二 十 四 歳 明 治 四 十 四 年 ( 一 九 一 一 ) 十 二 歳 明 治 三 十 一 一 年 ( 一 八 九 九 ) ゅ う き ち し よ く た く 四 月 、 天 王 寺 中 学 に 入 学 。 同 級 生 に 、 武 田 祐 吉 、 岩 橋 小 弥 太 、 西 田 十 月 、 大 阪 府 立 今 宮 中 学 校 の 嘱 託 教 員 と な る 。 国 語 、 漢 文 を 担 当 。 釈 迢 空 年 譜 0

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義


■ 著 者 テ ィ ナ ・ シ ー リ グ TINA SEELIG ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 医 学 部 で 神 経 科 学 の 博 士 号 を 取 得 。 現 在 、 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 工 学 部 に 所 属 す る ア ン ト レ プ レ ナ ー ・ セ ン タ ー 、 ス タ ン フ ォ ー ド ・ テ ク ノ ロ ジ ー ・ べ ン チ ャ ー ・ プ ロ グ ラ ム の エ グ ゼ ク テ イ プ ・ デ ィ レ ク タ ー 。 さ ら に 、 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 の 経 営 工 学 ・ エ ン ジ ニ ア リ ン グ 課 程 や ハ ッ ソ ・ プ ラ ッ ト ナ ー ・ デ ザ イ ン 研 究 所 で ア ン ト レ プ レ ナ ー シ ッ プ と イ ノ べ ー シ ョ ン の 講 座 を 担 当 。 全 米 の 起 業 家 育 成 コ ー ス の な か で も 高 い 評 価 を 得 て い る 。 幅 広 い 分 野 の 企 業 幹 部 を 対 象 に 、 頻 繁 に 講 演 と ワ ー ク シ ョ ッ プ を 行 な っ て い る 。 ー 訳 者 高 遠 裕 子 た か と お ・ ゆ う こ 翻 訳 家 。 主 な 訳 書 に 、 コ ー エ ン 「 イ ン セ ン テ イ プ 」 ( 日 経 BP 社 ) 、 グ リ ー ン ス パ ン 「 波 乱 の 時 代 」 、 ポ シ デ ィ 他 「 経 営 は 「 実 行 」 」 、 ガ ー ス ナ ー 『 巨 象 も 踊 る 」 ( 日 本 経 済 新 聞 出 版 社 ) 、 ス ト ロ ー ン 「 地 球 最 後 の オ イ ル シ ョ ッ ク 」 ( 新 潮 社 ) 、 ラ イ ズ 他 「 勝 ち 馬 に 乗 る リ 、 ト ラ ウ ト 「 無 敵 の マ ー ケ テ ィ ン グ 最 強 の 戦 略 」 、 コ ッ チ 「 80 対 20 の 法 則 生 活 実 践 篇 」 ( 阪 急 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ズ ) な ど が あ る 。 し ゅ う ち ゅ う こ う ぎ 版 集 中 講 義 20 歳 の と き に 知 っ て お き た か っ た こ と し だ い が く 2010 年 3 月 25 日 初 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 2010 年 4 月 21 日 初 版 第 6 刷 著 訳 発 発 行 行 者 者 者 所 印 刷 ・ 製 本 テ ィ ナ ・ シ ー リ グ 高 遠 裕 子 五 百 井 健 至 株 式 会 社 阪 急 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ズ 〒 153 ー 8541 東 京 都 目 黒 区 目 黒 1 丁 目 24 番 12 号 電 話 販 売 ( 03 ) 5436 ー 5721 編 集 ( 03 ) 5436 ー 5735 振 替 00110 ー 4 ー 131334 図 書 印 刷 株 式 会 社 OYuko Takato, 2010 ISBN978-4-484-10101-9 Printe d ⅲ Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す 。

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


さ て 、 大 学 教 員 に 接 す る 機 会 に は 、 授 業 終 了 後 や オ フ ィ ス ・ ア ワ ー な ど が あ る 。 ま た 、 ク ラ ス 担 任 や サ ー ク ル の 顧 問 と し て 接 す る 場 合 も あ る 。 そ こ で 、 大 学 教 員 に ど う 接 す れ ば よ い だ ろ う か ? ま ず 、 大 学 教 員 は 高 校 ま で の 教 員 と は 異 な り 、 教 育 だ け で な く 、 研 究 が 主 要 な 仕 事 の 一 つ で あ る こ と を 理 解 し て お き た い 。 つ ま り 、 仕 事 の す べ て を 学 生 に 向 け て い る と い う わ け で は な い の で あ る 。 し た が っ て 、 研 究 室 に 行 く 時 に は 、 オ フ ィ ス ・ ア ワ ー ( ア メ リ カ で は 大 学 教 員 の 研 究 室 を オ フ ィ ス と 呼 ぶ ) の 日 時 や 出 講 日 な ど を 確 認 し て お く 必 要 が あ る 。 大 学 教 員 は 毎 日 、 大 学 に 勤 務 し て い る と は 限 ら な い こ と を 理 解 し て お こ う 。 ま た 、 大 学 教 員 は 高 校 ま で の 教 員 に 比 べ て 、 よ り 多 く の 学 生 を 相 手 に し て い る た め 、 受 講 学 生 で あ っ て も 必 ず し も 顔 と 名 前 を 覚 え て い る と は 限 ら な い 。 そ こ で 、 教 員 に 用 が あ る 時 に は 、 最 初 に 受 講 し て い る 授 業 名 と 名 前 ・ 所 属 等 を 伝 え て か ら 用 件 に 入 る よ う に し な け れ ば な ら な い 。 識 常 そ し て 、 授 業 中 の 接 し 方 に 配 慮 す べ き 点 が あ る 。 時 々 、 遅 刻 し て き た 学 生 が 講 義 中 の 教 員 に 声 を 掛 会 「 け て く る こ と が あ る が 、 こ れ で は 講 義 を 中 断 さ せ る こ と に な る 。 緊 急 事 態 が 発 生 し た な ら と も か く 、 活 こ の よ う な 自 分 勝 手 な 行 動 を と る こ と は 禁 物 で あ る 。 高 校 ま で な ら 、 ク ラ ス の 生 徒 は 皆 馴 染 み で あ る 大 か ら あ る 程 度 は 許 さ れ る か も 知 れ な い が 、 大 学 の 講 義 で は 見 知 ら ぬ 学 生 も 一 緒 な の で 、 講 義 を 中 断 さ せ る よ う に 行 動 を と れ ば 彼 ら か ら 白 眼 視 さ れ る こ と に な る 。 講 義 終 了 後 で も 、 黒 板 を 消 し て い る 最 中 座 講 の 教 員 に 呼 び か け る の も 同 じ で あ る 。 ま し て 、 授 業 中 に 教 室 を 出 入 り す る の は 常 識 あ る 大 学 生 が す べ

法学セミナー 2016年10月号


法 学 セ ミ ナ ー 2016 / 10 : 小 西 聖 子 = 著 犯 罪 被 害 者 の 心 の 傷 〔 増 補 新 版 〕 白 水 社 2006 年 / A 5 版 / 260 頁 初 版 1996 年 東 海 大 学 教 授 バ ラ タ イ ム の 転 換 柑 本 美 和 ( 刑 事 法 ) 1993 年 、 イ ギ リ ス の 大 学 院 修 士 課 程 で 犯 罪 学 を そ れ と 同 様 に 、 犯 罪 被 害 者 の 権 利 も 守 ら れ な け れ 専 攻 し て い た 私 は 、 あ る 講 義 で 、 英 国 人 教 授 の 語 ば な ら な い 」 と の 教 授 の 言 葉 に 圧 倒 さ れ て い た 。 る 「 全 て の 刑 事 司 法 制 度 は 加 害 者 の 側 か ら だ け で こ の 講 演 会 の 3 か 月 後 、 偶 然 に も 新 聞 で 東 京 医 な く 、 被 害 者 の 側 か ら の 検 証 が 必 要 」 と の 言 葉 を 科 歯 科 大 学 難 治 疾 患 研 究 所 の 求 人 募 集 を 見 つ け た 不 思 議 な 気 持 ち で 聞 い て い た 。 講 義 で は 、 そ の 言 こ と を き っ か け に 、 私 は 、 著 者 の 仕 事 の お 手 伝 い 葉 通 り 、 あ ら ゆ る テ ー マ に つ い て 、 必 ず 「 被 害 者 を 始 め る こ と に な る 。 そ の 業 務 の 一 つ に 本 書 執 筆 へ の 対 応 は ど う な っ て い る の か 」 が 議 論 さ れ た 。 の た め の 資 料 収 集 が あ っ た 。 そ の た め 、 私 は 、 本 日 本 で の 法 学 部 学 生 時 代 、 授 業 で 犯 罪 被 害 者 の こ 書 が 原 稿 の 段 階 か ら 、 何 度 も 何 度 も そ の 中 身 に 触 と を ほ と ん ど 耳 に す る こ と が な か っ た 私 に と っ れ 、 そ こ に 書 か れ た 一 行 が ど の よ う な 背 景 か ら 紡 ぎ 出 さ れ た か を 知 る 貴 重 な 経 験 を す る 。 本 書 で は 、 て 、 そ れ は 、 別 世 界 に い る よ う な 感 覚 で あ っ た 。 そ も そ も 私 が イ ギ リ ス の 修 士 課 程 に 進 ん だ 目 的 犯 罪 被 害 者 本 人 や 遺 族 が 被 害 を 受 け る こ と に よ っ て 「 心 が 傷 つ く 」 こ と が あ り 、 そ れ は 精 神 医 学 的 は 、 非 行 少 年 の た め の 社 会 内 処 遇 制 度 を 学 ぶ こ と に ど う 説 明 で き 、 そ れ に 基 づ い て 被 害 者 の 方 々 へ に あ り 、 修 士 論 文 の テ ー マ も 保 護 観 察 制 度 に つ い て で あ っ た 。 加 害 者 の 更 生 が 頭 の 大 部 分 を 占 め て の 援 助 は ど う な さ れ る べ き か が 、 実 例 の 紹 介 と と お り 、 修 士 課 程 を 終 え た ら 、 日 本 で 非 行 少 年 の 立 も に 詳 し く 分 か り や す く 説 明 さ れ て い る 。 相 談 室 ち 直 り に 関 わ る 何 ら か の 仕 事 に 就 け れ ば い い な と を 訪 れ た り ・ 電 話 相 談 を さ れ る 方 々 に は 、 こ ん な 考 え た り し て い た 。 そ ん な と き 、 日 本 で は 地 下 鉄 に 辛 い 被 害 経 験 が あ り 、 こ ん な に 苦 し ん で い て 、 サ リ ン 事 件 が 起 き 、 誰 も が 犯 罪 被 害 者 に な り う る 中 に は 、 そ の 状 態 が 何 年 も 続 い て 普 通 に 生 活 で き な い 人 す ら い る 。 そ し て 、 日 本 で は そ の 被 害 者 へ こ と が ク ロ ー ズ ア ッ プ さ れ 、 講 義 で の 「 犯 罪 被 害 者 」 の 視 点 が 頭 の 中 で シ ン ク ロ し 始 め た 。 の 支 援 が ほ と ん ど な さ れ て い な い 。 上 梓 さ れ た 本 書 を 繰 り 返 し 読 む 中 で 、 私 に も 何 か で き る こ と が 修 士 の 卒 業 式 を 終 え 帰 国 し 、 ほ ど な く し て 新 聞 あ る の で は な い か ? そ ん な 思 い が ど ん ど ん と 強 の 片 隅 の 小 さ な 記 事 で 「 犯 罪 被 害 者 と 死 刑 」 の テ く な っ て い っ た 。 そ ん な 私 が 出 し た 答 え は 、 博 士 ー マ で 講 演 会 が 開 催 さ れ る こ と を 知 り 参 加 し た 。 課 程 に 進 学 し 、 犯 罪 被 害 者 の 視 点 を 持 ち な が ら 法 そ こ で 、 犯 罪 被 害 者 の 方 々 が 死 刑 制 度 を ど う 考 え 律 を 学 び 直 す こ と で あ っ た 。 て い る の か に つ い て 話 を さ れ た の が 、 本 書 著 者 の 小 西 聖 子 教 授 で あ っ た 。 精 神 科 医 の 著 者 は 、 東 京 本 書 の 旧 版 が 出 版 さ れ て か ら 今 年 で ち ょ う ど 20 年 に あ た る 。 こ の 本 は 、 今 で も そ の 内 容 は 色 あ せ 医 科 歯 科 大 学 に 日 本 で 初 め て 設 置 さ れ た 犯 罪 被 害 ず 、 こ の 20 年 、 頁 を 開 く た び に 、 そ ん な パ ラ ダ イ 者 相 談 室 で 心 理 相 談 を 行 っ て い た 。 私 は 、 日 本 で 犯 罪 被 害 者 支 援 活 動 が 開 始 さ れ て い た こ と に 驚 く ム の 転 換 に 心 震 わ せ た 初 心 を 思 い 起 こ さ せ て く れ と 同 時 に 「 加 害 者 の 権 利 の 擁 護 は 重 要 で あ る が 、 る 私 の 大 切 な 一 冊 で あ る 。 学 者 の 犯 罪 被 害 者 の 心 の 修 第 ー

南紀・熊野古道 (楽楽 関西 1)


〔 0 L U M N 「 知 の 巨 人 」 南 方 熊 楠 世 界 的 な 博 物 学 者 と し て 知 ら れ 、 10 数 カ 国 語 を 操 る 博 覧 強 記 の 反 骨 の 学 者 。 和 歌 山 が 生 ん だ 「 知 の 巨 人 」 。 そ の 生 涯 を 南 方 熊 楠 記 念 館 の 展 示 品 か ら た ど っ て み た い 。 察 菌 昭 和 天 皇 の 御 進 講 の 際 に 標 本 箱 と し て 進 呈 し た キ ャ ラ メ ル の 箱 地 熊 楠 が 研 究 し た 、 粘 菌 を 4 顕 微 鏡 で 眺 め て み る こ と が で き る 神 島 を 望 む 白 浜 町 の 高 台 究 を 志 し 、 キ ュ に 、 鬱 蒼 と し た 樹 木 に 包 ま れ ー バ で 熱 心 に 動 て 立 つ 南 方 熊 楠 記 念 館 。 熊 楠 植 物 の 採 集 に 励 の 膨 大 な 研 究 資 料 の 一 部 が 展 む 。 25 歳 で ニ 示 さ れ 、 波 乱 万 丈 な 人 生 を 垣 ュ ー ヨ ー ク か ら 間 見 る こ と が で き る 。 ロ ン ド ン へ 渡 り 、 科 学 雑 誌 『 ネ 好 奇 心 旺 盛 で 記 憶 力 抜 群 イ チ ャ ー 』 に 論 単 身 渡 米 し て 交 友 を 広 げ る 文 を 寄 稿 、 大 英 博 物 館 に 出 入 展 示 室 に 入 る と 細 や か な 文 り が 許 さ れ 、 古 今 東 西 の 書 物 字 で び っ し り と 描 か れ た 書 に を 読 み 、 考 古 学 や 人 類 学 、 宗 驚 く 。 少 年 時 代 の 熊 楠 が 書 き 教 学 を 究 め る 。 こ の 時 期 に の る バ ナ マ 帽 は 、 の ち に 日 本 に ち に 革 命 の 父 と 呼 ば れ た 孫 文 写 し た 当 時 の 百 科 事 典 『 和 漢 亡 命 し た 孫 文 が 熊 楠 に 親 交 の 三 才 図 会 』 105 冊 の 抄 写 の 一 を は じ め 、 多 く の 知 識 人 た ち 証 と し て 贈 っ た も の た 。 部 だ 。 慶 応 3 年 ( 1867 ) 、 和 と 親 交 を 結 ふ 。 展 示 さ れ て い 和 歌 山 の 野 山 を 駆 け め ぐ り 歌 山 市 に 生 ま れ た 熊 楠 は 幼 少 自 然 保 護 運 動 の 先 駆 け に か ら 抜 群 の 記 憶 力 で 周 囲 を 驚 か せ た 。 『 和 漢 三 才 図 会 』 は 33 歳 で 帰 国 し た 後 、 那 智 山 、 白 浜 な ど で 植 物 採 集 に 没 近 く の 蔵 書 家 に 見 せ て も ら っ た も の を 記 憶 を 頼 り に 家 に 帰 頭 し 、 37 歳 か ら 田 辺 に 定 住 、 結 婚 。 こ の こ ろ よ り 神 社 合 祀 っ て か ら 書 き 写 し た と い う か ら 驚 き だ 。 に よ る 森 林 伐 採 反 対 を 訴 え 、 熊 楠 は 明 治 17 年 ( 1884 ) 、 自 然 保 護 運 動 を 起 こ し た 熊 17 歳 で 夏 目 漱 石 や 正 岡 子 規 楠 。 民 俗 学 の 論 文 を 各 方 面 で も 学 ん だ 東 京 大 学 予 備 門 ( の 発 表 す る よ う に な り 、 多 忙 を 極 め て 採 集 旅 行 に 出 ら れ す 、 ち の 東 京 大 学 ) に 合 格 し た も の の 、 中 途 退 学 し て 帰 郷 、 自 宅 の 庭 の 柿 の 木 で 新 種 の 粘 19 歳 で 単 身 渡 米 し 遊 学 、 ス 菌 「 ミ ナ カ テ ル ・ ラ ・ ロ ン ギ イ ス の 博 物 学 者 ケ ス ネ ル の 伝 フ ィ ラ 」 を 発 見 す る こ と と な 記 に 感 銘 を 受 け 隠 花 植 物 の 研 る 。 昭 和 4 年 、 62 歳 の 時 に 無 官 無 位 の 在 野 の 研 究 者 と し て は 異 例 な こ と な が ら 、 田 辺 湾 の 神 島 で 昭 和 天 皇 に 粘 菌 に つ い て 御 進 講 を 行 う 。 桐 の 箱 に 入 れ る べ き も の を 、 キ ャ ラ メ ル の 箱 に 標 本 類 を 入 れ 進 献 し た の は 飾 ら な い 人 柄 ゆ え 。 昭 和 16 年 1 2 月 、 75 歳 で そ の 波 乱 万 丈 な 生 涯 を 閉 し た 。 南 方 熊 楠 記 念 館 の テ ー タ は P70 参 照 熊 楠 の 胸 像 と と も に 数 々 の 資 料 や 遺 品 が 展 示 さ れ て い る 世 界 へ 羽 ば た い て い た 20 代 の こ ろ の 熊 楠 の 肖 像 写 真

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


編 集 部 が 選 ん だ ベ ス ト 6 は コ レ ! じ っ く り 派 は PC ! ど こ で も 派 は ス マ ホ ア プ リ ! ブ ッ シ ュ 通 知 を 使 い ど れ が 「 水 ー で し よ う か ? 継 続 学 習 を サ ポ ー ト デ ュ オ リ ン ゴ www.duolingo.com/ 個 人 の 英 語 レ ベ ル 、 1 日 の 学 習 時 間 を 言 錠 で き る の で 、 無 里 な く 学 習 で き る の か み 。 和 訳 ・ 英 訳 か ら 発 音 ま で ゲ ー ム 感 覚 で 学 べ る 。 正 し い ビ ジ ネ ス 英 語 を 使 い た い 人 は 必 須 絶 対 話 せ る ! 英 会 話 。 yuitaenglish.com/ ア メ リ カ 在 住 の 日 本 人 か 発 。 よ く 使 わ れ る 英 語 表 現 や フ レ ー ズ 、 正 し い 言 葉 遣 い 、 文 法 な ど 、 ビ ジ ネ ス に 使 え る 英 語 が 学 習 で き る 。 通 勤 中 の 英 語 上 達 に は び っ た り ざ っ く り 英 語 ニ ュ ー ス ! StudyNow stu dyn OW 国 内 外 の ニ ュ ー ス を オ に 英 語 ・ 禾 、 解 音 声 で 英 語 が 学 べ る 。 有 料 プ レ ミ ア ム コ ー ス も あ る が 、 無 料 範 囲 内 で も 十 分 に 彳 竝 つ 。 PC サ イ ト @ ス マ ホ ア プ リ 英 語 発 音 入 門 動 画 を マ ネ る だ け で 発 音 が ネ イ テ イ プ に kccn.konan-u. ac.jp/ilc/english/ 無 一 一 , 発 音 練 習 に 特 化 し た 甲 南 大 学 運 営 の サ イ ト 。 イ ギ リ ス 発 音 と ア メ リ カ 発 音 に 分 け 、 音 声 動 - 画 を 参 考 に 母 音 や 子 音 の 発 音 を 日 用 夬 に 解 言 講 座 か ら ソ フ ト ま で 無 料 の オ ン パ レ ー ド ヘ ラ へ ラ www.perapera.jp/ オ ン ラ イ ン 英 会 話 、 英 文 法 講 座 か ら 、 学 習 用 フ リ ー ソ フ ト の 提 供 ま で 至 れ り 尽 く せ り の 内 容 。 1 日 5 分 レ ッ ス ン は 飽 き や す い 人 も 救 う 。 英 語 を 諦 め て い た 人 こ そ お 試 し を ! ケ リ ー 兄 弟 の イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の 英 語 教 材 www.manythings.org/j/ 愛 知 工 大 で 教 え る ケ リ ー 兄 弟 が 運 営 。 英 単 語 発 音 文 法 、 リ ス ニ ン グ な ど コ ン テ ン ツ も 多 く 、 特 に 英 語 初 級 者 に は お す す め 。 / レ の 発 嗇 の 仕 方 483. た っ た ニ 新 な の に お 設 立 も フ 1 V の CV を 第 て い た ー あ . そ れ . を に ア プ リ で 載 り 上 げ て い な , た . ー を い う フ レ - ズ を ■ ・ 第 し た . 日 物 で よ - く 物 う 第 ・ な ・ で 第 . 第 っ た : 第 で す を ・ . ・ ・ で ・ ・ を 4 で 第 れ て い を の 4. こ う い う ・ 一 で し た . レ ス ト ラ ン で 第 一 / ー を す る ツ - ン で し た . 人 の 人 を 物 か を 第 一 タ - し 一 し を . す る と ・ の ー あ . 宿 物 に も を れ を . ー を 第 い を す . こ れ を 第 ワ 上 げ 第 す . て 第 ? 々 を わ 0 り 第 す 第 ? . ・ 第 一 ・ ま で を 第 っ た の は . こ う で し . 講 第 を リ 第 、 め ー ! ト ′ テ し ビ な は こ 0 レ . て お 宿 に 物 の 大 を 当 蓄 に よ ニ 第 気 ス ン . を わ す 一 0 ま い そ っ % 日 本 第 を 物 三 し い 表 環 を 学 ′ ま : ス ン を 見 わ っ た ら 、 し , コ い こ て ま イ テ ィ ス ビ ー っ ー と 大 三 と の 一 当 数 ヨ : チ ャ レ ン ! ん て 、 た き い . : れ : 強 ・ 員 が 心 第 て す . - く は K め Ⅳ ・ x 新 ・ 一 流 の 講 義 を 提 供 ! 有 名 大 学 の 日 本 か ら 京 大 も 参 加 33. ユ ! — 講 義 も 0 円 な ん で す www.edx.0「g/ マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 工 科 大 と ハ ー バ ー ド 大 が 共 同 で 創 立 。 両 大 学 や ポ ス ト ン 大 な ど の 講 義 を 無 斗 受 講 で き る 。 オ ン ラ イ ン で 誰 で も 無 料 で 世 界 の 名 だ た る 大 学 の 映 像 有 名 講 師 が 目 白 押 し ! " ー 講 義 を 受 講 で き る 教 育 サ ー 東 大 の 講 義 も 人 気 マ ビ ス 「 ム ー ク 」 が 、 世 界 的 に 広 が り を 見 せ て い る 。 日 WWW. coursera. 0「g/ 本 で も ト ッ プ 大 学 が 相 次 い で 講 義 を 言 。 世 界 一 の 講 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 の 巍 受 が 言 竝 。 現 在 ミ シ ガ ン 大 、 プ リ 義 を 体 験 し て み よ う 。 ン ス ト ン 大 な ど 60 以 上 の 大 学 が 様 々 な 無 料 講 義 を 酬 言 中 。 無 料 ア プ リ も か な り 使 え ま す 工 デ ッ ク ス コ ー セ ラ コ カ ク 水 野 さ ん も お 世 話 に な っ た 語 学 講 座 が ネ ッ ト を 聴 け る www2.nhk.or.jp/gogaku/ マ イ 語 学 に 登 録 す れ ば 、 NHK の テ レ ビ ・ ラ ジ オ で 放 送 し た 語 学 講 座 番 組 の 前 1 週 間 分 を 無 語 学 テ ス ト な ど も タ ダ で 試 せ る 。 ( わ し ( は こ 一 、 ) 心 と 第 け ま す ! ラ ジ オ ・ 第 : ト リ - ミ ン グ NHK ゴ ガ ク 49 ー DIME SEPTEMBER 2016