検索 - みる会図書館

検索対象: CQ ham radio 2016年 10月号

CQ ham radio 2016年 10月号から 4件ヒットしました。

CQ ham radio 2016年 10月号


H ー DA K. A モ ノ バ ン ド バ ー チ カ ル シ リ ー ズ MODEL 周 波 数 帯 ( MHz ) イ ン ビ ー ダ ン ス ) 利 得 (dBi) VSWR 耐 入 力 ( W PEP) 高 さ ( m ) ラ ジ ア ル 長 ( m ) 仕 様 VS—15GH 21 1.0 5 / 8 ス GP 425 VS—IOGH 5 / 8 え GP 425 VS—IOGH/FM VS—IOGH/HP VS—6GH 29.5 1 : 1.5 Typical GP 5 / 8 え FM 用 1.0 6.1 425 ハ 。 ワ —GP 5 / 8 え ハ イ 26 1 3.4 9MHz 5 / 8 え GP 3.7 新 設 計 の ラ ジ ア ル で さ ら に 能 率 ア ッ プ (VS-15GH, VS-I OGH/FM) ・ 打 ち 上 げ 角 の 低 い 5 / 8 え シ リ ー ズ 5 / 8 え ア ン テ ナ は 、 打 ち 上 げ 角 が 低 く DX に も 最 高 で す 。 蓄 積 さ れ た 技 術 と 経 験 が 比 類 な き 高 性 能 で ご 満 足 い た だ け ま す 。 ・ 自 立 設 計 高 張 カ 材 を 使 用 し 、 ス テ ー 等 を 必 要 と せ ず に 簡 単 に 設 置 す る こ と が 可 能 で す 。 ・ ロ ー デ ィ ン グ ラ ジ ア ル ラ ジ ア ル に 効 率 の 良 く 、 場 所 を と ら な い ロ ー デ ィ ン グ ラ ジ ア ル を 採 用 し 狭 い 場 所 に も 楽 に 設 置 が で き ま す & = ー 、 ( VS ー 15GH, IOGH, IOGH/FM) VS-15GH 21MHz 新 設 計 ラ ジ ア ル 採 卸 ・ 中 心 周 波 数 の 可 変 が 可 能 。 ・ 大 口 径 モ ー ル ド 成 型 ポ ビ ン に よ り 能 率 が ア ッ プ 。 高 い 強 度 を 持 っ ス エ ー ジ ン グ テ ー パ ー エ レ メ ン ト 部 に よ り 高 張 力 が 増 し ま す 。

CQ ham radio 2016年 10月号


HIDAKA ・ セ パ レ ー ト ト ラ ッ プ ラ ジ ア ル ト ラ ッ プ と ラ ジ ェ ー タ ー ト ラ ッ プ 共 に 各 バ ン ド に 、 全 て 独 立 し た ア ジ ャ ス ト 機 構 を 備 え て い る た め 他 バ ン ド へ 与 え る 3.5 ー 28 高 張 カ 材 を 使 用 し 受 風 面 積 の 低 い 設 計 に よ り 、 め ん ど う な ス テ ー 等 を 必 要 と し ま せ ん 。 ・ 自 立 設 計 「 VS ー 41 シ リ ー ズ 」 は 運 用 性 を 損 な わ ず 、 可 能 な 限 り コ ン パ ク ト に し た 実 用 的 サ イ ズ で す 。 ( 全 長 6. 5mVS-81W) ・ 実 用 コ ン パ ク ト サ イ ズ ア ン テ ナ と フ ィ ー ダ ー の 結 合 を し て 低 い SWR で 高 能 率 を 発 揮 し ま す 。 ・ マ ッ チ ン グ サ ー キ ッ ト 悪 影 響 が 少 な く 希 望 周 波 数 に マ ッ チ ン グ を と る こ と が 可 能 で す 。 マ ル チ バ ン ド バ ー チ カ ル シ リ ー ズ MODEL 仕 様 VS—81W 5 ハ ン ト ・ GP 350 VS—41W 7 ー 28 50 1 : i.3 Typical 4 ハ ・ ン ト ・ GP 350 VS—41 7 ー 28 ハ ・ 一 チ カ ル 4 ハ ・ ン ト ・ 接 地 型 2 , 000 株 式 会 社 川 越 事 業 所 〒 350 ー 0837 日 高 電 機 製 作 所 TEL 049 ー 224 ー 8175 FAX 049 ー 224 ー 1369 埼 玉 県 川 越 市 石 田 227 URL : http//www. h i daka. com

CQ ham radio 2016年 10月号


ふ よ の , 物 朝 ツ 、 「 明 差 い を ま 、 日 コ ン テ ス ト R 田 。 ワ ル ド す ワ イ ド に 楽 し も う い 日 : 0 を 2 囀 Raw S ( 0 「 05 Bef : を VS 卍 を : を 長 2 を 0. み 0 ェ 1 は : 多 23 0 曲 ow 一 田 区 ( , は ′ ned / 」 印 Y ノ : 013 ( 0 WW 5 : 27 籵 せ 03 2 一 議 80 イ 、 ~ 2 ! R 等 を ゑ し 3 ・ 22 0K1 下 こ 0 冖 24 Y09 0. 26 義 SXPD. 21 5 を 3 Ⅸ ) を 冖 23 ー K530 / 2. 冖 2 ′ 07 望 第 13 を .1 す 23 を 、 ま ィ 200 .442 .432 ・ ・ 30 い 製 0 ス な ISPY 芦 川 一 = 栄 晃 。 あ 2 さ 義 SX を 0 、 カ ・ 体 力 ・ 技 術 力 一 人 脈 ・ 熱 意 , そ し て 熱 中 で き る 時 間 が 必 要 ! 入 賞 の 証 は 本 物 の ハ ム の 証 で も あ り ま す . ス ト と い う ス ポ ー ツ を 開 発 し た の も ハ ム で す . 成 果 を 得 る に は : ロ ケ ー シ ョ ン , 設 備 , オ ペ レ ー タ ー の 気 IOO 年 前 , HF 国 際 通 信 を 確 立 し た の は ハ ム で す . 自 然 界 と ハ イ テ ク を 融 合 さ せ , 通 信 技 術 を 競 う コ ン テ 第 を を 朝 ツ = 謇 第 を し い 社 ま ヨ を を IUG ] 紅 士 ま 軈 を Se\ectabte ( f 舵 / 誕 5 0 ! 味 4 イ 朝 貶 い WAE DX CW サ ン ス ポ ッ ト 低 下 に よ る 凋 落 が 顕 著 で し た . 昨 年 は , ち ょ う ら く ~ 黒 点 低 下 で 深 夜 の 14M か 独 境 場 に ~ の 方 に 質 問 し て み た と こ ろ , 次 の 情 報 が 得 ら れ ま し た . 似 て い る IC -7600 と は ま っ た く 異 な る リ グ で , ス タ ッ フ ス 内 に 展 示 さ れ , 熱 い 視 線 を 集 め て い ま し た . 名 前 が 最 新 実 用 機 で は , ア イ コ ム の IC - 7610 が ク リ ャ ケ ー 紹 介 ) の 現 物 動 作 の 展 示 も 注 目 を 浴 び て い ま し た . CQ 出 版 社 の プ ー ス の TRX -305 ( ト ラ ン ジ ス タ 技 術 で 験 機 ) 共 に , 各 種 SDR リ グ の 展 示 が 急 増 し て き ま し た . 機 ) , ク ラ ブ ・ プ ー ス ( ポ ー ド , ド ン グ ル 形 態 の 研 究 実 メ ー カ ー ・ プ ー ス ( ダ イ レ ク ト ・ サ ン プ リ ン グ 実 用 ・ SDR リ グ が 目 白 押 し ム の 出 足 は 好 調 で し た . 2 日 目 は 台 風 接 近 前 の 猛 暑 で 開 催 さ れ ま し た . 初 日 の 朝 は 豪 雨 で し た が , 熱 心 な ハ リ オ ・ オ リ ン ピ ッ ク で メ ダ ル 41 個 獲 得 の 真 っ 最 中 に ~ 来 年 は 明 第 1 週 末 ()A PX と 同 時 期 の 予 定 ) ~ ハ ム フ ェ ア 動 で 送 受 信 し て い く の は 一 味 違 う と 感 じ る よ う で す . サ イ ン を コ ピ ー す る こ と が 中 心 で , 電 文 を 連 続 的 に 手 い え ば , パ イ ル ア ッ プ を 聞 き 分 け , 高 速 C W で コ ー ル と 感 じ る 方 も 多 い よ う で す . コ ン テ ス ト の CW 技 量 と 信 の 技 量 に チ ャ レ ン ジ し た い 方 以 外 は , QTC を 面 倒 オ ペ レ ー タ ー の 耳 と 腕 一 本 の 勝 負 な の で , CW の 送 受 や zLog な ど の 日 本 製 ソ フ ト に は 機 能 が あ り ま せ ん . 使 い の 方 は 比 較 的 楽 に 運 用 で き ま す が , CTESTWIN テ ス ト ・ ソ フ ト ( N 1 M M な ど ) で 対 応 で き る も の を お こ の コ ン テ ス ト の 特 徴 は QTC で す . 海 外 製 の コ ン 埋 ま り ま し た . け て ラ ン で き る 状 態 に な り , バ ン ド い つ ば い に EU が 感 じ ま し た . 唯 一 , 0 時 近 く か ら よ う や く 14MHz が 開 べ る と か な り 寂 し く な り , 一 層 の ハ イ バ ン ド の 低 下 を 積 め ま し た . 今 年 は 夏 枯 れ 状 態 で , 昨 年 の 盛 況 に 比 日 曜 日 の 夕 方 に 21MHz で 強 力 に EU が 開 け て 得 点 を ・ ダ イ レ ク ト ・ サ ン プ リ ン グ ・ リ グ が 2 台 入 っ て い る 構 成 ・ リ ア ル タ イ ム ・ バ ン ド ス コ ー プ を 装 備 ・ 豊 富 な イ ン タ ー フ ェ ー ス ( USB や IF 出 力 ) ・ 年 内 発 売 を 目 指 し て い る ? ・ 価 格 は 現 時 点 で は 未 定 こ の 構 成 な ら S02R が 1 台 の PC か ら 同 時 送 信 の 自 蒙 普 及 テ ー マ の 検 討 な ど , 各 位 , ご 準 備 怠 り な く 今 か 出 展 の 場 合 に は , AA DX 参 加 に 絡 め た コ ン テ ス ト 啓 ン テ ス タ ー と し て は 参 加 戦 略 や ハ ム フ ェ ア へ の プ ー ス 大 イ ベ ン ト の 自 己 バ ッ テ ィ ン グ は 大 変 残 念 で す が , コ 絡 は な か っ た そ う で す ). JARL 主 催 の 世 界 へ 向 け た 2 ま せ ん ( コ ン テ ス ト 委 員 会 へ ハ ム フ ェ ア 日 程 変 更 の 連 DX 側 の 日 程 に つ い て は 現 時 点 で は 変 更 の 情 報 は あ り 報 ). オ ー ル ア ジ ア DX 電 話 部 門 と 重 な り ま す が , AA ル ( 2 階 ) に 変 更 さ れ ま す ( 1 年 だ け の 臨 時 変 更 と の 情 り ハ ム フ ェ ア は 9 月 第 1 週 末 ( 2 日 , 3 日 ) , 西 3 , 4 ホ ー 東 京 オ リ ン ピ ッ ク の 会 場 準 備 と の 関 係 で , 来 年 に 限 ・ 来 年 は オ ー ル ア ジ ア 電 話 部 門 と 同 時 開 催 ? ! ー ズ ・ マ ッ チ ン グ か ? の 差 別 化 競 争 と な る で し よ う . 解 像 度 , 操 作 性 な ど , い か に 用 途 最 適 な ユ ー ザ ー で す . コ ン テ ス ト 必 須 ツ ー ル と な り , 今 後 は 分 解 能 や リ ア ル タ イ ム ・ ス コ ー プ は 急 速 に 普 及 し 業 界 標 準 装 備 PR し て い ま し た . 昨 年 の ハ ム フ ェ ア で 注 目 を 浴 び た ( FT - 991 の み は 基 板 交 換 が 必 要 な の で 有 償 対 応 ) を ス コ ー プ へ の 無 償 ソ フ ト ・ ア ッ プ グ レ ー ト ・ サ ー ビ ス 八 重 洲 無 線 で は , 既 存 リ グ の リ ア ル タ イ ム ・ バ ン ド ・ リ ア ル タ イ ム ・ ス コ ー プ が 業 界 標 準 に く 自 動 制 御 で き る か に な る で し よ う . で き , ど の コ ン テ ス ト ・ ロ ギ ン グ ・ ソ フ ト と の 相 性 が 良 コ ン テ ス タ ー の 興 味 は 内 蔵 の 2 台 を 外 部 か ら ど う 操 作 操 作 す れ ば Dual Run は で き ま す が 制 御 が 大 変 で す . か ? な ど , 興 味 津 々 で す . 今 で も 単 純 に 2 台 の リ グ を 干 渉 ) は IC -7300 に 比 べ て ど の 程 度 改 善 さ れ て い る の 相 互 干 渉 特 性 ( マ ル チ マ ル チ で の 局 内 同 時 送 信 バ ン ド ド , モ ー ド を 制 御 で き る ? ! と か , 広 帯 域 間 で の 強 信 号 動 プ ロ テ ク ト を 掛 け な が ら , ロ ギ ン グ ・ ソ フ ト で バ ン ら 備 え て お き ま し よ う ! 210 ご 意 見 , ご 感 想 , コ ン テ ス ト 参 加 手 記 , 写 真 な ど [email protected] ・ 加 あ て に E - Ma ⅱ で お 送 り く だ さ い . コ ラ ム で 紹 介 さ せ て い た だ き ま す . CQham radio

CQ ham radio 2016年 10月号


震 災 の 日 は 土 曜 日 だ っ た . ~ と る も の も と り あ え 。 ず , 荒 川 技 師 は , 自 宅 へ 帰 ろ う と し た あ ち こ ち で = ー 火 の 手 が あ が っ て お り , 途 中 い 自 警 団 に 呼 び 止 め 、 ら れ た り し た が , な ん と か 自 宅 の 駕 籠 町 ( 今 の 文 京 第 区 千 石 純 Q 出 版 社 の 近 所 ) へ た ど り 着 く 第 幸 い , 自 宅 は 無 事 だ っ た . ー 堅 牢 の は ず の 本 省 の 建 物 も い 屋 根 が 木 造 瓦 葺 き だ っ た た め , 屋 根 か ら 火 が 入 り い 燃 え て し ま っ て い - た , : 「 放 送 規 則 の 草 稿 案 」 な ど の 重 要 書 類 は , 。 事 務 0 官 中 野 郷 孝 乏 助 が 読 み 直 そ う と 自 宅 へ 持 ち 帰 っ た 1 通 以 外 , す べ て 灰 に な っ て し ま っ た が ” こ の 1 通 の = = お か げ で 草 案 作 り は 継 続 続 行 す る こ ど が で き た 2 ) 、 → 崎 親 雄 ) な ど の 出 願 者 が 並 ん で い た 2 ). お な じ み の 名 前 や プ 大 東 京 ア マ チ ャ 無 線 ク ラ ブ ( 高 治 ) や 東 京 発 明 研 究 所 ( 濱 地 常 康 ) な ぎ 本 コ ラ ち で そ れ に 大 日 本 放 送 無 線 電 話 協 会 ( 安 藤 博 , 伊 藤 賢 。 ~ ~ の マ ス コ ミ ; 日 本 電 気 ; 東 京 電 気 な ど の メ カ ー る ま で に な っ た . 東 京 朝 日 新 聞 社 、 報 知 新 聞 社 な ど 営 を 目 指 す 出 願 者 が 急 増 し , 申 請 は 百 件 を 突 破 す 「 規 則 」 や 「 細 則 」 が 公 布 さ れ る 放 送 経 殺 到 す る 出 願 と 官 営 vs 民 営 論 争 ~ 設 無 線 電 信 電 話 監 督 事 務 処 理 細 則 」 が 制 定 さ れ た . 翌 大 正 13 年 い 924 年 ) 2 月 26 日 に は い 「 放 送 用 私 年 戸 2 月 20 日 、 ' 関 東 大 震 災 か ら 3 カ 月 後 だ っ た 。 . 第 = 設 無 線 電 話 規 則 」 を 公 布 し た の は , 大 正 12 年 く 1923 = = れ な い ほ ど 迅 速 に 処 理 さ れ た 逓 信 省 が 「 放 送 用 私 に 進 む . 特 に 放 送 に 関 し て は , 役 所 仕 事 と は 思 わ ・ = 震 災 で 東 京 は 壊 滅 状 態 に 陥 っ た が 引 復 興 は 急 速 ー … を か け , 各 地 域 で 一 本 化 を 図 る よ う に 指 導 し た . = = 設 立 す る と と を 目 標 に , 出 願 者 の う ち の 大 手 に 声 逓 信 省 は 東 京 , 名 古 屋 , 大 阪 の 各 地 域 で 1 局 を 定 の 人 間 間 の 意 思 の 伝 達 , そ れ に 対 し 放 送 は 特 定 く 当 初 , ー 逓 信 省 は 民 営 論 だ っ た . ー 元 来 ? 通 信 は 特 京 放 送 局 常 務 理 事 ) の 発 言 座 談 会 に ラ ジ オ 第 一 声 」 で の 新 名 直 和 ( 最 初 の 東 Oct. 2016 っ た ・ ” と こ ろ が , 放 送 局 の 出 願 が 乱 立 し な 東 京 電 話 は 国 営 だ か ら , 当 然 , 放 送 も 国 営 に し よ う と な 列 へ 人 れ ち ゃ っ た . ~ 広 義 の 無 線 電 話 で い い . 無 線 口 を 出 す ん で , と も か く 少 々 無 理 を し て 通 信 の 系 こ る . 新 聞 取 り 締 ま り と 同 じ よ う に 内 務 省 は 必 ず ~ → ー な る . そ う な る と 内 務 省 と 逓 信 省 の 権 限 争 い が 起 第 人 間 の 意 思 伝 達 で は な い が ら 、 別 の 法 律 が 必 要 と と 名 古 屋 は ま と ま っ た の だ が , 大 阪 は 収 拾 が つ か な ー 小 ! 大 阪 の 出 願 は 株 屋 さ ん が 多 か っ た か ら こ れ で 儲 け る つ も り だ っ た 結 局 ; こ う し た 状 況 を , 国 営 で も 民 営 で も な く , 。 公 営 に も っ て い っ た の が 当 時 の 大 養 毅 逓 信 大 臣 だ っ た ) ー イ ギ リ ス の BBC の C も : 初 め は カ ン パ ニ ー だ っ た ー の を 政 府 が 研 究 の 結 果 公 共 放 送 の 「 ゴ ー ポ レ ー シ 当 ン 」 に 変 え た と い う . 匠 放 送 機 が な い ! 第 大 正 13 年 い 924 年 ) 1 工 月 29 日 付 け で 社 団 法 人 、 ~ と 放 送 無 線 電 話 施 設 の 許 可 を 得 た 東 京 放 送 局 は , ー 。 資 金 調 達 , 局 舎 設 計 , 敷 地 選 定 , 職 員 整 備 な ど 諸 般 の 準 備 に 取 り か か っ た が 予 期 せ ざ る 事 態 に 直 面 す る 3 当 て に し て い た 放 送 機 が 手 に 人 ら な く な っ て し ま っ た の で あ る を 日 , 理 事 会 か 召 集 さ れ , た だ ち に ウ ェ ス タ ン ・ エ レ 、 送 の 第 一 波 は 大 阪 に 先 を 越 さ れ て し ま う . 12 月 17 機 器 は 大 阪 に 買 い 取 ら れ て い た に こ の ま ま で は 、 放 。 が 気 づ い た と き に は す で に 契 約 が 結 ば れ , 「 ユ 2 月 2 日 , 大 阪 放 送 局 の 手 に 移 っ て し ま っ た の で あ る 東 京 側 。 = 、 渡 る も の と 思 わ れ て い た 3 そ れ が 、 に と も あ ろ う に 、 だ れ の 目 に も 日 本 電 気 所 有 の 放 送 機 は 東 京 放 送 局 に 物 代 松 之 助 ) を 理 事 会 に 参 加 さ せ て い る と と で も あ り , に 使 っ た 機 器 で あ そ の 日 本 電 気 は , 代 表 者 ( 松 東 京 ・ 上 野 の 無 線 電 話 展 覧 会 で 放 送 を 公 開 し た と ぎ 日 本 電 気 株 式 会 社 が 所 有 し て い た . 大 正 13 年 の 秋 ” 、 = レ グ ト リ ッ ク 社 製 500 ワ ッ ト の 送 信 機 1 台 し か な く , ・ , ・ 当 時 の 日 本 に は , = ア メ リ カ の ウ ェ ス タ ン ・ エ 131 く 理 事 会 は , ー 芝 浦 に あ る 逓 信 省 電 気 試 験 所 跡 を 借 り 物 の 機 と 落 成 検 査 不 合 格 ~ な か っ た 、 、 属 装 置 の 試 験 調 整 , 配 線 工 事 な ど は 新 装 と 変 わ ら 専 用 で は な い の で , 。 て れ を 加 工 す る と い っ て も , ー 付 ら 借 用 し て い た の だ っ た 町 。 機 械 は ,. も と よ り 放 送 で , 芝 の 逓 信 官 吏 練 習 所 の 放 送 実 験 は こ れ を 都 か は , こ の GE 製 送 信 機 を 研 究 用 に 所 有 し て い た も の 220 ワ ッ ト 送 信 機 を 借 用 す る こ と に な っ た . 。 凍 京 市 研 究 所 所 有 の ゼ ネ ラ ル ・ エ レ ク ト リ ッ ク ( GE ) 社 製 間 に 合 わ な い と い う い 次 善 の 策 と し て 東 京 市 電 気 → は か か り 第 予 定 し て い る 仮 放 送 開 始 の 3 月 1 日 に は し か し , 、 新 し い 放 送 機 は 急 い で 製 造 し て も 半 年 ク ト リ ッ ク 社 に 新 し い 機 器 の 注 文 を 発 し た > 4 ). ー