検索 - みる会図書館

全データから 214054件ヒットしました。

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


Conte nts AQ リ A の 進 化 論 Contents Cha ter ~ 。 Ma 。 OS Ⅸ の 導 1 .1. Mac OS X の 概 要 1 .1 .1 Mac OS X の 主 な 機 能 メ モ リ 保 護 / マ ル チ タ ス ク / マ ル チ プ ロ セ ッ シ ン グ / VeIocity Engine/Quartz/Aqua/ 複 数 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 / マ ル チ ユ ー ザ シ ス テ ム / Randezvous / 国 際 化 1 .1 .2 Mac OS X の 構 造 ・ コ ア OS 、 Da in / 描 画 シ ス テ ム / ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 / ユ ー ザ イ ン タ フ ェ ー ス 1.2. Mac OS X の イ ン ス ト ー ル ・ 1 .2.1 動 作 環 境 の 確 認 CPU / メ モ リ / ハ ー ド デ ィ ス ク 1 .2.2 イ ン ス ト ー ル の 準 備 ・ ・ 1 .2.3 シ ス テ ム の 新 規 イ ン ス ト ー ル ( バ ー ジ ョ ン 10.2 以 降 ) de Cha を e ト 2.1. ウ イ ン ド ウ の 基 本 操 作 2.1.1 Finder の ウ イ ン ド ウ コ ン ト ロ ー ラ 2.1.2 フ ォ ル ダ を ダ ブ ル ク リ ッ ク し た と き の 動 作 ・ 2.1.3 ス プ リ ン グ フ ォ ル ダ と ス プ リ ン グ ウ イ ン ド ウ ・ 2.1.4 ウ イ ン ド ウ を 片 付 け る ・ ・ 2.1.5 ウ イ ン ド ウ の 切 り 替 え ・ ・ 2.2 ウ イ ン ド ウ の 表 示 形 式 2.2.1 ア イ コ ン 形 式 リ ス ト 形 式 ・ 2.2.2 カ ラ ム 形 式 2.2.3 空 き 容 量 と 項 目 数 の 表 示 ・ 2.2.4 CO コ tents ・ ・ ・ 12 ・ ・ ・ 12 ・ ・ ・ 14 14 8 8 9 ・ 1- C\.J 5 7 「 / 0 CV ( 0 2 っ 乙 ( 0 CO ( 0 IV

月刊 C MAGAZINE 2001年6月号


Mae 05X ア フ リ ケ ー シ ョ 、 開 発 ガ イ ド 真 紀 俊 男 。 、 し て い な い の が 現 状 で す 。 こ の た め , 、 Mac 1984 年 の 登 場 以 来 い 基 本 的 な 構 造 を あ ま り 変 え ず に 発 展 し て き た Macintosh の OS OS X ア プ リ ケ ー シ ョ ン 開 発 に 携 わ る プ ロ が 2001 年 3 月 に 劇 的 な 変 化 を と げ 「 Mac グ ラ マ の 中 に は い っ た い ど の よ う に 対 応 OS 刈 と し て 登 場 し ま し た 。 Mac OS X ~ す れ ば い い の か が わ か ら な か っ た り に OS X 対 応 を 迫 ら れ て 頭 を 抱 え て い る 方 も い る の 登 場 は に プ ロ グ ラ マ の 立 場 か ら 見 る と 単 に ユ ー ザ イ ン タ フ ェ イ ス の 外 観 が 変 化 し た こ と で し よ う 本 記 事 は 最 新 の Mac OS X が 従 来 の Mac OS と 比 較 し て に 内 部 的 に ど だ け に と ど ま ら ず , 。 プ ロ グ ラ ム の 組 み 方 そ の も の を 変 え な く て は な ら な い と い う 重 大 ~ う 変 化 し た の か を 紹 介 し と く に Mac OS な 問 題 を 含 ん で い ま す よ し か し , Mac OS ~ , X に ネ イ テ ィ ブ 対 応 し た ア プ リ ケ ー シ ョ ン X の ア プ リ ケ ー シ ョ ン を ど の よ う に 開 発 す を 開 発 す る 手 法 と そ の ポ イ ン ト を 中 心 に 解 = 、 れ ば よ い か と い ラ 情 報 は ま だ あ ま り 充 実 説 し ま す 。 P A R T 開 発 さ れ , 後 に OPENSTEP と い う OS に 発 展 し ま し た 。 OPENSTEP が 普 通 の OS と 違 う ユ ニ ー ク な 点 は , 単 一 階 層 で は な く , 複 合 し た 階 層 g System( 以 降 , Core OS と 表 記 ) を 自 由 に 変 更 で き る 点 に あ り ま し た 。 つ ま り UNIX を C S X は , オ リ ジ ナ ル の Mac OS と は ま っ た く ore OS に し た OPENSTEP も あ れ ば , Windo Mac OS X は UN Ⅸ な の か ? 別 の , NeXISTEP/OPENSTEP の 流 れ を く ws NT を Core OS に し た OPENSPEP も あ る ん だ OS で , こ の ノ ウ ハ ウ が そ の ま ま MacO と い う ぐ あ い で す 。 ま た OPENSTEP 上 で 動 MacOSX の 特 徴 を 説 明 す る 際 に よ く 言 SX に 流 用 さ れ て い る と 考 え る べ き で す 。 Ap 作 す る プ ロ グ ラ ム は 最 下 層 の Core OS の API わ れ る 点 が 「 Mac OS X は BSD 系 の UNIX に ple の 現 CEO で あ る SteveJobs 氏 は 一 時 , Ap を 直 接 呼 び 出 す の で は な く , OPENSTEP 専 な っ た 」 で す 。 は た し て , こ れ は 正 し い の ple を 離 れ て NeXT と い う 新 た な ア ー キ テ ク 用 の API を 呼 び 出 す こ と で , 特 定 の Core OS チ ャ の コ ン ピ ュ ー タ を 作 っ て い た こ と は 有 に 依 存 し な く て も 済 む よ う に な り ま す [ 注 1 ] 。 で し よ う か ? 結 論 か ら 言 え ば 「 Yes で も あ り No で も あ 名 な 話 で す 。 こ の と き NeXISPEP と い う Ma Mac OS X が , そ の OPENSPEP の 考 え の る 」 と い っ た と こ ろ で す 。 と い う の も Mac O ch カ ー ネ ル を ベ ー ス に し た GUI 環 境 の OS が 延 長 だ と す れ ば 「 Mac OS X=OPENSTEP for 32 C MAGAZINE 2001 6 。 = 。 = 、 Mac OS X の 概 要

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


A uaD 進 化 を ル な 加 Ⅳ 4 加 房 渡 辺 竜 生 = 著 わ か る 本 の し く み が Mac OS X Publishing BANK Rhapsody / Cyan ・ Siam / Cheetah / Puma /Jaguar SOFT / Duet ・ Minuet / Fortissimo / Mac OS Enterprise / Titan n Black /Allgro / The Ric Ford Release / Veronica / Sonata / Gershwin Harmony / ldes of Buster / Tempo / Copland / Bride Of Buster / Men rripoli / Jirocho/ Dan00k /Marconi / Unity / Buster / Son 0fBusterr / Danook / Thag / Copland / Road Wamier ・ Bata Cheese / Cube-E ・ I pleiades / 7-Up / Road Warrior ・ Beta Cheese / C 叩 one ・ Mozart /

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


Mac OS X の 導 入 VMac OS X 10.2 の ホ ー ム テ ィ レ ク ト リ 0 0 全 watanabe 0 0 CD 一 3 ラ イ プ ラ リ ビ ク チ ャ ミ ュ ー ジ ッ ク サ イ ト バ ブ リ ッ ク 0 バ ー ジ ョ ン 10.2 で は 、 す べ て の フ ォ ル ダ が 日 本 語 で 表 記 さ れ て い る 。 OS 、 Ⅸ の Mac OS x の シ ス テ ム は 、 大 き く 分 け て 「 コ ア OS 」 「 描 画 シ ス テ ム 」 「 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 」 「 ユ ー ザ イ ン タ フ ェ ー ス 」 の 4 つ の 層 で 構 成 さ れ て い ま す 。 vMac OS X の 構 造 Platinum ユ ー ザ イ ン タ フ ェ イ ス iAppearanc91 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 Aqua Cocoa BSD Java Ca 「 bon Classic ~ Quartz 描 画 シ ス テ ム Darwin コ ア OS 朝 コ ア OS 、 Darwin Mac OS )< の 基 盤 と な っ て い る の は 「 Darwin 」 と い う POS Ⅸ 仕 様 に 準 拠 し た UN Ⅸ OS で す 。 こ の Da in と は 、 Carnegie Mellon 大 学 で 開 発 さ れ た 、 「 Mach 」 ( マ ー ク ) マ イ ク ロ カ ー ネ ル を 利 用 し 、 サ ー バ 用 途 な ど で 高 い 信 頼 性 を 誇 る ca ⅱ fornia 大 学 の Berkeley 校 が 開 発 し た 「 BSD (BerkeIey software Distribution) 」 と A 曰 レ ベ ル で 互 換 性 を 持 つ よ う に 設 計 さ れ 6

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


Finder 朝 三 2 瓢 至 ウ イ ン ド ウ の 基 本 操 作 TI Mac OS 9. x ま で と 同 様 、 Mac OS X も シ ス テ ム の 起 動 処 理 が 完 了 し た ら 、 最 初 に 「 Finder 」 が 起 動 し ま す 。 し か し Finde 「 と い う 名 前 は 同 じ で も 、 そ の 機 能 に は さ ま ざ ま な 相 違 点 が あ り ま す 。 Mac OS 9. x ま で の Finde 「 と 同 じ 感 覚 で 操 作 し て い る と 、 ス ト レ ス を 感 じ た り 、 操 作 ミ ス を 起 こ し て し ま い ま す 。 そ こ で 、 こ の 章 で は Mac OS X に 移 行 し た ユ ー ザ を 対 象 に 、 Mac OS X の Finder の 機 能 と 操 作 方 法 を 紹 介 し ま す 。 す で に Mac OS x を 使 用 し て い る ユ ー ザ も 、 復 習 を 兼 ね て ざ っ と 目 を 通 し て み て く だ さ い 。 今 ま で 気 付 か な か っ た Finder の 機 能 や 便 利 な 使 い 方 に 出 合 え る か も し れ ま せ ん 。 れ dé ー Finder の ウ イ ン ド ウ の タ イ ト ル バ ー に は 、 各 種 の ウ イ ン ド ウ コ ン ト ロ ー ラ が あ り ま す 。 た だ 、 ボ タ ン の 位 置 や 機 能 に は 、 Mac OS 9. x ま で の Finder と 若 干 違 い が あ り ま す 。 [ ク ロ ー 小 化 ] [ ズ ー ム ] の 各 ボ タ ン は 、 Mac OS x で は 左 端 に ま と め て 配 置 さ れ 、 右 端 に は ツ ー ル バ ー の 表 示 / 非 表 示 を 切 り 替 え る [ ツ ー ル バ ー ] ボ タ ン が 配 置 さ れ ま す 。 ま た 、 Mac OS 9. x ま で の Finde 「 で は 、 「 最 小 化 」 ボ タ ン を ク リ ッ ク す る と ウ イ ン ド ウ が 折 り 畳 ま れ ま す が 、 Mac OS X の Finder で は Dock ( p. 58 参 照 ) に 収 納 さ れ ま す 。 マ ウ イ ン ド ウ コ ン ト ロ ー ラ と 機 能 e @ 厘 亘 全 コ ン ビ ュ ー タ ホ ー ム よ く 使 う 項 目 26 項 目 、 7.4 ー CB 空 き は ユ ー テ ィ リ テ ィ ま る 進 む ロ ロ 6 る 応 「 M 設 定 ア シ ス タ ン ト AirMac 管 理 ユ ー テ ィ リ テ ィ As は Text Extras 8 ⅳ 獸 物 フ ァ イ ル 交 換 CP リ モ ニ タ Apple Sy ・ m P 「 0 用 18

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


1 . 1 Mac OS X の 概 要 V 可 00 Y Engine Mac OS X は 、 PowerMac G4 に 搭 載 さ れ て い る CPU 、 PowerPC G4 ( Motoro 社 製 MPC7400 シ リ ー ズ ) に 内 蔵 さ れ る 「 velocity Engine 」 ( べ ロ シ テ ィ エ ン ジ ン 、 マ ル チ メ デ ィ ア 系 デ ー タ 用 演 算 ユ ニ ッ ト ) に 、 シ ス テ ム レ ベ ル で 対 応 し ま す 。 同 ク ロ ッ ク の PowerPC G3 (PPC/MPC750 シ リ ー ズ ) と PowerPC G4 を 搭 載 し た Mac を 比 較 し た 場 合 、 後 者 の ほ う が 画 面 の 描 画 処 理 な ど が 高 速 化 さ れ る の は 、 こ の 機 能 に よ る も の で す 。 な お 、 こ の 技 術 は 開 発 元 の Motoro ぬ 社 で は 「 AItiVec 」 と 呼 ば れ て い ま す 。 Quartz Mac OS x で は 、 Mac OS 9. x ま で の シ ス テ ム で 使 用 さ れ て い る 「 QuickDraw 」 に 代 わ っ て 、 「 Quartz 」 ( ク オ ー ツ ) と 呼 ば れ る 新 し い 描 画 シ ス テ ム が 、 メ イ ン シ ス テ ム と し て 採 用 さ れ て い ま す ( 従 来 の QuickDraw の 機 能 は Qua の 中 に 包 括 さ れ て い る の で 、 QuickDraw が 使 用 で き な く な っ た わ け で は あ り ま せ ん ) 。 Quartz は 、 画 像 の リ ア ル タ イ ム 描 画 や 文 字 の ア ン チ ェ イ リ ア ス 処 理 、 変 形 、 合 成 機 能 な ど 、 高 度 な 描 画 機 能 を 多 数 装 備 し て い ま す 。 Aqua Mac OS 9. x ま で の 「 プ ラ チ ナ ・ ア ピ ア ラ ン ス 」 に 代 わ っ て 、 Mac OS X で は 「 Aqua 」 ( ア ク ア 、 水 の 意 味 ) と 呼 ば れ る ユ ー ザ イ ン タ フ ェ ー ス が 採 用 さ れ て い ま す 。 青 色 と 半 透 明 を 基 調 に し た デ ザ イ ン は 、 そ の 名 に ふ さ わ し い 仕 上 が り と な っ て い ま す 。 朝 複 数 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 Mac OS 9. x ま で の シ ス テ ム で は 、 メ イ ン の ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 は 、 Mac OS そ の も の 一 つ だ け で す 。 正 確 に い え ば 、 も う ー っ Java が あ り ま す が 、 実 装 さ れ て い る 仕 様 が 古 い の で 、 あ ま り 実 用 的 で は あ り ま せ ん 。 一 方 、 Mac OS x に は 大 き く 分 け て ℃ ocoa 」 ℃ arbon 」 raassic 」 「 Java 」 「 BSD 」 の 5 つ の ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 行 環 境 が あ り 、 そ の い す れ も が 実 用 的 な レ ベ ル で 実 装 さ れ て い ま す 。 な お 、 各 実 行 環 境 の 概 要 に つ い て は 、 次 項 で 紹 介 し ま す 。 朝 マ ル チ ュ ー サ シ ス テ ム Mac OS 9. x ま で の シ ス テ ム は 、 1 台 の Mac を 1 人 の ユ ー ザ が 独 占 的 に 使 用 す る こ と を 前 提 に 開 発 さ れ た 「 バ ー ソ ナ ル 」 コ ン ピ ュ ー タ 用 の シ ス テ ム で す 。 Mac OS 9.0 で 、 複 数 の ユ ー ザ で Mac を 共 用 す る た め の マ ル チ ュ ー ザ 機 能 が 採 用 さ れ ま し た が 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン 側 の 対 応 が 完 全 で は な く 、 使 用 で き る 環 境 が 限 ら れ て い ま す 。 3

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


は じ め に APP 社 が 社 運 を か け て 開 発 し た 「 Mac OS X 」 は 、 Mac 用 に 開 発 さ れ た OS で あ り な が ら 、 1984 年 に 登 場 し た System 1 .0 に 始 ま る Mac OS 9. x ま で の 流 れ と は 、 直 接 的 な 系 譜 関 係 に は あ り ま せ ん 。 む し ろ ま っ た く 別 物 と 言 っ て も い い く ら し 、 中 身 が 異 な る OS で す 。 Mac OS X の 最 大 の 特 徴 は 、 シ ス テ ム の 基 盤 に UN Ⅸ の 技 術 採 用 し た こ と で す 。 そ の こ と に よ っ て 、 マ ル チ タ ス ク や メ モ リ 保 護 、 対 称 型 マ ル チ プ ロ ッ シ ン グ (SMP) な ど 、 Mac OS 9. x で は 対 応 で き な い 重 要 な 機 能 を 、 Mac ユ ー 一 手 に 入 れ る こ と が で き ま し た 。 し か も 、 素 の ま ま で は 操 作 が 難 か し い IJN に 、 今 pp 厄 社 は 機 能 的 で 美 し い イ ン タ ー フ ェ ー ス 「 Aqua 」 を 被 せ る こ と に よ っ て 、 こ く 普 通 の Mac ユ ー ザ が 容 易 に 操 作 で き る よ う に し て く れ ま し た 。 一 般 の IJN Ⅸ で は 避 け て と お れ な い 「 コ マ ン ド 操 作 」 は 、 Map OS >( を 普 通 に 使 う 限 り 不 要 で す ( シ ス テ ム や ア プ リ ケ ー シ ョ ン の バ グ で 、 ま れ に 使 用 を 強 、 ら れ る こ と も あ り ま す が ・ ・ ・ ・ ・ ・ ) 。 と こ ろ で 、 2002 年 3 月 に M00 OS >< の 最 初 の バ ー ジ = ン が 登 場 し 佇 き 、 世 間 の 評 価 は 散 々 で し た 。 対 応 ア プ リ ケ ー シ ョ ン や 周 辺 機 器 は わ ず か し か な く 、 し か も 動 作 は お そ ろ し く 緩 慢 で 、 お 世 辞 に も 実 用 的 な OS と は 言 え ま せ ん で し た 。 何 と か 使 え る か な 、 と 初 め て 思 っ た の は 、 半 年 後 に 初 の メ ジ ャ ー バ ー ジ ョ ン ア ッ プ 版 「 Mac OS X 10.1 」 が 登 場 し た と き で す 。 こ の バ ー ジ ョ ン で は 、 最 大 の 懸 案 で あ っ た 動 作 速 度 が 大 き く 改 善 さ れ ま し た 。 こ の IO. 1 ? 場 を き っ か け に 、 対 応 ア プ リ ケ ー シ ョ ン や 周 辺 機 器 が 急 激 に 増 加 し て い き ま し た 。 そ し 5 、 2002 年 8 月 24 日 、 ニ 度 め の メ ジ ャ ー バ ー ジ ョ ン ア ッ プ 版 で あ る 、 「 Mac OS X 10.2 」 が 場 し ま し た 。 こ の バ ー ジ ョ ン で は 、 リ リ ー ス 以 来 抱 え て い た 問 題 の 半 を 解 消 さ れ 、 し か も 数 多 く の 優 れ た 新 機 能 が 追 加 さ れ て い ま す 。 私 と し て も 、 よ う や 心 か ら 他 人 に Mac 0 冒 >< へ の 乗 り 換 え を 勧 め る こ と が で き る よ う に な り 、 一 安 心 で す し か し 、 実 際 に Mac OS ユ ーザ が Mac OS >( に 移 行 し よ う と し た 場 合 、 シ ス テ ム の 基 盤 や イ ン タ ー フ ェ ー ス が 異 な る た め 、 今 ま で 蓄 積 し て き た 知 識 が 応 用 で き ず 困 惑 す る こ と が 多 い の も 、 ま た 事 実 で す よ ↓ か も 、 そ の 度 合 い は べ テ ラ イ 夛 ー ザ で あ れ ば あ る ほ ど 高 く な り ま す 。 そ こ で 、 本 書 で は 主 に M ~ bS 9. x か ら Mac OS )< に 移 行 す る ユ ー ザ の 視 点 に 立 っ て 、 Mac OS X を 便 利 に 使 う た め の 技 術 や Mac OS X を 理 解 す る た め の 情 報 を 紹 介 す る こ と に し ま し た 。 本 書 が 1 人 で も 多 く の 「 新 」 Mac OS X ユ ー ザ の 助 け と な れ ば 幸 い で す 。 2002 年 9 月 渡 辺 竜 生

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


3.8 ロ assic 環 境 の 設 定 0 CIassic 環 境 に 対 応 し て い な い 機 能 拡 張 類 は 、 起 動 画 面 に 表 示 さ れ る ア イ コ ン に 赤 い >< 印 が 付 く 。 機 能 拡 張 類 の 整 理 に は 、 Mac OS 9. x に 付 属 す る 「 機 能 拡 張 マ ネ ー ジ ャ 」 コ ン ト ロ ー ル バ ネ ル を 利 用 す る と い い で し よ う 。 有 効 に し た い 機 能 拡 張 類 の 組 み 合 わ せ を 「 セ ッ ト 」 と し て 登 録 し て お く 機 能 も あ り ま す の で 、 た と え ば Mac OS 9. x で 起 動 す る 場 合 の セ ッ ト と 、 CIassic 環 境 で 利 用 す る 場 合 の シ ン プ ル な セ ッ ト を 作 っ て お き 、 適 時 切 り 替 え る こ と も で き ま す ( 後 述 ) 。 た だ 、 ハ ー ド デ ィ ス ク に 余 裕 が あ れ ば 、 Mac OS 9. x と し て 起 動 す る 場 合 の シ ス テ ム フ ォ ル ダ と 、 Classic 環 境 用 の シ ス テ ム フ ォ ル ダ を 別 に 作 っ て 、 そ れ ぞ れ 異 な る ボ リ ュ ー ム に 置 い て お く こ と を お 勧 め し ま す 。 ね 09i0 ぐ 、 テ ム の ア ッ プ Apple 社 は 当 初 は Mac OS )< の リ リ ー ス 後 も 、 Mac OS 9. x の 開 発 を 並 行 し て 続 け る 予 定 で し た が 、 そ の 後 方 針 を 転 換 し て 、 最 終 的 に は Mac OS 9. x の 新 規 開 発 を 停 止 す る こ と に し ま し た 。 こ れ は 「 今 後 は Mac の OS は Mac OS X に 一 本 化 す る 」 と い う App 社 の 強 い 決 意 の 表 れ で す 。 実 際 、 2002 年 5 月 の WWDC ( 世 界 開 発 者 会 議 ) の 基 調 講 演 で は 、 Mac OS 9 の お 葬 式 が 行 わ れ ま し た し 、 そ の 後 、 xserve の よ う に Mac OS 9. x で は 起 動 で き な い Mac も 現 れ 始 め ま し た 。 し か し 、 ユ ー ザ が 必 要 と す る ア プ リ ケ ー シ ョ ン が す べ て Mac OS X に 対 応 し な い 限 り 、 Mac OS 9. x の 需 要 は な く な り ま せ ん 。 少 な く と も Classic 環 境 と し て の Mac OS 9. x は 必 要 で す 。 そ の た め 、 Mac OS 9. x に 残 っ て い る 不 具 合 の 修 正 ( メ ン テ ナ ン ス ) は 今 も 続 け ら れ て お り 、 不 定 期 に ア ッ プ デ ー タ が 配 布 さ れ て い ま す 。 Mac OS 9. x の ア ッ プ デ ー タ を 適 用 す る に は 、 シ ス テ ム を Mac OS 9. x で 起 動 し て 、 「 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ア ッ プ デ ー ト 」 コ ン ト ロ ー ル バ ネ ル を 使 用 す る の が 手 軽 で す 。 Mac OS X と Mac OS 9. x の バ ー ジ ョ ン の 組 み 合 わ せ に よ っ て は 、 Classic 環 境 内 で 「 ソ フ ト ウ ェ ア ・ ア ッ プ デ ー ト 」 コ ン ト ロ ー ル バ ネ ル が 使 用 で き て し ま う こ と も あ る の で す が 、 App 社 は そ の よ う な 方 法 を 認 め て い ま せ ん し 、 安 全 性 を 考 え れ ば や め て お い た 方 が 無 難 で す 。 そ の 他 ア ッ プ デ ー ト の 際 の 注 意 点 と し て は 、 App 厄 社 純 正 以 外 の 機 能 拡 張 類 を 停 止 し て お く こ と ( と く に ア ン チ ウ イ ル ス ソ フ ト 関 係 の 機 能 拡 張 ) 、 安 定 し た 電 源 を 確 保 す る こ と ( PowerBook や iBook は 必 す 電 源 ア ダ ブ タ を 使 用 す る ) な ど が 挙 げ ら れ ま す 。 0 環 境 の 選 と 起 動 法 Classic 環 境 と し て 利 用 す る Mac OS 9. x の シ ス テ ム フ ォ ル ダ は 、 Mac OS X の シ ス テ ム と 同 じ ボ リ ュ ー ム に 置 く こ と も で き ま す し 、 別 の ボ リ ュ ー ム に 置 く こ と も で き ま す 。 ま た 、 1 129

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


AQ リ A の 進 化 論 lndex lndex ・ ・ ・ 166 ・ ・ ・ 303 ・ ・ ・ 305 ・ ・ ・ 215 ・ ・ ・ 214 ・ ・ ・ 250 ・ ・ ・ 247 ・ ・ ・ 338 ・ ・ ・ 204 , 206 ・ ・ ・ 25 , 64 ・ ・ ・ 138 , 140 ・ ・ ・ 350 ・ ・ ・ 187 , 191 ・ ・ 186 ・ ・ 197 ・ ・ 186 , 188 ・ ・ ・ 139 ・ ・ ・ 127 ・ ・ ・ 130 ・ ・ 156 ・ ・ ・ 364 ・ ・ ・ 3 , 12 ・ ・ ・ 122 ・ ・ ・ 90 ・ ・ ・ 189 ・ ・ ・ 336 ・ ・ ・ 196 ・ ・ ・ 198 Disk First Aid ・ ・ Disk copy ( デ ィ ス ク イ メ ー ジ ) ・ ・ Disk Copy ( 消 去 ) ・ Disk COPY ( 暗 号 化 ) ・ Disk copy (CD/DVD 作 成 機 能 ) Desktop Picture フ ォ ル ダ Deleted Users フ ォ ル ダ ・ ・ Darwin ・ ・ CPU Coela ( ラ ベ ル ) CoeIa ( 長 い フ ァ イ ル 名 ) ・ ・ CIassic ( シ ス テ ム 環 境 設 定 ) Classic Menu Classic C 旧 フ ォ ン ト CD/DVD 作 成 機 能 CD/DVD ( シ ス テ ム 環 境 設 定 ) ・ ・ CD-R/RW ・ CD-DA Carbon Copy Cloner BSD ・ ATM ・ ・ ASM ・ ・ Aqua AppleTalk ・ Apple フ ァ イ ル 保 護 Apache anonyumous ・ AltiVec ・ ・ AirMac べ ー ス ス テ ー シ ョ ン ・ ・ AirMac 設 定 ア シ ス タ ン ト AirMac 管 理 ユ ー テ ィ リ テ ィ AirMac DNS 4 FAT ・ ・ ・ 49 Favorites フ ォ ル ダ fbit フ ォ ン ト ・ ・ fdfont ・ FileXaminer ・ Flnder 情 報 ・ Finder の 環 境 設 定 ・ Fonts フ ォ ル ダ KerneI Joliet J ava iTunes ・ ・ 旧 09660 ・ ・ IP マ ス カ レ ー ド iDisk ID ( 項 目 ) ・ ・ HFS Plus HFS FTP サ ー パ ・ fsck ・ ・ FruitMenu ・ ・ ・ ・ ・ 137 ・ ・ ・ 141 ・ ・ ・ 46 ・ ・ ・ 164 ・ 144 ・ ・ ・ 200 ・ ・ ・ 250 , 253 ・ ・ ・ 57 , 152 ・ ・ ・ 57 , 152 , 159 Dock ・ Dock サ イ ズ ・ Dock ポ ッ プ ア ッ プ メ ニ ュ ー Ethernet カ ー ド ・ DVD-R/RW ・ ・ ・ DropStuff DoS 攻 撃 ・ ・ ・ ・ 54 , 58 , 91 ・ ・ ・ 92 ・ ・ ・ 59 , 61 ・ ・ ・ 329 ・ ・ ・ 337 ・ ・ 186 ・ ・ ・ 230 Keychains フ ォ ル ダ login Long 旧 fO CMM ・ ・ Mac OS X Server ・ MacOS 拡 張 フ ォ ー マ ッ ト ・ ・ Mach ・ ・ MAC ア ド レ ス ・ MP3 CD ・ ・ NTP サ ー パ ・ NAT ・ ・ NAPT ・ NakedCID フ ォ ン ト PFKeyAvaikerX OPT ・ ・ OpenType フ ォ ン ト Open Firmware Password ・ OCF フ ォ ン ト ・ ・ ・ 162 ・ ・ ・ 266 ・ ・ ・ 326 ・ ・ 167 , 187 ・ ・ 191 ・ ・ ・ 3 , 10 ・ ・ 187 ・ ・ ・ 295 ・ ・ ・ 1 19 ・ ・ ・ 156 ・ ・ ・ 235 ・ ・ 152 ・ ・ ・ 311 ・ ・ ・ 193 139 ・ ・ ・ 326 ・ ・ ・ 325 ・ ・ ・ 358 ・ ・ ・ 138 ・ ・ ・ 340 ・ ・ ・ 143 ・ ・ ・ 281 ・ ・ ・ 76 365

Aquaの進化論~Mac OS Xのしくみがわかる本


共 有 サ ー ビ ス ま れ る WebDAV サ ー バ が 、 ク ラ イ ア ン ト か ら の リ ク エ ス ト は シ フ ト J 旧 で 符 号 化 し た も の を 受 け 付 け る と い う 、 独 自 仕 様 に な っ て い る た め と 思 わ れ ま す 。 そ の た め 、 ⅱ s 以 外 の 一 般 的 な WebDAV サ ー バ を 利 用 す る 場 合 、 日 本 語 の フ ォ ル ダ ・ フ ァ イ ル 名 を 表 示 す る こ と は で き て も 、 読 み 出 し や 書 き 込 み が う ま く で き な い 、 と い う 問 題 が 起 こ り ま す 。 そ こ で 、 ク ラ イ ア ン ト か ら の リ ク エ ス ト を 自 動 的 に UTF ー 8 に 変 換 す る モ ジ ュ ー ル 「 mod-encoding 」 が 、 山 田 泰 資 氏 に よ っ て 開 発 さ れ ま し た 。 最 近 で は 、 多 く の WebDAV サ ー バ に 「 mod_encoding 」 が 組 み 込 ま れ て い ま す の で 、 問 題 が 起 こ る こ と は 少 な い と は 思 い ま す が 、 不 具 合 が 生 じ た 場 合 は WebDAV サ ー バ の 管 理 者 に 相 談 し て み て く だ さ い 。 ま た 、 WebDAV サ ー バ が Mac OS x (Mac OS x server も 含 む ) 上 で 動 作 し て い る 場 合 は 、 も う ー っ 別 の 問 題 が 生 じ る こ と が あ り ま す 。 そ れ は FTP サ ー バ の と こ ろ で も 触 れ た 、 Unicode 文 字 の 表 示 形 式 の 違 い に よ る 結 合 文 字 の 文 字 化 け で す ( p. 251 参 照 ) 。 こ ち ら の 問 題 に 対 し て も 、 宮 本 久 仁 男 氏 に よ っ て Mac os x 用 の バ ッ チ が 開 発 ・ 公 開 さ れ て い ま す の で 、 回 避 す る こ と は 可 能 で す 。 も し 、 Windows ク ラ イ ア ン ト で 濁 点 や 半 濁 点 の 文 字 化 け に 遭 遇 し た 場 合 は 、 や は り WebDAV サ ー バ の 管 理 者 に 相 談 し て 、 対 処 し て も ら っ て く だ さ い 。 【 fo 】 Mac OS X を WebDAV サ ー バ に す る に は WebDAV サ ー バ に は 何 種 類 も あ り ま す が 、 も っ と も 一 般 的 な の は web サ ー バ 「 Apache 」 に 「 mod-dav 」 と い う モ ジ ュ ー ル を 追 加 し た も の で し よ う 。 現 在 の 「 Apache 1.3. x 」 で は 、 「 mod_dav 」 は オ プ シ ョ ン 扱 い で す が 、 次 期 バ ー ジ ョ ン の 2.0 で は 標 準 で 組 み 込 ま れ る こ と に な っ て い ま す 。 と こ ろ で 、 本 文 中 で は WebDAV ク ラ イ ア ン ト の 使 い 方 の み に 触 れ た の で す が 、 実 は MacOSX に は 「 mod_dav 」 が 標 準 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 Mac OS X に は WebDAV サ ー バ の 機 能 が 最 初 か ら 組 み 込 ま れ て い る の で す 。 た だ し 、 そ の 機 能 を 有 効 に し て WebDAV サ ー バ を 運 用 す る に は 、 「 Apache 」 の 設 定 フ ァ イ ル を 書 き 換 え る な ど 相 応 の UN Ⅸ の 知 識 が 必 要 と な り ま す 。 興 味 の あ る 方 は 、 URL ま た 、 商 用 サ ー バ で あ る Mac OS X server で は 、 Aqua 上 で WebDAV サ ー ノ ヾ の 設 わ せ p : / / Ⅳ Ⅳ Ⅳ ノ ocus. co. 加 / 発 行 : ロ ー カ ス 社 著 者 : 秋 田 克 彦 ・ 大 津 真 ・ 柴 田 文 彦 Mac OS X UN Ⅸ 的 徹 底 活 用 講 座 (ISBN 4-89814-368-7 ) 以 下 の 書 籍 の 解 説 を 参 考 に さ れ る と い い で し よ う 。 272