検索 - みる会図書館

検索対象: カビと酵母ー生活の中の微生物―

カビと酵母ー生活の中の微生物―から 250件ヒットしました。

カビと酵母ー生活の中の微生物―


文 献 こ の 分 野 の 研 究 報 告 は き わ め て 多 い の で 、 総 合 的 な も の を 挙 げ る 。 ( 1 ) Banno I. Studies on the sexuality 0f R ぎ 、 ミ 7 、 ぶ . ト G ミ ~. 4 l. M き 13. 167 ー 196 ( 1967 ) ( 2 ) Hasegawa T. A report on the taxonomy of red t0 orange R 、 0 、 0 ミ ぶ . ゝ ミ ミ ミ R 0 ミ 、 the s ミ ミ e さ 、 F ミ 、 ミ e ミ ミ ぎ ド Osaka. No. 2 , 1 ー 25 ( 1965 ) ( 3 ) 山 田 雄 三 「 呼 吸 鎖 に 関 与 す る キ ノ ン 類 の 分 子 種 に 基 づ く 徴 生 物 の 分 子 系 統 分 類 」 「 ハ イ オ サ イ エ ン ス と ・ ハ イ オ イ ン ダ ス ト リ ー 」 四 九 、 一 九 ー 二 九 頁 ( 一 九 九 一 ) ( 4 ) Nakase T. , Hamamoto M. , and Sugiyama J. Recent progress in the systematics Of basidiomycetous yeasts. ド ト ミ ed. 40C0 、 . 32 , suppl. 2 , 21 ー 30 ( 1991 ) ( 5 ) Komagata K. Value Of chemosystematic data for predicting anamorph-teleomorph relationships bet ・ 究 研 ween genera R ぎ 戔 0 、 0 ミ and R 、 040 ミ ミ ミ . FEMS M き ミ . ト e ミ ). 10P 503 ー 508 ( 1992 ) の 母 ( 6 ) 徐 聖 義 杉 山 純 多 「 分 子 的 デ ー タ に 基 づ く 担 子 菌 系 酵 母 の 系 統 解 析 」 「 農 化 』 六 八 、 六 七 ー 七 一 頁 ( 一 九 九 四 ) 酵 属 ( 7 ) 坂 野 勲 「 担 子 菌 系 酵 母 の 有 性 時 代 発 見 と そ の 後 の 推 移 」 IFO Res. Comm. 17 し 4 ー 61 ( 1995 ) る け 駆 先 界 世 2

カビと酵母ー生活の中の微生物―


植 物 の 名 前 の つ け か た 植 物 学 名 入 門 —l ・ ・ べ ィ リ ー 著 編 集 部 訳 学 名 は な ぜ っ け ら れ る の か ? 学 名 は ど の よ う に し て つ け ら れ る の か ? 学 名 の 基 礎 知 識 ・ う ん ち く を 満 載 ! 学 名 命 名 の 歴 史 、 リ ン ネ の 業 績 と そ の 意 義 、 同 定 の < 5 2 8 0 0 円 重 要 性 、 命 名 の ル ー ル な ど を 詳 説 。 植 物 の 名 前 の 話 前 川 文 夫 著 ア セ ビ は な ぜ 馬 酔 木 な の か ? 植 物 学 ・ 言 語 学 ・ 民 俗 学 な ど 幅 広 い 視 野 か ら 、 謎 解 四 六 判 2 0 。 。 円 き に も 似 た 筆 致 で 綴 っ た 植 物 名 語 源 考 。 日 本 の 文 化 が 見 え て く る 。 植 物 入 門 前 川 文 夫 著 桜 、 椿 、 柊 、 菖 蒲 な ど 身 近 な も の を 例 に 挙 げ な が ら 、 植 物 の 面 白 さ を 平 易 に 語 る 。 四 六 判 2 0 。 0 円 進 化 、 形 態 、 語 源 、 分 類 : : や さ し い 植 物 学 入 門 植 物 和 名 語 源 新 考 0 女 圧 し ( お み な お し ) 深 津 正 著 オ ミ ナ ェ シ 女 性 を 圧 倒 す る 美 し さ ム ク ノ キ 木 は 材 木 、 葉 は 木 材 の さ 仕 上 げ に 使 用 0 木 工 の 木 ( む く の き ) 四 六 判 2 4 0 0 円 乳 酒 の 研 究 乳 文 化 に つ い て の 一 考 察 越 智 猛 夫 著 「 乳 酒 」 乳 と 乳 酒 文 化 、 主 に モ ン ゴ ル 族 の 乳 利 用 、 乳 酒 の 意 義 を 詳 説 し 、 わ が 国 に お け る 乳 製 品 の 生 産 、 利 用 、 研 究 を 解 き 明 か す 、 文 化 的 資 料 価 値 の 高 い 研 究 書 。 < 5 9 515 円 ( 定 価 は 税 抜 き 価 格 )

カビと酵母ー生活の中の微生物―


る す 転 性 て え 参 考 文 献 変 を こ こ に 述 べ た 研 究 の 理 論 的 発 展 と 意 義 に つ い て は 以 下 の 文 献 に 記 述 が あ る 。 造 Herskowitz, l. and Y. Oshima. 1981. Control Of cell type in S 心 c ミ ミ き ミ s 2 、 、 e こ ミ 【 mating-type and mating- 構 () 「 pe interconve 「 ム0n. ln The ミ 0 ( ・ ミ ミ 、 010. 一 、 the Y 「 ミ 4 S ミ ミ 、 0 ) . ・ ト 0 ミ e ミ ミ 斗 子 伝 (ed. J. N. Strathern et ミ . ) , p. 181 ー 209. C01d Spring Harbor Laboratory, Cold Spring Harbor, N. イ . He 「 skowitz, I., J. Rine, and J. Strathe 「 n. → 992. Mating-type dete 「 mination and mating-type inte 「 conversion 酵 in S ミ こ ミ き es ミ . ln ト ミ 0 c ミ ミ 、 ミ ミ 0 = ミ ミ 、 B こ ~ 00 、 the ) 、 き s 、 Saccharomyces 〕 G ミ ミ 8 Barbara McClintock 』 で あ っ た 。 コ ー ル ド ス プ リ ン グ ハ ー 研 究 所 に つ い た 私 は 、 そ の 当 時 研 究 所 で こ の 課 題 の 研 究 に 参 加 し て い た ア ー マ ー ・ ク ラ ー 博 士 の 誘 い で 、 数 少 な い 研 究 所 の 住 人 で あ る 女 史 を 訪 問 し 、 ア イ デ ア を 借 用 し た こ と へ の お 礼 を 申 し 上 げ た 。 女 史 も 私 の こ と は よ く ご 存 じ で 訪 問 を 喜 ん で く だ さ っ た 。 つ い で に 当 時 、 理 学 部 生 物 学 科 に 学 ん で い た 娘 へ の 土 産 に と 、 前 記 の 書 物 に サ イ ン を お 願 い し た 。 し か し 女 史 は そ の よ う な こ と は ま っ た く お 嫌 い で 、 し か も 自 分 の 著 書 で も な い 書 物 ー ・ ク ラ ー 冫 い た ア ー マ に サ イ ン す る な ど と ん で も な い と ご 機 嫌 を 損 ね て し ま っ た 。 そ の と き 、 傍 ら こ 博 士 か ら 、 女 史 の ノ ー ベ ル 賞 受 賞 講 演 を 記 録 し た サ イ エ ン ス 誌 の 別 刷 り に サ イ ン し て は と ロ 添 え が あ り 、 機 嫌 を な お し た 女 史 は 別 刷 り を 取 り 出 し 、 そ の 一 部 に さ ら さ ら と サ イ ン を し て く た さ っ た 。 ア ー ・ ク ラ ー 博 士 も つ い で に 同 様 な 一 部 を せ し め た よ う で あ っ た 。

カビと酵母ー生活の中の微生物―


カ ビ の 面 か ら 酵 母 の 分 類 を 眺 め て み よ 、 と い う 題 目 を 与 え ら れ た 。 不 明 瞭 の と こ ろ ば か り 残 さ れ て い る 現 在 の 両 者 の 分 類 体 系 、 視 点 が 同 じ と も い え な い 部 分 の 多 い 両 者 の 分 類 学 を 正 確 に 論 ず る 力 は と て も 持 ち 合 わ せ な い し 、 書 い て い る 間 に 、 カ ビ と は 、 酵 母 と は 、 と い う 出 発 点 に 戻 っ て し ま っ た 。 そ こ で 、 現 在 は も う 子 嚢 菌 類 や 担 子 菌 類 と 酵 母 と い わ れ る 生 物 群 と の 結 び つ き を 語 る 事 実 は た く さ ん わ か っ て き て い る な か で 、 こ こ で は 今 ま で の 両 者 の 関 係 の 流 れ を 振 り 返 っ て 述 べ る こ と に す る 。 カ ビ と 酵 母 の 最 初 の 認 識 カ ビ と か 酵 母 と い う 言 葉 が ま だ わ れ わ れ の 前 に 現 わ れ る す っ と 以 前 、 人 類 は ま ず 周 囲 の 生 き 物 を 、 動 く も の を 動 物 、 動 か な い も の を 植 物 と し て 区 別 す る こ と か ら 始 め た 。 そ の 植 物 を 考 究 す る 学 問 、 す な わ ち 植 物 学 の 始 ま り は 、 ギ リ シ ア の テ オ フ ラ ス ト ス の 『 植 物 誌 』 ( 紀 元 前 三 〇 〇 年 こ ろ ) と い わ れ カ ビ と い い 酵 母 と い う 生 物 椿 啓 介

カビと酵母ー生活の中の微生物―


標 題 の 、 水 が 好 き な カ ビ と い う と 奇 異 な 感 じ を 持 た れ る 方 々 も あ ろ う し 、 私 も 決 し て 最 初 か ら 水 の 中 ば か り に 研 究 の 目 を 向 け た わ け で も な く 、 本 来 、 陸 の カ ビ を 探 っ て い る 間 に 自 然 界 の 水 環 境 の あ り か た の 魅 力 に と り つ か れ た わ け で あ る 。 そ こ で 、 こ こ で は ま ず 陸 か ら 水 環 境 に つ な が っ た カ ビ の 存 在 か ら 話 を 進 め て み よ う 。 元 来 が 脇 道 の 研 究 の 一 つ と し て 進 め て き た 一 連 の カ ビ 物 語 で あ る 。 も と も と が 生 物 好 ぎ だ っ た た め か 大 学 の 卒 業 研 究 と い う 名 目 で カ ビ の 菌 体 成 分 や 色 素 の 研 究 の 手 伝 い を し て い る う ち 、 農 芸 化 学 出 身 に も か か わ ら ず 成 分 よ り は カ ビ 本 体 に 興 味 を 持 っ て し ま っ た 結 果 、 当 時 の 長 尾 研 究 所 長 の 小 南 清 先 生 の 助 手 を 務 め る こ と に な っ た の で あ る 。 い ろ い ろ な カ ビ を 見 た い と い う 若 造 の い ち ば ん 参 考 に な っ た 本 は 、 現 在 で も 名 著 と 思 う 斎 藤 賢 道 著 『 要 説 釀 酵 微 生 物 学 』 と い う 本 で あ っ た 。 そ こ に は 当 時 の 発 酵 学 の 対 象 と な っ て い た 細 菌 や カ ビ 、 酵 母 の 他 に 見 た こ と も な い さ ま ざ ま な カ ビ の 図 と 説 明 が あ っ た の で あ る 。 小 南 先 生 か ら 、 ま ず 土 壌 か ら カ ビ を 分 離 す る 方 法 を 指 導 さ れ た 私 は 、 与 え ら れ た 最 初 の 研 究 題 目 で あ る 土 壌 生 放 線 菌 類 を 分 離 し な が ら も 、 興 味 は い っ し ょ に 分 水 環 境 が 好 き な カ ビ を 探 る 椿 啓 介

カビと酵母ー生活の中の微生物―


あ る 日 、 親 友 の コ ー フ 教 授 お よ び 教 室 の ス タ ッ フ の 面 々 と カ ナ ダ 国 境 の 湿 地 帯 で 開 か れ る 著 名 な ペ ッ ク フ ォ ー レ と い う 菌 類 採 集 会 に 参 加 す る こ と に な っ た 。 日 曜 日 と い う の に 朝 の 大 学 の 研 究 室 に 集 ま る と 、 論 文 を 控 え た 大 学 院 生 た ち は す で に 顕 微 鏡 と 取 り 組 ん で い る 。 や が て 車 に 分 乗 し て 出 発 、 シ ラ キ ー ス を 経 て タ 方 に は カ ナ ダ 国 境 近 く の 目 的 地 に 着 い た 。 森 林 と 沼 沢 地 に 囲 ま れ た コ ョ テ の 声 も 聞 こ え る 大 自 然 の 真 ん 中 で あ る 。 翌 朝 早 く 、 宿 舎 を 出 て 広 々 と し た 北 米 の 自 然 を 満 喫 す べ く 一 面 が 霧 で お お わ れ た 草 原 を さ ま よ っ て い た 私 の 靴 は 、 日 本 の 早 朝 の 野 山 を 歩 く と き と 同 じ よ う に 霧 で び つ し よ り と 濡 れ た 。 息 が 白 い 雲 を つ く る 。 ま る で 透 明 な 真 珠 の よ う な 水 滴 が 足 下 の 葉 の 表 面 で 小 さ く 丸 く な っ た り 連 続 し て 盛 り 上 が っ た り し て い る 。 自 然 を 見 る に は し や が ん で 眺 め る の が よ い 。 じ ゃ れ つ く 子 犬 と 話 す よ う に 。 立 っ て 眺 め る 自 然 の 姿 と は ま た ひ と 味 ち が っ た 息 吹 を 感 ず る こ と が で き る の だ 。 そ の と き 、 ふ と 感 じ た の は 、 朝 霧 の 水 滴 も 小 さ い と は い え 、 一 つ の 水 環 境 で は な い か と 。 こ れ も 毎 日 、 毎 朝 繰 り 返 さ れ る 水 の 環 境 に ち が い な い 。 一 つ の ヒ ン ト を 覚 え た 私 は 霧 の 中 に 聞 こ え る 仲 間 の 呼 び 声 で わ れ に 返 り 、 そ の ヒ ン ト を 胸 に 秘 め た ま ま 採 集 会 に 加 わ っ た の で あ る 。 そ の 後 、 実 際 に 朝 霧 と カ ビ と の か か わ り を 追 っ た の は 、 そ れ か ら た い ぶ 経 っ た こ ろ 、 筑 波 大 学 の 菅 平 高 原 実 験 セ ン タ ー で 学 生 に か な り 厳 し い 徴 生 物 学 実 習 を 与 え て い た と き の こ と で あ る 。 そ の 物 語 は 拙 著 ( 『 カ ビ の 不 思 議 』 筑 摩 書 房 刊 ) に 詳 し く 述 べ て あ る が 、 朝 霧 と い う 小 さ な 水 の 中 に も 水 生 不 完 全 菌 の 仲 間 が い る こ と が わ か っ た ( 図 3 ) 。 そ の い く ぶ ん 生 態 的 な 研 究 を ま と め て イ ギ リ ス の リ ン ネ 協 会 植 物 学 雑 誌 に 発 表 ( 1985 ) す る と 、 日 本 で は あ ま り 反 応 は な か っ た が 、 先 の イ ン ゴ ル ド 博 士 や ウ ェ ブ ス タ ー 教 授 か ら 「 お も し ろ

カビと酵母ー生活の中の微生物―


植 物 学 と 植 物 画 大 場 秀 章 著 ル ド ウ テ 、 エ イ レ ッ ト 、 フ ィ ッ チ 、 バ ウ ア ー 兄 弟 、 科 学 史 に 名 を 残 す 植 物 画 家 た ち 。 彼 ら の 存 在 な く し て 、 今 日 の 植 物 科 学 は な か っ た 。 植 物 学 者 の パ ー ト ナ ー と し て 生 物 科 学 の 発 展 に 寄 与 し た 彼 ら の 系 譜 と 足 跡 、 そ し て 、 現 代 の 植 物 画 家 た ち の 活 躍 、 さ ら に ボ タ ニ カ ル ・ ア ー < 5 5 6 0 0 円 ト の 未 来 を 展 望 す る 。 植 物 画 と 植 物 学 を 結 ぶ わ が 国 初 の 著 作 ! シ ー ポ ル ト 日 本 の 植 物 ・ ・ ・ フ ォ ン ・ シ ー ポ ル ト 著 大 場 秀 章 監 修 ・ 解 説 瀬 倉 正 克 訳 日 本 の 植 物 を 本 格 的 彩 色 図 譜 で ヨ ー ロ ッ パ に 紹 介 し た 「 日 本 植 物 誌 』 よ り 、 シ ー ポ ル ト 本 人 の 手 に よ る 文 化 的 記 述 を 初 め < 5 3 6 0 0 円 て 全 訳 っ 当 時 の 植 物 利 用 法 な ど 民 俗 学 的 価 値 も 高 い 貴 重 な 資 料 。 植 物 の 魔 術 ・ プ ロ ス 著 田 口 啓 子 ・ 長 野 督 訳 食 虫 植 物 の 秘 密 ・ 驚 異 的 な 気 候 へ の 適 応 能 力 ・ 感 情 を も っ 植 物 : : 植 物 の 摩 訶 不 思 議 な 力 を 解 き 明 か す 。 私 た ち は ま だ 何 も 知 ら な い の か も し れ な い 。 四 六 判 2 9 0 0 円 世 界 樹 木 神 話 ・ プ ロ ス 著 藤 井 史 郎 ・ 藤 田 潮 ・ 善 本 孝 訳 「 世 界 は 一 本 の 木 が 支 え て い る 」 と す る 宇 宙 樹 の 神 話 を は じ め 、 世 界 各 地 の 樹 木 に ま つ わ る 神 秘 な る 世 界 を 解 き 明 か す 。 四 六 判 38 。 0 円 世 界 を 変 え た 植 物 そ れ は エ デ ン の 園 か ら 始 ま っ た m ・ ・ ド ッ ジ 著 白 幡 節 子 訳 大 航 海 時 代 か ら 、 人 間 は 新 た な 植 物 を 次 々 に 発 見 し て き た 。 コ ー ヒ ー 、 小 麦 、 ト ウ モ ロ コ シ 、 ア ヘ ン 等 が ど の よ う に 受 け 入 れ ら れ 、 社 会 に 影 響 を 与 え た か を 紹 四 六 判 2800 円 介 す る 。 ( 定 価 は 税 抜 き 価 格 )

カビと酵母ー生活の中の微生物―


結 法 で あ る 。 細 胞 や 組 織 を 液 体 へ リ ウ ム や 液 体 窒 素 で 冷 却 し た 銅 プ ロ ッ ク に 接 触 さ せ た り 、 液 体 窒 素 で 冷 却 し た 液 化 プ ロ バ ン に 浸 漬 し て 凍 結 す る こ と が 行 な わ れ る よ う に な っ た 。 急 速 凍 結 し た 試 料 を 凍 結 レ プ リ カ 装 置 に 入 れ 、 割 断 し た の ち 、 高 真 空 中 で 水 分 を 昇 華 さ せ る と 、 細 胞 骨 格 と そ の 関 連 構 造 が み ご と に 出 て く る の を み る こ と が で き る 。 い わ ゆ る デ ィ ー プ ・ エ ッ チ ン グ 法 で あ る 。 他 方 、 急 速 凍 結 し た 試 料 を ド ラ イ ア イ ス ・ ア セ ト ン ( マ イ ナ ス 七 九 ℃ ) で 冷 却 し た ア セ ト ン ー オ ス ミ ウ ム 酸 で 置 換 し 、 脱 水 、 樹 脂 包 理 し て 通 常 の 超 薄 切 片 を 作 製 す る 方 法 が 凍 結 置 換 法 で あ り 、 今 日 で は 広 く 普 及 す る に い た っ て い る 。 そ し て 、 酵 母 や 糸 状 菌 の 細 胞 超 徴 構 造 の 研 究 で も 、 こ の 方 法 が 行 な わ れ る よ う に な っ て や っ と 、 動 物 細 胞 と 同 列 の レ ベ ル で 超 徴 構 造 の 議 論 が で き る よ う に な っ た の で あ る ( 図 1 ー 、 図 2 図 3 ) 。 と こ ろ で 、 菌 類 細 胞 に つ い て 凍 結 置 換 法 を 最 初 に 本 格 的 に 始 め た の は 、 エ イ ス ト 、 ホ ッ ク 、 ホ ワ ー と い っ た 、 コ ー ネ ル 大 学 の 植 物 病 理 の グ ル ー プ で あ っ た 。 一 九 七 七 年 の 夏 、 フ ロ リ ダ の タ ン パ で 開 か れ た 第 二 回 国 際 菌 学 会 議 で 、 当 時 、 院 生 た っ た ・ ホ ワ ー ド が 、 私 に 凍 結 置 換 法 で み た 菌 糸 の 切 片 る 像 を み せ 微 細 繊 維 が は っ き り と 出 て い る の を 示 し な が ら 、 熱 つ 。 ほ く 語 っ て い た の を 思 い 出 す 。 私 は こ 観 胞 の 方 法 の 有 用 性 に い ち 早 く 気 づ く べ き で あ っ た が 、 実 際 に こ の 方 法 を や り 始 め た の は 、 そ れ か ら だ い 細 の ぶ ん 経 っ て か ら 、 エ イ ス ト が 三 重 大 学 の 久 能 教 授 の も と に 滞 在 し た と き 、 彼 が わ れ わ れ に 実 際 に や り カ 方 を デ モ ン ス ト レ ー シ ョ ン し て く れ た か ら で あ る 。 そ し て 、 そ の こ ろ に な っ て 、 解 剖 学 の 人 た ち も 急 速 凍 結 置 換 法 を 行 な う よ う に な り 、 い ろ い ろ な ノ ウ ( ウ が 電 子 顕 微 鏡 学 会 で 発 表 さ れ 、 今 日 で は 、 こ

カビと酵母ー生活の中の微生物―


ま っ た 。 つ く っ て か ら 空 中 に 放 り 出 さ れ る バ リ ス ト ス ボ ア と い う 胞 子 に 対 し て 、 射 出 胞 子 と い う 訳 語 石 を 一 九 六 〇 年 こ ろ っ く っ た が 、 発 音 し に く く て 困 っ た こ と を 覚 え て い る 。 そ の 後 、 私 は カ ビ の 仕 事 に 移 っ て し ま っ た が 、 そ の 間 の こ の 担 子 菌 酵 母 の 一 連 の 研 究 は 上 記 の 研 究 者 た ち に よ っ て 日 本 で 見 事 な 発 展 を 遂 け て い る 。 た た 、 い つ も 気 に な っ て 仕 方 が な い こ と が あ る 。 こ の 本 文 の 最 初 に 戻 っ て い た だ き た い 。 菌 類 の 分 離 培 養 に は 二 つ の 行 き 方 が あ る と い う と こ ろ で あ る 。 自 然 界 の 姿 を 見 つ け 、 そ れ か ら 培 養 物 を 得 る 方 法 と 、 見 え な い も の を 見 え る 姿 に し て 培 養 を 得 る と い う 、 一 般 的 に は 希 釈 培 養 法 と 呼 ば れ る 方 法 で あ る 。 キ ノ コ の 培 養 物 を 得 る の は 前 者 の 操 作 で 、 土 壌 カ ビ や 酵 母 は 後 者 に よ る と い う 基 本 的 な 分 離 操 作 の 違 い で あ る 。 こ こ で 考 え た い の は 、 こ れ だ け た く さ ん の 担 子 菌 酵 母 が 自 然 界 か ら 発 見 さ れ て い る の に 、 な ぜ 、 彼 ら の テ レ オ モ ル フ の 姿 が 自 然 界 で 見 つ か ら な い の か 、 と い う こ と で あ る 。 培 養 下 で 見 え る 担 子 菌 酵 母 の 有 性 胞 子 以 外 に 、 子 座 な ど を と も な っ た 有 性 器 官 は ほ ん と う に な い の で あ ろ う か 。 酵 母 細 胞 は 肉 眼 的 に は 見 え な い し 、 葉 上 に 彼 ら の コ ロ ニ ー が 散 在 し て い る と い う 観 察 報 告 も あ り 、 あ る い は 彼 ら は 培 養 下 で 見 ら れ る 姿 そ の も の で 自 然 界 に お い て も 生 活 し て い る の か も し れ な い 。 し か し 、 異 担 子 菌 類 の 新 分 類 群 が ど し ど し 外 国 で 発 見 さ れ 、 そ の 研 究 の 多 く は 培 養 を と も な っ た も の で は な い が 、 そ れ ら の 詳 細 な 記 載 図 に は 射 出 胞 子 が 担 子 胞 子 か ら 直 接 に つ く ら れ て い た り 、 出 芽 様 の ア ナ モ ル フ の 姿 が 描 か れ て い る こ と を よ く 見 る の で あ る 。 私 は 、 分 離 と は 、 自 然 界 で つ く ら れ た 、 こ れ ら の 有 性 胞 子 の 最 初 の 発 芽 の 問 題 に あ る の で は な い か と 想 像 は し て い る 。 こ れ か ら は 想 像 だ が 、 も し か し た

カビと酵母ー生活の中の微生物―


ホ ロ モ ル フ 接 合 配 偶 子 単 相 菌 糸 合 融 核 減 数 分 裂 フ モ オ レ テ 有 性 胞 子 無 性 胞 子 ア ナ モ ル フ 代 と い う 用 語 を 用 い る こ と は 適 当 で は な い 。 菌 類 で は 、 そ の 世 代 を 経 な く て は 生 活 史 を 全 う で き な い 、 と い う 厳 密 な も の で は な く 、 ま わ り の 条 件 に よ っ て 自 由 に 姿 を 変 え る こ と が で き る の も 特 徴 と も い え る 。 そ れ で 、 世 代 で は な く 、 一 つ の モ ル フ 、 い わ ば 型 の 時 代 に す ぎ な い わ け で 、 現 在 で は テ レ オ モ ル フ ( 有 性 時 代 ) 、 ア ナ モ ル フ ( 無 性 時 代 ) 、 両 者 を あ わ せ て ホ ロ モ ル フ と 呼 ぶ こ と に な っ て い る 。 そ れ で 、 た と え 史 ば 土 壌 サ ン プ ル を 水 に 混 ぜ て 寒 天 平 板 に 流 せ ば 、 さ ま ざ ま な カ ビ 、 酵 母 が 姿 を 見 せ て く る が 、 そ の 大 部 分 は ア ナ モ ル フ の 姿 で あ っ て 、 そ こ の 類 か ら 彼 ら が い っ た い ど の よ う な テ レ オ モ ル フ 、 す な わ ち 有 性 時 代 を 隠 菌 し 持 っ て い る か は 計 り 知 れ な い こ と も 普 通 で あ る 多 く の カ ビ の よ う 図 に 寒 天 培 地 と い う 自 然 界 に は 存 在 し な い 条 件 で は 嫌 気 が さ す の か 無 性 物 の 状 態 で 終 わ っ て し ま う 。 酵 母 の よ う に 比 較 的 容 易 に 子 嚢 を つ く っ て A 」 く れ る も の も あ る が 、 そ れ は む し ろ 例 外 的 か も し れ な い 。 そ こ で 浮 か 母 酵 び 上 が ら せ て 考 え る の が 、 そ れ そ れ が 持 っ て い る 生 活 史 で あ る 。 自 然 と 界 で は ど ん な 姿 で 生 活 し て い る の か を 探 る こ と に な る 。 私 が 最 初 に 出 会 っ た カ ビ と 酵 母 の 結 び つ き は サ ク ラ の 天 狗 巣 病 を 起 カ こ す 原 始 子 嚢 菌 類 と い わ れ た タ フ リ ナ 属 ( T 斗 ミ ) で あ っ た 。 詳