検索 - みる会図書館

検索対象: 世界一わかりやすい英文法の授業

世界一わかりやすい英文法の授業から 248件ヒットしました。

世界一わかりやすい英文法の授業


塾 置 な せ 倒 置 が お き る の ? 石 ロ She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled 。 'ORANGE MARMALADE" , but tO her great disappointment it was empty. ハ 〃 化 な A 語 で ″ tu 尾 、 ⅲ Ⅳ 0 〃 日 滬 Lewis Carroll 落 ち な が ら ア リ ス は 棚 か ら ビ ン を 取 り ま し た 。 「 オ レ ン ジ マ ー マ レ ー ド 」 と い う ラ ベ ル で し た が ア リ ス の 期 待 と は う ら は ら に 中 は 空 つ ほ で し た 。 「 不 思 議 の 国 の ア リ ス 』 ル イ ス ・ キ ャ ロ ル 『 不 思 議 の 国 の ア リ ス 』 の 英 文 で は "to he 「 g 「 eat disappointment" 「 ア リ ス か も の す こ く 力 、 ツ カ リ し た こ と な ん で す か 」 っ て 、 最 初 に ア リ ス の 気 持 ち を 言 っ ち ゃ う ん で す 。 こ の よ う に 語 順 の 移 動 か お き る こ と で 、 ど ん な 効 果 か あ る の で し よ う か ? 1 10

世界一わかりやすい英文法の授業


と で す 。 こ の end-focus を 使 う と 会 話 が イ キ イ キ し て き ま す し 、 英 語 の い ろ い ろ な 世 界 か 見 え て き ま す 。 次 ロ も そ れ を お 話 し し て い き ま し よ う 。 見 出 し の ア リ ス の 一 節 に も "to he 「 g 「 eat disappointment" が あ り ま す 。 ヤ 0 her great disappointment 汁 was empty. t0 he 「 g 「 eat disappointment 「 ( 結 果 的 に ア リ ス が ) す こ く が っ か り し た こ と な ん で す か 、 な ん と ビ ン の 中 身 は 空 っ ( ま だ っ た の で す 」 っ て 意 味 に な り ま す 。 ま と め ① "to one's 感 情 名 詞 " で 「 ( 人 が ) ~ し た こ と に は 」 っ て 意 味 ! ! ② 強 調 し た い も の は 後 回 し で 出 し 惜 し み ( こ れ を "end-focus" と 言 う 川 ORANGE

世界一わかりやすい英文法の授業


感 情 表 現 は 、 感 き わ ま っ て 「 先 に 言 っ ち ゃ う 」 出 し 惜 し み し て 、 興 味 を ひ き つ け る 話 術 受 動 態 21 と う い う 場 面 で 受 動 態 を 使 う の ? 学 校 で は 教 え な い 本 当 の 受 動 態 の 使 い 方 ! ! 「 日 本 語 の 受 け 身 」 と 「 英 語 の 受 動 態 」 は 違 う 主 語 を 言 い た く な い と き に 受 動 態 受 動 態 は by を 使 わ な い の が 基 本 比 較 22 比 較 級 を 使 っ た 決 ま り 文 句 no mo 「 e ~ than … " の 超 カ ン タ ン 和 訳 法 ! ! ・ ・ ・ 1 13 ・ ・ 1 15 ~ than … " の 裏 ワ ザ no more noless は 「 超 」 と 考 え る ・ ・ 124 ・ ・ 126 『 星 の 王 子 さ ま 』 も 矢 印 2 つ で 解 決 ! ! 熟 語 も 矢 印 2 つ で 解 決 ! ! 文 型 23 5 文 型 の 長 所 ・ ・ 129 文 型 か ら 知 ら な い 動 詞 の 意 味 か わ か る ( そ の 1 ) 文 型 が わ か れ ば 動 詞 の 意 味 も わ か る ! ! ・ ・ 127 ・ ・ ・ 131 第 1 文 型 (SV) の 動 詞 は 「 い る ・ 動 く 」 っ て 意 味 ! ! 単 語 を 知 ら な く て も 文 型 で 訳 せ る 24 第 2 文 型 ・ ・ 134 ・ ・ 124 ・ ・ ・ 131 ・ ・ 133 ・ ・ 139 ・ ・ ・ 138 ・ ・ ・ 138 文 型 か ら 知 ら な い 動 詞 の 意 眛 か わ か る ( そ の 2 ) 第 2 文 型 (SVC) は 「 S = C だ 」 っ て 意 味 ! ! " sv + 形 容 詞 " は 「 S は 形 容 詞 だ 」 っ て 訳 す ! ! 10

世界一わかりやすい英文法の授業


ま き ら わ し い 形 容 詞 の 瞬 間 判 別 法 【 形 容 詞 】 見 出 し の 『 星 の 王 子 さ ま 』 の コ ト ハ を 見 て み ま し よ う 。 Anything essential is invisible す 0 the eyes. invisible は 、 否 定 in 十 visible (vision の 形 容 詞 ) で す 。 ・ ・ で す か ら 「 見 ら れ る こ と は で き な い 」 く ら い に 考 え れ は 〇 K で す 。 「 見 ら れ る こ と は で き な い 」 → 「 目 に 見 え な い 」 っ て 訳 し ま す 。 「 大 切 な も の は み な 、 目 に 見 え な い 」 と い う 有 名 な コ ト パ で す ね 。 0 -able / -ible で 知 ら な い 単 語 も 訳 せ ち ゃ う い ま ま で 一 a e / -ible は 『 受 動 』 っ て 知 識 た け で ま き ら わ し い 単 語 を 片 付 け て き ま し た 。 さ ら に こ の 知 識 か あ る と 、 飛 躍 的 に 単 語 力 か っ く ん で す 。 She is likable. likable っ て 単 語 、 知 っ て そ う で 知 ら な い 単 語 で す ね 。 で も カ ン タ ン ! "like 十 able ” な の で 「 好 か れ る よ う な 人 」 、 も う ち ょ っ と カ ッ コ つ け る と 、 「 好 感 が も て る 」 と か 「 感 じ が い い 」 な ん て 訳 せ は い い ん で す 。 【 形 容 詞 】 ま と め -able / -ible は 『 受 動 』 で 訳 す ! ! 187

世界一わかりやすい英文法の授業


形 容 詞 ま き ら わ し い 形 容 詞 の 瞬 間 判 別 法 形 容 詞 の 語 尾 に 注 目 ! ! し く っ て イ ラ イ ラ す る 形 容 詞 を 区 別 す る 方 法 を お 話 し し ま し よ う 。 f 〇 「 getfu 忘 れ つ ほ い ) / f0 「 gettable ( 印 象 に 残 ら な い ) な ど 、 ま き ら わ 0 -able / -ible は 『 受 動 』 の 意 味 に な る 実 は -able 、 -ible で 終 わ る 単 語 に は 大 き な 特 徴 か あ る ん で す 。 『 星 の 王 子 さ ま 』 の コ ト ハ に は "invisible ” が あ り ま す 。 『 星 の 王 子 さ ま 』 サ ン ・ テ グ ジ ュ ペ リ 王 子 さ ま は 覚 え よ う と 何 度 も つ ぶ や き ま し た 。 「 大 切 な も の は み な 、 目 に 見 え な い 」 77 肥 石 ″ Prince Ant0ine de Saint-Exupéry in order tO remember. the little prince repeated, tO the eyes," "Anything essential is invisible

世界一わかりやすい英文法の授業


"[email protected]@]" は 「 囚 に を 教 え る 」 と 習 っ た は す 。 し か し ! ! そ の 根 本 は 「 囚 に を 与 え る 」 っ て 意 味 な ん で す 。 「 人 に 英 語 ( の 知 識 ) を 与 え る 」 = 「 人 に 英 語 を 教 え る 」 っ て こ と で す よ ね 。 "show 囚 ' は 「 囚 に 齷 を 与 え る 」 = 「 囚 に を 見 せ る 」 っ て こ と な ん で す 。 次 に nd で す コ end の 意 味 は 「 貸 す 」 で す か ? 「 借 り る 」 で す か ? "lend 込 ] [ 物 ] ' っ て 形 だ け 覚 え て く だ さ い 。 も ち ろ ん 「 ら え る 」 っ て 訳 し ま す よ ね 。 ・ ・ ・ つ て こ と は 「 え る 寺 貸 す 」 っ て 考 え れ は 迷 う こ と は な く な り ま す 。 中 途 半 端 に 覚 え る と 、 か え っ て 「 貸 す 」 の か 「 借 り る 」 の か 迷 っ ち ゃ い ま す 。 "lend 囚 ] " っ て 形 だ け 覚 え る の か ラ ク で 確 実 で す 。 次 は "do [ 囚 [ 物 ] で す 。 も ち ろ ん 訳 し 方 は 「 [ 人 ] に [ 物 ] を 与 え る 」 で す ね 。 た だ し do の 場 合 、 [ 扨 に 入 る 名 詞 は 決 ま っ て い ま す 。 good ( 利 益 ) / damage ( 害 ) / a favor ( 親 切 な 行 い ) な ど で す 。 会 話 で よ く 使 わ れ る ・ Wou に you do me a favor?" は 「 私 に 親 切 (a favo 「 ) を 与 え て (do) く れ ま せ ん か ? 」 → 「 お 願 い が あ る の で す が 」 っ て な る ん で す 。 ・ 知 ら な い 動 詞 も 「 え る 」 で OK こ れ を マ ス タ ー す る と 、 と っ て も ス テ キ な こ と か 待 っ て い ま す 。 知 ら な い 動 詞 を 見 て も 。 V [ 人 ] [ 扨 " の 形 な ら 「 与 え る 」 っ て 意 味 だ と わ か る ん で す 。 こ の 知 識 を 使 っ ち ゃ え ば 、 知 ら な い 動 詞 も 一 気 に 理 解 で き ま す 。 た と え は 、 『 星 の 王 子 さ ま 』 の 作 者 サ ン ・ テ グ ジ ュ べ リ の コ ト ハ で す 。 真 ん 中 あ た り に あ る "assign them tasks and wo 「 k" に 注 目 し て く だ さ い 。 142

世界一わかりやすい英文法の授業


「 ob の 語 法 【 語 法 】 気 づ き ま し た か ? 「 〇 b か 生 ま れ た の は 1 3 世 紀 で し た ね 。 そ の と き の of の 意 味 は ・ そ の 時 代 の of は 分 離 の 意 味 な ん で す ね 。 で す か ら [ 物 」 は 「 人 か ら 身 ぐ る み は か し て ( 「 ob ) 、 物 を 分 離 (of) さ せ る 」 っ て 意 味 な ん で す 。 そ れ を 簡 単 に し て 「 人 か ら 物 を 奪 う 」 っ て 訳 す よ う に な っ た ん で す 。 こ う や っ て ち ょ っ と 熟 語 の 成 り 立 ち を 知 る た け で 、 無 機 質 な 熟 語 表 現 か グ ッ と リ ア ル に な り ま す ね 。 「 〇 b と 似 た よ う な 意 味 を も つ の か steal で す 。 steal の 語 法 は [ : 3 : 物 童 0 可 : ] 「 人 か ら 物 を 盗 む 」 の 形 に な り ま す 。 steal(ä 「 こ っ そ り 盗 む 」 っ て 意 味 で す か ら 、 い ち は ん 意 識 す る の は 物 で す 。 で す か ら "steal 物 " の 形 。 人 は あ ま り 関 係 な い ん で す 。 steal は 、 日 本 語 で 言 う と 「 ス リ 」 に 近 い で す 。 ス ッ と 財 市 を 抜 く 感 じ 。 steal も st- っ て と こ か 「 ス ッ 」 っ て 音 と 似 て い ま す ね 。 こ れ で "steal 物 " 、 。 「 〇 b 人 ” の 形 に な る 理 由 か わ か り ま し た ね 。 見 出 し の こ と わ さ は " 「 ob 人 " の 形 で す 。 rob Peter ヤ 0 pay % 直 訳 は 「 PauI に 借 金 を 払 う た め に 、 Pete 「 か ら 金 を 奪 う 」 → 「 借 金 を し て 借 金 を 返 す 」 と い う こ と わ さ で す ( こ の こ と わ さ は 14 世 紀 に す で に 使 わ れ て い た も の で す ) 。 【 語 法 】

世界一わかりやすい英文法の授業


「 ob の 語 法 【 語 法 】 語 法 「 Ob の 語 法 “ 「 ob 人 of 物 ” の ナ ゾ を 、 英 語 の 歴 史 か ら 考 え る 【 語 法 】 rob Peter to pay PauI 借 金 を し て 借 金 を 返 す proverb こ と わ ざ 0 rob は 「 衣 服 を 脱 が す 」 っ て 意 味 ー で 、 「 人 か ら 物 を 奪 う 」 っ て 意 味 に な り ま す 。 で も 、 ホ ク は 高 校 の と き に 納 得 で き な か っ た ん で す 。 「 な ん で " 「 ob 物 " っ て な ら な い の か ? 」 、 「 な ん で 0f を 使 う の か ? 」 っ て 。 で は 、 そ の 疑 問 を い ま こ こ で 解 い て い き た い と 思 い ま す 。 「 0b の 語 源 は 、 実 は 「 0be と 一 緒 な ん で す ( バ ス ロ ー プ (bathrobe) の 「 ロ ー プ 」 で す ) 。 ハ ス ロ ー プ っ て 何 で す か ? 着 る も の 、 つ ま り 服 の 一 種 で す よ ね 。 だ か ら rob は 本 来 、 「 衣 服 を は か す 」 「 身 ぐ る み は が す 」 っ て 意 味 な ん で す 。 153

世界一わかりやすい英文法の授業


比 較 級 を 使 っ た 決 ま り 文 甸 【 比 較 】 ① "no less intelligent" 「 彼 は 頭 良 く な い (less intelligent) 、 っ て こ と が 絶 対 な い ( n 〇 ) 」 → 「 超 頭 良 い 」 っ て 訳 し ま す 。 こ れ が 正 攻 法 で す か 、 実 際 英 文 読 む と き は "no less" で 打 ち 消 し あ っ ( る の で 、 no less= 『 超 』 っ て 考 え る と カ ン タ ン で す よ 。 no less intelligent 超 頭 良 い ② "no Einstein" は 「 ア イ ン シ ュ タ イ ン と 同 じ 」 で 〇 K で す ね 。 「 彼 っ た ら 、 も う ホ ン ト に 頭 良 い の 。 ア イ ン シ ュ タ イ ン 級 よ 」 ′ 宗 談 で す が 、 悪 い た と え に は 「 サ ル 並 み 」 っ て 言 い ま し た が 、 良 い 意 味 に は 「 級 」 を 使 い ま す よ ね 。 こ の よ う に 英 語 の 勉 強 を 通 し て 日 本 語 を 豊 か に し て い く の も 英 語 を 勉 強 す る 大 き な メ リ ッ ト で す 。 ・ 『 星 の 王 子 さ ま 』 も 矢 印 2 つ で 解 決 ! ! で は 、 高 校 時 代 あ れ だ け 苦 し ん だ 『 ク ジ ラ の 構 文 』 を 片 づ け ち ゃ い ま し よ う 。 A whale is no more ロ fish than a horse is. 矢 印 2 つ 書 け ま し た か ? A whale is no more a fish than a horse is. 【 比 較 】 ② ① ① 「 ク ジ ラ は 全 っ 然 サ カ ナ じ ゃ な い ( ま っ た く 対 極 と 言 っ ( も い い ) 」 ② 「 ( そ の サ カ ナ じ ゃ な い 度 合 い は ) ウ マ と 同 じ く ら い た 」 に 7

世界一わかりやすい英文法の授業


分 詞 構 文 っ て ナ ニ ? 【 分 詞 】 フ ラ ン ス の 海 洋 学 者 ク ス ト ー ( 1910 ~ 1997 ) の コ ト パ で す 。 S \J (I wake (p) の 後 ろ に 一 か あ り ま す ね 。 直 訳 は 「 毎 朝 起 き て 、 そ し て 私 は 言 う 」 に な り ま す 。 0 分 詞 構 文 の 本 質 は 「 適 当 に 意 味 を ホ 力 す 」 こ と ホ ク は 、 適 当 に や る と ラ ク に 英 文 が 読 め る か ら 、 分 詞 構 文 は 適 当 と 言 っ て る わ け じ ゃ な い ん で す 。 小 手 先 の テ ク 二 ッ ク で は あ り ま せ ん よ 。 分 詞 構 文 の 本 質 が 適 当 に 意 味 を ホ 力 す こ と な ん で す 。 ′ 分 詞 構 文 は 、 日 本 語 で は 接 続 助 詞 の 「 て 」 「 で 」 に あ た る 表 現 で す 。 例 : 「 家 に 帰 っ て 、 テ レ ヒ 見 た 」 「 薬 飲 ん で 、 寝 た 」 高 校 の と き 「 元 の 接 続 詞 は 何 か ? 」 っ て 言 わ れ て 、 when だ と か because に な る と か や っ た と 思 い ま す 。 で も ホ ン ト は そ ん な こ と や っ ち ゃ い け な い ん で す ! ! 元 の 意 味 に こ だ わ ら な い で あ っ さ り 適 当 に 文 を つ な ぐ っ て の が 分 詞 構 文 の 特 色 な ん で す 。 ′ も し も 「 ~ た か ら 」 っ て 理 由 を 強 調 し た か っ た ら 、 ネ イ テ イ プ は because を 使 い ま す 。 「 ~ し た そ の 瞬 間 に 」 っ て 言 い た か っ た ら 、 as soon as を 使 う は す な ん で す 。 ほ と ん ど の 参 考 害 に は 以 下 の よ う な 記 述 か あ り ま す 。 【 分 詞 】 【 分 詞 構 文 の い ろ い ろ な 意 味 】 ( 一 般 参 考 書 の 分 類 ) 2 . 原 因 ・ 理 由 「 ~ な の で 」 「 ~ す る 時 」 「 ~ し て 」 「 ~ だ け れ ど も 」 3 . 条 件 「 も し ~ す れ は 」 4. 譲 歩 5. 付 帯 状 況 「 そ し て ~ 」 「 ~ し な か ら 」 105