検索 - みる会図書館

検索対象: 越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?から 193件ヒットしました。

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


A-03 Yesterday I met a novelist and poet. → き の う 、 小 説 家 で も 詩 人 で も あ る 人 物 と 会 っ た 。 a が novelist の 前 だ け に つ い て い る こ と に 気 づ い た で し よ う か 。 ふ た り の 人 物 で は あ り ま せ ん 。 PARTA 基 礎 編 文 の 構 造 A-04 She ate the biscuits and orange-marmalade sand- WiCh cake. → 彼 女 は 、 ビ ス ケ ッ ト に オ レ ン ジ マ ー マ レ ー ド を は さ ん だ 菓 子 を 食 べ た 。 and の 読 み 方 が 問 題 で す 。 the は ひ と っ し か な く 、 も し biscuits だ け に つ い て い る と し た ら 、 and 以 下 に 冠 詞 が な い の が 変 で す 。 こ で は the が sandwich cake ま で の 全 体 を ま と め て い て 、 biscuits と orange-marmalade が and で 並 列 さ れ て い る と 読 む の が 筋 で す 。 「 ビ ス ケ ッ ト 2 枚 と オ レ ン ジ マ ー マ レ ー ド に よ る 、 サ ン ド イ ッ チ ・ ケ ー キ 」 と い う こ と で す ね 。 r¯ biscuits the and orange-marmalade sandwich cake 13

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


◎ 問 題 PARTA 基 礎 編 文 の 構 造 A -01 These are my favorite animals: bears, for their strength; lions, for their courage; and monkeys, for their cuteness. A-02 Return to your work, and that immediately. A-03 Yesterday I met a novelist and poet. A-04 She ate the biscuits and orange-marmalade sandwich cake. A-05 The coming of clocks caused a grave if gradual change in our SOCiaI life.

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


mind は 、 不 定 詞 で は な く 動 名 詞 の み を 目 的 語 に で き る 動 詞 の ひ と つ で 、 こ で は 挿 人 部 分 の if 節 の あ と に あ る our informing 以 下 が 目 的 語 に な っ て い ま す 。 they were so babyish の 部 分 の 過 去 形 を 無 視 し て 、 い ま 現 在 の こ と を 言 っ て い る よ う に 解 釈 し た 誤 訳 を よ く 見 か け ま す 。 PART B 難 問 編 B -13 The tribe's buildings were actually villages ⅲ their own right, as later Spanish explorers must have realized since they called them by a name which is Spanish for town. → そ の 部 族 の 建 物 は 、 ま さ に そ れ 自 体 が 村 だ っ た 。 そ の こ と は ス ペ イ ン 人 の 探 検 家 た ち も 感 じ て い た に ち が い な い 。 そ の 建 物 を 「 町 」 と い う 意 味 の ス ペ イ ン 語 で 呼 ん だ か ら だ 。 [ 正 答 率 60 % ] 中 ほ ど に 出 て く る as は 、 A -70 と 同 じ 用 法 で 、 文 の 前 半 す べ て を 先 行 詞 と し て い ま す 。 as の 用 法 を 取 り ち が え た り ( あ る い は 、 単 に 「 よ う な 」 と し て ご ま か し た り ) 、 因 果 関 係 を 逆 に と ら え た り 、 since を 「 時 」 の 意 味 に ま ち が っ て 解 釈 し た り と い う 誤 訳 例 が 多 い よ う で す 。 153

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -6 NO living thing can exist alone: it is part Of a sys- tem where all forms of life are joined together. ど ん な 生 き 物 も 、 単 独 で は 生 き ら れ な い 。 そ れ は 、 す べ て の 生 命 体 が 共 生 し て い る 体 系 の 一 部 に す ぎ な " と い う 形 は 、 仮 主 語 の 構 文 で も 強 調 it iS ... where 構 文 で も あ り ま せ ん 。 だ と し た ら 、 こ の it は ご く ふ つ う の 代 名 詞 、 つ ま り 「 そ れ 」 で 、 前 の 何 か ( も ち ろ ん 名 詞 ) を さ し て い る こ と に な り ま す 。 位 置 と 意 味 の 両 方 か ら 考 え て 、 it が さ し て い る の は living thing し か あ り え ま せ ん ね 。 な お 、 living thing と forms 0f life を ど ち ら も 同 じ 「 生 き 物 」 や 「 生 物 」 と 訳 し て し ま う と 、 区 別 が っ か な く な っ て 非 常 に わ か り に く く な る の で 、 訳 語 を 変 え る の が 望 ま し い と こ ろ で す 。 94

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


に 、 で き る か ぎ り の 調 べ 物 を し た う え で 、 徹 底 的 に 想 像 力 を 働 か せ る 、 考 え 抜 く と い う 作 業 に 明 け 暮 れ ま し た 。 そ れ は 、 凝 っ た 文 体 の 小 説 の 前 で は フ ォ ー マ ル な 英 語 を 読 み 解 く 力 も 無 力 だ 、 と い う こ と で す か 。 越 前 そ う で は あ り ま せ ん 。 フ ォ ー マ ル な 英 語 が あ る か ら こ そ 、 エ ル ロ イ の よ う な 省 略 文 体 が 可 能 に な る 。 原 型 あ っ て の 変 型 と い う か な 。 つ ま り 、 そ も そ も フ ォ ー マ ル な 英 語 が 読 め な け れ ば 、 フ ォ ー マ ル で な い 英 語 が 読 め る わ け が な い ん で す 。 こ の 本 の な か に も 、 そ う い う 例 を お さ め て あ り ま す 。 ェ ル ロ イ に 関 し て 言 え ば 、 慣 れ の 問 題 だ っ た ん だ と 思 い ま す 。 事 実 、 慣 れ て く る と 、 や つ ば り き ち ん と し た 構 文 解 析 力 が 必 要 だ と い う こ と が 見 え て き ま し た 。 そ れ ど こ ろ か 、 さ り げ な い よ う で 、 実 は も の す ご く 理 詰 め で 書 か れ て い る 。 単 語 レ ベ ル で 言 え ば 、 だ れ も が 意 味 を 知 っ て い る 単 語 な ん だ け れ ど 、 前 後 関 係 と か 登 場 人 物 の 気 持 ち と か を 考 え た ら 、 , こ は こ う い う 意 味 で な き ゃ い け な い 、 と か ね 。 そ れ は 、 小 説 の 翻 訳 で は 、 多 か れ 少 な か れ 、 永 遠 に つ き ま と う 問 題 だ と 思 い ま す 。 で も 、 こ の 本 で は エ ル ロ イ ば り の 難 解 な 事 例 は 採 り あ げ て い な い の で 安 心 し て く だ さ い ( 笑 ) 。 186

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


マ 訳 例 と 解 説 A -57 BOb felt it the more difficult [ 0 understand the Japanese the longer he stayed ⅲ Japan. → 日 本 に 長 く い れ ば い る ほ ど 、 ボ ブ は 日 本 人 を 理 解 し が た い と 感 じ た 。 "the 比 較 級 ~ , the 比 較 級 ~ " の 前 後 が 逆 転 し た 形 、 と い う よ り 、 倒 置 さ れ る 前 の 形 で す 。 よ り 見 慣 れ た 語 順 だ と "The longer B0b stayed in Japan, he felt it the more diffl- cult to understand the Japanese. " で す ね 。 非 常 に ま ち が え や す い の で す が 、 theJapanese は 「 日 本 語 」 で は な く 、 「 日 本 人 」 。 こ の 場 合 の Japanese は 名 詞 で は な く 形 容 詞 で あ り 、 "the + 形 容 詞 " で 複 数 の 人 物 を 表 す 用 法 (the rich, the young な ど ) の 一 例 だ と 考 え る と い い で し よ う 。 A-58 ・ This lake is the deepest around here. ・ This lake is deepest around here. こ の 湖 は 、 こ の あ た り が い ち ば ん 深 い 。 こ の 湖 は 、 こ の あ た り で い ち ば ん 深 い 。 82 つ の 湖 の な か の い ち ば ん 深 い 部 分 と い う 意 味 に な り ま す 。 い ち ば ん 深 い も の と い う 意 味 で す が 、 the が な い と 、 ひ と " the + 最 上 級 " の 場 合 は 、 こ の あ た り い く っ か あ る 湖 の

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


で も 同 じ こ と が 言 え ま す 。 た だ 、 自 然 科 学 に 関 す る 文 章 や こ と ば を 正 確 に 使 う 教 養 人 の 文 章 で は 、 ( 日 本 語 で も 英 語 で も ) 確 実 に 使 い 分 け ら れ て い ま す か ら 、 や は り ち が い を 知 ら な く て は な り ま せ ん 。 ど ち ら の 意 味 に な る か は 、 文 脈 や 使 わ れ て い る 状 況 を 見 て 判 断 し て く だ さ い 。 C-07 Ⅵ で can hardly imagine thought without la ル guage ー ー notthoughtthat is precise, anyway. 言 語 な し で 物 を 考 え る こ と な ど 、 ほ と ん ど 想 像 も っ か な い 。 と に も か く に も 、 正 確 に 物 を 考 え る こ と は 、 ま っ た く 想 像 が つ か な い 。 → [ 正 答 率 15 % ] 何 度 も し っ こ く 採 り あ げ た 否 定 省 略 文 の 総 ま と め で す 。 正 答 率 15 % と な っ て い ま す が 、 こ の 本 を て い ね い に 読 ん で き た 人 な ら 確 実 に 正 解 で き る は ず で す 。 こ れ ま で と 同 じ ル ー ル で 読 む だ け な の で 、 解 説 は 最 小 限 に し ま す 。 "We can hardly imagine thought without lan- guage" ( 言 語 の な い 思 想 な ど 、 ほ と ん ど 想 像 で き な い ) の 直 後 で す か ら 、 "not thought that is precise, anyway." の 完 全 な 形 は "We can NOT imagine THOUGHT … " で す 。 前 半 が har 引 y 、 後 半 が not な の で 、 「 ほ と ん ど ~ な い 」 「 ま っ た く ~ な い 」 と い う ふ う に 、 否 定 の 度 合 い に 差 が つ い て い る こ と に も 注 意 し て く だ さ い 。 205 超 難 編

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


と し て と ら え る こ と に な り 、 名 詞 的 な ま と ま り で は な く な っ て し ま い ま す 。 こ こ で の 正 し い 読 み 方 は 、 what (they feel) is 可 st の よ う に 、 they feel を カ ッ コ で 括 る こ と で す 。 they feel the thing is unjust の the thing が 前 へ 出 て what に 変 わ っ た と 考 え て み ま し よ う 。 whatisu 可 ust は 「 不 当 な も の 」 で す か ら 、 全 体 で は 「 不 当 だ と 自 分 た ち が 考 え る も の 」 に な り ま す 。 な お 、 こ れ を 「 不 当 だ と 自 分 た ち が 考 え る こ と 」 と 訳 す の は 、 2 通 り の 意 味 に と れ る の で 好 ま し く あ り ま せ ん 。 っ PARTA 基 礎 編 文 の 構 造 ( 1 ) 不 当 だ と 自 分 た ち が 考 え て い る 対 象 で あ る 物 事 ( た と え ば 、 賃 金 格 差 ) ② 何 か が 不 当 だ と 自 分 た ち が 考 え て い る 、 と い う 状 況 の ど ち ら な の か は っ き り し な い の で す 。 も ち ろ ん 、 こ は ( 1 ) の 意 味 で す か ら 、 は っ き り さ せ る た め に は 、 「 こ と 」 で は な く 、 「 も の 」 「 物 事 」 「 事 柄 」 と い っ た 訳 語 を 選 ぶ べ き で し よ う 。 こ れ は 関 係 詞 の what を 扱 う と き に よ く ふ っ か る 問 題 で す 。 23

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


v 訳 例 と 解 説 が 考 え ら れ る わ け で す 。 形 の 上 か ら は 、 ど ち ら と 並 ぶ こ と も あ り う る と 思 い ま す 。 一 方 と 断 じ る た け の 決 定 的 な 根 拠 は な い で し よ う 。 で は 、 意 味 の 上 で は ど う で し よ う か 。 重 要 な の は from the aspect 以 下 の 部 分 で す 。 , こ で は 「 人 間 は 時 代 と 環 境 の 産 物 (=creature) で あ る 」 と 言 っ て い ま す が 、 creature は create の 派 生 語 で す か ら 、 人 間 で あ る us ourselves を create と つ な げ て 読 む の が 自 然 で あ る は ず で す 。 訳 し づ ら い 文 で す が 、 正 し く 読 め た か ど う か は 自 分 が us ourselves に 対 す る 動 詞 を ど ち ら と 考 え た か で 判 定 し て く だ さ い 。 the process that has created 150 「 the world . and us ourselves

越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文 あなたはこれをどう訳しますか?


v 訳 例 と 解 説 圧 21 They had t0 turn down the offer, for their club had strict rules. Ⅱ should be improved, but as a matter Of fact it was not. → 彼 ら は そ の 申 し 出 を 拒 ま ざ る を え な か っ た 。 彼 ら の ク ラ ブ に き び し い 規 則 が あ っ た か ら だ 。 そ の ク ラ ブ は 改 善 さ れ る べ き だ が 、 現 実 に は そ う も い か な か っ た 。 [ 正 答 率 20 % ] 正 答 か ど う か は 、 第 2 文 の ふ た つ の it の 意 味 を 正 し く 読 み と れ て い る か ど う か が ポ イ ン ト に な り ま す 。 it は 何 を さ し て い る の で し よ う か 。 そ も そ も 、 英 語 に お い て 、 it が ど の 単 語 を 受 け る か に つ い て の ル ー ル は 存 在 す る の で し よ う か 。 も ち ろ ん 例 外 は あ り ま す が 、 一 定 の 原 則 は あ り ま す 。 そ し て 、 こ れ は 日 本 語 に お い て 「 そ れ 」 が ど の 単 語 を 受 け る か に つ い て の ル ー ル と は 微 妙 に ち が っ て い る の で す 。 日 本 語 の 「 そ れ 」 は 、 直 前 に 登 場 し た 名 詞 ま た は 名 詞 相 当 語 句 を さ す こ と が 多 い は ず で す が 、 英 語 の 場 合 は 少 々 勝 手 が ち が い ま す 。 こ ま で 何 度 か 説 明 し た と お り 、 英 語 は 、 主 語 と 動 詞 が 幹 を な す 構 造 が 日 本 語 よ り も は る か に が っ ち り し て い て 、 な か な か 崩 れ ま せ ん 。 こ の よ う な 言 語 で は 、 it が 文 の 主 語 で あ る 場 合 、 そ れ が さ す の は 「 直 前 の 名 詞 」 166