検索 - みる会図書館

検索対象: J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語から 175件ヒットしました。

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


ORANGE RANGE 3- ボ ッ プ 星 に オ レ ン ジ レ ン ジ 本 郷 陽 ニ 著 H 0 n g 0 Y 0 j i 汐 文 社

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


・ 本 郷 陽 ニ ( ほ ん ご う よ う じ ) 1946 年 東 京 生 ま れ 。 早 稲 田 大 学 文 学 部 仏 文 学 科 卒 。 光 文 社 カ ッ パ ・ ブ ッ ク ス 編 集 部 を 経 て 、 現 在 ( 株 ) 幸 運 社 代 表 取 締 役 。 主 に 歴 史 ミ ス テ リ ー の 分 野 で 活 躍 し て い る 。 ま た 、 日 本 の ロ ッ ク ア ー チ ス ト の 研 究 会 「 三 人 囃 子 」 の メ ン バ ー と し て の 著 書 に 『 ラ ル ク ア ン シ ェ ー ル ー 虹 の 軌 跡 」 『 ド ラ ゴ ン ア ッ シ ュ ー 百 合 の 紋 章 』 ( 以 上 共 著 、 衆 芸 社 ) 「 音 楽 の ヒ ー ロ ー た ち 』 「 黄 金 の カ ル テ ッ ト 』 『 世 界 の フ ァ ン タ ジ ス タ 』 「 世 界 の ス ー パ ー ス タ ー 物 語 』 「 ロ ッ ク バ ン ド の 夢 伝 説 」 ( 汐 文 社 ) な ど が あ る 。 参 考 文 献 ORANGE 』 ソ ニ ・ マ ガ ジ ン ス ITORANGE RANGE ~ コ ザ か ら の メ ッ セ ー ジ 』 本 庄 初 音 羽 出 版 fORANGE RANGE コ ザ 伝 説 』 富 坂 剛 ア ー ル ス 出 版 J - ホ ッ プ の 星 た ち ORANGE RANGE 物 語 発 行 日 著 者 発 行 者 発 行 所 印 刷 ・ 製 本 NDC916 2006 年 8 月 初 版 第 1 刷 本 郷 陽 二 政 門 一 芳 株 式 会 社 汐 文 社 東 京 都 文 京 区 本 郷 1-34-5 〒 113-0033 TE 3-381 ト 8421 FAX03-381 8424 URL http://www.choubunsha.com 株 式 会 社 飛 来 社

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


・ コ ザ で 生 ま れ た オ レ ン ジ レ ン ジ の 音 楽 お お ぜ い コ ザ の 町 で は 、 地 元 の 人 々 に 混 じ っ て 大 勢 の ア メ リ カ 人 が 行 き か っ て い る し 、 耳 に す る 言 葉 も 英 語 と 沖 縄 の 言 葉 が 混 じ っ て い る 流 れ て い る 音 楽 も 沖 縄 の 島 唄 が あ る か と 思 え ば 、 ジ ャ ズ や ポ ソ プ ス 、 ヒ ッ プ ホ ッ プ も ガ ン か ん ば ん ガ ン 流 れ て い る 。 店 の 看 板 の 文 字 は 英 語 が 多 い し 、 商 店 の 店 先 に 並 ん で い せ い ひ ん る 品 物 も 外 国 製 品 や ビ ッ グ サ イ ズ の も の が 目 に つ く 。 ふ ん い き か で な き ち ア メ リ カ つ ば い 雰 囲 気 が す る の は 、 冲 縄 市 に は 嘉 手 納 基 地 と い う 大 き な き ち ア メ リ カ 軍 の 基 地 が あ る か ら だ 。 週 末 に な れ ば 、 ア メ リ カ 兵 が 街 に 出 て 、 シ ョ ッ ピ ン グ や 食 事 を 楽 し む 。 夜 に は ク ラ ブ や ラ イ ブ ハ ウ ス で 踊 る と い う の も お な じ み の 光 景 な の だ 。 こ ろ る オ レ ン ジ レ ン ジ の メ ン バ 1 は 、 こ の 町 で 生 ま れ 育 っ た 。 小 さ い 頃 か ら 地 第 1 章 オ レ ン ジ レ ン ジ は ど ん な バ ン ド ? し ま - っ た お ど な ら

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


え い カ き 出 す こ と に な る 。 初 め て 映 画 の 主 題 歌 を 手 が け る チ ャ ン ス を つ か ん だ の ま い め え い が だ 。 そ し て 川 月 日 、 8 枚 目 シ ン グ ル 「 花 」 が 発 売 さ れ た 。 映 画 「 い ま 、 会 い に ゆ き ま す 」 の 主 題 歌 と し て 、 台 本 を 元 に し て 作 り 上 げ た 作 品 で あ る 。 え い カ し ゆ え ん 映 画 「 い ま 、 会 い に ゆ き ま す は 中 村 獅 童 と 竹 内 結 子 主 演 の ラ ブ ス ト 】 つ ま 妻 で あ る 竹 内 結 子 が 夫 と 息 子 を 残 し て 急 に 死 ん で し ま う 。 と こ ろ が 、 あ る 日 、 そ の 妻 が よ み が え っ て く る : : : と い う 「 生 」 と 「 死 ー 、 「 愛 」 を テ き せ き ー マ に し た 、 せ つ な い 奇 蹟 の 物 語 だ 。 一 ん い カ ・ 映 画 の シ ナ リ オ に あ わ せ た 作 品 作 り え い カ 「 花 」 は 、 映 画 の シ ナ リ オ を 読 み な が ら 、 メ ノ ヾ 、 ノ 1 が 作 り 上 げ て い っ た 作 か し た ん と う る 品 で あ る 3 人 の が 、 自 分 た ち の 担 当 部 分 の 歌 詞 を 書 い て 、 調 整 し な 第 5 章 明 日 に 向 か っ て つ ま 1 5 /

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


オ レ ン ジ レ ン ジ の > ( プ ロ モ 1 シ ョ ン ・ ビ デ オ ) を 見 る と 、 ほ と ん ど さ っ え い が ア ウ ト ド ア で 撮 影 さ れ て い る そ れ も 海 、 青 空 、 星 空 と い っ た 沖 縄 の 自 然 を 感 じ さ せ る も の が 多 い 抜 け る よ う な 青 空 、 ぎ ら ぎ ら と 照 り つ け る 太 陽 の 下 で 、 の び の び と し た ひ び わ た 歌 声 が 響 き 渡 る オ レ ン ジ レ ン ジ の は 、 見 て い て と て も 気 持 ち が い い え ん そ う え い そ う そ こ に は O を 駆 使 し た 映 像 、 ス タ ジ オ に こ も っ て の 演 奏 シ 1 ン な ど 、 に よ く あ る よ う な シ ー ン は ほ と ん ど 見 ら れ な い ハ ン ド を 結 成 す る よ う な 人 た ち は 、 ど ち ら か と い う と イ ン ド ア 派 で 、 子 ど も 供 の こ ろ は 外 で 遊 ぶ よ り も 、 部 屋 の 中 で 音 楽 を 聴 い た り 、 楽 器 の 練 習 を す る る 時 間 の ほ う が 多 か っ た と い う タ イ フ が 多 い 。 集 中 的 に 音 楽 に の め り こ ん 第 1 章 オ レ ン ジ レ ン ジ は ど ん な バ ン ド ? に あ ・ 青 空 が 似 合 う

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


ン ジ の 前 に 広 が っ て い た 。 そ し て 満 を 持 し て 発 表 さ れ た の が 第 3 弾 シ ン グ ル 「 ビ バ ☆ ロ ッ ク 」 だ っ ス だ っ た 。 た 。 「 上 海 ハ ニ 1 」 か ら 3 ヶ 月 後 の 川 月 日 の リ リ ー 「 ビ バ ☆ ロ ッ ク 」 は 、 お お ら か で カ ラ ッ と し た ポ ッ プ な 曲 で 、 「 上 海 ハ ニ と ほ と ん ど 同 じ 流 れ の 曲 で あ る 「 キ リ キ リ マ イ 」 が あ ま り 注 目 さ れ 道 ず に 、 そ の 正 反 対 と も い え る ポ ッ プ な 「 上 海 ハ ニ 】 が ヒ ッ ト し た の で 、 の へ デ ビ ュ ー 前 に 自 分 た ち が 目 指 し て い た 方 向 で は 、 メ ジ ャ 1 の 世 界 で は 受 け ャ ジ 入 れ て も ら え な い か も し れ な い と 肌 で 感 じ た 。 だ か ら 、 「 キ リ キ リ マ イ 」 メ ふ ん い き 4 1 ド な イ メ ー ジ よ り も 、 「 上 海 ハ ニ 1 」 の 雰 囲 気 を 出 し て て い く こ と 第 に し た の だ っ た 。 こ の 作 戦 は 見 事 に 的 中 し た 。 「 ビ バ ☆ ロ ッ ク は テ レ ビ 東 京 系 「 z =< 癶 J い レ 6 一 つ O— ナ ル ト 」 の エ ン デ ィ ン グ ・ テ ー マ 曲 に 採 用 さ れ た こ と も あ っ て 、 129

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


火 」 け っ え き が た は て ん び ん 座 。 血 液 型 は o 型 。 身 長 17 0 セ ン チ 。 体 重 8 キ ロ 。 ボ ー カ ル た ん と う 担 当 。 両 耳 の ピ ア ス や 、 ド レ ッ ド へ ア な ど 独 特 の ヘ ア ス タ イ ル で も っ と も 目 立 そ ん ざ い ム ペ 】 ジ ・ プ ロ フ ィ ー ル よ り ) た ん と う か ん た ん 結 成 当 時 は 、 ド ラ ム 担 当 の < E-* O < z も い た 。 簡 単 な プ ロ フ ィ 】 ル ー レ よ 一 つ か ー せ い ざ を 紹 介 し て お く と 、 本 名 は 北 尾 一 人 1983 年 6 月 四 日 生 ま れ 。 星 座 は だ っ た い ふ た ご 座 。 身 長 17 3 セ ン チ 。 キ ロ 。 脱 退 し て し ま っ た が 、 オ レ ン ジ レ ざ い せ き ン ジ 結 成 か ら 在 籍 し て い た ひ と り で 、 サ ウ ン ド を リ ズ ム 面 で し つ か り と サ わ す そ ん ざ い ポ 1 ト し て き た こ と か ら も 忘 れ ら れ な い 存 在 だ 。 び ち な み に 公 式 プ ロ フ ィ ー ル の 身 長 ・ 体 重 は 、 発 表 さ れ る 時 期 に よ っ て 微 み よ う へ ん こ う 妙 に 変 更 さ れ る が 、 そ れ ほ ど 大 き な 変 化 は な い た 0 0

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


・ 「 ロ コ ロ ー シ ョ ン 」 も オ リ コ ン ・ チ ャ ー ト 1 位 を 記 録 ツ ア 1 直 前 に 発 売 さ れ た 6 枚 目 シ ン グ ル 「 ロ コ ロ 】 シ ョ ン 」 は 、 オ リ コ よ く し ゅ 一 つ か れ ン ・ チ ャ 】 ト 初 登 場 時 は 2 位 だ っ た が 、 翌 週 に は 1 位 を 記 録 。 彼 ら に と っ お て 2 曲 目 の チ ャ ー ト 1 位 曲 と な っ た 。 夏 を テ ー マ に 、 楽 し さ を 前 面 に 押 し 出 し た オ レ ン ジ レ ン ジ ら し い シ ン グ ル だ 。 び た ん さ ん い ん り よ う 火 J い し - っ 微 炭 酸 飲 料 「 < 0 」 の 0 曲 に も 採 用 。 テ レ ビ や ラ ジ オ で 何 度 も 流 れ 、 す っ か り 夏 の ヒ ッ ト 曲 と し て 定 着 し た の だ っ た 。 ら / 、 レ っ ま い め 4 枚 目 シ ン グ ル の 「 落 陽 」 と 5 枚 目 シ ン グ ル の 「 ミ チ シ ル べ 5 お さ 5 」 が ど ち ら も ス ト レ 】 ト で 、 オ レ ン ジ レ ン ジ に し て は 抑 え 目 な 曲 が 続 い た の で 、 そ ろ そ ろ ま た 、 の り の い い 曲 を 発 表 し よ う と い う プ ラ ン だ っ た の だ ろ う 。 デ ビ ュ ー 以 来 ず っ と 、 ひ と つ の ジ ャ ン ル に は め こ ま い め ま い め 0 150

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


ち よ く せ っ て き ひ ょ う げ ん ど と い っ た 直 接 的 な メ ッ セ ー ジ や 表 現 は あ ま り な い ま た 「 山 内 中 校 歌 」 の よ う に 沖 縄 の 地 元 に 関 係 し た 曲 も あ っ て 、 沖 縄 の ふ ん い き か し 雰 囲 気 を 感 じ さ せ る 歌 詞 も 多 い 。 歌 詞 の な か に 沖 縄 の 一 一 一 口 葉 が た く さ ん 盛 り わ せ い 込 ま れ て い る わ け で は な い の だ が 、 英 語 や 和 製 英 語 、 語 呂 合 わ せ の 歌 詞 な ど の リ ズ ム 感 が 、 ど こ と な く 冲 縄 の 一 一 一 一 口 葉 の リ ズ ム 感 の よ う に も 聞 こ え る た と え ば 大 ヒ ッ ト し た 「 花 」 と い う 曲 に は 、 後 半 の の ラ ッ プ 部 分 こ ろ あ ら し に 「 青 あ ら し 」 と い う 歌 詞 が 出 て く る 青 葉 の 茂 る 頃 の 嵐 、 と い う 意 味 で 、 ち よ く せ つ 実 は 沖 縄 と は 直 接 関 係 な い 言 葉 だ 。 で も 、 彼 ら の 曲 に 使 わ れ る と 、 な ぜ か ふ ん い き た だ よ 沖 縄 つ ば い 雰 囲 気 を 漂 わ せ る か ら 不 思 議 で は な い か 。 ・ フ ァ ミ リ ー な バ ン ド ご ろ

J-ポップの星たち ORANGE RANGE物語


れ た い 」 と メ ン バ 】 全 員 が 思 っ た と い う 。 山 内 中 学 校 で の ラ イ プ に は 、 カ ま < や 先 生 た ち も 駆 け つ け 、 生 徒 た ち に 混 ざ っ て 歓 声 を 上 げ て 演 奏 を 楽 し ん な っ で い た 。 メ ン 、 、 ー に と っ て は 懐 か し い 先 生 の 顔 も あ っ て 、 思 い 出 深 い ラ イ 、 も プ に な っ た の だ 。 そ の 思 い 出 を フ ァ ー ス ト ・ ア ル バ ム に も 盛 り 込 も う と 思 0 っ た の で あ る ち よ く せ つ 」 っ カ ラ イ プ が 不 登 校 生 徒 の た め に 直 接 役 立 っ た の か ど う か 、 効 果 が あ っ た の か は わ か ら な い た だ 「 ラ イ プ を 見 て 学 校 へ 行 く よ う に な り ま し た 」 と い と ど う 手 紙 が 届 い た と き に は 、 少 し で も 役 に 立 て た こ と が う れ し か っ た と 後 に 語 っ て い る 0 か ん せ い え ん そ う 0 140