検索 - みる会図書館

検索対象: 青嵐の夢

青嵐の夢から 65件ヒットしました。

青嵐の夢


こ の 作 品 は 、 雑 誌 ( 年 月 号 ー 囲 年 4 月 号 ) に 連 載 さ れ た も の を 、 加 筆 改 稿 し た も の で す 。

青嵐の夢


コ バ ル ト 文 庫 ス ー バ ー フ ァ ン タ シ 文 庫 ワ ベ ル 大 賞 」 マ ン 大 募 集 中 ! の 賞 で 開 花 さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ー 作 品 で あ れ ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ に も む す び つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 両 文 庫 の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 ま す 。 中 編 部 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 ー テ ィ ン メ ン ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い 集 英 社 コ バ ル ト 文 庫 、 ス ー ノ ヾ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 編 集 部 で は 、 エ ン タ く 大 賞 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 ( 税 く 佳 作 入 選 作 > 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ( 税 込 ) ノ ベ ル 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 4 字 詰 書 き 原 稿 用 5 ~ ・ 1 時 拠 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 麦 び 月 甲 Coba は 12 月 号 誌 上 ( お よ 52 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ シ 紙 と ) 大 賞 入 選 作 も 同 誌 上 に 掲 載 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 棘 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 土 コ バ ル ト 験 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ ベ ル 大 賞 の 最 終 *•f 読 者 審 査 員 の に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ ベ ル 大 館 者 大 賞 」 ( 大 賞 ス 作 は 正 賞 の と 副 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 吉 書 き 原 稿 用 ~ 3 槐 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ ・ プ ロ 、 ア マ を 問 い ま せ ん 。 【 入 選 発 表 】 麦 月 甲 筋 C 。 ba は 8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ シ 紙 E) 大 賞 入 選 作 は ス ー / ヾ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 も し く は コ バ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ び に 集 英 社 の 規 定 に 基 づ き 、 E 曜 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 東 京 都 刊 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 土 コ バ ル ト 験 部 「 ロ マ ン 大 賞 」 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Cob t ( 1 月 、 3 月 、 5 月 、 7 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を ご ら ん く だ さ い 。

青嵐の夢


242 そ の 一 一 点 を ど う 折 り 合 い つ け る か ( ど こ ま で 趣 味 に 走 る か 、 だ よ な ) 。 迷 っ て 脳 ん で 、 最 初 の 頃 は 何 度 も 差 し 替 え し ま し た 。 も う 今 は 〃 男 性 は 字 と 官 職 名 と 姓 と 名 と を て き と ー に 使 い 分 け る み に な っ て ま す が 。 ( 女 生 は 〃 字 は 使 わ な い 〃 。 こ し て ま す 。 地 の 文 で は 名 前 の み を 表 記 す る と い う の も 、 決 定 事 項 っ す 。 そ の 方 が わ か り や す い か な 、 と い う こ と で 。 一 応 ) ま あ 、 そ ん な こ ん な で い ざ 十 歳 を 描 く に あ た っ て 、 十 歳 以 上 は 成 人 後 と 同 じ 呼 び 方 を 基 本 と ち な す る こ と 、 幼 名 は 使 わ な い こ と も 決 め ま し た 。 因 み に 十 歳 未 満 は 、 名 前 オ ン リ ー ( チ ビ 権 、 伍 ゅ う そ ん ゅ 融 、 孫 瑜 参 照 の こ と 。 但 し 雑 誌 は 除 く ) で す 。 ど う ぞ ご 了 承 下 さ い 。 し か し こ れ 、 な ん か エ ラ っ そ ー に 書 い て い て 、 ま め ま め し く チ ェ ッ ク し た ら 、 実 は そ こ こ こ ほ こ ろ ん で ま し た っ て な っ た ら : : : ど お し よ お っ か な あ 。 大 丈 夫 な こ と を 、 と り あ え す 祈 っ て お こ う 。 ふ う 。 ( ふ う 、 じ ゃ な い だ ろ っ ) 【 孫 策 を さ ん ざ っ ぱ ら 苦 し め て く れ た 琴 の こ と 】 こ と 琴 。 日 本 人 の 場 合 、 お 正 月 の 定 番 演 奏 で よ く 耳 に す る 箏 ( い わ ゆ る 〃 お 琴 し を 思 い 浮 か べ る こ と が 多 い よ う な 気 が し ま す が 、 琴 と 箏 は 別 の 楽 器 で す 。 箏 よ り 小 さ く て 、 長 さ は 120 う わ さ 前 後 、 幅 ほ 、 爪 ( 義 甲 ) は 使 わ な い 、 と い う 噂 が 。 実 物 を 見 た こ と も 演 奏 を 目 に し た こ と も あ り ま せ ん ( 箏 な ら 一 応 触 っ た こ と あ り ま す が ) し 、 爪 で 演 奏 す る よ う に 書 い て い る 小 説 も あ り ま す の で 絶 対 と は 言 え ま せ ん が 、 と り あ え ず 私 の 作 中 で は 周 瑜 も 、 む ろ ん 周 瑜 を 師 匠 に き ん そ う

青嵐の夢


240 「 陸 遜 が 雑 誌 の 方 の 主 役 を 張 る 」 も っ か と 、 誤 解 を な さ っ た 方 々 ! 目 下 予 定 は あ り ま せ ん つ つ 。 ご め ん な さ い つ 、 言 葉 た ら す で 、 私 。 〃 雑 誌 の 主 役 〃 っ て の は 、 孫 策 の こ と で す 。 こ の 『 青 嵐 の 夢 』 を 指 し て ま す 。 今 の と こ ろ 、 か い む 陸 遜 の 主 役 も 次 の 雑 誌 掲 載 の 予 定 も 皆 無 で す 。 ぬ か よ ろ こ び を さ せ て 、 申 し 訳 あ り ま せ ん 。 な ん だ か 随 分 大 勢 の 方 が 〃 そ う 〃 信 じ て し ま わ れ た み た い で ( 汗 ) え え え え え と 、 ご め ん な さ : 許 し て や っ て 下 さ い ( な ん か 、 一 冊 に つ き 最 低 一 度 は 謝 っ て い る よ う な 気 が : : : オ レ っ て ) さ て 。 こ こ か ら は い た だ い た レ タ ー に あ っ た 、 指 摘 ア ー ン ド 質 問 に つ い て 。 せ い な あ ざ な よ う み よ う 【 姓 と 名 と 字 と 幼 名 の こ と 】 「 こ の 時 代 の 中 国 で は 、 子 供 時 代 に は 幼 名 を つ け て い て 、 字 で 呼 ぶ よ う に な る の は 成 人 し て か ら の は ず で す が : と い う 手 紙 を ( 各 々 多 少 言 い 回 し は 違 い ま す が ) 、 い く つ か 受 け ま し た 。 ま あ っ た く そ の 通 り ( た だ 、 字 は あ る 程 度 以 上 の 身 分 な り 家 柄 な り の 人 間 し ゃ な い と 、 使 わ : と い う よ う な こ と も 、 ど こ か で 聞 い た よ う な ) で し て 。 果 た し て 何 歳 を も っ て 成 人 と ち や き ん 言 う の か 、 わ ん こ な 髪 形 か ら 茶 巾 包 み に 変 わ る の が い つ な の か 、 正 確 な と こ ろ は 未 熟 で 無 知 で り く そ ん お の お の

青嵐の夢


あ さ か ・ し よ う 天 秤 座 、 A 型 。 96 年 2 月 に 、 ス ー パ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 夏 嵐 ~ 緋 の 夢 が 呼 ぶ も の ~ 」 で デ ビ ュ ー 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 現 は 夢 、 久 遠 の 瞬 き 」 「 旋 風 は 江 を 駆 け る ( 上 ) ( 下 ) 」 「 江 の ざ わ め く 刻 」 「 二 龍 争 戦 ~ 星 宿 、 江 を 巡 る ~ 」 「 鳳 凰 飛 翔 ~ 華 焔 、 江 を 薙 ぐ ~ 」 「 旋 風 の 生 ま れ る 処 ( 上 ) ( 下 月 が あ る 。 日 本 と 中 国 の 古 代 史 に ど っ ぷ り は ま っ て い る 。 趣 味 は 遺 跡 や 神 社 仏 閣 を 見 る こ と 、 ケ ー キ を 作 る こ と 。 原 稿 に 煮 詰 ま る と た い て い ピ ア ノ に 逃 避 す る 。 青 嵐 の 夢 せ い ら ん COBALT-SERIES 1998 年 7 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 卓 月 小 株 式 会 社 〒 101 ー 8050 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 島 民 雄 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OSHö ASAKA 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 ISBN4 ー 08 ー 614477-8 C0195

青嵐の夢


頼 を 受 け ま し た 。 。 そ れ に 、 ペ ー ジ 数 の 関 係 で 書 き 込 め な か っ た 部 分 や 気 付 い た 点 を ち ょ っ と だ け 加 筆 修 正 を し た も の で す 。 イ ラ ス ト も 新 た な 描 き 下 ろ し に な る と か で 、 ら ぶ り ー ち ゃ ー み ー よ ろ く 。 わ ら ゆ う こ な ト ビ ラ が な く な っ て し ま う の は 残 念 で す が 、 私 は と っ て も 楽 し み で す 。 桑 原 祐 子 さ ん 、 宜 し く お 願 い し ま す つ つ つ ー い や あ 、 こ れ は 本 当 に 楽 し く て 大 変 で シ ア ワ セ で 苦 し く っ て も う も う も う も う 、 な 連 載 で し た 。 何 し ろ 朝 香 、 不 器 用 な こ と こ の 上 な い 。 一 度 に 一 つ の こ と し か 考 え ら れ な い ん で す な 。 っ い 。 な ん で こ ん な に モ タ モ タ し て る ん だ こ い つ っ て く ら い 、 ト ロ い 。 そ ー ゅ ー の に し で に ト ロ 「 文 庫 の 合 間 に 雑 誌 の 連 載 を し ま し よ う ね 。 こ う 、 サ ク サ ク っ と 」 な ん て 、 シ ョ ー ト プ レ ッ ド 並 み の サ ク サ ク さ で 依 頼 し て 下 さ っ て も お ー 。 何 か な そ の 〃 合 間 々 っ て の は 。 こ の 私 に 、 二 作 同 時 進 行 な ん て 芸 当 が で き る と で も 思 っ て ら 、 つ し や る ん で す カ ー 「 孫 策 と 周 瑜 で 。 ペ ー ジ 数 が 限 ら れ る の で 、 難 し い ん で す が 。 頑 張 っ て 下 さ い 」 頑 張 っ て っ て 、 あ の 。 そ ん な あ っ さ り と 。 人 間 で き る こ と と で き な い こ と っ て 、 あ る ん で す せ き へ き け ど 。 赤 壁 書 く の さ え 、 私 の 能 力 し や も お 手 一 杯 ど こ ろ か 手 に 余 り ま く り な ん で す け ど お 。 ね え 、 私 の 日 本 語 通 し て ま す っ 卩 聞 い て く だ さ い っ て ば 担 当 女 史 い い つ つ つ つ ー き ん 琴 の 演 奏 を 母 上 に 命 し ら れ た 孫 策 の 気 持 ち 、 あ た し す っ げ え わ か る ( 笑 ) だ か ら こ の 話 、 や ・ ( ち ょ い 遠 い 目 ) 。 け に 説 得 力 あ る っ て 気 が し ま す 。 は は は は は :

青嵐の夢


さ て 、 お 久 し ぶ り の 、 何 だ い き な り こ れ は な 冒 頭 メ ッ セ ー ジ で す が な ん で す な 、 こ れ が こ の 〃 あ と が き み の 前 に く つ つ い て い る 小 説 部 分 ( く つ つ い て い る の は 〃 あ と が き 〃 の 方 だ ろ 、 普 通 : : : ) の 、 単 純 簡 潔 か っ 的 確 な 説 明 で す 。 こ ん な 話 で す 。 第 八 作 せ い ら ん 目 に し て 十 冊 目 の 文 庫 、 『 青 嵐 の 夢 』 は 。 も お 間 違 い な く 。 そ ん さ く し ゅ う ゆ 孫 策 と 周 瑜 の 、 〃 や つ ば り ろ く で も な か っ た ん だ ね 君 た ち の 出 会 い は 〃 編 。 今 回 主 役 は 一 気 に 若 返 っ て 十 歳 。 ど こ か ら ど う 見 て も ガ キ ン チ ョ 。 か わ い い の と か わ い く な い の 、 十 歳 の び び つ ど な セ イ シ ュ ン : : ひ 、 ひ つ ど ? 、 2 フ 、 222 フ ん 。 ど こ ま で 外 す か ち ゅ う よ う な 、 私 。 中 庸 っ て 言 葉 知 ら ん の か ? 次 は ど こ だ ? し う ゆ と 未 だ に 名 前 す ら 出 て こ な い 兄 上 ふ っ と う し ゆ き と の 別 れ か 、 は た ま た 人 気 沸 騰 珠 姫 ち ゃ ん 再 び か 。 い い 加 減 開 き 直 っ て ま す け ど 。 何 と な く 担 当 女 史 も 、 私 が オ ト メ ゲ ー ジ か ら す れ て し ま う っ て の は す っ か り あ き ら め ち ゃ っ て る み た い だ し 。 い い か な 。 ( 良 く な い っ て 、 今 、 声 が つ 。 ト ー キ ヨ ー 方 面 か ら 聞 こ え た よ お な 、 気 が : ご 存 じ の 方 も お い で で し よ う が 、 今 作 は 雑 誌 o 。 の 方 で 、 三 回 に わ た っ て 連 載 さ れ ち ょ う ど は な 」 、 フ と こ ろ か ぜ し よ う た も の で す 。 丁 度 、 『 華 江 』 と 『 旋 風 の 生 ま れ る 処 』 ( ど う 略 す る だ ろ 、 こ れ 。 『 か ぜ 生 』 か 、 ど こ ろ 『 か ぜ 処 』 か ? ) と 同 時 進 行 で 進 め て い っ た も の で し て 、 原 稿 用 紙 八 十 枚 ><n と い う 形 で 、 依

青嵐の夢


に 私 、 耳 バ カ 。 音 が 取 れ な い 。 ヒ マ が で き た ら ま た 挑 戦 し て み よ う 、 と は 思 っ て い る の で す け ど ね と ほ 。 ( し か し 自 分 で 一 一 一 戸 フ の も 何 だ が 、 耳 バ カ で リ ズ ム 音 痴 で よ く 音 楽 や っ て た な ) あ り や 、 も 、 フ こ こ ま で 来 て し ま い ま し た 。 Ⅱ 。 ヘ ー ジ も も ら っ た の に 、 質 問 た っ た 四 つ し か 答 え て な い し ゃ ん 。 だ め だ な あ 、 私 。 し ば こ う し じ つ う か ん 赤 壁 で の 火 攻 め が 十 一 月 と 一 一 = ロ う 説 は 、 お そ ら く 司 馬 光 の 『 質 治 通 鑑 』 を 原 資 料 と し て い る の で は な い で し よ う か と か ( 正 史 で は 、 確 か 冬 と し か 書 か れ て い ま せ ん の で 。 少 な く と も 私 の 手 元 に あ る 一 一 種 類 の 『 三 国 志 』 は 、 そ う で す ) 、 愈 河 に は 独 立 し た 伝 は 立 て ら れ て な く て 、 一 番 ′ 」 し ょ そ ん し ょ , っ さ く い ん そ ん が 詳 し い の は 『 呉 書 第 六 宗 室 伝 』 の 『 孫 韶 伝 』 で 、 そ れ 以 外 は 索 引 で 『 孫 河 』 で 調 べ る ん だ だ っ き ゅ う よ 、 と か 、 あ の 子 の 脱 臼 は 「 そ う な ら な き や お か し い 。 下 手 す れ ば も っ と 大 変 な こ と に な る は す , と い う 看 護 婦 の 友 人 の 指 摘 が あ っ て そ う な っ た ん で す と か 〃 び ゅ あ 〃 ( ) も 〃 い の せ ん と 〃 ( ・ 1 。 o ) も 近 い 言 葉 で 〃 純 真 な 〃 〃 純 粋 な 〃 と い う 意 味 で 使 っ て ま す と か 、 文 庫 の オ ビ は 、 担 当 女 史 の 担 当 ( か け 言 葉 で は な い ) で す バ ッ ク ナ ン バ 1 じ き ひ っ と か 、 ペ ー ー の や 直 筆 の 返 事 は で き れ ば お 応 え し た い け ど そ れ は 現 在 の 状 況 で は と て と も 無 理 な の で す ご め ん な さ い と か 、 八 十 円 切 手 を 貼 っ た 返 信 用 封 筒 が 同 封 さ れ て い な い と 返 事 用 ペ ー パ ー は 送 れ な い の で す ご め ん な さ い と か 、 〃 あ と が き 〃 の 時 点 で の 最 新 号 は 文 庫 が 書 店 に 並 ぶ 頃 に は 大 概 な く な っ て し ま っ て い て 、 そ の 文 庫 に 対 す る レ タ ー の 返 信 は 必 す 次 の 号 に

青嵐の夢


し く う た い い お じ う え 「 私 の 父 の 従 祖 父 上 は 確 か に 司 空 と 大 尉 と を 務 め ま し た が 、 そ れ は 本 家 の 話 で あ っ て 、 私 の 家 ま う け い は あ く ま で 傍 系 の 一 つ に 過 ぎ ま せ ん か ら ー じ ち ょ う 周 瑜 は 自 嘲 気 味 な 笑 み を 浮 か べ た 。 「 同 族 に 三 公 が い て も 、 私 に は た い し て 関 係 な い で し よ う ? 」 「 関 係 : : : な い 、 か な あ ? 」 い ぶ か 訝 し げ に 、 孫 は 問 、 フ 。 「 な い で す よ 」 そ う 繰 り 返 し た 周 瑜 の 顔 に は 、 も う 苦 さ の に し ん だ 笑 み は 消 え て い た 。 「 ふ う ん 」 孫 策 に は 他 に 、 言 い 様 が な い 。 ほ ま れ 普 通 は 同 姓 の 親 戚 に 地 位 を 極 め た 者 が 現 れ れ ば 、 そ の 誉 を 我 が こ と の よ う に 喜 び 、 ま た い っ し ゅ 、 つ け い し く う え ん き ま で も 自 慢 す る も の な の だ 。 周 瑜 の 父 の 従 祖 父 に あ た る 周 景 が 司 空 の 座 に 着 い た の は 延 熹 六 ( 一 六 lll) 年 の 十 一 一 月 で 、 今 か ら 一 一 十 二 年 も 前 の こ と だ っ た 。 そ れ で も 、 一 族 に と っ て も そ う 夢 で な い 者 た ち に と っ て も ま ぎ れ も な く 、 『 周 家 は 三 公 輩 出 の 家 柄 』 な の だ 。 そ の 認 識 は 、 し ご 嵐 く 当 然 の こ と な の だ か ら 。 青 「 あ 、 す み ま せ ん 。 桃 」 手 が 止 ま っ て し ま っ て い た こ と に 気 づ い て 、 周 瑜 は 慌 て て 桃 を 半 割 り に し た 。 種 を 抉 り と っ あ わ え ぐ

青嵐の夢


37 青 嵐 の 夢 だ っ て 。 同 い 年 な ん だ か ら 話 し や す い だ ろ 。 そ れ に 向 こ う に し て も 、 上 達 も し な い 生 徒 の 相 手 を 毎 日 さ せ ら れ て い る ん し や 、 ) ) 日 し し カ 減 辟 易 し て い る は ず だ ぜ 」 「 そ ん な の 、 初 日 に 頼 ん だ さ 」 ひ も し ば 立 ち 上 が り な が ら 、 彼 は 腰 の 紐 を 縛 り な お し た 。 「 そ う い う の は で き な い っ て 言 わ れ た か ら 、 毎 日 通 う は め に な っ て い る ん だ 。 俺 が 嫌 で や め た い と 思 っ て い る な ら 、 自 分 の 口 か ら 言 え っ て さ 」 で き ま せ ん そ う 、 た し か に そ う 言 っ た 。 静 か で 抑 揚 の な い 声 で 。 孫 策 の 脳 裏 に 、 半 月 前 の 光 景 が 浮 か び 上 が る 。 あ れ は 、 や さ し そ う っ て い う の と は ち が う 。 あ あ い う の を 、 性 格 が 悪 い っ て 一 一 一 一 口 う ん だ 。 の の し 孫 策 は 心 の 中 だ け で 、 罵 り の 声 を あ げ た 。 え い そ ん さ く し ゅ う ゆ 英 が と ん で も な い 提 案 を し た そ の 次 の 日 、 孫 策 は 周 瑜 の 館 を 、 今 度 は 門 か ら 訪 れ た 。 通 さ れ た ち へ き え き