検索 - みる会図書館

検索対象: SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]から 94件ヒットしました。

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


Th e L e 亡 む e r s て 欲 し い と 心 か ら 願 い ま す 。 一 る の か 否 か 。 人 に よ っ て 評 価 リ 製 い 橋 本 い の ず さ へ 特 プ ( ン は 分 か れ る 。 私 が 知 ら な い だ い ム 合 相 模 原 市 の 事 件 に 思 う ( す 一 ) 分 断 さ れ 過 ぎ た 社 会 一 場 当 一 格 差 の 実 態 を 把 握 し 、 4 ) で 度 け か も し れ な い が 、 昔 は 毎 日 さ ロ 送 区 の 0 て は ま 高 柳 俊 彦 感 の ~ 囲 く 聊 す 田 ル 々 0 範 す 。 氏 き め 細 か い 対 策 が 必 要 だ 一 の 生 活 に 困 る 人 は そ ん な に い て い ま で 一 分 月 ま 。 イ 細 江 美 幸 ( 静 岡 県 / 歳 ・ 書 店 員 ) 一 し 日 し ん 千 メ 名 人 観 な か っ た 気 が す る 。 は し な 拭 ご 昭 た せ 都 .2 筆 を 個 に ( 岐 阜 県 / 歳 ・ 主 婦 ) 0 < 0 Ø い ま 一 示 部 d ( 0 万 。 み た し か に 、 と ん で も な い ほ 相 模 原 の 障 害 者 施 設 で 起 こ 一 集 経 読 字 測 変 ご 文 源 を が 五 、 名 3 げ し 東 集 名 し の 旨 名 な ぞ 分 、 を 編 氏 今 年 は 印 象 に 残 る 選 挙 が た 一 ど の 超 お 金 持 ち が 増 え れ ば 、 0 た 死 傷 事 件 に は 色 々 な こ と で R を 考 え さ せ ら れ ま し た が 、 そ く さ ん あ っ た 。 私 も 期 日 前 投 一 貧 し い 人 た ち の 数 が そ の ま ま の ひ と つ が 、 今 の 日 本 は い じ 票 に 出 か け な が ら 選 挙 の 意 味 一 で も 「 格 差 」 自 体 は 広 が る の 球 織 ど し 合 、 と 館 よ ・ ご 小 の 年 部 を 考 え て い た 。 だ ろ う 。 ま た 、 昔 の 日 本 に は 、 め 社 会 で あ る と 、 改 め て 認 識 一 稿 ~ ど 都 06 で る の 刈 一 た と さ せ ら れ た こ と で す 。 参 議 院 選 挙 で は 「 ア ベ ノ ミ 一 あ ら ゆ る と こ ろ に 伸 び し ろ が ク ス の 審 判 」 だ と い う 人 が 多 一 あ っ て 、 み な 希 望 が あ り 、 不 加 害 者 が 「 障 生 暑 は 死 ん だ か っ た 。 「 ア ベ ノ ミ ク ス の 復 一 満 も 抑 え ら れ て い た の か も ほ 、 つ か い い 」 な ど と い 、 つ 身 勝 手 極 ま り な い 考 え 方 を す る よ 競 争 か ら 落 ち こ ば れ た 人 間 に 一 物 を 量 産 し て い ま す 。 社 会 が 一 活 」 を 期 待 す る 人 も 多 か っ た ~ れ な い 。 だ が 今 、 「 貧 困 」 が 問 題 化 し 、 う に な っ た の に は 、 人 間 が 大 一 は 、 賃 金 が 安 い と い う だ け で ~ 今 の ま ま で あ る 限 り 、 悲 し い 一 よ う だ し 、 野 党 に は 「 こ れ だ 」 事 に さ れ て い な い 現 実 が 背 景 一 な く 強 い 屈 辱 感 が 植 え 付 け ら 一 事 件 は 今 後 も 起 こ り 続 け る で 一 と い う 決 め 手 も な か っ た と 思 一 靄 を 持 つ 人 た ち が 増 加 し し よ 、 つ 。 に あ る よ 、 つ に 思 い ま す 。 れ ま す 。 う 。 だ と し た ら 迷 っ て い た 人 一 い る の は 間 違 い な い し 、 ア ベ 現 実 の 中 で 、 人 々 は 常 に 比 ~ 知 識 量 や 技 能 、 容 貌 、 収 入 一 ど ん な 人 間 に も 大 切 な 存 在 一 た ち は 自 民 党 に 入 れ て し ま っ ~ ノ ミ ク ス は そ れ ら に 対 し て 、 較 の 対 象 と さ れ て い ま す 。 学 の 差 が 過 剰 に 定 量 化 さ れ る こ 一 価 値 が あ る こ と に 、 そ し て 、 一 た に 違 い な い 。 発 信 力 の 乏 し 一 何 の 解 決 策 も 示 し て い な い 。 校 で は テ ス ト の 点 数 や 交 友 関 一 と に よ っ て 、 人 々 を 分 断 し て 一 私 た ち が 長 い 時 間 を か け て そ 一 い 野 党 を 尻 目 に 自 民 ・ 公 明 の 一 選 挙 結 果 を 真 摯 に 受 け 止 め て 、 勝 っ た 政 党 に は 「 貧 困 」 係 に よ っ て 子 ど も た ち が 序 列 一 し ま っ た 今 の 社 会 は 、 自 分 よ : っ し た 社 会 を 選 ん で き た 意 志 一 与 党 は 勝 利 し た 。 ア ベ ノ ミ ク ス は 成 功 し て い に も っ と 力 を 入 れ て ほ し い 。 化 さ れ 、 企 業 に お い て も 出 世 一 り 劣 っ た 人 間 を 平 気 で 蔑 む 人 一 に 、 よ り 多 く の 人 々 が 気 付 い 商 、 だ は ま い 報 め せ 情 た さ な 用 ん 要 利 せ 必 認 に ま ー し 亡 ー 、 支 付 お し 送 こ を の 前 手 ス 名 い ビ そ お 払 一 、 支 サ た お 、 す い 、 品 ま だ や 商 7 い 国 画 ヾ 絡 、 企 連 連 こ 0 ロ 関 編 集 部 か ら の お 知 ら せ SAPIO は 年 間 定 期 購 読 が で き ま す 。 「 SAPIO 」 は 全 国 書 店 で お 求 め い た た け ま す が 、 様 々 な 理 由 て 書 店 て の ご 購 入 が 不 便 な 方 の た め に 、 次 の 要 領 て 年 間 定 期 購 読 を 受 け 付 け ま す 。 ・ 年 間 定 期 購 読 料 8 , 400 円 ( 年 間 1 2 冊 分 ・ 送 料 無 料 ) 送 料 は 当 社 で 負 担 い た し ま す 。 ・ ご 注 文 方 法 は 2 通 り ご ざ い ま す 1 、 フ リ ー ダ イ ヤ ル ( 小 学 館 P ・ S 通 信 販 売 係 ) aO 120 ー 494656 営 業 時 間 は 月 ~ 金 曜 日 の 1 0 : OO—19 : OO 、 土 曜 日 IO : OO ~ 17 : OO ( 日 祝 は お 休 み で す ) 。 2 、 イ ン タ ー ネ ッ ト ( 小 学 館 雑 誌 定 期 購 読 サ ー ビ ス ) http://skygarden.shogakukan. CO. jp/sol/magazines/ * 複 数 年 の お 申 し 込 み と 、 海 外 へ の 発 送 は お 受 け い た し か ね ま す 。 ・ SAPIO の バ ッ ク ナ ン バ ー を お 求 め の 方 は 、 上 記 フ リ ー ダ イ ヤ ル ま た は イ ン タ ー ネ ッ ト サ イ ト ま で お 問 い 合 わ せ 下 さ い 。 日 SA 円 0 特 製 バ イ ン ダ ー を 希 望 の 方 へ 多 数 の 皆 様 か ら ご 要 望 が あ り ま す 「 SAPIO 保 存 用 特 製 パ イ ン ダ ー 」 を 、 ご 希 望 の 方 に 通 信 販 売 に て お 頒 け い た し ま す 。 1 冊 に つ ぎ SAPI() 12 冊 分 が 収 納 て き ま す 。 「 特 製 パ イ ン ダ ー 」 は 2 冊 が 1 セ ッ ト で 1 , 7 円 ( 税 込 ) 、 1 回 の ご 注 文 に つ き 送 料 は 、 620 円 ( 税 込 ) と な り ま す 。 ・ 価 格 2 冊 1 セ ッ ト 1 , 728 円 ( 税 込 ) 送 料 は 1 か 所 の お 届 け に つ き 620 円 ( 税 込 ) か か り ま す 。 ま た 、 代 金 引 換 の 場 合 は 手 数 料 324 円 ( 税 込 ) が か か り ま す 。 ・ ご 注 文 方 法 は 2 通 り ご ざ い ま す 1 、 フ リ ー ダ イ ヤ ル ( 小 学 館 バ ル シ ョ ッ プ ) 谷 0120 ー 468753 営 業 時 間 は 平 日 9 : 30 ~ 1 7 : OO ( 土 日 祝 は お 休 み で す ) 。 2 、 イ ン タ ー ネ ッ ト ( 小 学 館 バ ル シ ョ ッ プ ) http://www.pal-shop.jp/sapio ・ お 支 払 い 方 法 、 そ の 他 詳 細 は 上 記 フ リ ー ダ イ ヤ ル ま た は イ ン タ ー ネ ッ ト サ イ ト へ お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 社 団 法 人 日 本 通 信 販 売 協 会 会 員

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


SA Ⅱ O 毎 目 売 で す 朝 の 2 ロ 6 ロ 朝 ラ イ ツ ツ ブ 5 5 5 4 宮 崎 哲 弥 『 食 漫 全 席 大 前 研 一 『 人 間 力 の 時 代 0 5 山 下 柚 実 它 ッ ト 商 品 は 主 張 す る 佐 藤 優 『 inte 三 gence database 』 4 4 須 田 慎 一 郎 『 千 里 眼 川 本 三 郎 『 平 成 百 色 眼 鏡 見 た り 読 ん た り 』 2 9 2 8 深 川 峻 太 郎 百 本 人 の ホ コ ロ ビ 黒 田 勝 弘 『 ソ ウ ル の 風 0 9 4 7 小 籔 千 豊 『 イ キ る カ 落 合 信 彦 『 新 世 界 大 戦 の 時 代 SAPIO - 第 第 《 - 贏 W 新 連 載 日 本 人 を 洗 脳 し た あ の 人 気 ド ラ マ 0 3 歴 史 観 自 衛 隊 を 悪 と し て 描 き 自 虐 史 観 を 撒 き 散 ら し た / 森 虎 雄 価 値 観 ー に 刷 り 込 ま れ た バ ブ ル 世 代 の 「 お 気 楽 思 考 」 / 石 原 壮 一 郎 戦 争 観 朝 ド ラ 日 の 「 戦 争 " 人 殺 し 」 描 写 の 耐 え ら れ ぬ 薄 っ ぺ ら さ / 小 名 木 善 行 日 本 観 目 に 仕 込 ま れ た ク 反 日 シ ー ン か 許 せ な い / 倫 理 観 Ⅱ が 主 婦 の 貞 操 観 念 を 狂 わ せ た / 大 木 信 景 中 国 ・ 上 海 発 空 母 建 造 中 の 「 秘 密 軍 事 工 場 に 潜 入 ′ ・ / 相 馬 勝 畑 正 思 ( 田 ) 動 物 研 究 者 「 よ ー し 、 よ し 」 の 科 学 が 人 間 を 救 う / 聞 き 手 ・ 山 川 徹 熱 狂 を 歩 く 第 3 回 8 ・ の 思 想 地 図 ( 8 月 日 、 靖 国 神 社 ) / 古 谷 経 衡 ヌ ザ シ の 土 光 さ ん 」 に 学 べ そ の 遺 訓 と 清 貧 の 哲 学 「 幹 部 は エ ラ い 人 で は な く ッ ラ い 人 」 と 、 自 ら 率 先 し て 働 い た / 加 来 耕 三 「 思 い や り 」 の 人 た っ た / 出 町 譲 長 男 が 語 る 父 ・ 敏 夫 「 家 で は 無 ロ で 洋 書 を 静 か に 読 ん で い た 」 「 ラ ス ト エ ン ペ ラ 1 」 習 近 平 の 難 局 第 回 金 塊 名 様 プ レ ゼ ン ト 小 林 よ し の り 「 コ ー マ ニ ズ ム 宣 1 戸 筑 前 共 愛 会 の 結 成 2 号 連 続 ご 愛 読 者 感 謝 企 画 200 『 珠 の 言 葉 抱 き し め た い / 』 『 こ ち そ う さ ん 』 『 金 八 先 生 』 ほ か 美 し い 日 本 人 の 原 点 は こ こ に あ り 武 田 砂 鉄 も の 言 う 人 々 業 田 良 家 『 ガ ラ ガ ラ ボ ン 日 本 政 治 岩 合 光 昭 動 物 眼 鏡 書 闘 倶 楽 部 「 フ ロ ム ・ リ ー ダ ー ズ 」 、 「 U)<C ー 0 川 柳 」 2 8 1 11 3 8 56 52 114 112 81 ◎ 小 学 館 2016 本 誌 掲 載 記 事 の 転 載 、 複 写 ( コ ピ ー ) 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 、 上 演 、 放 送 等 の 無 断 使 用 は 著 作 権 法 上 の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 造 本 に は じ ゅ う ぶ ん 注 意 し て お り ま す が 、 万 が 一 、 落 丁 、 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら 、 小 学 館 制 作 局 ま で お 送 り く だ さ い 。 良 品 と お と り か え し ま す 。 0120 ・ 336 ・ 082 表 紙 写 真 / 小 笠 原 亜 人 矛 表 紙 デ ザ イ ン / 前 橋 隆 道 + tokyo synergetics 本 文 デ ザ イ ン / た め の り 企 画 真 島 潤 誌 名 の 「 サ ビ オ 」 は ラ テ ン 語 で 。 味 わ う 。 と い う 直 接 的 意 味 か ら 事 の 真 理 を 探 る 。 と い う 抽 象 的 意 味 ま で を 含 ん で い ま す 。 「 知 恵 の あ る 人 」 を ラ テ ン 語 で 。 ホ モ ・ サ ピ エ ン ス 。 と 言 い ま す が 、 こ の 語 源 も サ ピ オ か ら 来 て お り 、 サ ピ オ は 。 知 患 を 探 る 衣 と い う 意 味 で 名 付 け ま し た 。

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


さ を の エ ま ル 第 ー を も 物 を - ド ~ 信 念 持 っ て 発 信 し 続 け て き , ー を 当 , よ ー を 一 第 を ・ ・ 第 一 ・ タ に ん 」 行 き ま し 長 、 こ 第 で は ヘ の ま ん な ・ ′ イ い 第 ・ 、 ・ 、 ・ ー ル て い を 第 ー を 号 . イ 宿 の ら 物 、 り 、 ・ レ を 予 0 は あ っ ~ 新 0 ・ 要 ー を 」 デ , ! に こ ま を ・ つ を ・ ・ を 第 0 を の は 第 第 を 屋 、 ん 一 し 。 。 し な て た , ′ 憲 法 主 第 、 イ プ テ ノ だ つ 告 . ど し ま ー ゼ い な い 本 物 を ・ 第 = 還 、 人 嶇 研 な な 一 ん に ニ す る そ い ツ 、 こ 、 本 物 に う い つ も は 第 を 第 一 を キ 、 2 的 イ ラ 一 と し て 名 が 、 が る ・ に な 。 を い な ! 」 . 第 「 て い イ ド ル 2 を ・ 。 内 ん い う 調 に を し て い ま す 。 一 ー 笑 福 事 悪 僕 も 何 度 も 第 に 、 」 ~ ・ よ り を 芸 能 人 飃 : ! 月 い 、 第 。 第 芸 能 事 務 所 と の 「 ル ー ト 」 を し つ か り 構 築 阿 部 寛 、 藤 原 紀 香 も 登 場 赤 旗 に 旬 の 有 名 人 が 出 る ワ ケ 社 会 お 瓢 も 女 保 も 自 分 《 望 第 そ の ほ か 赤 旗 に 登 場 し た 有 名 人 ( 一 部 ) 市 原 悦 子 ( 女 優 ) 、 近 藤 正 臣 ( 俳 優 ) 、 佐 藤 浩 市 ( 俳 優 ) 、 中 井 貴 ー ( 俳 優 ) 、 萩 本 欽 ー ( コ メ デ ィ ア ン ) 、 橋 爪 功 ( 俳 優 ) 、 深 田 恭 子 ( 女 優 ) 、 宮 迫 博 之 ( お 笑 い 芸 人 ) 、 八 代 亜 紀 ( 歌 手 ) な ど し ん ぶ ん 赤 旗 の 謎 の ひ と い ま す 。 こ の 本 が 、 少 し で 井 健 三 、 伊 藤 美 誠 、 内 つ が 、 政 党 機 関 紙 に も か か も 日 本 の 政 治 に 関 心 を 持 ち 、 平 な ど 今 回 の オ リ ン ピ ッ ク わ ら ず 芸 能 人 や ス ポ ー ツ 選 社 会 に つ い て 考 え る き っ か で 活 躍 し た ス ポ 1 ツ 選 手 も 手 が た び た び 登 場 す る こ と け に な っ た ら う れ し い で す 〉 登 場 し て い た 。 一 昨 年 の 9 月 、 こ う 締 め 内 山 の 記 事 は 憲 法 だ 。 し か も 、 登 場 す る の は 話 題 性 が あ り 有 名 な 人 物 ば く く ら れ た イ ン タ ビ ュ 1 が 学 者 と の 共 著 『 憲 法 主 義 』 に 関 す る 著 者 イ ン タ ビ ュ 1 か り 、 つ い に は <Etn ま 「 し ん ぶ ん 赤 旗 日 曜 版 」 に で 登 場 し た そ の 起 用 の 秘 密 掲 載 さ れ た 。 登 場 し た の は で 、 憲 法 を 暗 唱 で き る ア イ に 迫 る ア イ ド ル グ ル 1 プ ・ ド ル と し て 売 り 出 し て い た の メ ン バ 1 の 内 山 奈 月 だ 内 山 に 話 を 聞 く も の だ っ た 。 こ れ は い わ ば 赤 旗 ・ 共 産 党 〈 私 た ち の 世 代 が 一 人 ひ と ( 現 在 は グ ル 1 プ を 卒 業 ) 。 り 意 思 の あ る 一 票 を 投 票 す 赤 旗 と 旬 の ア イ ド ル の 組 み の ク 政 治 臭 が す る 記 事 だ る こ と に よ っ て 日 本 の 政 治 合 わ せ は 、 当 時 大 き な 話 題 っ た が 、 他 の 芸 能 人 ・ ス ポ は よ り 良 い も の に な る と 思 と な っ た 。 今 年 に 入 り 、 ジ 1 ツ 選 手 の 場 合 、 多 く は 当 ャ ニ 1 ズ 事 務 所 の 人 気 ア イ 人 の 出 演 作 品 へ の 思 い や 生 ド ル グ ル 1 プ ・ 嵐 の 相 葉 雅 き 方 を 語 る も の に 終 始 。 反 紀 が 日 曜 版 4 月 3 日 号 に 登 戦 や 平 和 に 触 れ た 内 容 も あ 場 し た こ と も フ ァ ン た ち の る が 、 共 産 党 の 意 向 に 沿 っ た 政 治 的 主 張 は ほ と ん ど 見 間 で は 騒 然 と な っ た 。 ア イ ド ル だ け で は な い 。 受 け ら れ な い い ち 政 党 機 関 紙 が 、 な ぜ こ れ ま で 赤 旗 で は 日 曜 版 を 中 心 に 女 優 の 藤 原 紀 香 、 俳 エ ン タ メ 雑 誌 の よ う に 第 優 の 役 所 広 司 、 阿 部 寛 、 狂 線 で 活 躍 す る 有 名 人 を ラ イ 言 師 の 野 村 萬 斎 、 落 語 家 の ン ナ ッ プ し 、 こ う し た 紙 面 笑 福 亭 鶴 瓶 な ど の ほ か 、 白 を 作 成 で き る の か 21 SAPIO 2 の 6. 田

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


経 済 動 乱 の 時 代 を 生 き 抜 く / ご 愛 読 者 感 謝 企 画 0 年 0 0 名 第 プ レ せ ン ト い つ も 小 誌 を ご 愛 読 い た だ き あ り が と う ご ざ い ま す 。 椥 面 が 乱 高 下 し 、 経 済 力 状 き く 揺 れ 動 い て い る 中 、 「 有 事 の 金 」 と 呼 ば れ て 世 界 中 の 投 資 家 が そ の 動 向 に 注 目 し て い る ヾ ゴ ー ル ド 。 今 回 、 SAP ℃ で は ご 愛 読 者 感 謝 2 号 連 続 特 別 企 画 と し て 、 「 金 塊 ( 金 地 金 5g ) 」 を 抽 選 で 50 名 様 に プ レ ゼ ン ト し ま す 。 な お 、 金 塊 は 相 場 価 格 で 売 却 も 可 能 で す ( 売 却 時 に は 所 定 の 手 数 料 が か か り ま す ) 。 応 募 方 法 ・ 郵 便 は が き に 右 下 の 応 募 券 と 、 前 号 ( 2016 年 9 月 号 ) で 掲 載 し た 応 募 券 の 2 枚 を 貼 っ て く た さ い 。 第 民 E co の ・ 下 記 に つ い て お 書 き の 上 、 下 の 宛 先 ま で こ 応 募 く た さ い 。 1 . 氏 名 、 郵 便 番 号 ・ 住 所 、 電 話 番 号 、 年 齢 2. 9 月 号 と 1 0 月 号 の SAP ℃ で 面 白 か っ た 記 事 そ れ そ れ 3 つ ( 〇 月 号 ・ P8 、 P22 、 P46 の よ う に 、 月 号 と 記 事 の 最 初 の ペ ー ジ 数 を 記 し て く だ さ い ) 3. 9 月 号 と 1 0 月 号 の SAP ℃ で つ ま ら な か っ た 記 事 そ れ そ れ 3 つ ( 同 上 ) 4. SAP ℃ で 読 ん で み た い 記 事 ・ 企 画 5. イ ン タ ピ ュ ー を 読 み た い 人 6. SAP ℃ に つ い て の こ 感 想 、 ご 意 見 な ど 縦 23.5>< 横 1-4. O>< 厚 さ 1.2mm 実 物 と は 色 味 な ど が 異 な る 場 合 が ご ざ い ま す 。 宛 先 〒 1 01 ー 8001 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 3 ー 1 小 学 館 「 SAPIOJ 編 集 部 金 塊 プ レ ゼ ン ト 係 締 め 切 り : 2016 年 10 月 4 日 ( 火 ) 当 日 消 印 有 効 気 ド ・ は 応 募 で き ま ぜ ん 。 ~ 前 号 三 ( 2 田 6 年 9 月 : 応 募 者 多 数 の 場 合 は 、 厳 正 な 抽 選 の う え 、 当 選 者 を 決 め さ せ て し 、 た た き ま す 。 当 選 者 の 発 表 は 、 プ レ ゼ ・ 号 ). 、 て 掲 載 し た 応 ン ト の 発 送 を も っ て 代 え さ せ て い た た き ま す 。 な お プ レ ゼ ン ト の 発 送 は 、 2016 年 1 1 月 上 旬 頃 の 予 定 で す 。 ・ こ 、 募 雰 と 合 わ ぜ こ 2 ・ 雑 誌 公 正 競 争 規 約 の 定 め に よ り 、 こ の プ レ ゼ ン ト の 当 選 者 は こ の 号 の 他 の 懸 賞 に 入 選 で き な し 、 場 合 が あ り ま す 。 こ 応 募 い た た い た 皆 様 の お 名 前 、 こ イ 爪 こ 連 絡 先 等 は 、 プ レ ゼ ン ト の お 届 け に 必 要 な 確 認 、 今 後 の 企 画 の 参 考 の た め に 使 用 し 、 そ の 他 の 目 的 で を ン . 、 枚 を ハ カ 判 3 占 つ こ は 使 用 い た し ま せ ん 。 皆 様 か ら の お は が き は プ レ ゼ ン ト の お 届 し 麦 、 速 や か に 断 裁 し 、 た し ま す 。 = 了 お 送 り く だ き 、 111 : 。 SAP / 〇 2076. 瓰

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


朝 ド ラ 日 の 「 戦 争 “ 人 殺 し 描 写 の 耐 え ら れ ぬ 薄 っ ぺ ら さ 日 本 人 を 洗 脳 し た の 人 気 ド ラ マ ZOOM の 『 東 京 ラ ブ ス ト 1 リ 1 』 さ れ る 岩 城 滉 一 や 石 田 純 一 " 働 い て い ま せ ん 。 そ の く せ ~ せ ん か 子 ど も の こ ろ か ら ろ で 、 未 来 が い い 方 向 に 進 ( 年 ) な ど な ど 、 ど の ド " に も 、 共 感 や 憧 れ を 覚 え ず リ ッ チ な 生 活 を し て い て 、 「 未 来 は 暗 い 」 と 刷 り 込 ま ~ む わ け じ ゃ あ り ま せ ん 。 ラ マ も オ シ ャ レ な 男 女 が 、 。 は い ら れ ま せ ん 。 周 囲 に は イ イ 女 か い つ ば い 。 " れ て き た 今 の 若 者 に と っ て 代 が ト レ ン デ イ ド ラ マ 華 や か な 生 活 を 送 り つ つ 、 浅 野 温 子 が 演 じ る 四 歳 の ~ 老 後 や 鑒 の 心 配 ど こ ろ カ 、 こ は 、 理 解 で き な い 生 き 方 か ~ で 培 っ た 行 式 は 、 白 眼 狭 い 人 間 関 係 の 中 で 惚 れ た ~ フ リ 1 ス タ イ リ ス ト が 住 ん 仕 事 が 先 細 る 可 能 性 な ん て ~ も し れ ま せ ん け ど 。 視 さ れ る こ と も 多 々 あ り ま は れ た を 繰 り 返 す 物 語 で し で い る の は 、 家 賃 万 円 で ~ ま っ た く 頭 に な く 、 今 の 楽 ~ 女 性 と ふ た り で 飲 ん で い ~ す 。 し か し 、 日 本 全 体 が 辛 た 。 ド ラ マ を 熱 心 に 見 て い ~ 屋 上 に ジ ャ グ ジ 1 が あ る コ し さ が 永 遠 に 続 く と 思 っ て ~ る と 、 半 ば 義 務 感 に か ら れ ~ 気 臭 い 表 情 に な っ て い る 今 、 な く て も 、 世 の 中 の 空 気 を ン ド ミ ニ ア ム 風 の マ ン シ ョ い ま す 。 ま 、 世 の 中 全 体 が て 、 石 田 純 一 気 取 り で キ ザ き っ と 一 服 の 清 涼 剤 や 貴 重 通 じ て 、 間 接 的 な 影 響 は 受 ~ ン 。 彼 女 に プ ロ ポ ー ズ す る ~ そ う 思 っ て い ま し た が 。 な セ リ フ で 口 説 き だ す ャ ッ ~ な 突 破 口 に な れ る は ず 。 け て い る は ず 。 石 田 純 一 は 、 オ シ ャ レ 雑 誌 【 素 直 で 柔 軟 な 若 い こ ろ に 二 も い ま す 。 部 下 に 具 体 的 な ~ つ か わ か っ て も ら え る 日 が 、 今 、 あ ら た め て 『 抱 き し の 副 編 集 長 で べ ン ツ を 乗 り そ う い う ド ラ マ で 「 人 生 、 ~ 指 小 を 与 え た り 的 確 な フ ォ い っ か 役 に 立 て る 日 が く る め た い / 』 を 見 る と 、 肩 パ ~ 回 し 、 世 田 谷 に 実 家 が あ っ ~ 楽 し ん だ も の 勝 ち 」 「 仕 事 も ~ ロ 1 を し た り す る の は 苦 手 ~ と 信 じ て 、 こ れ か ら も こ の ッ ト や 太 眉 と い っ た 細 部 に て 高 級 マ ン シ ョ ン も 持 っ て ~ 恋 愛 も 将 来 も 、 ま あ ど 、 つ に な く せ に 、 「 大 丈 夫 だ か ら が ~ 調 子 で が ん ば り ま し よ う 。 い る と い う 設 定 で す 。 は 違 和 感 を 覚 え る も の の 、 か な る 」 と い う ク 教 え を ~ ん ば れ 」 と 根 拠 も な し に 激 ~ っ て 、 こ う い う 臆 面 の な さ 丁 々 発 止 を 繰 り 広 げ る 浅 輸 入 家 具 の 販 売 を し て い 叩 き こ ま れ た ら 、 世 の 中 が ~ 励 す る だ け の ヤ ツ も い ま す が 、 「 だ か ら バ ブ ル 世 代 は し い じ ゃ な い で す か ・ : 」 と 眉 を ひ そ め ら れ る 野 は た し か に ま ぶ し く 輝 い る 岩 城 滉 一 も 含 め て 、 こ の ~ ど う 変 わ ろ う と 、 そ う 生 き で も 、 て い ま す 。 ふ た り に 振 り 回 ~ 人 た ち 、 ぜ ん ぜ ん 真 面 目 に て い く し か な い じ ゃ あ り ま ~ 悲 観 的 に 物 事 を 考 え た と こ ~ 所 以 な ん で し よ う か 平 和 な 時 代 だ か ら こ そ 叫 べ る 「 戦 争 反 対 」 国 史 研 究 家 小 名 木 善 行 】 送 さ れ た 『 ゲ ゲ ゲ の 女 数 々 の 名 作 を 世 に 送 り 出 究 家 の 小 名 木 善 行 氏 は 「 朝 】 の 朝 ド ラ は 『 お し し よ う 。 し か し 、 近 年 の 作 品 は 思 ~ で は 、 主 人 公 の 夫 ・ 茂 が 戦 し て き た 『 連 続 テ レ ~ ド ラ で 描 か れ る 日 本 軍 は あ ~ ん 』 の 頃 か ら よ く 見 て い ま ビ 小 ( 朝 ド ラ ) に は 、 戦 ~ ま り に 恣 意 的 で は な い か 」 す 。 良 質 な 作 品 が 多 く 、 毎 ~ 想 性 が 色 濃 く 反 映 さ れ た も 時 中 に 南 方 の 島 ・ ラ バ ウ ル 時 下 の 日 本 を テ ー マ に し た ~ と 疑 問 を 呈 す 。 朝 こ れ を 見 な い と 一 日 が 始 の が 多 い よ う に 感 じ ま す 。 の 最 前 線 に 送 ら れ た 戦 争 体 ま ら な い と い う 人 も い る で た と え ば 、 2010 年 に 放 " 験 を 語 る 場 面 が あ り ま す 。 作 品 が 多 い 。 だ が 、 国 史 研 戦 争 観 ONAGI 33 SAPIO 2 の 6. 田

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


8 4 か ら 中 国 で 日 本 人 が ス パ ・ 事 部 だ が 、 領 事 担 当 の 外 交 官 が 面 会 を ・ 拘 束 さ れ た 問 題 で 、 上 海 で 拘 束 後 に 逮 ・ 劾 」 す る の で あ ろ う 。 0 こ の 4 人 の 事 件 に 関 は 、 「 産 経 新 容 疑 で 拘 束 さ れ る 事 例 が . 要 請 し て も 中 国 当 局 は 、 様 々 な 妨 害 を 捕 さ れ た 女 性 が 今 月 、 起 訴 さ れ た こ と 6 聞 」 が 詳 細 な 調 査 報 道 打 っ て い る の R 次 い で い る 。 今 年 7 月 中 . し て 、 十 分 な 面 会 の 機 会 を 保 障 し な い が わ か っ た 。 日 中 関 係 筋 が 明 ら か に し ん て み よ う 。 旬 に は 、 日 友 好 団 体 の 理 事 長 が 拘 束 ・ 裁 判 も 非 公 開 裁 判 に な る 。 被 告 人 の 利 た 。 ど の よ う な 罪 に 問 わ れ て い る の か 、 ・ で 、 そ れ を も と に し て さ カ 益 を 体 現 し て く れ る 弁 護 士 が つ く こ と ど の 裁 判 所 で 公 判 が 開 か れ る の か な ど ~ 去 年 、 同 紙 中 国 総 局 の 〈 日 中 友 好 団 体 幹 部 の 日 本 人 男 性 ・ も な い 。 要 す る に 容 疑 が か け ら れ た ら 、 【 具 体 的 な 状 况 は 不 明 だ が 、 女 性 は 今 後 、 . こ う 記 し て い る 【 ( ) が 北 京 で 拘 束 さ れ た 事 件 で 、 中 . 「 プ ラ ッ ク ポ ッ ク ス 」 に 入 れ ら れ た 様 . 法 廷 で ス パ イ 行 為 に つ い て 追 及 さ れ る 【 〈 ( 2015 年 ) 9 月 末 、 一 部 の 日 本 国 外 務 省 は 四 日 、 朝 日 新 聞 の 取 材 に 対 ・ な 状 態 に な っ て し ま う 【 可 能 性 が あ る 〉 ( 7 月 日 「 朝 日 新 聞 」 【 メ デ ィ ア が 「 2 人 の 日 本 人 が ス パ イ 容 し 、 関 係 部 門 が 「 国 家 安 全 に 危 害 を 与 . 去 年 は 4 人 の 日 本 人 が 拘 束 さ れ た 疑 の た め 中 国 で 拘 束 さ れ た 」 と 報 じ た 朝 刊 ) え た 容 疑 で 調 べ て い る 」 と 明 ら か に し こ の 人 た ち も 国 際 基 準 で 正 当 な 扱 い を こ の 日 本 人 女 性 に 関 し て 、 有 罪 は あ ・ こ と を 受 け 、 中 国 外 務 省 報 道 官 は す ぐ 受 け て い る ど は 一 言 え な い 【 た 。 中 国 側 が 日 本 人 男 性 の 状 况 に つ い ら か じ め 決 ま っ て い る の だ と 思 う 。 あ . に 定 例 記 者 会 見 で そ の 内 容 を 認 め 、 「 2 て 説 明 し た の は 初 め て 。 ど ん な 行 為 が 〈 中 国 で ス パ イ 行 為 に か か わ っ た 疑 い ・ と は 、 見 せ し め 裁 判 で ス パ イ 行 為 へ の ・ 人 に 対 す る 逮 捕 手 続 き が 完 了 し た 」 と 【 で 日 本 人 の 男 女 4 人 が 昨 年 556 月 に 法 に 触 れ た の か な ど に つ い て は 不 明 だ 。 【 日 本 政 府 の 関 与 に つ い て 「 暴 露 」 し 「 弾 . 発 表 し た / 中 国 刑 法 に は 「 国 家 安 全 危 害 罪 」 が そ の 後 、 産 経 新 聞 の 取 材 で 、 逮 捕 さ 神 て イ 新 あ り 、 国 家 分 裂 や 政 権 転 覆 、 武 装 反 乱 、 れ た の は 神 奈 川 県 大 和 市 の ZOO 関 係 院 つ な 館 学 た ぎ 学 ス パ イ 活 動 な ど が 対 象 だ 。 特 に 悪 質 な ~ 者 の 男 性 ( ) と 、 愛 知 県 稲 沢 市 の 男 大 わ し 小 学 こ ふ ( 場 合 、 最 高 刑 で 死 刑 が 定 め ら れ て い る 。 性 会 社 員 ( ) だ っ た こ と が 判 明 し た 。 【 社 年 談 神 男 性 は 長 年 、 日 中 交 流 事 業 に 関 わ り 多 2 人 は い ず れ も 5 月 に 拘 束 さ れ て い た 志 半 対 一 同 で の い が 、 翌 6 月 に は 、 札 幌 在 住 の 団 体 役 員 数 の 渡 航 歴 が あ る 。 〉 ( 7 月 日 「 朝 日 、 誌 と な 年 小 氏 ぶ 】 新 聞 」 朝 刊 ) 。 郎 あ の 男 性 ( 代 ) が 北 京 で 、 東 京 在 住 の 。 省 三 れ 入 大 し 中 国 で は 、 公 安 ( 警 察 ) や 国 家 安 全 ・ 日 本 語 学 校 経 営 者 の 女 性 ( 代 ) が 上 ま 省 爪 筆 生 務 橋 加 中 海 で 、 そ れ ぞ れ 中 国 の 国 家 安 全 警 察 に 【 部 ( イ ン テ リ ジ ェ ン ス 機 関 ) は 、 容 疑 年 外 ・ に 売 、 者 幅 発 拘 束 さ れ た こ と も 明 ら か に な っ た 者 を 長 期 間 拘 束 す る こ と が で き る 。 拘 後 学 大 】 了 会 を し 束 期 間 中 は 、 当 局 の 宿 泊 施 設 に 監 視 付 ( 2015 年 川 月 日 「 産 経 新 聞 」 ) 修 社 題 亂 科 た 測 改 き で 留 め 置 か れ る 監 獄 よ り は か な り 】 o 究 し ム と c 研 載 ラ 条 件 は ま し ら し い 旧 学 連 ス 割 【 グ レ ー ゾ ー ン が 存 在 し な い し か し 、 外 部 と 連 絡 を 取 る こ と も 、 通 常 、 認 め ら れ ず 、 そ の 後 、 容 疑 が 固 そ れ で は 、 こ の 4 人 が い っ た い 何 を し た と い う の で あ ろ う か 。 事 件 の 本 質 ま る と 逮 捕 さ れ 、 監 獄 に 送 ら れ る 。 中 を 知 る た め に 重 要 な の で 、 少 し 長 く な 国 で 、 ス パ イ 容 疑 で 拘 束 、 逮 捕 さ れ た 場 合 、 取 り 調 べ の 様 子 が 報 じ ら れ る こ る が 、 矢 板 記 者 の コ ラ ム か ら 引 用 し て 【 と は ま ず な い 国 際 法 上 、 外 交 官 に は 自 国 民 を 保 護 〈 関 係 者 に よ る と 、 逮 捕 さ れ た 神 奈 川 県 の 男 性 は 元 脱 北 者 、 母 親 が 日 本 人 で す る 義 務 が あ る 大 使 館 で の 担 当 は 領 日 本 政 府 に は 解 決 す る 手 段 な し ス パ イ 容 疑 で 日 本 人 が 次 々 逮 捕 ー ー 日 本 vs 中 国 「 諜 報 戦 」 で 何 が 起 こ っ て い る の か ? 中 国 を 訪 れ た 日 中 友 好 団 体 理 事 長 や NGO 関 係 者 ら 日 本 人 が 「 反 ス ハ イ 法 」 で 拘 束 さ れ る 事 例 が 相 次 い で い る 。 一 体 、 彼 ら は 中 国 で 何 を し て い た の か 。 今 後 ど う な る の か 。 拘 束 の 一 報 が 伝 え ら れ る こ と は あ っ て も 、 裁 判 が 公 開 さ れ な い 中 国 で は 「 そ の 後 」 は 不 透 明 で あ る 。 佐 藤 優 氏 が 日 中 イ ン テ リ ジ ェ ン ス 戦 争 。 の 実 態 を 解 説 す る 。 SAPIO lntelligence Database 世 界 を 読 む た め の 情 報 羅 針 盤 第 200 回 作 家 ・ 元 外 務 省 主 任 分 析 官 SATO M050 ru 佐 藤 優

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


バ ブ ル 世 代 の 「 お 気 楽 思 考 抱 き し め た い ! 応 子 ( 残 野 温 子 ) の マ フ ラ ョ フ は 屋 上 弓 グ 屮 付 き て “ 家 賃 25 万 円 ! 企 業 で 要 職 に 就 く 者 も 多 【 に 埋 め が た い 溝 が あ る 。 前 ~ そ の 世 代 で あ る コ ラ ム 一 一 ス 石 原 壮 一 郎 し 5 月 ′ 、 歳 前 後 の 世 代 と 、 今 の " 者 は 「 バ ブ ル 入 社 組 」 と 呼 ~ ト の 石 原 壮 一 郎 氏 は 、 バ ブ 若 者 の 間 に は 価 値 観 や 感 覚 ば れ る こ と も あ る 。 自 身 も ル 期 に 放 送 さ れ た ト レ ン デ 野 ゅ う 子 岩 城 滉 一 ” ヒ フ し 野 温 子 ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ 価 値 観 今 の 代 は こ う し て 作 ら れ た 2 車 載 電 話 " て ャ ン エ グ ( ヤ フ グ エ グ ゼ 2 プ イ ご 風 て も は 事 し て る し こ う 出 て 「 ) な い 残 野 そ ろ い 踏 み ボ 引 コ フ 、 バ ラ ル 感 着 の フ ” ラ ョ フ 一 屑 バ ッ ト " ハ リ べ リ の 元 祖 ト レ ン デ ィ 俳 優 方 も し て い ま す 。 あ あ 、 な ん で こ う な っ た の か 。 た し か に 、 若 い 世 代 と の 感 覚 の 違 い を 覚 え る こ と は 、 ま ま あ り ま す 代 ・ 。 〃 で 貯 金 に 精 を 出 し た り 、 将 来 の イ メ 1 ジ が チ ン ケ だ っ た り 、 恋 愛 に 興 味 が 薄 か っ 秋 文 イ ド ラ マ か 彼 ら に 大 き な 影 ・ た り 、 い ざ デ 1 ト す る に し 響 を 与 え た と い う て も 安 居 酒 屋 で 平 気 だ し 、 し か も 割 り 勘 : い い 若 い モ ン が 、 そ ん な 人 間 、 若 い こ ろ の 「 刷 り ン 込 み 」 か ら 逃 れ る の は 容 易 ~ こ と で い い の か / 何 が 楽 で は あ り ま せ ん 。 年 ほ ど ~ し い の か / な ん て 言 っ た 前 の 「 バ ブ ル 時 代 」 は 、 今 ら 、 ま た 「 バ ブ ル 組 は こ れ 国 の 代 則 後 の 人 格 形 成 に 多 ~ だ か ら 」 と 呆 れ ら れ て し ま 、 つ ん で し よ う ね 。 大 な 影 響 を 与 え て い ま す 。 。 し い わ ゆ る 「 バ ブ ル 組 」 へ 今 の 代 を こ ん な 風 に し の 風 当 た り は 、 昨 今 、 ま す ~ た の は 、 た ぶ ん 、 い や 間 違 い な く 一 連 の ト レ ン デ イ ド ま す 強 く な っ て き ま し た 。 、 、 い 気 が 付 け ば ど 、 つ に も な ら な ラ マ で す 。 浅 野 の 『 抱 き を 土 い 状 態 に な っ て い る と い う ~ し め た い / 』 ( 年 ) や 中 山 日 本 意 味 を 込 め て 、 「 ゆ で ガ エ ル 美 穂 の 『 君 の 瞳 に 恋 し て 世 代 」 な ん て 悲 し い 言 わ れ ( る / 』 ( 年 ) 、 鈴 木 保 奈 美 ど 旧 な 社 コ ラ ム ニ ス ト ハ 〃 / 〃 A 4 Soichito SAPIO 2 田 6.10 32

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


半 年 あ ま り 安 楽 死 の 取 材 を 重 ね 、 い が 、 混 乱 を 避 け る た め 、 こ の ア メ リ 学 を ど 語 号 な 国 士 様 々 な 文 献 に 目 を 通 す な か で 、 あ る 疑 カ 編 で は 「 尊 厳 死 」 と 書 く 。 外 修 て 学 ム ね 私 、 死 ん で も い い で す か 問 が 生 ま れ て い た 。 ヨ ー ロ ッ パ で は 多 6 月 日 、 サ ン フ ラ ン シ ス コ 近 郊 の 大 ズ 訪 立 リ を く の 医 師 が 安 楽 死 の 会 話 を 交 わ す 際 、 オ ー ク ラ ン ド 空 港 に 降 り 立 っ た 。 ヨ ー 世 界 「 安 楽 死 」 を 巡 る 旅 第 ( 冒 【 ア メ リ カ 編 〕 「 尊 厳 あ る 死 」 と い う 表 現 を 使 う 。 っ ロ ッ パ で は レ ン タ カ 1 を 利 用 し た が 、 ジ ジ 医 ま り 「 安 楽 死 ⅱ 尊 厳 死 」 を 示 す 。 こ こ で は 「 ウ ー バ ー 」 を 使 っ た 。 世 界 一 と 殖 ス イ ス か ら 始 ま っ た 「 安 楽 死 を 巡 る 旅 」 は 、 オ ラ ン ダ 、 バ 論 生 だ が 、 日 本 で 尊 厳 死 と い え ば 、 「 末 期 か 国 で 運 営 さ れ て い る 自 動 車 配 車 サ ベ ル ギ ー を 経 由 し て い よ い よ 海 を 渡 ろ う と し て い る 。 ア メ ト 国 不 ス で の ー ビ ス だ 。 ¯ 至 着 翌 日 、 ス マ ホ に ア プ リ 工 院 界 リ カ は 世 界 を リ ー ド す る 超 大 国 で あ る 。 一 方 、 キ リ ス ト 教 癌 出 署 や 老 衰 の 高 齢 者 ら が 延 命 治 療 を ウ 学 世 行 わ ず 、 自 然 死 を 迎 え る こ と を 指 す 。 を ダ ウ ン ロ ー ド し て 、 車 を 待 っ た 。 米 大 信 仰 が 厚 く 、 「 神 の 国 」 と い う 顔 を 持 っ 同 国 で 、 安 楽 死 を 巡 れ 大 ま こ こ ま で は 日 本 語 訳 の 過 程 に 根 差 し 「 ヨ ー イ チ か い ? 乗 っ て く れ 」 る 議 論 が 進 ん で い る と は 言 い 難 い 。 そ ん な ア メ リ カ で 一 昨 ま ナ 、 た 問 題 だ 。 だ が 、 さ ら に 混 乱 さ せ る の 見 ず 知 ら ず の ド ラ イ バ ー が 窓 を 開 け 生 ロ 県 セ し 年 末 、 あ る 女 性 の 死 が 衝 撃 的 に 報 じ ら れ 、 事 態 が 急 展 開 し た 。 が 、 ア メ リ カ で は 「 安 楽 死 非 尊 厳 死 」 て 一 一 = ロ っ た 。 す で に 行 き 先 を ス マ ホ で 伝 野 3 探 で あ る こ と だ 。 こ の 国 で は 「 安 楽 死 は え て あ っ た た め 、 彼 は 、 「 〇 〇 〇 ま で だ 觚 Å 浦 イ に 違 法 」 だ が 、 「 尊 厳 死 は 合 法 」 と い う 理 ね ? 分 で 到 着 す る ぜ と 告 げ た 。 ペ 書 】 ス 著 す ば ら し い サ ー ビ ス で あ る 。 亂 業 主 o 卒 彼 女 の 死 後 、 カ リ フ ォ ル ニ ア 州 で 尊 厳 死 法 が 成 立 し た 稼 ぎ も い い ん じ ゃ な い で す か ? C を 得 旧 部 取 「 退 職 後 の 暇 つ ぶ し で 始 め た ん だ け ど な 、 こ れ で 週 に 3000 ド ル だ ぜ / 」 >-03 で ク 尊 厳 死 を 宣 言 し た 私 の 平 均 月 給 に 近 い 金 額 を 、 わ ず か ハ ー の 力 に 圧 倒 さ れ 1 週 間 で 稼 ぐ ウ し 四 歳 の ア メ リ カ 人 女 性 の ケ ー ス た 。 し か し 、 こ の こ と に 嫉 妬 し て い る 解 が 広 ま っ て い る 。 現 時 点 で は 5 州 で 場 合 で は な か っ た 。 目 の 前 に 、 き れ い 「 尊 厳 死 」 が 認 め ら れ 、 残 り の 菊 州 で に 芝 が 刈 ら れ た 平 屋 住 宅 が 現 れ た 。 ベ ル を 鳴 ら す と 、 シ ャ ワ ー を 浴 び た も 合 法 化 へ の 議 論 が 進 み つ つ あ る 。 ア メ リ カ 人 に 尊 厳 死 の 定 義 を 聞 い て ば か り の 濡 れ た 髪 の 男 性 が ド ア を 開 け も 、 「 末 期 出 署 に 対 し 、 医 師 が 致 死 薬 を た 。 画 「 い ら っ し ゃ い ま せ 、 ど う ぞ 」 処 方 し 、 串 主 頃 を 安 ら か に 死 な せ る こ と 」 さ き ほ ど の ド ラ イ バ ー の 口 調 と は 違 と の 説 明 し か か え っ て こ な い 。 タ い 、 と て も 紳 士 的 な 話 し 方 だ っ た 。 そ れ は 安 楽 死 と は 異 な る の か 。 こ 尊 厳 死 法 が 制 定 さ れ た ば か り の カ リ れ ぐ 写 の さ フ ォ ル ニ ア で 、 そ の 疑 問 に 迫 ろ う と 思 「 さ よ う な ら 、 也 界 の み ん な 」 若 上 死 稿 は ( は 投 い 、 私 は ア メ リ カ 取 材 を 開 始 し た 。 私 一 た 真 に ニ っ 写 前 親 愛 な る 友 人 と 家 族 よ 、 さ よ う な ら は ア メ リ カ で 一 一 一 一 口 う 「 尊 厳 死 」 と ヨ ー ロ タ か 右 月 リ し 。 か ッ パ の 「 安 楽 死 」 の 差 違 を 認 め て い な 末 期 の 病 気 に よ り 、 私 は 今 日 、 尊 厳 死 ブ 美 真 1 ジ ャ ー ナ リ ス ト 宮 下 洋 一 MIYASHITA Yoichi 87 SAPIO R76.

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


る の と 2016 年 http: 〃 www ・ jcp. 0「」P 8 月 21 @[email protected]「.jp Twitter:@nitiyoutwitt 0 日 本 共 中 員 会 加 16 年 日 刊 通 巻 第 23583 号 ー 2 年 5 月 日 第 3 種 日 本 共 産 党 中 央 委 員 ム 発 行 所 : 〒 151-85 跖 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 4 の 26 の 7 霽 0 策 を 解 制 す る 嶹 報 力 と 還 強 ョ イ い 丿 な へ え 大 使 巨 し ぶ ~ 示 さ す き て 使 え な い 」 ー 。 沖 縄 県 ・ 米 軍 北 部 訓 練 場 係 者 が 住 民 に 語 り ま し た 。 安 倍 政 権 は 、 使 え な い 施 設 で 、 貴 重 な 樹 林 な ど の 環 境 を 破 壊 し て 米 軍 垂 直 離 看 陸 い ま す 。 住 民 を 強 制 排 除 し て 進 め る 工 事 の 異 常 な 実 態 ー さ れ た ニ つ の 看 陸 帯 ( ヘ リ バ ッ ド ) 。 緩 衝 帯 を 含 め 直 径 に も g 時 物 通 信 フ ォ ト

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


コ し 宣 阜 の 史 れ 魵 あ ニ ス 4 朝 歴 ト ) 中 / コ 岐 り 歴 史 の み な ら ず コ に ユ る 小 ( 叫 個 え 史 . ゴ - 宣 き め ぐ る 平 成 の 思 史 は 論 吏 ま て 、 の ズ 全 集 棗 ワ 嚇 よ 」 に 興 妹 を 將 。 た え は ま 六 冊 な の 検 会 に 由 , 莞 だ さ い 4 乂 ポ 久 - ム イ 2 心 ジ . 定 価 た 9 。 須 子 / も く ま お ー や お 上 俺 上 人 俺 く 絶 こ 政 や め た た 使 回 2 め じ の 京 民 は " る 対 の 府 れ 始 ら い き た で や 方 す を 筑 は 、 不 の や め ん で り な た ろ が る 代 前 す 利 仲 密 れ た こ / の 。 い う / 表 全 た 用 を 偵 な と て の ら 豆 : : 軣 3 も と も と と A フ 田 フ 箱 田 と 平 岡 の 箱 田 の こ と ? 、 性 格 は 水 と 油 。 幼 時 か ら 張 り 合 っ て る と う : ・ と い A フ と ? ・ 仲 た か ら な 。 平 岡 さ ん へ の 態 度 が あ ま り に も 無 礼 た と 思 わ ん か ね ? 平 岡 さ ん は 西 郷 軍 に 身 を 投 じ た 英 雄 や ろ う も ん 。 だ か 箱 田 に は 民 権 家 と し て の 実 績 が : ・ 確 か あ な た 方 た っ て 福 岡 の 変 に 参 加 し て : ・ う む 、 負 傷 し て 捕 え ら れ 、 最 近 お ・ 、 盟 は か り . た 0 俺 も 友 人 を 詩 一 何 人 も 失 い 監 獄 で は 人 と も 思 わ れ ぬ ・ 一 よ う や く 今 、 こ こ に い る 。 箱 田 な ど 、 肝 心 な 時 に 獄 に つ な が れ て 、 命 拾 い レ た た け の 男 じ ゃ な い で す か ′ ・ SAPIO 2 の 6.70 76