SYSTEM - みる会図書館


検索対象: サッカーダイジェスト 2017年2月23日号
27件見つかりました。

1. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

= , を注目の助っ 国内 0 国内 PAULAO [ 関連企画 ] 2 0 1 7 年 / 、ウロン ( 福島水戸 ) ①ブラジル② 1 9 年 12 月 4 日 3192 まン・ 85 キロ 新天地で再起を期す フィジカルモンスター 1 の強靭なフィジカル を生かした力強い守備が魅 力だが、怪我がちなことも あり、 3 年間で試合の出 場に止まる。 J でトップレ ベルのパワーを持つ豪傑 D YSTEM F が、新天地で再起を期す。 OR ー NIKOLA ASCERIC CALVIN 」 ONG-A-PIN カルフィン・ヨンアヒン ( 町田横浜 FC) ①オランダ② 1986 年 7 月 18 日 3183 ン・ 78 キロ 新戦術の適応に自信 早くもレギュラー格へ 強さと身体能力を武器とす る助つ人は、「チーム戦術 に適応する柔軟さも持って いると思う」と活躍に自信 早速、ニューイヤーカップ では 2 試合連続で先発起用 SYSTEM -4- され、存在感を放っている。 @TOKUSHIMA VORTIS アシチェリッチ ( ヴォイボディナ [ SRB ] 徳島 ) ①セルビア② 1 的 1 年 4 月 19 日 31 % : ・ 91 キ バンチカ十分のストライカー ニックネームは「ロッキー」 あだ名はロッキーで、実際、 1 対 1 は大好きだという好 戦的な長身ストライカーだ。 技術も高く、パンチカは抜 群。 D F のヴァシリエヴィ ッチとの、、ダブル・ニコラ " SYSTEM が、徳島を J 1 へと導く。 ーーー c MIT@ HOLLEYHOCK ☆・・ BORIS TATAR ポリス・タタール ( ラハティ FC [FIN] 町田 ) ・モンテネグロ② 1 3 年 3 月 17 日・ 182 ・・キロ 異文化に触れて力を発揮する モンテネグロのエリート CB モンテネグロの世代別代表 に選ばれ、オーストラリア とフィンランドでのプレー 経験がある。「新たな環境 でもすぐに溶け込める」と、 異文化を取り込み力に変え YSTEM てしまう 23 歳の俊英 C B だ。ををみ - -- ー - YOKOHAMA. 0 レ を HA Sung Min ( 蔚山現代 [ KO 日 ] ・京都 ) ①韓国② 1987 年 6 月 13 日 31 ・ 78 キロ ハードな守備を身上とする 期待の守備型ボランチ ハードな守備で敵から自由 を奪うボランチ。鋭い寄せ からのポール奪取を得意と するだけあり、中盤の守備 力向上へ期待が懸かる。昨 季に F C 東京と名古屋に在 STEM 籍したハ・デソンは実兄。 CFC 町田ゼ 55 0 物

2. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

0 開幕スタメン大予想 JI を一 [ 特集 ] サガン鳥栖 文・荒木英喜 ( フリーライター ) 写真・小早川渉 ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケシュール 9 ( 木 ) 1 6 ( 木 ) 10 ( 金 ) 17 ( 金 ) 三 1 1 ( 土・祝 ) 18 ( 土 ) PSM vs 水原三星 1 2 ( 日 ) 1 9 ( 日 ) 13 ( 月 ) 20 ( 月 14 ( 火 ) 21 ( 火 ) 15 ( 水 ) 22 ( 水 ) 開幕スタメンの 確定率 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕 vs 柏 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) 一 75 開幕予想スタメン C H E C K P 0 ー N T HEC 一 P 0 ー N T 2 トップ 1 佃灯厚介 豊田のバートナー探しが焦点に 工ースの豊田は当確だが、焦点はそのパート ナー探し。 こまで一歩リードするのは沖縄キ ャンプで好調の富山だ。豊田のポストプレーが い 生きる動き出しの鋭さが光る。これを追うのが 走カ自慢の池田で、豊田と組んでいた時期も長 いだけに逆転もあるか。注目の小野は合流が遅 れ、コンティション不良。それでもテクニック はずば抜けており、巻き返しは十分可能だ。 豊田陽平 HEC POINT 1 ・カ 右インサイドハーフ 2 新加入組の争いを小川がリード キム・ミヌの抜けたポジションを、新加入組 の 3 選手が争う。そのなかで頭ひとつ抜けてい るのが、トレーニングマッチで存在感を示し、 プレースキッカーも任されている小川だ。これ に続くのが太田で、持ち前の積極的な仕掛けや 右足の正確なキックをアピールできれば、スタ メン確保も可能だろう。合流が遅れた水野は、 まずはコンディションを整えることが先決だ。 5 小川佳純 水野晃キ可 ョ確 吉田豊 に気拡 ) 、 .0 ( ハ WA 右サイドバック 藤田優人 ファーストチョイスは藤田か 昨季終盤に怪我で戦列を離れた藤田を、新加 入ながら実績は申し分ないべテランの小林が追 う格好だ。とはいえ、故障前は不動の存在だっ た藤田が、ここまで別メニューと調整が遅れて いる小林に差をつけ、開幕スタメンに大きく近 ( 可能性あり ) づいている。トレーニングマッチでもスタメン を任されているだけに、このまま良い状態をキ 監督 ] ープできれば、開幕まで序列に変動はないか。 ※赤字は新加入 マッシモ・フィッカテンティ ( 在任 2 年目厂 カッコ内の選手はべンチか、べンチ外が濃厚 2017 年シースンのメン / ヾーリスト ARG = アルゼンチン、 BEL= ベルギー ①赤星拓 84.04.21 ( 32 ) 0 ・ 0 ⑩辻周吾 97.07.21 ( 19 ) 0 ・ 0 練習試合 ( 25 分 X4 本 ) 17 年 1 月 29 日@東風平 ② 93.07.06 ( 23 ) 2 ・ 0 9 ・ 0 ※卩アルティコ・トウクマン ( G ) ③フランコ・スブットーニ 89.05.06 ( 27 ) 、 EW ⑤キム・ミンヒョク 92.02.27 ( 24 ) 33 ・ 0 ⑧藤田優人 86.05.08 ( 30 ) 32 ・ 、 EW ⑩小林祐三 卩横浜 85.11.15 ( 31 ) 33 ・ 0 吉田豊 90.02.17 ( 26 ) 32 ・ 0 朝青木剛 82.09.28 ( 34 ) 7 ・ 0 ④原川カ 93.08.18 ( 23 ) 、川崎 、 W 4 ・ 0 ⑥福田晃斗 92.05.01 ( 24 ) 22 ・ 0 〇鎌田大地 96.08.05 ( 20 ) 28 ・ 7 ⑩高橋義希 85.05.14 ( 31 ) 34 ・ 、 EW ⑩太田徹郎 89.07.02 ( 27 ) 5 ・ 0 の小川佳純 84.08.25 ( 32 ) 20 ・ 4 名古屋 、 EW 、 w の石川啓人 98.07.16 ( 18 ) 4 鳥栖 U ー 18 谷口博之 85.06.27 ( 31 ) 33 ・ 2 、 EW ⑩水野晃樹 85.09.06 ( 31 ) メ仙台 8 ・ 0 ⑩豊田陽平 85.04.11 ( 31 レ 33 ・ 13 ⑩富山責光 叩 .12.26 ( 26 ) 25 ・ 5 2 池田圭 86.10.20 ( 30 ) 、 EW の田川亨介 99.02.11 ( 17 ) 卩鳥栖 U ー 18 92.12.22 ( 24 ) ー 6 ・ 0 ※シント = トロイデン旧 EL ) ⑩小野裕ニ 、 W 卩 = キム・ミンヒョク 木剛 ) H E POINT 赤星拓 社周吾 ) \ スタメン確率 / ⑨トレーニングマッチの主な結果 M . FUJITA 少数精鋭によってライバル関係が明確に 実力者の加入で競争が激化したのは フィッカテンティ体制 2 年目は、昨季第 2 ステー ジの戦い方をベースにしながら、その質を向上させ ることを主眼にキャンプをスタートさせた。 2 月 2 日現在で 23 人体制と選手の頭数は少ないが、オフの 的確な補強によって戦力値は確実に高まっている。 少数精鋭のメリットは、指揮官が選手個々の能力 や組み合わせの効果を把握しやすく、チーム内のラ イバル関係が明確になる点だ。昨季はスタメンがほ ぽ固定されていたが、小川や小林など実績十分の人 材が新たに加わり、ポジション争いは激しさを増し ている。こうした正しい競争原理が、チーム全体の レベルアップにつながっている印象だ。 なかでも熾烈なのが、 2 トップの一角と右インサ イドハーフ、そして右 SB の定位置争い。それぞれ タイプの異なる選手が揃うだけに、誰が起用されて もおかしくない状況だ。また正 GK に関しても、現 時点では赤星が最有力だが、今後、新たな守護神を 獲得する可能性はまだ残っている。 生年月日 ( 年齢 ) 昨季成績前所属クラフ GK 浦和 △ 0 ー 0 点者】 1 本目 / なし 2 本目 / なし G K 以外は、上記の開幕予 想スタメンと同じ顔ぶれに 小川が新加入選手で唯一 先発メンバーに名を連ねた vs 浦和 ・ 0 ー 1 1 本目 豊田 富山 DF 鎌田 高橋 谷口 キム・ミンヒョク 小川 福田 藤田 吉田 SYSTEM 4 - 5 ・ト 2 一 練習試合 ( 25 分 X4 本 ) 17 年 1 月 29 日@東風平 MF 3 本目 田川 池田 【得点者】 3 本目 / なし 4 本目なし コンティション不良の小野、 水野らを除いた多くの新戦 力が出番を得るも、目を引 くようなアピールはできず vs 東京 V 〇 2 ー 0 ー 【得点者】 1 本目富山 ( 23 分 ) 2 本目 / 三丸 ( 分 ) 豊田のアシストから富山が 決めるという、 2 トップの 好連係が見られた。左 SB では三丸がゴールで存在感 鎌田 ・石川 小川 太田 石川 ・高橋 原川 福田 FW ロ 田、 ク ョ ヒ ム 木 三丸 SYStEM 4 - 5 - 1 - 2 練習試合 ( 45 分 X2 本 ) 1 7 年 2 月 2 日@訳 1 ~ 2 本目 富山 池田 。豊田 鎌田 高橋 小川 ・水野 高橋 原川 藤田 谷口キム・ミンヒョク谷口 ・蛉青木 赤星 福田 ・太田 Pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。たたし、今季のルーキーは「一」。 ※ 16 ー 17 シーズンの成績。データはすべて 2 月 5 日現在。 三丸 SYSTEM 4 - 5 ・ト 2 ・キム・ミンセョク 26 ※得点者は鳥のみ、・は途中交代

3. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

開幕スタメン大予想 JI 編 [ 特集 ] Y 〇 K 〇 H A M A F ・ M A R ー N 〇 S 横浜 F ・マリノス 文・藤井雅彦 ( ジャーナリスト ) 写真・小倉直樹 ( 本誌写真部 ) ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュ ー ) レ 9 ( 木 ) 宮崎キャンプ TM vsFC 東京 16 ( 木 ) 10 ( 金 ) @宮崎県・宮崎市 17 ( 金 ) 1 1 ( 土・祝 ) 18 ( 土 ) 12 ( 日 ) 19 ( 日 ) 13 ( 月 ) 20 ( 月 ) 14 ( 火 ) 21 ( 火 ) 15 ( 水 ) 22 ( 水 ) 開幕スタメンの 確定率 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕”浦和 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) 45 開幕予想ス タメン 0 ~ ◇ 0 市カ C H E C K P 〇一 N T ウーゴ・ヴィエイラ 、第樫敬を荷イ 伊藤翔可 ( 仲川輝人 ) 1 トップ 1 2 年目の富樫が好調をキープ 期待の新助つ人 U ・ヴィエイラは調整が遅れ 気味。万全の状態ならば主軸を担える器だが、 開幕までにフィットするかは未知数だ。一方で、 プロ 2 年目の富樫がタイ遠征で 2 試合連続ゴー ルと好調をキープ。このふたりを実績で上回る 伊藤は宮崎キャンプから本格合流で 、こから 徐々にコンディションを上げてくるはずだ。仲 川に関してはスーパーサブでの起用が現実的か。 2 中村俊輔の後釜は新助つ人か 「ポスト中村俊輔」を巡る争いは、開幕ぎりぎ りまで続きそうだ。タイキャンプに練習生とし て帯同し、晴れて契約を勝ち取ったバブンスキ ーは技巧派の司令塔。周囲との連係をどこまで 深められるかだが、現時点では一番手か。成長 著しい中島にもチャンスはあり、さらに昨季終 盤に出番を増やした天野という選択肢もあるは ずだが、指揮官はボランチ起用を示唆している。 5 、、鉄人″の立場も安泰ではない 3 年連続フルタイム出場中の中澤も決して安 泰ではない。マルチなデゲネクを本職の CB で 起用するのであれば、 2 席のうちひとつは埋ま ってしまうからだ。昨季終盤に負傷した栗原も 宮崎キャンプからはフルメニューをこなしてお り、定位置奪還に燃えている。パク・ジョンス の場合は、デゲネクとアジア枠を争う可能性が 高く、若い新井にとってはさらに厳しい状況か。 一定水準以上のタレントがひしめく陣容 「当確」を打てるのは現時点で 3 人たけか タイキャンプ終了後にバブンスキーとデゲネクの 加入が発表され、紆余曲折はあったが齋藤の残留も 確定的となった。ようやく新シースンを戦う陣容か 明確になり、 1 月 31 日からの宮崎キャンプでは激し いポジション争いか繰り広げられている。 モンバエルツ体制 3 年目の今季、選手層は確実に 厚みを増した。「レベルの近い選手たちで構成され J リークアシアチャレンシ・第 2 戦 / 17 年 1 月 26 日 @タイ ている」という指揮官の言葉どおり、すでに一定水 前半 仲川 準以上の力を備えたタレントがひしめき、長い目で 吉尾 見守らなければならない、いわば、育成期間 " が必 前田 喜田 要な選手はほとんど見当たらない。 モンバエルツ監督は「開幕まではまだ時間がある。 宮崎キャンプ中はメンバーを固定しない」と明言し ているが、実際、昨季までの実績を踏まえて開幕ス タメンを予想しても、「当確」を打てるのは飯倉、齋 藤、喜田の 3 人くらい。とりわけ外国籍選手を補強 したポジションは流動的で、彼らの適応具合によっ てもスタメンの顔ぶれは変わってきそうだ。 齋藤学 ( 遠藤渓太 ) HEC POINT マルティノス 月リ田直 ( 吉尾海夏 ) トップ下 中町公祐 扇原貴宏可 崎 , 横浜甲府、新 = 潟清水「 . 磐 - 田、 ' c.5 大阪 O 殀神戸広島島栖 有力 金井貢史 松弄 ~ I). B A B U 、 S ー ーセンターバック : ( 高野邀 ) ( 下平匠 ) ミロシュ・デケネク ・ンヨノ可 こ・ NV ヨ 朝 \JV ヨ 5 飯倉大樹 ( 新井一耀 ) ( 可能性あり ) ー ( 鈴木彩貴 ) ( 杉本大地 ) GER = ドイツ、 SER = セルビア \ スタメン確率 / ※赤字は新加入 カッコ内の選手はヘンチか、べンチ外が濃厚 [ 監督 ] 工リク・モンバエルツ恠任 3 年目 ) 2017 年シースンのメンバーリスト の販倉大樹 86.06.01 ( 30 ) 1 2 ・ 1 5 、 EW ⑩鈴木彩責 87.04.13 ( 四 ) 4 北九州 18 ・ 27 2 ・ 卩徳島 、 EW ⑩杉本大地 93.07.15 ( 23 ) 、 EW ⑩原田岳 98.05.22 ( 18 ) 、横浜ユース ( 2 リ、ク・ションス 94.04.12 ( 22 ) ④栗原舅蔵 83.09.18 ( 33 ) ⑩金井貢史 90.02.05 ( 27 ) 17 ・ 0 ⑩新井一耀 93.11.08 ( 23 ) 5 ・ 0 2 中澤佑ニ 78.02.25 ( 38 ) 34 ・ 3 下平匠 88.10.06 ( 28 ) 、 EW 山中亮輔 93.04.20 ( 23 ) 13 ・ 、 EW の松原健 93.02.16 ( 23 ) 、新潟 17 ・ 0 、 EW 高野遼 94.11.13 ( 22 ) 、日体大 、 EW ミロシュ・デケネク 94.04.28 ( 22 ) 、 188 ミュンヘン (GER) 7 ・ 0 ⑤喜田拓也 9 生 08.23 ( 22 ) 27 ・ NEW ⑥扇原責宏 91 .10.05 ( 25 ) 、名古屋 2 ・ 0 ⑧中町公祐 85.09.01 ( 31 ) 31 ・ 6 ⑩齏藤学 .04.04 ( 26 ) 33 ・ 10 ⑩天野純 91.07.19 ( 25 ) 11 ・ 0 ⑩遠藤渓太 97.11.22 ( 19 ) 23 ・ 0 前田直輝 94.11.17 ( 22 ) 13 ・ 2 の中島賢星 %. 09.23 ( 20 ) 0 ・ 0 、 EW ダビド・バブンスキー レッドスター (SRB) 94.03.01 ( 22 ) 5 ・ 0 、 EW 吉尾海夏 98.06.28 ( 18 ) 、横浜ユース 、 EW ⑦ウーゴ・ウィエイラ 88.07.25 ( 28 ) イレッドスター (SRB) 10 ・ 7 ⑩伊藤翔 88.07.24 ( 28 ) 32 ・ 5 ⑦富樫敬真 93.08.10 ( 23 ) 、 EW ⑩仲川輝人 92.07.27 ( 24 ) 町田 12 ・ 3 ・マルティノス 91 .03.07 ( 25 ) 24 ・ 4 pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リ - グ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一」。 データはすべて 2 月 5 日現在。 ー 2 ー 5 ー 1 S Y S T E M 4 生年月日 ( 年齢 ) 昨季成績前所属クラブ 背番号名前 ⑨ J リーグアジアチャレンシの結果 vs バンコク・ユナイテッド ( 前半 ) 〇 3 ー 2 【得点者】 富樫分 ) 新加入選手は松原、高野の 両 S B のみで、その他は若 手主体の構成に。中島のア シストから富樫が 1 ゴール vs スパンプリー 〇 4 ー 0 J リークアシアチャレンシ・第 1 戦 / 17 年 1 月 24 日 @タイ GK 前半 富樫 遠藤 天野 前田 中島 中町 バク・ジョンス . 。新井 販倉 SYSTEM 4 - 2 - 5 - ー 【得点者】 遠藤 第原 / 、ク・ジョン SYSTEM 4 - 2 - 5 - 1 J リーグアシアチャレンジ・第 2 戦 / 17 年 1 月 26 日 @タイ MF バンコク・ U 戦から先発 6 人を入れ替え、 2 ボランチ は喜田と扇原。仲川と前田 の縦関係は機能しなかった スパンプリー 〇 4 ー 0 後半 吉尾 中町 ・マルティノ 中澤 【得点者】 遠藤② ( 47 分、弡分 ) 、富樫分 ) 山田 ( + 3 分 ) 遠藤が 2 ゴール、富樫は 2 戦連続弾も、それ以上に目 立っていたのが、ユースの 山田のハイパフォーマンス FW 富樫 遠藤 山田 第原 中島 バク・ション、 原田 SYSTEM 4 - 2 - 3 - ※得点者は構浜のみ、・は途中交代

4. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

開幕スタメン大予想 JI 編 [ 特集 ] 大宮刃レディーシャ 札視仙台鹿島〔浦和一大宮 構成・本誌編集部写真・小倉直樹 ( 本誌写真部 ) ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュ ー丿レ 9 ( 木 ) 16 ( 木 ) 10 ( 金 ) 17 ( 金 ) 11 ( 土・祝 ) PSM vs 群馬 18 ( 土 ) 12 ( 日 ) 1 9 ( 日 ) 1 3 ( 月 ) 20 ( 月 ) 14 ( 火 ) 21 ( 火 ) 15 ( 水 ) 22 ( 水 ) 開幕スタメンの 確定率 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕川崎 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) 65 開幕予想ス タメン C H E C K P 〇一 N T ◇ 0 ◇」 2 トップ 1 江坂か大前の相棒に浮上 基本線は大前と D ・ムルジャの組み合わせだ が、キャンプ合流が遅れた後者のコンティショ ンは未知数。その隙に割って入りそうなのが、 昨季は年間を通して活躍した江坂だ。練習試合 でゴールを決めるなどコンスタントなアピール に成功し、現状では大前の相棒候補の最右翼。 昨季のように縦並びを採用する際は、長谷川や 2 年目の黒川の起用も十分にあり得る。 大前元紀 ツ・ペチュニ ( 黒川淳史 ) 江坂任 ドラ / ・ムルシ ( 播戸竜ニ ) ( 藤沼拓夢 ) 両サイドハーフ G. OMAE 洋を 茨田陽生 谷繁可 ( 岩上祐三 ) 長谷川アーリアジャス司レ ( 清水慎太郎 ) 横谷繁 瀬川祐可 2 ドリブラーを起用したければ・・・ パスワークが大宮スタイルの生命線であるこ とを鑑みれば、足もとのテクニックに優れた長 谷川や横谷がファーストチョイスだ。ただ、局 面打開力に優れるドリブラータイプで、昨季の 泉澤のように攻撃にアクセントを加えるマテウ スを起用する可能性も捨てきれない。その際に は、横谷がボランチ、もしくは、長谷川が FW に回る形が考えられる。 大屋翼 箱由拓也可 ( 沼田圭悟 ) : 第 ( 河面旺成 ) 奧井諒 心 II A SE GA 、、、 左サイドバック つ 5 河本裕之 ( 高山和真 ) 菊地光将 仙越康平 ) 沼田と河面の追い上げに期待 大卒で左利きの河面が加わり、競争の熾烈な ポジションとなった。宮崎での 2 次キャンプで 練習メニューを順調にこなす、バランサーの大 屋が最有力候補と言えるだろう。戦術理解度が 高い和田は次点。コンディション次第で序列を 覆す可能性も十分にある。沼田と河面は持ち前 の攻撃力をどこまでアピールできるか。追い上 げに期待だ。 、 ` 家長依存′′脱却はまた先も 徐々に陣容は明らかに 家長と泉澤の移籍にも、「攻守で主導権を握る」 ( 渋 谷監督 ) という基本路線に変わりはない。ただ、主 軸の入れ替えによって連係の再構築は必須だ。実際 に、練習試合では前線にポールを当てたあとの攻撃 ビジョンが共有できておらず、相手守備網に掛かる シーンは少なくなかった。現状で、 " 家長依存 " か らの脱却には、苦戦しているイメージを受ける。 キャンプを鑑みるに、当確は GK 加藤と両 CB ( 菊 地と河本 ) のみか。全選手を横一線に並べる健全な 競争によって奮起を促しているが、開幕スタメン候 補は 15 人程度に絞れているとみていいだろう。 それでも、ポジションを含めた予想は困難を極め る。左右 SB は実力伯仲のふたりが揃っており、前 線には江坂や長谷川を筆頭に複数ポジションを遜色 なくこなす選手も多い。バスサッカーの肝となるポ ランチでは、展開力に優れた大山を軸に、茨田を置 くのか、昨季同様に横谷を起用するのか。開幕戦ま での約 2 週間、指揮官は最後まで頭を悩ますはずだ。 加藤順大 ( 松井謙弥 ) ( 塩田仁史 ) 伽藤有輝 ) \ スタメン確率 / ( 可能性あり ) ※赤字は新加入 カッコ内の選手はべンチか、べンチ外が濃厚 、可低 当硲有力 高 第第 r OYA [ 監督 ] 渋谷洋樹 ( 在任 4 年目 ) 2017 年シーズンのメンバーリスト ①加藤順大 84.12.11 ( 32 ) 1 9 ・ 1 7 の塩田仁史 81.05.28 ( 35 ) 15 ・ 19 ①加藤有輝 97.09.20 ( 19 ) 0 ・ 0 ⑩松井課弥 85.09.10 ( 31 ) 0 ・ 0 ②菊地光将 85.12.16 ( 31 ) 27 ・ 0 ③河本裕之 85.09.04 ( 31 ) 31 ・ 2 ④山越康平 93.05.04 ( 23 ) 14 ・ 0 ⑤沼田圭悟 90.07.24 ( 26 ) 17 ・ ⑥河面旺成 94.05.03 ( 22 ) 、 EW ⑩渡部大輔 89.04.19 ( 27 ) 9 ・ 0 ⑩奥井諒 90.03.07 ( 26 ) 25 ・ 2 大屋翼 86.08.13 ( 30 ) 20 ・ 0 2 和田拓也 90.07.28 ( 26 ) 21 ・ 0 高山和真 96.07.14 ( 20 ) 1 ・ 0 ⑦江坂任 92.05.31 ( 24 ) 31 ・ 8 ⑩大山啓輔 95.05.07 ( 21 ) 10 ・ 0 ー⑩マテウス 94.09.11 ( 22 ) 22 ・ 2 ⑦横谷繁 87.05.03 ( 四 ) 31 ・ 3 の金澤慎 83.09.09 ( 33 ) 27 ・ 0 の黒川淳史 98.02.04 ( 19 ) 0 ・ 0 長谷川アーリアシャスール 88.10.29 ( 28 ) 24 ・ 、湘南 、 EW 山田陸 98.04.15 ( 18 ) 、大宮ユース 、 EW ⑩茨田陽生 91.05.30 ( 25 ) 4 柏 、 EW 24 ・ 2 @瀬川祐輔 94.02.07 ( 22 ) 42 ・ 1 3 、群馬 、 EW @岩上祐三 89.07.28 ( 27 ) 20 ・ ⑧ドラガン・ムルシャ 84.01.23 ( 33 ) 27 ・ 6 ⑨ネイツ・ヘチュニク 86.01.03 ( 31 ) 21 ・ 、 EW ⑩大前元紀 89.12.10 ( 27 ) 、清水 29 ・ 1 8 ⑩掲戸竜ニ 79.08.02 ( 37 ) ⑩清水慎太郎 92.08.23 ( 24 ) 10 ・ 0 藤沼拓夢 97.06.14 ( 19 ) 0 ・ 0 pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一 データはすべて 2 月 5 日現在。 S Y S T E M 4 - 4 ー 2 生年月日 ( 年齢 ) 昨季成績 前所属クラブ 号 ⑨トレーニングマッチの主な結果 vs FC 東京 ・ 3 ー 4 協点者】 1 本目 / マテウス ( 37 分 ) 2 本目 / なし 3 本目 / 瀬川 ( 1 1 分 ) 、清水必分 ) 新加入の長谷川と茨田が先 発。個人能力の高い相手に 圧倒されたが、途中からパ スサッカーでヘースを握る ”徳島 練習試合 ( 45 分 ><3 本 ) / 17 年 1 月 26 日 @国頭 ・ 1 本目 損谷 渡部 GK ペチュニク 長谷川 大山 河本 マテウス 茨田 菊地 イ明治大 DF 松井 SYSTEM 4 - 4 - 2 練習試合 ( 45 分 X2 本 ) / 17 年 2 月 1 日 @宮崎 大山 河本 1 本目 瀬川 △ 1 ー 1 大前 【得点者】 1 本目 / なし 2 本目江坂分 ) 大前、長谷川、瀬川が並ぶ。 攻撃イメージを共有できて おらず、前線にポールが入 った後の展開に課題を残す vs 全日本大学選抜 【得点者】 1 本目なし 2 本目 / 奥抜 ( 44 分 ) 前日の試合の影響でユース 選手も起用。ビルドアップ で相手のプレスをいなすも、 連係不足を否めない展開に 長谷川 MF 横谷 菊地 渡部 大屋 SYSTEM 4 - 4 - 2 加藤順 練習試合 ( 45 分 x2 本 ) / 17 年 2 月 2 日 @宮崎 ・一 1 本目 マテウス 岩上 山越 FW △ 1 ー 1 奥抜 黒川 清水 茨田 高山 奥井 和田 SYSTEM 4 - 4 - 2 松井 得点者は大宮のみ、・は途中交代 16

5. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

[ 特集 ] 開幕スタメン大予想 0 柏レイソル 2 安定性 " を重視するなら・・・ 焦点となるのは、大谷のパートナー。メキメ キと頭角を現わしている小林が優勢だが、依然 として守備に不安が残るチーム現状もあって、 大谷と年から長年に渡ってコンビを組んでき た栗澤を起用して、、、安定性 " を重視する可能 性も考えられる。怪我でキャンプへの合流が遅 れたこのべテランも、今は復帰の目処が立ち急 ピッチで調整を進めているが、果たして 5 JI 編 K A S H ー W A R E Y S 〇 L ′ YONEX 文鈴木潤 ( フリージャーナリスト ) 写真柏レイソル ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュ ー ) レ 16 ( 木 ) 9 ( 木 ) 17 ( 金 ) 10 ( 金 ) 1 1 仕・祝 ) ちばぎんカップ vs 千葉 18 ( 土 ) 19 ( 日 ) 12 ( 日 ) 20 ( 月 ) 13 ( 月 ) 21 ( 火 ) 14 ( 火 ) 22 ( 水 ) 15 ( 水 ) 開幕スタメンの 確定率 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕 vs" 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) 開幕予想ス タメ ン 当確 E C K P 〇一 N T 右ウイング 当確 第 HEC P 0 ー N T 1 ′ティエゴ・オリウェイラ 新システムでの共存も模索する 4 ー 3 ー 3 システムなら、新戦力の R ・ロペ スは右サイドで起用される可能性が高いただ こにはスピードスターの伊東がいて、両者の レギュラー争いは熾烈を極めそうだ。決定力が 高い R ・ロベスと、昨季 J 1 で 7 得点・ 7 アシ ストの伊東を共存させる場合は 4 ー 4 ー 2 シス テムが浮上してくる。その意味でも、指揮官の 采配に注目だ。 ハモン・ロへ 伊東純 ノ ス ク R. I,()PF.S 武富孝介 中川寛、 ボランチ 中山雄太 HEC P 0 ー N T 、′ . K 什 RA 、ド一 0 右サイドバック 古賀太陽可 輪湖直樹 - 竹き 1 ド 4 今井がリードするが新人抜擢も 小池が昨季 J 2 最終節の怪我の影響で出遅れ た一方で、右第 5 中足骨骨折から復帰した今井 が、ブランクを感じさせないプレーを見せアピ ール合戦を一歩リード。とはいえ、下平監督の アカデミー時代の教え子で、最終ラインの全ポ ジションをこなせるルーキーの古賀も調子を上 げている。昨年プロ 2 年目の中山を大成させた 例を考えると、大抜擢も考えられそうだ。 レキュラーとサブの実力差は明らかたが 浸透が進めは新システムで臨む可能性も 下平体制 2 年目は、キャンプを通じて総合力を高 めようとした。しかし、トレーニングマッチのパフ ォーマンスで判断するかぎり、レギュラーとサブ組 の間にはクオリティの部分で大きな差がある。激し い定位置争いが予想された左 S B も、韓国代表のユ ン・ソギョンがトレーニング中に負傷 ( 左大腿ニ頭 筋肉離れ / 全治 6 週間 ) し、輪湖の出場は決定的だ。 R ・ロベスの加入で競争が激化している右ウイング や実力が拮抗する中盤など不透明なポジションはあ るが、以上のような現状を踏まえて昨季と同じ 4 ー 3 ー 3 システムにメンバーを落とし込むと、開幕ス タメンの顔ぶれは 7 割程度が見えてくる。 ただ、下平監督は「今季も 4 ー 3 ー 3 がヘース」 と話しながらも、実際、指宿キャンプでは一貫して 4 ー 4 ー 2 をテストしている。新しいオプションと の見方が強いが、仮に 4 ー 4 ー 2 が新機軸となった 場合は中盤から前の顔ぶれがカラリと変わる可能性 も否定できない。 \ スタメン確率 / 中村航輔 、可低 桐畑和可 ( 可能性あり ) 当確行カ 高 ※赤字は新加入 カッコ内の選手はべンチか、べンチ外か濃厚 ⑨トレーニンクマッチの主な結果 練習試合 ( 30 分 X4 本 ) / 17 年 1 月 28 日 @指宿 vs 鹿児島 〇 3 ー 0 大島 日・ロへス [ 監督 - 5 ー 5 S Y S T E M 4 R . K( 月 K E 平隆宏恠任 2 年目 ) 2017 年シースンのメン / ヾーリスト DEN = デンマーク 生年月日 ( 年齢 ) 。昨季成績前所属クラブ 背番号 / 名前 87.06.30 ( 29 戸 〇相畑和繁 6 ・ 14 ⑩滝本晴彦 97.05.20 ( 19 ) 0 ・ 0 中村航輔 95.02.27 ( 21 ) 28 ・ 30 NEW ⑩猿田遥己 柏 U ー 18 ( 2 種 ) 99.04.23 ( 17 ) ②鎌田次郎 85.07.28 ( 31 ) 12 ・ 0 NEW ③ユン・ソギョン国 0 ・ 0 ※プレンビー ( DEN ) .02.13 ( 26 ) ④中谷進之介 96 03.24 ( 20 ) 31 ・ 2 ⑤中山雄太 97.02.16 ( 19 ) 26 ・ 2 ⑩小池龍太 95.08. 四 ( 21 ) 42 ・ 3 、山口 、 EW 橋ロ拓哉 、流通経済大 94.09.27 ( 22 ) 、 EW 2 物湖直樹 89.11.26 ( 27 ) 29 ・ 2 NEW の古賀太陽 98.10.28 ( 18 ) 、相 U ー 18 の今井智基 90.11.29 ( 26 ) 99.04 23 ( 1 7 Ⅱ NEW 中川創 、柏 U ー 18 ( 2 種 ) ⑥小林祐介 94.10.23 ( 22 ) 22 ・ 0 ⑦大谷秀和 84.11.06 ( 32 ) 20 ・ ⑧武富孝介 90.09.23 ( 26 ) 26 ・ 3 ⑦手塚康平 96.04.06 ( 20 ) 0 ・ 0 ⑩中川寬斗 94.11.03 ( 22 ) 22 ・ 安西海斗 98.02.19 ( 18 ) 0 ・ 0 業澤僚ー 82.09.05 ( 34 ) ⑨クリスティアーノ 87.01.12 ( 30 ) ⑩大津祐樹 90.03.24 ( 26 ) ⑩ティエゴ・オリヴェイラ 90. .22 ( 26 リ 30 ・ 1 2 93.03.09 ( 23 33 ⑩伊東純也 ・ 7 96.02.24 ( 20 7 ⑩ドウドウ ・ 0 89.08.07 ( 27 ) | 32 NEW ー / 、モン物ロベス ・ 1 0 、仙台 大島康樹 96.05.30 ( 20 ) ま 5 ・ 1 、富山 、 EW Pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。田 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一」。 ※ 1 6 ー 1 7 シーズンの成績。データはすべて 2 月 5 日現在。 0 1 ~ 2 本目 協点者】 1 本目 / R ・ロへス : 1 吩 ) 2 本目 / 大島第 分に 3 本目 / 中川類 7 分 ) 4 本目′なし 分 X4 本で組まれたテス報湖 トマッチの、、前半戦 " では、 新助つ人の日・ロベスが先 相畑 SYSTEM 制点を決め、結果を残す 4 - 4 - 2 →中村 練習試合 ( 30 分 X4 本 ) / 17 年 1 月 28 日 @指宿 vs 鹿児島 〇 3 ー 0 D ・オリウェイラ中川寛 小林 中谷 手塚 古賀 橋ロ 3 ~ 4 本目 武富 【得点者一 1 本目 / 旧・ロベス ( 10 分 ) 2 本目 / 大島 ( 11 分 ) 3 本目 / 中川寛 ( 7 分 ) 4 本目 / なし リスティアーノ 安西 大谷 、、後半戦 " では守備が安定。ュン・ソギョン 幸先良く中川寛のゴールで 新田 ・ . 中川創 先制すると、ピンチらしい 滝本 SYSTEM ヒ。ンチもなく試合を進めた 4 - 4 - 2 ・猿田 練習試合 ( 20 分 X4 本 ) / 17 年 2 月 1 日 @指宿 vs 鹿屋体育大 ・ 2 ー 4 大島 D ・オリウェイラ 中川寛 *R ・ロへス 手塚 大谷 ・小林 ・安西 練習生 中谷 中山・中川創 相畑 ・猿田 ※得点者は柏のみ、◆は途中交代 今井 中山 1 ~ 4 本目 武富 トウドウ 幡点者】 1 本目 , ・なし 2 本目 . ー′ D ・オリヴェイラ ( 18 分 ) 3 本目 , ′なし 4 本目 / クリスティアーノ ( 9 分 ) 大津 全体的に動きが鈍く、凡ミ 報湖 スを連発。大学生に 4 ゴー ・繰習生 ルを決められ、改めて守備 SYSTEM の課題が浮き彫りになった 4 - 4 - 2 伊東 27

6. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

[ 特集 ] 開幕スタメマ大予想 JI 既ー VAMAHA 騨◇驫 9 阯 」 U B ー L 0 ー W A T A * ジュビロ磐田 構成・本誌編集部写真・小倉直樹 ( 本誌写真部 ) 開幕スタメンの 確定率 ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュ ー丿レ 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕 C 大阪 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) 9 ( 木 ) 2 次キャンプ 16 ( 木 ) 10 ( 金 ) @鹿児島県・鴨池市 17 ( 金 ) 1 1 ( 土・祝 ) ニューイヤーカップ vs 鹿児島 @鹿児島サ 18 ( 土 ) 19 ( 日 ) 12 ( 日 ) 20 ( 月 ) 13 ( 月 ) 21 ( 火 ) 14 ( 火 ) 22 ( 水 ) 15 ( 水 ) 開幕予想スタメン 当確 E C K P 〇一 N T トップ下 1 異なるインバクトを放てるか 中村俊が入ると、全体の連動性が高まり、特 に攻撃陣の思い切った動き出しが促される。 方、松井、松浦、針谷、松本もトッフ下で試さ れ、中村俊に依存しすぎない態勢づくりも進め られる。中でも目を引くのが松本だ。ポールを 引き出す動きに長け、運動量も豊富。ボランチ やサイドもできるが、トッフ下で勝負したいと 旦ロ。中村俊とは異なるインパクトを放てるか。 ー土い三・ Ⅵ . MA'I'SUMOTO ボランチ ( ー俊ツ イ松井大輔 ) ( 松浦拓弥 ) ( 上原カ也 ) HEC POINT 2 中村俊の後方支援がタスクに 今季のボランチは中村俊の後方支援も重要な タスクになる。その意味で、バランス能力の高 さを示すムサ工フがハマるかどうかが当面の注 目点だ。実績十分な上田も、、黒子 " に徹するこ とができる。さらに衛星役になれる川辺や松本、 左 s B とのニ刀流に挑む宮崎、そして中村俊と の、ダブル司令塔 " も担える針谷など、組み合 わせによって、戦い方も変わってきそうだ。 5 松井ら技巧派系の抜擢もある ? 注目の激戦区だ。昨季の主力だったアダイウ トンと太田の開幕スタメンが有力だが、ジェイ が退団した今季、重視されるのは川又や中村俊 との関係性。ポールを一旦収めて攻撃を組み立 てられる松井、カットインが武器の荒木、さら に高速アタッカーの松浦も好アピール中。中村 俊を経由した中央からの崩しが増えそうで、左 右どちらかに技巧派系を置くことは考えられる。 崎横浜甲府新潟清 : 水磐田げ (5 大阪・ 0 大阪神戸…広島 , " 鳥栖 ムサ工フ 川辺駿 田康 針谷岳可 ( 山本康裕一 当確 山本康裕 . HARIGAYAA サイドハーフ 高橋祥平 藤田義昕可 - 宮崎智彦 国Ⅶ大責 ) 大井健太郎 気大南拓 \ スタメン確率 / ( 可能性あり ) UZB = ウズベキスタン 練習試合 ( 30 分 X4 本 ) 17 年 1 月 3() 日 @聴児島 カミンスキー い田直樹 ※赤字は新加入 カッコ内の選手はペンチか、ペンチ外が濃厚 [ 監督 ] 名皮告恠任 4 年目 ) 2017 年シーズンのメン / ヾーリスト ①八田直樹 86.06.24 ( 30 ) 4 ・ 6 のカミンスキー 90.11.26 ( 26 ) 20 ・ 32 ⑩志村滉 96.04.27 ( 20 ) 10 ・ 12 、 EW 三浦龍輝 92.05.17 ( 24 ) 、長野 15 ・ 1 1 ②中村太亮 89.07.19 ( 27 ) 28 ・ ③大井健太郎 84.05.14 ( 32 ) 30 ・ ⑤櫻内渚 89.08.11 ( 27 ) 小川大責 91.10.16 ( 25 ) 7 ・ 0 大南拓磨 97.12.13 ( 19 ) 0 ・ 0 ⑩藤田義明 83.01.12 ( 34 ) 森下俊 86.05.11 ( 30 ) 26 ・ 0 NEW ⑩高橋祥平 、神戸 91 .10.27 ( 25 ) 13 ・ 0 ⑦上田康太 86.05.09 ( 30 ) 18 ・ 、ナサフ・カルシ (UZB) NEW ⑧ムサ工フ 89.01.02 ( 28 ) 15 ・ 2 ⑨太田吉影 83.06.11 ( 33 ) 34 ・ 3 NEW ⑩中村俊輔 78.06.24 ( 38 ) 、横浜 19 ・ 4 の松浦拓弥 88.12.21 ( 28 ) 26 ・ ⑩宮崎智彦 86.11.21 ( 30 ) 32 ・ 0 NEW ⑩松本呂也 28 ・ 4 大分 95.01.25 ( 22 ) ⑩アダイウトン 90.12.06 ( 26 ) 34 ・ 6 ⑩清水責文 92.06.30 ( 24 ) 2 松井大輔 81.05.11 ( 35 ) の山本康裕 89.10.29 ( 27 ) 29 ・ 0 NEW 藤川虎太既刊 98.07.24 ( 18 ) の荒木大吾 94.0217 ( 22 ) ⑩上原カ也 96.08.25 ( 20 ) ・ 0 NEW 針谷岳晃 98.10.15 ( 18 ) ⑩川辺駿 95.09.08 ( 21 ) 26 ・ 2 ⑩齊藤和樹 88.11.21 ( 28 ) 17 ・ 0 ⑩小川航基 97.08.08 ( 1 9 ) 0 ・ 0 NEW の川又堅碁 4 名古屋 89.10.14 ( 27 ) 17 ・ 5 Pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一」。 データはすべて 2 月 5 日現在。 s Y s T E M 4 - 2 - 5 ー 1 D. M 、 T トい一 川又と中村俊が新ユニットを結成 ! 昨季から変わるサイドやボランチの役割 ⑨ニューイヤーカップと練習試合の結果 vs 鹿屋体育大 前所属クラブ 生年月日 ( 年齡 ) 昨季成績 GK 名波監督は「今季は真の意味での『競争』という 言葉を使える」と、昨季からの変化について語る。 ポジション争いによるチームの進化を、シースン通 じて加速させていきたい考えだ。 3 バックにも取り組んでいるが、開幕の C 大阪戦 は 4 ー 2 ー 3 ー 1 が有力視される。注目は中盤の組 み合わせだ。中村俊のトッフ下起用が濃厚だが、他 はまったくと言っていいほど読めない。複数のポジ ションで能力を発揮できる選手が多く、 2 月に入り その組み合わせの最適解を見出す作業に入ったと言 える。ボランチは既存戦力の川辺や上田も計算が立 つが、調子を上げる新外国籍選手のムサ工フと新人 の針谷を組ませる、大抜擢 " もあり得るか。 最終ラインでは大井が、 DF リーダーとしての存 在感をさらに強めている。一方、 S B は特長の異な る選手が切磋琢磨している。自身が特長を発揮する だけでなく、周囲の良さを上手く引き出せるかどう かも先発獲りのポイントになってきそうだ。 1 本目 川文 太田 荒木 中村俊 【得点劃 2 本目 / 川又 ( 21 分 ) 4 本目 / 松井 ( 4 分 ) 、松本 ( 8 分 ) 中盤は中村俊、ムサ工フ、 針谷のトライアングルが試 されて、可能性を感じさせ た。 SB には技巧派を配置 vs 東海大熊本 ムサ工フ 大井 針谷 森下 DF 上原 SYSTEM 4 - 2 - 3 - 1 練習試合 ( 30 分 X4 本 ) 17 年 2 月 1 日 @鹿児身 1 本目 齊藤 アダイウトン状井 上田 大井 【得点者】 1 本目・斎藤 ( 18 分 ) 2 本目 . リ収 ( 9 分分 ) 、松本 ( 11 分 ) 、 ( 13 分 ) 鉢目 , ・小川分 ) 4 本目 / 小川①分 ) が共鳴し、好連係を披露。 上原は今回ボランチに入る vsNk 本 朝 上原 櫻内 MF 山本 中村太 SYSTEM 4 - 2 - 5 ニューイヤーカッフ・鹿児島ラウンド 17 年 2 月 5 日@鹿児島 カミンスキー 、東福岡高 4 昌平高 川又 ・アダイウトン 小川航 ・荒木 FW 【得点者】 川又 ( 37 分 ) ツでスタートし、中 村俊を中心にテンポ良く展 開。ただ 4 バックにした後 半のほうが、迫力があった 太田 宮崎 中村 蛉上原 藤田 一八田 松本 川辺 機内 森下 SYSTEM 25

7. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

[ 特集開幕スタメン大予想 JI 編 K A S H ー M A A N T L E R S 札視、。仙》台鹿島 鹿島アントラーズ 60 構成・本誌編集部写真・小倉直樹 ( 本誌写真部 ) ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュール 9 ( 木 ) 16 ( 木 ) 10 ( 金 ) 17 ( 金 ) 11 仕司 PSM vs 水戸 18 ( 土 ) ゼロックス vs 浦和 12 ( 日 ) 19 ( 日 ) 1 3 ( 月 ) 20 ( 月 ) 14 ( 火 ) 21 ( 火 ) ACL vs 未定 15 ( 水 ) 22 ( 水 ) ーレ確 4 開幕スタメンの 確定率 23 ( 木 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕 vsFC 東京 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) ACL vs ムアントン・ U 開幕予想スタメン 浦和」を大宮 ~ 柏 , 東京 ~。 , 川崎・」横浜甲《府 . 新潟】清水》 , 磐田一、 t.? 阪阪 ~ 神戸 ~ 〔。島栖 当確 当確 ボランチ C H E C K P 0 ー N T 永木の相棒は臨機応変に ? 柴崎が抜けたボランチだが、新潟から実績十 分の L ・シルバカ功ロ入したことで、ポジション 争いはむしろ激しさを増した感すらある。それ でも昨季終盤に軸として機能した永木は引き続 き、ファーストチョイスだ。その相棒は小笠原 か、新助つ人か。成長著しい三竿健もこのハイ レベルな競争に絡んできそうだが、対戦相手や 状況に応じた起用も十分に考えられる。 1 ペドロ・ジュニオール 莠平 金崎夢生 昌子源 田浩樹 ) ー 曽ケ端当可 クオン・スンア可 ( 可能性あ明 [ 監督 ] ※赤字は新加入 石井正忠恠任 3 年目 ) カッコ内の選手はべンチか、べンチ外か讓厚 2017 年シースンのメン / ヾーリスト B 日 A = ブラジル、 KOR = 韓国 、 EW ( ①クオン・スンテ 84.09.11 ( 32 ) 35 ・ 37 全北現代 ( KOR ) の曽ケ端準 79.08.02 ( 37 ) 34 ・ 34 川俣慎一郎 89.07.23 ( 27 ) 0 ・ 0 ⑩小泉勇人 95.09.14 ( 21 ) 0 ・ 0 92.12.11 ( 24 ) 31 ・ 〇植田直通 94.10.24 ( 22 ) 21 , 0 32 ・ 2 湘南 NEW ⑩三竿雄斗 91 .04.16 ( 25 ) ⑩山本脩斗 85.06.01 ( 31 ) 31 ・ 3 0 のプエノ 95.08.24 ( 21 ) 8 ・ 0 2 87.08.28 ( 四 ) 26 ・ 1 、 EW 小田逸稀 98.07.16 ( 18 ) の伊東幸敏 93.09.03 ( 23 ) 13 ・ 0 の町田浩樹 97.08.25 ( 19 ) 0 ・ 0 、 EW ④レオ・シルバ 85.12.24 ( 31 ) 4 新潟 32 ・ 5 ⑥永木亮太 88.06.04 ( 28 ) 29 ・ 0 ⑧土居聖真 92.05.21 ( 24 ) 30 ・ 8 NEW ⑩レアンドロ 93.05.12 ( 23 ) 4 コリチーバ (BRA) 25 ・ 5 ⑩中村充孝 90.09.13 ( 26 ) の三竿健斗 96.04.16 ( 20 ) 4 ・ 0 遠藤康 88.04.07 ( 28 ) 25 ・ 3 の久保田和音 97.01.01 ( 20 ) 0 ・ 0 、 EW の物鉢責秀 92. .08 ( 24 ) 4 山形 4 ・ 0 金崎夢生 89.02.16 ( 27 ) 30 ・ 1 0 田中稔也 97.12.02 ( 19 ) 0 ・ 0 ⑩小笠原満男 79.04.05 ( 37 ) 30 ・ 0 、 EW ⑦ペドロ・ジュニオール 87.01.29 ( 30 ) ・ 1 1 神戸 四 ⑨鈴木優磨 96 ℃ 4.26 ( 20 ) 31 ・ 8 、 EW ⑩金森健志 94.04.04 ( 22 ) イ福岡 33 ・ 4 ⑩赤秀平 91 .09.01 ( 25 ) 24 ・ 2 、 EW ⑩安部裕萸 卩瀬戸内高 99.01.28 ( 18 ) Pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一」。 データはすべて 2 月 5 日現在。 .0 A 、、 ARA ゴールキーバー HEC POINT 逡藤 レアンド可 鈴木優磨 土居聖真 0 ( 安部裕葵 ) 2 指揮官はターンオーバーを示唆 昨季の ACL 覇者・全北現代から、韓国代表の クオン・スンテを獲得。ゴールマウスには曽ケ 端が君臨してきたが、守護神の座を巡る争いは、 例年になくヒートアップしそうだ。実力拮抗の ふたりを抱える状況に、石井監督はターンオー バーも視野に入れており、「 GK を変えることで、 フィールドプレーヤーにどんな影響があるのか を見ながら考えたい」と話している。 5 小笠原満 レオ・シルバ可 永木亮太 住竿健 LIX »S. 'I'. KWOU 、 当確 HEC POINT 西大伍 て伊東辜敏广 三竿雄斗 小田逸稀 ) 右サイドハーフ 植田直通 遠藤の地位を脅かす新助つ人 遠藤が絶大な存在感を放つポジションに、セ レソン経験者のレアンドロを補強した。 では技術の高さとフィニッシュワークにひと工 夫を加えるプレーを披露。チーム戦術にフィッ トするまで時間は必要だが、計算できるアタッ カーであるのは間違いない。さらに、昨季はジ ョーカーとして活躍した鈴木も十分に力をつけ てきた。誰が先発を掴んでもおかしくはない。 ふたつの大会を通じて各選手を見極め 昨季のニ冠メンバーも安泰ではない ! ? チームは 1 月にタイで開催されたアジアチャレン ジに出場し、 2 月にはニューイヤーカップ ( 以下、 NYC) に参戦。ふたつの大会を通じて、石井監督 はほば全員をピッチに送り込み、様々な組み合わせ を試した。ある程度メンバーを固定して、連係を高 めていくやり方もあったが、「選手の入れ替えを多 くして、それぞれの特長を掴みたかったし、組み合 わせも見てみたかった」 ( 石井監督 ) という。 タイではバンコク・ U との打ち合いに敗れ、 N Y C では J2 の横浜 FC に完敗と、結果だけを見れば、 仕上がりは順調とは言えない。ただ、チーム内競争 か激しさを増したことで、戦力の底上げが図られて いるのは事実。 L ・シルバや三竿雄といった新戦力 が、昨季のニ冠メンバーを押しのけて開幕戦のピッ チに立つ可能性は十分にある。選手の見極めは水戸 とのプレシーズンマッチあたりまで続きそうだか、 2 月 21 日に ACL 初戦を控えるだけに、浦和とのゼロ ックスではほばスタメンが固まっているはずだ。 \ スタメン確率 / 高 第を、、 IjR S Y S T E M 4 - 4 - 2 生年月日 ( 年齢ト昨季成績前所属クラフ ⑨ニューイヤーカップなとの結果 vs バンコク・ユナイテッド 【得点者】 金崎 ( 42 分 ) 、レアンドロ ( 49 分 ) 、 いシルバ仞分 ) 最終ラインは初めての組み 合わせだったが、前半だけ でまさかの 4 失点。後半に 盛り返すもあと一歩及ばず vs 長崎 〇 2 ー 0 J リークアシアチャレンシ・第 2 戦 / 17 年 1 月 26 日 @タイ 金崎 土居 鈴木 ~ ・金森 中村 遠藤 ・安部一・ 小笠原 L ・シルバ 三竿健 小田 →三竿雄 ・伊東 プエノ 田 SYSTEM 4 - 4 - 2 GK DF 川俣 4 東福岡高 宮崎ラウンド・第 1 戦 / 17 年 2 月 2 日 @宮崎 金崎 赤鴆 金森物 P ・ジュニオール 鈴木 レアンドロ 三竿健 永木 小笠原 L ・シルバ 伊東 植田 町田 SYSTEM 4 - 4 - 2 宮崎ラウンド・第 2 戦 / 17 年 2 月 4 日 @宮崎 P ・ジュニオールー赤 金森 田中 遠藤 ・・レアンドロ ・安部 小笠原 三竿健 久保田を・シルバ 小田 町田 昌子 クオン・スンテ SYSTEM 4 - 4 - 2 川俣 3 【得点者】 鈴木 ( 15 分 ) 、金崎分 ) 町田のポール奪取を起点に 鈴木が先制。 L ・シルバか らスルーバスを受けた金崎 が追加点を挙げ完封勝利 vs 横浜 FC ・ 0 ー 1 MF 【得点者】 序盤はゲームを支配も、チ ャンスを生かせず後半に失 点。安部と小田の新人ふた りもアピールできなかった 10 ※得点者は鹿島のみ、・は途中交代

8. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

開幕スタメン大予想 JI 稲垣祥 﨑和 丸谷拓也可 廣永遼太郎 \ スタメン確率 / 中病羊可 ( 可能性あり ) ※赤字は新加入 カッコ内の選手はべンチか、ペンチ外が濃厚 BRA = プラジル MLS = メジャーリーグサッカ 一 (USA) [ 特集 ] サンフレッチェ広島 S A N F R E C C E H ー R 0 S H ー M A 文・中野和也 ( 紫熊倶楽部 ) 写真・中野香代 ( 紫熊倶楽部 ) ⑨ 2 月 9 日 ( 木 ) 以降の主なスケジュール 9 ( 木 ) 3 次キャンプ 16 ( 木 ) 10 ( 金 ) @宮崎・宮崎市 TM vs 岐阜 17 ( 金 ) 11 仕・祝 ) 18 ( 土 ) TM vsFC 東京 /TM vs 金沢 19 ( 日 ) PSM vs 山口 1 2 ( 日 ) 13 ( 月 ) 20 ( 月 ) 14 ( 火 ) 21 ( 火 ) 15 ( 水 ) TM vs 岡山 22 ( 水 ) 開幕スタメンの 確定率 23 休 ) 24 ( 金 ) 25 ( 土 ) JI 開幕新潟 26 ( 日 ) 27 ( 月 ) 28 ( 火 ) ~ 50 開幕予想スタメン 有力 C H E C K P 0 ー N T シャドーストライカー 1 フェリべが混戦を一歩リード 当確だと思われていた柴﨑がタイキャンプ中 に負傷し、開幕戦出場に暗雲が立ち込め始めた。 抜群の技術を見せ、練習試合 3 戦で 3 ゴールと 結果を残しているフェリべが一歩抜けているが、 あとは混戦だ。パワフルな A ・ロベス、俊敏性 と技術に長けた茶島、得点能力の高い宮吉の 3 人はいずれも状態が良い。対戦する新潟のスカ ウティング次第でチョイスは変わりそうだ。 工藤壮人 柴﨑晃誠 アンアいノ心ペ可 茶島雄介可 色 10 フェリペ・シウ / ヾ ( 松本泰志 ) 柏好文 彊永航可 F E い I' E S 、、 2 ミキッチ ( 長沼洋一 ) 青山のバートナーは誰の手に ! ? 圧巻の実力と存在感を示すキャプテンの青山 はまず当確。ただ、彼のパートナー選択は難し い。森﨑が万全であれば彼で決まりだが、コン ディション不良のため開幕戦は微妙。積極性に 満ち、攻撃能力もある稲垣か、戦術理解が深く、 バランスがとれている丸谷か。あるいは新 7 番 の茶島という選択もある。タイキャンプまでは 稲垣のアグレッシプさが目立ったが・・ 0 5 崎 - 模浜甲府新「清水・田大阪 O 大阪 ( 神戸広島農・栖 青山敏弘 ( 森島司 ) 塩谷司 川崎裕 最終ライン 水本裕責 予測が難しい最激戦区 右膝前十字靱帯断裂からの復活を期した佐々 木が再ひ灘脱開幕戦絶望となったことは痛手 だ。ただそれでも、破壊力に満ちた塩谷、暫定 出場停止から舞い戻った千葉、肉体改造に成功 した水本ら実績組に、圧倒的な身体能力と知性 を持ち味とする野上と、主力クラスがひしめく。 柱である塩谷は揺らがないとしても、残り 2 枠 は誰が出るかまったく分からない状況だ。 森保政権 6 年目で最も熾烈な争い センターラインのスタメンは ! ? トレーニングマッチ 3 試合で 18 得点を奪い、内容 も圧倒的だ。千葉が「相手の実力を考えれば J 1 で も ( 同じような ) 結果が出るのかは未知数」と話す ように選手たちは慎重だが、今キャンプから取り組 んでいる「切り替えの速さ」を利したアグレッシブ な守備がフィット。今までのリトリートする守備と の組み合わせがハマれば、戦い方に幅が広がる。 森﨑、林、柴﨑とべテランに離脱者が相次いでし まった点は懸念材料だ。しかし一方で、皆川が 3 試 合で 3 得点、高橋壮也も 3 試合で 4 アシストをマー クするなど、若手たちが次々と結果を残して競争は 激化している。特にシャドー、ボランチ、 CB のセ ンターラインは人材が溢れ、誰が開幕戦スタメンに 名を連ねてもおかしくない。当確マークがついてい る青山や塩谷にしても、この後の展開次第では状況 が変わる可能性もある。森保監督就任以降、最も厳 しいポジション争いを制するのは、果たして誰か。 高 [ 監督 ] 森イ呆ー ( 在任 6 年目 ) 2017 年シーズンのメンバーリスト ① 82.08.09 ( 34 ) 34 ・ 40 の廣永遼太郎 90.01.09 ( 27 ) 0 ・ 0 、 EW 中林洋次 86.04.28 ( 30 ) 42 ・ 44 4 岡山 ②野上結責 91.04.20 ( 25 ) 4 ・ 0 ③高橋壮也 96.02.29 ( 20 ) 2 ・ 0 ④水本裕責 85.09.12 ( 31 リ 17 ・ 0 ⑤千葉和彦 85.06.21 ( 31 ) 30 ・ 0 ⑩佐々木翔国 89.10.02 ( 27 ) 4 ・ 0 NEW イヨハ理へンリー 98.06.23 ( 18 ) ①川裕大 92.08.20 ( 24 ) 0 ・ 0 塩谷司 88.12.05 ( 28 ) 30 ・ 5 ⑥青山敏弘 86.02.22 ( 30 ) 28 ・ 2 ⑦茶島雄介 91.07 20 ( 25 ) 22 ・ 3 ⑧森崎和幸 81.05.09 ( 35 ) 24 ・ 0 NEW 00 ) フェリへ・シウノ、 90.05.28 ( 26 ) ー (BRA) 28 ・ 4 セアラ ⑩ミキッチ 80.01.06 ( 37 ) 27 ・ 、 w ⑩稲垣祥 91.12.25 ( 25 ) 、甲府 33 ・ 5 ⑩清水航平 89.04.30 ( 27 ) 31 ・ 0 ⑩柏好文 87.07.28 ( 四 ) 34 ・ の長沼洋一 97.04.14 ( 19 ) 0 ・ 0 の丸谷拓也 89.05.30 ( 27 ) 21 ・ 2 森島司 97.04.25 ( 19 ) 0 ・ 0 ⑩柴晃誠 84.08.28 ( 32 ) 34 ・ 8 、 EW ①松本泰志 昌平高 98.08.22 ( 18 ) 0 ・ 0 2 皆川佑介 91.10.09 ( 25 ) 19 ・ ⑩宮吉拓実 92.08.07 ( 24 ) @) アンテルソン・ロへス 93.09.15 ( 23 ) 7 ・ 2 、 EW 工藤壮人 90.05.06 ( 26 ) 引 - バ - ・物プス ( ) 17 ・ 2 Pos. = 登録ポジション。、 EW = 新加入選手。国 = 負傷離脱中 ( 開幕絶望 ) 昨季成績 = リーグ戦の試合・得点 ( GK は失点 ) 。ただし、今季のルーキーは「一」。 データはすべて 2 月 5 日現在。 S Y S T E M 3 - 4 - 2 ー 1 生年月日 ( 年齢 ) 昨季成績前所属クラフ ⑨トレーニンクマッチの主な結果 ”鹿屋体育大 〇 8 ー 0 GK 練習試合 ( 45 分 X2 本 ) ー 17 年 1 月 22 日 @霧島 柴・皆川 A ・ロベス ・・宮吉 フェリペ 茶島 ・松本 清水 →高橋 丸谷 青山 ・・茶島・→森島・ 相垣 水本 千葉 →稲垣 ・野上 中林 SYSTEM 5 - 4 - 2 ・廣永疇大迫 練習試合 ( 45 分 X3 本 ) / 17 年 1 月 27 日 @霧島 1 ~ 3 本目 柴崎・皆川一宮吉 ・茶島 フェリへ・ 松本 ・清水 ・ミキッチ 丸谷 森島 ・長沼 ・→稲垣・・青山・ 茶島 水本 千葉 川 ・長沼 蛉野上 塩谷 廣永 SYSTEM 5 - 4 - 2 - ー ・中林 1 ~ 2 本目 ・長沼 協点者】 1 本目 / 柏 ! の ( 15 分、分 ) 、 A ・ロペ ス② ( 加分、 35 分 ) 2 本目皆川グ ( 4 分、 15 分 ) 、宮吉 ( 6 分 ) 、森島 ( 45 分 ) リズムが良く、プレスも機 能。新戦力のフェリへは後 半 4 点のうち 3 点に絡んだ vs 鹿児島 DF 4 広島ユ ース 塩谷 ゆ川 【得点者】 1 本目 / 工藤 ( 3 分 ) 2 本目 / フェリへ ( 45 十 1 分 ) 3 本目 / 稲垣の ( 18 分、 分 ) 、青山 ( 2 分 ) 、フェリへ ( 43 分 ) 開始早々に、工藤が先制弾 を決めると、フェリべや稲垣 らが続き、 6 得点を奪った VS / ヾンコクグラス 〇 4 ー 1 【得点者】 1 本目 / 皆川匈分 ) 2 本目工藤 ② ( 6 分、 15 分 ) 、フェリへ ( 9 分 ) 気温℃以上のタイに移動。 リサーブチーム相手だった が、若い高橋が 2 アシスト を決めるなど収穫はあった MF 練習試合 ( 45 分 X2 本 ) 7 年 2 月 1 日 @タイ 1 ~ 2 本目 ・一皆川・ 茶島・工藤一宮吉 ・・フェリペ A ・ロベス・ ・ミキッチ ・満水 →高橋 稲垣 森島 ・丸谷・・青山・ 川崎 野上 水本・種垣・川崎塩谷 廣永 SYSTEM 3 - 4 - 2 中林 FW 32 ※得点者は広島のみ、・は途中交代

9. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

開幕スタメン大予想 [ 特集」 J 2 にも個性派助つ人か揃った。シシーニョ ( 岐阜 ) やフェリへ・カルシア ( 名古屋 ) ら、注目すへき 1 0 選手を厳選。 2017 年シースンて主役となるのは NIKOLA VASILJEVIC ウラシリエウィッチ ( パンドウリ [ 日 OU ] 徳島 ) ①セルビア② 1 的 1 年 6 月日・ 191 : ン・ 85 キロ 徳島の新たなる闘将 日本語習得に日々励む 武器に「ジャンプ」を挙げ るほど、長身を生かした空 中戦には絶対の自信を持つ。 大のおしゃべり好きで、 日々、日本語の習得に励ん・ でいる。新たな DF リーダ ーとして期待は大きいを - = 、 国外国内 引 S 0 ンン一ニョ ( ヴェリア [ GRE ] ・岐阜 ) ①スペイン② 1986 年 5 月 22 日 0166 ・ 63 キロ 柔らかなポールタッチで U ー 17W 杯準優勝を経験 U ー 17 スペイン代表として、 03 年ワールドカップで準優☆ 勝。柔らかなポールタッチ を武器に、バジャドリーな どで活躍した。ウインガー だが、パス能力も高く、中 央でのプレーも可能だ。 ・代表歴または国籍②生月日・身長・体中 ※ BRA = プラジル、 日 N = フィンランド、 G 日 E = キリシャ、 ROU = ルーマニア、 S 日 B = セルヒア、 UAE = アラフ首長国連邦 LARRIVEY ラリへイ ( バニーヤース SC [UAE] ・千葉 ) ①アルゼンチン② 1984 年 8 月 20 日 3185 : ン 82 キ あの英雄にそっくりな 生粋のゴールハンター スペインやイタリアで実績 を積んできた点取り屋の愛 称は、、エル・バティ " 。同郷の 英雄バティストウータ氏に 風貌が似ていることから名 付けられたが、その決定力 SYSTEM 3-1-4-2 の高さも所以となっている。 ☆・・ FELIPE GARCIA フェリへ・カルシア ( GE ブラジル [BRA] 名古屋 ) ①フラジル② 19 年 11 月 6 日 3184 76 キロ 隠れた実力を備える 名古屋の、、新 10 番 " 実力はいまだべールに包ま れているが、練習ではしな やかな動きと精度の高いシ ュートを披露。クロスに頭 で合わせる形も得意で、昨・・・・ 季はブラジル 2 部でリーグ 3 位の 13 ゴールを奪った。を - : 魲 1- - ■ ORTJ c JEFUNITED Kaz Photography/FC GIFC 々 WILLIAN POPP ウィリアン・ホッビ ( 釜山アイバーク [ KOR ] ・福岡 ) ①プラジル② 1 的 4 年 4 月 13 日 3178 ′・ 79 キ 決定力と献身性を兼備する K リーグ 2 部の昨季得点王 味方を使うこともできる万 能アタッカー。昨季は K リ ーグ 2 部で 16 得点を挙げ、 ベスト 1 1 にも選出された。 高い決定力もさることなが ら、前線からのプレスを惜 YSTEM しまない献身さも魅力だ。 しま下さい 54

10. サッカーダイジェスト 2017年2月23日号

助つ人 O [ 特集 ] 開幕スタメン大予想 今オフも多くの外国籍選手が新天地を求めた。「国外 →国内」「国内→国内」に分け、今季の J 1 を盛り上 げてくれる注目の助つ人 10 人を厳選して紹介する 国外ロ ) 国内 ・代表歴または国籍②生年月日・身長・体重 ※ BRA = ブラジル、 KO 日 = 韓国、 POR = ポルトガル、 SRB = セルビア David BABUNSKI ダヒド・バブンスキー (M ヴ ~. ー ~ 、、′′ ( レッドスター [ SRB ] ・横浜 ) ①マケドニア代表② 1 的 4 年 3 月 1 日・ 178 享ン・ 68 キロ 横浜の、、新 " トップ下候補 重圧に打ち勝てるか ! ? バルサの下部組織で培った テクニックが売りの M F 。 創造性豊かなパスも武器の・☆ ひとつで、横浜では中村の 後釜としてトッフ下を任さ・ れそうだ。計り知れないプ レッシャーに打ち勝てるか。を ? : 3 う .- -. ddas D€ 1 リ : SAPPORO LEANDRO THIAGO GALHARDO チアゴ・ガリャルド ( MF ) ( ポンチプレッタ [ B 日 A ] 新潟 ) ①ブラジル② 1989 年 7 月 20 日 3183 鋭いスルーバスは必見 中盤の救世主になりたい 古巣のポンチプレッタでも 10 番を託されたプレーメー カー。なにより状況判断に ☆ 優れ、敵の急所をえぐるス ルーパスも一級品だ。果た して、 L ・シルバが抜けた SYSTEM 中盤の救世主になれるか。 レアンドロ (MF) ( コリチーバ旧 RA ] ・鹿島 ) ①元フラジル代表② 1 四 3 年 5 月 12 日 31 〃第ン・ 76 キ 元セレソンのアタッカー 献身的な守備でも魅せる ブラジル代表にデビューし た 13 年のポリビア戦で、い きなりゴールを決めたアタ・ 、、フォア・ザ・チ ームの精神″の持ち主で攻・ 撃に没頭せず、献身的な守 備でピンチの芽も刈り取る。を 4 - ー .- ・ 75 キ CRISLAN クリスラン ( FW ) ( トンデラ [ PO 日 ] ・仙台 ) ①ブラジル② 1992 年 3 月 13 日 3187 ′・ 85 キロ 豊富な得点バリエーション 杜の都の新エースに名乗り 両足での強烈なシュートと 打点の高いへッドでゴール を量産する、新エース候補。 懐の深いキープで前線の基 準点となるだけでなく、スピ ードを生かしたドリブル突 $YSTEM 破で守備綱に風穴を開ける。 KWOUN Sun Tae クオン・スンテ (GK) ( 全北現代 [ KOR ] 鹿島 ) ①韓国代表② 1 4 年 9 月 11 日 3184 チ・ 85 キロ 韓国のトップリーグで ナンバー 1 の実力派 GK 昨季は全北現代の ACL 制覇 に尽力。守備範囲の広さと 反応スピードは世界水準の 域にあり、韓国のトップリ ーグでナンバー 1 GK と評 された。鹿島では、曽ケ端 YSTEM とのスタメン争いに注目だ。を… - - 、■ - 豆物 : - OVEGAI•TA SFNDAI 〃ー 36